FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団・任侠・極道・反社組織関連の事件・ニュース速報

合流の正式承認か 山口組若頭と山健組幹部が直接面会

 22日、五代目山健組幹部らが、特定抗争指定暴力団・六代目山口組ナンバー2・高山清司若頭と面会したことが分かった。

 山健組は去年の夏頃、特定抗争指定暴力団神戸山口組から離脱。今月16日に兵庫県内で会合を開き、山口組への合流を決定。同日、山口組でも合流を認める通達を組織内に出していた。

 山健組幹部らは22日午前、近畿地方にある山口組系組事務所で高山若頭と直接面会し、山口組へ合流する意向を口頭で伝えたとみられ、高山若頭から山口組傘下組織となることが正式に承認されたとみられる。

岡山県公安委:10月7日から岡山市を「警戒区域」除外

>>関連記事
 岡山県公安委員会は、''特定抗争指定暴力団''の活動を厳しく制限する「警戒区域」について、10月7日から岡山市を除外することを決めた。

 岡山市では2020年5月、当時・特定抗争指定暴力団神戸山口組傘下だった「池田組」の若頭が、特定抗争指定暴力団・六代目山口組大同会幹部に銃撃された事件を受け、警戒区域に指定されていた。

岡山県公安委員会
岡山県公安委員会

 池田組神戸山口組から離脱、独立団体となり、岡山市における抗争状態が解消したとみられることから「警戒区域」の除外を決めたとみれれる。

福岡地裁:「工藤会」総裁と会長の接見禁止を解除

 福岡地裁は21日付で、市民襲撃4事件で殺人と組織犯罪処罰法違反(組織的な殺人未遂)などの罪に問われ、死刑判決を受けた特定危険指定暴力団工藤会トップの総裁・野村悟被告(74)と、無期懲役とされたナンバー2の会長・田上不美夫被告(65)の接見禁止を解除した。

左:野村悟被告 右:田上不美夫被告
左:野村悟被告
右:田上不美夫被告

 野村被告は8月24日の判決言い渡し後、裁判長に「あんた、生涯後悔するぞ」「公正やないね」などと発言。福岡地裁は、関係者を通じ証拠隠滅を図る恐れがあるなどとして接見禁止を決定。弁護側が不服として抗告し、裁判所に認められた。

「浪川会」本部事務所の跡地 大牟田市に寄付の申し出

>>関連記事
 福岡県大牟田市は、解体工事が完了し、現在は更地となっている大牟田市上官町の指定暴力団・浪川会本部事務所の跡地(土地・約140平方メートル)について、この土地を取得した第三者から寄付を受けたと発表した。この土地を取得した第三者から大牟田市に対し「再び暴力団の手に戻ることがないよう市に寄付したい」と申し出があったという。

解体が完了し更地の浪川会本部事務所の跡地1
解体工事が完了し更地の
浪川会本部事務所の跡地
解体が完了し更地の浪川会本部事務所の跡地2

 この場所には、かつて指定暴力団・浪川会の本部事務所があり、浪川会の前身である「九州誠道会」の頃から、指定暴力団・道仁会と激しい抗争を繰り返してきた。

 去年12月、地域住民から委託を受けた福岡県暴力追放運動推進センターが使用差し止めを求めて、福岡地方裁判所に提訴し、今年7月に浪川会側が訴えを認めて、本部事務所が取り壊された。

浪川会本部事務所の撤去確認 市が跡地活用を検討

>>関連記事
 福岡県警は、福岡県大牟田市にあった指定暴力団・浪川会の本部事務所について、現在は更地となり撤去されたことを確認した。

「浪川会」本部事務所
解体工事前
浪川会本部事務所

 浪川会の本部事務所を巡っては、福岡県暴力追放運動推進センターが地域住民に代わって原告となり、2020年12月に本部事務所の使用禁止を求め福岡地裁に提訴していた。

 その後2021年7月、浪川会側が訴えを認めて本部事務所の取り壊しが始まり、現在更地となっていることなどから警察は事務所撤去を確認したと発表し、新たな拠点については情報収集を進めている。

 事務所跡地を取得した人から大牟田市に対し土地の寄付の申し出があり、大牟田市は今後、跡地の活用について検討していく方針。

絆会系「古川組」事務所 今月中に解体工事に着手

 指定暴力団・絆会の拠点の一つになっていた絆会傘下「二代目古川組」の事務所(兵庫県尼崎市東難波町)について、今月中に解体工事を始めることが分かった。解体工事は民間業者により今月17日に着手し、11月上旬までに工事終了の予定。

「二代目古川組」事務所 9月中に解体工事に着手
「古川組」事務所

 2019年末に、神戸地裁が「平穏な住民生活が脅かされる」との訴えを受け、「古川組」事務所の使用を差し止める仮処分を決定。長期にわたって組員が立ち入れない状況が続いていたが、2020年8月に「二代目古川組」組長が引退し、組員は特定抗争指定暴力団・六代目山口組傘下に移籍している。

 古川組の事務所は、特定抗争指定暴力団神戸山口組の一部の直系組長らが離脱して絆会を発足させた際、古川組の事務所が会見会場となり、絆会の拠点施設として使用されていた。事務所は約30年前に立てられ、鉄骨コンクリート3階建て。所有者が売却の意向を示していて解体後の売却先については交渉中という。

“反社会勢力”へ都市ガス供給停止に 約款を一部変更

 2017年からガスの自由化が進められているなか、これまで大手の東京ガスと大阪ガスは規制が続いていたが、今年10月1日から''完全自由化''となることで、東京ガスは“反社会勢力”への供給停止について、約款の一部を変更した。

 今年9月上旬、東京ガスが一部契約者に向けて「ガスのご契約内容に関するお知らせ」と題する、契約条項の一部が変更されたことを伝える内容のチラシを配布した。

 チラシのなかに「お客さまには、自己又は自己の役員が、現在かつ将来にわたって暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、総会屋等の反社会的勢力に該当しないことを表明し、保証していただきます」との記載があり、東京ガスのホームページに掲載されている、詳細な約款には「これらに違反した場合はガスの需給契約を解約することがあります」と綴られている。

 これは暴力団など“反社会勢力”がこのまま契約をしていると、ある日突然ガスを止められる可能性があるという意味で、この約款が実施されるのは10月1日からとなり、今後どのように運用するかは現在未定としている。

 同じく大阪ガスも、10月1日に東京ガス同様の約款変更を行う予定で、この2社だけで都市ガスシェアの6割以上を占め、東邦ガスや北海道ガスなど“反社会勢力”との契約をおこなわないという規定を以前から設けているガス会社もあり、暴力団関係者への影響は甚大となる。
 
 大切なライフラインであるガスを、暴力団員だという理由だけで利用できないのは、「基本的人権の尊重」を定めた憲法では根本的に憲法違反となるが、「暴力団対策法」や「暴力団排除条例」がある限り、反社に対する制限は合法化されている。
 
 今後、暴力団事務所や幹部らの自宅を「オール電化」にするか、ガスを利用したいなら暴力団を辞めるしかなくなる。

工藤会の地裁判決 地検は「概ね受け入れられた」として控訴せず

>>関連記事
 福岡地検は7日、一般市民襲撃4事件で殺人罪などに問われた、特定危険指定暴力団工藤会トップで総裁・野村悟被告(74)を死刑、工藤会ナンバー2の会長・田上不美夫被告(65)を無期懲役とした福岡地裁判決について、控訴しない方針を明らかにした。

 福岡地検は、田上被告に無期懲役と罰金2千万円を求刑していたが、福岡地裁は8月24日の判決で罰金は認めなかった。地検は両被告の4事件への関与が認定され、「おおむね意見が受け入れられた」としている。

 野村、田上両被告は地裁判決を不服として8月25日付で福岡高裁に控訴している。

「公共の場での道具の使用を禁じる」 山口組傘下組織に電話で通達

>>関連記事
 特定抗争指定暴力団・六代目山口組が、傘下組織に「公共の場での道具の使用を禁じる」との通達を今月1日付で出した。

 通達の中の「道具」とは銃のことを指していて、情報の流出を防ぐため書面はなく、傘下組織に電話で通達された。

 8月には特定危険指定暴力団工藤会の総裁・・野村悟被告(74)に死刑判決、会長・田上不美夫被告(65)が無期懲役の判決を受けていて、この判決が影響し、トップの罪が問われないようにする目的があるのではないかとみられている。

 山口組神戸山口組との抗争は丸6年となり、警察は引き続き警戒を続けている。

福岡県条例改正案 市街地の組事務所新設ほぼ不可能に

 福岡県警は2日、特定区域での暴力団事務所の開設や運営を禁じている福岡県暴力団排除条例について、禁止区域を拡大する条例改正案の概要を明らかにした。今回の改正案が施行されれば県内の組事務所の9割が規制対象になり、事実上、福岡県内では市街地に新たな暴力団事務所を開設できなくなる。10日に開会予定の県議会に提案し、12月1日施行を目指す。

福岡県地図

 現行条例では、幼稚園、小中学校や高校、図書館などの敷地から200メートル以内での暴力団事務所の開設を禁じている。

 改正案では、新たに認可外保育施設、子育て支援施設や都市公園、体育施設などを新たに追加。対象施設は約3600か所から約1万2290か所に増える。これとは別に都市計画法に基づき、住宅用地や商業用地に指定されている場所での開設も禁止する。

 福岡県内では全国唯一の特定危険指定暴力団工藤会を始め、道仁会太州会福博会浪川会と、全国最多の5つの指定暴力団が本拠を構えている。

山口組系「奥州会津角定一家」事務所の撤去を完了

>>関連記事
 今月2日、福島県福島市町庭坂の特定抗争指定暴力団・六代目山口組系「七代目奥州会津角定一家」事務所を追放する活動で、住民などでつくる団体が事務所を撤去したと明らかにし報告会が行われた。

山口組系奥州会津角定一家の組事務所を撤去完了
「奥州会津角定一家」
組事務所の撤去完了

 福島県などで作る団体が、6月に奥州会津角定一家側と事務所の売買契約を結び、その後、第三者に建物を売却した。これで撤去が完了し2日に報告会が行われたという。

 この奥州会津角定一家の事務所では、2016年12月に関係者を銃撃する殺人未遂事件が発生、地域住民などが組事務所の追放活動を行っていた。

半グレのトラブルか「監禁」110番通報で捜査員突入も室内に誰もおらず

 14日午後2時30分ごろ、沖縄県那覇市松山の雑居ビルの一室から「監禁されている」と110番通報があった。

 沖縄県警は、刃物を所持しているとの情報もあったことから、現場一帯は交通規制が敷き、近隣住民に注意を呼び掛けるなど一時騒然とした。県警は午後5時ごろにビルの一室に捜査員を突入させたが、室内には誰もいなかった。

 突入前に室内には九州などから来県していた20~30代の男複数人がいたとみられ、身元や所在などが判明している。そのうち、男性1人が何らかの被害を受けたとみられるが、那覇市内で安否の確認が取れており、生命に別条はない。県警は逮捕監禁や傷害などの容疑が固まり次第、逮捕する方針。

 関係者によると、室内にいたのは暴力団に属さずに犯罪行為を繰り返す「半グレ」組織で、九州などの西日本を中心に違法な賭博行為を繰り返しているグループという。事案があった雑居ビルの部屋では違法賭博が行われていたとの情報もあり、半グレメンバー同士のトラブルが事件に発展した可能性があるという。

 県警は110番の通報者と被害を受けたとみられる男性から事情を聞き、事案発生時の詳しい状況を調べている。

岡山県公安委:「警戒区域」に津山市を追加 指定期限の延長も決定

>>関連記事
 岡山県公安委員会は、5月に特定抗争指定暴力団・六代目山口組系「三代目杉本組」幹部が、特定抗争指定暴力団神戸山口組系「三代目熊本組」組長の自宅に銃弾を撃ち込む事件を起こしたことを受け、特定抗争指定暴力団の活動を厳しく制限する「警戒区域」に岡山市と倉敷市に加え、新たに津山市を追加することを決めた。

 また、特定抗争指定暴力団の六代目山口組神戸山口組について、7月6日までとしていた指定期限を3カ月間延長することも決めた。指定期限の延長は今回で4回目。

「良知二代目政竜会」事務所に使用差し止めの仮処分

>>関連記事
 静岡地裁は、「静岡県暴力追放運動推進センター」が住民に代わり、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系「良知二代目政竜会」本部事務所の使用差し止めを求めていた問題で、事務所使用差し止めの仮処分を決定した。決定は12日付。仮処分を受け今後は構成員の立ち入りや防犯カメラの設置などができなくなる。

「良知二代目政竜会」を家宅捜索③
2020年5月22日
「良知二代目政竜会」を捜索
「良知二代目政竜会」を家宅捜索②

 暴追センターが住民に代わって申し立てをし、暴力団事務所の使用差し止めの仮処分が決定したのは静岡県内で初。

「会津小鉄会」旧本部事務所 売却され解体工事始まる

>>関連記事
 指定暴力団・七代目会津小鉄会が以前に本部事務所として使用していた京都市下京区のビルと敷地が、今年4月8日に不動産業者に売却され、今月から解体工事が始まった。

「会津小鉄会」旧本部事務所 1
「会津小鉄会」旧本部事務所
「会津小鉄会」旧本部事務所 2

 旧事務所のビルは京都市下京区木屋町通上ノ口上ルにあり1989年築の4階建て。土地は約760平方メートル。これまで会津小鉄会関係者が役員を務める会社に所有権があったが、今年4月8日に京都市内の不動産業者に売却された。

 旧事務所では2017年に会津小鉄会の六代目会長の後継人事を巡り、六代目山口組系組員と神戸山口組系組員らが介入して乱闘事件が発生。

 京都市は近くにある公共施設の利用者の安全を確保するため、事務所の使用を差し止める仮処分を申請。京都地裁が認め、組員の立ち入りや会合が禁止された。2019年に会津小鉄会の本部事務所は左京区一乗寺に変更された。

警察庁発表:暴力団勢力2万5900人 16年連続で減少 前年比2300人減

 警察庁が8日、全国の暴力団勢力は昨年末時点で、前年比2300人減の2万5900人で過去最少となったと発表した。16年連続の減少で、要因は「取り締まりや社会の暴力団排除活動が進み、資金獲得がいっそう難しくなっている」と分析している。

 暴力団の組織に所属する構成員(組員)は前年より1100人(7.6%)少ない1万3300人、組織に所属しないが資金面などで活動に協力するといった準構成員などは1100人(8.0%)減の1万2700人だった。

 団体別では、六代目山口組8200人、住吉会4200人、稲川会3300人、神戸山口組2500人と続く。

10府県の公安委:山口組と神戸山口組に「特定抗争指定」3カ月間延長

 岡山、兵庫、大阪など10府県の公安委員会は25日、六代目山口組神戸山口組に対する「特定抗争指定暴力団」の指定について、効力が切れる4月7日から7月6日まで3カ月間延長すると発表した。両組織の対立抗争が終結していないと判断。岡山県での指定の延長は3回目で、指定に伴う岡山県内の警戒区域は岡山市と倉敷市。

 岡山県内では2020年5月に岡山市で(当時)神戸山口組池田組幹部が銃撃された事件が発生、同年12月には倉敷市の(当時)神戸山口組系三代目熊本組傘下、三代目藤健興業の事務所でも発砲事件が起きている。

尼崎市が山口組傘下幹部宅を買い取り 事務所以外で全国初の事例

>>関連記事
 兵庫県尼崎市は22日、尼崎市南武庫之荘にある特定抗争指定暴力団・六代目山口組系幹部の関係者宅の住宅を買収すると発表した。

 尼崎市では山口組特定抗争指定暴力団神戸山口組の抗争とみられる事件が相次ぎ、対象の住宅でも2020年11月に発砲事件が発生している。

昨年11月事件当時
昨年11月事件当時
「琉真会」事務所
発砲事件があった現場

 記者会見した稲村和美市長は「不動産仲介業者が暴力団排除に取り組んでいるため、暴力団関係者同士で私的に土地が取引される負の連鎖がある。市が一度買い取って売却することで、民間の流通に乗せていきたい」と話している。

 尼崎市は物件を1900万円ほどで買い取る契約を来月1日に結ぶ予定で、その後売却する方針を示している。

 3月23日の本会議で審議される予定で、可決すれば暴力団事務所以外の暴力団関連施設を自治体が直接買い取る全国初の事例になる。

yakuzanews-twitter.png 

兵庫県公安委 「絆会」を再指定

 兵庫県公安委員会は12日、指定暴力団・絆会を暴力団対策法に基づく指定暴力団に再指定し、官報で公示した。指定は2018年に続き2回目。期間は22日から3年間となる。

 絆会は、特定抗争指定暴力団神戸山口組から、一部組員が離脱して17年に結成され、2018年3月に指定暴力団となった。

yakuzanews-twitter.png 

「関東関根組」再指定の意見聴取会を欠席

>>関連記事
 茨城県公安委員会は4日、2017年4月に指定暴力団・松葉会から分裂した、茨城県内唯一の指定暴力団・関東関根組に対し、暴力団対策法に基づく指定暴力団の再指定のため意見聴取会を県警本部で開いたが、大塚逸男組長ら関東関根組関係者は姿を現さなかった。

 意見聴取は3年に1度、指定暴力団の更新を前に公安委員会が開催するが、聴取に応じなくても指定することが可能。公安委員会は今後更新に向けた手続きを進める。関東関根組幹部らは18年3月の意見聴取にも姿を現さなかった。

yakuzanews-twitter.png 

 | HOME |  »

twitter

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿
yakuzanews-twitter.png
ツイッターはこちら

ブログ内キーワード検索


カテゴリ

■殺人 (126)
■殺人未遂 (206)
■傷害致死 (28)
■死体遺棄 (373)
■生命身体加害略取罪 (1)
■殺人予備罪 (3)
■傷害・暴行・暴力行為 (411)
■逮捕監禁 (57)
■脅迫・恐喝・強要 (654)
■恐喝未遂 (57)
■銃刀法違反 (329)
■発砲事件 (270)
■凶器準備結集・集合 (14)
■強盗事件 (200)
■身代金目的略取 (2)
■窃盗・盗難 (226)
■盗品等関与罪 (4)
■常習特殊窃盗罪 (1)
■漁業法違反 (17)
密漁品流通 (1)
特定水産動植物の採捕の禁止 (2)
漁業法違反ほう助 (1)
■水産資源保護法違反 (3)
■水面漁業調整規則違反 (7)
■証人等威迫罪 (3)
■犯人隠避・犯人隠避教唆 (50)
■証拠隠滅 (5)
■覚せい剤・大麻・麻薬・ドラッグ (586)
■医薬品医療機器法違反 (1)
■薬事法違反 (12)
■臓器移植法違反 (5)
■賭博開帳図利・常習賭博 (160)
■モーターボート競走法違反 (11)
■詐欺・横領・背任 (908)
■特殊詐欺・電子計算機使用詐欺 (217)
■新型コロナ対策・GoToトラベル関連詐欺 (65)
■不正アクセス禁止法違反 (4)
■免状不実記載・公正証書原本不実記録 (106)
■有印私文書偽造 (18)
■携帯電話不正利用防止法 (2)
■有価証券偽造・偽造有価証券行使 (9)
■偽造通貨行使 (2)
■出資法違反・貸金業法違反 (83)
■銀行法違反 (2)
■強制性交等罪 (14)
■強制わいせつ (2)
■迷惑行為防止条例違反 (25)
■児童福祉法違反 (31)
■県青少年健全育成条例違反 (7)
■未成年者誘拐 (1)
■公然わいせつ (1)
■わいせつ図画販売 (17)
■児童買春・ポルノ処罰法違反 (8)
■風俗営業法違反 (23)
■売春防止法違反 (42)
■入管難民法違反 (12)
不法就労助長 (2)
旅券法違反 (8)
■労働者派遣事業法違反 (43)
■不動産侵奪 (2)
■職業安定法違反 (8)
■建設業法違反 (10)
■労働基準法違反 (3)
■不正競争防止法違反 (1)
■強制執行妨害・競売入札妨害 (20)
■廃棄物処理法違反 (15)
不法投棄 (12)
虚偽管理票交付 (2)
虚偽申請 (1)
■建造物侵入 (5)
■器物損壊・建造物、住建造物損壊 (92)
■建造物等放火 (22)
■火炎瓶処罰法 (3)
■爆発物取締罰則違反 (20)
■保護責任者遺棄致死 (1)
■道路運送法・道交法違反 (68)
自動車運転過失傷害・ひき逃げ (17)
妨害運転罪・あおり運転 (1)
酒酔い運転 (2)
■危険運転致傷 (2)
■暴走族追放条例違反 (1)
■公務執行妨害 (26)
■威力業務妨害 (21)
■競売入札妨害 (3)
■偽計業務妨害・偽計信用棄損 (11)
■名誉毀損罪 (1)
■商標法違反 (10)
■著作権法違反 (3)
■文化財保護法違反 (1)
■不正作出私電磁的記録 (2)
■電磁的記録媒体頒布 (3)
■密輸 (2)
■所得税法違反 (20)
■関税法違反 (7)
■電波法違反 (1)
■旅館業法違反 (1)
■民事保全法違反 (1)
■裁判員法違反 (2)
■弁護士法違反 (2)
■収賄罪 (1)
■地方公務員法違反 (2)
守秘義務違反 (0)
■職務強要 (1)
■特定商取引法違反 (4)
■裁判 (214)
■暴力団対策法 (92)
用心棒料等要求行為 (3)
多数集合 (4)
損害賠償 (10)
用心棒行為等防止命令 (2)
使用制限命令 (26)
再発防止命令 (15)
使用者責任 (17)
称揚行為の禁止 (1)
■暴力団排除条例 (321)
■組織犯罪処罰法 (206)
組織的殺人 (20)
組織的殺人未遂 (33)
組織的詐欺 (14)
組織的恐喝 (6)
組織的強要 (1)
組織的賭博開帳図利 (3)
組織的建造物損壊 (3)
組織的威力業務妨害 (1)
没収保全命令 (1)
犯罪収益収受 (91)
犯罪収益隠匿 (9)
犯罪収益仮装 (1)
犯人隠避・犯人隠避教唆 (9)
組織犯罪処罰法違反幇助 (1)
組織犯罪証拠隠滅 (1)
■犯罪収益移転防止法 (6)
■暴力行為等処罰法 (20)
■指詰めの強要等の禁止 (0)
■脱退妨害行為 (0)
■暴力団追放活動 (91)
■家宅捜索 (165)
■不起訴処分 (37)
■中止命令 (101)
■宅建業法違反 (1)
■食品衛生法違反 (2)
■健康保険法違反 (3)
■国外 (65)
■その他 (1928)
■未分類 (1854)