FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

「池田組」若頭ら銃撃事件 「大同会」幹部を不起訴処分

>>関連記事
 岡山地方検察庁は、今年5月に特定抗争指定暴力団神戸山口組系「池田組」若頭(当時)らを銃撃したとして逮捕された、特定抗争指定暴力団・六代目山口組大同会幹部(50)を不起訴処分とした。不起訴処分の理由については明らかにしていない。

池田組若頭ら銃撃直後
銃撃事件の直後

 同幹部は5月30日、既に殺人未遂と銃刀法違反の罪で起訴された、大同会幹部で「三代目神原組」組長・岸本晃生被告(52)と共謀して、対立する池田組若頭と組員に対し、銃を複数回発射したとして殺人未遂などの疑いで逮捕されていた。



警察官装い「古川組」組長を襲撃 計画的に役割分担

 兵庫県尼崎市で特定抗争指定暴力団神戸山口組直系組長ら2人が拳銃で撃たれ重傷を負った事件で、殺人未遂容疑で逮捕された特定抗争指定暴力団・六代目山口組系組員2人は、一方が警察官を名乗って組長を連れ出し、待ち伏せていたもう一人が発砲していたことが分かった。対立組織の襲撃を警戒する組長に不審がられないよう、計画的に役割分担を行っていたとみられる。

 逮捕されたのは、山口組系「三代目司興業」幹部・藤村卓也容疑者(52)と、司興業傘下「川崎組」幹部・加藤伸治容疑者(54)両容疑者。

 藤村容疑者は事件当日の3日午前、同市稲葉元町のコンビニエンスストアにいた神戸山口組系「三代目古川組」の仲村良松組長(64)に「警察官だ」と名乗って接触。組長1人だけをコンビニの敷地外に連れ出し、その場に待ち伏せていた加藤容疑者が組長の両足に発砲したという。
 その後、発砲音を聞いて駆け付けた古川組の親泊吉広組員(61)も左手を撃たれた。



尼崎の発砲事件 新たに「司興業」組員1人逮捕

>>関連記事
 県警尼崎南署捜査本部は11日、兵庫県尼崎市で特定抗争指定暴力団神戸山口組幹部ら2人が拳銃で撃たれ、重傷を負った事件で、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系「三代目司興業」傘下「川崎組」幹部・加藤伸治容疑者(54)=名古屋市守山区喜多山2=を新たに殺人未遂容疑で逮捕した。認否は明らかにしていない。

 逮捕容疑は3日午前11時35分ごろ、尼崎市稲葉元町の住宅街の路上で、神戸山口組系「三代目古川組」の仲村良松組長(64)の両脚を拳銃のような物で撃ち、重傷を負わせた疑い。

 捜査本部によると、加藤容疑者は11日午前、「尼崎の件は私もやりました」と尼崎南署に出頭。司興業幹部・藤村卓也容疑者(52)=同容疑で逮捕=と共に実行役とみられ、現場周辺の防犯カメラ映像などから事件に関与したと判断された。事件に使われたとみられる拳銃1丁は8日、神戸市長田区の新湊川で見つかった。 



古川組組長ら銃撃事件 50代の男が出頭

 県警尼崎南署に11日午前、兵庫県尼崎市の路上で特定抗争指定暴力団神戸山口組系「三代目古川組」の仲村良松組長(64)と、親泊吉広組員(61)ら2人が銃撃され、男2人が逃走した事件で、50代の男が出頭し、事件への関与をほのめかしていることが分かった。県警尼崎南署捜査本部は殺人未遂容疑でこの男を逮捕する方針。

 この事件を巡っては、既に特定抗争指定暴力団・六代目山口組系「三代目司興業」幹部、藤村卓也容疑者(52)が殺人未遂容疑で逮捕されていた。県警は、同日出頭した男が事件現場から逃げたもう1人の男とみて調べる。

 県警は、これまでに神戸市長田区の新湊川で銃撃に使われたとみられる拳銃1丁を押収。分裂した山口組神戸山口組の抗争事件の疑いがあるとみて調べる。



栃木市の発砲事件 元住吉会系組長に懲役14年の判決

>>関連記事
 宇都宮地裁で10日、栃木県栃木市の居酒屋で昨年7月、拳銃を発砲して知人の40代男性を殺害しようとしたとして殺人未遂などの罪に問われた指定暴力団・住吉会系組長(当時)・大沢康博被告(58)の裁判員裁判判決公判が開かれ、岡田健彦裁判長は懲役14年(求刑懲役20年)を言い渡した。

大沢康博被告
大沢康博被告

 公判では殺意の有無が主な争点となった。岡田裁判長は「胸や腹を撃てば人を死なせる危険性が高いということは、一般人でも容易に理解できる」とし「腹を撃てば死なないと思った」とする弁護側の主張を退け、殺意があったと認定した。

 判決によると大沢被告は昨年7月21日、栃木市内の居酒屋で金を貸していた人物の弟分だった40代の男性とトラブルになり、拳銃を発砲して殺害しようとしたほか、この拳銃と弾丸3発を所持した。



尼崎発砲事件の使用拳銃 神戸の川で発見

>>関連記事
 兵庫県警尼崎南署捜査本部は9日までに、兵庫県尼崎市の路上で特定抗争指定暴力団神戸山口組系「三代目古川組」の仲村良松組長(64)と、親泊吉広組員(61)ら2人が銃撃された事件で、銃撃現場から南西に約25キロ離れた神戸市長田区の新湊川で銃撃に使われたとみられる拳銃1丁を発見した。拳銃の中に弾が残っているかどうかや、新湊川を捜索した理由は明らかにしていない。

発砲事件の現場1
発砲事件の現場
尼崎市で発砲事件1

 県警は8日午後6時ごろから神戸市長田区の新湊川を捜索し、午後10時15分ごろ、水中から回転式拳銃1丁を発見し押収した。現場付近では薬きょうは見つかっておらず、犯行に使われたのは回転式拳銃とみられていた。兵庫県警は今後、見つかった拳銃について鑑定する。

 事件は3日昼、尼崎市稲葉元町2の路上で発生。仲村組長と、親泊組員が少なくとも計3カ所を撃たれて重傷を負い、現場から男2人が逃走。

 5日、対立する特定抗争指定暴力団・六代目山口組系「三代目司興業」幹部、藤村卓也容疑者(52)=名古屋市中区大須2=が出頭、兵庫県警は殺人未遂容疑で逮捕した。もう1人は現在も逃走中。



尼崎銃撃事件 山口組系「司興業」幹部1人を逮捕

>>関連記事
 兵庫県警は5日、兵庫県尼崎市の路上で特定抗争指定暴力団神戸山口組系「三代目古川組」の仲村良松組長(64)と、親泊吉広組員(61)ら2人が拳銃で撃たれ重傷を負った事件で、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系「三代目司興業」幹部、藤村卓也容疑者(52)=名古屋市中区大須=を殺人未遂容疑で逮捕した。

 藤村容疑者は5日昼、県内の警察署に出頭し、「俺がやった」などと話したという。拳銃は持っていなかった。銃撃したのは2人組の男で、県警はもう1人の行方を追っている。



撃たれた古川組組長「警察官名乗る人物に呼び出された」

>>関連記事
 尼崎市の路上で3日、特定抗争指定暴力団神戸山口組系「三代目古川組」の仲村良松組長(64)と、親泊吉広組員(61)の2人が銃撃された殺人未遂事件で、撃たれた仲村組長は兵庫以外の他府県の警察から実際に出頭要請が出ていた。

 仲村組長は「事件当日、警察官を名乗る人物に電話で呼び出された」と話していることがわかった。一方、親泊組員は発砲して逃走した2人組の男について「面識がない」と話している。

 仲村組長ら2人は至近距離から少なくとも3か所を拳銃で撃たれた。銃撃した犯人は仲村組長の行動を確認し、動向を知る人物が警察官になりすまして仲村組長らに電話で呼び出し、発砲したとみられる。

 兵庫県警捜査本部は、3日午後に現場から南東へ約1キロ離れた駐車場で、逃走に使われたとみられるワンボックスタイプの車を見つけ押収したが、車内に拳銃はなかった。



至近距離から複数回発砲 少なくとも3発命中

>>関連記事
 兵庫県尼崎市の路上で3日昼に発生した殺人未遂事件で、銃撃されて手や脚を負傷した特定抗争指定暴力団神戸山口組系「三代目古川組」の仲村良松組長(64)と、親泊吉広組員(61)の2人が、至近距離から少なくとも3カ所撃たれていたことが分かった。撃った男2人は依然、拳銃を所持したまま逃走しており、県警が行方を追っている。

 2人の負傷状況から、銃弾は少なくとも3発撃たれたことが判明。仲村組長は両脚を撃たれ、右脚は弾が貫通し、骨も折れていたという。親泊組員も左手の甲を銃弾が貫通する大けが。

 親泊組員は県警の調べに「組長と歩いているところを呼び止められ、2人組に撃たれた」「知らない顔だった」との趣旨の説明をしている。

 また、同捜査本部は3日、現場から南東にある同市浜田町の駐車場で、逃走に使ったとみられる車を発見し押収した。

 尼崎市では昨年11月にも神戸山口組系「古川組」前組長・古川恵一幹部=当時(58)=が、自動小銃で射殺される事件が起き、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系「二代目竹中組」の元組員・朝比奈久徳被告(52)が殺人などの疑いで逮捕された。

>>「二代目古川組」組長射殺事件

 朝比奈被告は2018年12月に竹中組から「破門」処分を受けたが処分は偽装との見方もある。仲村組長は古川前組長の射殺事件以前に、後継として「三代目古川組」組長に就任していた。



重傷の1人は神戸山口組系「古川組」組長

>>関連記事
 県警尼崎南署捜査本部は、兵庫県尼崎市の路上で、特定抗争指定暴力団神戸山口組系幹部ら2人が銃撃され、男2人が逃走した殺人未遂事件で、脚を撃たれて重傷を負った男性は神戸山口組で「直参」と呼ばれる直系で「三代目古川組」の仲村良松組長(64)と、手に重傷を負った男性は古川組・親泊吉広幹部(61)と発表。同日、現場近くから走り去ったとみられる乗用車1台を押収した。

逃走した犯人2
走って逃走する犯人
逃走した犯人1

 事件は3日午前11時半すぎ、尼崎市稲葉元町2の路上で発生。捜査本部などによると、事件直後に逃げた2人はいずれも40代ぐらいの男で、付近の防犯カメラの映像には、ワンボックスタイプの車に乗り込んで走り去る様子が写っていた。

 事件から数時間がたった同日午後、現場の南東にある同市浜田町の駐車場でこの車と似た乗用車を発見。逃げた2人が乗り捨てた可能性があるとみて、その後の足取りも調べる。捜査本部によると、凶器の拳銃は発見されていない。

>>「二代目古川組」組長射殺事件



負傷したのは神戸山口組系「古川組」幹部 捜査本部を設置

>>関連記事
 3日午前11時35分ごろ、兵庫県尼崎市稲葉元町のコンビニエンスストア駐車場で、特定抗争指定暴力団神戸山口組系幹部ら2人が撃たれた事件で、負傷したのは神戸山口組系「三代目古川組」の親泊吉広幹部(61)=同市南武庫之荘=と、60代くらいの組員とみられる。親泊幹部は左手を、男性は両足の太ももを撃たれ、「2人で歩いているところを呼び止められ、撃たれた」と話した。いずれも重傷だが命に別条はない。

発砲事件の現場2
発砲事件の現場
発砲事件の現場1

 発砲したとみられる男2人はいずれも逃走中で、県警は暴力団による抗争事件の可能性が高いとみて、殺人未遂事件として県警尼崎南署に捜査本部を設置し、逃げた2人の行方を捜査している。

 目撃者によると、発砲した2人組は、徒歩で現場から南方向に逃走し、付近に止めてあったワンボックスカーに乗って逃走したという。

>>「二代目古川組」組長射殺事件
 「古川組」をめぐっては昨年11月にも、古川組のトップで神戸山口組古川恵一幹部=当時(58)=が、尼崎市内で自動小銃で射殺される事件が発生。対立関係にある特定抗争指定暴力団・六代目山口組系元幹部が逮捕された。



神戸山口組関係者ら2人撃たれる

>>関連記事
 3日午前11時半すぎ、兵庫県尼崎市稲葉元町2丁目のコンビニエンスストア前の路上で、男性2人が拳銃のようなもので撃たれた事件で、撃たれた1人は特定抗争指定暴力団神戸山口組関係者だという。

神戸山口組関係者ら2人撃たれる1
神戸山口組関係者ら2人撃たれる
神戸山口組関係者ら2人撃たれる2

 現場から逃走している発砲したとみられる犯人2人は共に40歳くらいで、1人は白っぽい服装、1人は赤っぽい服装。

 事件現場は、コンビニエンスストアや住宅などが立ち並ぶ地域で、警戒を呼び掛けている。



尼崎市で発砲 男性2人重傷 犯人は逃走

 3日午前11時35分ごろ、兵庫県尼崎市稲葉元町2丁目近くの路上で、通行人から「発砲音が3、4発し、男性が足から出血している」と119番があった。

尼崎市で発砲事件3
尼崎市で発砲事件
尼崎市で発砲事件1

 尼崎南署によると、60~70代ぐらいの男性2人がけがをして病院に搬送されたが、1人は両脚の太ももを負傷し、もう1人は左手の甲から出血しているという。搬送時にはともに意識があったが重傷。

 同署によると、発砲したとみられる男2人はいずれも40代ぐらいで逃走中。県警は暴力団の抗争事件の可能性もあるとみて行方を追っている。



栃木市居酒屋の発砲事件 住吉会系元組長が殺意否認

>>関連記事
 宇都宮地裁(岡田健彦裁判長)で27日、栃木県栃木市の居酒屋で昨年7月、拳銃を発砲して知人の40代男性を殺害しようとしたとして殺人未遂などの罪に問われている元指定暴力団・住吉会系組長、大沢康博被告(58)の裁判員裁判初公判が開かれ、大沢被告は殺意を否認した。

大沢康博被告
大沢康博被告

 検察側は冒頭陳述で、金を貸していた人物の弟分だった男性と返済のやりとりをするうちにトラブルとなり、殺害しようと発砲したと指摘。弁護側は「腹なら死なないと思ったが、外れて胸に当たった」と、殺意はなかったと主張した。

 起訴状などによると大沢被告は昨年7月21日、栃木市内の居酒屋で男性に拳銃を発砲して殺害しようとしたほか、この拳銃と弾丸3発を所持したとしている。男性は重傷を負った。

 公判では、東京で殺人事件を起こした配下の男をかくまったとする事件も併合審理されている。 



「大門会」会長殺人未遂 山口組傘下組員に実刑判決

>>関連記事
 熊本地裁は20日、去年11月、に熊本市で敵対する特定抗争指定暴力団神戸山口組系会長を刺したとして、殺人未遂の罪などに問われた、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系組員・二郎丸卓二被告(55)と、大石勇人被告(54)の2人に、懲役9年と8年の実刑判決を言い渡した。

 2人は去年11月、敵対する熊本市中央区の神戸山口組系「四代目大門会」事務所で、大門会の会長(50)の腹や胸をナイフで刺したとして、殺人未遂などの罪に問われていた。

 判決で熊本地裁の松藤和博裁判長は、二郎丸被告は「至近距離から腹部を刺すなど殺意は明らか」として懲役9年。大石被告については「攻撃の機会を作るなど重要な役割を果した」としながらも「関与の程度はやや弱い」として懲役8年を言い渡した。



「絆会」若頭を指名手配 フリーダイヤル設置

>>関連記事
 9月28日、長野県宮田村で当時指定暴力団・絆会系「四代目竹内組」の宮下聡組長(48)が拳銃のようなもので撃たれた事件で、絆会若頭で、「織田連合」会長・金澤成樹こと金成行容疑者(52)を、殺人未遂の疑いで全国に指名手配し、情報提供のフリーダイヤルを設置し情報を求めている。

【情報提供 フリーダイヤル:0120-110-384】
全国指名手配・金澤成樹こと金成行容疑者
金澤成樹こと金成行容疑者

 金容疑者は、先月28日に宮田村の飲食店駐車場の車の中で、宮下組長に対し殺意を持って拳銃のようなもので脇腹を撃ち、重症を負わせた疑い。

 金容疑者はその後、現場から立ち去り警察が行方を追っている。



宮崎市の殺人未遂事件 山口組傘下組長を起訴

>>関連記事
 宮崎地検は、今年9月14日に宮崎市で、対立する特定抗争指定暴力団・神戸山口組系組長を刃物で切り付けた事件で、5日付けで刃物で切り付けた特定抗争指定暴力団・六代目山口組系「四代目石井一家」幹部で、「四代目江口組」組長・下藤勝一郎容疑者(53)=住居不詳=を殺人未遂の罪などで起訴した。

 起訴状などによると、下藤被告は先月14日、宮崎市橘通西1丁目のマンション駐車場で神戸山口組系組長の頭部などを包丁で突き刺すなどして殺害しようとしたとして殺人未遂などの罪に問われている。宮崎地検は、下藤被告の認否を明らかにしていない。



銃撃事件 「絆会」若頭を指名手配

>>関連記事
 警察は、長野県宮田村で指定暴力団・絆会系「四代目竹内組」の宮下聡組長(48)が拳銃のようなもので撃たれた事件で、絆会若頭で、織田連合会長・金澤成樹こと金成行容疑者(52)を、殺人未遂の疑いで全国に指名手配した。

全国指名手配・金澤成樹こと金成行容疑者
【全国指名手配】
金澤成樹こと金成行容疑者

 金容疑者は、先月28日に宮田村の飲食店駐車場の車の中で、宮下組長に対し殺意を持って拳銃のようなもので脇腹を撃ち、重症を負わせた疑い。

 金容疑者と撃たれた宮下組長は、同じ絆會傘下で、宮下組長率いる「四代目竹内組」が、敵対する特定抗争指定暴力団・六代目山口組弘道会傘下に移籍を決定した事でトラブルになったとみられている。



「池田組」若頭銃撃事件 新たに[大同会]幹部を逮捕

>>関連記事
 警察は29日、岡山市で今年5月に特定抗争指定暴力団・神戸山口組池田組の若頭(58)が銃撃され重傷を負った事件で、既に逮捕・起訴されている特定抗争指定暴力団・六代目山口組大同会幹部で「三代目神原組」組長・岸本晃生被告(52)と共謀したとして、新たに大同会幹部・中條正基容疑者(50)を逮捕した。

神戸山口組系「池田組」幹部撃たれる6
銃撃事件があった現場
神戸山口組系「池田組」幹部撃たれる5

 警中條容疑者は5月30日、既に逮捕・起訴された岸本被告らと共謀して、対立する神戸山口組池田組若頭と、池田組組員に対し、殺意を持って銃を複数回発射した疑いが持たれている。この事件で池田組の若頭は全治3カ月の重傷を負った。

 警察は中條容疑者の犯行を特定し行方を追っていて、9月29日に沖縄県の那覇空港で待ち構え逮捕した。中條容疑者の認否を明らかにしておらず、組織的犯行とみて調べを進めていまる。



内部抗争 絆会系「竹内組」事務所を捜索

>>関連記事
 県警は29日午後、28日に上伊那郡宮田村の飲食店駐車場で、指定暴力団・絆会系「四代目竹内組」の宮下聡組長が、絆会若頭・織田連合金澤成樹会長に、乗用車内で拳銃のような物で腹部を撃たれ、逃走している殺人未遂容疑事件で、松本市の「四代目竹内組」事務所に捜査員約三十人で家宅捜索に入った

「竹内組」事務所を捜索1
「竹内組」事務所を捜索
「竹内組」事務所を捜索2

 事件は絆会の解散騒動を発端とする内部抗争とみられる。
 神戸山口組を脱退した岡山の「池田組」・池田孝志組長と、絆会織田絆誠組長は懇意の間柄で、金澤若頭が宮下組長に拠点を岡山に移す事を指示、これを水面下で六代目山口組弘道会傘下「野内組」入りを決定していた竹内組・宮下組長が拒否した事がきっかけとなり事件となったとみられる。



 | HOME |  »

ブログ内キーワード検索



おすすめ

10日程でスピード発行!
組合系でクレジット機能なし

↑ ↑ ↑ ↑
個人的な審査に不安な方
まったく問題なし!!!
↓ ↓ ↓ ↓

安心して下さい。作れますよ。

カテゴリ

■殺人 (90)
■殺人未遂 (174)
■傷害致死 (25)
■死体遺棄 (372)
■生命身体加害略取罪 (1)
■殺人予備罪 (3)
■傷害・暴行・暴力行為 (381)
■逮捕監禁 (57)
■脅迫・恐喝・強要 (617)
■恐喝未遂 (44)
■銃刀法違反 (318)
■発砲事件 (259)
■凶器準備結集・集合 (13)
■強盗事件 (189)
■身代金目的略取 (2)
■窃盗・盗難 (209)
■盗品等関与罪 (4)
■常習特殊窃盗罪 (1)
■漁業法違反 (13)
漁業法違反ほう助 (1)
■水産資源保護法違反 (1)
■水面漁業調整規則違反 (7)
■証人等威迫罪 (1)
■犯人隠避・犯人隠避教唆 (48)
■証拠隠滅 (3)
■覚せい剤・大麻・麻薬・ドラッグ (539)
■医薬品医療機器法違反 (1)
■薬事法違反 (12)
■臓器移植法違反 (5)
■賭博開帳図利・常習賭博 (149)
■モーターボート競走法違反 (11)
■詐欺・横領・背任 (1109)
■免状不実記載・公正証書原本不実記録 (102)
■有印私文書偽造 (16)
■携帯電話不正利用防止法 (2)
■有価証券偽造 (7)
■偽造通貨行使 (2)
■出資法違反・貸金業法違反 (81)
■銀行法違反 (2)
■強制性交等罪 (12)
■強制わいせつ (2)
■迷惑行為防止条例違反 (25)
■児童福祉法違反 (31)
■県青少年健全育成条例違反 (7)
■未成年者誘拐 (1)
■公然わいせつ (1)
■わいせつ図画販売 (17)
■児童買春・ポルノ処罰法違反 (8)
■風俗営業法違反 (22)
■売春防止法違反 (40)
■入管難民法違反 (12)
不法就労助長 (2)
旅券法違反 (8)
■労働者派遣事業法違反 (43)
■不動産侵奪 (1)
■職業安定法違反 (8)
■建設業法違反 (10)
■労働基準法違反 (2)
■強制執行妨害・競売入札妨害 (20)
■不正競争防止法違反 (1)
■廃棄物処理法違反 (15)
不法投棄 (12)
虚偽管理票交付 (2)
虚偽申請 (1)
■建造物侵入 (3)
■器物損壊・建造物、住建造物損壊 (87)
■建造物等放火 (22)
■火炎瓶処罰法 (2)
■爆発物取締罰則違反 (20)
■自動車運転過失傷害・ひき逃げ (15)
■保護責任者遺棄致死 (1)
■道路運送法・道交法違反 (44)
■公務執行妨害 (25)
■威力業務妨害 (21)
■競売入札妨害 (3)
■偽計業務妨害・偽計信用棄損 (11)
■商標法違反 (10)
■著作権法違反 (3)
■文化財保護法違反 (1)
■不正作出私電磁的記録 (2)
■電磁的記録媒体頒布 (3)
■密輸 (2)
■所得税法違反 (19)
■関税法違反 (7)
■電波法違反 (1)
■旅館業法違反 (1)
■民事保全法違反 (1)
■裁判員法違反 (2)
■弁護士法違反 (2)
■収賄罪 (1)
■職務強要 (1)
■特定商取引法違反 (4)
■裁判 (215)
■暴力団対策法 (45)
用心棒料等要求行為 (3)
損害賠償 (10)
用心棒行為等防止命令 (2)
使用制限命令 (13)
再発防止命令 (7)
使用者責任 (5)
■暴力団排除条例 (300)
■組織犯罪処罰法 (191)
組織的殺人 (20)
組織的殺人未遂 (29)
組織的詐欺 (14)
組織的恐喝 (6)
組織的強要 (1)
組織的賭博開帳図利 (3)
組織的建造物損壊 (3)
没収保全命令 (1)
犯罪収益収受 (85)
犯罪収益隠匿 (9)
犯罪収益仮装 (1)
犯人隠避・犯人隠避教唆 (8)
組織犯罪処罰法違反幇助 (1)
組織犯罪証拠隠滅 (1)
■犯罪収益移転防止法 (5)
■暴力行為等処罰法 (17)
■指詰めの強要等の禁止 (0)
■脱退妨害行為 (0)
■暴力団追放活動 (91)
■家宅捜索 (165)
■不起訴処分 (30)
■中止命令 (99)
■危険運転致傷 (1)
■暴走族追放条例違反 (1)
■宅建業法違反 (1)
■食品衛生法違反 (1)
■健康保険法違反 (1)
■国外 (65)
■その他 (1908)
■未分類 (1863)