FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

「池田組」若頭銃撃 共犯の「大同会」組員を殺人未遂などで逮捕

>>関連記事
 岡山県警は23日、特定抗争指定暴力団・神戸山口組池田組若頭(58)=愛媛県四国中央市=が銃撃され負傷した事件で、殺人未遂と銃刀法違反の疑いで特定抗争指定暴力団・山口組大同会幹部、岸本晃生容疑者(52)=住所不定=を再逮捕、同組組員、山根正樹容疑者(35)=鳥取県米子市=を逮捕した。2人の認否は明らかにしていない。

 2人の逮捕容疑は5月30日午後2時35分ごろ、岡山市北区の池田組に隣接する駐車場で、池田組若頭と組員(42)の2人に回転弾倉式拳銃で弾丸を複数発発射。幹部に1発を命中させ、腹部に3カ月以上の重傷を負わせたとしている。組員には弾は当たらず、けがはなかった。

 岸本容疑者は事件の約30分後、同市内の路上に止めた車内で回転式拳銃1丁を所持したとして、銃刀法違反容疑で逮捕されていた。

 県警は岸本容疑者が銃弾を発射したとみて捜査。防犯カメラの画像などから、共犯者として山根容疑者が浮上、組織的な犯行とみて調べを進める。



池田組若頭銃撃事件 容疑者から硝煙反応

>>関連記事
 特定抗争指定暴力団・神戸山口組池田組の若頭(58)=愛媛県四国中央市=が銃撃された事件で、銃刀法違反の疑いで逮捕された特定抗争指定暴力団・山口組大同会幹部、岸本晃生容疑者(52)=同市古豊千=の右手から、銃を撃った際に残る硝煙反応が確認された。

 岸本容疑者とみられる人物が近くの駐車場に止めた車内で待ち伏せし、銃撃の機会を見計らっていたことも判明。岡山県警は同容疑者を銃撃の実行犯と断定した。

 事件の起きた5月30日は、2016年に山口組系元組員に射殺された池田組の元若頭の法要が岡山市内であり、法要を終えて事務所へ戻ったところを銃撃された。

 事件では池田組の若頭が腹部に銃弾1発を受けて重傷を負い、逃走する車両と接触した男性組員(62)も負傷。岸本容疑者は現場から約2キロ離れた路上で車内に銃を隠し持っていたとして現行犯逮捕された。



「池田組」若頭銃撃事件 移籍への報復か

>>関連記事
 岡山市北区田町で特定抗争指定暴力団・神戸山口組池田組の若頭(58)=愛媛県四国中央市=が銃撃され、特定抗争指定暴力団・山口組大同会幹部で「三代目神原組」組長、岸本晃生容疑者(52)=同市古豊千=が銃刀法違反容疑で逮捕された事件で、岡山県警は、2015年に分裂した山口組神戸山口組の対立抗争が事件の背景にあり、池田組若頭が神戸山口組傘下への移籍の報復として銃撃されたとみて、捜査を進めている。

神戸山口組系「池田組」幹部撃たれる5
銃撃事件のあった現場
神戸山口組系「池田組」幹部撃たれる6

 重傷を負った池田組若頭は以前、山口組大石組に幹部として所属し、山口組分裂後、自ら率いる「功龍會」ごと池田組に移籍していた。一方、大同会大石組と近い関係にあったとされる。

 銃撃した岸本容疑者は最初の1発を池田組若頭の腹部に命中させた後、駐車場に居合わせた他の組員への威嚇などとして3発発砲。現場から逃走する車両に接触した池田組組員(62)も鎖骨を折る重傷を負った。



池田組幹部銃撃 大同会本部事務所を家宅捜索

>>関連記事
 岡山県警は31日午前10時ごろ、岡山市北区で特定抗争指定暴力団・神戸山口組系「池田組」若頭(58)が銃撃され、特定抗争指定暴力団・山口組系「大同会」幹部で「三代目神原組」組長、岸本晃生容疑者(52)が銃刀法違反(所持)の疑いで逮捕された事件で、鳥取県米子市にあるの大同会本部事務所を家宅捜索した。

大同会本部事務所を家宅捜索

 捜索は捜査員約10人が事務所に入り、事務所周囲をヘルメットを着用した捜査員が警戒した。

 岡山県警は神戸山口組山口組の抗争事件とみている。

 愛知や兵庫など6府県の公安委員会は1月、両組織を特定抗争指定暴力団に指定。名古屋市、大阪市、神戸市など10市を「警戒区域」としていた。



神戸山口組系「池田組」幹部撃たれる 山口組系「大同会」幹部を逮捕

>>関連記事
 30日午後2時35分頃、岡山市北区田町2の特定抗争指定暴力団・神戸山口組系「池田組」事務所前の路上で、池田組幹部(58)が銃撃された。池田組幹部は腹を撃たれ、病院に運ばれたが命に別条はない。別の男性も逃走しようとした車にはねられケガをしている。

神戸山口組系「池田組」幹部撃たれる3
銃撃事件のあった現場
神戸山口組系「池田組」幹部撃たれる2

 岡山県警は発砲した疑いのある特定抗争指定暴力団・山口組系「大同会」幹部、岸本晃生容疑者(52)=鳥取県米子市古豊千=を銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕した。

 目撃者によると「4回音が鳴ってそれから3回。黒のRV車で西へ逃げていきました」という。

 この日は2016年に山口組弘道会高山組傘下組員に射殺された、池田組・元若頭の法要が行われていた。



「山健組」組長を殺人未遂で起訴

>>関連記事
 神戸地検は25日、神戸市中央区で8月、指定暴力団・山口組弘道会傘下組員が銃撃され重傷を負った事件で、指定暴力団・神戸山口組の中核組織「五代目山健組」組長、中田浩司容疑者(60)=同区中山手通=を殺人未遂と銃刀法違反の罪で起訴した。

中田浩司容疑者
山健組組長 中田浩司容疑者

 地検は認否を明らかにしていない。



「紀州のドン・ファン」をかつて襲った神戸山口組のヒットマン

>>関連記事
 大阪市浪速区の指定暴力団・山口組系弘道会傘下組事務所近くで、同組系組員が男に襲われた事件で、殺人未遂容疑で現行犯逮捕された指定暴力団・神戸山口組系山健組傘下組員、吉武徹弥容疑者(48)。

吉武容疑者が逮捕された現場
逮捕された事件現場付近

 吉武容疑者は、1997年7月19日に和歌山県田辺市で紀州のドン・ファンこと野崎幸助さんを襲った犯人だった。野崎さんは2人組の男に襲われカバンをひったくられたが、襲った2人組の1人が吉武容疑者だった。

 吉武容疑者の共犯者は同年7月の事件から1か月ほどしてもう一度、野崎さん襲って、足を刺し重傷を負わせて850万円を強奪した。吉武容疑者は非常に凶暴な人物だという。



神戸山口組系組員を殺人未遂で現行犯逮捕

 16日午後7時半ごろ、大阪市浪速区恵美須西3の指定暴力団・山口組系組事務所近くの路上で、40代の山口組系組員が、背後から包丁を持った指定暴力団・神戸山口組系組員に襲われた。

吉武徹弥容疑者を現行犯逮捕
吉武徹弥容疑者を逮捕

 大阪府警浪速署は神戸山口組系組員、吉武徹弥容疑者(48)=住居不詳=を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕した。抵抗した山口組系組員が吉武容疑者を取り押さえ、駆け付けた署員に引き渡した。組員にけがはなかった。

 吉武容疑者は山健組傘下の「健竜会」に所属。健竜会は、兵庫県警に今月3日、殺人未遂容疑などで逮捕された山健組組長の中田浩司容疑者(60)がかつて組長を務めていた。



「山健組」組長自らヒットマン IC乗車カードが手掛かり

>>関連記事
 神戸市内で今年8月、指定暴力団・山口組直系弘道会傘下組員を銃撃したとして、指定暴力団・神戸山口組系「五代目山健組」組長、中田浩司容疑者(60)=神戸市中央区中山手通6=が殺人未遂容疑で逮捕された事件。指定暴力団を支える中核組織のトップ自らがヒットマンとして逮捕されるという前代未聞の事態に衝撃が走った。兵庫県警は慎重に容疑を裏付けた上で逮捕に踏み切っている。

中田浩司容疑者
山健組組長 中田浩司容疑者

 中田容疑者は11月26日に神戸市内の霊園で行われた組員の法要に参列した後から行方が分からなくなった。同30日と12月1日には、兵庫県尼崎市内で11月下旬に射殺された神戸山口組幹部の通夜や葬儀があったが姿を現さず、逮捕状を取り、行方を追っていた。

 中田容疑者の逮捕には、鉄道のIC乗車カードの記録が逮捕の手掛かりとなったという。過去に使用したのと同じICカードを使ったことが判明し、兵庫県警の捜査員が大阪市淀川区で発見し、中田容疑者本人と確認した上で捜査車両まで同行し、逮捕状を緊急執行した。

 中田容疑者は昭和50年代に山健組傘下組織に入り、平成27年の山口組分裂後は神戸山口組の井上邦雄組長(71)のもとで組を支え、30年5月には「山健組」四代目、井上組長から五代目組長を譲られた。

 山健組は山口組の5代目組長を輩出するなど、以前は「山健にあらずんば山口組にあらず」と呼ばれるほどの「名門」。かつて数千人の組員が存在した山健組のトップ自らがなぜ銃撃を実行したのか。

 ある捜査関係者は「山口組の勢力が神戸山口組を圧倒するようになった。銃撃した組員が逮捕後の長期にわたる服役を終えた後、今まで通り組が存在しているという保証はない。内部でそうした不安感が蔓延しているため、組長本人が実行せざるを得なかったのではないか」と推測する。



弘道会事務所前で組員銃撃 「山健組」組長を逮捕

>>関連記事
 兵庫県警葺合署捜査本部は3日夜、今年8月21日に指定暴力団・山口組直系「弘道会」神戸事務所前で、弘道会傘下「二代目藤島組」の加賀谷保組員(51)が銃撃を受け重傷を負った事件で、指定暴力団・神戸山口組の若頭代行で中核組織の「五代目山健組」組長、中田浩司容疑者(60)を殺人未遂の疑いで逮捕した。県警は中田容疑者が銃撃の実行犯とみて捜査している。

中田浩司容疑者
中田浩司容疑者

 事件は8月21日午後6時すぎに発生。組員が、神戸市内の組事務所に車を止めようとした際に、ヘルメット姿の黒いバイクの男に銃撃され、腹や腕などに重傷を負った。

防犯カメラの映像
防犯カメラの映像

 県警は事件の2日後、犯行に用いた可能性のある黒いバイクを現場の約600メートル南で押収した。さらに数日後には、乗り換えたとみられる白いバイクを、現場から約2・5キロ離れた病院駐車場で発見。その後、防犯カメラによる捜査を進め、白いバイクの男が神戸市内の山健組組長宅に入る姿を確認した。

 県警はこの男と中田容疑者が同一人物であると判断。殺人未遂容疑で逮捕状を取り行方を追っていたところ、3日に大阪市内で中田容疑者を発見し逮捕した。



高速道で走行中の車に拳銃発砲 弘道会傘下幹部2人逮捕

>>関連記事
 2016年1月、当時の「山口組分裂」に伴う抗争に関連して、高速道路を走行中の車に発砲したとして、男2人が殺人未遂などの疑いで逮捕された。

 逮捕されたのは、指定暴力団・山口組系弘道会傘下幹部、吉田幸信容疑者=愛知県日進市=ら2人。

 2人は、2016年1月27日正午過ぎ、松本市の長野道下り線で、神戸山口組系組員2人が乗る車に、並走する車から拳銃を1発撃った疑い。弾丸は窓ガラスに当たったが、けが人はいなかった。

 この事件の2時間前には中央道で車を停止させて通行を妨害した疑いで神戸山口組傘下組員4人が逮捕される事件もあった。



神戸山口組系「大門会」会長襲撃 山口組系組員2人を逮捕送検

 18日午前、熊本市中央区の指定暴力団・神戸山口組系「四代目大門会」の清崎達也会長(50)が、工事関係者を装った指定暴力団・山口組系組員2人に包丁で襲われた。清崎会長は左腕に軽いけがをしたが命に別状はないという。

 18日午前9時前、熊本中央警察署に「刃物で人を切りつけた」と作業着姿の2人組が出頭し、同日夜に2人を殺人未遂の疑いで逮捕した。

 逮捕されたのは山口組系組員の、二郎丸卓二容疑者(55)と、大石勇人容疑者(54)。2人は調べに対し「殺すつもりはなかった」と殺意を否定している。

 二郎丸容疑者ら2人は18日午前8時40分頃、作業着姿で車で大門会組事務所まで来てインターフォンを鳴らし、「道路工事で来たものです」などと言って、いきなり刃渡り12cmほどの包丁で複数回切りつけたという。



車ではねバールで刺す 「半グレ」10人を殺人未遂容疑などで逮捕

 兵庫県警捜査1課などは30日、兵庫県尼崎市の路上で今年7月、知人男性ら2人を車ではねるなどして殺害しようとしたなどとして、警備員の花岡瑞樹容疑者(24)=兵庫県伊丹市鴻池=ら計10人を殺人未遂と監禁の疑いで逮捕した。

 この「半グレ」と呼ばれる不良集団は阪神間を拠点に活動していたとみられ、花岡容疑者はリーダー格。花岡容疑者の認否は明らかにしていないが、容疑を認めているメンバーもいるという。

 花岡容疑者らは共謀して7月21日午前3時半ごろ、同県尼崎市船出の路上で、知人の無職男性(22)=大阪府池田市=を自動車ではね、バールのような物などで両足を殴り、車のトランクに押し込んで約3時間監禁。さらに会社員男性(21)=同市=もバールのような物で胸を突き刺すなどして、2人を殺害しようとしたとしている。

 無職男性は全治約1年、会社員男性は同約1カ月の重傷。花岡容疑者らと無職男性との間に金銭トラブルがあったという。



「弘道会」神戸事務所で組員が撃たれ重傷 犯人は逃走

 21日午後6時15分ごろ、神戸市中央区熊内町9丁目2-29の建物前で「暴力団員が撃たれた。」と消防に通報があり、通報を受けた消防から兵庫県警葺合署に連絡があった。

 建物は指定暴力団・山口組系「弘道会」が神戸事務所として使用していた。

 撃った男は白いフルフェースのヘルメットをかぶり、1人でスクーターで乗り付けて路上から敷地内の車に向けて数発発砲。弘道会傘下「二代目藤島組」組員が負傷した。撃った男はスクーターで逃走し、兵庫県警が殺人未遂の疑いで行方を追っている。

 同署によると、撃たれた組員は50代とみられ、腹や腕、太ももを撃たれ意識はあるが重傷。車で買い物に行った帰りで、建物前に車を停車して運転席にいたところ、男に撃たれたとみられる。

  

栃木の居酒屋で男性銃撃 手配の住吉会系組長を逮捕

>>関連記事
 栃木県警は18日、今年7月に栃木県栃木市の居酒屋で男性が拳銃で撃たれ重傷を負った事件で、殺人未遂容疑で指名手配していた指定暴力団・住吉会系組長、大沢康博容疑者(56)=住所不定=を逮捕した。
 
 逮捕容疑は7月21日未明、住吉会系幹部、小松充容疑者(37)=福島県いわき市=(同容疑で逮捕)らと共謀し、栃木市旭町の居酒屋で男性(46)を拳銃で撃ち、殺害しようとした疑い。 

  

栃木市居酒屋の男性銃撃 住吉会系組幹部ら逮捕

>>関連記事
 栃木県警は29日までに、栃木県栃木市の居酒屋で男性が拳銃で撃たれ重傷を負った事件で、指定暴力団・住吉会系組幹部、小松充(37)=福島県いわき市=、会社員の大沢嵐士(23)=栃木県日光市=両容疑者を殺人未遂容疑で逮捕した。県警は2人の認否を明らかにしていない。

指名手配された大沢康博容疑者
指名手配の住吉会系組長
大沢康博容疑者(56)

 また、大沢容疑者の父親で逃走中の住吉会系組長、大沢康博容疑者(56)=住居不詳=を殺人未遂容疑で指名手配した。事件に使われた拳銃1丁は既に押収したという。

 逮捕容疑は、21日午前2時20分ごろ、共謀して栃木市旭町の居酒屋で男性(46)を拳銃で撃ち、殺害しようとした疑い。

 組織犯罪対策1課によると、男性はグループ4人で飲食中、来店した康博容疑者らと口論になった後に撃たれた。双方の一部は面識があり、何らかのトラブルが背景にあったとみて動機などを調べている。

 康博容疑者は、身長180センチ以上でがっちりした体格。

情報提供は
栃木県警栃木警察署 : 0282(25)0110。 

  

栃木市発砲事件 50代住吉会系組員に逮捕状

>>関連記事
 栃木県警は、21日未明に栃木県栃木市旭町の飲食店で40代男性が拳銃で撃たれた事件で、殺人未遂の疑いで指定暴力団・住吉会系組員(50代)=日光市=の逮捕状を取った。

 県警は、男の行方を追っている。

  

松戸銃撃の判決 元組員の共同正犯認めず

>>関連記事
 千葉県松戸市で平成29年、ワゴン車が銃撃された事件で、殺人未遂罪などに問われた指定暴力団・稲川会系組長、伊澤隆志被告(48)と、元組員の高森和広被告(50)に対する裁判員裁判の判決公判が26日、千葉地裁で開かれ、坂田威一郎裁判長は伊澤被告に懲役20年(求刑懲役25年)を言い渡した。高森被告には殺人未遂などの幇助(ほうじょ)罪を適用し、懲役4年(求刑懲役8年)を言い渡した。

 高森被告は、実行行為をした伊澤被告の共同正犯として起訴されたが、判決は「両被告が互いに殺害する意志を通じていたとまではいえない」として退けた。

 判決によると、29年5月10日、松戸市小山の国道6号で、稲川会を破門された「六代目箱屋一家」の中村豪総長(72)が乗る車に伊澤被告が発砲し、同乗していた組員の男性(48)に重傷を負わせた。

  

殺人未遂 角材で頭殴る 旭琉會系組員ら3人逮捕

 沖縄県警浦添署は、6月に浦添市屋冨祖の路上で26歳の男性を角材などで殴り殺害しようとしたとして男3人を逮捕した。

 逮捕されたのは、指定暴力団・旭琉會系「三代目富永一家」組員、棚原健太容疑者を含む男3人。

 同署によると、棚原容疑者らは6月11日午前3時ごろ、浦添市屋冨祖のテナントビルの前の路上で、面識のない26歳の男性を角材などで殴り殺害しようとした疑いが持たれている。

 男性は肋骨を折るなどのケガをしたが命に別状はないという。また、容疑者のうち1人を車に乗せて逃走させたとして那覇市の飲食店従業員、仲間紅葉容疑者ら2人も逮捕された。

  

神戸山口組系組長が刺され重傷 山口組系組員2人が出頭

 18日午前0時5分ごろ、神戸市中央区筒井町3の春日野道商店街で「男性が尻と肩を刺され、倒れている」と女性の声で110番があった。

 刺されたのは指定暴力団・神戸山口組山健組幹部で、與組與則和こと与則和組長(65)=神戸市灘区=で、重傷だが意識はあり、命に別条はないという。

 兵庫県警葺合署などは同日、指定暴力団・山口組弘道会傘下、野内組組員、中村光弘こと呉光弘容疑者(56)=韓国籍、三重県伊賀市=と、堀田幸弘容疑者(52)=大阪市西成区=の2人が兵庫県警灘署に名乗り出たため、殺人未遂容疑で逮捕した。

 県警は呉容疑者が実行役で、、堀田容疑者が逃走車両の運転役とみて調べている。2人は与組長を刺した後、付近に止めていたレンタカーで逃走。約1時間15分後、タクシーで灘署に出頭した。レンタカーからは凶器とみられる刃渡り21センチの包丁が見つかった。

 逮捕容疑は共謀し、与組長の後ろから、包丁で尻や左肩、右腰を刺し、殺害しようとした疑い。呉容疑者は「背後から数回刺したが、殺す気はなかった。共謀はしていない」などと話し、堀田容疑者は「刺すとは知らなかった」と否認している。

 葺合署によると、与組長は現場近くのスナックを出て、110番した女性従業員と一緒に歩いていたところを突然襲われたという。女性にけがはなかった。

  

 | HOME |  »


今すぐ会いたい・・・
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
究極のマッチングサイト

最新記事

リンク





QRコード

QR