FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団・任侠・極道・反社組織関連の事件・ニュース速報

インスタグラム投稿で脅迫 不良グループ「カルマ」リーダーを再逮捕

>>関連記事
 兵庫県警暴力団対策課と高砂署は10日、SNSアプリ「Instagram(インスタグラム)」に男性の名前を記した上、危害を加えるかのようなメッセージを投稿したとして、播磨地域を中心に活動する不良グループ「カルマ」のリーダーを自称している無職の男(21)=住所不定=を脅迫の疑いで再逮捕した。男はたつの市誉田町誉の路上で、知人男性(29)が乗るトラックのガラスを破損したとして、8月9日に暴力行為法違反の疑いで逮捕されていた。調べに対し男は「投稿は間違いないが、脅すつもりではなかった」と話している。

兵庫県警察本部

 男は今年5月21日、兵庫県内在住20代男性の金銭トラブルを聞きつけ、インスタグラムに男性の名前を記した上で「さらうよ~。出てきなよ~。拡散よろしゅう」と投稿、翌22日に男性がその投稿を目にしたことで脅迫した疑い。捜査員がグループの実態解明の為、情報を集める中で投稿を発見した。

山口組系國粹会傘下組長刺殺 男が「全て終わらせるつもりで刺した」と供述 

>>関連記事
 東京地検は10日、今年7月21日午後6時40分ごろに東京都千代田区の秋葉原駅近くの路上で、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系五代目國粹会傘下「十五代目東京生井一家」幹部で、「沖田組」の沖田健治こと山中健司組長(34)=東京都台東区台東1丁目=の左腹部を牛刀で突き刺し、殺害したとして逮捕された経営コンサルタント業・佐々木文俊容疑者(35)=相模原市中央区緑が丘=を殺人罪などで起訴した。

佐々木文俊容疑者(35)
佐々木文俊容疑者(35)
秋葉原で脇腹に刃物が刺さった男性死亡 みかじめ料巡るトラブルか
事件があった現場周辺

 佐々木容疑者は、山中組長に約4年間で総額約8千万円を渡したと説明していて、「要求に応じて現金を渡すという状況を全て終わらせるつもりで刺した」と供述しているこという。佐々木容疑者は、現場近くの喫茶店で山中組長と一緒にいたが、店を出た直後に山中組長を刺し、その後、警視庁万世橋署に出頭した。

 佐々木容疑者と山中組長は、2013年ごろに居酒屋で知り合い、当初は暴力団員と知らずに付き合っていたが、山中組長が別の事件で逮捕されたことをきっかけに暴力団組長と知って以後、山中組長から「俺をボスと呼べ」などと迫られ、組の仕事を手伝わされたり、飲食や車の購入名目などで現金を求められるようになり、拒否すると暴力を振るわれたという。警視庁は、2021年4月からの半年間で口座から約2400万円の出金を確認しているが、そのほとんどを山中組長に渡したと説明している。

 佐々木容疑者は、ガールズバーやコンセプトカフェなどのコンサルタントで、山中組長への支払いは佐々木容疑者の親や、妻からの借金で工面することもあり、総額は2018年夏ごろから約8千万円に上るという。

脅して借金の返済要求 工藤会理事長代行に懲役1年、罰金80万円の実刑判決

 福岡地裁(冨田敦史裁判官)は、暴力団の威力を示して脅し、借金の返済要求をしたとして暴力団対策法違反(暴力的要求行為の禁止)に問われた、特定危険指定暴力団工藤會幹部・緒方哲徳被告(46)=福岡市博多区=に対し、懲役1年、罰金80万円(求刑・懲役1年、罰金100万円)の実刑判決を言い渡した。

福岡地方裁判所

 判決によると緒方被告は会社役員の男性に2000万円を貸し、返済が滞った2019年6月に福岡市博多区内で、連帯保証人の男性に「俺の仕事が何か知っているんですか」などと脅し借金返済を要求したとしている。緒方被告は公判で起訴内容を認め、借金の債権を放棄して被害者に接触しない誓約書を出し、執行猶予を求めていた。

 緒方被告は2022年から工藤會理事長代行で序列4位。工藤會トップで総裁・野村悟被告(75)ら上位3人はいずれも2014年に逮捕され公判中。

強盗傷害と監禁や暴力行為法違反 姫路の不良グループ2人を逮捕

 兵庫県警暴力団対策課などは9日、複数人で男性の顔に催涙スプレーを噴きかけて警棒で暴行して車で拉致し、警棒で顔面を殴ったうえ現金4万円を奪うなどしたとして、建設業の男(27)=兵庫県たつの市誉田町=を強盗傷害と監禁などの疑いで逮捕した。調べに対し「全く身に覚えがない。被害者も知らない」と否認している。

兵庫県警察本部

 男は何者か数人と共謀し、今年5月21日午後11時すぎ、同県姫路市青山西2のカラオケ店駐車場で、同市内の無職男性(28)の顔に催涙スプレーを噴きかけ、警棒で複数回暴行。止めに入った同市の会社員男性(24)にもスタンガンを押し当てて殴った後、無職男性を車に押し込み約1.4キロ離れた同県太子町の山中に連行し、警棒で代わる代わる顔面を殴り、現金4万円を奪った疑い。無職男性は腰椎骨折など全治1カ月の重傷、止めに入った男性も顔面を殴られ全治1週間の軽傷を負った。

 また、同課などは9日、口論となった知人男性が乗っていたトラックのフロントガラスやドアガラスを金属バットで破損したとして、建設業の男(21)=住所不定=を暴力行為法違反の疑いで逮捕した。

 男は何者か数人と共謀し、今年5月26日午後7時半ごろ、たつの市誉田町誉の路上で、知人男性(29)が乗っていたトラックのフロントガラスやドアガラスを金属バット様のもので破損した疑い。男は「ガラスを壊したことは間違いないが、他の者のことは言わない」と容疑を一部否認している。

 9日午後、容疑者2人は一緒に兵庫県警姫路署に出頭し逮捕された。容疑者2人は姫路を中心とする同じ不良グループに所属していると見られ、警察は暴力団とのつながりも視野に、共犯者の行方を追っている。

新型コロナ給付金詐欺 旭琉会系沖島一家組員と共謀し不正受給 男を逮捕

>>関連記事
 沖縄県警特別捜査本部は8日、国の持続化給付金を不正に受給したとして、無職の男(28)=那覇市辻=を詐欺容疑で逮捕した。県警は「捜査に支障が出る」として認否を明らかにしていない。

沖縄県警察本部

 逮捕容疑は2020年6月30日から同7月6日の間、指定暴力団・旭琉会系「二代目沖島一家」組員と共謀の上、インターネット上で虚偽の申請をし、中小企業庁から給付金100万円をだまし取った疑い。特捜本部は暴力団が関与した可能性も視野に捜査を進めている。

高級国産車盗難事件 盗難車保管で5人を逮捕 被害10億円以上

 大阪府警や茨城県警などの合同捜査本部は8日までに、盗難された高級国産車を茨城県内の倉庫に保管したとして、会社役員・斉藤晃治容疑者(50)=茨城県筑西市=ら男5人を盗品等保管の疑いで逮捕した。5人が出入りしていた倉庫には、盗まれたとみられる高級車約200台が運び込まれていて、被害は10億円以上に上るとみられている。捜査本部は5人の認否を明らかにしていない。

高級国産車盗難事件 盗難車保管で5人を逮捕 被害10億円以上
盗まれた高級車レクサス
高級国産車盗難事件 盗難車保管で5人を逮捕 被害10億円以上
CANインベーダー機器
高級国産車盗難事件 盗難車保管で5人を逮捕 被害10億円以上

 斉藤容疑者らは今年4月14~16日、茨城県下妻市内の倉庫に、大阪市淀川区のコインパーキングで盗まれた高級車「レクサス」(約1000万円相当)を盗品と知りながら保管した疑い。2021年9月ごろから、大阪府内などで特殊機器を使って自動車制御システムに侵入し、解錠する「CANインベーダー」と呼ばれる手口で高級車の盗難事件が相次いぎ、防犯カメラによる追跡捜査で、盗難車が倉庫などに運び込まれ、解体後に部品として保管されていることが確認された。

 捜査本部は7~8日に倉庫など計12カ所を家宅捜索し、車14台をはじめ、エンジンや携帯電話など約200点を押収した。車はレクサスなど高級車中心で、解体し部品を海外に転売する目的があったとみている。捜査本部は、逮捕した5人以外にも、車を盗む実行役や運搬役がいるとみて引き続き捜査している。

2億5千万円詐欺で不起訴の検審会 宅見組傘下組長ら2人を不起訴不当、1人起訴相当

>>関連記事
 京都第2検察審査会は5日までに、2億5千万円をだましとったとして2021年10月に京都府警に詐欺などの疑いで逮捕され、京都地検が不起訴とした特定抗争指定暴力団神戸山口組系「二代目宅見組」傘下組長(82)ら4人の処分について、4人のうち、当時会社役員の男性を「起訴相当」、組長と組員を「不起訴不当」とし、1人は「不起訴相当」と議決した。議決は7月5日付。

京都地方検察庁
京都地方検察庁

 議決によると、組員らは共謀して2020年7月、東京都港区の50代男性に、当時会社役員だった男性(51)が抱えていた2億5千万円の債務を代わりに返済すれば融資が受けられるとウソを言い、銀行口座に2億5千万円を振り込ませてだまし取ったとされる。

 4人は2021年10月に京都府警に逮捕されたが、京都地検が同年12月、いずれも不起訴処分(嫌疑不十分)にした。被害男性らが処分を不服とし、検審に審査を申し立てていた。

 検審は「融資する意思がなかったことは明らか。同様の被害者が出ないようにするため、起訴を視野に再検討すべき」と指摘。「起訴相当」は、地検が事件を再検討し、改めて不起訴としても、再び検審が「起訴相当」と議決した場合、強制起訴される。

福岡県警巡査長が合田一家系組長らに情報漏洩で再逮捕

>>関連記事
 第三者の犯罪歴を漏らしたとして先月逮捕された福岡県警田川警察署地域課の巡査長・田中恭平容疑者(34)が、去年から今年にかけ、指定暴力団・七代目合田一家幹部で、「金子組」組長・金正守容疑者(41)ら3人にも、第三者の個人情報や指名手配に関する情報などを漏らしていたとして、5日再逮捕した。また、5日までに金容疑者ら3人を唆しの疑いで逮捕した。全員が容疑を認めている。

福岡県警察本部

 田中容疑者は今回、唆し容疑で逮捕された2人を含む知人3人から依頼を受け、第三者の犯罪歴を漏らしたとして先月逮捕されましたが、その知人の1人を介して金容疑者と知り合い、暴力団組長と知りながら情報を漏らしたとみられている。県警は、今回逮捕された容疑者の一部とは金銭の受け渡しや飲食の提供もあったとみて更に詳しく調べている。

自宅で栽培する目的で大麻種子を輸入 栽培予備容疑で21人を摘発 

 警視庁薬物銃器対策課は4日、大麻を自宅で栽培する目的で海外から種子を輸入したとして、東京都と神奈川県内在住の20~50代の男女21人の関係先を大麻取締法違反(栽培予備)容疑で捜索し、その後、同法違反(所持)などで逮捕、書類送検したと発表した。同課によると、大麻種子の輸入に栽培予備罪を適用するのは全国初。

警視庁

 同課は、2021年10月25日~2022年7月17日までの間、海外から栽培目的で大麻種子を輸入したとして、大麻取締法違反(栽培予備)容疑で一斉捜索。自宅の台所や押し入れで大麻を栽培していたり、専用の照明器具を取り付けて部屋全体を栽培用にしていたりしたという。

 同課は大麻や照明器具、覚醒剤などを押収。その後、21人全員を大麻取締法違反(栽培予備や所持など)のほか、覚醒剤取締法違反(所持)の罪で送致した。調べに対し、「自分で使うためだった」「ネットで調べた」などと供述している。

 近年、組織を介在することなく、若者が個人で安易にネット通販で大麻種子を輸入し、栽培して自分で使用したり、販売したりする事例が多発。ネットに栽培方法を記したサイトが多数存在していることから手を付けやすいとみられ、昨年全国で大麻の栽培で摘発した232人のうち、非暴力団員は186人と8割を占めた。

 こうした背景を受け、同課は種子を輸入する行為が大麻栽培の準備に当たると判断し、関係機関に情報提供を要請。種子の輸入摘発に関し、警視庁幹部は「自己栽培による潜在的な大麻愛好者をあぶり出すのに極めて有効。引き続き取り締まりを実施する」とした。

入店断られ店員に暴行「チャイニーズドラゴン」メンバーら4人を逮捕

 警視庁は、入店を断られた飲食店の店員にけがをさせた疑いで、準暴力団・チャイニーズドラゴンの関係者・小谷剛介容疑者(46)と、メンバー・佐藤次郎容疑者(48)ら、男4人を逮捕した。4人の認否を明らかにしていない。

小谷剛介容疑者(46)
小谷剛介容疑者(46)
佐藤次郎容疑者(48)
佐藤次郎容疑者(48)

 小谷容疑者と佐藤容疑者ら4人は、2022年4月に東京都北区赤羽の飲食店で、20代の男性店員の首をコードのようなもので絞め、顔を殴るなどして、全治およそ2週間のケガをさせた疑いが持たれている。佐藤容疑者は以前、この飲食店でトラブルを起こしていたため、入店を断られ、その腹いせで犯行に及んだとみられる。

女性経営者に被害届を取り下げるよう脅す 山口組傘下組員3人を逮捕

 熊本県警御船署は、熊本県甲佐町にある飲食店の女性経営者に対し、警察に提出した被害届を取り下げるよう求めたとして、いずれも特定抗争指定暴力団・六代目山口組傘下組員・中山一孝容疑者(56)と、内野広司容疑者(45)、仲光太志容疑者(26)の3人を証人威迫の疑いで逮捕した。

熊本県警御船警察署
熊本県警御船警察署

 熊本県甲佐町の飲食店で今年7月28日に、いきなり複数の客に対して怒鳴るなどしたとして、男5人が建造物侵入の疑いで逮捕される事件があり、この事件で警察に被害届けを出していた40代の女性経営者に対し、中山容疑者ら3人は自分たちが暴力団組員であることを告げた上で 被害届けを取り下げるよう求めた疑いがもたれている。同署は捜査に支障があるとして、3人の認否や5人との関係を明らかにしていない。

処分保留とした共政会組員を恐喝で再逮捕 播真組を家宅捜索

>>関連記事
 広島県警は2日午前、男性から200万円を脅し取ったとして、今年7月13日に逮捕・送検され、8月2日付で処分保留で釈放となった指定暴力団・六代目共政会組員・山田裕司容疑者(53)=広島市南区出島1丁目=を、別の知人男性のトラブルに介入して現金200万円を脅し取ったとして、恐喝の疑いで再逮捕し、山田容疑者が出入りしていた共政会系「二代目播真組」の組事務所を家宅捜索した。

共政会系「二代目播真組」の組事務所を家宅捜索
二代目播真組を家宅捜索

 山田容疑者は、去年6月下旬から7月上旬の間、知り合いの50代男性が関係するトラブルに介入し、播真組の組事務所などでこの男性に対し、「この件はみなに責任があることなんじゃけ」「払ってもらうよ」「200を用意しといてくれりゃーええけ」などと言って、7月上旬に中区の路上で男性から現金200万円を脅し取った疑いがもたれている。

 山田容疑者は「事実については何も言いたくない」と供述していて、県警は事件の経緯などを詳しく調べている。

神奈川県厚木市の路上で男性が日本刀で切られ頭から出血 犯人は逃走中

 1日午後3時50分頃、神奈川県厚木市下川入の路上で、男性が頭部から血を流していると110番があり、消防隊員が現場に駆け付けると、頭部から出血している20~30代とみられる男性が路上に倒れていた。病院に搬送されたが意識はあり、命に別条はない。犯人は逃走中で、日本刀を所持している可能性があるという。

神奈川県厚木市の路上で男性が日本刀で切られ頭から出血 犯人は逃走中3
事件のあった現場周辺
神奈川県厚木市の路上で男性が日本刀で切られ頭から出血 犯人は逃走中

神奈川県厚木市の路上で男性が日本刀で切られ頭から出血 犯人は逃走中2

 神奈川県警厚木署によると、男性は元暴力団関係者の50~60歳代くらいの男に、日本刀のようなもので切りつけられたという。ケガを負った男性は男とトラブルになっていたといい、面識があったとみられる。男性は「自分で刃物でやった」とも説明しているが、同署は傷害事件として逃げた男の行方を追っている。

神戸山口組系「安部組」事務所に車両特攻 山口組傘下組員ら2人を現行犯逮捕

>>同一記事
 福岡県福津市中央の住宅街にある特定抗争指定暴力団神戸山口組系「二代目安部組」の組事務所に1日、男2人が乗った乗用車1台が突っ込み、コンクリート製の塀などの一部が壊れた。

神戸山口組系「安部組」事務所に車両特攻 山口組傘下組員ら2人を現行犯逮捕8
二代目安部組の事務所
神戸山口組系「安部組」事務所に車両特攻 山口組傘下組員ら2人を現行犯逮捕
突っ込んだ車を押収
神戸山口組系「安部組」事務所に車両特攻 山口組傘下組員ら2人を現行犯逮捕

 通報を受けて警察が現場に駆けつけたところ、車のそばにいた特定抗争指定暴力団・六代目山口組傘下組員・石川弘樹容疑者(34)=住所不定=と、無職・加勢田浩佑容疑者(36)=佐賀県唐津市鎮西町=の2人が車で突っ込んだことを認めたため、建造物損壊の疑いでその場で現行犯逮捕した。

 調べに対し、石川容疑者は「対立する組であり、功績をあげたかった」などと供述して容疑を認め、熊本容疑者は「何も言いたくない」と話している。福岡県警は、供述の内容などから暴力団同士の対立抗争が背景にあるとみて捜査している。

三宮の飲食店襲撃 山口組系秋良連合会傘下組長ら2人に懲役2年4月の実刑判決

>>関連記事
 神戸地裁(入子光臣裁判長)で1日、今年2月に兵庫県神戸市の繁華街・三宮にある飲食店のガラスを割るなどしたとして、威力業務妨害と建造物損壊の罪に問われている特定抗争指定暴力団・六代目山口組秋良連合会傘下組長(52)と、同組幹部(41)の判決公判が開かれ、入子裁判長はいずれも懲役2年4月(求刑懲役5年)を言い渡した。

神戸地方裁判所
神戸地方裁判所

 両被告は今年2月18日、この飲食店が対立する特定抗争指定暴力団神戸山口組井上邦雄組長と親交のある店だと考え、店内に消火剤をまき散らしたり、入り口の引き戸のガラスに自転車を投げつけたりバールでたたくなどして壊し、業務を妨害した。

 入子裁判長は、事前に組長と実行役の組幹部は襲撃方法を相談していたことを踏まえ、「犯行は計画的で方法も悪質」と指摘。「抗争を背景に組織内での評価を高めるため行為に及んでおり、暴力団特有の身勝手な動機に酌量の余地はない」と非難した。

 | HOME |  »

twitter

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿
yakuzanews-twitter.png
ツイッターはこちら

ブログ内キーワード検索


カテゴリ

■殺人 (156)
■殺人未遂 (227)
■傷害致死 (30)
■死体遺棄 (372)
■生命身体加害略取罪 (1)
■殺人予備罪 (3)
■傷害・暴行・暴力行為 (447)
■逮捕監禁 (65)
■脅迫・恐喝・強要 (691)
■恐喝未遂 (68)
■銃刀法違反 (343)
■発砲事件 (273)
■凶器準備結集・集合 (15)
■強盗事件 (209)
■身代金目的略取 (2)
■窃盗・盗難 (239)
■盗品等関与罪 (5)
■常習特殊窃盗罪 (1)
■漁業法違反 (23)
密漁品流通 (1)
特定水産動植物の採捕の禁止 (2)
漁業法違反ほう助 (1)
■水産資源保護法違反 (3)
■水面漁業調整規則違反 (7)
■証人等威迫罪 (6)
■犯人隠避・犯人隠避教唆 (51)
■証拠隠滅 (7)
■覚せい剤・大麻・麻薬・ドラッグ (643)
■医薬品医療機器法違反 (1)
■薬事法違反 (12)
■臓器移植法違反 (5)
■賭博開帳図利・常習賭博 (174)
■モーターボート競走法違反 (11)
■詐欺・横領・背任 (943)
■特殊詐欺・電子計算機使用詐欺 (245)
■新型コロナ対策・GoToトラベル関連詐欺 (90)
■不正アクセス禁止法違反 (9)
■免状不実記載・公正証書原本不実記録 (115)
■有印私文書偽造 (18)
■携帯電話不正利用防止法 (2)
■有価証券偽造・偽造有価証券行使 (9)
■偽造通貨行使 (2)
■出資法違反・貸金業法違反 (88)
■銀行法違反 (2)
■強制性交等罪 (14)
■強制わいせつ (2)
■迷惑行為防止条例違反 (25)
■児童福祉法違反 (30)
■県青少年健全育成条例違反 (7)
■未成年者誘拐 (1)
■公然わいせつ (2)
■わいせつ図画販売 (18)
■児童買春・ポルノ処罰法違反 (8)
■風俗営業法違反 (33)
■売春防止法違反 (42)
■入管難民法違反 (12)
不法就労助長 (2)
旅券法違反 (8)
■労働者派遣事業法違反 (43)
■不動産侵奪 (2)
■職業安定法違反 (13)
■建設業法違反 (10)
■労働基準法違反 (3)
■不正競争防止法違反 (1)
■強制執行妨害・競売入札妨害 (20)
■廃棄物処理法違反 (17)
不法投棄 (13)
虚偽管理票交付 (2)
虚偽申請 (1)
■建造物侵入 (5)
■器物損壊・建造物、住建造物損壊 (117)
■建造物等放火 (24)
■火炎瓶処罰法 (4)
■爆発物取締罰則違反 (20)
■保護責任者遺棄致死 (1)
■道路運送法・道交法違反 (72)
自動車運転過失傷害・ひき逃げ (19)
妨害運転罪・あおり運転 (1)
酒酔い運転 (2)
■危険運転致傷 (3)
■暴走族追放条例違反 (1)
■公務執行妨害 (29)
■威力業務妨害 (23)
■競売入札妨害 (3)
■偽計業務妨害・偽計信用棄損 (11)
■名誉毀損罪 (1)
■商標法違反 (12)
■著作権法違反 (3)
■文化財保護法違反 (1)
■不正作出私電磁的記録 (2)
■電磁的記録媒体頒布 (3)
■密輸 (2)
■所得税法違反 (20)
■関税法違反 (6)
■電波法違反 (1)
■旅館業法違反 (1)
■民事保全法違反 (1)
■裁判員法違反 (2)
■弁護士法違反 (2)
■収賄罪 (1)
■地方公務員法違反 (3)
守秘義務違反 (0)
■職務強要 (1)
■特定商取引法違反 (4)
■裁判 (213)
■暴力団対策法 (119)
用心棒料等要求行為 (3)
多数集合 (4)
損害賠償 (10)
用心棒行為等防止命令 (3)
使用制限命令 (29)
再発防止命令 (18)
使用者責任 (21)
賞揚等禁止命令 (3)
■暴力団排除条例 (338)
■組織犯罪処罰法 (227)
組織的殺人 (19)
組織的殺人未遂 (38)
組織的詐欺 (14)
組織的恐喝 (8)
組織的強要 (1)
組織的賭博開帳図利 (3)
組織的建造物損壊 (3)
組織的威力業務妨害 (3)
没収保全命令 (1)
犯罪収益収受 (97)
犯罪収益隠匿 (10)
犯罪収益仮装 (2)
犯人隠避・犯人隠避教唆 (9)
組織犯罪処罰法違反幇助 (1)
組織犯罪証拠隠滅 (1)
■犯罪収益移転防止法 (8)
■暴力行為等処罰法 (25)
■指詰めの強要等の禁止 (0)
■脱退妨害行為 (0)
■暴力団追放活動 (91)
■家宅捜索 (165)
■不起訴処分 (38)
■中止命令 (106)
■宅建業法違反 (1)
■食品衛生法違反 (3)
■健康保険法違反 (3)
■国外 (65)
■その他 (2264)
■未分類 (1547)
■自動車運転処罰法違反 (1)