FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団・任侠組織・極道関連の事件・ニュース速報

居酒屋が飲みに来た暴力団を接客 暴排条例アウトかセーフか?

「暴力団関係者と知らずに取引契約を交わしてしまったら条例違反なのか」「暴力団にモノを売ったり、一般客と同様のサービスを提供することはアウトか」「どこまで付き合ったら“密接交際者”とされてしまう?」……。一般市民をも規制対象とした暴排条例は、ビジネスや日常生活の場面に影響を及ぼす。では、その「アウト」と「セーフ」の境界線はどこなのか。暴力団対策に詳しい弁護士・高島秀行氏が解説する。

* * *
契約書を交わすような取引であれば、排除条項を入れることが、暴排条例に違反しないための有効な防衛策になります。しかし、いちいち契約を交わさないような取引の場面では、アウトとセーフの境界線を判断するのはより難しいと言えます。以下、想定される例をいくつか解説します。

〈居酒屋が、飲みに来た暴力団員を接客した〉

この場合、少人数で、他のお客さんに交じってカウンターやテーブル席で飲んでいるならセーフ。しかし、数名から数十名の団体で、個室に入った時点でアウトになる場合があります。個室に団体で入った時点で暴力団の会合と見なされ、その「活動を助長する」恐れがあるからです。この時の境界線は「人数」と「個室か否か」。

他にも、仕出し弁当の配達やスーパー、コンビニ、デパートなどの小売業でも、「大量発注かどうか」が見極めるポイントになります。

〈印刷業者が名刺や挨拶状の印刷を請け負った〉

暴力団の名刺や挨拶状には、肩書の他、代紋や組織名が入っていることが考えられるのでアウト。組織名や肩書が、暴力団の威力を示すものであり、これを印刷することは、まさに活動を助長すると言えます。一方、これらが入っていなければ、単なる個人の名刺なのでセーフです。

〈ホテルが、予約を受けた時点では暴力団と知らずに宴会場を提供した〉

本来、予約の時点で相手がそうでないことを確認する旨が、事業者の努力義務として求められています。しかし、この確認をしなくても「知らなかった」はセーフ。相手に「暴力団ではありません」と騙られた場合もセーフです。さらに、宴会が始まった後など、契約の途中で暴力団と判明した場合、条例上はそのまま継続してもセーフです。企業や業界によっては、途中でわかったら、宴会中でも中止して出て行ってもらう旨を宣言していますが、これは自主規制の一環です。

山口組総本部を家宅捜索 愛媛県警

>>関連記事
 指定暴力団山口組木村会による特定商取引法違反容疑事件で、県警組織犯罪対策課などの合同捜査本部は25日午前11時40分、同容疑で神戸市灘区の山口組総本部の家宅捜索に入った。県警が山口組総本部に家宅捜索に入るのは初めてという。
 同課によると、家宅捜索は機動隊を含め100人態勢で実施。盾を持った県警機動隊が警戒する中、腕章をした合同捜査本部の捜査員が次々と山口組総本部に入った。同容疑事件の裏付け捜査のためとしている。

神戸の仕入れ先捜索 木村会、特商法違反容疑/愛媛

>>関連記事
 指定暴力団山口組木村会による特定商取引法違反容疑事件で、県警組織犯罪対策課などの合同捜査本部は18日までに、同会が販売したミネラルウオーターの仕入れ先などとして関連が浮上した神戸市兵庫区の飲料水などの販売会社を同法違反容疑で家宅捜索した。
 
捜査関係者によると、捜査本部は捜索で伝票やパソコンなど300点以上を押収しており、木村会との取引の状況などを分析し、全容解明に努める。

 捜索は17日に20人態勢で実施。午前10時半ごろ、ワゴン車4台に分乗した合同捜査本部の捜査員が一斉に同社に入り、上階の事務所などを中心に約7時間半、家宅捜索した。

特定商取引法違反容疑で暴力団幹部を逮捕-松山/愛媛

 県警組織犯罪対策課と松山東署などは13日、特定商取引法違反容疑で松山市南久米町、指定暴力団山口組木村会会長木村阪喜(65)、同市来住町、同会山崎組組長山崎忠孝(56)、同市東雲町、同会義臣会会長木村夏義(60)の3容疑者を逮捕、同市勝山町1丁目の木村会事務所など8カ所を家宅捜索した。
 県警は組の資金源としてミネラルウオーターの売買をしていたとみて捜査する。

 容疑は1月23日、松山市内の会社社長(55)に電話で飲料水売買契約締結の勧誘をして、ミネラルウオーター3箱(計1万円)の売買契約の申し込みを受けた際、撤回に関する事項を記載した書面を遅延なく交付しなかった疑い。
 同課によると、3容疑者は容疑を否認しているという。

 | HOME | 

ブログ内キーワード検索


おすすめ

10日程でスピードお届け!
組合系でクレジット機能なし

↑ ↑ ↑ ↑
個人的な審査に不安な方
まったく問題なし!!!
↓ ↓ ↓ ↓

安心して下さい。作れますよ。

カテゴリ

■殺人 (104)
■殺人未遂 (186)
■傷害致死 (25)
■死体遺棄 (375)
■生命身体加害略取罪 (1)
■殺人予備罪 (3)
■傷害・暴行・暴力行為 (397)
■逮捕監禁 (58)
■脅迫・恐喝・強要 (626)
■恐喝未遂 (48)
■銃刀法違反 (322)
■発砲事件 (267)
■凶器準備結集・集合 (13)
■強盗事件 (197)
■身代金目的略取 (2)
■窃盗・盗難 (220)
■盗品等関与罪 (4)
■常習特殊窃盗罪 (1)
■漁業法違反 (15)
密漁品流通 (1)
特定水産動植物の採捕の禁止 (1)
漁業法違反ほう助 (1)
■水産資源保護法違反 (3)
■水面漁業調整規則違反 (7)
■証人等威迫罪 (2)
■犯人隠避・犯人隠避教唆 (49)
■証拠隠滅 (5)
■覚せい剤・大麻・麻薬・ドラッグ (561)
■医薬品医療機器法違反 (1)
■薬事法違反 (12)
■臓器移植法違反 (5)
■賭博開帳図利・常習賭博 (154)
■モーターボート競走法違反 (11)
■詐欺・横領・背任 (1143)
■免状不実記載・公正証書原本不実記録 (103)
■有印私文書偽造 (17)
■携帯電話不正利用防止法 (2)
■有価証券偽造・偽造有価証券行使 (9)
■偽造通貨行使 (2)
■出資法違反・貸金業法違反 (81)
■銀行法違反 (2)
■強制性交等罪 (13)
■強制わいせつ (2)
■迷惑行為防止条例違反 (25)
■児童福祉法違反 (31)
■県青少年健全育成条例違反 (7)
■未成年者誘拐 (1)
■公然わいせつ (1)
■わいせつ図画販売 (17)
■児童買春・ポルノ処罰法違反 (8)
■風俗営業法違反 (23)
■売春防止法違反 (42)
■入管難民法違反 (12)
不法就労助長 (2)
旅券法違反 (8)
■労働者派遣事業法違反 (42)
■不動産侵奪 (2)
■職業安定法違反 (8)
■建設業法違反 (10)
■労働基準法違反 (2)
■不正競争防止法違反 (1)
■強制執行妨害・競売入札妨害 (20)
■廃棄物処理法違反 (15)
不法投棄 (12)
虚偽管理票交付 (2)
虚偽申請 (1)
■建造物侵入 (3)
■器物損壊・建造物、住建造物損壊 (89)
■建造物等放火 (22)
■火炎瓶処罰法 (2)
■爆発物取締罰則違反 (20)
■保護責任者遺棄致死 (1)
■道路運送法・道交法違反 (64)
自動車運転過失傷害・ひき逃げ (16)
妨害運転罪・あおり運転 (1)
■公務執行妨害 (27)
■威力業務妨害 (21)
■競売入札妨害 (3)
■偽計業務妨害・偽計信用棄損 (11)
■名誉毀損罪 (1)
■商標法違反 (10)
■著作権法違反 (3)
■文化財保護法違反 (1)
■不正作出私電磁的記録 (2)
■電磁的記録媒体頒布 (3)
■密輸 (2)
■所得税法違反 (20)
■関税法違反 (7)
■電波法違反 (1)
■旅館業法違反 (1)
■民事保全法違反 (1)
■裁判員法違反 (2)
■弁護士法違反 (2)
■収賄罪 (1)
■地方公務員法違反 (2)
守秘義務違反 (0)
■職務強要 (1)
■特定商取引法違反 (4)
■裁判 (215)
■暴力団対策法 (64)
用心棒料等要求行為 (3)
多数集合 (4)
損害賠償 (10)
用心棒行為等防止命令 (2)
使用制限命令 (18)
再発防止命令 (10)
使用者責任 (11)
■暴力団排除条例 (308)
■組織犯罪処罰法 (197)
組織的殺人 (20)
組織的殺人未遂 (30)
組織的詐欺 (14)
組織的恐喝 (6)
組織的強要 (1)
組織的賭博開帳図利 (3)
組織的建造物損壊 (3)
組織的威力業務妨害 (1)
没収保全命令 (1)
犯罪収益収受 (86)
犯罪収益隠匿 (9)
犯罪収益仮装 (1)
犯人隠避・犯人隠避教唆 (9)
組織犯罪処罰法違反幇助 (1)
組織犯罪証拠隠滅 (1)
■犯罪収益移転防止法 (5)
■暴力行為等処罰法 (17)
■指詰めの強要等の禁止 (0)
■脱退妨害行為 (0)
■暴力団追放活動 (91)
■家宅捜索 (165)
■不起訴処分 (33)
■中止命令 (100)
■危険運転致傷 (2)
■暴走族追放条例違反 (1)
■宅建業法違反 (1)
■食品衛生法違反 (1)
■健康保険法違反 (3)
■国外 (65)
■その他 (1918)
■未分類 (1859)