FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

1千万円を恐喝 山健組系組員ら2人逮捕

 兵庫県警暴力団対策課と同県警宝塚、西宮署は15日、知人の会社社長に拳銃のようなものを突き付け現金1千万円を脅し取ったとして、指定暴力団・神戸山口組系組員ら2人を恐喝の疑いで逮捕した。

 逮捕されたのは神戸山口組山健組傘下組員、田中茂樹容疑者(55)と、建設業の木村雄容疑者(33)。田中容疑者は黙秘し、木村容疑者は容疑を否認している。

田中容疑者らは2018年6月25日、兵庫県尼崎市の路上で、伊丹市の会社経営の男性(40)に拳銃のような物を突きつけ、「絶対現金を用意しろ。なめたこと言うとったら撃ってまうぞ」などと言い、同29日、現金1千万円を脅し取った疑い。

  

 

露天商から3000円恐喝 住吉会系「奥州山口一家」幹部を逮捕

>>関連記事
 山形県警は、今年7月に米沢市の神社で行われた祭りで露天商に「ショバ代を払え」と現金を脅し取った疑いで指定暴力団・住吉会系「奥州山口一家六代目」幹部、菊地健次郎容疑者(72)=米沢市城南=を恐喝の疑いで逮捕した。

 菊地容疑者は今年7月、米沢市花沢の熊野神社で行われた祭りで、露天商の男性から場所代の名目で現金3000円を脅し取った疑いが持たれている。菊地容疑者は容疑を認めていて、以前からこの祭りに出店する露天商を相手に恐喝を繰り返したと見られている。

 菊地容疑者は、同じ7月に行われた南陽市の熊野大社の祭りで、暴力団組員が出店できないのを知りながら知人に出店申請させ露店を営業した疑いで9月に逮捕されていた。

 県警は15日午後に事務所を家宅捜索し、余罪が多数あるとみて裏付けを進めている。

  

 

「旭導会」会長を恐喝教唆の疑いで逮捕

>>関連記事
 北海道警は、自身の配下の暴力団組員に男性医師を恐喝するよう幹部や関係者に指示し実行させたとして、指定暴力団・山口組系「旭導会」会長、鈴木一彦容疑者(79)を恐喝教唆の疑いで逮捕した。鈴木容疑者の認否を明らかにしていない。

 鈴木容疑者から指示された幹部、北條義光容疑者(69)は、組の名前を持ち出すなどして、2018年3月から4月にかけて男性医師に金を要求した疑いで9月に逮捕されている。

 道警は15日、関係先として「旭導会」本部事務所を家宅捜索した。

 犯行には旭導会に流出した医療機関のカルテが使われていて、50代の幹部も犯行に関わっていたとみて行方を追っている。

  

風俗店従業員に「みかじめ払え」 住吉会系組員逮捕

 警視庁本所署は20日、東京都港区の風俗店からみかじめ料名目で現金を脅し取ろうとしたとして、指定暴力団・住吉会系組員を逮捕した。

住吉会系組員、関本和美容疑者
関本和美容疑者

 住吉会系組員、関本和美容疑者(56)は8月、港区赤坂の路上で近くの風俗店の従業員に「やるからにはみかじめ払え」「ほかの店もみんな払っているし、例外はないんだよ」などと脅して金を脅し取ろうとした疑い。

 警視庁によりますと、この従業員が路上に車を止めていたところ、関本容疑者が近付いてきて「誰に断って働いている」などと因縁を付けてきたという。調べに関本容疑者は「みかじめという言葉を使ったことは絶対にありません」と容疑を否認している。

  

元捜査4課警察官と共政会系組長が恐喝容疑で逮捕

 広島県警は、30代の会社員の男性から現金を脅し取ったとして、暴力団捜査を担当していた元警察官や指定暴力団・共政会系組長など3人を恐喝の疑いで逮捕した。

 逮捕されたのは、元警察官で無職、升田義博容疑者(60)=広島市佐伯区=と、共政会系「二代目和田組」組長、和田努容疑者(51)ら3人。調べに対し3人は容疑を否認している。

 警察によると3人は共謀して今年2月下旬ごろから3月上旬ごろの間、30代の会社員の男性に対し「人を殺すにも金さえ払えば誰にも殺させることができる。わしらの世界は舐められたら終わり。殺してやってもいい」と、電話などで数回に渡って脅迫し、広島市西区の和田組の事務所で現金400万円を脅し取った疑いがもたれている。

 元警察官の升田容疑者は暴力団を担当する捜査4課に配属されていたことがあり、去年3月、定年を前に退職していた。警察は和田容疑者らと升田容疑者の関係を詳しく調べている。

  

原状回復費払いたくないと恐喝 神戸山口組系会長ら逮捕

 兵庫県警長田署は9日、賃貸住宅の退去時に所有者の女性を脅して原状回復費の請求を断念させたとして、指定暴力団・神戸山口組山健組幹部で、「二代目健國会」会長、西野雅之容疑者(46)ら男3人を恐喝の疑いで逮捕した。いずれも容疑を否認している。

 逮捕容疑は、平成28年春から30年11月ごろの間、50代女性が所有する神戸市長田区の戸建て住宅を借り、解約する際には建物を借りたときの状態に戻すことに合意していたが、退去後に外壁などに穴が空いていたため、昨年12月に女性が原状回復費として約32万円を請求したところ、神戸山口組系組員2人に脅され、原状回復費の請求を断念させたとしている。

  

「神戸山口組」本拠事務所近くの不動産売却迫る 強要未遂で逮捕

 兵庫県警暴力団対策課は2日、神戸市中央区の指定暴力団・神戸山口組の本拠事務所近くにある不動産の売却を所有者に迫ったとして、いずれも自称会社役員、横山和之(67)=同市兵庫区=と松本一也(58)=大阪府豊中市=の両容疑者を強要未遂の疑いで逮捕した。いずれも「脅していない」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は共謀し平成28年6月、自営業の60代男性を脅し、神戸市内の建物とその土地を売り渡すよう迫ったとしている。

 県警によると、この建物は、神戸山口組が29年3月に横山容疑者を通じて取得した本拠事務所の近くにある。県警は両容疑者が組事務所向けの物件探しの過程で犯行に及んだとみて捜査している。

  

詰めた小指見せ恐喝「何百件もやった」 山口組系元組員を逮捕

 警視庁本所署は「指詰め」をした小指部分を見せて男性から現金を脅し取ったとして、指定暴力団・山口組系元組員で無職、渋谷英雄容疑者(49)=茨城県牛久市刈谷町=を恐喝容疑で逮捕した。「何百件もやった」などと容疑を認めており、同署は他に同様の被害がないかを調べる。

 逮捕容疑は6月8日夜、東京都墨田区江東橋のJR錦糸町駅近くの路上で、通行人の20代の男性3人に対し、「たばこの灰がかかった」などと因縁をつけ、欠損した左手の小指部分を見せて「俺はこういう世界にいる」などと脅迫し、クリーニング代などとして3人から計7万円を受け取ったとしている。

 目撃情報や、現場周辺の防犯カメラの画像などから浮上した。

  
 

みかじめ料巡り女性スカウトを脅迫 住吉会系幹部ら5人を逮捕

 埼玉県警大宮駅周辺地区暴力団壊滅集中取締本部は7日、さいたま市で女性をスカウトしていた男性4人を脅したとして、指定暴力団・住吉会系幹部ら5人を強要未遂の疑いで逮捕した。

 強要未遂で逮捕されたのは住吉会系幹部、比嘉雄樹容疑者(34)=さいたま市大宮区天沼町2丁目=と、同組員の無職の男(32)=同市見沼区中川=、暴力行為法違反の疑いで、他の男3人を逮捕した。認否を明らかにしていない。

 比嘉容疑者ら5人は10月11日午後8時ごろから9時ごろまでの間、JR大宮駅のコンコースで女性をスカウトしていた男性4人に対し、胸ぐらをつかむなど暴行を加えたり「さらってやる。大宮でやりませんと一筆書け」などと脅したりした疑いが持たれている。

 警察によると、比嘉容疑者らは男性らがみかじめ料を払わずに飲食店の女性従業員に声を掛けたことを理由に、男性らを脅していたという。

 警察は7日朝からJR大宮駅近くにある比嘉容疑者らが所属する暴力団事務所を捜索し、関係資料を押収した。

  
 

「会津小鉄会」会長ら計9人を不起訴処分

>>関連記事
 京都地検は4日、京都市の祇園や木屋町地域の飲食店から、暴力団組員らがみかじめ料として現金を脅し取ったとされる事件で、恐喝の疑いで逮捕された指定暴力団・会津小鉄会の会長ら計9人を不起訴処分(嫌疑不十分)とした。地検は「起訴するに足りる十分な証拠の収集に至らなかった」としている。

 9人は共謀し、昨年3~今年9月、祇園と木屋町地域の飲食店関係者に「営業したいなら金を払え」などと脅し、現金計200万円を脅し取ったとして、9月と10月に京都府警に逮捕された。一連の事件では組員ら計13人が逮捕され、うち2人が恐喝罪で起訴されている。

  
 

飲食店から「みかじめ料」 山口組系組長ら逮捕

 北海道警網走署は1日、飲食店を経営する男性から10年以上に渡って「みかじめ料」を取って取っていた疑いで、指定暴力団・六代目山口組系組長ら2人を逮捕した。

山口組系誠友会傘下「藤弘組」事務所
「藤弘組」事務所

 逮捕されたのは山口組系「四代目誠友会」傘下「藤弘組」組長、藤原弘容疑者(52)と、藤弘組幹部、鈴木智博容疑者(47)。2人の認否は明らかにしていない。 
 
 藤原容疑者らは今年10月、飲食店を経営する男性から「みかじめ料」として現金3万円を脅し取った疑いがもたれている。鈴木容疑者は組長の藤原容疑者が逮捕された後、網走警察署に出頭してきたという。

 警察は2人が他の店からもみかじめ料を取っていたとみて調べている。

  
 

誕生祝い恐喝 山口組系「弘道会」若頭を逮捕

 愛知県警捜査4課と一宮署は27日、後援会費などの名目で現金と焼酎を脅し取ったとして、指定暴力団・山口組弘道会若頭で「四代目山本組」組長、中野寿城容疑者(56)=名古屋市東区徳川=と、山本組幹部の片野健太郎容疑者(40)=同市中村区沖田町=を恐喝容疑で逮捕した。2人は「黙秘します」と認否を留保している。

 2人の逮捕容疑は共謀して3月1日、同県一宮市の駐車場で、同市に住む会社役員の男性を片野容疑者が「来月、おやじ(中野容疑者)の誕生日だもんで。何か頼みますよ」と脅し、4月2日夕、中野容疑者の後援会費として現金3万円と、誕生祝いの焼酎の四合瓶1本(販売価格約2700円)を男性から受け取ったとしている。

 県警によると、男性は別の暴力団から受けた仕事上の嫌がらせを中野容疑者の組に解決してもらったことをきっかけに2006年、後援会に加入し、毎月3万円の後援会費を払っていた。男性は12年に退会を申し出たが、別の組員から脅され、支払いを続けていた。県警は中野容疑者らが男性に総額360万円以上を支払わせていたとみて調べている。

  
 

示談書に署名強要 「大阪弁護士会」所属弁護士ら逮捕

>>関連記事
 大阪府警捜査4課は24日、暴力団関係者らに監禁され暴行を受けていた男性に、現金5千万円の支払いを約束させる示談書へ署名させたとして、大阪弁護士会所属の弁護士、東正人容疑者(50)=大阪市天王寺区=ら4人を強要の疑いで逮捕した。

 他に逮捕されたのは、自動車販売業、中城則幸容疑者(42)=大阪市生野区=と、30代の男2人。府警によると、中城容疑者は「半グレ集団」のリーダー。捜査4課によるといずれも指定暴力団・任侠山口組の関係者。弁護士の東容疑者は、男性が事務所に無理やり連れて来られたことを認識していたといい「数万円の報酬をもらった」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は共謀して4月29日、大阪市北区にある東容疑者の事務所で、男性2人に示談書への署名を強要し「サインしなかったら分かっとるやろ」などと言い、署名と指印をさせた疑い。

 男性2人は大阪市内のインターネットカジノ店で数十万円を奪ったとして、4月から5月にかけて中城容疑者らに暴行、監禁され、慰謝料として示談金を払うよう迫られていたという。東容疑者は以前から中城容疑者ら暴力団関係者から同様の依頼を受けていたとみて調べを進めている

  
 

 小桜一家系組員らを恐喝容疑で逮捕 本部事務所を捜索

 鹿児島県警は18日、飲食店の経営者から「みかじめ料」などの名目で現金を脅し取った疑いで、指定暴力団・四代目小桜一家系組員ら4人を恐喝の疑いで逮捕した。

「小桜一家」事務所を捜索
「小桜一家」本部を捜索

 逮捕されたのは、小桜一家系組員、有馬信一容疑者(43)=いちき串木野市別府=と、会社員の大焚博樹容疑者(32)、枦祐平容疑者(28)、下園征義容疑者(27)ら薩摩川内市の男3人。4人の認否については捜査に支障があるとして明らかにしていない。

 また県警は18日午後、関連先として小桜一家の本部事務所を家宅捜索した。

 有馬容疑者らは2013年12月ごろから今年9月ごろにかけて、県内で飲食店を経営する男性3人に対し、「みかじめ料」などの名目で現金あわせて100万円を脅し取った疑いがもたれている。

 県警は押収した資料を分析するなどして調べを進める方針。

  
 

詐欺の受け子を強要した山口組系組員ら逮捕

 埼玉県警捜査4課と加須署は15日、指定暴力団・山口組傘下組員(23)=加須市花崎4丁目=と、無職の男(21)=住所不定=を強要未遂の疑いで逮捕した。

 逮捕容疑は、1日午後10時半ごろから2日午前1時ごろまでの間、東京都内と加須市内などを走行中の自動車内で、県外に住む埼玉県20歳の無職男性2人に、振り込め詐欺の受け子として従わせようとした疑い。県警は認否を明らかにしていない。

 同課によると、組員らは職を探していた男性らの連絡先を知り、「仕事がある」と誘い、都内から車に乗せて「(受け子を)やるよな」などと話したという。

  
 

みかじめ料名目で56万円恐喝  山口組傘下組織幹部らを逮捕

 岐阜県警は、岐阜県大垣市の飲食店経営者から、みかじめ料名目で現金を脅し取ったとして指定暴力団・六代目山口組系幹部らを恐喝容疑で逮捕した。

 逮捕されたのは山口組弘道会傘下「野内組」幹部、小林康人容疑者(49)=安八郡安八町南今ケ渕=ら4人。調べに対し、小林容疑者ら3人は黙秘し、1人は「覚えていない」と供述している。

 県警によると4人は、岐阜県大垣市で飲食店を経営する男性に「ふざけるな」などと言い、みかじめ料名目で現金56万5000円を脅し取った疑いが持たれている。

 県警は7日午後、関係先として野内組の組事務所を捜索し、4人が他の店からもみかじめ料名目で現金を脅し取り、暴力団の資金源となっていたとみて捜査を進めている。

  
 

「俺ら素人じゃねえんだぞ」20代女性を脅す 山口組系幹部ら2人逮捕

 北海道警は、仕事上のトラブルから20代女性を脅したとして指定暴力団・山口組系幹部ら2人を逮捕した。

 逮捕されたのは、山口組系「四代目誠友会」幹部、川口晃容疑者と、知人で無職、柿木留美子容疑者。2人は容疑を認めている。

 2人は今年4月、札幌・中央区の20代の女性に対し、「俺ら素人じゃねえんだぞ」などと言って脅した疑いが持たれている。当時、女性と川口容疑者らの間でトラブルがあったという。

  
 

聴覚障害ある女性を手話で脅迫 住吉会系組長ら逮捕

>>関連記事
 警視庁組織犯罪対策特別捜査隊は12日までに、金銭をめぐるトラブルから耳の不自由な女性に書類を書くよう手話で強要し、謝罪の文章を書かせたとして、指定暴力団・住吉会系組長の阿部太(54)=仙台市泉区七北田=、妻の李蕙英(44)=東京都江戸川区春江町=両容疑者ら3人を強要容疑で逮捕した。両容疑者は容疑を認めているという。

 同隊によると、逮捕された3人もろうあ者。ろうあ者同士が生活を支援し合うグループに入り込み、年金などを管理、流用していた可能性があるという。

 逮捕容疑は昨年6月9日、東京都中央区の飲食店などで、ろうあ者の女性(65)に強い表現の手話で指示し、「男性(82)が所在不明になったのは私の責任です」などと紙に書かせた疑い。

 男性もろうあ者で、生活支援グループに入っていたが、李容疑者らと同居するようになり、障害者年金などを勝手に引き出されていたという。女性が不正に気付き、都内の区役所に申し出て男性を避難させていた。 

  
 

みかじめ料名目で飲食店恐喝 会津小鉄会会長ら再逮捕

>>関連記事
 京都府警は8日、京都・祇園や木屋町地区の飲食店などからみかじめ料名目で現金を脅し取ったとして、指定暴力団・会津小鉄会会長、金子利典こと金元容疑者(75)=京都市左京区=ら男7人を恐喝容疑で再逮捕し、新たに会津小鉄会系幹部、仙頭弘好容疑者(53)=大津市=を逮捕した。認否は明らかにしていない。

 府警によると、金容疑者らは、同地区で20~30店舗から「組合費」として少なくとも1千万円以上を取り立てていたとみられる。

 逮捕容疑は共謀し、平成29年9月~今年9月、同地区の飲食店や風俗店に「営業したいんやったら金払え」などと金銭を要求し、2店舗から計102万円を脅し取ったとしている。

  
 

「月1万」みかじめ料徴収 稲川会系幹部を逮捕

 警視庁綾瀬署は3日、東京都北区の飲食店の経営者からみかじめ料として現金を脅し取ったとして、指定暴力団・稲川会系幹部を恐喝容疑で逮捕した。

瀬藤栄作容疑者
瀬藤栄作容疑者(75)

 逮捕されたのは、稲川会系幹部、瀬藤栄作容疑者(75)。瀬藤容疑者は一昨年8月から今年6月にかけて、北区赤羽で飲食店を経営する男性(30)からみかじめ料として現金を脅し取っていた疑いが持たれている。取り調べに対して「赤羽の飲食店から1万円ずつ徴収していた」と容疑を認めている。

 瀬藤容疑者は男性に対して「周りも払っているし、月1万円でいいから」などと言って、これまでに合わせて現金23万円を脅し取っていた。警視庁は瀬藤容疑者が他の飲食店からもみかじめ料を取っていたとみて調べている。

  
 

 | HOME |  »


今すぐ会いたい・・・
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
究極のマッチングサイト

最新記事

リンク

QRコード

QR