FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団・任侠・極道・準暴力団・匿名・流動型犯罪グループ関連の事件・ニュース速報

金銭トラブルの男性を組事務所に8日間監禁 関東関根組系鳥海興業傘下「渡辺組」組長を逮捕

 警視庁暴力団対策課は8日、暴力団組員と金銭トラブルになった男性東京都渋谷区の暴力団事務所に1週間以上、監禁したとして、指定暴力団・関東関根組系三代目鳥海興業幹部で「渡辺組」組長・渡辺努容疑者(50)=住所不詳=を逮捕監禁の疑いで逮捕した。調べに対し、渡辺容疑者は容疑を認めている。

渡辺努容疑者(50)
渡辺努容疑者(50)

 渡辺容疑者は組員らと共謀し、今年3月15日から22日の8日間、男性(50代)をの足首を結束バンドで縛るなどして渡辺組の組事務所に監禁した疑いが持たれている。被害者の男性は渡辺組組員の知人で、3月15日に新宿区歌舞伎町の喫茶店で、この組員に対し20年以上前に貸した車を巡る金銭の支払いを要求。その後、組事務所に連れ去られ監禁されたという。同課は9日、渡辺容疑者の関係先として鳥海興業渡辺組の事務所を家宅捜索した。

 男性は隙をみて自力で事務所から逃げ出し、近所の住人に助けを求めて事件が発覚。110番通報を受けて警察官が現場に駆け付け、渡辺組組員2人を逮捕監禁容疑で現行犯逮捕していた。

規約破った男性を監禁・暴行事件 新たにスカウトグループ「ナチュラル」メンバー5人を逮捕

◀◀関連記事
 警視庁暴力団対策課は18日までに、女性を風俗店などに紹介する最大規模の違法スカウトグループ「ナチュラル」幹部らが、メンバーの男性を監禁し暴行を加えるなどしたとして逮捕された事件で、新たにグループ幹部・奥田裕之容疑者(29)=東京都新宿区富久町=らメンバー5人を監禁と強制わいせつ致傷の疑いで逮捕した。調べに対し5人はいずれも黙秘している。

奥田裕之容疑者(29)
奥田裕之容疑者(29)

 5人はすでに逮捕されているナチュラルメンバーらと共謀して2023年2月、当時在籍していた男性(30)に対し、グループ規約を破った制裁として東京都新宿区内のマンションに監禁し、フライパンやヘルメットで殴る蹴るの暴行を加え、全治約6カ月の重傷を負わせた疑いが持たれている。

 この事件を巡っては、2023年10月にナチュラル幹部・沢田和哉被告(32)=東京都中央区勝どき=、同幹部・兼子エディ被告(30)=東京都渋谷区宇田川町=を含むナチュラルのメンバー15人を逮捕していた。今回逮捕された5人は逃走していたが、今月17日に警視庁板橋署に出頭した。

 ナチュラルはいくつかのグループに分かれていて、メンバーはあわせて約1500人に上り、歌舞伎町を中心に全国の繁華街の路上などで女性に声をかけ、風俗店やキャバクラなど数千店規模に従業員として法に触れる形で紹介し、年商は約50億円に上るとみられている。

規約破った男性を監禁・暴行 国内最大風俗スカウトグループ「ナチュラル」幹部ら14人を逮捕

◀◀関連記事▶▶
 警視庁暴力団対策課は1日までに、東京都新宿区歌舞伎町のマンションに男性を監禁し暴行を加えるなどしたとして、国内最大規模の風俗向けスカウトグループ「ナチュラル」幹部・沢田和哉容疑者(32)=東京都中央区勝どき=と、兼子エディ容疑者(29)=東京都渋谷区宇田川町=ら、22~33歳のメンバーの男14人を監禁と強制わいせつ致傷の疑いで逮捕した。同課はいずれの容疑者の認否も明らかにしていない。

沢田和哉容疑者(29)
沢田和哉容疑者
(2021年2月・当時29)

 逮捕容疑は今年2月17日~25日の9日間にわたり、新宿区歌舞伎町2丁目のマンションや民泊施設で、グループメンバーの男性(30)をグループ規約を破った制裁として監禁し、フライパンやバイクのヘルメットなどで顔や背中を殴るり蹴るの暴行を加えたほか、わいせつな行為をして全治6か月の重傷を負わせた疑いが持たれている。

 ナチュラルは新宿区歌舞伎町を中心に、宮城県や熊本県など東北から九州地方にまたがり全国の繁華街の路上で女性に声をかけてスカウトし、風俗店に紹介して給料の一部を受け取るなどして収益を得ているとみられる。グループ全体で1000人以上のメンバーがいるとみられ、沢田容疑者はグループ内に5つある班のうち、600~700人が所属する班の代表で、他に逮捕された13人と被害者の男性は、沢田容疑者の班に所属していた。

 グループには、毎日の出勤報告を求めたり、警察に逮捕されてもグループについて口外しないことを約束させたりするなど、複数の規約があるという。 

 ナチュラルは2020年6月にスカウト行為を巡り、指定暴力団・住吉会の四次団体で、幸平一家十三代目系「加藤連合会」傘下「聡仁組」幹部らと乱闘事件を起こし、双方から逮捕者を出していた。事件後も暴力団員による「スカウト狩り」と呼ばれる行為が起きていて、一連の事件での逮捕者はこれで数十人となった。当時、グループの規模は1000人程度だったが、その後も拡大を続けているとみられている。

 同課は、ナチュラルが違法に得た収益が反社会的勢力に流れているとみて、実態解明を進めている。

男性を車内に監禁 山口組系「國粹会」傘下幹部ら4人を逮捕

>>関連記事
 栃木県警小山署は19日までに、男性を普通貨物自動車の車内に監禁したとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系五代目國粹会傘下「二代目破傘一家」幹部・永藤将旗容疑者(30)=栃木県小山市西城南5丁目=と、20~31歳の建設作業員の男ら3人を監禁の疑いで逮捕した。

栃木県警小山警察署
小山警察署

 永藤容疑者ら4人は今年6月3日夕方、金銭トラブルがあった男性(30代)を栃木県小山市城山町2丁目の駐車場から同市横倉新田の路上までの間、普通貨物自動車に乗車させて車内に監禁した疑いが持たれている。

 永藤容疑者は同日、小山市内を走行中の車内でこの男性の頭や顔を殴るなどして約1週間のケガを負わせたとして6月26日に傷害の疑いで逮捕されていた。

詐欺グループ脱退希望の男性を脅迫・監禁 住吉会系幸平一家傘下幹部を逮捕

 静岡県警は、特殊詐欺グループを抜けたいと話した男性を脅した上、監禁してケガを負わせたとして指定暴力団・住吉会の四次団体で、十三代目幸平一家加藤連合会傘下「聡仁組」幹部・岡崎義瑠ことチャベス・ゲレロ・ギジェルモ容疑者(34)=住所不定・ボリビア国籍=を逮捕監禁致傷などの疑いで逮捕した。県警は、チャベス容疑者の認否について明らかにしていない。

静岡県警察本部
静岡県警察本部

 チャベス容疑者は「かけ子」のグループの主犯格とみられ、2022年3月に特殊詐欺グループを脱退したいと話した20代男性を、静岡県沼津市内の駐車場から車に乗せて東京都内のビルなどに連れていき、「変な動きをしたら殺す」と脅した上、監禁して顔を殴るなどしてケガを負わせた疑いなどが持たれている。

 また、男性に「このグループに入った以上簡単に抜け出せないんだよ。1300万稼ぐまでかけ子をやれ」などと脅し、男性から現金16万円を脅し取った疑いも持たれている。

 被害者の男性が隙を見て逃げ出し、警察に被害を届け出て事件が発覚した。チャベス容疑者らの特殊詐欺グループの被害総額は少なくとも4000万円に上るという。

男性を車に9時間40分にわたり監禁 住吉会傘下組員ら4人を逮捕

 警視庁は、トラブルからの人探しで男性を脅し、車におよそ9時間40分にわたり監禁したとして、指定暴力団・住吉会傘下組員・久本昭宏容疑者(48)ら男4人を逮捕した。調べに対し、久本容疑者は「監禁したつもりはない」と容疑を否認している。

久本昭宏容疑者(48)
久本昭宏容疑者(48)

 久本容疑者ら4人は2022年12月、男性(当時26)に対し、「お前を帰さないからな。仕事に行けると思うなよ」などと脅して車におよそ9時間40分の間、監禁した疑いがもたれている。久本容疑者らと被害男性の知人がトラブルになっていて、知人を呼び出すために男性を監禁したとみられ、警視庁は、詳しい経緯を調べている。

「トー横キッズ」の高校生を監禁・暴行 住吉会傘下組員ら4人を逮捕

 警視庁新宿署は17日、新宿区歌舞伎町の一角「トー横」で知り合った埼玉県の男子高校生(18)を監禁して暴行を加えたうえ、母親から現金20万円を脅し取ったなどとして、指定暴力団・住吉会傘下組員・三枝丈人容疑者(36)=住所不詳=と、職業不詳・徳永晋太郎容疑者(38)、職業不詳・槙本龍成容疑者(22)、男子高校生(18)ら男4人を営利略取や監禁致傷容疑などで逮捕した。

三枝丈人容疑者(36)
三枝丈人容疑者(36)

 三枝容疑者らは今年3月6日午前3時半~同5時40分ごろ、男子高校生を歌舞伎町に呼び出し「お前生きて帰れねえぞ」などと言って車に乗せ、「最後に聞きたい曲とかあるのか」などと脅してスパナで頭を殴るなどの暴行を加え、手や頭などに全治6週間のケガを負わせてトランクなどに監禁。

 さらに、男子高校生の実家に押し掛け、母親に「車に乗せている子供の命の保証はない」などと言って身代金を要求。現金20万円を受け取った疑いがもたれている。男子高校生側が警察に被害を相談し、事件が発覚した。

 三枝容疑者は被害者の男子高校生とトー横で知り合い、覚醒剤や大麻などの密売を持ちかけていたが、男子高校生が売上金を渡さなかったことや、仲間をかくまったことでトラブルになっていた。トー横キッズの間では三枝容疑者は「たー坊」、徳永容疑者は「徳さん」とそれぞれ呼ばれ、知られた存在だったという。

 調べに対し、三枝容疑者ら2人は「全く知らない」と容疑を否認し、男子高校生ら2人は「やくざに無理やりやらされた」と容疑を認めている。

面識ない男性の車を取り囲み監禁 山口組系「藤友会」傘下幹部ら4人を逮捕

 静岡県警捜査4課と富士署、富士宮署は11日、静岡県富士市の駐車場で30代男性の乗った車を、2台の車で取り囲んだうえ「事務所に行くか」などと脅してベンチに座らせ監禁したとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系「藤友会」傘下幹部(45)=富士市吉原3丁目=や、同幹部で理容師(32)=富士市柚木=、会社員(23)=富士宮市淀師=、建築作業員(25)=富士市松岡=の男4人を監禁容疑で逮捕した。

静岡県警察本部
静岡県警察本部

 4人は2022年10月17日、富士市内の駐車場で、静岡県東部地区に住む面識のない30代男性の車を、2台の車で取り囲み、「事務所に行くか」などと脅して、近くのベンチに座らせて監禁した疑いが持たれている。

 通行人からの通報を受け、警察官が駆け付けたところ4人はその場から逃走し、その後の捜査から容疑者の幹部ら4人の関与が判明した。県警は、犯行の経緯や動機などについて詳しく調べている。

車内に男性を監禁して暴行 山口組系司興業傘下組員ら2人を逮捕

 大分県警は、建設作業員の男性を車中に監禁し「殺すぞ、次逃げたら」などと脅して暴行を加えたとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組の四次団体で三代目司興業系二代目石川組傘下「北島組」幹部・北島寿幸容疑者(28)と、人材派遣業・小林大輝容疑者(32)=大分市都町=の2人を逮捕監禁の疑いで逮捕した。

大分県警察本部
大分県警察本部

 北島容疑者と小林容疑者は、2022年11月24日午前5時半ごろから午前7時ごろまでの間、熊本県内に身を寄せていた建設作業員の男性(当時39)=大分市=を車に乗せて熊本県内を走行し、「殺すぞ、次逃げたら」などと脅迫して顔面を殴るなどの暴行を加え、不法に監禁した疑いがもたれている。北島容疑者らが被害者男性の居場所をつかみ、車に乗せて大分に連れ戻していたという。

 12月になって被害者男性が助けを求めて一般の民家に駆け込み、住人が「暴力団から逃げてきた男を保護している」と警察に通報し、県警が捜査を進めていた。

 3人は知人関係で、県警は何らかのトラブルがあったとみて、詳しい経緯などについて調べている。

男性を監禁・暴行 前歯4本折って4千万円要求 山口組系「司興業」傘下幹部ら7人を逮捕

 警視庁は、茨城県日立市のビルの一室に男性を監禁しレンチのようなもので男性の前歯を4本折る大ケガをさせたとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系三代目司興業傘下「高橋組」幹部・三浦亮人容疑者(31)と、建設業・小野子竜容疑者(31)ら7人を逮捕監禁致傷の容疑で逮捕した。調べに対し、三浦容疑者と小野容疑者は容疑を否認している。

三浦亮人容疑者(31)
三浦亮人容疑者(31)
野子竜容疑者(31)
小野子竜容疑者(31)

 三浦容疑者と小野容疑者らは、東京都品川区の路上で男性会社役員(37)と男性会社役員(33)の腕をつかんで車で連れ去り、今年1月14日から2週間にわたり茨城県日立市内のビルの一室に監禁し、男性(33)に対し4000万円を支払うよう要求したうえ、顔をレンチのようなもので殴るなどして前歯を4本折り、上顎を骨折させる重傷を負わせた疑いがもたれている。

 三浦容疑者らと男性(37)は面識があり、警視庁は、2人の間に金銭トラブルがあったみて、詳しい経緯を調べている。

広島県海田の監禁事件 指名手配の山口組傘下元組員を北海道で逮捕

>>関連記事
 広島県警は29日、今年6月に広島県安芸郡海田町で自営業男性(71)が監禁された後、行方不明になっている事件で、事件後に逃走して行方がわからなくなっていた、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系「茶谷政一家」傘下の元組員・伊藤圭亮容疑者(28)を、北海道旭川市で発見し、監禁容疑で逮捕した。県警は伊藤容疑者が事件に関与したとして全国に指名手配をかけ、県外に捜査員を派遣するなどして行方を追っていた。

広島県警察本部
広島県警察本部

 伊藤容疑者は男女6人と共謀し6月1日夜から翌2日昼までの間、男性が事務所として使う海田町のビルの一室で男性を監禁した疑いが持たれている。

 この事件は、女の被告ら5人が多額の現金を男性に出資していたが男性からの配当が滞り、財産の回収を巡って事件に発展。金を返還させる依頼を受けた「債権回収屋」を自称する今泉俊太被告(31)=公判中=が、伊藤容疑者とともに男性を暴行したうえ連れ去ったとみられている。事件発生から半年が経つが、男性の所在は今も分かっていない。

 これまでに男女6人が逮捕され、いずれも監禁罪で起訴されていた。男女5人の公判が既に始まっていて、うち女4人の執行猶予付きの有罪判決が確定している。

 県警は、伊藤容疑者が男性の行方を知っている可能性もあるとみて、30日にも身柄を広島に移送し事件の詳しい経緯を調べることにしている。

男性を車内に監禁・恐喝未遂 旭琉会系「沖島一家」組員ら5人を逮捕

 沖縄県警沖縄署と組織犯罪対策課は3日、建築作業員の20代男性を車内で監禁するなどしたとして、指定暴力団・旭琉会系「二代目沖島一家」組員(21)=住所不詳=と、別の組員(21)=南風原町=ら計5人を監禁容疑で逮捕した。県警はいずれも捜査に支障があるとして、認否を明らかにしていない。男性と5人は面識がなかったという。

沖縄県警沖縄警察署
沖縄県警沖縄警察署

 ほかに逮捕された、いずれも南風原町の男2人(共に22)と、男(21)=住所不定=の3容疑者は、「金払え」などと脅迫し、金銭を要求したとして同日、恐喝未遂容疑でも逮捕されている。

廃墟ホテルから逃走した男を送検 今後、覚醒剤使用でも追及

>>関連記事
 神奈川県警は4日、神奈川県相模原市で指名手配中に廃墟となったホテルに逃げ込み、さらに逃走していた内野大輔容疑者(44)を監禁容疑で送検した。内野容疑者は逃走してから12日後の今月2日、自ら神奈川県警本部に出頭し逮捕された。出頭時には頭を丸刈りにしていたという。

内野大輔容疑者(44)
内野大輔容疑者(44)

 内野容疑者は共犯の男と共に今年7月、横浜市中区の路上で50代の男性2人に「トランクに乗れ」と脅迫し、車のトランクの中に押し込んで車を走らせ、約20分間にわたり2人を監禁した疑いが持たれている。監禁事件に使用した車の中からは違法薬物が見つかっていて、県警は今後、覚醒剤取締法違反などの疑いでも追及する方針。

 内野容疑者は、この監禁事件で指名手配されていた先月20日、相模原市の路上で捜査員に声をかけられ逃走。近くの廃業したホテルに逃げ込み、捜査員の隙をついて、さらに逃走していた。当時、県警はこのホテルを取り囲むなどして、およそ4時間に渡り、約150人態勢で内野容疑者を捜索していた。

廃墟ホテルから逃走した男の身柄確保 監禁容疑で逮捕

>>関連記事
 神奈川県警は2日、神奈川県相模原市南区で今年10月20日に監禁容疑で指名手配されていた内野大輔容疑者(44)が警察官から逃走し、廃業したホテルへ逃げ込んだ後、行方がわからなくなっていた事件で、内野容疑者の身柄を確保し逮捕した。

 2日午前11時前、内野容疑者が神奈川県警本部に出頭したところを、逮捕した。内野容疑者は「監禁事件の件で出頭しました」と話して、県警本部を訪れ、「逃げるのに疲れた」などと話している。

神奈川県警察本部
神奈川県警察本部

 内野容疑者は10月20日正午すぎ、相模原市で警察官が声を掛けようとしたところ、走って逃走し閉館したホテルに逃げ込み、その後、行方が分からなくなっていた。

 内野容疑者は暴力団関係者で、今年7月に横浜市内で車のトランクに男性2人を監禁した疑いが持たれていて、暴行事件に関与したとして今年8月に指名手配されていた。この事件で内野容疑者は、暴行には直接関わっていなかったとみられている。

神奈川県警:指名手配中の男逃走 未だ行方がわからず

>>関連記事
 20日午後、相模原市南区で指名手配中の男が逃走した事件は、現在も足取りがつかめていない。

神奈川県警察本部
神奈川県警察本部

 20日午後に神奈川県相模原市で、警察官が指名手配中の容疑者が使っていた車を発見し、応援の捜査員を待って近くで見張っていた。しかし応援到着前によく似た男を警察官が見つけ、声をかけようとしたところ男は走って逃走。100メートル離れた廃業したホテルの敷地に入ったところで見失ったという。

 神奈川県警はホテルに逃げ込んだとみて150人態勢でホテルを取り囲み、4時間にわたって建物内を捜索したが男は発見されなかった。県警の捜索態勢が整う前に別の場所に逃走したとみて、引き続き行方を捜査している。

 逃走した男は暴力団関係者とみられ、暴行事件などに関与した監禁などの疑いで指名手配され、県警が行方を追っていた。男は身長170センチくらいで、黒い野球帽に紺色の作業着姿。男は凶器などは所持しておらず、これまでに巻き込まれた人やケガ人はいない。

指名手配の男は取り囲んだホテルからすでに逃走

>>関連記事
 20日正午ごろ、神奈川県相模原市で神奈川県警の警察官が、指名手配されていた40代の暴力団関係者を見つけ、確保しようとしたところ、男が逃走し、現在は閉館となったホテルに男が逃げ込むのを確認して周辺を取り囲んでいたが、その後、ホテルの中を捜索していたところ、ホテル内で男は発見できなかった。

指名手配の男は取り囲んだホテルからすでに逃走
男は既に逃走していた
指名手配の男は取り囲んだホテルからすでに逃走

 県警が周辺の防犯カメラを確認したところ、ホテルの方向から逃げていく人物が映っていて、既に別の場所に移動して逃走しているとみて男の行方を追っている。

指名手配中の容疑者が逃走 廃業した無人のホテルに逃げ込む

 20日午後、神奈川県相模原市南区で神奈川県警の警察官が、監禁の疑いで指名手配していた容疑者の男に声をかけたところ、容疑者が逃走。去年、閉館し廃業したホテルに逃げ込んだ。

指名手配中の容疑者が逃走 廃業した無人のホテルに逃げ込む
男が逃げ込んだラポール千寿閣

 逃走した容疑者は暴力団関係者とみられ、JR町田駅から250メートルほど離れたマンションや住宅が立ち並ぶ場所にある廃業したホテルに逃げ込み、警察がホテルの周囲を取り囲んで容疑者の説得にあたっている。

 ホテル内は無人で、周辺の通行人なども巻き込まれた人や、ケガ人は確認されていない。

男性が4カ月間行方不明 監禁容疑で6人逮捕 暴力団組員を指名手配

 今年6月に広島県海田町で70代男性が行方不明となっている事件で、事件に関わったとして今年7月上旬までに広島県警が男性の知人の女ら広島市や東広島市などに住む31~44歳の男女6人を監禁容疑で逮捕で逮捕していたことがわかった。男性の所在や安否は4カ月が経過した今も分かっていない。県警は、詳しい事情を知っている疑いが強まったとして特定抗争指定暴力団・六代目山口組系「茶谷政一家」傘下の元組員・伊藤圭亮容疑者を指名手配して行方を追っている。

広島県警察本部
広島県警察本部

 男性は今年6月1日夜に広島市内で知人の女らと会った後、男性が事務所として使っていた海田町内のビルの一室に監禁された疑いがあり、県警が同日夜から翌日にかけてビル周辺を移動する不審な車を確認している。一連の捜査の過程で、伊藤容疑者の関与も浮上したとみられている。

 県警は6月上旬に男性と連絡が取れない親族からの通報を受け、捜査に着手。県警は海田署に捜査本部を設置し74人態勢で捜査し、県内外で男性を捜すとともに、ビル周辺などの防犯カメラの映像解析などから6人を割り出し逮捕した。6人は既に監禁罪で起訴されていて、今月5日から広島地裁で以降順次、公判が始まる予定。

 男性と複数の女の間では投資を巡って高額な金のやりとりがあったとみられ、県警は、金銭面でトラブルが生じて事件に発展した可能性もあるとみて捜査を進めている。

営利目的で監禁・暴行 新たに指名手配中の住吉会系組員を逮捕

>>関連記事
 神奈川県警は1日、2021年8月に横浜市泉区で男性を車で連れ去り、神奈川県秦野市の空き店舗に監禁し暴行を加え、大ケガをさせたとして、営利略取と逮捕監禁傷害の疑いで全国指名手配されていた指定暴力団・住吉会系組員・飯塚直人容疑者(28)を逮捕したと発表した。

神奈川県警察本部
神奈川県警察本部

 飯塚容疑者は6月30日、熊本県熊本市内のホテルで酒に酔って寝ているところを通報され、駆け付けた熊本県警によって逮捕された。飯塚容疑者の認否は明らかにしていない。

 飯塚容疑者は去年8月、数人と共謀して、横浜市泉区の駐車場で仕事仲間だった男性(25)をスタンガンを押し当てるなどして、車で連れ去ったうえ、秦野市内の空き店舗に男性の両手足を拘束して監禁し、全身打撲やあばら骨を折るなど約6カ月の重傷を負わせた疑いが持たれている。被害者の男性は5日後にすきを見て逃げ出し、近くのコンビニ店に逃げ込み、店員が県警に通報したことで事件が発覚した。

 飯塚容疑者は事件の主犯格の1人とみられていて、これまでに住吉会系幹部を含む男7人を逮捕している。県警は関わっていたとみられる残りの人物についても行方を追っています。

男性を空き店舗に営利目的で監禁・暴行 新たに住吉会系組員を逮捕

>>関連記事
 神奈川県警暴力団対策課と秦野署などは13日、男性を拉致して監禁したなどとして、指定暴力団・住吉会傘下幹部(29)=住所不定=を営利目的略取と逮捕監禁致傷の疑いで新たに逮捕した。県警は認否を明らかにしていない。この事件での逮捕者は7人目。

神奈川県警察本部
神奈川県警察本部

 逮捕容疑は、20~30歳の男6人=いずれも同容疑で逮捕=らと共謀して昨年8月4日深夜、横浜市泉区の駐車場で、県内の無職男性(25)に現金を要求して男性を殴るなどの暴行を加えた上、秦野市の空き店舗に同9日夕まで監禁し、全身打撲やあばら骨を折るなど約6カ月の重傷を負わせた疑い。

 | HOME |  »

SNS


X(旧Twitter)


Threads(スレッズ)

ブログ内キーワード検索

カテゴリ

■殺人 (279)
■殺人未遂 (268)
■傷害致死 (31)
■死体遺棄 (369)
■生命身体加害略取罪 (2)
■殺人予備罪 (3)
■傷害・暴行・暴力行為 (556)
■逮捕監禁 (83)
■脅迫・恐喝・強要 (800)
■恐喝未遂 (113)
■銃刀法違反 (385)
■発砲事件 (280)
■凶器準備結集・集合 (16)
■強盗事件 (241)
■身代金目的略取 (2)
■窃盗・盗難 (263)
■盗品等関与罪 (8)
■常習特殊窃盗罪 (1)
■漁業法違反 (25)
密漁品流通 (0)
特定水産動植物の採捕の禁止 (2)
漁業法違反ほう助 (1)
■水産資源保護法違反 (3)
■水面漁業調整規則違反 (7)
■自然公園法違反 (2)
■証人等威迫罪 (8)
■犯人隠避・犯人隠避教唆 (56)
■証拠隠滅 (8)
■覚醒剤・大麻・麻薬・ドラッグ (749)
■医薬品医療機器法違反 (3)
■薬事法違反 (12)
■臓器移植法違反 (5)
■賭博開帳図利・常習賭博 (201)
■モーターボート競走法違反 (11)
■詐欺 (1534)
■特殊詐欺・電子計算機使用詐欺 (336)
■新型コロナ対策・GoToトラベル関連詐欺 (119)
■不正アクセス禁止法違反 (10)
■公正証書原本不実記録・免状不実記載 (136)
■有印私文書偽造 (20)
■携帯電話不正利用防止法 (2)
■有価証券偽造・偽造有価証券行使 (9)
■偽造通貨行使 (2)
■出資法違反・貸金業法違反 (96)
■金融商品取引法違反 (3)
■銀行法違反 (10)
■会社法違反 (2)
■強制性交等罪・不同意わいせつ罪 (16)
■強制わいせつ (2)
■迷惑行為防止条例違反 (30)
■児童福祉法違反 (33)
■県青少年健全育成条例違反 (7)
■未成年者誘拐 (1)
■公然わいせつ (3)
■わいせつ図画販売 (19)
■児童買春・ポルノ処罰法違反 (8)
■風俗営業法違反 (52)
■売春防止法違反 (49)
■入管難民法違反 (15)
不法就労助長 (4)
旅券法違反 (8)
■労働者派遣事業法違反 (46)
■不動産侵奪 (2)
■健康保険法違反 (3)
■宅建業法違反 (4)
■職業安定法違反 (14)
■建設業法違反 (12)
■労働基準法違反 (3)
■雇用保険法違反 (1)
■不正競争防止法違反 (2)
■食品衛生法違反 (3)
■強制執行妨害・競売入札妨害 (21)
■廃棄物処理法違反 (19)
不法投棄 (14)
虚偽管理票交付 (2)
虚偽申請 (1)
■建造物侵入 (15)
■器物損壊・建造物、住建造物損壊 (157)
■建造物等放火・住建造物等放火 (33)
■放火予備 (2)
■火炎瓶処罰法 (4)
■爆発物取締罰則違反 (25)
■保護責任者遺棄致死 (1)
■自動車運転処罰法違反 (1)
■道路運送法・道交法違反 (82)
自動車運転過失傷害・ひき逃げ (23)
妨害運転罪・あおり運転 (1)
酒酔い運転・酒気帯び運転 (6)
■危険運転致傷 (4)
■暴走族追放条例違反 (1)
■公務執行妨害 (32)
■威力業務妨害 (34)
■競売入札妨害 (3)
■偽計業務妨害・偽計信用棄損 (13)
■名誉毀損罪 (1)
■商標法違反 (13)
■著作権法違反 (3)
■文化財保護法違反 (1)
■電磁的記録不正作出・共用 (6)
■電磁的記録媒体頒布 (3)
■密輸 (2)
■所得税法違反 (20)
■関税法違反 (8)
■政治資金規正法違反 (4)
■電波法違反 (1)
■旅館業法違反 (1)
■民事保全法違反 (1)
■裁判員法違反 (2)
■弁護士法違反 (2)
■収賄罪 (1)
■地方公務員法違反 (3)
守秘義務違反 (0)
■住民基本台帳法違反 (4)
■職務強要 (1)
■特定商取引法違反 (4)
■裁判 (212)
■犯罪収益移転防止法 (13)
■暴力団対策法 (167)
用心棒料等要求行為 (4)
多数集合 (5)
損害賠償 (10)
用心棒行為等防止命令 (3)
使用制限命令 (32)
再発防止命令 (29)
使用者責任 (24)
賞揚等禁止命令 (5)
■中止命令 (132)
■都道府県暴力団排除条例違反 (398)
■組織犯罪処罰法違反 (258)
組織的殺人 (21)
組織的殺人未遂 (42)
組織的詐欺 (14)
組織的恐喝 (8)
組織的強要 (3)
組織的賭博開帳図利 (3)
組織的建造物損壊 (4)
組織的威力業務妨害 (3)
没収保全命令 (1)
犯罪収益収受 (107)
犯罪収益隠匿 (12)
犯罪収益仮装 (2)
犯人隠避・犯人隠避教唆 (10)
組織犯罪処罰法違反幇助 (1)
組織犯罪証拠隠滅 (1)
■暴力行為等処罰法違反 (56)
■指詰めの強要等の禁止 (0)
■脱退妨害行為 (0)
■暴力団追放活動 (91)
■家宅捜索 (158)
■不起訴処分 (38)
■国外 (66)
■軽犯罪法違反 (1)
■その他 (2292)
■未分類 (1535)
■横領 (2)