FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

「けじめ付けたる」組員を脅した神戸山口組系組長逮捕

 警視庁組織犯罪対策4課は28日、暴力団から脱退しようとした組員を脅したとして、指定暴力団・神戸山口組系「二代目英組」組長、藤田恭右容疑者(47)=大阪市西淀川区出来島=を暴力行為法違反の疑いで逮捕した。調べに対し、「電話で話をしたが、内容が違う」などと容疑を否認している。

 逮捕容疑は5月24日、傘下の暴力団組織から脱退しようとした男性(54)に対し、電話で「だったら破門にしたるわ。きっちり、けじめ付けたるからな」などと、怒鳴りつけ脅したとしている。組員は若頭補佐で、藤田容疑者の秘書だったという。

  

さみを突き付け首を絞める 「チャイニーズドラゴン」の2人を逮捕

 警視庁上野署は17日、2016年に東京都台東区の旅行会社の事務所で男性にはさみを突き付けて首を絞めるなどしたとして、準暴力団チャイニーズドラゴン」の一員とみられる男2人を暴力行為等処罰法違反の疑いで逮捕した。

 加藤巧こと高涵容疑者(31)と、劉楠ことリュウ常然容疑者(34)は2016年、台東区にある旅行会社の事務所で、旅行会社経営の男性(当時33)に対し、腹にはさみを突き付けて「俺と一緒に会社をやらないとはどういうつもりだ」、「お前を刺すぞ」などと脅して首を絞めた疑いが持たれている。

 捜査関係者によると、高容疑者らは男性に旅行会社の共同設立を持ち掛けていたが、断られてトラブルになったという。2人は中国の残留孤児の2世や3世らからなる「チャイニーズドラゴン」の一員とみられている。取り調べに対し、2人は「けんかになってお互いに手を出しただけ」などと容疑を否認している。

  
 

奉納金断わられ宮司を脅迫 稲川会系幹部2人を逮捕

 警視庁は、指定暴力団・稲川会系総長の名義で神社に奉納金を納めようとしたところ、拒否されたことに腹を立てて神社の宮司を脅したとして、稲川会系幹部の男2人を暴力行為等処罰法違反(脅迫)容疑で逮捕した。

 稲川会系幹部、白井賢二郎容疑者(77)=東京都中央区築地=と、井上克巳容疑者(54)=相模原市南区当麻=は今年5月、東京都中央区にある神社の宮司の男性(66)に総長名義で奉納金を納めようとしたところ、拒否されたことに腹を立てて「どうなっても知らねぇぞ」などと脅した疑いが持たれている。白井容疑者らは「そんなことは言っていない」などと容疑を否認している。

 例年、同神社の祭りには、暴力団組員らが組名入りのはんてんを着て参加。白井容疑者らが所属する組事務所は10年ほど前から、例大祭の前に総長個人の名前でこの神社に奉納金を納めていたが、この個人名が暴力団組事務所の総長だと分かったため、警視庁に相談し、神社側が初めて今年は拒否したという。

  
 

「ヤクザと憲法」に出演の「二代目東組」系幹部らを逮捕

 大阪府警布施署は、建設資金の支払いを逃れるために男性を脅したとして指定暴力団・二代目東組系幹部ら2人を暴力行為等処罰法違反の疑いで逮捕した。

 逮捕されたのは、二代目東組系「二代目清勇会」若頭、大野大介容疑者(50)と、建設会社経営の八木保慶容疑者(41)。大野容疑者は暴力団の人権などを描いたドキュメンタリー映画、「ヤクザと憲法」に出演していた。

 逮捕容疑は、大野容疑者らが今年1月、大阪市内のビルの建設資金、約500万円の支払いを免れるため建設関係者の男性を「なめきってんちゃうか」などと脅し、組員ら10人ほどで取り囲むなどした疑い。調べに対し大野容疑者は容疑をおおむね認め、八木容疑者は「大野に呼ばれて行っただけ」と容疑を否認している。

  
 

神戸山口組系「古川組」の2組員 任侠山口組組員を脅した疑いで逮捕

 対立する暴力団関係者の男性(46)を「タマ(命)取ったるぞ」などと脅迫したとして、兵庫県警尼崎南署などは10日、暴力行為法違反の疑いで、指定暴力団・神戸山口組直系「三代目古川組」幹部、島袋剛容疑者(41)=同県尼崎市=と、組員の楠本栄一容疑者(27)=住所不定=を逮捕した。いずれも容疑を否認している。

 神戸山口組をめぐっては、昨年4月に離脱した勢力が新組織「任侠山口組」を結成し、古川組も内部分裂状態に陥った。県警によると、尼崎市内の繁華街で双方が縄張りを主張して巡回を実施。脅された暴力団関係者も神戸山口組側から任侠山口組側に移っていたという。

 逮捕容疑は昨年12月28日夜、尼崎市昭和通の繁華街で、言い合いになった男性を「物事起こすんやったらいつでもできまっせ」「タマ取ったるぞ」などと脅したとしている。

 県警によると、通行人が「5対5でヤクザ風の人がけんかしている」と110番。防犯カメラの映像などから特定したという。

  

15分間車の通行を妨害した山口組系組員を逮捕

 大阪府警は、去年8月、大阪市中央区の路上でタクシー運転手の男性を脅迫したなどとして指定暴力団・山口組系組員の男らを暴力行為等処罰法違反などの疑いで逮捕した。

 逮捕されたのは、山口組系「二代目健心会」傘下組員、浜元章圭容疑者(46)ら2人。

 警察によると、浜元容疑者らは去年8月、大阪市中央区東心斎橋の路上でタクシー運転手の男性と通行をめぐりトラブルとなり、タクシーの前に立ちふさがって「降りて来い」「降りてこんならいてまうぞ」などと脅したという。

 浜元容疑者らは15分間にわたり、タクシーの通行を妨害し、付近で大渋滞が発生した。警察は浜元容疑者らの認否を明らかにしていない。

  

飲食店経営者を脅迫 山健組傘下組員ら逮捕

 大阪府警警備部は8日、居酒屋経営者を脅迫するなどしたとして、暴力行為処罰法違反の疑いで、指定暴力団・神戸山口組山健組傘下「健竜会」組員で政治団体幹部、井上容堂容疑者(58)=東大阪市御厨南=ら2人を逮捕した。

 逮捕容疑は6月8日午後、大阪市内の居酒屋で30代の男性経営者に対し、40代の女性客について「この店に来らすな。客おるときに暴れられたら困るやろ」と脅したなどとしている。

 警備部によると、女性は井上容疑者の知人男性と内縁関係にあり、この男性が女性と男性経営者の仲に嫉妬していたという。

  

 | HOME | 


今すぐ会いたい・・・
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
究極のマッチングサイト

最新記事

リンク

QRコード

QR