FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団・任侠・極道・反社組織関連の事件・ニュース速報

青森県蓬田村近海ナマコ308キロ密漁 新たに男1人を逮捕

>>関連記事
 青森県警は、青森県蓬田村の漁港近海でナマコ約308キロのを密漁したとして特定抗争指定暴力団・六代目山口組傘下組員・竹本憲悟容疑者(47)=本籍・北海道芽室町=を含む5人が逮捕された事件で、新たに無職・本間健容疑者(43)=本籍・宮城県加美町=を漁業法違反の疑いで逮捕した。調べに対し、本間容疑者は「これからゆっくり話す」と供述している。

青森の漁港周辺でナマコ308キロ密漁 山口組傘下組員らを逮捕・起訴
押収されたナマコ308キロ
青森の漁港周辺でナマコ308キロ密漁 山口組傘下組員らを逮捕・起訴

 本間容疑者は今年4月、既に逮捕されている竹本容疑者らと共謀し、蓬田漁港近海でナマコ553個、約308キロを密漁した疑いが持たれている。この事件ではこれまでに5人が逮捕されていて、県警は他にも共犯者がいるとみて捜査を進めている。

ナマコ308キロ密猟の初公判 懲役1年と罰金150万円などを求刑

>>関連記事
 青森地方裁判所で18日、今年4月に青森県蓬田村の漁港付近の海でナマコ約308キロを密漁したとして漁業法違反の罪に問われている、いずれも北海道札幌市の解体工・石田純一被告(41)と、鈴木悠太被告(31)の初公判が開かれ、2人は起訴内容を認めた。

青森地方裁判所
青森地方裁判所

 検察側は、暴力団が絡む組織的犯行で悪質であるなどとして、石田被告に懲役1年と罰金150万円を求刑、鈴木被告に懲役1年と罰金100万円を求刑した。これに対し弁護側は、今回の犯行は実害がなく反省しているなどとして寛大な判決を求めた。

 2人は今年4月24日午後8時ごろから午後10時半過ぎの間、特定抗争指定暴力団・六代目山口組傘下組員などと共謀して、蓬田漁港付近の海でナマコ553個、約308キロ(時価145万円相当)を密漁し、事前に情報提供を受けた青森海上保安部と青森県警が、密猟したナマコを蓬田漁港へ水揚げしている3人を見つけ現行犯逮捕した。判決は9月16日に言い渡される。

青森県蓬田村沖陸奥湾ナマコ553個密漁 共犯の男2人を逮捕

>>関連記事
 青森県警捜査2課などは、青森県蓬田村沖の陸奥湾でナマコ553個(308キロ・時価145万円相当)を密漁したとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組傘下組員・竹本憲悟容疑者(47)=本籍・北海道芽室町=ら男3人が今年5月までに逮捕された事件で、新たに共犯とみられる解体工・鈴木悠太容疑者(31)=静岡県御前崎市=と、石田純一容疑者(41)=静岡県御前崎市=の2人を漁業法違反の疑いで逮捕した。

 調べに対し、2人は容疑を否認しているが、県警はこれまでに逮捕された5人のほかにも共犯者がいるとみて捜査を進めている。

青森の漁港周辺でナマコ308キロ密漁 山口組傘下組員らを逮捕・起訴
密猟に使用した道具
青森の漁港周辺でナマコ308キロ密漁 山口組傘下組員らを逮捕・起訴3
押収されたナマコ
青森の漁港周辺でナマコ308キロ密漁 山口組傘下組員らを逮捕・起訴2

青森の漁港周辺でナマコ308キロ密漁 山口組傘下組員らを逮捕・起訴

 青森県警捜査2課などは16日、青森県蓬田村の漁港周辺の海で300キロを超えるナマコを密漁したとして逮捕された特定抗争指定暴力団・六代目山口組傘下組員・竹本憲悟容疑者(47)=本籍・北海道芽室町=と、無職の男(31)=函館市昭和4丁目=と、無職の男(54)=札幌市北区北三十五条西9丁目=の合わせて3人を漁業法違反(特定水産物動植物の採補)の疑いで逮捕、送検した。3人は5月10日に漁業法違反(漁業権の侵害)の疑いで追送検されている。調べに対し3人は容疑を認めていて、青森地検は16日の追送検した分も含め、3人を漁業法違反の罪で起訴した。

青森の漁港周辺でナマコ308キロ密漁 山口組傘下組員らを逮捕・起訴
密猟に使用した道具
青森の漁港周辺でナマコ308キロ密漁 山口組傘下組員らを逮捕・起訴
押収されたナマコ
青森の漁港周辺でナマコ308キロ密漁 山口組傘下組員らを逮捕・起訴

 竹本容疑者らは今年4月24日午後8時ごろから午後10時半過ぎの間、青森県蓬田村の漁港付近の海でナマコ553個、約308キログラム(時価145万円相当)を密漁した疑いが持たれている。事前に情報提供を受けた青森海上保安部と警察が密猟したナマコを蓬田漁港へ水揚げしている3人を見つけて現行犯逮捕し、犯行につかった潜水具などを押収した。

ナマコ約350キロ密漁 新たに会社役員2人を逮捕

>>関連記事
 室蘭海上保安部と北海道警は合同捜査が今年3月7日夜、北海道伊達市の伊達漁港の近くの噴火湾でナマコ約351キロを密漁した疑いで男10人を逮捕した事件で、新たに建設関係の会社役員・橋本範行容疑者(42)=札幌市北区=と、自動車販売関係の会社役員・福島秋博容疑者(45)=江別市=の男2人を漁業法違反の疑いで逮捕した。

ナマコ約350キロ密漁 新たに会社役員2人を逮捕1
ナマコ約350キロ密漁
ナマコ約350キロ密漁 新たに会社役員2人を逮捕

 新たに逮捕された2人は、密漁の現場には立ち会っていなかったが、道警と海上保安庁は「捜査の過程で共犯の事実が浮かび上がった」としている。調べに対し2人は容疑を否認している。

 警察と海上保安庁は密漁したナマコが暴力団の資金源となっているとみて、事件の全容解明を進めている。

伊達漁港沖でナマコ約350キロ密漁 グループの男10人を逮捕

 室蘭海上保安部と北海道警は合同捜査で7日夜、北海道にある伊達漁港からおよそ800メートルの噴火湾沖合でナマコ約350キロを密漁したとして、札幌市の男9人と伊達市の男1人の合わせて10人を漁業法違反の疑いで逮捕した。10人は小型船1隻を使い、潜水や船の操縦、岸での見張りなど役割を分担して犯行に及んだとみられている。

 室蘭海上保安部と北海道警が合同捜査で取り締まりをしていたところ、7日午後11時すぎに小型船が伊達市南黄金町の浜に戻ったところを発見して10人全員を逮捕した。密漁されたナマコはケース12個分で約350キロ、140万円相当にのぼり、押収されたあとすでに現場海域に戻されたという。

 道警は、密漁されたナマコが暴力団の資金源となっているとみて、余罪や流通経路などの調べている。

ゴムボートでナマコ密漁 弘道会傘下「福島連合」組員ら12人を逮捕

 北海道警札幌方面中央警察署は14日までに、去年3月に室蘭市付近の海でナマコを密漁したとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系三代目弘道会傘下「福島連合」組員(42)と、建設業や解体工、会社役員など22歳から42歳までの男12人を漁業法違反の疑いで逮捕した。道警は12人の認否を明らかにしていない。

北海道警札幌中央署
札幌方面中央警察署

 福島連合組員ら12人は共謀の上、去年3月1日から2日ごろの間に室蘭市付近の海でゴムボートを使って沖に出て、数人がダイバーとして海中に入りナマコを密漁した疑いが持たれている。道警と室蘭海上保安部の共同捜査をきっかけに、男らが密漁をしている容疑が浮上し、1月14日までに逮捕した。

エゾアワビ5個密漁 山口組系誠友会組員を逮捕

 北海道警小樽署は1日、小樽の海岸でアワビを密漁していたとして特定抗争暴力団・六代目山口組系四代目誠友会組員・牛島実容疑者(48)=札幌市中央区南7西5=漁業法違反(特定水産動植物の採捕の禁止)の疑いで現行犯逮捕した。

北海道警小樽警察署
北海道警小樽警察署

 牛島容疑者は1日午後1時55分ごろ、小樽市張碓町の海岸で特定水産動植物のエゾアワビ5個を、漁業権を得ずに採捕した疑いが持たれている。

 密漁警戒で海上パトロールをしていた警備艇の署員が、密漁したアワビを持って海から海岸に上がろうとしていた牛島容疑者を発見し現行犯逮捕した。

 逮捕時、牛島容疑者はゴーグルにシュノーケルと足ひれを付けた格好で、素潜りでアワビを密漁していたと容疑を認めている。

ナマコ密漁 弘道会傘下「福島連合」組事務所を家宅捜索

>>関連記事
 北海道警と海上保安庁は13日午前、函館市の沖でナマコを密漁したとして特定抗争指定暴力団、六代目山口組系三代目弘道会傘下「福島連合」組員ら5人と、そのナマコを密漁されたものと知りながら買い取り、流通させていたとして水産加工会社の社長が合わせて逮捕された事件を受け、「福島連合」の事務所を捜査員およそ30人体制で家宅捜索した。

ナマコ密漁で福島連合を家宅捜索
密漁で福島連合を捜索

 この密漁事件は、福島連合組員・高橋一容疑者(40)と、鳴海秀美容疑者(59)ら5人が今年2月、函館市日浦町の沖でナマコ約390キロを密漁した疑いで逮捕され、函館市の水産加工会社「三宮フーズ」社長・朴瑛孝容疑者(74)が、ナマコが密漁されたものと知りながら、およそ100万円で買い取った疑いで逮捕されたもの。

 2020年12月に漁業法が改正され、密漁ナマコの流通行為に罰則が設けられて以降、買い取り、流通での逮捕は全国初となり、高橋容疑者らが数年前からナマコを密漁、朴容疑者が加工して海外向けに売っていた可能性もあるとみて調べている。

ナマコ密漁 買取業者社長を密漁品流通で全国初の逮捕

>>関連記事
 北海道警は4日、函館市の沖合でナマコを密漁したとして特定抗争指定暴力団・六代目山口組系三代目弘道会傘下「福島連合」組員で、「二代目高野組」幹部・高橋一容疑者(39)=住所不定=と、同幹部・鳴海秀美容疑者(59)=函館市山の手2=ら男5人を再逮捕し、ナマコを買い取っていた加工会社社長も全国初となる密漁品流通の疑いで逮捕した。

ナマコ密漁 買取業者社長を全国初の逮捕2
ナマコ密漁 買取業者
社長を全国初の逮捕
ナマコ密漁 買取業者社長を全国初の逮捕1

 高橋容疑者と鳴海容疑者ら男5人は今年2月に2回にわたって函館市の沖合でナマコおよそ390キロを密漁した疑いがもたれている。

 また道警は4日、、函館市の水産加工会社「三宮フーズ」社長・朴瑛孝容疑者(73)を、密漁されたものと知りながらナマコ390キロをおよそ100万円で買い取っていたとして漁業法違反容疑(密漁品流通)の疑いで逮捕した。2020年12月に施行された改正漁業法で密漁品流通の罪が新設されて以降、全国で初めての逮捕。

 北海道警と函館海上保安部の合同捜査は3月、高橋容疑者ら5人がナマコ4個を密漁したとして、漁業法違反容疑(特定水産動植物の採捕の禁止)で逮捕していて、余罪を調べる中で朴容疑者が購入したナマコを高橋容疑者ら5人が密漁したとして4日に再逮捕した。

ナマコ密猟 弘道会系福島連合傘下幹部ら5人を逮捕

 北海道警函館中央署と函館海保などは14日、函館市の沖合でナマコを密猟したとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系三代目弘道会傘下「福島連合」組員で、「二代目高野組」幹部・高橋一容疑者(39)=住所不定=と、同幹部・鳴海秀美容疑者(59)=函館市山の手2=ら男5人を、漁業法違反(特定水産動植物の採捕の禁止)の疑いで逮捕した。

 高橋容疑者ら5人は、2月21日夜に函館市日浦町付近の海域で、道知事の許可や漁業権がないにもかかわらず、少なくともナマコ4個を密猟したとして、漁業法違反の疑いが持たれている。捜査に支障があるとして5人の認否は明らかにしていない。

 道警は密漁が行われているという情報提供をうけ、海上保安部とともに現場付近の警戒にあたり、男数人が乗り捨てたボートにナマコが残されていたのを確認し、捜査を進め14日に容疑が固まったとして5人を逮捕した。これまでに100キロ以上のナマコを密猟していたとみられている。

 2020年12月に施行された改正漁業法で、密漁の罰金の最高額は200万円から3000万円に引き上げられていて、これを適用したナマコの密漁は北海道内初となる。

yakuzanews-twitter.png 

ナマコ密漁 「浅野組」傘下組員逮捕

 尾道海上保安部、福山東署などの合同捜査本部は27日、岡山、広島県の瀬戸内海でナマコを密漁したとして、漁業法違反(無許可操業)と水産資源保護法違反などの疑いで、指定暴力団・浅野組中岡組組員・真鍋吉郎容疑者(44)=福山市花園町=を逮捕した。

 逮捕容疑は1月16日、同市の男性漁業者(49)=同罪などで罰金刑が確定=ら4人と共謀し、両県知事の許可を受けずに福山港周辺で潜水器などを使ってナマコ約480キロ(約29万円相当)を捕った疑い。

 真鍋容疑者は3月に男8人を逮捕した密漁グループの中心的役割を担っていたとみられ、加工されたナマコの売上金は約2200万円にのぼり、ナマコの販売ルートなどを調べている。



ウナギの稚魚密猟の罰則強化 罰金10万円から3000万円に

 水産庁は31日、密猟に対する漁業法の罰則対象にシラスウナギ(ウナギの稚魚)を加え、現行の「懲役6カ月または罰金10万円」から「懲役3年または罰金3000万円」とする方針を決めた。

 シラスウナギの2019年の国内漁獲量は3.7トンで、統計を取り始めた2003年以降最低の数字となっている。

 取引価格が1キロ200万円を超えることから“白いダイヤ”とも言われ、密猟したシラスウナギを売って暴力団の資金源にもなっているとみられている。



密漁船を不法に係留 山口組系会長を再逮捕

>>関連記事
 長崎県警は14日、長崎県で起きた密漁事件で逮捕された指定暴力団・山口組系会長を漁業法違反の疑いで再逮捕した。長崎県警察本部に近い港を拠点に「密漁船」を不法に係留していたとみられている。

 再逮捕されたのは、山口組系二代目伊豆組傘下「二代目石湊会」会長 坂上明弘容疑者(51)。坂上容疑者らは長崎市丸尾町の港を拠点とし、密漁に使った船や、潜水器具や水中銃などを保管していた船を不法に係留していた。

 先月23日、長崎市野母町周辺の海で無許可でオオモンハタやタイなど10匹を密漁し、JR長崎駅近くの居酒屋に持ち込んだ疑いがもたれている。

 坂上容疑者らは別の密漁の容疑ですでに逮捕されていて、密漁した魚を長崎市内の歓楽街にある無料案内所に保管し、居酒屋で提供していたとみられている。

  

密漁事件 「無料案内所」で密漁品を保管

>>関連記事
 長崎県警は7日午後、暴力団組長らが密漁の疑いで逮捕された事件で、容疑者を立ち会わせ長崎市船大工町の無料案内所を家宅捜索した。 歓楽街の店舗を紹介する「無料案内所」の中に密漁した「魚」を保管していたとみられてる。

 7月に長崎県長崎市野母町の沖合で無許可で魚介類をとった疑いで逮捕された暴力団組長、坂上明弘容疑者(51)ら6人は、密漁した魚を地元の人や観光客がよく利用するJR長崎駅近くの居酒屋などで提供されていたとみられている。

 無料案内所は坂上容疑者が組長を務める暴力団の関係先とみられ、これまでに複数の冷蔵庫が見つかっている。 長崎県警は密漁した魚を冷蔵庫に保管していたとみていて今後、魚の保管方法や販売ルートなどについても詳しく捜査する。

  

密漁した魚介類を客に提供 山口組系伊豆組傘下会長らを逮捕

 長崎県警は、密漁した魚介類を居酒屋で客に出していた暴力団組長など5人を、漁業法違反(無許可潜水器漁業)の疑いで逮捕した。県警や長崎県漁業取締室は23日夜、関係先として長崎市の居酒屋「長崎三昧 暁」を家宅捜索している。

居酒屋を家宅捜索

 逮捕されたのは、指定暴力団・六代目山口組系二代目伊豆組傘下会長・坂上明弘容疑者(51)や、妻で居酒屋従業員・亜紀容疑者(49)など5人。いずれも認否を明らかにしていない。

 県警によると、5人は長崎市野母町の沖合で、許可を受けずに魚介類を密漁した疑いが持たれている。捜査関係者によると、密漁した魚介類はこの店で提供していたとみられる。

サケ密漁の疑いで住吉会系幹部ら4人逮捕

 北海道警網走署は20日、網走市でサケを密漁した疑いで、暴力団幹部ら4人を逮捕した。

 逮捕されたのは、指定暴力団・住吉会系幹部、山内行雄容疑者(71)と、水産関連会社役員、桝谷金吾容疑者(53)ら4人。

 山内容疑者らは共謀して、先月29日の未明、網走市向陽ヶ丘の網走川でサケ23匹を密漁した疑いが持たれている。

 県警によると、山内容疑者と枡谷容疑者はサケの買い取り役で、実行犯の2人と共謀して密漁を繰り返していた可能性があるとみて調べている。

  
 

ナマコ密漁 新たに稲川会系組長と組員逮捕/青森

この記事はブロとものみ閲覧できます

 | HOME |  »

twitter

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿
yakuzanews-twitter.png
ツイッターはこちら

ブログ内キーワード検索


カテゴリ

■殺人 (161)
■殺人未遂 (229)
■傷害致死 (30)
■死体遺棄 (372)
■生命身体加害略取罪 (1)
■殺人予備罪 (3)
■傷害・暴行・暴力行為 (456)
■逮捕監禁 (66)
■脅迫・恐喝・強要 (699)
■恐喝未遂 (68)
■銃刀法違反 (347)
■発砲事件 (273)
■凶器準備結集・集合 (15)
■強盗事件 (212)
■身代金目的略取 (2)
■窃盗・盗難 (240)
■盗品等関与罪 (5)
■常習特殊窃盗罪 (1)
■漁業法違反 (25)
密漁品流通 (1)
特定水産動植物の採捕の禁止 (2)
漁業法違反ほう助 (1)
■水産資源保護法違反 (3)
■水面漁業調整規則違反 (7)
■証人等威迫罪 (6)
■犯人隠避・犯人隠避教唆 (51)
■証拠隠滅 (7)
■覚せい剤・大麻・麻薬・ドラッグ (651)
■医薬品医療機器法違反 (1)
■薬事法違反 (12)
■臓器移植法違反 (5)
■賭博開帳図利・常習賭博 (176)
■モーターボート競走法違反 (11)
■詐欺・横領・背任 (958)
■特殊詐欺・電子計算機使用詐欺 (249)
■新型コロナ対策・GoToトラベル関連詐欺 (94)
■不正アクセス禁止法違反 (9)
■免状不実記載・公正証書原本不実記録 (117)
■有印私文書偽造 (18)
■携帯電話不正利用防止法 (2)
■有価証券偽造・偽造有価証券行使 (9)
■偽造通貨行使 (2)
■出資法違反・貸金業法違反 (88)
■銀行法違反 (2)
■強制性交等罪 (14)
■強制わいせつ (2)
■迷惑行為防止条例違反 (26)
■児童福祉法違反 (30)
■県青少年健全育成条例違反 (7)
■未成年者誘拐 (1)
■公然わいせつ (2)
■わいせつ図画販売 (18)
■児童買春・ポルノ処罰法違反 (8)
■風俗営業法違反 (33)
■売春防止法違反 (42)
■入管難民法違反 (12)
不法就労助長 (2)
旅券法違反 (8)
■労働者派遣事業法違反 (43)
■不動産侵奪 (2)
■職業安定法違反 (13)
■建設業法違反 (10)
■労働基準法違反 (3)
■不正競争防止法違反 (1)
■強制執行妨害・競売入札妨害 (20)
■廃棄物処理法違反 (17)
不法投棄 (13)
虚偽管理票交付 (2)
虚偽申請 (1)
■建造物侵入 (6)
■器物損壊・建造物、住建造物損壊 (126)
■建造物等放火 (25)
■火炎瓶処罰法 (4)
■爆発物取締罰則違反 (20)
■保護責任者遺棄致死 (1)
■道路運送法・道交法違反 (72)
自動車運転過失傷害・ひき逃げ (19)
妨害運転罪・あおり運転 (1)
酒酔い運転 (2)
■危険運転致傷 (3)
■暴走族追放条例違反 (1)
■公務執行妨害 (29)
■威力業務妨害 (25)
■競売入札妨害 (3)
■偽計業務妨害・偽計信用棄損 (11)
■名誉毀損罪 (1)
■商標法違反 (12)
■著作権法違反 (3)
■文化財保護法違反 (1)
■不正作出私電磁的記録 (2)
■電磁的記録媒体頒布 (3)
■密輸 (2)
■所得税法違反 (20)
■関税法違反 (6)
■電波法違反 (1)
■旅館業法違反 (1)
■民事保全法違反 (1)
■裁判員法違反 (2)
■弁護士法違反 (2)
■収賄罪 (1)
■地方公務員法違反 (3)
守秘義務違反 (0)
■職務強要 (1)
■特定商取引法違反 (4)
■裁判 (213)
■暴力団対策法 (123)
用心棒料等要求行為 (3)
多数集合 (4)
損害賠償 (10)
用心棒行為等防止命令 (3)
使用制限命令 (29)
再発防止命令 (19)
使用者責任 (23)
賞揚等禁止命令 (3)
■暴力団排除条例 (340)
■組織犯罪処罰法 (227)
組織的殺人 (19)
組織的殺人未遂 (38)
組織的詐欺 (14)
組織的恐喝 (8)
組織的強要 (1)
組織的賭博開帳図利 (3)
組織的建造物損壊 (3)
組織的威力業務妨害 (3)
没収保全命令 (1)
犯罪収益収受 (97)
犯罪収益隠匿 (10)
犯罪収益仮装 (2)
犯人隠避・犯人隠避教唆 (9)
組織犯罪処罰法違反幇助 (1)
組織犯罪証拠隠滅 (1)
■犯罪収益移転防止法 (8)
■暴力行為等処罰法 (27)
■指詰めの強要等の禁止 (0)
■脱退妨害行為 (0)
■暴力団追放活動 (91)
■家宅捜索 (164)
■不起訴処分 (38)
■中止命令 (110)
■宅建業法違反 (1)
■食品衛生法違反 (3)
■健康保険法違反 (3)
■国外 (65)
■その他 (2267)
■未分類 (1544)
■自動車運転処罰法違反 (1)