FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団・任侠組織・極道関連の事件・ニュース速報

「休業要請協力金」詐取 山口組系一力一家を家宅捜索

>>関連記事
 静岡県警は、浜松市の休業要請の協力金50万円を不正に受給した疑いで、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系「七代目一力一家」傘下「中村組」組員・岩倉博貴容疑者(38)と、内縁関係にある女が逮捕された事件で、一力一家の事務所を家宅捜索した。

一力一家を家宅捜索
一力一家を家宅捜索

 協力金は暴力団の上納金に充てられたという。また内縁の妻が経営する飲食店について、県の許可を得ずに営業した風営法違反の疑いも視野に捜査している。



「持続化給付金」詐欺 住吉会系組員と妻を逮捕

 茨城県警は、「持続化給付金」を、暴力団員であることを隠して受け取ったなどとして、指定暴力団・住吉会系組員・高橋麗雄容疑者(36)=茨城県筑西市五所宮=と、内縁の妻でペットサロン経営・篠崎磨美容疑者(29)=筑西市成田=の2人を詐欺の疑いで逮捕した。捜査に支障があるとして2人の認否を明らかにしていない。

篠崎磨美容疑者
篠崎磨美容疑者

 2人は今年6月、新型コロナの「持続化給付金」について暴力団組員は受給できない要件となっていることを知りながら、組員であることを隠して国の「持続化給付金」に、インターネット上で申請して現金100万円をだまし取った疑いがもたれている。申請書には「自動車整備業の売り上げが去年より350万円下がった」と記載されていた。

 今年7月ころ、警察に匿名の情報提供があり捜査を進めたところ、高橋容疑者の口座に入金が確認され、不正受給の疑いが強まったという。

 振り込まれた100万円が現在、見つかっていないことから、給付金が暴力団の資金源になっている疑いが強いとみて調べている。



キャバ嬢に「持続化給付金」申請させ詐取 キャバクラ店長ら逮捕

 静岡県警静岡南署と県警組織犯罪対策課などは24日、新型コロナウイルスの影響を受けた事業者を支援する国の「持続化給付金」をだまし取ったとして、キャバクラ店経営者(46)=静岡市駿河区東静岡=と、キャバクラ店店長(36)=駿河区広野=を詐欺の疑いで逮捕し、同日に関係先を捜索した。

関係先を捜索
関係先を家宅捜索

 持続化給付金の不正受給容疑を巡る逮捕は静岡県内で初めてで、県警は虚偽申請で得た給付金が暴力団に流れていた可能性も視野に調べている。

 両容疑者は8月下旬頃、運営する静岡市葵区紺屋町のキャバクラ店に勤めるホステス女性を、給付対象の個人事業主であるかのように装って必要書類を準備させ、虚偽の申請をして持続化給付金100万円をだまし取った疑い。県警は認否を明らかにしていない。

 両容疑者は女性に指示して個人事業主として確定申告をさせ、申告後に受け取った必要書類で8月中旬頃に給付金を申請。給付金は女性個人の口座に振り込まれていた。

 この店には20人ほどの従業員がおり、同じ時期に同様の申請が複数あった。両容疑者は申請の手数料名目として、従業員から給付額の約2~3割を受け取っていたという。 



「古川組」組長ら銃撃事件 「司興業」幹部を再逮捕 

>>関連記事
 県警は27日、兵庫県尼崎市の路上で特定抗争指定暴力団神戸山口組系「三代目古川組」組長と組幹部が銃撃され重傷を負った事件で、組幹部に対する殺人未遂容疑で、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系「三代目司興業」幹部・藤村卓也容疑者(52)を再逮捕した。認否を明らかにしていない。

 再逮捕容疑は3日午前11時35分ごろ、尼崎市稲葉元町2丁目のコンビニ付近の路上で、神戸山口組系「三代目古川組」の親泊吉広幹部(61)殺害しようと拳銃で撃ち、左手に重傷を負わせた疑い。藤村容疑者は5日、一緒にいた古川組仲村良松組長(64)への殺人未遂容疑で逮捕された。



コロナ影響で収入減「一人親世帯への給付金」詐取 山健組傘下組員を逮捕

 和歌山県警は26日、新型コロナウイルスの影響で、収入が減少したひとり親世帯を支援する給付金をだましとったとして、暴力団・五代目山健組系「六代目健竜会」組員、辻本光夫容疑者(63)=和歌山県紀の川市=と、元妻の辻本麻未容疑者(33)を詐欺の疑いで逮捕した。

 辻本容疑者ら2人は5年前に離婚の手続きをした後も、子供とともに同居しており事実上の夫婦だったが、今年9月に新型コロナの影響で収入が減少した一人親世帯を支援する給付金5万円を紀の川市からだましとった疑いがもたれている。

 去年8月ごろ、2人が「扶養手当」を不正受給していることが発覚。今年1月から11月までに扶養手当・約63万円をだましとった疑いもあるという。

 辻本容疑者は「(元妻は)私に言われて申請しただけで、全て私の責任です」と容疑を認めているが、元妻は「元夫とは離婚していて事実婚の関係にはない」と否認している。



「デリヘル」従業員の健康保険の無届出 「誠友会」の組事務所を捜索

>>関連記事
 北海道警は27日朝、無店舗型性風俗店いわゆる「デリヘル」従業員の健康保険を年金事務所に届け出なかったとして、無店舗型性風俗店の社員で、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系「四代目誠友会」幹部で「二代目島田組」組長、古賀将史容疑者(43)らが逮捕された事件で、所属する「誠友会」の組事務所を捜査員27人体制で家宅捜索した。

「四代目誠友会」を捜索
「四代目誠友会」を捜索

 古賀容疑者は、以前この風俗店の代表を務めていた。道警は2人の認否を明らかにしていないが、店の売り上げを暴力団の資金源にしていたとみて調べを進めている。



交際相手の足にかみついた稲川会系組員 大麻・覚醒剤所持で逮捕

 群馬県警高崎署は25日、指定暴力団・稲川会傘下組員・加藤駿容疑者(21)=高崎市福島町=を、大麻取締法違反(所持)と覚醒剤取締法違反(同)の疑いで現行犯逮捕した。調べに対し、いずれも「知りません」と容疑を否認している。

押収された大麻・覚醒剤
押収された大麻・覚醒剤

 今月24日、加藤容疑者の交際相手の女性から「加藤容疑者に足をかまれた」と被害届が出されたため、傷害容疑で逮捕した。

 25日午前7時頃、加藤容疑者の自宅アパートを捜索したところ、寝室のクローゼットなどから大麻約500グラム(末端価格約300万円)と覚醒剤約3グラム(同約10万円)が見つかった。

 このうち乾燥大麻は、陶酔作用が特に高いとされる雌しべの部分で、2000回分の使用量にあたり、小分けする小袋も見つかったことから加藤容疑者は販売目的で大麻を所持していたとみられる。



飲食店で口論になり路上で暴行 傷害容疑で山口組傘下組員を逮捕

 岐阜県警高山署は26日までに、高山市の路上で男性会社員(23)=中津川市=を殴ったり蹴ったりし、鼻や腰椎の骨折などのけがを負わせたとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組傘下組員(42)=高山市石浦町=を傷害の疑いで逮捕した。認否を明らかにしていない。

 容疑者は1月3日午前4時ごろ、訪れた飲食店で男性会社員と口論になり、同市の路上で暴行した疑い。2人に面識はないという。



「持続化給付金」200万円詐取 山口組傘下組員を逮捕

 愛知県警捜査4課などは25日、新型コロナウイルスの影響で収入が減った事業者らを支援する「持続化給付金」を不正受給したとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組傘下組員・大橋一夫容疑者(38)=東京都足立区新田=を詐欺の疑いで逮捕した。

大橋一夫容疑者
大橋一夫容疑者

 大橋容疑者は今年5月、給付対象でない暴力団組員であることを隠して虚偽の申請をし、持続化給付金200万円をだましとった疑いがもたれている。

 大橋容疑者は飲食店の企画経営などを行う法人として申請していた。5月下旬に持続化給付金を電子申請する際、「暴力団員に該当しない」と虚偽の誓約をし、6月に現金200万円を詐取した。

 調べに対し大橋容疑者は「間違いありません」と容疑を認めていて、だまし取った金が暴力団の資金源になった可能性もあるとみて、法人の実態などを調べている。



ナマコ密漁犯を匿う 弘道会傘下幹部ら逮捕・送検

 北海道小樽海上保安部は25日、神恵内村の沖合でナマコを密漁し逃走した男4人をかくまったなどとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組の四次団体で、三代目弘道会系「福島連合」傘下「関組」幹部・小俣健一容疑者(43)=小樽市=ら男5人を犯人隠避・蔵匿の疑いで逮捕・送検した。小俣容疑者らの認否は明らかにしていない。

 小樽海保は6月、神恵内村の沖合でナマコを密漁したとして男6人を現行犯逮捕した。その場から逃走した別の男4人も7月に逮捕していて、この事件の逮捕者は計15人となった。

 海保によると事件当時、現場から逃走した4人のうち3人は海へ逃走していて、小俣容疑者らは所有するボートで3人を回収し逃走を手助けしたとみられている。4人はその後7月に逮捕されるまで、小俣容疑者らの自宅など関係先にかくまわれていた。



横浜ひき逃げ死亡事件 稲川会系幹部を逮捕

 神奈川県警交通捜査課と南署は25日、今年3月に横浜市南区の県道で会社員の男性がひき逃げされて死亡した事件で、自称自動車販売仲介業で指定暴力団・稲川会系幹部・高岡栄二容疑者(52)=住所不定=を自動車運転処罰法違反(過失致死)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕した。

高岡栄二容疑者
高岡栄二容疑者

ひき逃げ事件の現場
ひき逃げ事件の現場

 高岡容疑者は3月24日午前1時20分ごろ、横浜市南区中里1丁目の県道を車で走行中、道路を横断していた会社員・大川優太さん(当時31)=同区大岡2=をはねて死亡させ逃走した疑いが持たれている。

 現場は片側3車線の直線道路で、周辺の防犯カメラの映像や現場に残された車の部品などから高岡容疑者の乗用車を特定し、今月25日に知人宅に現れた高岡容疑者を逮捕した。容疑については「考えてから後で話す」などと供述している。



他人名義で車を登録 山口組系「織田組」組長を逮捕

 自分が使用する車を他人名義で登録した疑いで、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系「三代目織田組」組長・高野永次こと高次龍容疑者(74)ら5人を、電磁的公正証書原本不実記録などの疑いで逮捕した。調べに対し5人は容疑を否認している。

 警察によると、5人は今年8月、高容疑者が使用する自動車2台の登録をする際、高容疑者の知人の男の名義を借り、虚偽の内容を記載した申請書類を警察署などに提出するなどした疑いがもたれている。

 今年8月、高容疑者の車のナンバープレートが「和泉」から「京都」に変わっているのを警察官が発見、警察が調べたところ、この車の名義が変更され、保管場所として新たに京都府の駐車場が登録されたものの、この駐車場が2カ月ほど使用されておらず、高容疑者が車を使用している実態がわかった。高容疑者が自動車保険などに入るため、他人の名義を借りて車の登録をしたとみて、事件の詳しい経緯を調べている。



コロナ休業要請協力金を不正受給 一力一家傘下組員を逮捕

 静岡県警浜松西署は、新型コロナ対策の休業要請への協力金をだまし取ったとして特定抗争指定暴力団・六代目山口組系「七代目一力一家」傘下「中村組」組員・岩倉博貴容疑者(38)を詐欺の疑いで逮捕した。

岩倉博貴容疑者
岩倉博貴容疑者

内縁の女の経営する店
内縁の女が経営する店

 岩倉容疑者は、内縁関係にある女(50)の経営する店が「浜松市の休業要請に基づく協力金」の給付条件を満たしていないにもかかわらず、虚偽の申告で協力金50万円をだまし取った疑いがもたれている。警察は内縁関係にある女も容疑が固まり次第逮捕する方針。

 浜松市は市内の飲食店などに休業要請を出していて、それに応じた事業者に50万円を支給していた。

 女の経営する浜松市中区のスナックは、休業要請期間に営業していたが、岩倉容疑者らは休業していたかのように装い協力金を受け取っていた。

 県警は、岩倉容疑者がだましとった金が暴力団に流れている疑いもあるとみて捜査を進めている。



「違法賭博」で負けた客を監禁し小指切断 手配中のベトナム籍の男を逮捕

 違法賭博で負けた客を監禁し暴行した疑いで、指名手配されていたタ・バン・トゥン容疑者(28)=TA VAN TUNG・無職・ベトナム籍=を強盗傷害の疑いで逮捕した。

タ・バン・トゥン容疑者
タ・バン・トゥン容疑者

賭博が行われた現場
賭博が行われた現場

 トゥン容疑者は今年8月、すでに逮捕されている男らと共謀して大阪市浪速区で違法賭博を行い、負けて借金を抱えたベトナム人男性(26)を監禁した上、男性の左小指を包丁で切断した疑いなどで全国に指名手配していたところ、24日に愛知県内の警察署に出頭してきたという。

 調べに対し、トゥン容疑者は「暴力はしていない」と容疑を否認している。警察は暴力団関係者と接点があるとみて調べている。



取り込み詐欺などの犯罪収益収受 弘道会傘下組長を逮捕

 大阪府警捜査2課などは25日、詐欺で得た金と知りながら現金10万円を受け取ったとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系三代目弘道会傘下「湊興業」組長・湊学こと余嶋学容疑者(54)=神戸市長田区東尻池町=を組織犯罪処罰法違反(犯罪収益収受)の疑いで逮捕し、同日午前10時ごろ、「湊興業」事務所の家宅捜索を行った。

「湊興業」を捜索
「湊興業」を家宅捜索

 府警はこれまでに、活動実体のない休眠会社を使って大量の商品を仕入れ、代金を払わずに商品を処分して逃げる「取り込み詐欺」を繰り返していたグループのほか、詐取した商品を転売していた男ら計8人を逮捕。グループは、22の業者から家電製品や食品を詐取したとされ、確認されただけで被害額は約8400万円に上るという。

 逮捕容疑は昨年12月、取り込み詐欺で得た金と知りながら、グループのリーダー格である藤田岳弘被告(49)=詐欺罪で起訴=に親族の金融機関口座に10万円を振り込ませ、受け取ったとしている。

 藤田被告は平成29年ごろから大阪で取り込み詐欺を始め、同時期から余嶋容疑者に複数回にわたって詐欺で得た金や詐取した家電製品の一部を渡していたとみられる。



風俗店従業員の保険未加入 山口組系「誠友会」幹部ら2人逮捕

 北海道警室蘭署は、無店舗型性風俗店の従業員の健康保険について必要な手続きをしなかった疑いで、無店舗型性風俗店の従業員で、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系「四代目誠友会」幹部で「二代目島田組」組長、古賀将史容疑者(43)と、性風俗店経営・喜尾真人容疑者(43)=室蘭市緑町=の2人を健康保険法違反の容疑で逮捕した。2人の認否は明らかにしていない。

古賀将史容疑者
古賀将史容疑者

 2人は共謀し、会社役員の男が経営する無店舗型の風俗、いわゆる"デリヘル"の従業員3人の健康保険の被保険者の資格を取得したのにもかかわらず、年金事務所に届け出なかった疑いが持たれている。不正が確認されたのは少なくとも9月ごろからとみられている。



路上で酩酊の神戸山口組系組員 介抱しようとした会社員に暴行

 鹿児島県警鹿児島中央署は20日、特定抗争指定暴力団神戸山口組系組員(46)=鹿児島市田上3丁目=を暴行の疑いで現行犯逮捕した。

 逮捕された組員は20日午後11時ごろ、同市千日町の路上で酒に酔って寝ているところを、介抱しようとした男性会社員(25)の頭と、別の男性会社員(25)の顔を、それぞれ平手で殴る暴行を加えた疑い。組員は容疑を否認している。



大牟田市 「浪川会」本部事務所の撤去目指し緊急集会

 福岡県大牟田市で21日午後、指定暴力団・浪川会の本部事務所撤去に向けた緊急集会が開かれた。

浪川会本部撤去に向けた緊急集会
浪川会本部撤去に向けた
緊急集会

 緊急集会は大牟田市や警察などが、浪川会本部事務所の撤去に向けた機運を高めようと開いたもので、地域住民などおよそ200人が参加した。浪川会本部事務所を巡っては今月12日、福岡地裁が使用禁止の仮処分を執行し、現在は組事務所としては使用されていない状態。

 集会で大牟田市の関好孝市長は、「今回はあくまで事務所の使用禁止。今後は事務所撤去に向けて取り組みたい」と決意を新たにした。



密売拠点に覚醒剤や大麻 弘道会傘下組員ら逮捕

 大阪府警は、大阪市東住吉区のマンションの一室で、販売目的で覚醒剤を所持していたとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系「三代目弘道会」傘下組員・堀川香一郎容疑者(42)を覚せい剤取締法違反(営利目的所持)で現行犯逮捕した。

 府警は、このマンションが密売拠点になっていたとみていて、計百数十グラムの覚醒剤を押収した。調べに対し堀川容疑者は黙秘している。

押収された覚せい剤等1
押収された覚せい剤等
押収された覚せい剤等2

押収された覚せい剤等3

 また、販売目的で大麻を所持した疑いで、会社員・佐藤力丸容疑者(32)=大阪市生野区=を大麻取締法違反(営利目的所持)で現行犯逮捕し、自宅から乾燥大麻30グラムや大麻リキッドを押収した。佐藤容疑者は容疑を否認している。



津山市の路上で男性を暴行死 組員を起訴、幹部は不起訴

>>関連記事
 岡山地方検察庁は20日、10月に岡山県津山市新魚町の路上で、建設業・岩崎剛さん(34)=津山市紫保井=の顔を殴るなど暴行を加え死なせたとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系「三代目杉本組」幹部ら2人が逮捕された事件で、傷害致死の疑いで逮捕された杉本組組員・加藤一輝被告(24)を傷害致死の罪で起訴、杉本組幹部(37)を不起訴処分とした。幹部の不起訴理由は明らかにしていない。

事件のあった現場付近1
事件のあった現場付近
事件のあった現場付近2

 この事件は10月4日、津山市新魚町の路上で心肺停止の状態で見つかり、岡山県警が10月30日に岩崎さんの顔を殴るなど暴行を加え死なせたとして、杉本組幹部ら2人を傷害致死の疑いで逮捕していた。



 | HOME |  »

ブログ内キーワード検索



おすすめ

10日程でスピードお届け!
組合系でクレジット機能なし

↑ ↑ ↑ ↑
個人的な審査に不安な方
まったく問題なし!!!
↓ ↓ ↓ ↓

安心して下さい。作れますよ。

カテゴリ

■殺人 (97)
■殺人未遂 (176)
■傷害致死 (25)
■死体遺棄 (372)
■生命身体加害略取罪 (1)
■殺人予備罪 (3)
■傷害・暴行・暴力行為 (389)
■逮捕監禁 (57)
■脅迫・恐喝・強要 (620)
■恐喝未遂 (46)
■銃刀法違反 (320)
■発砲事件 (263)
■凶器準備結集・集合 (13)
■強盗事件 (193)
■身代金目的略取 (2)
■窃盗・盗難 (214)
■盗品等関与罪 (4)
■常習特殊窃盗罪 (1)
■漁業法違反 (13)
漁業法違反ほう助 (1)
■水産資源保護法違反 (1)
■水面漁業調整規則違反 (7)
■証人等威迫罪 (2)
■犯人隠避・犯人隠避教唆 (48)
■証拠隠滅 (5)
■覚せい剤・大麻・麻薬・ドラッグ (544)
■医薬品医療機器法違反 (1)
■薬事法違反 (12)
■臓器移植法違反 (5)
■賭博開帳図利・常習賭博 (151)
■モーターボート競走法違反 (11)
■詐欺・横領・背任 (1126)
■免状不実記載・公正証書原本不実記録 (102)
■有印私文書偽造 (16)
■携帯電話不正利用防止法 (2)
■有価証券偽造 (7)
■偽造通貨行使 (2)
■出資法違反・貸金業法違反 (81)
■銀行法違反 (2)
■強制性交等罪 (13)
■強制わいせつ (2)
■迷惑行為防止条例違反 (25)
■児童福祉法違反 (31)
■県青少年健全育成条例違反 (7)
■未成年者誘拐 (1)
■公然わいせつ (1)
■わいせつ図画販売 (17)
■児童買春・ポルノ処罰法違反 (8)
■風俗営業法違反 (22)
■売春防止法違反 (41)
■入管難民法違反 (12)
不法就労助長 (2)
旅券法違反 (8)
■労働者派遣事業法違反 (43)
■不動産侵奪 (1)
■職業安定法違反 (8)
■建設業法違反 (10)
■労働基準法違反 (2)
■不正競争防止法違反 (1)
■強制執行妨害・競売入札妨害 (20)
■廃棄物処理法違反 (15)
不法投棄 (12)
虚偽管理票交付 (2)
虚偽申請 (1)
■建造物侵入 (3)
■器物損壊・建造物、住建造物損壊 (89)
■建造物等放火 (22)
■火炎瓶処罰法 (2)
■爆発物取締罰則違反 (20)
■保護責任者遺棄致死 (1)
■道路運送法・道交法違反 (61)
自動車運転過失傷害・ひき逃げ (16)
妨害運転罪・あおり運転 (1)
■公務執行妨害 (26)
■威力業務妨害 (21)
■競売入札妨害 (3)
■偽計業務妨害・偽計信用棄損 (11)
■名誉毀損罪 (1)
■商標法違反 (10)
■著作権法違反 (3)
■文化財保護法違反 (1)
■不正作出私電磁的記録 (2)
■電磁的記録媒体頒布 (3)
■密輸 (2)
■所得税法違反 (19)
■関税法違反 (7)
■電波法違反 (1)
■旅館業法違反 (1)
■民事保全法違反 (1)
■裁判員法違反 (2)
■弁護士法違反 (2)
■収賄罪 (1)
■職務強要 (1)
■特定商取引法違反 (4)
■裁判 (215)
■暴力団対策法 (54)
用心棒料等要求行為 (3)
多数集合 (3)
損害賠償 (10)
用心棒行為等防止命令 (2)
使用制限命令 (16)
再発防止命令 (9)
使用者責任 (5)
■暴力団排除条例 (307)
■組織犯罪処罰法 (194)
組織的殺人 (20)
組織的殺人未遂 (30)
組織的詐欺 (14)
組織的恐喝 (6)
組織的強要 (1)
組織的賭博開帳図利 (3)
組織的建造物損壊 (3)
没収保全命令 (1)
犯罪収益収受 (85)
犯罪収益隠匿 (9)
犯罪収益仮装 (1)
犯人隠避・犯人隠避教唆 (8)
組織犯罪処罰法違反幇助 (1)
組織犯罪証拠隠滅 (1)
■犯罪収益移転防止法 (5)
■暴力行為等処罰法 (17)
■指詰めの強要等の禁止 (0)
■脱退妨害行為 (0)
■暴力団追放活動 (91)
■家宅捜索 (165)
■不起訴処分 (32)
■中止命令 (99)
■危険運転致傷 (1)
■暴走族追放条例違反 (1)
■宅建業法違反 (1)
■食品衛生法違反 (1)
■健康保険法違反 (3)
■国外 (65)
■その他 (1912)
■未分類 (1862)