FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

賭博収益収受 住吉会系幹部を逮捕・送検

 埼玉県警捜査4課は28日、違法カジノ店の利益の一部をみかじめ料として受け取ったとして、指定暴力団・住吉会系幹部、坂本剛容疑者(58)=同県戸田市喜沢=を組織犯罪処罰法違反(犯罪収益収受)の疑いで逮捕し、さいたま地検に送検した。

 逮捕・送検容疑は5月25日ごろ、同県川口市西川口の違法カジノ店の関係者から、賭博で得た利益と知りながら数十万円をみかじめ料として受け取ったとしている。坂本容疑者は容疑を認めている。



裁判で不利な証言しないよう威圧 「工藤会」系組長逮捕

>>関連記事
 福岡県警は28日、市民襲撃4事件に関与したとして、組織犯罪処罰法違反(組織的殺人未遂)などの罪に問われた特定危険指定暴力団・工藤会トップ・野村悟(73)と、ナンバー2の田上不美夫(64)両被告の公判を巡り、福岡地裁での審理に証人として出廷する男性が被告に不利な証言をしないよう威迫したとして、工藤会系組長、鹿子嶋文男容疑者(66)=苅田町新津=を組織犯罪処罰法違反(証人威迫)容疑で逮捕した。

 逮捕容疑は2019年12月上旬~今年4月下旬ごろ、男性を電話や対面で「あんたは総裁(野村被告)に恨みしかないんか。嫌われるようなことを言わんでもいい」「また会ってゆっくり話をせないかんな」などと脅したとしている。

 2019年10月に始まった公判では元漁協組合長射殺(1998年)▽元福岡県警警部銃撃(2012年)▽看護師刺傷(2013年)▽歯科医師刺傷(2014年)――の4事件が審理され、被告人質問が続いている。いずれも両被告の出身母体の工藤会「田中組」組員らが関与しており、証人尋問では実行役など複数の組員が証言した。



工藤会の看護師刺傷事件 「何で逮捕されないかんのか」

>>関連記事
 福岡地裁(足立勉裁判長)で27日、特定危険指定暴力団・工藤会が関与したとされる市民襲撃4事件で、組織犯罪処罰法違反(組織的殺人未遂)などの罪に問われたナンバー2の工藤会会長・田上不美夫被告(64)の被告人質問があった。

 看護師刺傷事件(2013年)について、田上被告は関与を否定。事件が起きたことも知らなかったとして「何で逮捕されないかんのかと思った」と不満げに語った。

 事件は2013年1月、福岡市博多区の路上で発生。看護師の女性=事件当時(45)=が側頭部などを切り付けられた。

 検察側は冒頭陳述で、工藤会トップの総裁・野村悟被告(73)はクリニックで下腹部の脱毛施術を受け、看護師の態度や施術結果に不満を持っていたと主張した。

 田上被告は、野村被告が施術を受けたことや、看護師の名前も知らなかったと反論。「なぜ事件が起こったか分からないし、組員から事情も聴いていない」と述べた。

 事件に関与した組員については「何の罪もない被害者を刃物で襲い、けがをさせた。(工藤会内部の)処分対象になると思う」と説明。現在まで処分されていないことを問われると「逮捕から約6年間外部との接見禁止が続いており、どうしようもない」と述べた。



闇金取り立てで組織的恐喝 稲川会系「東一家」総長ら逮捕

 静岡県警は、貸した金の取り立てで現金を脅し取ったとして、指定暴力団・稲川会系「二代目東一家」総長、東重欽(70)=韓国籍=と、東一家幹部ら2人を組織的恐喝の疑いで逮捕した。認否は明らかにしていない。

 東容疑者らは共謀し、2019年11月中旬、富士市内で80代の男性に対して、「借りるときはヘイコラしやがって俺は現役だぞ」などと言って、貸し付けていた金の取り立てで現金4万円を脅し取った疑いがもたれている。

 無登録で貸金業を営む違法な闇金が、東一家の資金源になっているとみて裏付け捜査を進めている。



「福博会」新会長を不起訴処分

>>関連記事
 福岡地検は、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕された、指定暴力団・福博会の新会長について、7日付で不起訴処分とした。

福岡地方検察庁
福岡地方検察庁

 福博会の新会長(61)は先月5日、高齢だった前会長に代わり、会長に就任したばかりで、去年、配下組員が「ヤミ金」で得た違法な収益7万円を、上納金として受け取った疑いで逮捕されていた。

 福博会本部事務所の家宅捜索を行うなど捜査を進めていたが、福岡地方検察庁は7日付で、「起訴に足る証拠がなかった」として不起訴処分にした。



「用心棒代」1千万円以上受け取る 会津小鉄会幹部を逮捕

  京都府警組対2課と伏見署は7日、警備会社の役員から「用心棒代」とみられる現金1000万円以上を受け取っていたとして、暴力団・会津小鉄会幹部・奥村重徳容疑者(73)を組織犯罪処罰法違反(犯罪収益収受)の疑いで逮捕した。

 奥村容疑者は約2年半にわたり、京都市下京区の警備会社の男性役員から、用心棒代とみられる現金計1160万円を受け取った疑いがもたれている。

 男性役員は従業員に架空の給料を支払う形で不正経理を行い、奥村容疑者の妻と娘の口座に52回に分けて金を振り込んでいたという。奥村容疑者は「用心棒代ではなく、ただ単にお金をもらっていただけです」と容疑を一部否認している。



「福博会」本部を家宅捜索 就任直後の会長逮捕

>>関連記事
 福岡県警は17日午前10時、指定暴力団・福博会の会長に就任したばかりの金国泰容疑者(61)が16日に逮捕された事件を受けて、福博会本部事務所を家宅捜索した。

「福博会」本部を家宅捜索1
「福博会」本部を家宅捜索
「福博会」本部を家宅捜索2

 福博会会長・金容疑者は去年、配下組織の組員が「ヤミ金」で得た違法な収益7万円を上納金として受け取ったとして、組織犯罪処罰法違反(犯罪収益等収受)容疑で16日に逮捕された。県警は認否を明らかにしていない。

 金容疑者は今月5日、高齢だった前会長に代わり、福博会会長に就いたばかりで、家宅捜索で押収した資料などを基に、代替わり後の組織の実態も把握を進める方針。



代替わりした「福博会」会長を逮捕

 福岡県警は16日、今月6日に指定暴力団・福博会の会長に就任したばかりの斉藤一生こと金国泰容疑者(61)を、無登録の貸金業(ヤミ金)で得た違法な収益を上納させたとして、組織犯罪処罰法違反(犯罪収益等収受)容疑で逮捕した。認否を明らかにしていない。

 金容疑者は昨年、2次団体組長として、同組幹部(当時57)=貸金業法違反などの罪で起訴=がヤミ金で得た収益の現金7万円を上納金として受け取った疑いがもたれている。この組員が1月に貸金業法違反の疑いで逮捕され、その時に押収された資料から金容疑者の関与が浮上した。

 福博会は今月6日、福岡市博多区内で継承式を行い、金容疑者が理事長から会長に就任したばかり。警察は代替わりした福博会の実態についても捜査を進めている。



検察側証人の工藤会系幹部が証言拒絶 過料10万円

>>関連記事
 福岡地裁で17日、指定暴力団・工藤会が関与したとされる市民襲撃4事件で、組織犯罪処罰法違反(組織的殺人未遂)などに問われた工藤会総裁・野村悟被告(73)らの公判があった。

福岡地方裁判所
福岡地方裁判所

 検察側証人として出廷した工藤会系「五代目田中組」若頭、田口義高被告(54)=組織犯罪処罰法違反などで公判中=が証言を拒んだため、足立勉裁判長は刑事訴訟法に基づく証言拒絶罪を適用し、その場で過料10万円の決定を言い渡した。

 田口被告は法廷で証言台に立ち、足立裁判長からうその証言はしないと宣誓するよう求められたが「しません」と拒否。裁判長から「宣誓する気はないんですか」と改めて促されても「ありません」と再度拒んだ。田口被告は事前に「黙秘権がない場で話すのは嫌だ」と話していたという。

 野村被告らが起こしたとされる元福岡県警警部銃撃事件(2012年)の審理は、田口被告の証言拒否を受けて証人尋問が終了、25日から看護師刺傷事件(2013年)の審理に移る。

  

一般男性に暴行 旭琉會系上里一家組員ら5人逮捕

 沖縄署は12日、沖縄本島中部の50代男性に暴行を加えたとして、組織的犯罪処罰法違反(組織的殺人未遂)の疑いで、指定暴力団・旭琉會上里一家、金城健司容疑者(47)=那覇市=ら5人を逮捕した。捜査に支障があるとして5人の認否を明らかにしていない。

 金城容疑者ら5人は昨年8月、沖縄市安慶田の路上で、50代の一般男性に暴行を加え殺害しようとした疑いがもたれている。男性は顔の骨や頭蓋骨を骨折する大けがをしたが、一命をとりとめたという。

 警察は金城容疑者らと被害者の間に何らかのトラブルがあったとして捜査している。

  

ネットカジノ店からみかじめ料 山口組系幹部を逮捕

>関連記事
 富山県警は25日夜、富山市総曲輪1丁目のインターネットカジノ店「ブラックリバー」のインターネットカジノ賭博事件で、カジノ店からみかじめ料を受け取っていたとして、特定抗争指定暴力団山口組系幹部、夏野清容疑者(53)を組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕した。

 逮捕容疑は去年12月、常習賭博の罪で起訴されているカジノ店の店長、福田直人被告(30)から、賭博で得た収益と知りながら、店の売上げ10万円をみかじめ料として受け取った疑い。

 県警は25日、夏野容疑者の自宅を家宅捜索し、携帯電話や通帳などを押収。任意で事情聴取したところ、容疑を認めたため、25日夜逮捕した。夏野容疑者は調べに対し、「毎月5万円もらっていた」と供述している。



特殊詐欺 弘道会傘下「福島連合」事務所を家宅捜索

>>関連記事
 大阪府警などの合同捜査本部は19日、詐欺グループから、犯罪収益の一部を受け取っていた疑いで、特定抗争指定暴力団山口組弘道会傘下「福島連合」の本部事務所を捜査員およそ40人体制で家宅捜索した。

福島連合事務所を家宅捜索
福島連合事務所を家宅捜索

 福島連合組員、相川健太容疑者(45)は詐欺グループから10万円を受け取ったとして組織的犯罪処罰法違反の疑いで12日に逮捕されている。グループのリーダー格には福島連合組員が複数人いることから、詐欺による収益が暴力団の資金源になっているとみて捜査を続けている。

 詐欺グループはフィリピンを拠点としていて被害者は170人以上、被害総額は2億8000万円以上にのぼるという。



特殊詐欺の被害金収受 山口組系関係者を逮捕

 大阪など11道府県の合同捜査本部は12日、特殊詐欺の被害金と知りながら受け取ったとして、特定抗争指定暴力団山口組弘道会傘下福島連合組員、相川健太容疑者(45)=札幌市西区=を組織犯罪処罰法違反(犯罪収益収受)容疑で逮捕した。認否を明らかにしていない。

 捜査本部はこれまでに、フィリピンを拠点とした特殊詐欺グループを70人以上摘発し、一部の容疑者の入金記録から関与が浮上した。

 逮捕容疑は昨年7月、特殊詐欺グループのメンバーが警察官などをかたって高齢者からだましとった金と知りながら、自身の口座に現金10万円を振り込ませたとしている。相川容疑者の口座には、特殊詐欺グループからとみられる入金が他にも複数回あったという。



盗難ダンプでビル突入 旭琉会系組員ら5人を逮捕

 沖縄県警浦添署と沖縄署、県警本部組織犯罪対策課は28日までに、沖縄市の建設会社から10トンダンプカーを盗み、浦添市屋富祖の6階建て雑居ビル1階に突っ込ませたとして、窃盗と組織犯罪処罰法、器物損壊の容疑で指定暴力団・旭琉会系組員ら5人を逮捕した。組対課は「捜査に支障がある」として5人の認否を明かしていない。

 ダンプがぶつけられた当時、現場から2人がオートバイに乗って逃走したのが目撃されていた。動機や実行犯、役割分担についても「捜査中」とした。県警はビル関係者と何らかのトラブルがあったとみている。

 逮捕されたのは旭琉会系「三代目富永一家」組員(33)=浦添市西原=と、同一家組員(41)=那覇市久米、同会系「二代目照屋一家」組員(23)=那覇市古波蔵、浦添市屋富祖の自称ペンキ工(33)、浦添市西原の自称建築業(33)の5容疑者。

  

稲川会系組長ら監禁事件 新たに住吉会系組長ら3人を逮捕

>>関連記事
 宮城県警は20日、2018年12月に仙台市内で指定暴力団・稲川会系「奥州加藤一家」組長ら2人が監禁された事件で、新たに指定暴力団・住吉会系の組長や幹部ら3人が逮捕し、関係先として東京都新宿区歌舞伎町の住吉会系組事務所を家宅捜索した。

 組織犯罪処罰法違反の疑いで新たに逮捕されたのは、東京都新宿区の住吉会系組長、土屋兼一容疑者(47)ら幹部3人。

 県警によると土屋容疑者ら3人は、2018年12月5日、仲間の組員らと共謀して仙台市青葉区栗生の路上で、車に乗っていた青葉区の稲川会奥州加藤一家組長(70)ら2人に暴行を加え、約3時間にわたり車に監禁した疑いがもたれている。

 この事件をめぐっては住吉会系組員、斎藤将馬容疑者(27)=神奈川県厚木市=ら2人がすでに逮捕されていて、事件の背景や動機などを追及している。

  

稲川会系組長らを監禁 住吉会系組員ら逮捕

 宮城県警は17日までに、指定暴力団・稲川会系組長(70)=仙台市=ら2人を車に監禁したとして、組織犯罪処罰法違反容疑で、指定暴力団・住吉会系組員、斎藤将馬容疑者(27)=神奈川県厚木市=を、逮捕監禁容疑で仙台市の無職の男(36)を逮捕した。県警は認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は2018年12月5日午後1時10分ごろ、仙台市の路上で、組長と、その関係者の男性(51)=同市=を約3時間10分にわたり車に監禁した疑い。男は今月8日に処分保留で釈放された。

 組長らは栃木県矢板市内で解放された。県警は他にも十数人が関わっているとみて捜査している。

  

脱退希望の組員軟禁疑い 山口組系「章友会」会長ら逮捕

 大阪府警と群馬県警は16日、暴力団からの脱退を希望していた組員を軟禁し、組事務所への住所変更を強要するなどしたとして、指定暴力団・山口組系「二代目章友会」会長、新井錠士こと松岡錠司容疑者(51)=大阪市阿倍野区=や配下組員ら計14人を組織犯罪処罰法違反(組織的強要)などの疑いで逮捕した。認否は明らかにしていない。

 松岡容疑者らは共謀し、昨年9月12~19日、大阪市北区の組事務所で、脱退希望の30代の男性組員に「無期限謹慎の処分を言い渡す」などと言って事務所での寝泊まりを強要し、バリカンで丸刈りにした疑い。

 府警によると男性は9月19日、隙をみて事務所から群馬県内に逃走し、その後脱退した。

  
 

特殊詐欺に組織的関与か 住吉会系事務所を捜索

>>関連記事
 警視庁捜査2課などは17日、特殊詐欺グループに組織的に関与していた疑いがあるとして、詐欺容疑で指定暴力団・住吉会系「幸平一家」傘下「義勇会」の事務所を家宅捜索した。

 捜査2課はこれまで、義勇会組員、祐野有希央容疑者(42)ら詐欺グループの3人を逮捕。義勇会がこのグループに、だます電話をかける「かけ子」役として祐野容疑者を派遣するなど組織的に関わり、組の資金源にしていた可能性もあるとみて、実態解明を進める。

  
 

「スーパー玉出」創業者 山口組系幹部から犯罪収益受領で逮捕

>>関連記事
 大阪府警は3日、大阪市西成区の歓楽街・飛田新地で売春に使われた店舗の賃貸料を暴力団側から受け取ったとして、大阪府内を中心に激安スーパーとして知られる「スーパー玉出」の創業者で、不動産会社「玉出ホールディングス」社長の前田託次容疑者(74)を組織犯罪処罰法違反(犯罪収益の収受)容疑で逮捕した。

 府警は今年5月、飛田新地にあった店舗「銀河」(閉店)で、女性従業員に売春相手を紹介したとして、指定暴力団・山口組極心連合会幹部やその内縁の妻らを売春防止法違反(周旋)容疑で逮捕し、捜査を続けていた。

 捜査関係者によると、同店は幹部の内縁の妻が2014年ごろから実質的に経営していたという。この店舗については、前田容疑者側が所有権を持っていたとみられる。府警は、前田容疑者が売春に使われると知りながら店舗を貸し、売り上げから賃料として得ていた疑いがあるとみて、逮捕した。

 前田容疑者はスーパー玉出を1978年に創業。きらびやかな電飾の店舗が特徴で、激安を売りに大阪府と兵庫県に40店以上を展開していたが、今夏にスーパー事業を売却していた。現在は、別会社が運営している。同社をめぐっては、過去に捜査当局に摘発されるなどし、コンプライアンス(法令順守)意識の欠如も指摘されてきた。平成10年には、在留資格のないフィリピン人らを不法就労させたとして、府警が入管難民法違反(不法就労助長)の疑いで前田容疑者を逮捕。当時の捜査では、事務所から暴力団の「代紋」が入った灰皿などが見つかった。

  
 

傷害事件の映像消去疑い 山口組系組長ら11人逮捕

>>関連記事
 大阪府警捜査4課は14日、警察の家宅捜索を受けると知りながら、傷害事件の証拠となる監視カメラの映像を消去したとして、指定暴力団・六代目山口組系「極心連合会」の副会長で、「二代目兼一会」会長、植野雄仁こと金圭轍容疑者(66)=大阪市中央区島之内2丁目=ら組員11人を組織犯罪処罰法違反(組織犯罪証拠隠滅)の疑いで逮捕した。同課は認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は共謀して2月7日、大阪の繁華街ミナミにある組事務所で、屋外の監視カメラで録画された傷害事件の映像を、警察が家宅捜索で差し押さえると知りながら消した疑い。

 捜査4課によると、事件は2月7日未明に同事務所近くで発生。指定暴力団・任侠山口組幹部らを集団で暴行したとして、傷害などの疑いで金容疑者の組の幹部ら6人が逮捕された。

 府警は当初、映像の任意提出を求めたが応じなかったため家宅捜索。押収した映像は該当部分が削除されていた。11人は捜索の際、事務所にいたという。

  
 

 | HOME |  »

ブログ内キーワード検索



おすすめ

10日程でスピード発行!
組合系でクレジット機能なし

↑ ↑ ↑ ↑
個人的な審査に不安な方
まったく問題なし!!!
↓ ↓ ↓ ↓

安心して下さい。作れますよ。

カテゴリ

■殺人 (89)
■殺人未遂 (152)
■傷害致死 (22)
■死体遺棄 (372)
■生命身体加害略取罪 (1)
■殺人予備罪 (3)
■傷害・暴行・暴力行為 (371)
■逮捕監禁 (56)
■脅迫・恐喝・強要 (614)
■恐喝未遂 (40)
■銃刀法違反 (315)
■発砲事件 (256)
■凶器準備結集・集合 (13)
■強盗事件 (187)
■身代金目的略取 (2)
■窃盗・盗難 (206)
■盗品等関与罪 (4)
■常習特殊窃盗罪 (1)
■漁業法違反 (13)
漁業法違反ほう助 (1)
■水産資源保護法違反 (1)
■水面漁業調整規則違反 (7)
■証人等威迫罪 (1)
■犯人隠避・犯人隠避教唆 (44)
■証拠隠滅 (3)
■覚せい剤・大麻・麻薬・ドラッグ (526)
■医薬品医療機器法違反 (1)
■薬事法違反 (12)
■臓器移植法違反 (5)
■賭博開帳図利・常習賭博 (148)
■モーターボート競走法違反 (11)
■詐欺・横領・背任 (1090)
■免状不実記載・公正証書原本不実記録 (96)
■有印私文書偽造 (16)
■携帯電話不正利用防止法 (2)
■有価証券偽造 (7)
■偽造通貨行使 (2)
■出資法違反・貸金業法違反 (79)
■銀行法違反 (2)
■強制性交等罪 (12)
■強制わいせつ (2)
■迷惑行為防止条例違反 (25)
■児童福祉法違反 (31)
■県青少年健全育成条例違反 (7)
■未成年者誘拐 (1)
■わいせつ図画販売 (17)
■児童買春・ポルノ処罰法違反 (8)
■風俗営業法違反 (22)
■売春防止法違反 (40)
■入管難民法違反 (12)
不法就労助長 (2)
旅券法違反 (8)
■労働者派遣事業法違反 (43)
■不動産侵奪 (1)
■職業安定法違反 (8)
■建設業法違反 (10)
■労働基準法違反 (2)
■強制執行妨害・競売入札妨害 (20)
■不正競争防止法違反 (1)
■廃棄物処理法違反 (15)
不法投棄 (12)
虚偽管理票交付 (2)
虚偽申請 (1)
■建造物侵入 (3)
■器物損壊・建造物、住建造物損壊 (87)
■建造物等放火 (22)
■火炎瓶処罰法 (2)
■爆発物取締罰則違反 (20)
■自動車運転過失傷害・ひき逃げ (14)
■保護責任者遺棄致死 (1)
■道路運送法・道交法違反 (43)
■公務執行妨害 (25)
■威力業務妨害 (21)
■競売入札妨害 (3)
■偽計業務妨害・偽計信用棄損 (11)
■商標法違反 (10)
■著作権法違反 (3)
■文化財保護法違反 (1)
■不正作出私電磁的記録 (1)
■電磁的記録媒体頒布 (3)
■密輸 (2)
■所得税法違反 (19)
■関税法違反 (7)
■電波法違反 (1)
■旅館業法違反 (1)
■民事保全法違反 (1)
■裁判員法違反 (2)
■弁護士法違反 (2)
■収賄罪 (1)
■職務強要 (1)
■特定商取引法違反 (4)
■裁判 (215)
■暴力団対策法 (43)
用心棒料等要求行為 (3)
損害賠償 (10)
用心棒行為等防止命令 (2)
使用制限命令 (11)
再発防止命令 (7)
使用者責任 (5)
■暴力団排除条例 (294)
■組織犯罪処罰法 (186)
組織的殺人 (20)
組織的殺人未遂 (28)
組織的詐欺 (14)
組織的恐喝 (6)
組織的強要 (1)
組織的賭博開帳図利 (3)
組織的建造物損壊 (3)
没収保全命令 (1)
犯罪収益収受 (82)
犯罪収益隠匿 (9)
犯罪収益仮装 (1)
犯人隠避・犯人隠避教唆 (7)
組織犯罪処罰法違反幇助 (1)
組織犯罪証拠隠滅 (1)
■犯罪収益移転防止法 (5)
■暴力行為等処罰法 (13)
■暴力団追放活動 (91)
■家宅捜索 (162)
■不起訴処分 (29)
■中止命令 (97)
■国外 (65)
■その他 (1904)
■未分類 (1863)
脱退妨害行為および指詰めの強要等の禁止 (0)
■危険運転致傷 (1)
■宅建業法違反 (1)
■暴走族追放条例違反 (1)