FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団・任侠・極道・反社組織関連の事件・ニュース速報

出会い系サイト使って売春業 山口組系弘道会傘下総長らを逮捕

 栃木県警組織犯罪対策1課と生活環境課、宇都宮中央署は4日、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系三代目弘道会傘下、「野内組」幹部で「二代目塩谷一家」総長・塩谷隆容疑者(48)=宇都宮市桜2丁目=と、無職・林由紀容疑者(40)=同=の両容疑者を売春防止法違反の疑いで逮捕した。

 塩谷容疑者と林容疑者は、2020年7月22日から同年8月22日までの間、自宅に住まわせた女性を出会い系サイトで募集した男性と引き合わせ、ホテルなどで売春をさせることを業としていた。

yakuzanews-twitter.png 

大阪・梅田「泉の広場」で売春相手を探したとして17~64歳女性ら61人を現行犯逮捕

 大阪府警は、去年5月から今年2月にかけて大阪府大阪市北区・梅田の待ち合わせスポット「泉の広場」で、売春相手を探したとして「立ちんぼ」と呼ばれる、京都府、大阪府、兵庫県、香川県、長崎県などの当時17歳から64歳の女性ら、61人を売春防止法違反の疑いで現行犯逮捕した。女性らは全員容疑を認め、釈放された後、同容疑で書類送検され、罰金刑を受けるなどした。女性らは会社員や学生、主婦などで、売春の目的は借金返済の他、生活費や遊興費だった。

梅田の待ち合わせスポット「泉の広場」
大阪・梅田の「泉の広場」

 大阪府警は「泉の広場」周辺エリアは、近くにホテル街があることから「風紀が乱れ、治安が悪化するので、大阪屈指の立ちんぼスポットでの摘発は長年の課題だった」といい、地元商店主らの苦情も多かったという。

 大阪府警は昨年11月、売春の客待ちをする女性と男性客のもめ事の解決を担っていた、当時特定抗争指定暴力団・六代目山口組系幹部(60代)を逮捕し、今回の摘発では、売春をさせていたなどとして、当時「半グレ」グループに所属していた男(20代)も逮捕した。

 この山口組系幹部は「場所代」として、客待ちの女性らから1日5000円、5ヵ月で約2250万円を徴収していたことがわかっていて、売春が暴力団の資金源になっていたとみている。



タイ人女性に売春斡旋 暴力団組長ら男女5人逮捕

 北海道警帯広署は、短期ビザで30代のタイ人女性を来日させ、売春を斡旋したとして、暴力団・九代目飯島会系「山田五代目牧野組」組長(50)=帯広市=と、幹部(46)、指定暴力団・稲川会系「五代目加藤一家」幹部(50)らあわせて男女5人を売春防止法違反と入管難民法違反の疑いで逮捕した。5人の認否を明らかにしていない。
 
 5人は共謀して、2019年8月下旬から9月上旬ごろ、帯広市内のホテルに30代のタイ人女性を居住させ、不特定多数の男性客を引き合わせ、売春させた疑いが持たれている。

 5人はタイ人女性に短期ビザを取得させて来日させた上、出会い系サイトを通じて男性客を引き合わせていた。この売春あっせん事件を巡っては8月からこれまでに男女計8人が逮捕されている。



出会い系でタイ女性に売春斡旋 「飯島会」系幹部ら6人逮捕

 北海道警帯広署は、出会い系サイトを使って、30代のタイ人女性を男性を引き合わせ売春をあっせんしたとして、、暴力団・九代目飯島会系幹部の男女6人を売春防止法違反の疑いで逮捕した。

 逮捕されたのは、九代目飯島会系山田五代目傘下「牧野組」幹部(46)=住所不定=、同組員(29)=自称・北海道帯広市=、土木建築業(46)=帯広市=、風俗店男性従業員(50)=中標津町=、無職男性(40)=札幌市=、風俗店女性経営(43)=住所不定=のあわせて6人。6人の認否を明らかにしていない

 6人は共謀し2019年9月上旬ごろ、帯広市内で出会い系サイトを使い、30代のタイ人女性に売春相手として不特定多数の男性客を引き合わせ、ホテルで売春させた疑いが持たれてる。

 6人は他のタイ人女性にも同様に男性客をあっせんしていたとみられていて、警察は6人が売春グループの一員とみて全容解明を進めている。



ススキノで売春斡旋 「福島連合」幹部ら5人逮捕

 北海道警は、札幌の歓楽街すすきので客引きした男性客2人に売春を斡旋したとして、指定暴力団・山口組弘道会傘下「福島連合」幹部、片野広之容疑者(45)ら男5人を売春防止法違反の疑いで逮捕した。

福島連合を家宅捜索
福島連合を家宅捜索

 道警は4日午前、福島連合の事務所を家宅捜索し、売春の斡旋が暴力団の資金源になっていた可能性が高いとみて詳しく調べている。



「売春をやめさせてもらえない」道仁会系幹部ら2人逮捕

 佐賀県警伊万里署は4日までに、指定暴力団・道仁会系幹部(54)=伊万里市二里町=と、トラック運転手の男(25)=神埼郡吉野ヶ里町=を売春防止法違反(契約)の疑いで逮捕した。

 逮捕容疑は2018年8月29日、伊万里市内のレストランで、同市の20代女性との間で売春させることを目的とした契約をした疑い。同署は認否を明らかにしていない。

 伊万里署によると、昨年7月下旬女性が「売春をやめたいがやめさせてもらえない」と同署に相談していた。



売春女性の用心棒 山口組系「章友会」幹部を逮捕

 大阪府警は11日、大阪市北区の路上で女性の売春目的での客待ち行為を容易にさせたとして、指定暴力団・山口組系「章友会」の幹部、興岩光容疑者(63)を売春防止法違反などの疑いで逮捕した。認否は明らかにしていない。

 興容疑者は8月下旬、大阪市北区の繁華街で売春目的で客待ちをしていた20代女性の周辺を巡回するなどして、客待ち行為をしやすくした疑いがもたれている。女性は「興容疑者にお金を支払って、警察の警備状況を教えてもらったり、男性客とのもめごとから守ってもらう約束をしていた」などと話している。



売春斡旋「幇助にとどまる」 山口組系幹部に執行猶予付判決

>>関連記事
 大阪地裁は、大阪の歓楽街・飛田新地で、売春を斡旋した指定暴力団・山口組系「極心連合会」幹部、浅野俊雄被告(65)に執行猶予付きの有罪判決を言い渡した。

 判決によると、浅野被告は、4年前から大阪市西成区の飛田新地の店で、実質経営者の女と共謀し、従業員に売春を斡旋していた。
 
 事件当時、浅野被告は山口組系「極心連合会」の若頭で、大阪地裁は「店の後ろ盾となり、開業などを手助けした」と指摘。一方「経営には直接関わっておらず、ほう助にとどまる」などとして、浅野被告に執行猶予付きの有罪判決を言い渡した。

  
 

売春斡旋 山口組系「極心連合会」を家宅捜索

>>関連記事
 大阪市内の歓楽街、飛田新地などで女性従業員に売春をさせたとして指定暴力団・山口組系幹部らが逮捕された事件で、大阪府警は21日午前10時ごろ、東大阪市の組事務所を捜索した。

 家宅捜索に入ったのは、山口組系「極心連合会」の事務所。

 捜索は、今月17日に「極心連合会」若頭の浅野俊雄容疑者(64)が、西成区の飛田新地の「料亭」で女性従業員に売春をさせた疑いで逮捕された事件の関係先として行われた。

 店は浅野容疑者の交際相手の女が実質的に経営し、系列とみられる西区の松島新地の2店舗と合わせると、売り上げはひと月で1300万円にのぼるとみられている。売り上げが山口組の資金源になっているとみて調べている。

  

飛田新地で料亭装い売春 山口組系「極心連合会」若頭ら逮捕

 大阪府警捜査4課は17日、大阪市西成区の遊郭「飛田新地」で、女性従業員に売春相手を紹介したとして売春防止法違反容疑で、指定暴力団・山口組直系「極心連合会」若頭で「極闘会」会長、浅野俊雄容疑者(64)=同市平野区平野西=ら男女6人を逮捕した。府警は認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は、平成29年12月と今年3月、内縁の妻らと共謀し、内縁の妻が経営する飛田新地内の店舗「銀河」で、女性授業員を男性客に引き合わせ、売春をさせていたとしている。同店舗では1カ月で平均約400万円の利益があったといい、府警は利益の一部が長年にわたって暴力団に流れていたとみている。

 一方、府警生活安全特捜隊は17日、大阪市西区の遊郭「松島新地」で売春相手を紹介したとして、同容疑で松島新地の店舗「若葉」経営、篠崎孝博容疑者(52)ら男女5人を逮捕したと発表した。売り上げが暴力団に流れていた可能性もあるとみて、今後、慎重に関連を調べる。

  

女子中生に売春させる 稲川会系組員ら逮捕/神奈川

 女子中生をマンションに住まわせて売春させたとして、県警少年捜査課と川崎署は6日、売春防止法違反(周旋)の疑いなどで、指定暴力団稲川会系組員の無職の男(26)=川崎市川崎区、弟のとび職の男(22)=同市幸区=ら4容疑者を逮捕した。無職の男は「一切関係ない」と否認、とび職の男は容疑を認めている。

 逮捕容疑は、共謀して昨年12月2日から今年3月27日にかけ、綾瀬市に住む市立中学3年の女子生徒(15)を川崎区内のマンションに居住させ、出会い系サイトで集めた不特定多数の男性客と売春させるなどした、としている。

 県警によると、女子生徒は昨年8月30日、同級生の少女(15)と家出し、数日後に知人を介して無職の男と知り合い、川崎市内を転々としながら4カ月で計100回ほど売春させられていた。1回当たり1万5千~3万円の代金は無職の男と折半していた。 居住していたマンションでは、複数の男や同級生の少女とともに押し入れなどで生活させられていたという。3月28日に逃げだして県警に相談し、発覚した。

  

売春:出会い系通じて少女に仲介 弘道会系組員逮捕/広島

 県警少年対策課などは28日、出会い系サイトを通じて知人少女に売春させたとして、住所不定、指定暴力団山口組弘道会系組員の岩崎福太郎容疑者(22)を児童福祉法(児童淫行(いんこう))と売春防止法違反(周旋)容疑で逮捕した。「一切知りません」と否認しているという。

 逮捕容疑は7月9日夕方と同10日未明、東広島市と中区のホテルで出会い系サイトで勧誘した県内の男性2人からそれぞれ現金1万5000円を受け取り、無職少女(17)に売春させたとしている。

 同課によると、7月10日に県警がサイバーパトロール中、出会い系サイトに援助交際を持ちかける書き込みを発見。客を装った私服警官が広島市内の路上で少女を補導し、発覚した。県警は組織的な犯行も視野に調べている。

  

出会い系サイトで買春客を募集 4人を逮捕

 福岡県警は21日、出会い系サイトを使い女性に売春させたとして売春防止法違反(管理売春)の疑いで、大阪府羽曳野市はびきの5丁目、会社役員、伊東崇容疑者(39)ら4人を逮捕した。

 県警によると、伊東容疑者はフクロウに触れ合えるカフェを福岡市などに展開する会社の取締役で、同市の「フクロウのみせ 博多店」では店長を務め、メディアに取り上げられていた。

 逮捕容疑は今年1月~9月、複数の女性に、出会い系サイトで誘った客とホテルで売春させ、収益を得た疑い。「リリアン」の名称で県公安委員会に無店舗型風俗店の届け出があり、伊東容疑者は実質的な経営者だった。

 県警によると、売春による収益は年5千万円以上あったといい、暴力団の資金源になっている可能性もあるとみて調べている。

売春:出会い系サイト使い 容疑で風俗店経営者ら逮捕/福岡

 出会い系サイトを使い、従業員の女性に売春をさせていたとして、福岡県警小倉北署は16日、北九州市小倉北区中津口1、派遣型風俗店経営、松原洋一郎容疑者(47)ら男4人を売春防止法違反(周旋)容疑で逮捕したと発表した。

 逮捕容疑は今年4〜7月、男性従業員らが女性になりすまして出会い系サイトで客を募集し、応じた男性客に従業員の女性を引き合わせ、売春させたとしている。松原容疑者は容疑を認め、他の容疑者は「売春するとは知らなかった」などと一部容疑を否認しているという。

 小倉北署によると、松原容疑者らは指定暴力団工藤会系の暴力団組員と連絡を取っていた形跡があるといい、売上金の一部が暴力団の資金源になっていた可能性もあるとみて調べる。

経営する風俗店で売春させる 容疑で山口組系組長逮捕/埼玉

 経営する風俗店で売春をさせたとして、埼玉県警は12日までに、売春防止法違反や風営法違反の疑いで指定暴力団山口組系組長、中井敏明容疑者(62)=住居不定=を逮捕した。生活環境1課によると「関係ない」と否認している。

 逮捕容疑は、内縁の妻=同罪で公判中=と共同経営する川越市菅原町の風俗店「優」で3~4月、県内の男性客4人に対し、40代と50代の従業員2人に売春させたなどとしている。

 同課の調べでは、同店は1月に100万円以上の売り上げがあったとみられ、金が関係組織に流れた疑いもあるとみて調べる。

出会い系で女性になりすまし“売春あっ旋”組員逮捕/東京

 女性になりすまして携帯電話の出会い系サイトに書き込みをして男性客に女性を紹介し、売春をあっ旋したなどとして暴力団の組長ら4人が逮捕されました。

 指定暴力団山口組系の組長・清水亨容疑者(47)ら4人は、女性になりすまして携帯電話の出会い系サイトに書き込みをして、2月上旬、東京・品川区の路上で男性客と女性を会わせて売春をあっ旋した疑いなどが持たれています。警視庁によりますと、清水容疑者らは近くのマンションの部屋に30代から40代の女性4人を待機させていて、紹介料として1人あたり1万5000円程度を女性を通じて男性客から受け取っていたということです。取り調べに対し、清水容疑者は黙秘しています。警視庁は、清水容疑者らが1年間で一千数百万円を得ていたとみて余罪を調べています。

売春させて資金源か 暴力団幹部ら逮捕、愛知県警

名古屋市中区栄4で売春店を営み、中国人女性と偽装結婚させたとして、愛知県警捜査4課と中署などは27日、売春防止法違反(周旋)の疑いで、中国籍の自営業苑麗麗容疑者(32)=同市中区栄=を、公正証書原本不実記載・同行使の疑いで、指定暴力団山口組弘道会系組幹部、竹下茂容疑者(40)=同市熱田区千年=ら3人の計4人を逮捕した。

竹下容疑者は「稲葉地一家」のナンバー2。歓楽街から得た資金を背景に、弘道会で2番目の勢力という。県警は、店が弘道会の資金源になっていたとみて調べる。

逮捕容疑では、苑容疑者は2月19日夜、中国人女性2人を売春相手として、男性客2人に引き合わせたとされる。竹下容疑者らは、中国滞在中の女性(34)に在留資格を取得させるため、2010年9月、この女性と組幹部吉川正夫容疑者(40)=同市中区富士見町=の結婚を装う虚偽の婚姻届などを中区役所に提出したとされる。

県警によると、苑容疑者は容疑を認め、竹下、吉川両容疑者は「何も話すことはない」と黙秘している。

売春:大分の少女らホテルへ 防止法違 反罪、組幹部ら12人起訴 /大分

>>関連記事
暴力団幹部らが大分市の少女(17)に売春させたとして大分、福岡両県警に逮捕された事件で、福岡地検は指定暴力団山口組弘道会系組幹部で会社役員、溝口賢剛容疑者(42)=福岡県春日市=ら12人を売春防止法違反(売春をさせる業)罪で起訴した。一緒に逮捕された男性(38)については「起訴するに足る証拠が得られなかった」として不起訴にした。

いずれも19日付。起訴状によると、溝口被告ら12人は11~12年、女性2人を福岡市の居室などに待機させ、ホテルで売春させることを生業として行ったとしている。

次は飛田か 松島新地の摘発で始まった大阪新地連続摘発“余波”/大阪

大阪の“夜の街”に異変が起きている。
「松島新地」に続き、今度は「今里新地」が摘発され、経営者らが続々逮捕されているのだ。 女性従業員に30分1万3000円で売春させたとして、1月16日、大阪府警東住吉署などに売春防止法違反容疑で逮捕されたのは、「今里新地」で料理店を経営する容疑者(64)ら7人。

「今里新地」は「松島新地」「飛田新地」と並ぶ、大阪ちょいの間風俗の三大拠点の一つ。“伝統的風俗”として黙認同然の状態にあることは、知る人ぞ知るところだ。これまでにも摘発は行われていたが、散発的なものが多かったため、立て続けの出来事に新地には衝撃が走っているのだ。 「どうやら今回の摘発は、今までのような警察の“点数稼ぎ”とは違うようなのです。というのも、松島にせよ今里にせよ、闇社会とのつながりは少ないという見立てで少々大目に見られていた。これが覆されたということは、裏の事情にも変化があったということ。とにかく警察の目の色が違いますからね」(地元風俗記者)

そこで気になるのが、先立って1月12日に行われた松島新地の摘発だ。 風俗関係のスカウトマンが経営する闇金で借金した女性が、松島新地の料理店を紹介され、同店で「売春行為をさせられた」と警察に駆け込んだ。これで料理店の経営者やスカウトの男ら6人が逮捕されたのだ。“借金のカタに遊郭に売られる”というのは昔の話と思いきや、今でもあったというわけだ。 「ここ数年、新地では景気の影響もあって、経営者が代わった店が増えており、その中には暴力団や闇金といった反社会勢力もいるとの情報があります。松島のケースはそれを証明したわけで、警察では今里の件でも、背後関係に注目している。今後も徹底的な取り締まりが行われるでしょう」(事情通)

大阪の風俗界隈では「次の矛先は飛田新地なのでは」との声も聞こえてくる。今後も新地の動きに目が離せな い。

薬物・暴力団対策担当刑事が売春クラブ経営関与か/東京

 警視庁のベテラン刑事が、売春クラブの経営に関与した疑いで逮捕された。
 売春防止法違反の疑いで逮捕されたのは、万世橋警察署の警部補・垣副朋彦容疑者(45)と中国人の姜丹容疑者(35)。警視庁によると、姜容疑者は東京・大田区のビルの部屋で売春クラブを経営していたが、垣副容疑者は合鍵を使って店に頻繁に出入りするなど、経営に関わっていたとみられている。垣副容疑者は、薬物犯罪や暴力団対策なども担当したベテラン刑事。
 取り調べに対し、「店で売春していたことは知っているが、経営には関わっていない」と話し、容疑を否認している。

 | HOME |  »

twitter

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿
yakuzanews-twitter.png
ツイッターはこちら

ブログ内キーワード検索


カテゴリ

■殺人 (127)
■殺人未遂 (206)
■傷害致死 (28)
■死体遺棄 (373)
■生命身体加害略取罪 (1)
■殺人予備罪 (3)
■傷害・暴行・暴力行為 (412)
■逮捕監禁 (57)
■脅迫・恐喝・強要 (657)
■恐喝未遂 (57)
■銃刀法違反 (329)
■発砲事件 (270)
■凶器準備結集・集合 (14)
■強盗事件 (201)
■身代金目的略取 (2)
■窃盗・盗難 (226)
■盗品等関与罪 (4)
■常習特殊窃盗罪 (1)
■漁業法違反 (17)
密漁品流通 (1)
特定水産動植物の採捕の禁止 (2)
漁業法違反ほう助 (1)
■水産資源保護法違反 (3)
■水面漁業調整規則違反 (7)
■証人等威迫罪 (4)
■犯人隠避・犯人隠避教唆 (50)
■証拠隠滅 (5)
■覚せい剤・大麻・麻薬・ドラッグ (588)
■医薬品医療機器法違反 (1)
■薬事法違反 (12)
■臓器移植法違反 (5)
■賭博開帳図利・常習賭博 (160)
■モーターボート競走法違反 (11)
■詐欺・横領・背任 (910)
■特殊詐欺・電子計算機使用詐欺 (220)
■新型コロナ対策・GoToトラベル関連詐欺 (70)
■不正アクセス禁止法違反 (6)
■免状不実記載・公正証書原本不実記録 (109)
■有印私文書偽造 (18)
■携帯電話不正利用防止法 (2)
■有価証券偽造・偽造有価証券行使 (9)
■偽造通貨行使 (2)
■出資法違反・貸金業法違反 (85)
■銀行法違反 (2)
■強制性交等罪 (14)
■強制わいせつ (2)
■迷惑行為防止条例違反 (25)
■児童福祉法違反 (31)
■県青少年健全育成条例違反 (7)
■未成年者誘拐 (1)
■公然わいせつ (1)
■わいせつ図画販売 (17)
■児童買春・ポルノ処罰法違反 (8)
■風俗営業法違反 (23)
■売春防止法違反 (42)
■入管難民法違反 (12)
不法就労助長 (2)
旅券法違反 (8)
■労働者派遣事業法違反 (43)
■不動産侵奪 (2)
■職業安定法違反 (8)
■建設業法違反 (10)
■労働基準法違反 (3)
■不正競争防止法違反 (1)
■強制執行妨害・競売入札妨害 (20)
■廃棄物処理法違反 (15)
不法投棄 (12)
虚偽管理票交付 (2)
虚偽申請 (1)
■建造物侵入 (5)
■器物損壊・建造物、住建造物損壊 (93)
■建造物等放火 (23)
■火炎瓶処罰法 (3)
■爆発物取締罰則違反 (20)
■保護責任者遺棄致死 (1)
■道路運送法・道交法違反 (68)
自動車運転過失傷害・ひき逃げ (17)
妨害運転罪・あおり運転 (1)
酒酔い運転 (2)
■危険運転致傷 (2)
■暴走族追放条例違反 (1)
■公務執行妨害 (26)
■威力業務妨害 (21)
■競売入札妨害 (3)
■偽計業務妨害・偽計信用棄損 (11)
■名誉毀損罪 (1)
■商標法違反 (10)
■著作権法違反 (3)
■文化財保護法違反 (1)
■不正作出私電磁的記録 (2)
■電磁的記録媒体頒布 (3)
■密輸 (2)
■所得税法違反 (20)
■関税法違反 (7)
■電波法違反 (1)
■旅館業法違反 (1)
■民事保全法違反 (1)
■裁判員法違反 (2)
■弁護士法違反 (2)
■収賄罪 (1)
■地方公務員法違反 (2)
守秘義務違反 (0)
■職務強要 (1)
■特定商取引法違反 (4)
■裁判 (214)
■暴力団対策法 (93)
用心棒料等要求行為 (3)
多数集合 (4)
損害賠償 (10)
用心棒行為等防止命令 (2)
使用制限命令 (26)
再発防止命令 (15)
使用者責任 (18)
称揚行為の禁止 (1)
■暴力団排除条例 (324)
■組織犯罪処罰法 (211)
組織的殺人 (20)
組織的殺人未遂 (36)
組織的詐欺 (14)
組織的恐喝 (6)
組織的強要 (1)
組織的賭博開帳図利 (3)
組織的建造物損壊 (3)
組織的威力業務妨害 (1)
没収保全命令 (1)
犯罪収益収受 (91)
犯罪収益隠匿 (9)
犯罪収益仮装 (1)
犯人隠避・犯人隠避教唆 (9)
組織犯罪処罰法違反幇助 (1)
組織犯罪証拠隠滅 (1)
■犯罪収益移転防止法 (6)
■暴力行為等処罰法 (21)
■指詰めの強要等の禁止 (0)
■脱退妨害行為 (0)
■暴力団追放活動 (91)
■家宅捜索 (165)
■不起訴処分 (37)
■中止命令 (102)
■宅建業法違反 (1)
■食品衛生法違反 (3)
■健康保険法違反 (3)
■国外 (65)
■その他 (1932)
■未分類 (1854)