FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

自宅に拳銃と実弾所持 東声会系幹部を逮捕

 警視庁は4日、東京都新宿区の自宅に拳銃と実弾を隠し持っていたとして暴力団幹部を逮捕した。

豊福容疑者が持していた拳銃

 暴力団・東声会系「六代目伊藤興業」幹部、豊福敬容疑者(48)は先月、新宿区の自宅マンションに、拳銃2丁と実弾57発を所持していた疑いが持たれている。豊福容疑者は「俺のものに間違いない」と容疑を認めている。

豊福敬容疑者(48)
豊福敬容疑者

 豊福容疑者が拳銃を所持しているという情報をもとに警視庁が自宅を捜索したところ、ベランダに隠された拳銃などを発見、見つかった実弾の中には2丁の拳銃と適合しない実弾も13発含まれていて、警視庁は、豊福容疑者がほかにも拳銃を隠し持っている可能性があるとみて調べている。

  

他人の墓の中に拳銃2丁 山口組系組長ら2人を逮捕

 福島県警須賀川署は18日、須賀川市の墓地にあるお墓の中に、拳銃2丁と実弾数発を隠し持っていたとして、山口組系組長ら2人を銃刀法違反(拳銃加重所持)の疑いで逮捕した。

 逮捕されたのは指定暴力団・山口組系傘下組長、光畑信夫容疑者(68)=同県郡山市堂前町=と、同幹部、村越潤容疑者(48)=同市鳴神3=の2人。いずれも「分からない」と容疑を否認している。
 
 逮捕容疑は光畑容疑者らが今年4月中旬、須賀川市の墓地にあるお墓の骨つぼを入れるスペースに拳銃2丁と実弾数発を隠し持っていた疑い。

 4月中旬にお墓の持ち主がお墓参りに訪れた時、ふたがずれていることに気付き中を確認したところ、拳銃などを発見し警察に通報したという。

 周辺の防犯カメラなどから2人を特定し逮捕した。光畑容疑者らとお墓の持ち主に交友関係はなく、警察は入手経路や詳しい経緯について捜査している。

  

任侠山口組幹部の車に発砲 山口組系組員に懲役5年の実刑判決

>>関連記事
 神戸地裁は9月12日、今年1月、兵庫県神戸市西区で指定暴力団・任侠山口組の幹部の車に銃弾を撃ち込んだとして銃刀法違反などの罪に問われていた指定暴力団・山口組系組員、小林文明被告(47)に対し、懲役5年の実刑判決を言い渡した。

 12日の裁判員裁判の判決で神戸地裁の川上宏裁判長は「恨みを晴らす目的だった犯行は身勝手で厳しく非難されるべき」と指摘。その上で「現場は住宅街で一般市民に対し多大な恐怖を与えた」などとして、男に懲役5年を言い渡した。

  

任侠山口組幹部の車に銃弾3発 初公判で起訴内容認める

>>関連記事
 今年1月、兵庫県神戸市西区で指定暴力団・任侠山口組の幹部の車に銃弾を撃ち込んだなどとして、逮捕、起訴されている指定暴力団・山口組系傘下組員、小林文明被告(47)=姫路市=の初公判が神戸地裁で開かれ、小林被告は起訴内容についておおむね認めた。

 小林被告は以前所属していた任侠山口組から、対立する山口組傘下組織へ移り、今年1月に任侠山口組幹部の車に拳銃で3発の弾丸を命中させ損壊したとして、銃刀法違反などの罪に問われている。

 神戸地裁で開かれた初公判で小林被告は起訴内容についておおむね認めた。その後、検察側は冒頭陳述で「住宅地で拳銃を発射したのは危険で住民に恐怖心を与えた」と指摘。一方、弁護側は情状酌量を求めた。

  

自宅に拳銃3丁と実弾約30発 山口組系元組員を逮捕・起訴

>>関連記事
 大阪市の自宅で拳銃3丁と実弾、約30発を所持したとして、指定暴力団・山口組系元組員が逮捕・起訴された。

 山口組の二次団体元組員、田中竜二被告(52)は、大阪市の自宅で7月、拳銃3丁と実弾29発・不発弾1発を所持したとして逮捕され、その後、起訴された。

 拳銃3丁は、アメリカの有名な武器製造会社で造られたもので、警察が別の恐喝未遂事件の捜査で、田中被告の自宅を捜索した際に見つかった。調べに対し、田中被告は「借金の担保として預かっていた」と容疑を認めていて、入手ルートについても調べている。

  

拳銃と大麻所持 住吉会系組長を逮捕

 警視庁南大沢署は、拳銃と乾燥大麻を所持していたとして、指定暴力団・住吉会幸平一家傘下「小原組」組長、小原康之容疑者(52)を逮捕した。小原容疑者は、「身に覚えがありません」と容疑を否認している。

小原康之容疑者
小原康之容疑者

 小原容疑者は2018年6月、埼玉県入間市のアパートで拳銃1丁を、川崎市のアパートで乾燥大麻4グラムを所持していた疑い。アパートはいずれも小原容疑者の関係先で、拳銃はタオルに包まれて紙袋の中に、大麻はビニール袋に入った状態でポーチの中に、それぞれ隠されていたという

  

愛媛県庁前で自殺未遂の男に懲役4年6か月の実刑

>>関連記事
 松山地方裁判所は19日、愛媛県庁本館の前で今年1月、自分の胸に向け拳銃を発砲した罪などに問われている元暴力団組員、横山道雄被告(77)=新居浜市西連寺町=の裁判員裁判で、、懲役4年6か月の実刑判決を言い渡した。

 判決によると横山被告は今年1月深夜、愛媛県庁本館の前で回転式拳銃を自分の胸に向け4発発射するなどしたもの。

 松山地裁で開かれた判決公判で末弘陽一裁判長は「インパクトのある方法で自殺し、知事に抗議をしようとした動機は身勝手」としながらも「人けのない深夜に発砲していて国民の平穏な生活を大きく害したとまでは言えない」などとして懲役4年6か月の実刑判決を言い渡した。

  

銃刀法違反 任侠山口組系幹部の知人男女2人を逮捕

>>関連記事
 大阪府警捜査4課は22日、、大阪市東淀川区で拳銃2丁などを所持したとして、5月14日に指定暴力団・任侠山口組系幹部が逮捕・起訴された事件で、新たに知人の男女2人を銃刀法違反(共同所持)の疑いで逮捕した。

 逮捕されたのは、茨城県つくば市の建設作業員・橋口一徳容疑者(59)と、東淀川区の無職・山田一恵容疑者(57)。逮捕容疑は4月ごろ、東淀川区内で回転式拳銃2丁と実弾105発を保管するなどしたとしている。

 先月14日、東淀川区瑞光の路上で職務質問された車から拳銃と実弾などが入ったゴルフバッグを所持したとして、すでに指定暴力団・任侠山口組系「四代目真鍋組」の若頭で、「二代目池田会」会長、幅多潤也被告(51)が銃刀法違反罪で逮捕・起訴されている。3人は知人同士だということで、通話履歴や防犯カメラの映像の捜査から2人の関与が浮上し逮捕した。

  

拳銃と実弾譲り渡し 道仁会系組員ら逮捕で事務所を捜索

 福岡県警は20日、指定暴力団・道仁会系組員らが別の組員に拳銃と実弾6発を譲り渡した疑いで逮捕された事件で、関連先として博多区の道仁会松永組本部事務所を家宅捜索した。

松永組を捜索
道仁会系松永組を捜索

 県警によると、去年10月、松永組組員、山本三木男容疑者(59)は、知人で会社役員、山本茂樹容疑者(41)と共謀し、福岡市中央区春吉の駐車場で、回転式拳銃1丁と実弾6発を同組員、井上信弘被告(49)に無償で譲り渡した疑いがもたれている。山本容疑者らの認否は明らかにしていない。

 井上被告は今月、拳銃を所持した銃刀法違反などの罪などで一審で有罪判決を受けており、その捜査の中で、山本容疑者らの関与が浮上したという。県警は拳銃や実弾の入手経路などについて捜査を進めている。

  

神戸市で拳銃発砲 神戸山口組系組員に懲役10年の実刑

>>関連記事
 神戸地裁は7日、2018年に兵庫県神戸市長田区の住宅街で拳銃を発砲したなどとして、銃刀法違反などの罪に問われていた指定暴力団・神戸山口組傘下組員、小椋慶一被告(49)に対し、懲役10年の実刑判決を言い渡した。

小椋慶一容疑者
小椋慶一被告

 判決によると小椋被告は2018年10月、神戸市長田区の自宅で覚せい剤を使用した後、自宅前の路上で拳銃2丁を所持し、弾丸4発を発砲するなどした。これまでの裁判で小椋被告は起訴内容を認め、「覚せい剤を使用してしまった自己嫌悪から拳銃を発砲した」などと述べていた。

 判決で神戸地裁の川上宏裁判長は、「一般人の生命に危害を加える可能性が高い行為だった」と指摘した上で、「反省の弁を述べているとはいえ、暴力団を辞める意思はないと明言している」などとして、小椋被告に懲役10年を言い渡した。

  

神戸住宅街で発砲の神戸山口組系組員 初公判

>>関連記事
 神戸市長田区の住宅街で拳銃を発砲したなどとして、銃刀法違反などの罪に問われた指定暴力団・神戸山口組系「山健組」傘下組員、小椋慶一容疑者(49)=同区=に対する裁判員裁判の初公判が5日、神戸地裁(川上宏裁判長)であり、被告は起訴内容を認めた。

 起訴状によると、昨年10月23日午後11時55分ごろ、同区内の路上で拳銃で弾丸4発を発射し、翌日までに自宅などで拳銃4丁と実包33個を所持したとされる。同月23日に自宅で覚醒剤を使ったとして覚せい剤取締法違反罪でも起訴された。

 検察側は、現場近くに兵庫高校があることなどから「危険性は高い」と指摘。弁護側は「人に向かって発射したわけではない」などとした。動機について被告は「覚醒剤をやめられず、情けなくなった」などと述べた。

  

静岡県警:極東会系「松山連合会」事務所を捜索

>>関連記事
 静岡県警は31日午前11時すぎ、指定暴力団・極東会松山連合会の組事務所を家宅捜索した。

斉藤修容疑者(52)
斉藤修容疑者(52)

 この捜索は今年2月、西伊豆町の住宅から大量の拳銃が押収された事件で、逃走中の松山連合会幹部で、「三代目真龍会」総長、斉藤修容疑者(52)の捜査に関するもの。

 逃走している斉藤容疑者は、静岡県西伊豆町の住宅で拳銃12丁と実弾89発を所持した疑いで全国に公開手配されていて、摘発された住宅は、斉藤容疑者の指示で他の組員らが拳銃を隠す武器庫になっていたとみられている。

  

車に回転式拳銃2丁、実弾100発と日本刀 任侠山口組傘下会長ら2人を逮捕

 大阪府警東淀川署は14日、車内に回転式拳銃2丁を所持していたとして、銃刀法違反(共同所持)の疑いで、指定暴力団・任侠山口組系「四代目真鍋組」の若頭で、「二代目池田会」会長、幅多潤也容疑者(51)=自称住所不定=と、祈康弘容疑者(44)=大阪市東淀川区相川=を現行犯逮捕した。同署は認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は14日午後1時45分ごろ、大阪市東淀川区瑞光の路上で共謀して、回転式拳銃2丁を所持したとしている。2人が乗っていたワゴン車から実弾とみられる約100発の弾や日本刀1本も見つかっており、府警が詳しく調べている

 同署によると、パトロール中の同署員がワンボックスカーを運転中の祈容疑者の様子を不審に思い、職務質問したところ、車内から拳銃と実弾が見つかった。幅多容疑者は助手席に座っていたという。

  

神戸山口組系組員を逮捕 山口組系幹部宅を発砲

>>関連記事
 県警津山署などは5日、岡山県津山市で昨年12月に指定暴力団・山口組系組幹部宅に銃弾が撃ち込まれた事件で、銃刀法違反(所持、発射)容疑で指定暴力団・神戸山口組系組員、加藤謙蔵容疑者(40)=住所不定=を逮捕した。認否は明らかにしていない。

 逮捕容疑は昨年12月2日午後8時ごろ、津山市南町の当時山口組系だった組幹部宅に発砲した疑い。 

 同署は3月中旬、詐欺事件で容疑男を逮捕。取り調べで発砲事件への関与を認める供述をしたため、裏付けを進めていた。拳銃の入手経路とともに、組同士の抗争と個人的なトラブルの両面から事件の背景を調べている。

  

任俠山口組系幹部の車に発砲 山口組系組員を逮捕

>>関連記事
 兵庫県警は26日、神戸市西区の住宅街で1月末、指定暴力団・任俠山口組系幹部の親族の乗用車に複数の銃弾が撃ち込まれた事件で、指定暴力団・山口組系組員、小林文明容疑者(47)を銃刀法違反(発射)と器物損壊容疑で逮捕した。

 事件は1月29日夜に発生。同市西区玉津町の路上に止めてあった無人の乗用車が銃撃され、翌朝、車体から複数の弾痕が見つかった。近くには薬莢も落ちていた。

 県警は2月5日、拳銃を所持した疑いで小林容疑者を逮捕、その拳銃の特徴が現場に残されていた銃弾などと一致した。小林容疑者は容疑を認めている。

  
 

拳銃13丁と実弾約400発押収 極東会系組員を逮捕 

 静岡県警は2月上旬、西伊豆町で大量の拳銃と実弾が見つかった事件で、25日までに指定暴力団・極東会系組員、高本浩明容疑者(58)=静岡県西伊豆町=ら男3人を銃刀法違反の疑いで逮捕、男2人を銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕した。拳銃13丁と実弾約400発を押収した。逮捕はいずれも6日。

 県警は、抗争に備えて拳銃を保管する「武器庫」として住宅に隠していたとみて、入手経路や組織的な背景の有無を詳しく調べている。5人の関係や認否については明らかにしていない。

 逮捕されたのは塗装工の山本勝司容疑者(44)=同県西伊豆町=と、会社員の森淳志容疑者(40)=同県西伊豆町=ら5人。

  
 

銃刀法違反 東組系幹部と妻を再逮捕

>>関連記事
 大阪府警捜査4課などは19日、拳銃4丁や実弾を所持していたとして指定暴力団・二代目東組系組幹部、山沢正典容疑者(57)と、妻の眞砂美容疑者(55)を銃刀法違反(加重所持)容疑で再逮捕した。2人の認否は明らかにしていない。

 逮捕容疑は昨年12月、大阪市平野区の自宅トイレに拳銃4丁と実弾62発を隠し持っていた疑い。

 自宅の捜索では覚せい剤1.8キロや大麻も押収され、近畿厚生局麻薬取締部は今年1月、覚せい剤取締法違反容疑で同容疑者を逮捕。府警も見つかった拳銃の殺傷能力を鑑定し再逮捕した。東組が山澤容疑者の自宅を武器庫にしていたとみて調べている。

  
 

「神戸山口組」組長別宅銃撃 山口組系組員3人に懲役7年実刑

>>関連記事
 神戸地裁は4日、2017年6月に兵庫県稲美町にある指定暴力団・神戸山口組井上邦雄組長の別宅に向けて拳銃で銃弾5発を発砲し、屋根を壊すなどした銃撃事件で、銃刀法違反などの罪に問われていた男3人に対し、それぞれ懲役7年(求刑8年)の実刑判決を言い渡した。

 銃刀法違反や建造物損壊の罪に問われていたのは、指定暴力団・山口組系「四代目倉本組」傘下「二代目嵐興業」組長、中山浩被告(58)ら3人。

 4日の判決で神戸地裁の小倉哲浩裁判長は、今回の犯行は過去の襲撃事件への報復だったとした上で、「人の生命に重大な危険を及ぼす可能性があったもので、決して許されるものではない」と指摘。 さらに「3人に真摯な反省は見られない」としてしそれぞれ懲役7年の実刑判決を言い渡した。

  
 

愛媛県庁に拳銃男 「自決するつもりだった」

>>関連記事
 愛媛県庁で21日午前2時ごろ、元暴力団幹部で政治団体関係者とみられる男性(76)が、拳銃のようなものを握った状態で倒れているのが見つかった事件で、男性は「自決するつもりだった」と話しているという。

 男性は左胸に3ヶ所の拳銃で撃ったとみられるケガをしていて、捜査関係者によると男性が持っていたのは実弾が入ったリボルバー式の拳銃だったという。男性は「自分で撃った。自決するつもりだった」などと話していることが分かった。

 男性は2016年9月に松前町で知人男性を刃物で刺したなどとして傷害などの罪で実刑判決を受けたが、健康面を理由に刑の執行が停止されていた。警察は男性が拳銃で自殺を図ったとみて銃刀法違反の疑いも視野に詳しく調べている。

  
 

「東組」系幹部の自宅に拳銃4丁と実弾

 大阪市の指定暴力団・東組系組幹部の自宅で、拳銃4丁と複数の実弾が見つかった。大阪府警平野署は銃刀法違反の疑いもあるとみて、この幹部から事情を聴く方針。拳銃の殺傷能力の有無なども調べる。

 捜査関係者によると、幹部が関わった別事件の関係先として、府警が5日夜にこの住宅を家宅捜索し発見した。

  
 

 | HOME |  »


今すぐ会いたい・・・
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
究極のマッチングサイト

最新記事

リンク

QRコード

QR