FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団・任侠・極道・反社組織関連の事件・ニュース速報

絆会系由仁総業組長銃撃 山口組系一心会傘下組員を銃刀法違反で起訴

>>関連記事
 津地方検察庁は3日、三重県伊賀市内の病院の駐車場で指定暴力団・絆會系「由仁総業」の谷奥由浩組長(54)が銃撃された事件に絡み、別の駐車場で拳銃などを所持していたとして逮捕された特定抗争指定暴力団・六代目山口組系三代目一心会傘下「芦川会」組員・清水勇介容疑者(26)=茨城県水戸市=を銃刀法違反の罪で起訴した。津地方検察庁は、清水被告の認否を明らかにしていない。

清水勇介容疑者(26)
清水勇介容疑者(26)

 清水被告は今年5月10日、伊賀市四十九町内で拳銃1丁と実弾1発を所持していたとされている。清水被告はこれまでの調べに対し、5月10日に伊賀市内の病院の駐車場で谷奥組長が拳銃で撃たれた殺人未遂事件への関与をほのめかす供述をしていて、県警は清水被告の関与を引き続き調べている。

過去に暴力団員所有の空き家解体中 拳銃とコンクリート破砕器を発見・回収

 21日正午過ぎ、長野県松本市里山辺の空き家の解体工事現場で、工事関係者から「拳銃のようなものがある」と通報があり、その後、土の中に火薬が詰まった状態の「コンクリート破砕器」も発見された。県警が火薬類取締法違反や銃刀法違反の疑いで調べている。

過去に暴力団員所有の空き家解体中 拳銃とコンクリート破砕器を発見・回収

 近隣5軒の住民が避難し、通報から約9時間後に拳銃のようなものと火薬を詰めたコンクリート破砕器を回収した。コンクリート破砕器は建物の解体や岩盤破壊などに使う爆発物で、火薬が詰められた状態だった。近所の住民によると空き家は過去、暴力団関係者が所有していたとみられる。

拳銃の実弾64発を自宅で保管 無職の男を現行犯逮捕

 鹿児島県警は、拳銃用の実弾を自宅で所持していたとして、無職・今門正伸容疑者(73)=鹿児島市武岡4丁目=を銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕した。調べに対し今門容疑者は「自宅で保管していたのは間違いない」と容疑を認めている。

拳銃の実弾64発を自宅で保管 今門正伸容疑者(73)を現行犯逮捕
押収された実弾64発
拳銃の実弾64発を自宅で保管 今門正伸容疑者(73)を現行犯逮捕

 今門容疑者は今年2月21日、自宅に拳銃用の実弾64発を正当な理由がなく所持していた疑い。県警が情報などをもとに、今門容疑者の自宅を家宅捜索したところ、実弾を発見した。県警は所持していた動機や入手経路などを調べている。

駅構内で拳銃と実弾所持 神戸山口組系組長ら2人を不起訴処分

>>関連記事
 京都地検は10日、2019年5月に京都府福知山市の駅構内で拳銃と実弾を所持していたとして、今年2月8日に銃刀法違反(加重所持)の疑いで逮捕された特定抗争指定暴力団神戸山口組系組長(51)=京都府福知山市=ら2人を不起訴処分とした。京都地検は処分の理由を明らかにしていない。

京都地方検察庁
京都地方検察庁

 組長ら2人は仲間と共謀して、2019年5月27日に福知山市の駅構内で拳銃1丁と実弾を所持したとして、今年2月8日に京都府警に逮捕されていた。

運送会社の社員寮発砲事件 山口組系目兼一会幹部を起訴

>>関連記事
 神戸地検は3日、2021年3月に兵庫県西宮市の運送会社社員寮が銃撃された事件で、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系「二代目兼一会」幹部で、「名倉組」組長・名倉教文容疑者(55)=東京都台東区浅草=を銃刀法違反などの罪で起訴した。

社員寮に弾痕4か所2
事件当時の現場周辺

 名倉被告は組員ら2人と共謀し、2021年3月3日午前1時55分ごろ、西宮市久保町にある運送会社の社員寮に、拳銃で弾丸4発を発射し損壊させたとしている。このビルは約10年前までは現在の特定抗争指定暴力団神戸山口組侠友会傘下の事務所として使っていた。

伊勢崎市の路上で乱闘銃撃事件 稲川会系幹部を逮捕

>>関連記事
 群馬県警は、2021年3月に群馬県伊勢崎市内の路上で、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系組長らが拳銃で撃たれるなどして重傷を負った事件で、事件現場で拳銃1丁を所持していたとして銃刀法違反の疑いで行方を追っていた、指定暴力団・稲川会系組幹部・上原淳容疑者(54)=住居不定=を21日夜に埼玉県川口市内で逮捕した。県警は認否を明らかにしていないが、事件時に発砲したかについては捜査中としている。

山口組系関係者 2人拳銃で撃たれ1人車でひかれる
事件のあった現場周辺
山口組系関係者 2人拳銃で撃たれ1人車でひかれる
現場にはバットや靴も
山口組系関係者 2人拳銃で撃たれ1人車でひかれる

 この事件は、2021年3月4日未明に伊勢崎市本町の県道前橋館林線で多数の男らが乱闘状態となり、山口組系三代目弘道会傘下「野内組」幹部で「二代目栗山組」の組長と、同組関係者ら2人が拳銃で撃たれ重傷を負ったほか、同組関係者も車にひかれ全身打撲の大ケガをした。
 

山口組系大同会会長ら2人を銃刀法違反容疑で逮捕

>>関連記事
 鳥取県警米子署は16日、拳銃3丁などを所持したとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組幹部で大同会会長・森尾卯太男容疑者(68)=住居不詳=と、大同会傘下三代統龍会会長・田原靖士容疑者(42)=同県米子市朝日町=を銃刀法違反の容疑で逮捕した。

 森尾容疑者と田原容疑者は、2012年11月30日ごろ、鳥取県米子市内で、大同会組員だった男性=当時(46)=と共謀し、拳銃3丁と実弾46発を保管して所持したとしている。

 2012年12月に米子市岡成の道路脇で、この組員の遺体が見つかった。この拳銃と実弾の一部を使って頭を撃って自殺したとみられていて、捜査の結果、2人の関与が明らかになり逮捕した。2人の認否は明らかにしていない。

拳銃・実弾を所持 神戸山口組系組長を逮捕 「拳銃が京都に流れた」情報で捜査

>>関連記事
 京都府警組対3課と福知山署などは8日、2019年5月27日に京都府福知山市の駅構内で拳銃1丁と実弾を所持していたとして、特定抗争指定暴力団神戸山口組系組長(51)=福知山市=ら男2人を銃刀法違反(加重所持)の疑いで逮捕した。府警は2人の認否を明らかにしていない。

京都府警察本部
京都府警察本部

 2020年6月に愛媛県警が、知人宅に回転式拳銃4丁と実弾23発を隠し持ったとして神戸山口組系組長・丹下鉄治受刑者(54)=服役中=を銃刀法違反容疑で逮捕。この事件の関連で「別の拳銃が京都に流れた」との情報があり、府警が捜査を進めていた。

北九州市の住宅発砲事件 主犯格の暴力団組長に懲役10年、実行犯の組員に懲役8年の判決

>>関連記事
 福岡地裁小倉支部で14日、北九州市の住宅などに銃弾6発が撃ち込まれた事件の判決公判が開かれ、井野憲司裁判長は暴力団・花岡組組長・花岡康雄こと權康男被告(67)=岐阜県岐阜市・韓国籍=に懲役10年、実行犯の組員・山下信二被告(53)=佐賀県武雄市=に懲役8年の判決を言い渡した。

福岡地方裁判所 小倉支部
福岡地方裁判所小倉支部

 2人は2020年1月、他の運転役の男1人と共謀し、北九州市小倉北区黒原の男性会社員の住宅や車に、拳銃で銃弾あわせて6発を撃ち込んだとして、銃刀法違反など4つの罪に問われていた。3人のうち、運転役とされた男は懲役4年の判決が言い渡されている。

 判決公判で井野裁判長は「組員の山下被告が組長の權被告の承諾なしに犯行を実行できるとは考えにくく、予め2人の共謀があったと認められる」と指摘。実行犯の山下被告に懲役8年、権被告に懲役10年の判決を言い渡した。

北九州市小倉の住宅発砲事件 主犯格の暴力団組長が無罪主張

>>関連記事
 福岡地裁小倉支部で29日、2020年1月に北九州市小倉北区の住宅などに銃弾を撃ち込んだとして銃刀法違反などの罪に問われている暴力団・花岡組組長・花岡康雄こと權康男被告(67)=岐阜県岐阜市・韓国籍=と、組員・山下信二被告(53)=佐賀県武雄市=の初公判が裁判員裁判で開かれ、主犯格とされる權被告は起訴内容を否認し、無罪を主張した。

北九州市の住宅銃撃事件・事件当時の現場周辺2
事件当時の現場周辺
北九州市の住宅銃撃事件・事件当時の現場周辺1

 權被告と山下被告ら3人は共謀し、2020年1月に北九州市小倉北区黒原の住宅や車に銃弾あわせて6発を撃ち込んだとして、銃刀法違反など4つの罪に問われている。3人のうち、運転役とされた男は懲役4年の判決が言い渡されている。

 初公判で、山下被告は「運転役の男と共謀し拳銃を発砲したことは間違いないが、權被告からの指示はなかった」と起訴内容を一部否認。權被告は、「共謀していない」と起訴内容を否認し、無罪を主張した。

 検察側は冒頭陳述で「權被告は知人に犯行をほのめかす電話をかけるなどしていて共謀関係にある」、「暴力団組長だった權被告が、被害者との金銭トラブルで怒りを募らせ犯行を決意した」と主張した。

熊本組組長宅銃撃事件 山口組系杉本組幹部を追起訴 自宅に実弾8発など保管

>>関連記事
 岡山地検は2日、今年5月30日に岡山県倉敷市にある特定抗争指定暴力団神戸山口組系「三代目熊本組」組長の自宅に銃弾が撃ち込まれた事件で、5月31日に自宅に実弾8発と不発弾11発を保管していたとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系「三代目杉本組」幹部・河島秀之被告(59)を銃刀法違反罪などで追起訴した。認否を明らかにしていない。

六代目山口組系「三代目杉本組」幹部・河島秀之被告を銃刀法違反罪などで追起訴
熊本組組長宅に発砲
2021年5月30日
六代目山口組系「三代目杉本組」幹部・河島秀之被告を銃刀法違反罪などで追起訴

 河島被告は、熊本組組長の自宅敷地内で殺意を持って回転式拳銃で銃弾1発を発射し、玄関扉のガラスを貫通させ、さらに機関銃で銃弾5発を発射、2発を玄関にあてて壊したとして殺人未遂罪などで起訴されている。

 事件から1か月後の6月30日、熊本組は組長が引退し、熊本組は解散した。組事務所は岡山県暴力追放運動推進センターが買い取り、建物を解体して更地にしたのち、土地を民間に転売するという。

2018年の富山市住宅発砲事件 元組員ら3人を逮捕・送検

>>関連記事
 富山県警捜査1課などは8日、2018年11月25日に富山市犬島5丁目の住宅に拳銃1発を発砲して外壁に命中させ損壊したとして、実行犯の横堀正人容疑者(46)=別事件で服役中=を銃刀法違反(発射)と建造物損壊の疑いで逮捕、会社役員・山下領一(49)=富山市稲代=、建設業・梶川裕之(53)=高岡市本丸町=の2人も銃刀法違反などの疑いで逮捕し、3人の身柄を9日、富山地方検察庁へ送った。3容疑者は知人同士で、横堀容疑者は元暴力団組員とみられ、いずれも容疑を否認または黙秘している。

 防犯カメラの映像や関係者への聞き込みなどから状況証拠を積み重ねて特定した。3人と被害者に面識や利害関係がないため、県警は狙う対象を間違えたとみている。

 被害者宅には、2018年12月3日午後10時50分ごろにも銃弾2発が撃ち込まれた。住宅東側の道路から1階リビングに向かって発砲したとみられ、1発が窓ガラスを割り、1発は外壁を貫通していた。県警は11月に発砲された①発も含め、同じ38口径の拳銃が使用されたことをほぼ特定している。

 11月25日、12月3日のいずれの発砲時も、住宅には夫婦と娘の計3人がいたがケガはなかった。被害者宅周辺の防犯カメラにオートバイが映っており、事件直後、射水方面のカメラにも似た車両が確認された。横堀容疑者はカメラの映像と特徴が似たオートバイを所有していたという。その後、横堀容疑者は別の傷害事件などで逮捕された。

ビートたけしさん襲撃犯は住吉会系関係者

 東京都港区のTBS敷地内でタレントで映画監督のビートたけし(本名・北野武)さん(74)が乗った車が襲われた事件で、銃刀法違反容疑で逮捕された40代後半の男が、指定暴力団・住吉会系関係者であることがわかった。事件に暴力団が絡んだ形跡はなく、組織性も確認できないという。

 男は警視庁の調べに「6月下旬に土下座して弟子入りを頼んだが無視され、根に持っていた」と話しているが、説明につじつまの合わない点もあるという。同庁は、男がたけしさんを一方的に恨んでいたとみており、器物損壊の疑いでも調べている。

 事件が起きたのは4日午後11時40分ごろ。赤坂署によると、たけしさんを乗せた車がTBSの敷地内を走行中、男が突然車に襲いかかった。男は「たけし出てこい」などと叫びながら、急停車した車のフロントガラスや窓ガラスをつるはしで何度もたたいた。たけしさんと運転手は無事で、男は駆けつけた警察官に小刀を不法に持っていたとする銃刀法違反容疑で逮捕された。

 たけしさんはこの日、午後10時から生放送された同局の番組に出演していた。局を後にする際に被害に遭ったとみられる。

神戸市のビルに4発発砲 実行犯の男を追送検

>>関連記事
 兵庫県警暴力団対策課と兵庫署は3日、今年3月に神戸市兵庫区の雑居ビルのシャッターに弾痕が見つかった事件で、無職・東口良市容疑者(62)=大阪市、建造物損壊罪などで起訴=を、銃刀法違反(発射、加重所持)の疑いで追送検した。

 追送検容疑は3月28日午前5時すぎ、神戸市兵庫区福原町の路上で回転式拳銃1丁と実包を所持し、3階建てビルのシャッターに向けて4発発射した疑い。調べに対し東口容疑者は黙秘している。

 同課などは5月、東口容疑者を発砲の実行犯として逮捕。その後の捜索で自宅に弾薬を所持したとして火薬類取締法違反容疑などで3回再逮捕していた。

 事件に使用した拳銃は見つかっておらず、現場にあった弾の破片や防犯カメラの映像などから容疑を裏付けたという。

貸コンテナに拳銃の実弾4発所持 弘道会傘下幹部を逮捕

 愛知県警は、三重県四日市市の貸コンテナで拳銃の銃弾を所持したとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系三代目弘道会傘下幹部・白井富久容疑者(52)を逮捕した。

押収された実弾など
押収された実弾など
押収された実弾など

 白井容疑者は今年6月、三重県四日市市内の貸コンテナに拳銃の実弾4発を所持した疑いが持たれている。

 白井容疑者は6月に携帯電話のSIMカードの契約を巡る詐欺事件で逮捕されていて、県警が関係先を捜索したところ、メガネケースに入った実弾が発見された。調べに対し白井容疑者は黙秘している。

拳銃・実弾所持 暴力団組長ら6人を不起訴処分

>>関連記事
 熊本地検は、熊本市中央区のマンションで拳銃7丁と実弾156発を不法所持していたとして逮捕・送検された暴力団組長ら男女6人を、6月25日付けで不起訴処分とした。熊本地検は不起訴の理由について「起訴できる十分な証拠が得られなかった」としている。

押収された拳銃と実弾
押収された拳銃と実弾

 6人は熊本市中央区新町のマンションの一室に、拳銃7丁と実弾156発を所持していた疑いで今年1月に逮捕・送検されたが、熊本地検が6人を処分保留で釈放、任意に切り替え捜査をしていた。

短刀不法所持 弘道会若頭ら6人を不起訴処分

>>関連記事
 大津地検は24日、2019年に共謀して短刀を所持したとして銃刀法違反容疑で逮捕された、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系三代目弘道会若頭で、野内組組長(55)ら6人を不起訴処分とした。理由は明らかにしていない。

 6人は共謀して2019年11月28日、岐阜市内のアパート一室で刃渡り約22センチの短刀を所持したとして、今月3日に滋賀県警が銃刀法違反容疑で逮捕した。 

銃刀法違反容疑 弘道会若頭・野内組組長ら6人を逮捕

 滋賀県警組織犯罪対策課などは3日、不法に短刀を所持したとして特定抗争指定暴力団・六代目山口組系三代目弘道会若頭で、野内組組長・野内正博容疑者(55)=岐阜市六条北=ら6人を銃刀法違反容疑で逮捕した。6人の認否は明らかにしていない。

 野内容疑者ら6人は共謀し、2019年11月28日に岐阜市内のアパートの一室で刃渡り約22センチの短刀を所持した疑い。

知人女性の車に拳銃と実弾 元組員に懲役4年の判決

>>関連記事
 福岡地裁(岡﨑忠之裁判長)は29日に開かれた、知人女性の車の中に拳銃と実弾を保管させ隠し持っていたとして、銃刀法違反の罪に問われていた元暴力団組員で自営業、築地常行被告(72)=福岡市早良区=の判決公判で、懲役4年の判決を言い渡した。

 判決などによると、築地被告(72)は去年9月、自宅近くの路上に止めた車の中に、回転式拳銃1丁と実弾7発が入ったバッグを、中身を知らない知人女性に保管させ所持した銃刀法違反の罪に問われていた。

 警察官が職務質問の際に車の中から発見、拳銃と実弾はバッグに入れられ南京錠で封をされていた。

 岡﨑忠之裁判長は「拳銃と実弾はいつでも使用可能な状態で、危険性の高い犯行だった」と指摘、そのうえで「拳銃と実弾を預けた知人女性の逮捕を知って出頭し反省していた」として、懲役6年の求刑に対し、懲役4年を言い渡した。

yakuzanews-twitter.png 

マンションに拳銃と実弾所持で逮捕の男女6人 処分保留で釈放

>>関連記事
 熊本地検は28日、熊本市中央区のマンションで、拳銃と実弾を不法に所持していた疑いなどで逮捕されていた、暴力団総長・後藤昭裕容疑者(59)ら男女6人を処分保留で釈放した。

押収された拳銃と実弾
押収された拳銃と実弾

 後藤容疑者ら6人は去年3月、熊本市中央区新町のマンションの一室で拳銃7丁と実弾156発を所持していた疑いで1月7日、警察が逮捕。熊本地検は28日、6人を処分保留で釈放しました。今後は任意に切り替え捜査を行うという。

 一方、警察は熊本市中央区の風俗店からみかじめ料15万円を受け取った疑いで、後藤容疑者ら2人を再逮捕、新たに組員1人を28日に逮捕した。

 | HOME |  »

twitter

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿
yakuzanews-twitter.png
ツイッターはこちら

ブログ内キーワード検索


カテゴリ

■殺人 (149)
■殺人未遂 (225)
■傷害致死 (30)
■死体遺棄 (374)
■生命身体加害略取罪 (1)
■殺人予備罪 (3)
■傷害・暴行・暴力行為 (433)
■逮捕監禁 (65)
■脅迫・恐喝・強要 (686)
■恐喝未遂 (66)
■銃刀法違反 (341)
■発砲事件 (274)
■凶器準備結集・集合 (15)
■強盗事件 (208)
■身代金目的略取 (2)
■窃盗・盗難 (239)
■盗品等関与罪 (4)
■常習特殊窃盗罪 (1)
■漁業法違反 (23)
密漁品流通 (1)
特定水産動植物の採捕の禁止 (2)
漁業法違反ほう助 (1)
■水産資源保護法違反 (3)
■水面漁業調整規則違反 (7)
■証人等威迫罪 (5)
■犯人隠避・犯人隠避教唆 (51)
■証拠隠滅 (6)
■覚せい剤・大麻・麻薬・ドラッグ (641)
■医薬品医療機器法違反 (1)
■薬事法違反 (12)
■臓器移植法違反 (5)
■賭博開帳図利・常習賭博 (173)
■モーターボート競走法違反 (11)
■詐欺・横領・背任 (940)
■特殊詐欺・電子計算機使用詐欺 (243)
■新型コロナ対策・GoToトラベル関連詐欺 (88)
■不正アクセス禁止法違反 (9)
■免状不実記載・公正証書原本不実記録 (115)
■有印私文書偽造 (18)
■携帯電話不正利用防止法 (2)
■有価証券偽造・偽造有価証券行使 (9)
■偽造通貨行使 (2)
■出資法違反・貸金業法違反 (88)
■銀行法違反 (2)
■強制性交等罪 (14)
■強制わいせつ (2)
■迷惑行為防止条例違反 (25)
■児童福祉法違反 (30)
■県青少年健全育成条例違反 (7)
■未成年者誘拐 (1)
■公然わいせつ (2)
■わいせつ図画販売 (18)
■児童買春・ポルノ処罰法違反 (8)
■風俗営業法違反 (33)
■売春防止法違反 (42)
■入管難民法違反 (12)
不法就労助長 (2)
旅券法違反 (8)
■労働者派遣事業法違反 (43)
■不動産侵奪 (2)
■職業安定法違反 (13)
■建設業法違反 (10)
■労働基準法違反 (3)
■不正競争防止法違反 (1)
■強制執行妨害・競売入札妨害 (20)
■廃棄物処理法違反 (16)
不法投棄 (13)
虚偽管理票交付 (2)
虚偽申請 (1)
■建造物侵入 (5)
■器物損壊・建造物、住建造物損壊 (114)
■建造物等放火 (24)
■火炎瓶処罰法 (4)
■爆発物取締罰則違反 (20)
■保護責任者遺棄致死 (1)
■道路運送法・道交法違反 (72)
自動車運転過失傷害・ひき逃げ (19)
妨害運転罪・あおり運転 (1)
酒酔い運転 (2)
■危険運転致傷 (3)
■暴走族追放条例違反 (1)
■公務執行妨害 (29)
■威力業務妨害 (22)
■競売入札妨害 (3)
■偽計業務妨害・偽計信用棄損 (11)
■名誉毀損罪 (1)
■商標法違反 (12)
■著作権法違反 (3)
■文化財保護法違反 (1)
■不正作出私電磁的記録 (2)
■電磁的記録媒体頒布 (3)
■密輸 (2)
■所得税法違反 (20)
■関税法違反 (6)
■電波法違反 (1)
■旅館業法違反 (1)
■民事保全法違反 (1)
■裁判員法違反 (2)
■弁護士法違反 (2)
■収賄罪 (1)
■地方公務員法違反 (2)
守秘義務違反 (0)
■職務強要 (1)
■特定商取引法違反 (4)
■裁判 (214)
■暴力団対策法 (114)
用心棒料等要求行為 (3)
多数集合 (4)
損害賠償 (10)
用心棒行為等防止命令 (2)
使用制限命令 (29)
再発防止命令 (18)
使用者責任 (21)
賞揚等禁止命令 (3)
■暴力団排除条例 (337)
■組織犯罪処罰法 (225)
組織的殺人 (19)
組織的殺人未遂 (38)
組織的詐欺 (14)
組織的恐喝 (8)
組織的強要 (1)
組織的賭博開帳図利 (3)
組織的建造物損壊 (3)
組織的威力業務妨害 (2)
没収保全命令 (1)
犯罪収益収受 (97)
犯罪収益隠匿 (10)
犯罪収益仮装 (2)
犯人隠避・犯人隠避教唆 (9)
組織犯罪処罰法違反幇助 (1)
組織犯罪証拠隠滅 (1)
■犯罪収益移転防止法 (7)
■暴力行為等処罰法 (25)
■指詰めの強要等の禁止 (0)
■脱退妨害行為 (0)
■暴力団追放活動 (91)
■家宅捜索 (165)
■不起訴処分 (38)
■中止命令 (105)
■宅建業法違反 (1)
■食品衛生法違反 (3)
■健康保険法違反 (3)
■国外 (65)
■その他 (2260)
■未分類 (1552)