FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

新宿ビル発砲実行役 稲川会系堀井一家傘下幹部逮捕

>>関連記事
 警視庁組織犯罪対策4課は、平成28年12月に東京都新宿区のビル内の営業所に発砲したとして、指定暴力団・稲川会系「十一代目堀井一家」傘下「押田組」幹部、中村和将容疑者(39)=住所不定=を銃刀法違反(組織的発射)などの疑いで逮捕した。発砲の実行役とみて調べている。同課はこれまでに同法違反容疑などで組幹部ら20人を逮捕し、うち10人が起訴された。

 事件があったビルには指定暴力団・住吉会系組事務所が入居。発砲の数時間前、神奈川県内で堀井一家傘下、「池永組」の池永信也組長(当時58)が暴行を受け死亡し、神奈川県伊勢原市の伊勢原協同病院前に放置される事件が起きており、同課は報復の可能性があるとみている。

 逮捕容疑は共謀して平成28年12月20日早朝、新宿区大久保のビル1階の運送会社営業所に発砲しシャッターなどを破損させたとしている。「弁護士が来てから話す」と認否を留保している。



密造拳銃と実弾所持で元暴力団組員を逮捕

 警視庁組織犯罪対策5課と杉並署は、東京都荒川区の自宅に拳銃1丁と実弾9発を所持したとして元暴力団組員、鎌田昭正容疑者(61)を銃刀法違反(拳銃等加重所持)の疑いで逮捕した。

鎌田昭正容疑者
鎌田昭正容疑者

 鎌田容疑者は荒川区の民家2階の1部屋を間借りしていて、先月、部屋に回転式拳銃1丁と実弾9発を所持した疑いがもたれている。

押収された拳銃と実弾1
押収された拳銃と実弾
押収された拳銃と実弾2

 警視庁は先月23日に「男が拳銃を持っている」という情報をもとに鎌田容疑者の部屋を捜索。かばんの中から、通称「パルティック」と呼ばれ、主にフィリピンで製造されている密造拳銃が見つかった。かばんの中には、他にも小銭入れに入った実弾や手入れに使うとみられるブラシも入っていた。

 取り調べに対し、鎌田容疑者は容疑を認めた上で「がんを患っていて、自殺するために持っていました」と供述している。



「食事を断ったことが怒りを買った」 山口組系組長ら送検

>>関連記事
 特定抗争指定暴力団・六代目山口組系「二代目名神会」幹部で「三代目野村組」組長、福冨巌容疑者(52)=岡崎市板屋町=が、知人男性を殴るなどして暴力行為等処罰法違反などの疑いで逮捕された事件で、被害者の男性が福冨容疑者との関係を絶とうとして暴行されたことが分かった。

福冨巌容疑者
福冨巌容疑者

野村組事務所を捜索
1日に野村組を捜索

 2日に送検された福冨容疑者は、今年5月に野村組事務所の敷地内で、地元の後輩男性(49)の髪をつかんで乗用車から引きずり出し包丁で脅迫したほか、顔を殴るなどして軽傷を負わせた疑いがもたれている。福冨容疑者は認否を留保している。

 被害にあった男性が、「福冨容疑者との関係を社会的リスクに感じ、食事を断るなどしていたことが怒りを買ったのでは」と話しているという。



詐欺事件 新たに極東会系幹部を逮捕

 埼玉県警大宮署は1日、高齢男性からキャッシュカードをだまし取るなどしたとして、暴力団組員ら男女3人が逮捕された事件で、詐欺と窃盗の疑いで、指定暴力団・極東会系幹部(39)=さいたま市緑区宮本2丁目=(恐喝罪で起訴)を逮捕した。共犯事件のため、同署は認否を明らかにしていない。

埼玉県警大宮署
埼玉県警大宮警察署

 逮捕容疑は昨年9月11日、神奈川県綾瀬市の無職男性(77)方に金融機関職員を名乗って電話をかけ、キャッシュカード1枚をだまし取り、金融機関の現金自動預払機(ATM)で現金50万円を引き出した疑い。

 同署によると、同署は今年6月、綾瀬市の男性への詐欺などの疑いで極東会系組員ら男女3人を逮捕。極東会系幹部の関与が分かり、同署で行方を追っていた。



手錠をかけ車に監禁 道仁会系幹部ら4人を逮捕

 福岡県警は、金銭トラブルから男性に手錠をかけ車に監禁したとして、指定暴力団・道仁会系幹部・辻健太容疑者(40)ら男4人を逮捕した。共謀した男3人は容疑を認め、辻容疑者は「身に覚えがない」と否認している。

 辻容疑者は男3人と共謀し、今年5月1日午後、福岡県筑紫野市の家電量販店の駐車場で、男性(当時36)の手首に手錠をかけ、車に監禁した疑いが持たれている。現場近くにいた人が、男性が軽自動車に乗せられる様子を目撃していた。

 監禁された男性は辻容疑者の後輩で、共謀した男3人を含む知人や後輩に、あわせて約1億円の借金をしていたという。辻容疑者が金銭トラブルを取りまとめ、借金の返済を迫ろうとしたものと見られている。



白タクにみかじめ料要求 住吉会系幹部に再発防止命令

 東京都公安委員会は、東京都中央区銀座で無許可でタクシー事業を営む「白タク」をしていた運転手にみかじめ料を要求したとして、指定暴力団・住吉会系組幹部(53)に、暴力団対策法に基づき再発防止命令を出した。

 警視庁組織犯罪対策3課によると、命令の理由となった行為は昨年6月、都内に住む白タク運転手(50)にみかじめ料を要求したというもの。暴力団が資金源を確保するため、深夜営業の飲食店や風俗店にとどまらず手を広げているとみて警戒を強めている。

 組幹部は2012年ごろから、この運転手をとりまとめ役に銀座の白タク運転手数人から月計約5万円を徴収していたという。違法営業のためトラブルがあっても警察に相談しづらいことにつけ込み、その防止や解決名目で取り立てていたとみられる。

 同庁は昨年11月、銀座で白タクをしたとして70~80代の男3人を道路運送法違反の疑いで逮捕。その後の捜査でみかじめ料の支払いが判明した。付近で約10人が白タクをしていることも確認されたという。



「1億円相当窃盗事件」 絆会系幹部ら3人不起訴処分

>>関連記事
 名古屋地検は、愛知県東海市の会社役員の住宅から、現金など1億1000万円相当を盗んだなどとして逮捕された指定暴力団・絆会系幹部(39)ら3人を、6月30日付で不起訴処分とした。理由は明らかにしていない。

名古屋地検
名古屋地方検察庁

 絆会系幹部ら3人は去年11月、愛知県東海市の住宅に侵入し、現金・貴金属など総額1億1000万円相当を盗んだ疑いなどで逮捕されていた。



知人男性に暴行 山口組傘下組長ら3人を逮捕

 愛知県警は、知人男性を車から引きずり出し、顔を殴ってけがをさせたなどとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系「二代目名神会」幹部で「三代目野村組」組長、福冨巌容疑者(52)=岡崎市板屋町=ら3人を暴力行為等処罰法違反などの疑いで逮捕し、1日午前、野村組の事務所を家宅捜索した。

 県警によると、福冨容疑者らは、今年5月、野村組事務所の敷地内で、乗用車に乗っていた49歳の知人男性の髪をつかんで車から引きずり出し、包丁で詰め寄って脅迫したほか、顔を殴るなどして軽いけがをさせた疑いがもたれている。

 福冨容疑者は認否を留保、1人は容疑を認めているという。



知人に暴行 弘道会傘下組長ら4人を逮捕

 警視庁八王子署は30日、東京都八王子市の路上で知人男性に殴る蹴るの暴行を加え、大ケガをさせたなどとして、特定抗争指定暴力団・山口組弘道会若頭補佐で「遠藤組」組長、遠藤輝こと遠藤智容疑者(57)ら4人を傷害などの疑いで逮捕した。

遠藤智容疑者
遠藤智容疑者

 遠藤容疑者ら4人は今年3月、八王子市の路上で58歳の知人男性に殴る蹴るの暴行を加えた上、近くのビルに連れて入って数十回殴るなどして、胸や鼻の骨を折る大ケガをさせた疑いがもたれている。調べに対し、遠藤容疑者ら2人は容疑を認め、ほか2人は黙秘している。

 遠藤容疑者は男性と十数年前からの知人で、何らかのトラブルを抱えていたとみられ、たまたま路上で出くわしたところを襲ったという。



「偽ブランド品」を販売目的所持 山口組系幹部を逮捕

 北海道警は、高級ブランドの偽物のバッグなど50点余りを販売目的で所持していたとして、特定抗争指定暴力団・山口組系幹部を商標法違反の疑いで逮捕した。

偽ブランド品を押収
押収された偽ブランド品

 逮捕されたのは、山口組系「二代目大石組」傘下「松平興業」幹部、河岸修容疑者(58)=札幌市清田区=。

 河岸容疑者は、札幌市清田区の自宅や車に「ルイ・ヴィトン」や「エルメス」、「シャネル」などの偽物の財布やバッグなど計52点を販売する目的で所持した疑いが持たれている。

 河岸容疑者はルイ・ヴィトンの偽物の財布など2点を販売したとして6月9日に逮捕されていて、同日に行われた家宅捜索で自宅から偽ブランド品が発見された。



利益供与で神戸山口組系幹部に勧告 「ヤクザはやってられません」

 大阪府公安委員会は、指定暴力団・神戸山口組傘下幹部が、トラブルを解決する約束をしたうえ、知人らから現金を借りたとして、暴力団排除条例に基づいて利益供与を求めないよう勧告書を交付した。

大阪府警察本部本庁舎
大阪府警察本部本庁舎

 調べに対し、幹部は「ヤクザとして若い衆にメシを食わせたり服を買ってやったりするのが難しく、活動資金に使う金が欲しかった。ヤクザはやってられません。カタギになって一般の人と付き合えるようになります」と話している。

 警察によると、50代の神戸山口組傘下幹部は、一昨年から昨年にかけて、不動産業者の男性や飲食店経営の男性からそれぞれ現金200万円を借り受けた。その際、トラブルになったら、幹部が暴力団の立場を利用して解決すると約束していたという。不動産業者や飲食店にも、利益供与しないように勧告した。

 神戸山口組傘下幹部はすでに借りた金を返済していて、返済のために別のところから借金をする自転車操業の状態だった。



覚せい剤密売 稲川会系「東一家」事務所を捜索

 静岡県警は29日、覚醒剤の密売グループとして男ら3人が逮捕された事件で、指定暴力団・稲川会系「二代目東一家」の事務所を家宅捜索した。

稲川会系「東一家」を捜索2
稲川会系「東一家」を捜索

 逮捕された松井勝容疑者=静岡県富士市天間=は、大阪市の男に覚せい剤約16グラムを売り渡したり、仲間2人と共謀して市内で覚せい剤を所持していたとして逮捕・送検されている。

 また、県警は新たに覚せい剤2グラムを所持していた疑いで、松井容疑者らを29日再逮捕し入手ルートの解明を進めている。



「池田組」本部事務所に「使用制限命令」

 岡山県公安委員会は29日、今年5月に岡山市で神戸山口組池田組若頭らが銃撃されて負傷した事件を受けて、池田組の本部事務所に「使用制限命令」を出した。

池田組に「使用制限命令」1
池田組に「使用制限命令」
池田組に「使用制限命令」2

 岡山県警が5日、池田組事務所の使用制限について「仮命令」を出し、岡山県公安委員会が2度の意見聴取の場を設けたが、池田組側は欠席したため、29日に「本命令」を出した。

 「使用制限命令」は9月28日まで3カ月間、おおむね5人以上が集まることを禁止するなど事務所の使用を制限する。

 また岡山県公安委員会は7月7日、岡山市を警戒区域に山口組神戸山口組を「特定抗争指定暴力団」に指定する。



高齢女性を監禁 山口組系組長ら3人逮捕

 警視庁西新井署は26日、金銭トラブルを抱えていた高齢女性を車で監禁したとして、指定暴力団・山口組傘下組長、中井敏明容疑者ら3人を逮捕した。

 中井容疑者ら3人は去年10月、東京都板橋区の路上で、当時76歳の女性をワゴン車に押し込み、約4時間にわたり東京都内や埼玉県内などを連れ回した疑いが持たれている。

 女性は知人の男性と金銭トラブルを抱えていて、2人を知る中井容疑者がそのトラブルに乗じて、女性から金をとろうと介入したとみられている。調べに対し、中井容疑者は「詳しくは後日話します」と供述、ほかの2人は容疑を認めている。



「おとなしい言うてる時が華やで」 元山口組系直参組長を逮捕

 警視庁築地署は26日、以前に金を貸していた男性に因縁を付け、金を脅し取ろうとしたとして、元指定暴力団・山口組の二次団体で、解散した「天野組」組長・天野洋志穂こと金政基容疑者(79)を逮捕した。金容疑者は容疑を否認している。

天野洋志穂こと金政基容疑者
天野洋志穂こと金政基容疑者

 金容疑者は4月、都内に住む74歳の男性に電話を掛けて「おとなしい言うてる時が華やで」などと言って金を脅し取ろうとした疑いが持たれている。金容疑者は以前にもこの男性が孫を抱いている写真などを見せ、危害を加えることをほのめかしていた。

 金容疑者はリーマンショックの頃に男性に金を貸していたが、すでに返済されていた。



月に500~600万円の収益 アダルトサイトで女児ポルノ販売

 海外を拠点にポルノの販売サイトを運営していた男3人が逮捕された事件で、3人が合わせて4つのサイトを運営し、「それぞれ月500~600万円の収益があった」と供述しているという。

 札幌市の自称・会社役員、野田将広容疑者(43)、指定暴力団・山口組弘道会傘下元組員、本間誠二容疑者(44)、同元組員、門間正典容疑者(42)の3人は、アダルト動画などの販売サイト「AVMarket」を運営し、女の子の裸の画像を販売した疑いで逮捕された。いずれも容疑を否認している。

 3人は他に3つのアダルトサイトを運営し、「それぞれ月500~-600万円の収益があった」と供述していて、警察はおよそ1億円の売上の一部が暴力団に流れていたとみて調べている。



「特定抗争指定」を6府県から10府県に拡大

>>関連記事
 岡山、鳥取、島根、愛媛の4県の公安委員会は25日、指定暴力団・神戸山口組池田組の若頭が銃撃され、指定暴力団・山口組大同会幹部が逮捕された事件を受け、山口組神戸山口組を「特定抗争指定暴力団」に指定することを決定した。

 活動を厳しく制限する「警戒区域」は現在の6府県から10府県に増える。警戒区域の拡大は初めてで、7月上旬の官報の公示で効力が発生する。

 岡山市と米子市のほか、関係先がある松江市や愛媛県四国中央市が新たに警戒区域になる。区域内で組員らはおおむね5人以上での集合や事務所使用などが禁止され、違反すれば逮捕できる。



無免許、ナンバー付替、9歳男児ひき逃げ 山口組系組員を逮捕

 大阪府警は、2019年9月に大阪府堺市でナンバープレートを付け替えた車を無免許で運転し、小学3年生男児を車ではねて逃げたなどとして、特定抗争指定暴力団・山口組傘下組員を逮捕した。

ひき逃げ事件の現場
ひき逃げ事件の現場

 ひき逃げなどの疑いで逮捕されたのは、山口組秋良連合会傘下組員・早崎美浩容疑者(55)。

 早崎容疑者は2019年9月、堺市堺区の交差点で横断歩道を歩いていた当時小学3年生の9歳男児を軽乗用車ではね、足の骨を折る重傷を負わせて、そのまま逃走したなどの疑いがもたれている。男の子は肝臓を損傷し右足を骨折するなど、全治3ヵ月の重傷。

 早崎容疑者は事件当時、車の免許が失効した状態で、調べに対し「ナンバープレートを付け替えた車を無免許で運転していたので逃げた」と容疑を認めている。警察は現場付近の防犯カメラの映像などから早崎容疑者を特定して指名手配していた。



従業員を脅迫し強制労働 半グレリーダー逮捕

 沖縄県警八重山署は23日、従業員を脅迫して働かせたとして、住所不定の経営コンサルタントの男性(50)を労働基準法違反(強制労働の禁止)の疑いで逮捕した。捜査に支障があるとして認否を明かしていない。労基法(強制労働の禁止)の適用は県警初。

 同容疑者は暴力団ともつながりがあるとされる反社会的勢力「半グレ」と呼ばれる不良集団のリーダー。数年前から活動拠点を大阪から石垣市に移し、美崎町などで飲食店経営に関わっていたとされる。

 逮捕容疑は2019年9月10日~10月20日ごろ、経営する石垣市美崎町の飲食店で、従業員の30代男性の退職の申し出に対し「そんなん話がちゃうやろ」などと脅迫し、労働を強制した疑い。関係者からの相談で発覚した。



新型コロナ貸付申込書偽造 神戸山口組系幹部ら逮捕

 新型コロナウイルスの影響で、業績が悪化した事業者が利用できる特別貸付制度をめぐり、申込書を偽造した疑いなどで指定暴力団・神戸山口組系「二代目西脇組」幹部で「竹内組」組長、竹内幸一容疑者(74)と、妻でスナック経営の鄭君子容疑者(72)ら2人を有印私文書偽造と詐欺未遂などの疑いで逮捕した。2人は容疑を否認している。

 警察によると、2人は君子容疑者からスナックの経営を任されている女性(40代)の名前や印鑑を使って、新型コロナの影響で業績が悪化した事業者向けの貸付の申込書を偽造し、今年4月に兵庫県内の金融機関に提出して実質無利子の特別貸付250万円の交付を受けようとした疑いがもたれている。女性が名前を使われていることに気付き警察に相談、発覚した。



 | HOME |  »


今すぐ会いたい・・・
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
究極のマッチングサイト

最新記事

リンク





QRコード

QR