FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団・任侠・極道・反社組織関連の事件・ニュース速報

月に500~600万円の収益 アダルトサイトで女児ポルノ販売

 海外を拠点にポルノの販売サイトを運営していた男3人が逮捕された事件で、3人が合わせて4つのサイトを運営し、「それぞれ月500~600万円の収益があった」と供述しているという。

 札幌市の自称・会社役員、野田将広容疑者(43)、指定暴力団・山口組弘道会傘下元組員、本間誠二容疑者(44)、同元組員、門間正典容疑者(42)の3人は、アダルト動画などの販売サイト「AVMarket」を運営し、女の子の裸の画像を販売した疑いで逮捕された。いずれも容疑を否認している。

 3人は他に3つのアダルトサイトを運営し、「それぞれ月500~-600万円の収益があった」と供述していて、警察はおよそ1億円の売上の一部が暴力団に流れていたとみて調べている。



未成年売買春容疑 「旭琉會」系組員3人を逮捕

 沖縄県警は27日、未成年と知りながら当時15歳の少女を客と引き合わせ、売春させたとして、指定暴力団旭琉會系「山久一家」組員の金城成仁容疑者(23)を福祉法違反と売春防止法違反の疑いで逮捕した。
 
 また、客として少女を買春したとして、旭琉會系「二代目功揚一家」組員の男(29)と「上里一家」組員の男(31)を買春・ポルノ禁止法違反の疑いで逮捕した。

 調べに対し、「山久一家」の金城容疑者は容疑を認め、「二代目功揚一家」と「上里一家」の組員はそれぞれ否認している。

 逮捕容疑はことし1月24日午後11時半ごろから同25日午前4時ごろまでの間、旭琉會が所有する北中城村の住宅で、金城容疑者が引き合わせた少女が当時15歳と知りながら、金銭を渡す約束をしてみだらな行為をした疑い。

 金城容疑者は、今年4月にも別の一般の男性に少女を引き合わせていたことが分っていて、県警は3人の身柄を那覇地方検察庁に送り、事件の経緯やこれまでの事件で得た利益が暴力団の資金源になっていないか詳しく調べる方針。

  

ポルノ画像放置、「写真箱」社長ら逮捕

 画像共有アプリ「写真箱」に投稿されたポルノ画像を放置し、アプリの利用者に閲覧させたとして、神奈川県警はアプリ運営会社の社長らを逮捕した。

 ポルノ禁止法違反などの疑いで逮捕されたのは、画像共有アプリ「写真箱」の運営会社社長・大野光明容疑者(55)ら数人。また、大野容疑者に口座を譲り渡したとして、住吉会系暴力団組員・小林功容疑者(56)も逮捕された。捜査関係者によると、大野容疑者らは去年、「写真箱」に投稿されたポルノ画像を放置し、アプリ利用者に閲覧させた疑いが持たれている。

 「写真箱」は投稿者が画像を投稿して合言葉を設定し、閲覧者が合言葉を入力すれば画像を見ることができるが、大野容疑者らは投稿された画像にポルノが多数含まれていることを知りながら、売上のために放置していたという。合言葉はインターネット上の専用の掲示板で公開されていた。また、ポルノ画像の投稿者の中には中・高校生も含まれていたという。

 「写真箱」の売上は、小林容疑者が譲り渡した口座に入金されていたということで、神奈川県警は売上の一部が暴力団に流れていたとみて捜査している。

  

警察庁警部補を免職=女子高生を児童買春

 警察庁は30日、出会い系アプリで知り合った女子高生2人を相手に児童買春したとして、暴力団対策課の星野寛警部補(33)を懲戒免職にしたと発表した。同警部補は「仕事と私生活でストレスを感じていた。大変申し訳ない」と話しているという。

 警察庁によると、星野警部補は2005年4月に愛知県警が採用。14年3月から同庁に出向していた。東京都武蔵野市のホテルで今年2月、17歳の高校2年生2人に2万円を払う約束をして性的な関係を持ったとして、警視庁が9月に児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で逮捕。略式起訴され、罰金70万円を納付した。

 警察庁の担当者は「誠に遺憾。職員の指導・教育をさらに徹底したい」と話している。

  

17歳少女を買春した疑い、警察庁警部補を逮捕 警視庁

 都内のホテルで当時17歳の少女2人に現金を渡して性交したとして、警視庁は29日、警察庁組織犯罪対策部暴力団対策課の警部補星野寛容疑者(33)=相模原市南区上鶴間本町5丁目=を、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童買春)容疑で逮捕し、発表した。容疑を認めているという。

 少年育成課によると、星野容疑者は2月1日夕方、武蔵野市内のホテルで当時高校2年生で17歳の少女2人にそれぞれ2万円ずつを渡し、性交した疑いがある。星野容疑者と少女らは、スマートフォンの出会い系アプリを使って知り合ったという。

 星野容疑者は2005年に愛知県警に採用され、警察庁によると、14年3月に警察庁に出向していた。警察庁は「職員がこのような事案で逮捕されたことは誠に遺憾。捜査で明らかになった事実関係を踏まえて厳正に対処する」としている。

  

暴力団関与の援交クラブ装い女子中学生誘う 児童買春の会社員逮捕/神奈川

 女子中学生に現金を手渡してわいせつな行為をしたとして、少年育成課と牛込署は、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童買春)の疑いで、川崎市多摩区宿河原、会社員、安田茂容疑者(45)を逮捕した。

 同課によると、安田容疑者は指定暴力団稲川会の関係者をかたり、「客は(稲川)会で探す」などとうそを言って女子中学生を売春に勧誘。「やくざみたいな大きな組織が関与しているよう装えば、女子中学生が信用すると思った」と供述しているという。

 逮捕容疑は6月5日から8月1日にかけ、掲示板サイトで誘った千葉県の中学3年の女子生徒(14)に、同県木更津市のホテルで3回にわたって計7万円を手渡し、わいせつな行為をしたとしている。

 同課によると、安田容疑者は中学生専用の友達募集サイトに書き込みをしていた女子生徒に何度も「援助交際の客を紹介する。登録しないか。小遣いが稼げる」と持ち掛け、応じた女子生徒と紹介を受けた客を装い買春していたという。

 安田容疑者は女子生徒のわいせつな写真も撮影していたことから、同法違反(児童ポルノ製造)容疑で追送検する方針。

女子中学生らを買春、容疑の組員逮捕/山梨

 山梨県警大月署は19日、児童買春・児童ポルノ禁止法違反の疑いで、同県都留市玉川、指定暴力団稲川会系の組員、伊藤ひろし容疑者(35)を逮捕した。

 逮捕容疑は今年6月と7月、山梨県内のラブホテルで、県内在住の女子中学生(14)と無職少女(15)に現金を渡したり渡す約束をしたりして、わいせつな行為をしたとしている。

 同署によると、女子中学生らとは知人を介して知り合ったといい、容疑を認めているという。

金儲けの方法@情報屋仕事人/裏のアルバイト/裏通りの情報屋/裏情報 JAPANで多種多様な裏の情報やサイト/裏技・裏情報ブログ!/裏バイトサークル/お金儲けできること!/情報屋仕事人/裏の集い/

児童ポルノDVDをネット販売=容疑で組長ら2人逮捕-警視庁など

 インターネットで児童ポルノのDVDを販売したとして、警視庁少年育成課と岐阜県警は29日までに、児童買春・ポルノ処罰法違反容疑で、大阪府守口市梶町、指定暴力団山口組系暴力団組長井福一郎容疑者(61)と大阪市西淀川区中島、無職植本勝也容疑者(43)を逮捕した。同課によると、いずれも容疑を認めているという。
 同課は昨年9月以降、約1600人に2万枚以上を販売し、1千万円を超える売り上げがあったとみて調べている。

 | HOME | 

twitter

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿
yakuzanews-twitter.png
ツイッターはこちら

ブログ内キーワード検索


カテゴリ

■殺人 (126)
■殺人未遂 (206)
■傷害致死 (28)
■死体遺棄 (373)
■生命身体加害略取罪 (1)
■殺人予備罪 (3)
■傷害・暴行・暴力行為 (411)
■逮捕監禁 (57)
■脅迫・恐喝・強要 (654)
■恐喝未遂 (57)
■銃刀法違反 (329)
■発砲事件 (270)
■凶器準備結集・集合 (14)
■強盗事件 (200)
■身代金目的略取 (2)
■窃盗・盗難 (226)
■盗品等関与罪 (4)
■常習特殊窃盗罪 (1)
■漁業法違反 (17)
密漁品流通 (1)
特定水産動植物の採捕の禁止 (2)
漁業法違反ほう助 (1)
■水産資源保護法違反 (3)
■水面漁業調整規則違反 (7)
■証人等威迫罪 (3)
■犯人隠避・犯人隠避教唆 (50)
■証拠隠滅 (5)
■覚せい剤・大麻・麻薬・ドラッグ (586)
■医薬品医療機器法違反 (1)
■薬事法違反 (12)
■臓器移植法違反 (5)
■賭博開帳図利・常習賭博 (160)
■モーターボート競走法違反 (11)
■詐欺・横領・背任 (908)
■特殊詐欺・電子計算機使用詐欺 (217)
■新型コロナ対策・GoToトラベル関連詐欺 (65)
■不正アクセス禁止法違反 (4)
■免状不実記載・公正証書原本不実記録 (106)
■有印私文書偽造 (18)
■携帯電話不正利用防止法 (2)
■有価証券偽造・偽造有価証券行使 (9)
■偽造通貨行使 (2)
■出資法違反・貸金業法違反 (83)
■銀行法違反 (2)
■強制性交等罪 (14)
■強制わいせつ (2)
■迷惑行為防止条例違反 (25)
■児童福祉法違反 (31)
■県青少年健全育成条例違反 (7)
■未成年者誘拐 (1)
■公然わいせつ (1)
■わいせつ図画販売 (17)
■児童買春・ポルノ処罰法違反 (8)
■風俗営業法違反 (23)
■売春防止法違反 (42)
■入管難民法違反 (12)
不法就労助長 (2)
旅券法違反 (8)
■労働者派遣事業法違反 (43)
■不動産侵奪 (2)
■職業安定法違反 (8)
■建設業法違反 (10)
■労働基準法違反 (3)
■不正競争防止法違反 (1)
■強制執行妨害・競売入札妨害 (20)
■廃棄物処理法違反 (15)
不法投棄 (12)
虚偽管理票交付 (2)
虚偽申請 (1)
■建造物侵入 (5)
■器物損壊・建造物、住建造物損壊 (92)
■建造物等放火 (22)
■火炎瓶処罰法 (3)
■爆発物取締罰則違反 (20)
■保護責任者遺棄致死 (1)
■道路運送法・道交法違反 (68)
自動車運転過失傷害・ひき逃げ (17)
妨害運転罪・あおり運転 (1)
酒酔い運転 (2)
■危険運転致傷 (2)
■暴走族追放条例違反 (1)
■公務執行妨害 (26)
■威力業務妨害 (21)
■競売入札妨害 (3)
■偽計業務妨害・偽計信用棄損 (11)
■名誉毀損罪 (1)
■商標法違反 (10)
■著作権法違反 (3)
■文化財保護法違反 (1)
■不正作出私電磁的記録 (2)
■電磁的記録媒体頒布 (3)
■密輸 (2)
■所得税法違反 (20)
■関税法違反 (7)
■電波法違反 (1)
■旅館業法違反 (1)
■民事保全法違反 (1)
■裁判員法違反 (2)
■弁護士法違反 (2)
■収賄罪 (1)
■地方公務員法違反 (2)
守秘義務違反 (0)
■職務強要 (1)
■特定商取引法違反 (4)
■裁判 (214)
■暴力団対策法 (92)
用心棒料等要求行為 (3)
多数集合 (4)
損害賠償 (10)
用心棒行為等防止命令 (2)
使用制限命令 (26)
再発防止命令 (15)
使用者責任 (17)
称揚行為の禁止 (1)
■暴力団排除条例 (321)
■組織犯罪処罰法 (206)
組織的殺人 (20)
組織的殺人未遂 (33)
組織的詐欺 (14)
組織的恐喝 (6)
組織的強要 (1)
組織的賭博開帳図利 (3)
組織的建造物損壊 (3)
組織的威力業務妨害 (1)
没収保全命令 (1)
犯罪収益収受 (91)
犯罪収益隠匿 (9)
犯罪収益仮装 (1)
犯人隠避・犯人隠避教唆 (9)
組織犯罪処罰法違反幇助 (1)
組織犯罪証拠隠滅 (1)
■犯罪収益移転防止法 (6)
■暴力行為等処罰法 (20)
■指詰めの強要等の禁止 (0)
■脱退妨害行為 (0)
■暴力団追放活動 (91)
■家宅捜索 (165)
■不起訴処分 (37)
■中止命令 (101)
■宅建業法違反 (1)
■食品衛生法違反 (2)
■健康保険法違反 (3)
■国外 (65)
■その他 (1928)
■未分類 (1854)