FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団・任侠・極道・反社組織関連の事件・ニュース速報

液状大麻7.9キロを密輸 グループ主犯格の山口組系組員を再逮捕

>>関連記事
 愛知県警は29日、液状大麻およそ7910グラムをアメリカから密輸したなどの疑いで、特定抗争指定暴力団・六代目山口組傘下組員・伴龍也容疑者(31)=住所不定=を、大麻取締法違反(営利目的輸入)などの容疑で再逮捕した。伴容疑者の認否は明らかにしていない。

大麻をアメリカから密輸 山口組傘下組員を再逮捕
押収された液状大麻など
大麻をアメリカから密輸 山口組傘下組員を再逮捕

 伴容疑者は今年5月に、すでに逮捕されているほかの者と共謀して、営利目的で液状大麻約7910グラムをアメリカから国際宅急便を使って密輸したなどの疑いで再逮捕された。

 この事件では、8月5日にアメリカからの国際宅急便の受け取り役など2つのグループ、山口組傘下組員ら男女11人が逮捕されていて、8月21日に伴容疑者本人が警察に出頭して逮捕された。伴容疑者が2つのグループの主犯格とみられている。

麻薬密売グループ摘発 住吉会系組員や山口組系組員ら9人を逮捕

 警視庁と埼玉、千葉両県警の合同捜査本部は29日までに、東京都内の路上で乾燥大麻を販売した疑いなどで、指定暴力団・住吉会系「十三代目幸平一家」傘下組員・中沢隆亮容疑者(41)=東京都町田市小野路町=と、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系組員・塚原謙司容疑者(53)=茨城県ひたちなか市東大島1=ら男女9人を大麻取締法違反の疑いで逮捕した。

中沢隆亮容疑者
中沢隆亮容疑者(41)
茨城県土浦市の雑居ビルなどから押収された大麻
密売グループの押収品
大麻密売グループの押収品

 国内最大の大麻密売グループで中沢容疑者がリーダー格、塚原容疑者が大麻の栽培担当だったとみられ、昨年6月以降、大麻や覚醒剤などの密売で3億円以上を売り上げたとみられる。グループは全国に数百人規模の客を持ち、大麻や覚醒剤などを密売していたとみられている。この密売グループから大麻を買ったとして19~51歳の男性15人も、今年3月から8月にかけて大麻取締法違反(所持)容疑で摘発している。

 調べに対し、中沢容疑者と伊藤容疑者は「全く関係ないこと」と容疑を否認し、塚原容疑者ら6人は「栽培した大麻を持っていたことに間違いない」と容疑を認め、ほか1人は認否を留保している。

 中沢容疑者と伊藤容疑者ら5人は今年5月から9月にかけて、対面せずに利用できる都内の民泊施設33カ所や千葉県のビジネスホテルを転々としながら、ツイッターなどSNSに大麻の写真などを掲載し「野菜」と称して大麻を密売。塚原容疑者ら4人は茨城県土浦市の雑居ビルで販売目的で大麻を栽培し、乾燥大麻を所持していた。

 栽培工場として使われていた茨城県土浦市の雑居ビルなどからは、乾燥大麻約1.7キロ(末端価格1027万相当)、覚醒剤約16.2グラム(末端価格97万相当)、大麻草84株などを押収した。

倉庫で大麻草266鉢を営利目的で栽培 ベトナム籍の男4人を逮捕

 群馬県警組織犯罪対策課と伊勢崎署などは25日までに、伊勢崎市内の倉庫で大麻草を栽培したとして、無職のド・バン・ハン容疑者(25)=伊勢崎市日乃出町・ベトナム国籍=ら男4人を大麻取締法違反(営利目的栽培など)の疑いで逮捕した。乾燥大麻は末端価格は現在1グラム6000円ほどで、今回押収された大麻では、億単位に上るとみられる。県警は4人の認否を明らかにしていない。

伊勢崎市内の倉庫で大麻草266鉢を営利目的で栽培 ベトナム籍の男4人を逮捕
押収された大麻草
伊勢崎市内の倉庫で大麻草266鉢を営利目的で栽培 ベトナム籍の男4人を逮捕

 ド・バン・ハン容疑者ら3人は共謀して、8月24日午後6時15分ごろ、伊勢崎市三室町の2階建ての倉庫内で大麻草266鉢を営利目的で栽培した疑い。倉庫内は大麻草栽培のために光や温度が調整できるようになっていて、苗を置く場所や大麻を乾燥させる場所など4つに区分けされていた。

 伊勢崎市内では、去年4月にも別の倉庫で大麻草を栽培したとして、ベトナム国籍の男が逮捕されていて、県警はこの事件に関連して、去年4月4日午後5時25分ごろに伊勢崎市香林町の倉庫で、営利目的で大麻草144本を栽培し、大麻草7177グラムを所持したとして、3人と同居していた同じくグエン・テー・クエン容疑者(28)=ベトナム国籍=も逮捕した。

 2つの事件には関連があり、組織的に大麻を栽培していたとして、ほかにも共犯者がいるとみて調べを進めている。

大麻密輸グループの中心人物 出頭した山口組系組員を逮捕・送検

>>関連記事
 愛知県警は、今年3月に他の者と共謀して密輸入した乾燥大麻を所持したとして特定抗争指定暴力団・六代目山口組傘下組員、伴龍也容疑者(31)=住居不詳=を麻薬特例法違反の疑いで逮捕・送検した。8月21日に伴容疑者本人が、警察に出頭して逮捕された。伴容疑者の認否は明らかにしていない。

 伴容疑者は、8月5日にアメリカから国際宅急便などを使い、大量の大麻を密輸入しようとしたとして逮捕された2つのグループの中心人物とみられている。

 大量の大麻密輸事件では、8月5日にアメリカから国際郵便を使って乾燥大麻およそ約3940グラム(末端価格2400万円相当)を密輸しようとしたとして無職・奥山友樹容疑者=神奈川県横浜市金沢区六浦南=ら男女7人を逮補、また同日、アメリカから国際宅急便を使って液状大麻約7910グラムを密輸しようとしたとして山口組傘下組員・竹下浩平容疑者=愛知県豊橋市神ノ輪町=ら4人が逮捕されている。

大麻などをアメリカから密輸 山口組傘下組員ら11人を逮捕

 愛知県警は5日、乾燥大麻などをアメリカから航空郵便で密輸しようとした疑いで、無職・奥山友樹容疑者=神奈川県横浜市金沢区六浦南=ら7人と、特定抗争指定暴力団・六代目山口組傘下組員・竹下浩平容疑者=愛知県豊橋市神ノ輪町=ら4人の合わせて男女11人を大麻取締法違反(営利目的輸入)などの容疑で逮捕した。

乾燥大麻などをアメリカから密輸 山口組傘下組員ら11人を逮捕3
乾燥大麻などを密輸
乾燥大麻などをアメリカから密輸 山口組傘下組員ら11人を逮捕2
押収された乾燥大麻など
乾燥大麻などをアメリカから密輸 山口組傘下組員ら11人を逮捕1

 奥山容疑者ら7人は今年3月、アメリカから国際郵便を使って乾燥大麻およそ約3940グラム(末端価格2400万円相当)を密輸入しようとした疑い、竹下容疑者ら4人は今年5月、アメリカから関西空港着の国際宅急便を使って液状大麻約7910グラムを密輸入しようとした疑いが持たれている。

 いずれも税関職員や麻薬探知犬が発見し、荷物の届け先の住所などからあわせて11人の容疑が浮上した。警察は11人の認否を明らかにしていないが、どちらの事件にも共通の指示役の男がいるとみて行方を追っている。

米国から覚醒剤8キロ5億円相当を密輸 ドラゴンのメンバー逮捕

 警視庁は3日、アメリカ・カルフォルニア州から覚醒剤8キロ(末端価格5億円相当)を営利目的で密輸したとして、準暴力団チャイニーズドラゴンのメンバー、ジャン・シャオ容疑者(45)=中国籍=を覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕した。

準暴力団・チャイニーズドラゴンのメンバー、ジャン・シャオ容疑者を覚醒剤取締法違反で逮捕1
ジャン・シャオ容疑者
準暴力団・チャイニーズドラゴンのメンバー、ジャン・シャオ容疑者を覚醒剤取締法違反で逮捕2
押収された覚醒剤

 ジャン容疑者は2019年11月、覚醒剤8キロ(末端価格5億円相当)を営利目的でアメリカから密輸した疑いがもたれている。ジャン容疑者は密輸グループの指示役で、覚醒剤はろうそく立て192本の中に隠され6つの小包にわけて航空貨物で東京都昭島市の仲間の自宅マンションに送られたという。

 ジャン容疑者は「身に覚えがない」「弁護士と相談するまで話せない」と容疑を否認している。

住吉会系組員のラッパー「KENNY-G」 覚醒剤使用で再逮捕

>>関連記事
 警視庁組織犯罪対策5課は27日、ラッパーの「KENNY-G(ケニージー)」として活動している指定暴力団・住吉会系組員・古関健容疑者(31)=東京都福生市福生=ら、男2人を覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで再逮捕した。調べに対し「自宅で使った」と容疑を認め、「シャブは20歳から、大麻は14歳から始めた」と供述している。

KENNY-G(ケニージー)・古関健容疑者 覚醒剤使用の疑いで再逮捕
古関健容疑者を再逮捕

 古関容疑者はスタジオを兼ねた福生市の自宅で覚醒剤や大麻を所持したとして、同法違反容疑(所持)などで今月7日に逮捕されていた。古関容疑者は、覚醒剤所持の疑いで逮捕された際に、「薬物を使用し続けている自分がいやになり、いつかやめなければと思っていた」と供述していた。

 再逮捕容疑では、6月下旬から今月7日の間に、福生市の古関容疑者宅で覚醒剤を使用したとされる。7日の逮捕後、尿検査で陽性反応が出て再逮捕された。

 古関容疑者は暴力団が統括する4つの特殊詐欺グループのリーダー役も務めていて、同課は28日、所属する新宿区の住吉会系組事務所を家宅捜索し資料を押収、薬物の入手先や特殊詐欺グループの実態を調べている。

 

覚醒剤所持 稲川会系佐野組幹部ら3人と顧客14人を逮捕 

 山梨県警組織犯罪対策課などは28日までに、山梨県甲府市の自宅で営利目的で覚醒剤を所持したなどとして、指定暴力団・稲川会系「佐野組」幹部・石原敏郎容疑者(65)=甲州市勝沼町藤井=と、同組幹部・石田淳也被告(48)=甲府市上石田3=、同組員・原田浩被告(44)=甲府市青沼3=ら組員3人を、覚醒剤取締法違反(営利目的共同所持)の疑いで逮捕した。

覚醒剤を営利目的所持 稲川会系佐野組幹部ら3人と顧客14人を逮捕 
山梨県警察本部

 同課は組員3人の顧客らとみられる20~70代の男女14人を同法違反(使用)などの疑いで逮捕し、計約89グラムの覚醒剤を押収した。個々の認否は明らかにしていない。

 石原容疑者の逮捕容疑は5月27日、ともに同法違反などで起訴されている石田被告や原田被告と共謀し、原田被告の自宅で覚醒剤82.767グラム(末端価格約496万円)を営利目的で所持したとされる。

覚醒剤・大麻所持 住吉会系組員でラッパー「KENNY-G」現行犯逮捕

 警視庁組織犯罪対策5課は7日、東京都内の自宅で覚醒剤や大麻を所持していたなどとして、指定暴力団・住吉会系組員で「KENNY-G(ケニージー)」の名でラッパーとしても活動する古関健容疑者(31)=東京都福生市福生=と、職業不詳・手塚敏明容疑者(31)=住居不詳=の2人を覚醒剤取締法違反と大麻取締法違反容疑で現行犯逮捕した。調べに対し、古関容疑者は「今は言えません」といずれも容疑を否認している。

 2人は7日午前1時10分頃、古関容疑者の自宅で覚醒剤およそ0.9グラムと乾燥大麻およそ1.6グラムを所持していた疑いなどがもたれている。覚醒剤や大麻は自宅にあるビリヤード台の上から見つかり、ガラス製の吸引パイプなどが押収された。

 古関容疑者は、ラッパー・KENNY-Gとして活動。2020年2月には1st EP『KENNY-G』、同年6月に2nd EP『OLD SPICE』をリリースしたほか、人気ヒップホップグループ・舐達麻のBADSAIKUSHとのコラボ曲「OUTLAW」を昨年発表し話題を集めた。古関容疑者は、自身のYouTubeチャンネルで歌を配信しており、中には「大麻みたく吸う 吸う 吸う」という歌詞もあった。

 古関容疑者は今月2日に医療機関を受診して新型コロナウイルスの陽性反応が出たが、4日に神奈川県平塚市のライブハウスでライブに出演していたという。

 古関容疑者は今回現行犯逮捕された件以外にも、2020年10月に西多摩郡の元自宅で、覚醒剤の結晶0.026グラムとコカインの粉末0.02グラムと乾燥大麻0.065グラム、同11月に自宅で大麻の成分を含んだ褐色の液体0.127グラム、今年5月に自宅で乾燥大麻0.016グラムを、それぞれ所持した容疑で、覚醒剤取締法違反(所持)と大麻取締法違反(同)、麻薬及び向精神薬取締法(同)の疑いでも逮捕されている。

香港から横浜港に覚醒剤297キロを密輸 外国籍の男女2人逮捕

 神奈川、埼玉両県警などの合同捜査本部は7日までに、香港から横浜港に覚醒剤約297キロ(末端価格178億円相当)を密輸したとして、会社役員・チェン・ユン容疑者(50)=カナダ国籍・東京都北区=と、無職・張楠容疑者(34)=中国籍・静岡県浜松市中区=の男女2人を覚醒剤取締法違反(営利目的輸入)の疑いで逮捕した。

香港から横浜港に覚醒剤297キロを密輸 外国籍の男女2人逮捕
押収された覚醒剤 横浜税関

 2人は2月16日、香港から横浜港に貨物船で運ばれたコンテナ内の金属加工用のレーザー加工機の中に隠し輸入した疑い。税関職員が4月に覚醒剤を発見し押収した。届け先の埼玉県内の倉庫にチェン容疑者が受け取りにきたという。一方、張容疑者は輸入手続きに関わった疑い。調べに対し、いずれも容疑を否認し「覚醒剤が入っていることは知らなかった」などと供述している。

 税関が今年国内で押収した覚醒剤の量としては最大。

東京高裁:覚醒剤密輸の住吉会系元組長に無期懲役 1審判決支持

>>関連記事
 東京高裁(近藤宏子裁判長)で5日、茨城県ひたちなか市付近の沖合で2017年8月、船で受け渡しする「瀬取り」という手法で覚醒剤約480キロ末(端価格307億円相当)を香港から密輸したとして、覚醒剤取締法違反(営利目的輸入)などの罪に問われた元・指定暴力団・住吉会系「羽黒一家五代目」幹部で「海老澤組」組長・海老沢浩被告(61)=宇都宮市平出町=の控訴審判決が開かれ、無期懲役、罰金1000万円とした1審の水戸地裁判決を支持し、被告の控訴を棄却した。

押収された覚醒剤1
押収された覚せい剤
押収された覚醒剤2

 控訴審で弁護側は、「船や乗員の手配など実行は別の男だ」として、被告はあくまで香港マフィアと日本側の「連絡役」にすぎず、既に同罪で懲役23年の判決が出た漁師の男(55)と責任の重さは同程度と主張していた。

 2審の判決で近藤裁判長は「共犯者に指示を出すなど主導的な役割を果たし、保管場所を手配するなど、運び屋にすぎないと言えないのは明らかだ。日本側の最高責任者だと認定した1審の判断に不合理な点はない」、「弁護側の主張はいずれも理由がなく、1審判決が重すぎて不当であるとはいえない」と弁護側の訴えを退け、1審に続いて無期懲役と罰金1000万円を言い渡した。

 海老沢被告は他の男らと共謀し、2017年8月21日、ひたちなか市の東方沖で、船から覚醒剤を漁船に積み替え、同22日、同市の那珂湊漁港に陸揚げして輸入した。2020年10月の水戸地裁では、覚醒剤事件で茨城県内初とみられる無期懲役判決が求刑通り言い渡されていた。

殺人未遂で逮捕の道仁会系組員 大麻所持で再々逮捕

>>関連記事
 佐賀南署は5日、4月27日未明に佐賀市白山の路上で多久市の30代男性が頭から血を流して倒れているのが見つかった殺人未遂事件で、公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕され、男性の頭を棒状のもので殴るなどし、頭や胸などに約10日のけがを負わせたとして5月14日に殺人未遂の疑いで再逮捕されていた指定暴力団・道仁会系組員・石井郁弥容疑者(24)=小城市牛津町勝=を大麻取締法違反(所持)の疑いで再逮捕した。今回で3回目の逮捕。

 石井容疑者は4月28日午後8時10分ごろ、公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕された後に身体検査を受けた武雄署で、大麻約2.8グラムを所持していた疑い。調べに対し石井容疑者は黙秘している。

覚醒剤所持 旭琉会系「富永一家」組員に懲役4年の実刑

>>関連記事
 那覇地裁(小野裕信裁判長)は4日、営利目的で覚醒剤約4.96グラムを所持していたとして、覚醒剤取締法違反の罪に問われた指定暴力団・旭琉会系「三代目富永一家」組員(37)=浦添市=に対し、懲役4年、罰金30万円(求刑懲役5年、罰金30万円)を言い渡した。

 判決理由として、所持した覚醒剤は少量と言えず、小分けにされるなどいつでも密売できる状態だったとして「覚醒剤の害悪を社会に拡散させる危険性が高い犯行だった」と指摘。覚醒剤事件の前科がある上、より刑事責任の重い営利目的所持に及んだとして「規制薬物との関わりが根深い」と述べた。

名古屋の倉庫に覚醒剤所持 共犯の山口組傘下組員を逮捕

>>関連記事
 愛知県警は、名古屋市の倉庫に覚醒剤約52グラムを営利目的で所持していたとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組傘下組員・有川佐光容疑者(44)=名古屋市中区=が逮捕された事件で、共犯の山口組傘下組織組員・小林誠容疑者(49)を覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕した。調べに対し、小林容疑者は「身に覚えのないことです」と容疑を否認している。

押収品の覚醒剤や注射器など1
押収品の覚醒剤や注射器など
押収品の覚醒剤や注射器など2

 小林容疑者は4月14日、すでに逮捕されている有川容疑者と共謀し、名古屋市中区の倉庫に覚醒剤およそ52グラム(末端価格306万円相当)を営利目的で所持した疑いがもたれている。有川容疑者の捜査から小林容疑者の関与が浮上した。

密売目的で大麻所持 山口組系豪友会組員ら男女3人を逮捕

 高知県警高知東署は、乾燥大麻を密売目的で所持していたとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系六代目豪友会組員・中平哲也容疑者(49)=高知市=と、妻で無職・美和容疑者(47)、無職・藤川悟容疑者(48)=高知市=の男女3人を大麻取締法違反の容疑で逮捕した。

押収された乾燥大麻など
押収された乾燥大麻など

 2日午後6時頃、高知市曙町の自宅に藤川容疑者と戻って来た中平容疑者に捜査員が声をかけ車中を捜索、乾燥大麻約200グラムが見つかり2人を現行犯逮捕した。その後の家宅捜索で約40グラムの乾燥大麻が見つかり、妻の美和容疑者も認識していたとして逮捕された。県警は事前に中平容疑者の麻薬密売情報を入手し捜査していた。

 取り調べに対し中平容疑者は黙秘。藤川容疑者と美和容疑者は容疑を否認している。

大麻や覚醒剤を営利目的で所持 山口組系弘道会傘下組員を逮捕

 愛知県警は3日、今年5月17日に東京都内の自宅などで乾燥大麻と覚せい剤あわせておよそ740グラム(末端価格830万円相当)を販売目的で所持したとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系三代目弘道会傘下組員・室田悠樹容疑者(39)を覚醒剤取締法違反・大麻取締法違反などの容疑で逮捕した。

押収された乾燥大麻と覚醒剤など
押収された大麻や覚醒剤など

 室田容疑者は5月に別の詐欺事件で逮捕されていて、その後の家宅捜索で乾燥大麻などが見つかった。調べに対して室田容疑者は黙秘している。

倉庫に営利目的で覚醒剤所持 山口組系組員を再逮捕

>>関連記事
 愛知県警は、名古屋市の倉庫に営利目的で覚醒剤を所持したとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系組員・有川佐光容疑者(44)=名古屋市中区=(覚醒剤取締法違反で送検)を、覚醒剤取締法違反の疑いで再逮捕した。

押収品の覚醒剤あ注射器など1
押収品の覚醒剤や注射器など
押収品の覚醒剤あ注射器など2

 有川容疑者は4月14日、名古屋市中区にある自身が所有する倉庫で、覚醒剤約52グラム(末端価格約306万円相当)を営利目的で所持した疑いがもたれている。

 有川容疑者は営利目的で覚せい剤を所持した疑いなどで既に2回逮捕されていて、その後の捜索で、倉庫から覚せい剤が見つかった。調べに対し有川容疑者は容疑を認めている。

覚醒剤590キロ密輸未遂 台湾出身3被告が無罪を主張

>>関連記事
 福岡地裁で17日、熊本県天草市の漁港で2019年12月、小型船から覚醒剤590キロ(354億円相当)が押収された事件の裁判で、覚醒剤を載せた船の乗組員ら台湾出身の男3人の裁判員裁判での初公判が開かれ、3人は起訴内容を否認し、それぞれの弁護人も無罪を主張した。

船内から大量の覚醒剤1
船内から大量の覚醒剤
船内から大量の覚醒剤3

 起訴状によると、台湾出身の洪福財被告(69)、陳瑞栄被告(70)、孫昀皓被告(39)の3人は2019年12月、覚醒剤およそ587キロを積んだ船を熊本県天草市の漁港に接岸させ、覚醒剤を密輸しようとしたなどの罪に問われている。

 検察側は冒頭陳述で「洪被告と陳被告は運搬した船の乗組員で、孫被告は統括役と連絡を取っていた」などと役割を指摘した。

 一連の事件をめぐっては、指定暴力団・工藤会系組員や住吉会系組員、山口組元組員など16人が逮捕・起訴されていて、3月に統括役とされた台湾出身の男に、無期懲役などの判決が言い渡されている。

現実逃避したくて覚醒剤使用 車上狙いの稲川会系組員を再逮捕

>>関連記事
 神奈川県警は17日、車上狙いで逮捕・起訴された指定暴力団・稲川会系組員・大城祐二容疑者(44)が、今年4月に神奈川県内で覚醒剤を使用したとして再逮捕した。大城容疑者は調べに対しは「現実逃避したくて覚醒剤を使いました」と容疑を認めている。

大城祐二容疑者
大城祐二容疑者

 大城容疑者は4月、横浜市内のコインパーキングで他人の車の中からゴルフバッグなどを盗んだとして、逮捕・起訴されたほか、横浜市内のコンビニの駐車場から750万円相当の高級外車を盗んだ疑いでも追送検されている。

駅のコインロッカーに覚醒剤を保管 関東関根組系組員を逮捕

 警視庁は10日、駅のコインロッカーに覚醒剤を営利目的で所持したとして、指定暴力団・関東関根組系組員・千葉雪夫容疑者(60)を覚醒剤取締法違反の容疑で現行犯逮捕した。調べに対し「覚醒剤を売って生活していくしかなかった」と容疑を認めている。

千葉雪夫容疑者
千葉雪夫容疑者

 千葉容疑者は今月10日、東京都渋谷区の東京メトロ副都心線・北参道駅で覚醒剤およそ0.9グラムを営利目的で所持した疑いがもたれている。千葉容疑者は北参道駅のコインロッカーから覚醒剤を取り出したところを現行犯逮捕された。

 千葉容疑者は北参道駅のコインロッカーを覚醒剤の保管場所としていて、ロッカーからは覚醒剤およそ18.9グラム(末端価格113万円相当)が見つかった。千葉容疑者は覚醒剤密売グループの指示役とみられている。

 | HOME |  »

twitter

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿
yakuzanews-twitter.png
ツイッターはこちら

ブログ内キーワード検索


カテゴリ

■殺人 (127)
■殺人未遂 (206)
■傷害致死 (28)
■死体遺棄 (373)
■生命身体加害略取罪 (1)
■殺人予備罪 (3)
■傷害・暴行・暴力行為 (412)
■逮捕監禁 (57)
■脅迫・恐喝・強要 (656)
■恐喝未遂 (57)
■銃刀法違反 (329)
■発砲事件 (270)
■凶器準備結集・集合 (14)
■強盗事件 (201)
■身代金目的略取 (2)
■窃盗・盗難 (226)
■盗品等関与罪 (4)
■常習特殊窃盗罪 (1)
■漁業法違反 (17)
密漁品流通 (1)
特定水産動植物の採捕の禁止 (2)
漁業法違反ほう助 (1)
■水産資源保護法違反 (3)
■水面漁業調整規則違反 (7)
■証人等威迫罪 (4)
■犯人隠避・犯人隠避教唆 (50)
■証拠隠滅 (5)
■覚せい剤・大麻・麻薬・ドラッグ (588)
■医薬品医療機器法違反 (1)
■薬事法違反 (12)
■臓器移植法違反 (5)
■賭博開帳図利・常習賭博 (160)
■モーターボート競走法違反 (11)
■詐欺・横領・背任 (909)
■特殊詐欺・電子計算機使用詐欺 (220)
■新型コロナ対策・GoToトラベル関連詐欺 (69)
■不正アクセス禁止法違反 (6)
■免状不実記載・公正証書原本不実記録 (107)
■有印私文書偽造 (18)
■携帯電話不正利用防止法 (2)
■有価証券偽造・偽造有価証券行使 (9)
■偽造通貨行使 (2)
■出資法違反・貸金業法違反 (84)
■銀行法違反 (2)
■強制性交等罪 (14)
■強制わいせつ (2)
■迷惑行為防止条例違反 (25)
■児童福祉法違反 (31)
■県青少年健全育成条例違反 (7)
■未成年者誘拐 (1)
■公然わいせつ (1)
■わいせつ図画販売 (17)
■児童買春・ポルノ処罰法違反 (8)
■風俗営業法違反 (23)
■売春防止法違反 (42)
■入管難民法違反 (12)
不法就労助長 (2)
旅券法違反 (8)
■労働者派遣事業法違反 (43)
■不動産侵奪 (2)
■職業安定法違反 (8)
■建設業法違反 (10)
■労働基準法違反 (3)
■不正競争防止法違反 (1)
■強制執行妨害・競売入札妨害 (20)
■廃棄物処理法違反 (15)
不法投棄 (12)
虚偽管理票交付 (2)
虚偽申請 (1)
■建造物侵入 (5)
■器物損壊・建造物、住建造物損壊 (93)
■建造物等放火 (23)
■火炎瓶処罰法 (3)
■爆発物取締罰則違反 (20)
■保護責任者遺棄致死 (1)
■道路運送法・道交法違反 (68)
自動車運転過失傷害・ひき逃げ (17)
妨害運転罪・あおり運転 (1)
酒酔い運転 (2)
■危険運転致傷 (2)
■暴走族追放条例違反 (1)
■公務執行妨害 (26)
■威力業務妨害 (21)
■競売入札妨害 (3)
■偽計業務妨害・偽計信用棄損 (11)
■名誉毀損罪 (1)
■商標法違反 (10)
■著作権法違反 (3)
■文化財保護法違反 (1)
■不正作出私電磁的記録 (2)
■電磁的記録媒体頒布 (3)
■密輸 (2)
■所得税法違反 (20)
■関税法違反 (7)
■電波法違反 (1)
■旅館業法違反 (1)
■民事保全法違反 (1)
■裁判員法違反 (2)
■弁護士法違反 (2)
■収賄罪 (1)
■地方公務員法違反 (2)
守秘義務違反 (0)
■職務強要 (1)
■特定商取引法違反 (4)
■裁判 (214)
■暴力団対策法 (93)
用心棒料等要求行為 (3)
多数集合 (4)
損害賠償 (10)
用心棒行為等防止命令 (2)
使用制限命令 (26)
再発防止命令 (15)
使用者責任 (18)
称揚行為の禁止 (1)
■暴力団排除条例 (322)
■組織犯罪処罰法 (210)
組織的殺人 (20)
組織的殺人未遂 (35)
組織的詐欺 (14)
組織的恐喝 (6)
組織的強要 (1)
組織的賭博開帳図利 (3)
組織的建造物損壊 (3)
組織的威力業務妨害 (1)
没収保全命令 (1)
犯罪収益収受 (91)
犯罪収益隠匿 (9)
犯罪収益仮装 (1)
犯人隠避・犯人隠避教唆 (9)
組織犯罪処罰法違反幇助 (1)
組織犯罪証拠隠滅 (1)
■犯罪収益移転防止法 (6)
■暴力行為等処罰法 (20)
■指詰めの強要等の禁止 (0)
■脱退妨害行為 (0)
■暴力団追放活動 (91)
■家宅捜索 (165)
■不起訴処分 (37)
■中止命令 (101)
■宅建業法違反 (1)
■食品衛生法違反 (3)
■健康保険法違反 (3)
■国外 (65)
■その他 (1931)
■未分類 (1854)