FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団・任侠・極道・反社組織関連の事件・ニュース速報

工藤会の「特定危険指定暴力団」 10回目の指定延長

 福岡県公安委員会は8日、全国で唯一の「特定危険指定暴力団」に指定されている工藤會について、暴力団対策法に基づく指定の延長を決定した。期間は27日から1年間。2012年の初指定以降、延長は10回目となる。

福岡県公安委員会
福岡県公安委員会

 工藤會は総裁・野村悟被告の死刑判決や、会長・田上不美夫被告の無期懲役判決、組員の減少などで弱体化が進む一方、未だ暴力的な要求行為が続くなどしていて、指定延長の必要があると判断された。

 「特定危険指定暴力団」は、市民や企業を危険にさらす暴力団を取り締まる新制度として、2012年の改正暴力団対策法で施行され、指定が始まった。

 「特定危険指定暴力団」に指定されると、北九州市や福岡市などの「警戒区域」内で、組員によるみかじめ料の要求など27の暴力的要求行為に対し、中止命令を経ずに逮捕でき、不当要求を目的とした面会を求めたり、電話やメール、住居や会社周辺をうろついたりすることも禁止でき、事務所の使用を制限することもできる。

池田組と山口組を「特定抗争指定暴力団」に指定 官報に公示

>>関連記事
 愛知、三重、兵庫、岡山各県の公安委員会は8日、対立抗争とみられる事件が相次いでいるとして、池田組と六代目山口組を暴力団対策法に基づく「特定抗争指定暴力団」に指定し、官報に公示した。

山口組総本部
山口組総本部
池田組本部
池田組本部

 指定は全国3例目となり、官報公示で効力が発生する。指定期間は12月8日から3カ月間。岡山県岡山市、兵庫県神戸市、愛知県名古屋市、三重県桑名市の計4市を「警戒区域」に定めている。

 指定期間中は、警戒区域内の組事務所への立ち入りや5人以上で組員が集まることが禁止され、違反した場合、逮捕することができ、山口組は既に神戸山口組との抗争で「特定抗争指定暴力団」に指定されている。

「特定抗争指定」に池田組と山口組を指定 4都市が「警戒区域」

>>関連記事
 岡山、愛知、三重、兵庫など4県の公安委員会は1日、対立抗争とみられる事件が相次いでいるとして、六代目山口組池田組を暴力団対策法に基づく「特定抗争指定暴力団」に指定することを決定し、岡山県岡山市、兵庫県神戸市、愛知県名古屋市、三重県桑名市の計4市を「警戒区域」に定め、8日に官報公示で効力が発生する。指定期間は12月8日から3カ月間で、全国で3例目。

池田組本部
池田組本部
山口組総本部
山口組総本部

 指定期間中は、警戒区域内の組事務所への立ち入りや5人以上で組員が集まることが禁止され、違反した場合、逮捕することができ、山口組は既に神戸山口組との抗争で特定抗争指定暴力団に指定されている。

 県公安委員会は、11月30日に六代目山口組、12月1日に池田組から意見を聞く場を設けたが、いずれも欠席した。

中止命令を受けていた住吉会傘下幹部に再発防止命令

>>関連記事
 栃木県公安委員会は29日、風俗店3店舗にみかじめ料を要求したとして、暴力団対策法に基づく中止命令を受けていた指定暴力団・住吉会傘下の岡田英仁幹部(59)=栃木県宇都宮市御蔵町=に対し、暴力的要求行為を繰り返す恐れがあるとして再発防止命令を出した。

栃木県警察本部
栃木県警察本部

 岡田幹部は今年7月中旬ごろから8月1日までの間、県央所在の風俗店3店舗に対してみかじめ料を要求したとして、9月8日に宇都宮中央署からそれぞれ中止命令を受けていた。再発防止命令の効力は1年間で、違反すると刑罰が科せられる。

山健組傘下「妹尾組」と「南進会」 事務所使用制限の「本命令」を発出

>>関連記事
 岡山県公安委員会は21日、岡山県で相次いでいる特定抗争指定暴力団・六代目山口組と指定暴力団・池田組の抗争事件を受け、山口組系五代目山健組傘下の「三代目妹尾組」と「二代目南進会」の2つの組に対し、暴力団対策法に基づき3か月間の事務所使用を制限する本命令を出した。

岡山県公安委員会
岡山県公安委員会

 本命令は21日から3月間で、組関係者の会合など事務所としての使用ができなくなる。妹尾組南進会は、使用制限「本命令」についての意見を聞く意見聴取を欠席していた。

 今月17日には県公安委員会が、池田組の事務所とその関連施設に対しても使用を制限する本命令を出している。

池田組組長代理で若頭が意見聴取に出席 事務所使用制限の本命令発出

>>関連記事
 岡山県公安委員会は17日、特定抗争指定暴力団・六代目山口組からの指定暴力団・池田組池田孝志組長を狙った襲撃事件などを受けて、池田組本部事務所と池田組関連施設=北区中央町=の2か所に、暴力団対策法に基づき3か月間使用を制限する本命令を出した。

岡山県公安委員会
岡山県公安委員会

 本命令は17日に行われた池田組側の意見を聞く意見聴取を踏まえて決定し、11月17日から3カ月間、事務所として使用することが禁止された。意見聴取には、池田組組長の代理として若頭が出席し、池田組本部事務所について「2021年12月、岡山地裁で事務所の使用差し止めの仮処分が決定してから使用していない、今後使用する予定もない」などと述べた。

 また、池田組と対立する六代目山口組系五代目山健組傘下の「三代目妹尾組」と「二代目南進会」は意見聴取に出席せず、事務所の使用制限する本命令が11月21日に発出される予定。

再発防止命令後も「みかじめ料」要求繰り返す 住吉会系幹部を逮捕

 東京都公安委員会からみかじめ料を要求しないよう「再発防止命令」を受けていたにもかかわらず、再び要求したとして指定暴力団・住吉会傘下幹部・木村勇二容疑者(45)=東京都東久留米市=を暴力団対策法違反容疑で逮捕した。調べに対して、木村容疑者は大筋で容疑を認めているが「酒に酔っていたので、何を言ったのか記憶がない」などと供述している。

木村勇二容疑者(45)
木村勇二容疑者(45)

 木村容疑者は、東京都公安委員会から今年6月にみかじめ料を要求しないよう、暴対法に基づき再発防止命令を受けていたにも関わらす、翌7月に東京都清瀬市の居酒屋を経営する男性に、「うちと付き合うのか、付き合わないのか、どうするんだ」などと迫り、みかじめ料を要求した疑いがもたれている。暴力団対策課などは、命令に従わず再びみかじめ料を要求したため、逮捕に踏み切った。

 木村容疑者は2021年9月ごろから、新型コロナウイルスの影響を受けて苦しむ清瀬市内の複数の飲食店に対して、みかじめ料の要求をしていた。「俺は地回りだ。付き合いをしてくれ」などと迫っていたが、店側は拒否を続けていた。同課などは、余罪なども含め詳しく調べている。

山口組と池田組の間で抗争激化 「特定抗争指定暴力団」指定へ

 警察当局は、特定抗争指定暴力団・六代目山口組と、特定抗争指定暴力団神戸山口組から離脱して独立組織となった「池田組」との間で抗争が激化していることを受け、両組織を「特定抗争指定暴力団」に指定する方針を示した。

池田組組長襲撃 山健組傘下「妹尾組」若頭を逮捕 「いけだー」と怒声あげ襲撃
池田組長が襲撃された理髪店
池田組組長が住むマンション駐車場で車に数発発砲 男が出頭2
池田組長宅マンションで車に発砲

 今年10月26日に岡山市内の理髪店で、山口組系五代目山健組傘下幹部が池田組池田孝志組長をナイフで狙った襲撃事件と、同組長が住むマンションでの発砲事件が相次いで発生し、両組織の抗争が激化している。こうした状況を受け、激化する抗争事件に歯止めをかけるのを狙い、年内にも両組織を「特定抗争指定暴力団」に指定する方向で検討を進めている。

 10月28日には、岡山市内にある両組織の事務所の使用を制限する仮命令を出しているが、指定された場合、警戒区域内で5人以上の組員が集まることや事務所への立ち入りが禁止されることになり、警戒区域は、両組織の拠点がある兵庫や岡山などが設定される。期限は3カ月以内だが延長も可能。

 「特定抗争指定暴力団」は2012年の改正暴対法に規定が設けられ、同年末に指定暴力団の道仁会九州誠道会(現・浪川会)が全国で初めて指定された(2014年解除)。

 山口組神戸山口組との間では2020年1月に指定されていて、神戸山口組から独立組した池田組は「特定抗争指定暴力団」の制限から外れ、2021年10月に岡山市が警戒区域から解除されていた。山口組池田組との間でも新たに指定されれば全国3例目となる。

警戒区域内に組事務所新設 秋良連合会傘下「柳川興業」会長を逮捕

>>関連記事
 大阪府警捜査4課は31日、暴力団対策法で暴力団事務所の使用を禁じている警戒区域内に、新たに組事務所を新設したとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組秋良連合会幹部で、「柳川興業」会長・柳川誠二こと劉誠二容疑者(49)=大阪市生野区新今里=を暴力団対策法違反容疑で再逮捕した。組事務所の新設に同法を適用して立件するのは全国初となる。

警戒区域内に組事務所新設 秋良連合会傘下「柳川興業」会長を逮捕
組事務所が新設されたビル
警戒区域内に組事務所新設 秋良連合会傘下「柳川興業」会長を逮捕1


 劉容疑者は2020年1月に山口組が「特定抗争指定暴力団」に指定されて以降、警戒区域内にある大阪市生野区のビルの一室に組事務所を開設した疑いが持たれている。情報を受け、府警捜査員が組員らが出入りしていることを確認した。

 劉容疑者は2020年12月に大阪市生野区新今里のカラオケ喫茶でクリスマスパーティーを開いていた外国籍の男性たちに「うるさい」などと注意し口論になり、翌日に同じ店に男性を呼び出して頭や腹を複数回殴るなどの暴行を加えたとして今年8月に逮捕され、9月に暴力行為処罰法違反罪で起訴されている。

岡山市の4カ所を使用制限仮命令 池田組の「特定抗争指定暴力団」を検討

 岡山県警は28日、岡山市の理髪店で指定暴力団・池田組池田孝志組長(77)が襲撃された殺人未遂事件などを受け、池田組事務所と同中央町にある池田組関連施設、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系五代目山健組傘下の「三代目妹尾組」と「二代目南進会」の事務所の岡山市内4カ所を、暴力団対策法に基づき使用を制限する仮命令を出した。

岡山市の4カ所を使用制限仮命令 池田組の「特定抗争指定暴力団」を検討
池田組を使用制限仮命令
岡山市の4カ所を使用制限仮命令 池田組の「特定抗争指定暴力団」を検討1

 県警は池田組山口組傘下組織が抗争状態にあると認定、活動を制限し抗争激化の抑止を図る。仮命令では組員の集合や凶器保管などのために事務所を使用することを禁止する。効力は11月15日までの15日間で、県公安委員会は3カ月間の本命令についても検討していて、池田組を「特定抗争指定暴力団」に指定し、岡山市を「警戒区域」に再指定することを視野に情報収集をしている。

 池田組事務所には28日午前、捜査員6人が立ち入り、使用制限を告げる標章を出入り口に張り付けた。妹尾組事務所にも標章を張り、殺人未遂事件の関係先として家宅捜索を行った。

 池田組を巡っては、今年5月に市内の関連施設に軽ワゴン車が突っ込み、建造物損壊容疑で山口組系五代目山健組傘下「二代目南進会」組員・宮尾理之被告(52)が逮捕されたほか、今月26日に理髪店で池田組長が襲撃され、警護役の2人が軽傷を負った事件が発生。同日夜も池田組長方の駐車場で乗用車に銃弾が撃ち込まれ、拳銃を所持した疑いで逮捕された妹尾組本部長・福岡一彦容疑者(57)が関与を認める供述をしている。

 県警は28日、吉永淳容疑者を殺人未遂容疑で、福岡一彦容疑者を銃刀法違反(所持)容疑で、それぞれ岡山地方検察庁へ送った。

不当な金品等の要求を繰り返す 稲川会傘下組員に再発防止命令

 埼玉県公安委員会は、不当な金品等の要求を繰り返したとして指定暴力団・稲川会傘下組員(23)=深谷市上野台=に暴力団対策法に基づく再発防止命令を出した。

埼玉県公安委員会
埼玉県公安委員会

 組員は今年5月14日、自動車修理工場の30代男性経営者=深谷市=に対して、車の修理料金を巡るトラブルから1千万円の支払いを要求して6月に深谷警察署長から中止命令を受けていた。また、5月初旬には20代男性アルバイト店員=深谷市=に対して仕事を斡旋したが、断られたことに対する迷惑料と称して200万円を要求し6月に同署長が中止命令を発出していた。

 県公安委員会は、同組員が今後も同様の違反行為を繰り返す恐れがあるとして、再発防止命令を発出した。

みかじめ料返還訴訟:山口組組長らに47万円の支払い命令

>>関連記事
 名古屋地裁は30日、暴力団幹部から「みかじめ料」を徴収されたとして、愛知県内で事業を営む男性が損害賠償を求めた裁判で、特定抗争指定暴力団・六代目山口組篠田建市(通称・司忍)組長らに47万円の支払いを命じた。

名古屋地方裁判所
名古屋地方裁判所

 愛知県内で事業を営む男性は、山口組系三代目弘道会傘下「三代目高山組」幹部に対し、2005年からから2016年までの11年間で、誕生日の祝い金名目などで計約770万円を支払わされたとして、篠田組長らに対して約1070万円の損害賠償を求めていた。

 名古屋地裁の岩井直幸裁判長は判決で、篠田組長の使用者責任を認めたうえで、篠田組長らに対し時効になっていない期間の「みかじめ料」や慰謝料など計47万円の支払いを命じた。

 原告の男性側は「時効を適用したのは遺憾」として控訴する方針。

みかじめ料受取 弘道会系「福島連合」組員らに再発防止命令

>>関連記事
 北海道警は、北海道滝川市の飲食店経営者ら30人に「みかじめ料」名目で現金を支払わせていたとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系三代目弘道会傘下「福島連合」組員で、二代目「正道会」幹部・三浦昭三容疑者(45)=滝川市=と、会社役員・貸場裕樹容疑者(42)=同=に再発防止命令を出した。2人は滝川市内の飲食店経営者ら30人に「みかじめ料」名目で現金を支払わせていて、暴対法に基づく中止命令を受けていた。

北海道警察本部
北海道警察本部暴力相談電話
TEL:011-222-0200

 道警は今回、2人が中止命令の出ていない別の店に対しても「みかじめ料」を要求する可能性が高いとして、新たに再発防止命令を出した。2人は毎月数千円から1万円を受け取り、10数年前から支払っていた人も含め、これまでに総額は数百万円に上るとみられている。

 再発防止命令に違反した場合、暴力団員は3年以下の懲役または300万円の罰金、一般人の場合は3年以下の懲役または250万円の罰金が科される。道警は飲食店などを中心に広く捜査するとともに「被害にあった事業者はに相談してほしい」と呼びかけている。

岡山地検:広告料名目でみかじめ料 池田組幹部ら3人を不起訴

>>関連記事
 岡山地検は8日、飲食店経営者から「みかじめ料」を受け取ったとして今年7月に岡山市暴力団威力利用等禁止条例違反の疑いで逮捕された指定暴力団・池田組幹部(72)=岡山市=と、男性会社役員(50)=総社市=、自営業の男性(36)=岡山市=をいずれも不起訴処分とした。岡山地検は不起訴処分として理由を明らかにしていない。

岡山地方検察庁
岡山地方検察庁

 池田組幹部ら3人は、2018年3月20日から今年5月20日までの間、同市北区中央町のキャバクラの男性経営者(73)と、同所のスナックの女性経営者(44)にから、風俗店の無料案内所の広告料名目としてみかじめ料計約448万円を支払わせたとして今年7月に県警に逮捕されていた。

脅して借金の返済要求 工藤会理事長代行に懲役1年、罰金80万円の実刑判決

 福岡地裁(冨田敦史裁判官)は、暴力団の威力を示して脅し、借金の返済要求をしたとして暴力団対策法違反(暴力的要求行為の禁止)に問われた、特定危険指定暴力団工藤會幹部・緒方哲徳被告(46)=福岡市博多区=に対し、懲役1年、罰金80万円(求刑・懲役1年、罰金100万円)の実刑判決を言い渡した。

福岡地方裁判所

 判決によると緒方被告は会社役員の男性に2000万円を貸し、返済が滞った2019年6月に福岡市博多区内で、連帯保証人の男性に「俺の仕事が何か知っているんですか」などと脅し借金返済を要求したとしている。緒方被告は公判で起訴内容を認め、借金の債権を放棄して被害者に接触しない誓約書を出し、執行猶予を求めていた。

 緒方被告は2022年から工藤會理事長代行で序列4位。工藤會トップで総裁・野村悟被告(75)ら上位3人はいずれも2014年に逮捕され公判中。

京都府公安委:会津小鉄会を11回目の「指定暴力団」に指定

 京都府公安委員会は25日、指定暴力団・七代目会津小鉄会を暴力団対策法に基づく「指定暴力団」に再指定し、官報に公示した。指定の効力は2022年7月27日から3年間。

京都府公安委員会

 会津小鉄会への指定は今回が11回目となり、指定暴力団となった1992年に約1600人いた会津小鉄会構成員は、2021年末現在で約40人となっている。

小桜一家を11回目の「指定暴力団」指定 官報に公示し決定書を送付

 鹿児島県公安委員会は25日付けで、指定暴力団・四代目小桜一家を、暴力団対策法に基づく「指定暴力団」として11回目の指定を決定し官報に公示、小桜一家に指定決定書を送付した。指定の効力は2022年7月27日から3年間。

鹿児島県公安委員会
鹿児島県公安委員会

 指定暴力団に指定されると、暴力団対策法の規制対象となり、用心棒代やみかじめ料の要求、地上げ行為、示談交渉への介入などに対し、公安委員会が中止命令を出すことができ、命令に違反すれば逮捕できる。今年5月には、鹿児島県警で指定に先立ち意見聴取会を開いたが、小桜一家は欠席していた。

 小桜一家は、鹿児島市に拠点を置き、県内に約50人の構成員を抱える暴力団で、1992年に初めて指定暴力団に指定されて以降、3年ごとに再指定されていて、今回が11回目の指定となる。

東組組長に対し事務所外壁から「代紋」見えなくするよう命令発出

 大阪府警は12日、大阪市西成区に本部を置く指定暴力団・二代目東組滝本博司組長に対し、傘下組事務所の外壁などに掲げている「代紋」が住民に不安を覚えさせる恐れがあるとして、住民から見えなくするよう命令を発出した。

大阪府警察本部
大阪府警察本部

 2021年1月ごろから、豊中市稲津町の東組傘下組事務所を巡り、周辺住民から事務所の外壁に掲げられている「代紋」が見えるため不安を覚えるとの声が府警に多く届いていて、府警は暴力団対策法の「事務所に外部から見通すことができる状態で、周辺住民などが不安を覚える物を設置することを禁止とする」に反するとして、外壁の「代紋」を外すなどして見えなくするよう命令を出した。

 東組の滝本組長は命令に対し「内容はわかりました」と話していて、命令に従わなければ3年以下の懲役または250万円以下の罰金が課される。

飲食店から用心棒代30万円 稲川会系森田一家若頭に懲役10か月、執行猶予3年の判決

>>関連記事
 静岡地裁(谷田部峻裁判官)は12日、風俗業者が営む社交飲食店から用心棒代を受け取った罪に問われていた指定暴力団・稲川会系「四代目森田一家」の若頭で「三代目一文字組」組長・橋本努被告(48)の判決公判で、懲役10か月、執行猶予3年の判決を言い渡した。

静岡地方裁判所
静岡地方裁判所

 橋本被告は2020年4月下旬ごろ、飲食店経営の男と共謀して、風俗業者が営む静岡市葵区の飲食店から用心棒代として、30万円を受け取ったとされる。

 判決公判で谷田部裁判官は、「常習性があり悪質」とした一方、「罪を認め反省しており、和解が成立している」などとして橋本被告に懲役10か月、執行猶予3年の判決を言い渡した。

神戸地裁:「五代目山健組」事務所の使用差し止め仮処分を決定

>>関連記事
 神戸地裁は20日付で、近隣住民ら約40人からの要請を受け「暴力団追放兵庫県民センター」が暴力団対策法に基づく代理訴訟を起こし今年3月に、裁判所に事務所使用差し止めの申し立てをしていた、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系「五代目山健組」の事務所(神戸市中央区花隈町)について、使用を制限する使用差し止めの仮処分を決定した。

山健組本部事務所
山健組本部の使用差し止め

 神戸山口組に対しては今年5月16日に使用差し止めの仮処分が決まっていた一方で、山健組側が申し立てに反論する答弁書を提出したため、決定に時間を要したという。山健組事務所は2020年以降、暴対法の「特定抗争指定暴力団」に基づき使用が禁止されているが、今回の決定で仮に抗争が終結しても、いずれの組員も立ち入れなくなった。

 兵庫県内の暴力団組事務所で差し止めの仮処分が決定したのは6件目。暴力団追放兵庫県民センターは、「使用差し止めにとどまらず、暴力団事務所の撤去に向けて活動していく」としている。

 | HOME |  »

twitter

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿
yakuzanews-twitter.png
ツイッターはこちら

ブログ内キーワード検索


カテゴリ

■殺人 (199)
■殺人未遂 (237)
■傷害致死 (30)
■死体遺棄 (362)
■生命身体加害略取罪 (1)
■殺人予備罪 (3)
■傷害・暴行・暴力行為 (465)
■逮捕監禁 (73)
■脅迫・恐喝・強要 (712)
■恐喝未遂 (69)
■銃刀法違反 (355)
■発砲事件 (274)
■凶器準備結集・集合 (15)
■強盗事件 (215)
■身代金目的略取 (2)
■窃盗・盗難 (242)
■盗品等関与罪 (6)
■常習特殊窃盗罪 (1)
■漁業法違反 (26)
密漁品流通 (1)
特定水産動植物の採捕の禁止 (2)
漁業法違反ほう助 (1)
■水産資源保護法違反 (3)
■水面漁業調整規則違反 (7)
■証人等威迫罪 (7)
■犯人隠避・犯人隠避教唆 (52)
■証拠隠滅 (7)
■覚醒剤・大麻・麻薬・ドラッグ (658)
■医薬品医療機器法違反 (3)
■薬事法違反 (12)
■臓器移植法違反 (5)
■賭博開帳図利・常習賭博 (183)
■モーターボート競走法違反 (11)
■詐欺・横領・背任 (977)
■特殊詐欺・電子計算機使用詐欺 (258)
■新型コロナ対策・GoToトラベル関連詐欺 (102)
■不正アクセス禁止法違反 (9)
■公正証書原本不実記録・免状不実記載 (120)
■有印私文書偽造 (18)
■携帯電話不正利用防止法 (2)
■有価証券偽造・偽造有価証券行使 (9)
■偽造通貨行使 (2)
■出資法違反・貸金業法違反 (90)
■銀行法違反 (2)
■強制性交等罪 (14)
■強制わいせつ (2)
■迷惑行為防止条例違反 (26)
■児童福祉法違反 (30)
■県青少年健全育成条例違反 (7)
■未成年者誘拐 (1)
■公然わいせつ (2)
■わいせつ図画販売 (18)
■児童買春・ポルノ処罰法違反 (8)
■風俗営業法違反 (34)
■売春防止法違反 (42)
■入管難民法違反 (13)
不法就労助長 (2)
旅券法違反 (8)
■労働者派遣事業法違反 (43)
■不動産侵奪 (2)
■職業安定法違反 (14)
■建設業法違反 (12)
■労働基準法違反 (3)
■不正競争防止法違反 (1)
■強制執行妨害・競売入札妨害 (21)
■廃棄物処理法違反 (17)
不法投棄 (13)
虚偽管理票交付 (2)
虚偽申請 (1)
■建造物侵入 (7)
■器物損壊・建造物、住建造物損壊 (133)
■建造物等放火 (28)
■火炎瓶処罰法 (4)
■爆発物取締罰則違反 (20)
■保護責任者遺棄致死 (1)
■道路運送法・道交法違反 (73)
自動車運転過失傷害・ひき逃げ (19)
妨害運転罪・あおり運転 (1)
酒酔い運転 (3)
■危険運転致傷 (3)
■暴走族追放条例違反 (1)
■公務執行妨害 (29)
■威力業務妨害 (27)
■競売入札妨害 (3)
■偽計業務妨害・偽計信用棄損 (11)
■名誉毀損罪 (1)
■商標法違反 (13)
■著作権法違反 (3)
■文化財保護法違反 (1)
■不正作出私電磁的記録 (2)
■電磁的記録媒体頒布 (3)
■密輸 (2)
■所得税法違反 (20)
■関税法違反 (6)
■電波法違反 (1)
■旅館業法違反 (1)
■民事保全法違反 (1)
■裁判員法違反 (2)
■弁護士法違反 (2)
■収賄罪 (1)
■地方公務員法違反 (3)
守秘義務違反 (0)
■職務強要 (1)
■特定商取引法違反 (4)
■裁判 (211)
■暴力団対策法 (134)
用心棒料等要求行為 (4)
多数集合 (4)
損害賠償 (10)
用心棒行為等防止命令 (3)
使用制限命令 (32)
再発防止命令 (21)
使用者責任 (23)
賞揚等禁止命令 (3)
■暴力団排除条例 (345)
■組織犯罪処罰法 (229)
組織的殺人 (19)
組織的殺人未遂 (38)
組織的詐欺 (14)
組織的恐喝 (8)
組織的強要 (1)
組織的賭博開帳図利 (3)
組織的建造物損壊 (3)
組織的威力業務妨害 (3)
没収保全命令 (1)
犯罪収益収受 (97)
犯罪収益隠匿 (10)
犯罪収益仮装 (2)
犯人隠避・犯人隠避教唆 (10)
組織犯罪処罰法違反幇助 (1)
組織犯罪証拠隠滅 (1)
■犯罪収益移転防止法 (9)
■暴力行為等処罰法 (30)
■指詰めの強要等の禁止 (0)
■脱退妨害行為 (0)
■暴力団追放活動 (91)
■家宅捜索 (162)
■不起訴処分 (38)
■中止命令 (112)
■宅建業法違反 (3)
■食品衛生法違反 (3)
■健康保険法違反 (3)
■国外 (66)
■その他 (2269)
■未分類 (1534)
■自動車運転処罰法違反 (1)
■政治資金規正法違反 (1)
■自然公園法違反 (2)
■住民基本台帳法違反 (3)
■金融商品取引法違反 (1)