FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団・任侠組織・極道関連の事件・ニュース速報

「ヤミ金営業」工藤会系組員を逮捕

 福岡県警大牟田署は、福岡県内の60代女性に現金数十万円を貸し付け「ヤミ金業」を営んでいたとして、特定危険指定暴力団工藤会系組員、平野健太容疑者(40)を貸金業法違反の疑いで逮捕した。

 平野容疑者は福岡県知事の登録を受けずに貸金業を営み、去年6月から10月にかけて福岡県内に住む60代の女性に、現金あわせて数十万円を貸し付けた疑いがもたれている。平野容疑者の認否は明らかにしていない。
 
 平野容疑者は、不特定多数のマンションなどのポストに「金貸します」などと書かれたちらしを入れ、電話してきた人に金を貸し付けていた。

 「ヤミ金」の別の利用者から寄せられた相談をきっかけに捜査を進め、平野容疑者の関与が明らかになった。

 警察は、他にも平野容疑者の「ヤミ金」を利用していた人を複数確認していて、工藤会の資金源になっていたとみて、裏付け捜査を進めている。



「給与ファクタリング」実質的経営者 怒羅権のメンバー逮捕

 「給与ファクタリング」と呼ばれる新手の「闇金」を営んだとして業者の男らが逮捕された事件で、警察は新たに、実質経営者とみられる準暴力団の・「怒羅権」のメンバーとみられる藤岡剛容疑者(40)を貸金業法違反の疑いで逮捕した。

藤岡剛容疑者
藤岡剛容疑者

 藤岡容疑者は、今年3月以降、貸金業の登録をせずに、4人に29万円を違法に貸し付けた疑い。

「給与ファクタリング」ホームページ
「給与ファクタリング」
ホームページ

 藤岡容疑者は、借り手に将来支払われる給与を債権とみなして金を貸し付ける「給与ファクタリング」と称して、金を貸し付けていたとみられ、これまでに従業員ら7人が逮捕されている。その後の警察の調べで、売り上げ金が藤岡容疑者に渡っていることがわかった。

 藤岡容疑者は容疑を否認しているが、警察は実質的な経営者とみて、怒羅権


静岡県内最大の闇金 「東一家」総長ら再逮捕

>>関連記事
 静岡県警は、今年7月に組織的恐喝の疑いで指定暴力団・稲川会系「二代目東一家」総長、東重欽(チョン・インモ)容疑者(70)=韓国籍=らが逮捕された事件で、東容疑者らが闇金営業を行い、顧客管理などの役割分担を組織的に行っていた疑いが強まったとして貸金業法違反などの疑いで再逮捕した。

 再逮捕されたのは、東重欽容疑者と東一家幹部の2人。東容疑者らは無登録で貸金業を営み、法廷金利を超える利息で県東部の男性に50万円を貸し付けた疑いがもたれている。

 2人は、貸し付けた金の取り立てで男性から現金を脅し取った疑いで7月逮捕され、家宅捜索などから闇金営業の疑いが強まり、18日に2人を再逮捕した。

 顧客数は200人に上り、貸し付けていた金額も合わせて約1億円と県内最大規模の闇金事件とみられている。



組長が組員にヤミ金 山口組系藤友会ナンバー3を逮捕

 静岡県警富士宮署、県警捜査4課、組織犯罪対策課は28日、無登録で金を貸し付ける「ヤミ金融業」を暴力団関係者らに対して営んだとして、指定暴力団・山口組系藤友会傘下の組長(50)=富士市天間=を貸金業法違反と出資法違反の疑いで逮捕した。

 藤友会系の現役組員や元組員といった「身内」をはじめ、密接な関係がある共生者らを狙い、法外な利息で金を貸し付ける行為を繰り返していたとされる。

 逮捕容疑は2016年4月から2018年4月ごろまでの間、無登録かつ法定利息を超える高金利で複数人に対して約10回、計約500万円を貸し付けた疑い。

 容疑者は藤友会のナンバー3。少なくとも1カ月当たり10%以上の利息を受け取り、藤友会の資金源にしていたという。現金の受け渡しなどに若い組員を使うなど、組織的にヤミ金業を続けていたとみられる。

 容疑者を含む藤友会系の組員らが正月飾りやだるまの購入を商業者に組織的に迫るなどした事件を捜査する過程で発覚した。

 県警は、傘下の組員や共生者らを返済困難に陥らせることで藤友会の支配下に置き続け、組織の影響力拡大などにつなげていたとみて実態解明を進める。



タクシー運転手相手にヤミ金融 住吉会系幹部を逮捕

 警視庁小松川署は15日、法定金利の2倍以上で違法に金を貸し付けていたとして、指定暴力団・住吉会系幹部を出資法違反の容疑で逮捕した。

 逮捕されたのは住吉会系「家根弥一家」幹部、大野桂一容疑者(48)。

 大野容疑者は去年1月、東京都台東区の路上に駐車したタクシーの中で、タクシー運転手の男性(30代)に対し法定金利の2倍以上で現金5万円を貸し付け、違法な利息2万5000円を受け取った疑いが持たれている。

 警視庁によると、大野容疑者は男性のタクシーに乗り込み、ドライブレコーダーに映像が残らないようエンジンを切らせた後、現金を受け取っていた。大野容疑者は「古い話なので、覚えていない」などと容疑を否認している。タクシー運転手の間では大野容疑者の連絡先が口コミで広まっていたといい余罪についても調べている。

  
 

違法貸付 山口組系「茶谷政一家」幹部の逮捕で事務所を捜索

 北海道警帯広署は19日、指定暴力団・山口組直系「茶谷政一家」幹部、田守祐稔容疑者(56)=帯広市西9南12=と、会社役員の水島忠人容疑者(49)=帯広市西9南17=ら2人を貸金業法違反(無登録営業)の疑いで逮捕し、22日午前10時すぎ、田守容疑者の所属する「茶谷政一家」の本部事務所を捜査員約20人態勢で家宅捜索した。

「茶谷政一家」本部を捜索
「茶谷政一家」本部を捜索

 田守容疑者ら2人は、2015年1月ごろから18年7月ごろまで、貸金業の登録をせず、帯広在住の男性5人に合わせて220万円を法定のおよそ4倍の金利で金を貸し付け、22日までに逮捕・送検された。

 道警は、売り上げが暴力団の資金になっていたとみて調べを進めている。

  
 

「ヤミ金」で山口組系弘道会傘下幹部を逮捕

 愛知県警は、違法な高金利で金を貸し付けるいわゆる「ヤミ金」を行っていたとして、指定暴力団・山口組系幹部を貸金業法違反などの疑い逮捕した。

 逮捕されたのは山口組弘道会傘下幹部、大橋勇人容疑者(49)。大橋容疑者は黙秘している。

 大橋容疑者は、県の登録を受けずに貸金業を営み、県内の男性2人に対し合計11万円を貸し付けて、法定利息分を超える2万2千円の利息を受け取った疑いが持たれている。

 警察は売り上げが暴力団の資金源になっていたとみて調べている。

  
 

無登録で貸金業営業 稲川会系組幹部を逮捕

 無登録で貸金業を営んだとして、藤沢北署は貸金業法違反容疑で、韓国籍の指定暴力団・稲川会系組幹部、許敏明容疑者(43)=藤沢市善行坂=を逮捕した。「貸したことは間違いない」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は、平成26年1月中旬ごろから29年10月下旬ごろまでの間、無登録で貸金業を営み、市内に住む会社役員(50)ら男性3人に対して計15回にわたり、計約1200万円を貸し付けたとしている。

 同署によると、今年3月、会社役員の男性が「利息が高すぎる」などと同署に相談したことで事件が発覚。許容疑者は法定金利の約8倍の違法金利で貸し付けを行っていたとみられるといい、同署が事件の詳しい経緯を調べている。

  

ヤミ金で違法利息 山口組直系「章友会」会長を逮捕

 警視庁組織犯罪対策4課は7日、無登録で貸金業を営み、違法な高金利で貸し付けたとして、貸金業法違反と出資法違反の容疑で、指定暴力団・山口組直系「二代目章友会」会長、新井錠士こと松岡錠司容疑者(50)=大阪市阿倍野区丸山通=を逮捕した。松岡容疑者は「一切知らない」と容疑を否認している。

ヤミ金で違法利息 山口組直系「章友会」会長を逮捕

 同課によると、同容疑者は山口組の「直参」と呼ばれる2次団体のトップ。同容疑者に関する銀行口座には2008~17年、300人超に計約2億3000万円を貸し付けたとみられる形跡があった。約4億6000万円の入金も確認されたが、やりとりの大半は現金の手渡しで行われていたとみられることから、組対4課はさらに多額の不正利益を上げていたとみて調べている。

 貸し付けや金利受領の際は手渡しで行い、金銭貸借の証明書類も作成していなかった。同課は組織の資金源になっていたとみて調べを進める。

 逮捕容疑は11年2~10月ごろ、東京都内の男性会社役員に、無登録で計1530万円を貸し付け、法定を超える利息計約4250万円を受け取った疑い。

  

「小桜一家」系組員 貸金業法違反の疑いで逮捕

 鹿児島県警は、無登録で貸金業を営み、鹿児島県内の男性2人に法外な利息で現金を貸し付けたとして、暴力団組員を貸金業法違反などの疑いで逮捕した。

 逮捕されたのは、指定暴力団「四代目小桜一家」系組員、馬塲添博樹容疑者(46)。

 いちき串木野警察署によると、馬塲添容疑者は2013年8月中旬から2015年3月ごろまでの間、無登録で貸金業を営み、県内の47歳と50歳の男性に、法定のおよそ1.2倍の利息であわせて50万円を貸し付けた疑いが持たれている。馬塲添容疑者は、2人と知り合いで容疑を認めているという。

 県警は、先月末にいちき串木野市の組事務所や、馬塲添容疑者の自宅などを捜索し、携帯電話など十数点を押収した。警察は組織的な犯行の可能性もあるとみて余罪などの調べを進めている。

  


西宮市職員、山口組系組員らとヤミ金融の疑い

 無許可で貸金業を営んだとして、大阪府警は25日、指定暴力団山口組系組員の山崎明生(あきお)容疑者(48)=住居不定=と兵庫県西宮市職員で市立小学校調理員の田中和香(わか)容疑者(44)=西宮市中前田町=ら3人を貸金業法違反(無登録営業)の疑いで逮捕し、発表した。山崎容疑者は「黙秘します」、田中容疑者は「何のことかわかりません」と供述しているという。

 捜査4課によると、3人は国などの登録を受けていないのに、2014年5月、大阪市淀川区の飲食店で50代の男性に700万円を貸し付けた疑いなどがある。山崎容疑者と田中容疑者は知人だったという。

  

10日間で2割 出資法違反で「酒梅組」系幹部を逮捕/大阪

 法定金利の5倍超の高金利で現金を貸し付けたとして、大阪府警捜査4課と西成署は17日、出資法違反の疑いで、指定暴力団酒梅組系幹部、山下亨容疑者(54)=大阪市住之江区北島=を逮捕した。容疑を認めている。

 逮捕容疑は平成27年11月中旬、大阪市中央区の飲食店で、知人男性に対し、法定金利(1日当たり0・3%)の5倍超となる1日当たり1・67%の金利で5万円を貸し付けたとしている。

 府警によると、男性は10日間で2割の利息を支払うと約束。27年12月~28年10月、26回に分けて計32万8千円を山下容疑者に支払ったという。

  

大阪府警:酒梅組本部を家宅捜索 「10日で2割」ヤミ金事件関連先

 無登録の貸金業を営んだとする貸金業法違反容疑で指定暴力団「酒梅組」系幹部が逮捕された事件に絡み、大阪府警捜査4課と西成署は8日、大阪市西成区の「酒梅組」本部を家宅捜索した。「ヤミ金」で得られた収益が組の資金源になっていた可能性もあるとみて捜査している。

 府警は7日、同容疑で酒梅組系幹部、伊敷正親容疑者(44)=大阪市住之江区御崎=を逮捕。昨年12月下旬~今年6月中旬、府の登録を受けず、男女2人に現金計50万円を貸し付け、違法に貸金業を営んだ疑いがもたれており、伊敷容疑者は容疑を認めている。

 府警によると、「10日で2割」の高金利で2人に融資したうえで、返済を何度もメールで督促したり、自転車に貼り紙をしたりするなど厳しい取り立てを繰り返していたという。今年4月以降、複数の債務者から「容疑者から借金の返済を迫られて困っている」などとの相談が府警に寄せられていた。

  

違法貸金容疑で「英組」組長 再逮捕-警視庁

>>関連記事
 高金利でヤミ金を営んだとして、警視庁組織犯罪対策4課は7日、貸金業法違反と出資法違反の疑いで、指定暴力団神戸山口組の直系「英組」組長、藤田恭右容疑者(44)=大阪市西淀川区出来島、犯罪収益移転防止法違反罪で起訴=を再逮捕した。同課によると、黙秘しているという。

 同課によると、藤田容疑者は2010年ごろから、知人ら約300人に少なくとも計約1億4000万円を貸し付けていたとみられる。同容疑者が管理する十数口の他人名義の口座には、計約3億3000万円が入金されていた。

 逮捕容疑は12年2月~16年10月、貸金業の登録を受けずに男性(53)ら4人に計約1500万円を貸し付け、うち3人から法定利息を超える計約800万円を受け取った疑い。

  

ヤミ金融の組幹部に実刑判決 「組織的犯行を首謀」/福岡

>>関連記事
 福岡地裁は14日、高金利でヤミ金融を営んだとして、出資法違反(超高金利)などの罪に問われた特定危険指定暴力団工藤会系組幹部、江田龍彦被告(40)に懲役2年4月、罰金1500万円、追徴金約4400万円の判決(求刑懲役3年、罰金2150万円、追徴金約4500万円)を言い渡した。

 田口直樹裁判官は判決理由で「電話で融資を勧誘する役割や、振り込まれた金を払い出す役割などを分担し、利息を回収する組織的な犯行。経営者であり首謀者だ」と指摘。暴力団を離脱する意思を固め、一部の被害者と示談が成立した点を踏まえても実刑は免れないと判断した。

 判決によると、従業員らと共謀し、福岡県知事の登録を受けず、平成25年12月~27年5月、11人に計188万5千円を貸し付け、法定を88万円超える利息を受け取り、約4500万円の犯罪収益を隠した。

  

侠友会傘下組織幹部を逮捕 本部事務所を捜索 兵庫県警

 高金利の貸金業を営み、法外な利息を受け取ったとして、兵庫県警公安2課などは30日、出資法違反(超高金利)容疑で、指定暴力団山口組から分裂した新組織・神戸山口組の有力団体「侠友会」傘下組織の暴力団幹部、勝原雄三容疑者(64)=神戸市長田区上池田=を逮捕した。県警は同日午前、関係先として侠友会の本部事務所(同県淡路市志筑)を捜索した。

 同課によると、勝原容疑者は平成21~27年、約100人に計約2千万円以上を貸し付けたとみられる。勝原容疑者は侠友会事務所に出入りする姿が確認されており、同課は違法に受け取った利息の一部が侠友会側に流れた可能性があるとみている。

 逮捕容疑は今年1~7月、神戸市中央区の男性ら2人に9万円を貸し付け、法定金利の上限(20%)の2~4倍の利息計約1万8千円を受け取ったとしている。

  

工藤会系組幹部ら “ヤミ金”認める/福岡

>>関連記事
 違法な金利で現金を貸し付ける、いわゆる「ヤミ金」を行っていたとされる特定危険指定暴力団・工藤会系組幹部の男ら8人の初公判が16日、福岡地裁で開かれ、全員が起訴内容を認めた。

 初公判を迎えたのは、工藤会系組幹部・江田龍彦被告(40)ら8人。

 起訴状によると、江田被告ら8人は、一昨年から今年5月にかけて、最高で法定利息の20倍を超える金利で、多数の人に現金を貸し付けていたとされる。

 今日、福岡地裁で開かれた初公判で、江田被告ら8人は、全員、「間違いありません」と起訴内容を認めた。

 一方、検察側は、冒頭陳述で、「江田被告を経営者として貸し子と出し子に役割分担されていた」と、組織としてヤミ金を行っていたと主張した。

  

生活保護受給者らターゲット 貸金業経営者ら2人を逮捕/兵庫

 生活保護受給者らに現金を貸し付け、法定を超える金利を受け取ったとして、県警暴力団対策課などは9日、出資法違反などの疑いで、神戸市西区玉津町新方の貸金業、真柄龍二容疑者(51)と同区内の会社役員の女(38)を再逮捕した。

 県警によると、2人は平成18年以降、延べ125人に対し、約1億3千万円を貸し付けていたといい、県警は関連を調べる。

 逮捕容疑は共謀し、24年7月~今年8月の間、生活保護受給者3人と貸し付けの契約をした際、生活保護費が振り込まれる金融機関の通帳などをそれぞれ預かったほか、24年7月~今年7月の間、生活保護受給者2人と自営業の男性に計267万円を貸し付け、法定利息を超える利息を含む計62万5千円を受け取ったとしている。

 県警によると、真柄容疑者は黙秘、女は「金利計算はしていないのでよくわからない」と供述しているという。

 県警は8月、個人向けに金を貸していたにもかかわらず、事業者向けと虚偽登録していたとして、貸金業法違反容疑で2人を逮捕、神戸地検が処分保留にした。

  

無登録で貸金、法定外利息…組員逮捕/福井

 無登録で貸金業を行い、法定外の利息を受け取ったとして、県警は27日までに、貸金業法違反と出資法違反の容疑で、指定暴力団山口組系組員、片岡寛和容疑者(50)=福井市みのり=を逮捕、送検し、福井地検は同日、同罪で起訴した。

 逮捕、送検容疑は平成25年6月ごろから同9月ごろの間、無登録で貸金業を営み、福井市内で顧客2人に対し、法定利息を超える高利で貸し付けて利息を受け取ったほか、同2月ごろから今年5月ごろの間にも、別の顧客6人に同様の貸し付けを行い利息を得たとしている。

  

ヤミ金融容疑で暴力団幹部ら8人再逮捕、1人逮捕 福岡県警

 福岡県警は18日、いわゆるヤミ金融業を営んで不当な利益を得たとして、貸金業法違反および出資法違反容疑で、福岡市西区野方5丁目、暴力団工藤会傘下組織幹部男(39)ら8人を再逮捕、1人を逮捕した。

 調べでは、組織幹部らは共謀し、平成26年から27年にかけ、無登録で貸金業を営み、法定利息を大幅に上回る利息を不法に受けた疑い。

 | HOME |  »

ブログ内キーワード検索


おすすめ

10日程でスピードお届け!
組合系でクレジット機能なし

↑ ↑ ↑ ↑
個人的な審査に不安な方
まったく問題なし!!!
↓ ↓ ↓ ↓

安心して下さい。作れますよ。

カテゴリ

■殺人 (104)
■殺人未遂 (186)
■傷害致死 (25)
■死体遺棄 (375)
■生命身体加害略取罪 (1)
■殺人予備罪 (3)
■傷害・暴行・暴力行為 (397)
■逮捕監禁 (58)
■脅迫・恐喝・強要 (626)
■恐喝未遂 (48)
■銃刀法違反 (322)
■発砲事件 (267)
■凶器準備結集・集合 (13)
■強盗事件 (197)
■身代金目的略取 (2)
■窃盗・盗難 (220)
■盗品等関与罪 (4)
■常習特殊窃盗罪 (1)
■漁業法違反 (15)
密漁品流通 (1)
特定水産動植物の採捕の禁止 (1)
漁業法違反ほう助 (1)
■水産資源保護法違反 (3)
■水面漁業調整規則違反 (7)
■証人等威迫罪 (2)
■犯人隠避・犯人隠避教唆 (49)
■証拠隠滅 (5)
■覚せい剤・大麻・麻薬・ドラッグ (561)
■医薬品医療機器法違反 (1)
■薬事法違反 (12)
■臓器移植法違反 (5)
■賭博開帳図利・常習賭博 (154)
■モーターボート競走法違反 (11)
■詐欺・横領・背任 (1143)
■免状不実記載・公正証書原本不実記録 (103)
■有印私文書偽造 (17)
■携帯電話不正利用防止法 (2)
■有価証券偽造・偽造有価証券行使 (9)
■偽造通貨行使 (2)
■出資法違反・貸金業法違反 (81)
■銀行法違反 (2)
■強制性交等罪 (13)
■強制わいせつ (2)
■迷惑行為防止条例違反 (25)
■児童福祉法違反 (31)
■県青少年健全育成条例違反 (7)
■未成年者誘拐 (1)
■公然わいせつ (1)
■わいせつ図画販売 (17)
■児童買春・ポルノ処罰法違反 (8)
■風俗営業法違反 (23)
■売春防止法違反 (42)
■入管難民法違反 (12)
不法就労助長 (2)
旅券法違反 (8)
■労働者派遣事業法違反 (42)
■不動産侵奪 (2)
■職業安定法違反 (8)
■建設業法違反 (10)
■労働基準法違反 (2)
■不正競争防止法違反 (1)
■強制執行妨害・競売入札妨害 (20)
■廃棄物処理法違反 (15)
不法投棄 (12)
虚偽管理票交付 (2)
虚偽申請 (1)
■建造物侵入 (3)
■器物損壊・建造物、住建造物損壊 (89)
■建造物等放火 (22)
■火炎瓶処罰法 (2)
■爆発物取締罰則違反 (20)
■保護責任者遺棄致死 (1)
■道路運送法・道交法違反 (64)
自動車運転過失傷害・ひき逃げ (16)
妨害運転罪・あおり運転 (1)
■公務執行妨害 (27)
■威力業務妨害 (21)
■競売入札妨害 (3)
■偽計業務妨害・偽計信用棄損 (11)
■名誉毀損罪 (1)
■商標法違反 (10)
■著作権法違反 (3)
■文化財保護法違反 (1)
■不正作出私電磁的記録 (2)
■電磁的記録媒体頒布 (3)
■密輸 (2)
■所得税法違反 (20)
■関税法違反 (7)
■電波法違反 (1)
■旅館業法違反 (1)
■民事保全法違反 (1)
■裁判員法違反 (2)
■弁護士法違反 (2)
■収賄罪 (1)
■地方公務員法違反 (2)
守秘義務違反 (0)
■職務強要 (1)
■特定商取引法違反 (4)
■裁判 (215)
■暴力団対策法 (64)
用心棒料等要求行為 (3)
多数集合 (4)
損害賠償 (10)
用心棒行為等防止命令 (2)
使用制限命令 (18)
再発防止命令 (10)
使用者責任 (11)
■暴力団排除条例 (308)
■組織犯罪処罰法 (197)
組織的殺人 (20)
組織的殺人未遂 (30)
組織的詐欺 (14)
組織的恐喝 (6)
組織的強要 (1)
組織的賭博開帳図利 (3)
組織的建造物損壊 (3)
組織的威力業務妨害 (1)
没収保全命令 (1)
犯罪収益収受 (86)
犯罪収益隠匿 (9)
犯罪収益仮装 (1)
犯人隠避・犯人隠避教唆 (9)
組織犯罪処罰法違反幇助 (1)
組織犯罪証拠隠滅 (1)
■犯罪収益移転防止法 (5)
■暴力行為等処罰法 (17)
■指詰めの強要等の禁止 (0)
■脱退妨害行為 (0)
■暴力団追放活動 (91)
■家宅捜索 (165)
■不起訴処分 (33)
■中止命令 (100)
■危険運転致傷 (2)
■暴走族追放条例違反 (1)
■宅建業法違反 (1)
■食品衛生法違反 (1)
■健康保険法違反 (3)
■国外 (65)
■その他 (1918)
■未分類 (1859)