FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団・任侠・極道・反社組織関連の事件・ニュース速報

無許可でキャバクラ営業 山口組系幹部ら11人を逮捕

 大阪府警曽根崎署は2日までに、無許可のキャバクラ店を営業したとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系「二代目中島組」幹部・大村典司こと李典司容疑者(62)と、高橋晃彦容疑者(58)、キャバクラ店オーナーとみられる会社役員、松本尚樹容疑者(39)ら計11人を、風営法違反(無許可営業)と府迷惑防止条例違反(客引き)の疑いで逮捕した。曽根崎署は認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は2020年6月、大阪市北区堂山町でキャバクラ店「club OZ」を無許可で営業し、店の近くで客引きをしたなどとされる。

 曽根崎署は1日午後9時45分ごろ、キャバクラ店の家宅捜索を行い、押収した資料を分析し暴力団や半グレグループへの資金の流れを追及する。

 同署は2020年4月に客引きをした従業員を現行犯逮捕し、経営実態を調べていて、暴力団が営業に関与していたとみている。

yakuzanews-twitter.png 

無許可でスナック営業 山口組傘下幹部ら3人を逮捕

 富山県警は22日までに、富山市の繁華街で風俗営業の許可を受けずにスナックを営業していたとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系「三代目一会」傘下「五代目芳賀組」幹部・高島文麿容疑者(48)=富山市星井町=と、自称・無料案内所経営・田中克典容疑者(52)=富山市町村=ら3人を風俗営業適正法違反の疑いで逮捕した。

 高島容疑者と田中容疑者らは、風俗営業の許可を受けずに、今年6月中に富山市桜木町で、スナック「BENTEN」を営業した疑いがもたれている。

 また「BENTEN」店長・原佳奈絵容疑者(34)=富山市星井町=は、許可を受けずに営業していたとして今月21日に現行犯逮捕されていた。

 スナックの経営には店長・原容疑者のほかに、高島・田中の両容疑者も関わっていたと見られ、少なくとも1年間は無許可で店を営業していたという。3人の認否は明らかにしていない。



ショーパブ無許可営業 弘道会系「稲葉地一家」総長らを再逮捕

>>関連記事
 愛知県名古屋市・栄の繁華街「錦三」で無届けでガールズバーを営業したとして逮捕された、特定抗争指定暴力団山口組弘道会傘下「十代目稲葉地一家」総長、松山猛こと松山猛善容疑者(65)と、風俗店などを運営する「モーセスアソシエーション」代表、増岡仁容疑者ら合わせて4人が、別のショーパブでも無届けで営業したとして再逮捕された。

逮捕前の松山猛善容疑者
逮捕前の松山猛善容疑者

 松山容疑者らは今年1月に名古屋市中区錦3丁目のショーパブ「バーレスク名古屋」で、公安委員会の許可を受けずに女性従業員に客の接待をさせるなどし営業した疑いが持たれている。

 松山容疑者らは今月9日に、中区錦3丁目で無届けでガールズバーを営業したとしてすでに逮捕されていた。

 「モーセスアソシエーション」はガールズバーなど約30店舗を経営し、売り上げから6億円以上が松山容疑者へ渡っていたとみられている。

  

無許可で風俗店営業 弘道会系「稲葉地一家」総長ら逮捕

 愛知県警は9日までに、名古屋市中区のガールズバーを無許可で営業したとして、指定暴力団・山口組弘道会傘下「十代目稲葉地一家」総長・松山猛善容疑者(65)と、風俗店グループの代表・増岡仁容疑者(53)ら5人を風営法違反の疑いで逮捕、送検した。

 松山容疑者と増岡容疑者ら5人は去年11月、名古屋市中区錦で無許可でガールズバーを営業した疑い。5人の認否を明らかにしていない。増岡容疑者が展開する風俗店など約30店舗の売り上げのうち、年間6億円以上が暴力団の資金源になっていたとみられている。



無許可でキャバクラ経営 浅野組系事務所を家宅捜索

>>関連記事
 広島県警は21日、福山市の暴力団幹部が無許可でキャバクラを経営した疑いで20日に逮捕された事件で、幹部が所属する組事務所を家宅捜索した。

 家宅捜索を受けたのは指定暴力団・浅野組系「二代目中岡組」の組事務所など3か所。
 
 県警は20日、2016年5月から今月11日までの間に福山市松浜町で、無許可でキャバクラを経営した疑いで、中岡組幹部、真鍋吉郎容疑者を逮捕した。真鍋容疑者の認否を明らかにしていない。
 
 真鍋容疑者は先月、県の認可を受けずにナマコの加工製造をした罪で起訴されていて、これらの売り上げが暴力団の資金源になっていたとみて、詳しい金の流れなどを捜査する方針。

  

風営法違反で山口組系「昭成会」会長逮捕 組事務所を捜索

 石川県警は29日、金沢市内で違法に風俗店を営業したとして28日に、指定暴力団・山口組直系幹部などあわせて6人が逮捕された事件で、関係先の暴力団事務所を家宅捜索した。

二代目昭成会を捜索

 この事件は、金沢市内のアパートで性風俗店の営業が禁止されているエリアで、性風俗店を営業したなどとして、山口組系「二代目昭成会」会長、田保伸一容疑者と、店の経営者を名乗る中国国籍の女などあわせて6人が28日に逮捕されたもの。このうち、田保容疑者と昭成会幹部の男は調べに対し黙秘を続けているという。

 事件を受け、県警は29日午後、金沢市涌波にある「二代目昭成会」の事務所を家宅捜索した。

 県警によると、田保容疑者ら昭成会幹部2人が風俗店に出入りする様子が確認されており、警察は店の営業に組織的に関与して いた疑いも視野に捜査する方針。

  

風俗店を無届けで営業 山口組系幹部ら再逮捕

 岩手県警は6日、女性を風俗店に勧誘し職業安定法違反の疑いで先月逮捕されていた暴力団幹部の男らが、風俗店を無届けで営業していたとして再逮捕した。

 風俗営業法違反の疑いで逮捕されたのは指定暴力団・山口組系幹部、加藤洋将容疑者(28)=盛岡市八幡町=と、 無職 、椛澤仁容疑者(32)=住所不定、本籍花巻市=、会社役員 戸來亘容疑者(43)=盛岡市本宮1丁目=の3人。

 警察によると、加藤容疑者と椛澤容疑者は、今年4月7日から7月21日まで一関市内で共謀して戸來容疑者が経営する風俗店の店名を借り、公安委員会へ届け出をせずに店を経営していた疑いが持たれている。また戸來容疑者は盛岡市や北上市を中心に経営している店名を、2人が無届けと知りながら貸していた疑い。

 加藤容疑者と椛澤容疑者は先月、この風俗店に女性を勧誘したとして、職業安定法違反の疑いで逮捕、送検されていた。2人と戸來容疑者の間に金銭の授受はなく、警察は動機などを調べているほか、2人が去年から店を経営していたとみて、余罪を調べている。

  

風営法違反で山口組系「瀬戸一家」幹部を逮捕/愛知

 指定暴力団山口組傘下の暴力団幹部の男が、愛知県瀬戸市の飲食店で許可を受けずに風俗営業を行った疑いで逮捕された。

 風営法違反の疑いで逮捕されたのは指定暴力団山口組系「瀬戸一家」の幹部、服部信夫容疑者(64)。

 警察によると、服部容疑者は2013年5月、瀬戸市にある飲食店で風俗営業の許可を受けていないにも関わらず客にSMショーを見せるなどの接待をした疑い。

 調べに対し服部容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているという。

  

千葉市中央区で無許可でガールズバー営業 経営者と店長逮捕/千葉

 千葉市で、無許可でガールズバーを営業していた経営者の男と、店長の男が逮捕された。

 風営法違反の疑いで逮捕された、千葉市中央区のガールズバー「GALPIA」の経営者、小坂太一容疑者(34)と、店長の御田博愛(ひろとし)容疑者(31)は、2015年3月から8月までの間、営業許可を得ずに、女性従業員に男性客を接待させていた疑いが持たれている。

 警察が去年7月、店に立入りを行い、指導していたが、実態が変わらなかったことから、逮捕に踏み切り、1日夜から2日朝まで店を捜索し、金庫に保管されていた現金数百万円などを押収した。

  調べに対して、2人は「利益を少しでも出したかった」、「間違いありません」と、容疑を認めている。

 経営には、山口組系の暴力団の組員が関与していたとみられ、警察は売り上げの一部が組の資金源になっていた疑いもあるとみて調べている。

  

16歳をホステスに 風営法違反容疑で組員ら逮捕 和歌山県警

 16歳の少女にホステスとして接客させるなどしたとして、和歌山県警少年課と和歌山東署は28日、風営法違反容疑で和歌山市西仲間町、指定暴力団山口組系組員、種谷準也(40)▽同市口須佐の風俗店経営、赤松篤史(21)▽同市三木町堀詰の元風俗店経営、恒松祐太(23)-の3容疑者を逮捕した。

 種谷、赤松両容疑者の逮捕容疑は、5月22~23日、和歌山市吉田の飲食店「ソレイユ」で、16歳の少女に接客をさせたとしている。

 恒松容疑者は、県公安委員会から風俗営業の許可を受けずに、同市吉田の飲食店「ファイナル」を営業したとしている。

 県警などが28日未明に両店を捜索したところ、18歳未満の少女が数人働いていたといい、余罪を追及している。

風営法違反容疑:風俗店グループ「ブルー」を捜索 名古屋/愛知

 愛知県警捜査4課が、名古屋市中区錦3にある風俗店グループ「ブルー」の店舗への家宅捜索を行ったことが分かった。県警は容疑を明らかにしていないが、関係者によると風営法違反容疑とみられる。グループの実質的経営者、佐藤義徳被告(56)=脅迫罪などで公判中=は指定暴力団山口組弘道会と密接な関係にあり、捜索は弘道会の資金源を断つ狙いがある。

 家宅捜索は26日午前10時半ごろに始まり、約2時間後に段ボール箱を抱えた捜査員らが店から出た。パソコンや帳簿類を押収した模様だ。

 捜査関係者によると、佐藤被告が脅迫容疑で逮捕された今年1月時点で、キャバクラやホスト店など約20店舗がブルー傘下にあり、このうち性風俗店は約10店舗だった。いずれも佐藤被告が実質的に経営していたとみられるが、別の人物や法人が名義人になっており、県警は風営法違反(名義貸し)容疑で捜査を進めている。

 既に個人名義だった数店舗は捜査が進む中で閉店した。ただ、法人名義の店舗は立件のハードルが高く、4課は今回の捜索で押収した資料から法人名義の店舗の経営実態の解明などを目指すとみられる。

 佐藤被告は2009年に自宅の新築計画に対する反対運動が起きた際、住民説明会で「風俗業に投資はしているが、経営には関わっていない」と説明。また周囲には「いずれは病院や学校を経営したい」と語っていた。県警は、佐藤被告が社会的信用を得るため、名義貸しにより風俗店とは無関係と装おうとしたとみている。

 佐藤被告は10年夏ごろ、自宅建設が周辺住民の反対で頓挫したことを県警組織犯罪対策課の警部による妨害と邪推。警部に脅迫電話をかけたとして、今年1月に逮捕、起訴された。9月には県警捜査1課の別の警部に車両情報の漏えいを依頼したとして、地方公務員法違反(そそのかし)容疑でも逮捕され、処分保留となっている。

ガールズバー:16歳少女働かせた暴力団員逮捕 大阪府警

 大阪・京橋のガールズバーで16歳の少女を働かせたなどとして、大阪府警は31日、店の経営者で指定暴力団山口組系組員、梶原達矢容疑者(25)=大阪市旭区清水4=と従業員ら計男4人を風営法違反(年少者の接待)などの疑いで逮捕したと発表した。梶原容疑者が経営する飲食店計4店では中高生を含む少女11人(13〜19歳)が働いており、府警は捜査を進めている。

 逮捕容疑は今年1〜5月、大阪市都島区東野田町3のガールズバー「乱」で、女性を接客させる場合に必要な風俗店の許可を取らず、さらに18歳未満の少女に接客させたとしている。4人とも大筋で認めているという。

 少年課によると、梶原容疑者は少女が辞めないよう、辞める場合は1カ月間、無休で働くルールを作っていた。欠勤時にも1万5000〜5万円の罰金を徴収していたという。

風俗店役員ら違法営業で逮捕、 組に月250万か/静岡

静岡市葵区にある風俗店の「無料案内所」で、違法に派遣型風俗店(デリバリーヘルス)の受け付けを行ったとして、静岡県警は24日、案内所やデリヘル店の経営会社役員や社員の男女3人を風営法違反(営業禁止地域での受付所営業)の疑いで逮捕したと発表した。

◆主犯格は逃亡◆

案内所は風俗店からの紹介料が主な収益となるが、捜査関係者によると役員らは、案内所を訪れた客に経営するデリヘル店の紹介などをしていたとみられ、県警は案内所が事実上、風俗店の「受付所」であるとみなした。県警は、案内所の収益の一部は暴力団に上納されていたとみて、捜査を続けている。

逮捕されたのは同市駿河区中原、会社役員松林咲(23)、同区下川原、会社員窪田千裕(23)、同区下川原、会社員和田道彦(23)の3容疑者。県警は3人のほか、主犯格とみられる30歳代の男の逮捕状を取ったが、男は逃亡しているという。

静岡中央署の発表によると、松林容疑者らは共謀し、今年1月下旬、店舗型性風俗店の営業禁止地域にある静岡市葵区昭和町の風俗店無料案内所で、男性客に対し自分たちが運営するデリヘル店の女性を写真で選ばせたり、ホテルを案内したりといった受け付け業務をした疑い。

案内所やデリヘル店の従業員だった窪田、和田両容疑者は「案内所で女の子を紹介していたのは間違いない」と容疑を認めているが、経営会社代表の松林容疑者は「どのような営業方法でやっていたかわからない」と否認していると いう。

◆「案内所」静岡県は規制なし◆

捜査関係者によると、この案内所は昨年10月頃に出店し、近隣のキャバクラ店などから1店あたり月額数万~数十万円の紹介料を得ていたが、主犯格の男を通じて、このうち月額約250万円程度が暴力団に渡っていたとみられる。

案内所については、東京都や京都府などは条例で出店の際に経営者の届け出義務などがあるが、静岡県では規制されておらず、暴力団と関係のある人物による出店を見抜くなどして制限することが困難だという。県警は、県暴力団排除条例施行などで資金集めが苦しくなった暴力団の資金源となっていたとみて、主犯格の男の行方を追っている。

県警によると、無料案内所は県内に確認されているだけで16か所あり、うち9か所が静岡市葵区両替町付近に集中しているという。

無許可で接待営業、飲食店を容疑で摘発-川崎/神奈川

 県警生活保安課と多摩署は21日までに、無許可で接待営業をしていた川崎市多摩区の飲食店「パブ・ムーンウォーカー」を風営法違反(無許可風俗営業)の疑いで摘発し、同容疑で同日、同市麻生区千代ケ丘9丁目、無職で暴力団幹部の男(43)を逮捕した。

 逮捕容疑は、従業員の男2人=同容疑で送検=と共謀し、県公安委員会の許可を受けずに、7日午後9時35分ごろ、同店内で女性従業員に接待させた、としている。

 同課によると、同店は2009年6月から営業。月400万円ほどの売り上げがあった。同容疑者が同店を経営していたという。調べに対し、同容疑者は「経営に関与していない」などと供述、容疑を否認しているという。

新たに元従業員摘発 逮捕者16人に 暴力団幹部による風俗店違法営業事件

 店舗型性風俗店を営業禁止区域内で営んだなどとして、経営者の暴力団幹部らが逮捕された事件で、千葉県警風俗保安課などは風営法違反幇助(ほうじょ)の疑いで、元従業員、松本優衣容疑者(41)=東京都国分寺市泉町=を新たに逮捕した。これで事件をめぐる逮捕者は16人となった。

 逮捕容疑は4月17~21日、店舗型性風俗店の営業が禁止されている富里市内の店内の個室で、男性客3人に性的サービスをし、経営者の指定暴力団住吉会系組幹部、横井五郎容疑者(59)=風営法違反容疑で逮捕=らによる違法営業を幇助したとしている。

新たに男女3人逮捕 風俗店禁止区域営業事件 富里/千葉

>>関連記事
 店舗型性風俗店を営業禁止区域内で営んだなどとして、経営者の暴力団幹部ら12人が逮捕された事件で、千葉県警風俗保安課などは、風営法違反などの疑いで、新たに店舗従業員、川村真一容疑者(43)=住所不定=のほか、中国籍の30代の女性従業員2人を逮捕した。いずれも容疑を認めているという。

 川村容疑者の逮捕容疑は6月25日、店舗型性風俗店の営業が禁止されている富里市内の店内の個室で、男性客2人に対し、女性従業員に性的サービスをさせたとしている。

 また、同課などは27日、同法違反容疑などで、26日に逮捕された経営者の指定暴力団住吉会系組幹部、横井五郎容疑者(59)ら12人を送検した。

売上金数億円か 千葉の禁止地域内で性風俗店営業 暴力団幹部ら12人逮捕/千葉

 店舗型性風俗店2店舗を営業禁止区域内で、無店舗型エステ店と偽って営んでいたなどとして、千葉県警が風営法違反などの疑いで、同県富里市日吉台の「WALD(ヴァルド)」などを経営する指定暴力団住吉会系組幹部、横井五郎容疑者(59)=東京都豊島区東池袋=ら店側6人と、30~40代の女性従業員6人を逮捕したことが26日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、横井容疑者らはネットや口コミなどで客を募り、営業を始めた平成21年6月から数億円を売り上げていたとみられる。同店など2店舗を無店舗型エステ店として届け出ていたが、実際は店舗内で中国人や日本人の女性従業員らに性的サービスを行わせていたという。

 また、従業員の供述などから、同店では売春行為も行われていたとみられ、県警は売春防止法違反の疑いでも捜査。さらに横井容疑者が犯罪収益を暴力団組織に流していた可能性もあるとして、組織犯罪処罰法違反容疑での立件も視野に全容解明を進めている。

 捜査関係者によると、横井容疑者と、共同経営者で中国籍の李爽容疑者(43)=豊島区東池袋=は否認。そのほかは、容疑をおおむね認めているという。

 横井、李両容疑者の逮捕容疑は22年10月から今年6月にかけ、店舗型性風俗店の営業が禁止されている千葉県富里市内の同店など2店舗の個室で、県内の20代の男性会社員ら客25人に対し、女性従業員に性的サービスをさせていたとしている。

風営法違反容疑幹部を逮捕 事務所突入事件契機/茨城

 石岡市で昨年12月、戸井田和之県議(46)の選挙事務所に保冷車が突っ込み、叔父の利雄さん(62)がひかれて死亡した事件に絡み、県警は殺人罪などで起訴された住所不定、無職設楽啓一被告(43)が事件直後まで所属していた暴力団の“掃討作戦”に乗り出している。28日には市内でキャバクラを無許可で営業したとして、この指定暴力団山口組系暴力団のナンバー2、海東崇宏容疑者(32)(石岡市若松)を風営法違反の疑いで逮捕し、突入事件との関連についても調べる方針だ。

 発表によると、海東容疑者は男3人(いずれも同法違反容疑で逮捕)と共謀し、県公安委員会の風俗営業許可を受けずに2月16日午後10時20分頃、同市東石岡のキャバクラ「Princess(プリンセス)」店内でホステスを使って客を接待させた疑い。海東容疑者は黙秘しているという。

 県警は突入事件直後から、設楽被告が所属していた暴力団が組織的に犯行にかかわったとみて捜査している。これまでに設楽被告のほか、組幹部と組員計2人を器物損壊容疑などで逮捕。さらに、海東容疑者が同店を違法に営業しているとの情報を得て調べていた。

 同店は2007年11月に開店。約10人のホステスが所属し、県警の捜査員十数人が2月16日夜、店内に踏み込んだ際には薄暗い店内のボックス席で、2組の男性客を接待していたという。県警は16~17日、同店の経営者や店長、ボーイの男3人を同法違反容疑で逮捕。3人は調べに対し、「今年1月に海東容疑者から店を譲り受けた」と供述しているが、県警は海東容疑者が3人を使って同店を経営し、売上金の一部を暴力団に上納していたとみている。

 この暴力団は市内に事務所を構え、組員数は10人前後。組員の多くは地元の暴走族出身で、同市を中心に風俗店などの経営で資金を稼いでいたという。同キャバクラ店の近くには、この暴力団が経営する別の風俗店の事務所があった。

 県内では今年4月、暴力団に対する利益供与の禁止などを盛り込んだ県暴力団排除条例が施行されるほか、同市でも突入事件を契機に、9月頃をめどとした市独自の暴力団排除条例の制定を検討している。暴力団排除の機運が高まるなか、県警は一連の捜査のなかで、この暴力団を壊滅に追い込みたい考えだ。ある県警幹部は「資金源を遮断して、市内に巣くう暴力団を一掃したい」と語気を強めた。

他人名義でホストクラブ経営 愛知、組員ら4人逮捕/愛知

>>関連記事
 他人の名義を借り、ホストクラブを無許可で営業したとして、愛知県警は23日までに、風営法違反の疑いで指定暴力団山口組弘道会系組員、松下竜巳容疑者(33)=愛知県豊田市=ら3人を、違法に名義を貸したとして同法違反の疑いで松下容疑者の友人の建築業中野周兵容疑者(33)=同=を逮捕した。

 県警は暴力団が経営に関与しているのを隠す狙いがあったとみて捜査。ホストクラブは昨年1年間で約7200万円を売り上げており、売上金の流れを調べている。

 松下容疑者ら3人の逮捕容疑は昨年11月、風俗営業の許可を受けずに名古屋市中川区でホストクラブを営業した疑い。中野容疑者は名義を松下容疑者に貸し、店を営業させた疑い。

無許可でホストクラブ営業=キャバクラを改装か-風営法違反で3人逮捕/愛知

 キャバクラで営業許可を取りながら、ホストクラブを営業していたとして、愛知県警保安課と中川署が風営法違反(無許可営業など)容疑で、名古屋市中川区のホストクラブ「クラブアイシー」関係者の男3人を逮捕したことが22日、捜査関係者への取材で分かった。
残る1人の行方が分からなくなっており、行方を追っている。

 同課などは、店の収益の一部がみかじめ料として暴力団へ流れた可能性があるとみて、資金の流れを調べる。
 逮捕容疑は、県公安委員会から中川区内でキャバクラを営業する許可を受けたが、2009年5月ごろ、新たに許可を取らないまま、ホストクラブとしてクラブアイシーの営業を始めた疑い。

 キャバクラからホストクラブに営業形態を変えた理由は不明で、同課などが経緯を調べている。ホストクラブとして営業を始めるために店内を無断で改装したり、営業時間を勝手に延長したりした疑いもあり、裏付けを進める。

 | HOME |  »

twitter

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿
yakuzanews-twitter.png
ツイッターはこちら

ブログ内キーワード検索


カテゴリ

■殺人 (114)
■殺人未遂 (201)
■傷害致死 (27)
■死体遺棄 (375)
■生命身体加害略取罪 (1)
■殺人予備罪 (3)
■傷害・暴行・暴力行為 (406)
■逮捕監禁 (57)
■脅迫・恐喝・強要 (648)
■恐喝未遂 (57)
■銃刀法違反 (326)
■発砲事件 (270)
■凶器準備結集・集合 (14)
■強盗事件 (199)
■身代金目的略取 (2)
■窃盗・盗難 (224)
■盗品等関与罪 (4)
■常習特殊窃盗罪 (1)
■漁業法違反 (16)
密漁品流通 (1)
特定水産動植物の採捕の禁止 (1)
漁業法違反ほう助 (1)
■水産資源保護法違反 (3)
■水面漁業調整規則違反 (7)
■証人等威迫罪 (2)
■犯人隠避・犯人隠避教唆 (50)
■証拠隠滅 (5)
■覚せい剤・大麻・麻薬・ドラッグ (580)
■医薬品医療機器法違反 (1)
■薬事法違反 (12)
■臓器移植法違反 (5)
■賭博開帳図利・常習賭博 (160)
■モーターボート競走法違反 (11)
■詐欺・横領・背任 (901)
■特殊詐欺・電子計算機使用詐欺 (215)
■新型コロナ対策・GoToトラベル関連詐欺 (55)
■不正アクセス禁止法違反 (4)
■免状不実記載・公正証書原本不実記録 (105)
■有印私文書偽造 (18)
■携帯電話不正利用防止法 (2)
■有価証券偽造・偽造有価証券行使 (9)
■偽造通貨行使 (2)
■出資法違反・貸金業法違反 (83)
■銀行法違反 (2)
■強制性交等罪 (14)
■強制わいせつ (2)
■迷惑行為防止条例違反 (25)
■児童福祉法違反 (31)
■県青少年健全育成条例違反 (7)
■未成年者誘拐 (1)
■公然わいせつ (1)
■わいせつ図画販売 (17)
■児童買春・ポルノ処罰法違反 (8)
■風俗営業法違反 (23)
■売春防止法違反 (42)
■入管難民法違反 (12)
不法就労助長 (2)
旅券法違反 (8)
■労働者派遣事業法違反 (42)
■不動産侵奪 (2)
■職業安定法違反 (8)
■建設業法違反 (10)
■労働基準法違反 (2)
■不正競争防止法違反 (1)
■強制執行妨害・競売入札妨害 (20)
■廃棄物処理法違反 (15)
不法投棄 (12)
虚偽管理票交付 (2)
虚偽申請 (1)
■建造物侵入 (5)
■器物損壊・建造物、住建造物損壊 (90)
■建造物等放火 (22)
■火炎瓶処罰法 (3)
■爆発物取締罰則違反 (20)
■保護責任者遺棄致死 (1)
■道路運送法・道交法違反 (66)
自動車運転過失傷害・ひき逃げ (16)
妨害運転罪・あおり運転 (1)
■公務執行妨害 (26)
■威力業務妨害 (21)
■競売入札妨害 (3)
■偽計業務妨害・偽計信用棄損 (11)
■名誉毀損罪 (1)
■商標法違反 (10)
■著作権法違反 (3)
■文化財保護法違反 (1)
■不正作出私電磁的記録 (2)
■電磁的記録媒体頒布 (3)
■密輸 (2)
■所得税法違反 (20)
■関税法違反 (7)
■電波法違反 (1)
■旅館業法違反 (1)
■民事保全法違反 (1)
■裁判員法違反 (2)
■弁護士法違反 (2)
■収賄罪 (1)
■地方公務員法違反 (2)
守秘義務違反 (0)
■職務強要 (1)
■特定商取引法違反 (4)
■裁判 (214)
■暴力団対策法 (85)
用心棒料等要求行為 (3)
多数集合 (4)
損害賠償 (10)
用心棒行為等防止命令 (2)
使用制限命令 (24)
再発防止命令 (14)
使用者責任 (16)
称揚行為の禁止 (1)
■暴力団排除条例 (315)
■組織犯罪処罰法 (202)
組織的殺人 (20)
組織的殺人未遂 (30)
組織的詐欺 (14)
組織的恐喝 (6)
組織的強要 (1)
組織的賭博開帳図利 (3)
組織的建造物損壊 (3)
組織的威力業務妨害 (1)
没収保全命令 (1)
犯罪収益収受 (91)
犯罪収益隠匿 (9)
犯罪収益仮装 (1)
犯人隠避・犯人隠避教唆 (9)
組織犯罪処罰法違反幇助 (1)
組織犯罪証拠隠滅 (1)
■犯罪収益移転防止法 (6)
■暴力行為等処罰法 (19)
■指詰めの強要等の禁止 (0)
■脱退妨害行為 (0)
■暴力団追放活動 (91)
■家宅捜索 (165)
■不起訴処分 (36)
■中止命令 (101)
■危険運転致傷 (2)
■暴走族追放条例違反 (1)
■宅建業法違反 (1)
■食品衛生法違反 (1)
■健康保険法違反 (3)
■国外 (65)
■その他 (1922)
■未分類 (1856)