FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団・任侠・極道・反社組織関連の事件・ニュース速報

稲川会系「佐野組」本部長補佐を逮捕 組幹部ら26人摘発・覚醒剤や大麻533万円相当を押収

 山梨県警は21日、指定暴力団・稲川会系「佐野組」本部長補佐・平塚和寿容疑者(55)=甲府市大里町=を麻薬特例法違反の疑いで逮捕した。

稲川会系「佐野組」本部長補佐を逮捕 組幹部ら26人を摘発・覚せい剤や大麻末533万円相当を押収1
押収された覚醒剤や大麻
稲川会系「佐野組」本部長補佐を逮捕 組幹部ら26人を摘発・覚せい剤や大麻末533万円相当を押収2

 県警は一連の捜査で、21日までに覚醒剤取締法違反や麻薬特例法違反など合わせて50件に上り、暴力団幹部ら26人を摘発、末端価格で533万円分の覚醒剤88.982グラムと乾燥大麻0.94グラムを押収した。県警は入手経路などについて引き続き捜査を進めている。

詐取したコロナ給付金を元手に覚醒剤密売 住吉会系元組員ら30人検挙で捜査終結

>>関連記事
 京都府警組対3課と西京署は19日、覚醒剤取締法違反や麻薬特例法違反などの疑いで、覚醒剤の密売人や客の男ら計30人を逮捕・追送検して、捜査を終結したと発表した。

木間英則容疑者 押収された覚醒剤など
押収された覚醒剤など
木間英則容疑者 押収された覚醒剤など

 捜査は2017年7月に逮捕した薬物乱用者への捜査をきっかけに入手ルート解明に着手し、これまでに錠剤や粉末状の覚醒剤計約442グラム(2600万円相当)のほか、大麻約1.1グラムや注射器141本を押収。指定暴力団・住吉会系元組員・木間英則被告(56)=覚醒剤取締法違反罪などで公判中=ら9人を密売人として逮捕した。うち3人は国の持続化給付金を詐取して計300万円を元手に覚醒剤を仕入れていたことが判明した。

 密売グループは暴力団関係者を中心に京都や富山、東京の密売人で構成され、押収した覚醒剤の多くは粉末ではなく、服用しやすい錠剤に加工されていた。木間被告は別の元組員と共謀するなどして2020年8月から2021年4月、覚醒剤を密売したり所持したりしたとされ、この密売グループに覚醒剤を卸していたという。

覚醒剤営利目的所持で傘下組長を逮捕 太州会本部を家宅捜索

 福岡県警は12日、去年11月に自宅近くの建設会社敷地内に止めていた軽自動車に営利目的で覚醒剤を所持していたとして、指定暴力団・太州会幹部で「山本組」組長・山本修二容疑者(52)が覚醒剤取締り法違反の疑いで逮捕された事件の関係先として、太州会の本部事務所を家宅捜索した。

覚醒剤取締り法違反の疑いで太州会本部事務所を家宅捜索
太州会本部を家宅捜索
覚醒剤取締り法違反の疑いで太州会本部事務所を家宅捜索

 山本容疑者は2021年11月、福岡県嘉穂郡桂川町の自宅近くの建設会社敷地内に止めていた軽自動車に、覚醒剤およそ40グラム(末端価格240万円相当)を営利目的で隠し持っていた疑いが持たれている。山本容疑者は去年11月、筑豊地区に住む20代男性に覚醒剤を密売したとして逮捕されていて、家宅捜索で車の中から覚醒剤や注射器120本などが押収されていた。調べに対し山本容疑者は「しのぎだった。ヤクザとして生活するため持っていた」と容疑を認めていてる。

覚醒剤など営利目的所持 麻薬密売グループの主犯格2人を再逮捕

>>関連記事
 愛知県警は、麻薬密売グループの主犯格とみられているネマティ・アスル・ベフルーズ容疑者(25)=名古屋市北区・イラン国籍=と、暴力団関係者で自称・塗装業・中村則夫容疑者(58)=山口県岩国市=を覚醒剤取締法違反などの疑いで再逮捕した。

名古屋市中区の路上で覚醒剤や乾燥大麻などを販売目的で所持 ネマティ・アスル・ベフルーズ容疑者と中村則夫容疑者を逮捕・送検2
覚醒剤や乾燥大麻など
(昨年12月)

 再逮捕容疑は、ネマティ・アスル容疑者は12月12日に名古屋市北区で覚醒剤およそ1.2グラムを5万円で譲り渡した疑い、中村容疑者は12月13日、山口県内で覚醒剤およそ40グラム・末端価格240万円相当を販売目的で所持していたとしている。

 県警は2人の認否を明らかにしていないが、2人は麻薬密売グループの主犯格とみられ、ネマティ・アスル容疑者が仕入れた覚醒剤や乾燥大麻などを、それぞれ客や売人などに売っていたとみられている。昨年12月に名古屋市中区の路上で、覚醒剤や乾燥大麻など末端価格合わせて293万円相当を販売目的で所持したとして検挙され、これまでに客や売人あわせて10人が逮捕されている。

自宅などで覚醒剤所持 密売グループの売人や客ら男6人を逮捕

>>関連記事
 愛知県警などは、麻薬などの密売グループの主犯格とみられるネマティ・アスル・ベフルーズ容疑者(25)=名古屋市北区・イラン国籍=と、暴力団関係者で自称・塗装業・中村則夫容疑者(58)=山口県岩国市=の2人が13日に逮捕された事件で、売人とみられる作業員・崎永拓弥容疑者(30)=山口県=ら男6人を逮捕した。

 6人はいずれも、ネマティ・アスル・ベフルーズ容疑者と、中村則夫容疑者を主犯格とする密売グループの売人や客などとみられていて、それぞれ12月8日から14日までに自宅などで覚醒剤を所持していた疑いが持たれている。

 調べに対し、崎永容疑者は「俺の物じゃないけど、持っていたことに間違いない」などと供述していて、関係先の捜索で覚醒剤1袋のほか、大麻樹脂とみられる植物片12袋が押収された。

覚醒剤などを営利目的で所持 密売グループの主犯格2人を逮捕

 愛知県警は、名古屋市中区の路上で、覚醒剤や乾燥大麻など末端価格合わせて293万円相当を販売目的で所持していたとして、ネマティ・アスル・ベフルーズ容疑者(25)=名古屋市北区・イラン国籍=と、暴力団関係者で自称・塗装業・中村則夫容疑者(58)=山口県岩国市=の2人を覚醒剤取締法違反などの疑いで逮捕・送検した。2人の認否は明らかにしていない。

名古屋市中区の路上で覚醒剤や乾燥大麻などを販売目的で所持 ネマティ・アスル・ベフルーズ容疑者と中村則夫容疑者を逮捕・送検
愛知県警中警察署
名古屋市中区の路上で覚醒剤や乾燥大麻などを販売目的で所持 ネマティ・アスル・ベフルーズ容疑者と中村則夫容疑者を逮捕・送検
覚醒剤や乾燥大麻など
名古屋市中区の路上で覚醒剤や乾燥大麻などを販売目的で所持 ネマティ・アスル・ベフルーズ容疑者と中村則夫容疑者を逮捕・送検

 2人は去年7月、名古屋市中区の路上で、覚醒剤約44グラムや乾燥大麻約25グラム、コカイン、MDMAなどの違法薬物など、末端価格合わせて293万円相当を販売目的で所持した疑いが持たれている。関係先からは末端価格260万円相当の覚醒剤も押収されていて、密売グループの主犯格とみられている。
 
 県警は2年前から、2人が薬物密売グループの主犯格とみて捜査を続けてきた。組織には暴力団が関与している可能性があるとみて全容解明を進めている。

米国から覚醒剤3.6キロを密輸 「チャイニーズドラゴン」メンバー2人逮捕

 警視庁組織犯罪対策5課などは、アメリカから航空貨物で覚醒剤を密輸したとして、準暴力団チャイニーズドラゴンのメンバー・末永芳男容疑者(47)=東京都江戸川区中葛西=と、無職・アハマディアン・ナセル容疑者(38)=東京都足立区新田・イラン国籍=を覚醒剤取締法違反(営利目的輸入)の疑いで逮捕した。調べに対し2人は容疑を否認し、末永容疑者は「ふざけるなこの野郎。全く関係ない」と供述している。

チャイニーズドラゴンのメンバー・末永芳男容疑者(47)
末永芳男容疑者(47)
アメリカから航空貨物で覚醒剤を密輸「チャイニーズドラゴン」メンバー2人逮捕1
押収された覚醒剤など
アメリカから航空貨物で覚醒剤を密輸「チャイニーズドラゴン」メンバー2人逮捕2

 逮捕容疑は米国時間10月26日、米カリフォルニア州から覚醒剤約7.2キロを隠したテーブル天板2枚を荒川区の別の男性宅に発送し、日本時間10月30日に成田空港に到着させ、覚醒剤を密輸した疑い。

 10月30日に成田空港に到着した航空貨物を東京税関が検査したところ、テーブルの天板として輸入された厚さ4センチの2枚の天板から覚醒剤が3.6キロずつ、あわせて7.2キロ(末端価格約4億3200万円相当)が見つかった。その後、荷物は荒川区内の別の男性宅に運ばれ、11月17日に末永容疑者らが男性宅付近の路上で荷物を受け取ったという。

  組対5課によると、10月下旬に海外捜査機関から警察庁を通じて情報提供があり密輸が発覚し、調査していた。チャイニーズドラゴンとイラン人グループが共同で密輸を計画していたとみて調べている。

自宅の雨どいに約380万円相当の覚醒剤 工藤会系組幹部を逮捕

 福岡県警は22日、北九州市を拠点に覚醒剤の密売を繰り返したなどとして、特定危険指定暴力団工藤会系組幹部・木村道直被告(57)=北九州市八幡東区春の町3丁目=と、密売グループメンバーや客ら計16人を覚醒剤取締法違反などの容疑で逮捕、福岡地検小倉支部に送検し捜査を終了したと発表した。福岡地検小倉支部は10月、木村被告が密売を何度も繰り返したとして、訴因変更し、より罰則が重い麻薬特例法違反でも起訴した。木村被告は大筋で容疑を認めているという。

福岡県警察本部
福岡県警察本部

 薬物銃器対策課によると、木村被告は6月24日、北九州市八幡東区で、覚醒剤約2グラムを長崎市内の男宛てに宅配便で送ったほか、昨年11月~6月に福岡、香川、長崎など6県の客に密売したなどとして、計7回逮捕された。客14人が覚醒剤の譲り受けの容疑などで逮捕、知人の女も木村容疑者と共謀した疑いで逮捕された。

 木村被告の自宅で覚醒剤約62.8グラム(末端価格約378万円)、未使用の注射器や計量器、売り上げとみられる現金約160万円などを押収した。家宅捜索では室内から覚醒剤が見つからなかったが、部屋の窓を開けた捜査員が、裏手の家の擁壁に足場のような跡を発見。よじ登って木村被告宅の雨どいのフタを外すと、食品保存容器3箱にポリ袋計80個に小分けにされた覚醒剤を発見した。

覚醒剤を営利目的で所持 稲川会系「林一家」傘下組員を逮捕

 神奈川県警薬物銃器対策課は19日までに、営利目的で覚醒剤約87.7グラム(末端価格約500万円)を所持したとして、指定暴力団・稲川会系「五代目林一家」傘下「平栗組」組員・上原俊輔容疑者(33)=横浜市南区若宮町=と、平栗組幹部・大平達也容疑者(50)=南区八幡町=、同幹部・舟橋誠一容疑者(50)、三宅孝幸容疑者(54)ら4人を覚醒剤取締法違反(営利目的共同所持)の疑いで逮捕した。捜査に支障があるとして4人の認否は明らかにしていない。

覚醒剤を営利目的所持 稲川会系「林一家」傘下組員を逮捕
覚醒剤を営利目的所持
覚醒剤を営利目的所持 稲川会系「林一家」傘下組員を逮捕
押収された覚醒剤など
覚醒剤を営利目的所持 稲川会系「林一家」傘下組員を逮捕

 同課は昨年5月ごろからこれまでに、客として十数人を覚醒剤の所持や使用の疑いで摘発、捜査の過程で上原容疑者らが密売を行っている疑いが浮上した。

 今年7月14日午前11時25分ごろ、同課による「平栗組」組事務所の家宅捜索時に、上原容疑者ら4人がポリ袋86袋に小分けされた覚醒剤約87.7グラムを営利目的で所持していたとされる。

 捜査員が事務所の捜索に入る直前、室内にいた4人は証拠を隠滅しようとして、覚醒剤や未使用の注射器69本が入っていたカバンを窓から外へ投げ捨てたため、同課は現行犯逮捕を見送り、屋外に落ちていた覚醒剤を回収して裏付け捜査を進めていた。

覚醒剤・大麻の卸元 住吉会系組員を再逮捕 覚醒剤の密売収益収受

 京都府警組対3課は15日、今年10月に大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕された、指定暴力団・住吉会系幹部・三浦礼児容疑者(66)=東京都新宿区=を麻薬特例法違反(薬物犯罪収益収受)の疑いで再逮捕した。

京都府警察本部
京都府警察本部

 三浦容疑者は昨年10月6日~8日、密売人の男(55)=覚醒剤取締法違反罪などで公判中=が覚醒剤の密売収益と知りながら、現金78万円を自身名義の銀行口座に振り込ませ出金した疑い。三浦容疑者は振り込まれた金について「何の金かは知らない」と容疑を否認している。

 三浦容疑者と密売人の男は同じ密売グループのメンバーで、振り込まれた金は覚醒剤約100グラムの仕入れ代金の一部や三浦容疑者への謝礼とみられている。


覚醒剤474キロ「瀬取り」関与の住吉会傘下組員 懲役7年・罰金150万円

 水戸地裁(小川賢司裁判長)は11日、海上で荷物を受け渡す「瀬取り」で覚醒剤約474キロの密輸に関わったとして覚醒剤取締法違反(営利目的所持)に問われた、指定暴力団・住吉会系「羽黒一家五代目」傘下組員・今泉淳被告(52)に対し、懲役7年、罰金150万円(求刑・懲役8年、罰金150万円)の判決を言い渡した。小川裁判長は「運搬・保管役の引き継ぎに重要な役割を果たした」と指摘した。

海上で受け渡しをする「瀬取り」で覚醒剤480キロ密輸 住吉会系組員ら逮捕
押収された覚醒剤約474キロ
海上で受け渡しをする「瀬取り」で覚醒剤480キロ密輸 住吉会系組員ら逮捕

 判決によると、今泉被告は2017年8月22日、指定暴力団・極東会系組長や他の暴力団幹部、香港の密輸組織関係者と共謀し、茨城県北茨城市内に駐車していたトラック内に1キロずつに小分けした覚醒剤約474キロ営利目的で所持した。


覚醒剤15キロ 9億円相当を中国から船便で密輸 4人を再逮捕

 警視庁組織犯罪対策5課と岩手、茨城両県警などは1日までに、中国から覚醒剤約15キロ(末端価格9億円相当)を密輸したとして、職業不詳・関本琢磨容疑者(31)=住所不詳=と、建築関連会社代表・藤沢龍虎(26)=盛岡市青山4=ら男4人を覚醒剤取締法違反(営利目的輸入)の疑いで再逮捕した。4人はいずれも暴力団が関係する密輸グループのメンバーで、関本容疑者が主導的な立場だったとみられている。4人の認否は明らかにしていない。

覚醒剤15キロ 9億円相当を中国から船便で密輸
押収された覚醒剤など
覚醒剤15キロ 9億円相当を中国から船便で密輸
鉄板の空洞部分に覚醒剤
覚醒剤15キロ 9億円相当を中国から船便で密輸

 4人は共謀し、中国から出港した貿易船に「アルミニウムプレート」と申告された覚醒剤を隠匿した鉄板を積載させ、7月19日に東京都品川区の大井コンテナ埠頭から営利目的で密輸したとしている。覚醒剤を隠匿した貨物は藤沢容疑者が代表を務める盛岡市の建築会社宛てに送られた。

 厚さ約7.5センチの3枚の鉄板の空洞部分に覚醒剤を約5キロずつに分けて隠しているのを東京税関の職員が発見し、警視庁が10月15日までに、再逮捕された4人を含む男性計8人を麻薬特例法違反容疑で逮捕していた。

 鉄板の中に違法薬物を隠す密輸の手口は、世界各地で麻薬の製造・売買を手がけるメキシコの組織「麻薬カルテル」の典型的な手口で、麻薬カルテルとの関連や背後関係を調べている。

密売の卸元 大麻・覚醒剤所持で住吉会系組員ら2人逮捕

 京都府警組対3課と西京署などは26日までに、自宅などで大麻や覚醒剤を所持していたとして、指定暴力団・住吉会系組員・三浦礼児容疑者(66)=東京都新宿区=を大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕し、無職・福岡潔志容疑者(40)=東京都練馬区=を覚醒剤取締法違反(営利目的所持)の疑いで逮捕した。三浦容疑者は暴力団関係者に大麻や覚醒剤を卸していたとみられ合成麻薬MDMAとみられる薬物を数百錠、注射器を百数十本押収した。福岡容疑者は配下の密売人の1人とみて調べている。

密売の卸元 大麻・覚醒剤所持で住吉会系組員・三浦礼児容疑者ら2人逮捕
押収された大麻や覚醒剤
密売の卸元 大麻・覚醒剤所持で住吉会系組員・三浦礼児容疑者ら2人逮捕

密売の卸元 大麻・覚醒剤所持で住吉会系組員・三浦礼児容疑者ら2人逮捕

 三浦容疑者は25日朝、新宿区の自宅に大麻草約0.2グラムを所持、福岡容疑者は25日の夕方、練馬区の自宅マンション前の路上にある鉄製の段差スロープの裏側に、覚醒剤4袋入りのポーチを貼り付けて隠し所持していた疑い。

 三浦容疑者は調べに対し、「自分で所持していたものではなく、知り合いから預かった段ボールに入っていた」と容疑を否認、福岡容疑者は、「自分で使用するため」と、営利目的について否認している。

液状大麻7.9キロを密輸 グループ主犯格の山口組系組員を再逮捕

>>関連記事
 愛知県警は29日、液状大麻およそ7910グラムをアメリカから密輸したなどの疑いで、特定抗争指定暴力団・六代目山口組傘下組員・伴龍也容疑者(31)=住所不定=を、大麻取締法違反(営利目的輸入)などの容疑で再逮捕した。伴容疑者の認否は明らかにしていない。

大麻をアメリカから密輸 山口組傘下組員を再逮捕
押収された液状大麻など
大麻をアメリカから密輸 山口組傘下組員を再逮捕

 伴容疑者は今年5月に、すでに逮捕されているほかの者と共謀して、営利目的で液状大麻約7910グラムをアメリカから国際宅急便を使って密輸したなどの疑いで再逮捕された。

 この事件では、8月5日にアメリカからの国際宅急便の受け取り役など2つのグループ、山口組傘下組員ら男女11人が逮捕されていて、8月21日に伴容疑者本人が警察に出頭して逮捕された。伴容疑者が2つのグループの主犯格とみられている。

麻薬密売グループ摘発 住吉会系組員や山口組系組員ら9人を逮捕

 警視庁と埼玉、千葉両県警の合同捜査本部は29日までに、東京都内の路上で乾燥大麻を販売した疑いなどで、指定暴力団・住吉会系「十三代目幸平一家」傘下組員・中沢隆亮容疑者(41)=東京都町田市小野路町=と、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系組員・塚原謙司容疑者(53)=茨城県ひたちなか市東大島1=ら男女9人を大麻取締法違反の疑いで逮捕した。

中沢隆亮容疑者
中沢隆亮容疑者(41)
茨城県土浦市の雑居ビルなどから押収された大麻
密売グループの押収品
大麻密売グループの押収品

 国内最大の大麻密売グループで中沢容疑者がリーダー格、塚原容疑者が大麻の栽培担当だったとみられ、昨年6月以降、大麻や覚醒剤などの密売で3億円以上を売り上げたとみられる。グループは全国に数百人規模の客を持ち、大麻や覚醒剤などを密売していたとみられている。この密売グループから大麻を買ったとして19~51歳の男性15人も、今年3月から8月にかけて大麻取締法違反(所持)容疑で摘発している。

 調べに対し、中沢容疑者と伊藤容疑者は「全く関係ないこと」と容疑を否認し、塚原容疑者ら6人は「栽培した大麻を持っていたことに間違いない」と容疑を認め、ほか1人は認否を留保している。

 中沢容疑者と伊藤容疑者ら5人は今年5月から9月にかけて、対面せずに利用できる都内の民泊施設33カ所や千葉県のビジネスホテルを転々としながら、ツイッターなどSNSに大麻の写真などを掲載し「野菜」と称して大麻を密売。塚原容疑者ら4人は茨城県土浦市の雑居ビルで販売目的で大麻を栽培し、乾燥大麻を所持していた。

 栽培工場として使われていた茨城県土浦市の雑居ビルなどからは、乾燥大麻約1.7キロ(末端価格1027万相当)、覚醒剤約16.2グラム(末端価格97万相当)、大麻草84株などを押収した。

倉庫で大麻草266鉢を営利目的で栽培 ベトナム籍の男4人を逮捕

 群馬県警組織犯罪対策課と伊勢崎署などは25日までに、伊勢崎市内の倉庫で大麻草を栽培したとして、無職のド・バン・ハン容疑者(25)=伊勢崎市日乃出町・ベトナム国籍=ら男4人を大麻取締法違反(営利目的栽培など)の疑いで逮捕した。乾燥大麻は末端価格は現在1グラム6000円ほどで、今回押収された大麻では、億単位に上るとみられる。県警は4人の認否を明らかにしていない。

伊勢崎市内の倉庫で大麻草266鉢を営利目的で栽培 ベトナム籍の男4人を逮捕
押収された大麻草
伊勢崎市内の倉庫で大麻草266鉢を営利目的で栽培 ベトナム籍の男4人を逮捕

 ド・バン・ハン容疑者ら3人は共謀して、8月24日午後6時15分ごろ、伊勢崎市三室町の2階建ての倉庫内で大麻草266鉢を営利目的で栽培した疑い。倉庫内は大麻草栽培のために光や温度が調整できるようになっていて、苗を置く場所や大麻を乾燥させる場所など4つに区分けされていた。

 伊勢崎市内では、去年4月にも別の倉庫で大麻草を栽培したとして、ベトナム国籍の男が逮捕されていて、県警はこの事件に関連して、去年4月4日午後5時25分ごろに伊勢崎市香林町の倉庫で、営利目的で大麻草144本を栽培し、大麻草7177グラムを所持したとして、3人と同居していた同じくグエン・テー・クエン容疑者(28)=ベトナム国籍=も逮捕した。

 2つの事件には関連があり、組織的に大麻を栽培していたとして、ほかにも共犯者がいるとみて調べを進めている。

大麻密輸グループの中心人物 出頭した山口組系組員を逮捕・送検

>>関連記事
 愛知県警は、今年3月に他の者と共謀して密輸入した乾燥大麻を所持したとして特定抗争指定暴力団・六代目山口組傘下組員、伴龍也容疑者(31)=住居不詳=を麻薬特例法違反の疑いで逮捕・送検した。8月21日に伴容疑者本人が、警察に出頭して逮捕された。伴容疑者の認否は明らかにしていない。

 伴容疑者は、8月5日にアメリカから国際宅急便などを使い、大量の大麻を密輸入しようとしたとして逮捕された2つのグループの中心人物とみられている。

 大量の大麻密輸事件では、8月5日にアメリカから国際郵便を使って乾燥大麻およそ約3940グラム(末端価格2400万円相当)を密輸しようとしたとして無職・奥山友樹容疑者=神奈川県横浜市金沢区六浦南=ら男女7人を逮補、また同日、アメリカから国際宅急便を使って液状大麻約7910グラムを密輸しようとしたとして山口組傘下組員・竹下浩平容疑者=愛知県豊橋市神ノ輪町=ら4人が逮捕されている。

大麻などをアメリカから密輸 山口組傘下組員ら11人を逮捕

 愛知県警は5日、乾燥大麻などをアメリカから航空郵便で密輸しようとした疑いで、無職・奥山友樹容疑者=神奈川県横浜市金沢区六浦南=ら7人と、特定抗争指定暴力団・六代目山口組傘下組員・竹下浩平容疑者=愛知県豊橋市神ノ輪町=ら4人の合わせて男女11人を大麻取締法違反(営利目的輸入)などの容疑で逮捕した。

乾燥大麻などをアメリカから密輸 山口組傘下組員ら11人を逮捕3
乾燥大麻などを密輸
乾燥大麻などをアメリカから密輸 山口組傘下組員ら11人を逮捕2
押収された乾燥大麻など
乾燥大麻などをアメリカから密輸 山口組傘下組員ら11人を逮捕1

 奥山容疑者ら7人は今年3月、アメリカから国際郵便を使って乾燥大麻およそ約3940グラム(末端価格2400万円相当)を密輸入しようとした疑い、竹下容疑者ら4人は今年5月、アメリカから関西空港着の国際宅急便を使って液状大麻約7910グラムを密輸入しようとした疑いが持たれている。

 いずれも税関職員や麻薬探知犬が発見し、荷物の届け先の住所などからあわせて11人の容疑が浮上した。警察は11人の認否を明らかにしていないが、どちらの事件にも共通の指示役の男がいるとみて行方を追っている。

米国から覚醒剤8キロ5億円相当を密輸 ドラゴンのメンバー逮捕

 警視庁は3日、アメリカ・カルフォルニア州から覚醒剤8キロ(末端価格5億円相当)を営利目的で密輸したとして、準暴力団チャイニーズドラゴンのメンバー、ジャン・シャオ容疑者(45)=中国籍=を覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕した。

準暴力団・チャイニーズドラゴンのメンバー、ジャン・シャオ容疑者を覚醒剤取締法違反で逮捕1
ジャン・シャオ容疑者
準暴力団・チャイニーズドラゴンのメンバー、ジャン・シャオ容疑者を覚醒剤取締法違反で逮捕2
押収された覚醒剤

 ジャン容疑者は2019年11月、覚醒剤8キロ(末端価格5億円相当)を営利目的でアメリカから密輸した疑いがもたれている。ジャン容疑者は密輸グループの指示役で、覚醒剤はろうそく立て192本の中に隠され6つの小包にわけて航空貨物で東京都昭島市の仲間の自宅マンションに送られたという。

 ジャン容疑者は「身に覚えがない」「弁護士と相談するまで話せない」と容疑を否認している。

住吉会系組員のラッパー「KENNY-G」 覚醒剤使用で再逮捕

>>関連記事
 警視庁組織犯罪対策5課は27日、ラッパーの「KENNY-G(ケニージー)」として活動している指定暴力団・住吉会系組員・古関健容疑者(31)=東京都福生市福生=ら、男2人を覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで再逮捕した。調べに対し「自宅で使った」と容疑を認め、「シャブは20歳から、大麻は14歳から始めた」と供述している。

KENNY-G(ケニージー)・古関健容疑者 覚醒剤使用の疑いで再逮捕
古関健容疑者を再逮捕

 古関容疑者はスタジオを兼ねた福生市の自宅で覚醒剤や大麻を所持したとして、同法違反容疑(所持)などで今月7日に逮捕されていた。古関容疑者は、覚醒剤所持の疑いで逮捕された際に、「薬物を使用し続けている自分がいやになり、いつかやめなければと思っていた」と供述していた。

 再逮捕容疑では、6月下旬から今月7日の間に、福生市の古関容疑者宅で覚醒剤を使用したとされる。7日の逮捕後、尿検査で陽性反応が出て再逮捕された。

 古関容疑者は暴力団が統括する4つの特殊詐欺グループのリーダー役も務めていて、同課は28日、所属する新宿区の住吉会系組事務所を家宅捜索し資料を押収、薬物の入手先や特殊詐欺グループの実態を調べている。

 

 | HOME |  »

twitter

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿
yakuzanews-twitter.png
ツイッターはこちら

ブログ内キーワード検索


カテゴリ

■殺人 (135)
■殺人未遂 (212)
■傷害致死 (29)
■死体遺棄 (373)
■生命身体加害略取罪 (1)
■殺人予備罪 (3)
■傷害・暴行・暴力行為 (418)
■逮捕監禁 (58)
■脅迫・恐喝・強要 (663)
■恐喝未遂 (62)
■銃刀法違反 (331)
■発砲事件 (270)
■凶器準備結集・集合 (14)
■強盗事件 (204)
■身代金目的略取 (2)
■窃盗・盗難 (232)
■盗品等関与罪 (4)
■常習特殊窃盗罪 (1)
■漁業法違反 (18)
密漁品流通 (1)
特定水産動植物の採捕の禁止 (2)
漁業法違反ほう助 (1)
■水産資源保護法違反 (3)
■水面漁業調整規則違反 (7)
■証人等威迫罪 (4)
■犯人隠避・犯人隠避教唆 (51)
■証拠隠滅 (5)
■覚せい剤・大麻・麻薬・ドラッグ (601)
■医薬品医療機器法違反 (1)
■薬事法違反 (12)
■臓器移植法違反 (5)
■賭博開帳図利・常習賭博 (164)
■モーターボート競走法違反 (11)
■詐欺・横領・背任 (922)
■特殊詐欺・電子計算機使用詐欺 (226)
■新型コロナ対策・GoToトラベル関連詐欺 (75)
■不正アクセス禁止法違反 (7)
■免状不実記載・公正証書原本不実記録 (114)
■有印私文書偽造 (18)
■携帯電話不正利用防止法 (2)
■有価証券偽造・偽造有価証券行使 (9)
■偽造通貨行使 (2)
■出資法違反・貸金業法違反 (86)
■銀行法違反 (2)
■強制性交等罪 (14)
■強制わいせつ (2)
■迷惑行為防止条例違反 (25)
■児童福祉法違反 (30)
■県青少年健全育成条例違反 (7)
■未成年者誘拐 (1)
■公然わいせつ (1)
■わいせつ図画販売 (17)
■児童買春・ポルノ処罰法違反 (8)
■風俗営業法違反 (28)
■売春防止法違反 (42)
■入管難民法違反 (12)
不法就労助長 (2)
旅券法違反 (8)
■労働者派遣事業法違反 (43)
■不動産侵奪 (2)
■職業安定法違反 (12)
■建設業法違反 (10)
■労働基準法違反 (3)
■不正競争防止法違反 (1)
■強制執行妨害・競売入札妨害 (20)
■廃棄物処理法違反 (15)
不法投棄 (12)
虚偽管理票交付 (2)
虚偽申請 (1)
■建造物侵入 (5)
■器物損壊・建造物、住建造物損壊 (95)
■建造物等放火 (24)
■火炎瓶処罰法 (3)
■爆発物取締罰則違反 (20)
■保護責任者遺棄致死 (1)
■道路運送法・道交法違反 (68)
自動車運転過失傷害・ひき逃げ (17)
妨害運転罪・あおり運転 (1)
酒酔い運転 (2)
■危険運転致傷 (3)
■暴走族追放条例違反 (1)
■公務執行妨害 (27)
■威力業務妨害 (21)
■競売入札妨害 (3)
■偽計業務妨害・偽計信用棄損 (11)
■名誉毀損罪 (1)
■商標法違反 (12)
■著作権法違反 (3)
■文化財保護法違反 (1)
■不正作出私電磁的記録 (2)
■電磁的記録媒体頒布 (3)
■密輸 (2)
■所得税法違反 (20)
■関税法違反 (7)
■電波法違反 (1)
■旅館業法違反 (1)
■民事保全法違反 (1)
■裁判員法違反 (2)
■弁護士法違反 (2)
■収賄罪 (1)
■地方公務員法違反 (2)
守秘義務違反 (0)
■職務強要 (1)
■特定商取引法違反 (4)
■裁判 (214)
■暴力団対策法 (98)
用心棒料等要求行為 (3)
多数集合 (4)
損害賠償 (10)
用心棒行為等防止命令 (2)
使用制限命令 (28)
再発防止命令 (15)
使用者責任 (20)
称揚行為の禁止 (1)
■暴力団排除条例 (328)
■組織犯罪処罰法 (214)
組織的殺人 (19)
組織的殺人未遂 (37)
組織的詐欺 (14)
組織的恐喝 (6)
組織的強要 (1)
組織的賭博開帳図利 (3)
組織的建造物損壊 (3)
組織的威力業務妨害 (1)
没収保全命令 (1)
犯罪収益収受 (93)
犯罪収益隠匿 (9)
犯罪収益仮装 (1)
犯人隠避・犯人隠避教唆 (9)
組織犯罪処罰法違反幇助 (1)
組織犯罪証拠隠滅 (1)
■犯罪収益移転防止法 (6)
■暴力行為等処罰法 (21)
■指詰めの強要等の禁止 (0)
■脱退妨害行為 (0)
■暴力団追放活動 (91)
■家宅捜索 (165)
■不起訴処分 (37)
■中止命令 (102)
■宅建業法違反 (1)
■食品衛生法違反 (3)
■健康保険法違反 (3)
■国外 (65)
■その他 (2243)
■未分類 (1561)