FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

保育施設近くに山口組系事務所を開設 組員を不起訴

>>関連記事
 札幌地検は、今年2月に札幌市内の保育施設の近くに暴力団事務所を開設したとして逮捕されていた特定抗争指定暴力団山口組系「四代目誠友会」傘下組員2人を、30日付けで不起訴処分とした。

 2人は去年、札幌市中央区のマンションに山口組系事務所を開設し、保育施設の周囲200メートル以内の開設を禁止した北海道暴力団排除条例に違反した疑いで、先月逮捕されていた。

  

抗争で事務所移転を「使用禁止」 暴追センターが仮処分申請

>>関連記事
 大阪府暴力追放推進センターは30日、特定抗争指定暴力団山口組系「三代目織田組」が大阪府東大阪市に新設した事務所の使用差し止めを求める仮処分を大阪地裁に申し立てた。抗争の報復が懸念される地元住民の代理訴訟。

 織田組は大阪市中央区に拠点を構えていたが、特定抗争指定に伴い事務所使用を禁じる「警戒区域」となり、1月に東大阪市に事務所機能を移転し、住民から不安の声が上がっていた。

 「三代目織田組」は、禁止区域に事務所を開いたとする暴力団排除条例違反容疑で、織田組組長・高野永次こと高次龍容疑者(73)ら4人が大阪府警に逮捕されている。

  

禁止区域に組事務所開設 山口組系「織田組」組長らを逮捕

 大阪府警は24日、禁止された場所に暴力団事務所を開いたとして、特定抗争指定暴力団山口組直系「三代目織田組」組長、高野永次こと高次龍容疑者(73)=大阪市中央区=ら3人を大阪府暴力団排除条例違反容疑で逮捕した。府警は認否を明らかにしていない。

 今年1月に山口組特定抗争指定暴力団に指定され、元の組事務所が使用できなくなったため移転したとみられる。

 逮捕容疑は、1月7日、同条例で福祉施設から200メートル以内に事務所の開設が禁じられているにもかかわらず、同府東大阪市の同施設から約100メートルの位置に事務所を開設したとしている。

 織田組の事務所は大阪市内にあったが、山口組特定抗争指定暴力団に指定され、同市内が事務所への立ち入りなどを禁じる警戒区域に指定されたため、移転したとみられる。

  

禁止区域に組事務所開設 稲川会系総長ら逮捕

 神奈川県警暴力団対策課は23日、条例の定める禁止区域内に暴力団事務所を開設して運営したとして、指定暴力団・稲川会系「初代相州小田原一家」総長、振原新太郎容疑者(70)=同県秦野市元町=と、同組員、佐藤晋也容疑者(48)=住所不詳=を県暴力団排除条例違反の疑いで逮捕した。いずれも容疑を否認している。

 逮捕容疑は共謀のうえ、2019年11月中旬ごろから今年1月16日までの間、暴排条例で暴力団事務所の開設が禁止されている同県小田原市本町のビルに組事務所を置き、運営したとしている。

 同課によると、事務所が置かれたビルは横浜家裁小田原支部から200メートル以内にあり、条例によって新たに暴力団事務所をつくることが禁止されていた。

  

山口組系幹部 「放免祝い」で公安委が指導

 大阪府公安委員会は、特定抗争指定暴力団・山口組系幹部が、居酒屋で「出所祝い」(放免祝い)をしたとして、山口組系幹部と、居酒屋の70代女性経営者に対し、大阪府暴力団排除条例違反で指導書を交付し指導した。

 山口組系幹部は去年7月、組事務所近くの居酒屋で山口組系組員や支援者を集め、自らが懲役刑から出所した祝い、いわゆる「放免祝い」を開いた。山口組系幹部は山口組の分裂抗争に関与し逮捕され、服役していた。

 居酒屋の女性経営者は、幹部の妻から「出所の宴会をしたいので、店を貸し切りにしてほしい」と言われ、一度は断ったが、「迷惑はかけないので」と押し切られたという。

 常連客の中には「こんな人を入れているのか」と、その後店を訪れなくなり、「大切な常連客を失った」と話している。

 山口組系幹部は「もうカタギさんには迷惑をかけません」と話している。



名義を変更せず山口組系組長に車販売 中古車業者を指導

 大阪府公安委員会は、大阪府内の中古車販売会社の40代の男性経営者が、知り合いの特定抗争指定暴力団山口組系組長に自分名義の中古車を販売し、名義を変更しないまま使用させたとして、府暴力団排除条例に基づき、経営者と組長を指導した。

 府警によると、40代の山口組系組長は昨年4月ごろ、経営者名義のワンボックス車を80万円で購入、名義を変えないまま約8カ月間使用した。

 組長は「自分の名義にすると警察や対立組織から目をつけられる」と説明。車は組事務所への移動などに使うほか「抗争があれば使うつもりだった」と話しているという。



みかじめ料払ったキャバクラ店経営者逮捕 

 警視庁組織犯罪対策3課は18日、暴力団にみかじめ料を払ったなどとして、キャバクラ店経営、瀬田川幸一容疑者(53)、みかじめ料を受け取ったとして指定暴力団・稲川会系幹部、石沢州鏡容疑者(51)を東京都暴力団排除条例違反容疑で逮捕した。いずれも容疑を認めている。

 瀬田川容疑者の逮捕容疑は昨年10月25日、東京都大田区大森北の歩道などで、JR大森駅周辺で経営するキャバクラ店のみかじめ料を石沢容疑者に要求され、現金10万円を支払った疑い。

 同課によると、瀬田川容疑者は、石沢容疑者が逮捕されることを恐れ、店の帳簿など証拠書類の提出を拒んだという。約10年前からみかじめ料を支払い、総額1,000万円以上に上るとみられ、悪質と判断した。 



みかじめ料支払い 経営者と山口組系会長を逮捕

 静岡県警は14日、みかじめ料をを支払った飲食店経営者と金を受け取った特定抗争指定暴力団・六代目山口組系会長を県暴力団排除条例違反の疑いで逮捕した。

 逮捕されたのは、飲食店経営、森英次容疑者(47)=静岡市駿河区=と、山口組良知二代目政竜会傘下「督嗣会」会長、望月督剛容疑者(52)=静岡市清水区=。

 逮捕容疑は2月1日頃、森容疑者が経営するキャバクラのみかじめ料として現金25万円を望月容疑者に支払った疑い。

 県暴力団排除条例は2019年8月から「みかじめ料」や「用心棒料」などを受け取った暴力団側だけでなく、支払った店舗側にも罰則が課せられるなどと改正され、改正後初の摘発。



ガールズバー経営者 山口組系組長に「用心棒代」1千万円超

 大阪府公安委員会は、大阪市内のガールズバー経営者が、特定抗争指定暴力団山口組系組長に用心棒代を支払っていたとして、大阪府の暴力団排除条例違反でガールズバーなどを経営する30代男性経営者に利益供与をしないよう勧告。また、組長に対しては、利益供与を受けないよう勧告した。組長は8年間で1千万円以上を受け取っていたとみられる。

 警察によると、男性は2012年6月ごろ、山口組傘下組長に「独立して店を出しますので”モリ“お願いします。月5万円でいいですか」と自ら用心棒を依頼した。その後、事業を拡大するたびに用心棒代を増額したとみられ、2016年には「7店舗目を出すので35万円でお願いします」と申し出たという。

 山口組傘下組長はその際「これ以上増えても月30万円でいい」と言ったといい、男性は去年までに計1千万円以上を組長に支払ったが、帳簿には記載していなかった。



稲川会系組長にリース車を転貸し 県公安委が勧告

 神奈川県警暴力団対策課は7日、リース契約で借りている高級車を有償で指定暴力団・稲川会系組長に貸したとして、県暴力団排除条例に基づき、県内の中古自動車販売会社に利益供与をしないよう勧告した。

 また稲川会系組長(54)には利益供与を受けないよう勧告した。いずれも勧告を受け入れているという。

 中古自動車販売会社社長の男性(44)は、平成31年4月19日ごろから令和元年12月25日ごろまでの間、リース契約で借りている高級車を月16万円で男に貸与し、利益を得ていた。

 男性は平成22年ごろ、知人から客として男を紹介された。同課に情報提供があり捜査を進めていた。



祭りで暴力団員の露店出店料免除 組合などに勧告

 大阪府警捜査4課は6日、府内の祭りで露店を出す際に出店料を免除してもらったとして、府公安委員会が府暴力団排除条例に基づき、特定抗争指定暴力団・神戸山口組系幹部と、指定暴力団・東組直系組長の2人に利益供与を受けないよう勧告した。露店などを管理する府内の協同組合の代表者の男性にも、利益供与しないよう勧告した。

 同課によると、平成30年9月に開かれた祭りで、2人はそれぞれ3万~5万円の出店料を支払わず、すきやきや軽食を提供する露店を出店。数十万~数百万円を売り上げたとみられる。

 組合側は暴力団関係者の店と認識しながら出店料を免除。警察に出店者に関する書類を提出する際は、2人の名前は空欄にしたり別の名前を書いたりしていた。組合側は暴力団と「関わりたくなかった。見て見ぬふりをしていた」などと説明しているという。



山口組系「誠友会」を捜索 保育施設そばに"組事務所"

>>関連記事
 北海道警は3日午前10時半ごろ、保育施設の近くに暴力団事務所を開設したとして特定抗争指定暴力団・山口組系「四代目誠友会」組員が逮捕された事件で、札幌市中央区にある山口組系「誠友会」本部事務所を20人態勢で家宅捜索した。

山口組系「誠友会」を捜索
山口組系「誠友会」を捜索

 誠友会組員、川口晃容疑者(54)と山本幸裕容疑者(46)は去年5月ごろ、札幌の保育施設から周囲200メートル以内に暴力団事務所を開設した、道暴力団排除推進条例違反の疑いで今月1日逮捕されていた。

 警察は押収した資料をもとに組織ぐるみの関与があったのか調べる方針。



風俗店からみかじめ料 住吉会系会長ら逮捕

 警視庁は、東京都台東区のJR鶯谷駅前にある風俗店からみかじめ料を受け取ったとして、指定暴力団・住吉会系「八代目滝野川一家」幹部で、「南秀会」会長、明南秀容疑者(ミョン・ナムス)(57)=韓国籍=、同幹部、齊藤恭行容疑者(55)ら2人を東京都暴力団排除条例違反の疑いで逮捕した。

 明容疑者ら2人は、去年10月にJR鶯谷駅前にある派遣型風俗店の50代男性経営者からみかじめ料として現金5万円を受け取った疑いが持たれている。2人は4年前から計255万円を受け取ったとみられているが、いずれも容疑を否認している。

 風俗店の男性経営者は「営業妨害されないよう支払っていた」と説明、警視庁は今後、この経営者も書類送検する方針。



抗争に備え武装車譲り受け 山口組系組長らを指導

 大阪府公安委員会は、指定暴力団・山口組系組長が抗争に備えて武装した車を譲り受けた際、車の名義変更をして活動を助長したとして、府暴力団排除条例に基づき、50代の山口組系組長と、大阪府内の自動車販売会社を指導した。組長は「神戸山口組が私の命を狙うことを心配して、上部組織が車をくれた」と説明している。

 府警によると、組長は4月下旬、所属する上部組織から防弾用特殊鋼板が仕込まれ、防弾ガラスや緩衝装置で武装した乗用車を譲り受けた。直前に神戸市内で、神戸山口組系組長が山口組系組員に包丁で刺されて重傷を負う事件が起きていた。

 自動車販売会社の40代社長は組長の知人で、6月下旬、1万円で、車の名義を別の組員から組長に変更する手続きをしたという。



「用心棒代」受け取り 山口組系組長らを逮捕

 新潟県警は2日までに、新潟市内の複数の飲食店から「用心棒代」を受け取ったとして、指定暴力団・山口組系3次団体組長、岩渕健二容疑者(50)=住所不定=と、組員の遠藤勝紀容疑者(47)=新潟市江南区=、知人の会社役員など合わせて6人を暴力団排除条例違反の疑いで逮捕し、3日午前10時に新潟市中央区の組事務所を家宅捜索した。捜索は40分ほどで終わり、はがきなど9点を押収した。

家宅捜索された組事務所
家宅捜索された組事務所

 岩渕容疑者らは、去年5月ごろから今年8月ごろにかけ遠藤容疑者らと、JR新潟駅周辺や古町のキャバクラ4店舗の経営者などから、店にトラブルが発生した際の「用心棒代」として、計16回にわたり合わせて現金96万円を受け取った疑いが持たれている。

 また今年10月に別のキャバクラ2店舗の経営者から現金4万円を受け取った疑いもあり、警察が余罪も含めて捜査している。



みかじめ料授受 住吉会系幹部逮捕

>>関連記事
 警視庁は27日、飲食店からみかじめ料を受け取ったとして、指定暴力団・住吉会系滝野川一家傘下「南秀会」幹部、、橋本健容疑者(50)=恐喝罪で起訴=を東京都暴力団排除条例違反容疑で再逮捕した。容疑を認めている。

 逮捕容疑は10月10日、東京都墨田区の錦糸町地区で飲食店を営む40代男性にみかじめ料4万円を要求し、自身の口座に振り込ませた疑い。みかじめ料などの授受を即座に罰則の対象とする改正条例を初めて適用した。男性も改正条例の内容を把握しており、今後同容疑で書類送検する予定。 

 改正条例は10月1日に施行。同地区や歌舞伎町など都内の繁華街29地区を「暴力団排除特別強化地域」に定め、地区内でみかじめ料などを受け取った暴力団のほか、支払った店側も罰則(1年以下の懲役または50万円以下の罰金)の対象とした。



新潟県警:稲川会系「巽一家」を家宅捜索

 新潟県警は23日、「用心棒代」を飲食店の経営者から受け取ったとして、指定暴力団・稲川会巽一家傘下、中内組組長、中内信明容疑者(68)=新潟市中央区=と組員が、7月11日に県暴力団排除条例違反の疑いで逮捕された事件を受け、稲川会の2次団体「四代目巽一家」の事務所を家宅捜索した。

 中内容疑者ら2人は新潟市中央区にある飲食店の経営者から「用心棒代」として現金計345万円を受け取った疑い。

 また、この飲食店をめぐっては、条例違反の疑いで経営者と従業員が逮捕されているほか、指定暴力団・山口組系組長なども「みかじめ料」を受け取った疑いで逮捕されている。

  

沖縄市が「旭流会」会長の告別式に弔電発送 一律発送システムで認識せず

 12日に死去した指定暴力団・旭琉会の富永清会長の告別式に、桑江朝千夫沖縄市長を差出人とする弔電が送られていた。

 私人ではない上に全市民を対象とする発送システムで形式的に送られた形だが、経費は公費で賄われている。識者は「反社会的勢力が市民と認められた形になる」と指摘している。

 市は新聞の荼毘広告に掲載された全市民に弔電を送っているが内規などの定めはない。平日は職員が広告を確認し送付するが、休日は郵便局側が確認して発送する仕組みになっているという。市長が私人として送る場合には後援会が作業を行う。弔電や祝電などは担当課の通信運搬費として支出していて、弔電費用は592円だった。

 発覚を受け、桑江市長は「故人を認識せずに送ったことについて、現在の仕組みを再検討する必要がある」とコメント。担当者は「市幹部を含め仕組みづくりを検討する」とした。

  

飲食店からみかじめ料 住吉会傘下組長ら7人を逮捕

警視庁練馬署は11日、飲食店からみかじめ料を脅し取ったとして、指定暴力団・住吉会幸平一家傘下、「与那嶺組」組長、与那嶺政年與那嶺政年)容疑者(44)ら7人を逮捕した。7人はいずれも容疑を否認している。

与那嶺政年(與那嶺政年)容疑者
与那嶺政年容疑者

 逮捕容疑は2016年2月頃から、東京都練馬区の3つの飲食店の経営者に、「このへんは俺が面倒見ている。毎月2万円のつきあいは頼むぞ」などと迫り、2016年以降、みかじめ料として、あわせて62万円を脅し取った疑いが持たれている。

与那嶺容疑者らは、8年前から飲食店に対し、現金を要求していて、これまでに、この3店舗からあわせておよそ250万円を脅し取っていたとみられている。

警視庁は、ほかにも被害に遭った店がなかったか調べている。

  

保育園近くに組事務所 神戸山口組系組長ら2人逮捕

 宮崎県警延岡署と組織犯罪対策課は9日、保育園近くに組事務所を開設、運営したとして、指定暴力団・神戸山口組系組長、田中富士男容疑者(52)=延岡市瀬之口町=と、同組員の自称建設業、甲斐隼人容疑者(41)=同市大貫町=を県暴力団排除条例違反の疑いで逮捕した。2011年の同条例施行後、同容疑での逮捕は初めて。

  

 | HOME |  »


今すぐ会いたい・・・
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
究極のマッチングサイト

最新記事

リンク





QRコード

QR