FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団・任侠・極道・反社組織関連の事件・ニュース速報

みかじめ料総額2500万円超 キャバクラ店経営者と稲川会系幹部に勧告

 神奈川県警暴力団対策課は26日、暴力団に現金を提供したとして飲食店経営の男性(36)に利益供与をしないよう、また指定暴力団・稲川会系組幹部(44)に利益供与を受けないよう、県公安委員会が県暴力団排除条例に基づきそれぞれ勧告した。

みかじめ料総額2500万円超 キャバクラ店経営者と稲川会系幹部に勧告
神奈川県警察本部

 男性経営者は稲川会系員に2019年から2021年までの間、毎年1月上旬頃に3回にわたり、神奈川県内で経営するキャバクラ店のみかじめ料名目で現金計504万円を提供。男性経営者は事情聴取に対して2007年に店を開業する際、稲川会系組員が訪ねてきたことをきっかけに、みかじめ料を支払ってきたと説明。「地元の暴力団にみかじめ料を払っておけば、ほかの暴力団組織が店に来ないだろうと思った」などとも話している。

 これまで男性経営者から稲川会側に提供された金額は総額2500万円を超えるとみられている。

恐喝未遂で弘道会傘下幹部ら逮捕・送検 建設会社を家宅捜索

 宮城県警は、男性から現金を脅し取ろうとしたとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系三代目弘道会傘下組幹部、佐々木学容疑者(42)=宮城県名取市下余田=と、建設会社役員・根岸敬容疑者(51)=仙台市若林区かすみ町=の2人を恐喝未遂の疑いで逮捕・送検し、26日に根岸容疑者が経営する建設会社を家宅捜索した。

630万円恐喝未遂で弘道会傘下組幹部、佐々木学容疑者ら2人を逮捕・送検 建設会社を家宅捜索
事件現場の建設会社
630万円恐喝未遂で弘道会傘下組幹部、佐々木学容疑者ら2人を逮捕・送検 建設会社を家宅捜索

 佐々木容疑者ら2人は今年10月27日、根岸容疑者が経営する建設会社内で、男性(30)に対して「一括でなければだめだ」「無理だったら考えろ、どうするか結果を出していけ」などと言って、現金630万円を要求した疑いが持たれている。男性が警察に届け出たため事件が発覚、未遂に終わった。県警は「捜査に支障がある」として、2人の認否を明らかにしていない。

生活保護費1023万円を不正受給 山口組傘下組員を逮捕

 警視庁は、暴力団組員であることを隠して生活保護費を不正受給したとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組傘下組員・西川邦広容疑者(72)を詐欺容疑で逮捕した。

生活保護費1023万円を不正受給 山口組傘下組員・西川邦広容疑者(72)を逮捕
西川邦広容疑者(72)

 西川容疑者は、2015年に服役を終えてすぐに生活保護費を申請をし、およそ6年間で計217回、あわせて1023万円の生活保護費をだまし取った疑いが持たれている。

 生活保護費は暴力団組員は支給対象ではなく、暴力団組員であることを隠してを申請をし、車も2台保有していた。

 調べに対し西川容疑者は、「生活保護を申請した時、私は暴力団員ではなかった」などと容疑を否認している。

池田組傘下組長を襲撃の2人 執行猶予付きの有罪判決

>>関連記事
 宮崎地裁(角田康洋裁判長)で25日、去年9月に宮崎市の駐車場で、当時、特定抗争指定暴力団神戸山口組から離脱した池田組系「志龍会」幹部で傘下組織組長を刃物で刺したとして、傷害の罪に問われているいずれも大分県の建設業・後藤陽祐被告(40)=大分県大分市=と、山本勝美被告(56)=大分県別府市=の2人の判決公判が行われ、宮崎地裁は執行猶予付きの有罪判決を言い渡した。

宮崎地方裁判所
宮崎地方裁判所

 2人は、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系「四代目石井一家」幹部で、「四代目江口組」組長・下藤勝一郎被告と共謀のうえ、2020年9月に宮崎市の駐車場で「志龍会」傘下組長を出刃包丁で突き刺しケガをさせた傷害の罪に問われていた。

 角田康洋裁判長は「犯行は危険で悪質であり被害結果も大きい」などとして後藤被告に懲役2年6か月・執行猶予3年、山本被告に懲役1年4か月・執行猶予3年の判決を言い渡した。

"車庫飛ばし"で会長親子を逮捕 「福島連合」事務所を家宅捜索

>>関連記事
 北海道警は25日午前、本来住んでいない住所を書いた転入・転居届を出したうえ、車の保管場所の使用許諾を得る、いわゆる「車庫とばし」をしたとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系三代目弘道会幹部で「福島連合」会長・福島康正容疑者(78)=札幌市中央区円山西町5丁目=と、息子の福島裕太容疑者(29)=同区南20条西12丁目=の親子2人が逮捕されたことを受け、「福島連合」本部事務所の家宅捜索を行った。

“車庫とばし”で「福島連合」本部事務所の家宅捜索1
福島連合の家宅捜索
“車庫とばし”で「福島連合」本部事務所の家宅捜索2

 息子の福島裕太容疑者は2020年8月下旬ごろから2021年2月初旬までの間に、札幌市中央区役所に自分が本来住んでいない、父親の福島康正容疑者の住所・札幌市中央区円山西町5丁目への転入・転居届を提出し、北海道運輸局札幌運輸支局に対して、ウソの住所を記載した「車両保管場所」の変更登録申請書を提出するなどした疑いがもたれている。

 父親の福島康正容疑者は、息子の裕太容疑者が「車両保管場所」の住所を変更する際に、車の保管場所使用承諾証明書(車庫証明)に署名し、犯行を幇助した疑いがもたれている。

 道警は、裕太容疑者が車を購入したものの自宅で車庫証明が取得できなかったため、親子で犯行に及んだとみて組織的な関与がなかったかなど捜査をすすめている。

空き巣:現金や財布などを窃盗 山口組傘下組員ら男3人を逮捕

 栃木県警捜査3課、宇都宮南署、下野署と茨城県警の合同捜査班は24日、茨城県在住の男性の自宅に侵入し、現金と財布などを盗んだとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組傘下組員・高見章生容疑者(47)=茨城県水戸市見川2丁目=と、無職・黒崎佳孝容疑者(39)=栃木県芳賀町芳志戸=、無職・登坂明男(37)=宇都宮市生まれ・住所不定=の3人を住居侵入と窃盗の疑いで逮捕した。

 3人は共謀し、6月18日の昼頃から午後6時ごろまでの間、茨城県那珂市の男性会社員(57)の自宅に窓から侵入し、現金17万5000円と財布など5点あわせて約2万円相当を盗んだ疑い。

 警察は、ほかにも余罪があるとみて捜査している。

紹介制のポーカー違法賭博店を摘発 従業員や客ら14人を逮捕

 警視庁組織犯罪対策4課は23日未明、東京都新宿区歌舞伎町の雑居ビルでポーカー賭博をさせたとして、違法賭博店「ランボ」を摘発、店長の塩尻誉征容疑者(47)=新宿区大久保1丁目=や、吉田泰旭容疑者(36)=新宿区新宿7丁目=ら従業員4人を賭博開帳図利容疑などで逮捕した。また20~50代の客10人も賭博容疑で現行犯逮捕した。

紹介制のポーカー違法賭博店を摘発 従業員や客ら14人を逮捕1
押収されたポーカー台など
紹介制のポーカー違法賭博店を摘発 従業員や客ら14人を逮捕2

 違法賭博店「ランボ」はクラブやバーなどが入る雑居ビルの一室で、看板を掲げ摘発を免れるため紹介制で集客していた。週に3回、午後8時半から翌午前6時まで営業して賭け金の約5%を手数料として徴収していた。塩尻容疑者らは容疑を認め、「5月に開店し、約2700万円を売り上げた」と話している。新型コロナウイルスの緊急事態宣言中も営業し、ホストなどが利用していた。

 塩尻容疑者ら4人は23日未明、新宿区歌舞伎町2丁目の雑居ビルで客にポーカー賭博をさせたとして、同課が賭博開帳図利容疑などで家宅捜索を行い現行犯逮捕された。証拠品としてポーカー台や現金約500万円、顧客名簿などを押収した。

親の住所で"車庫飛ばし" 弘道会傘下「福島連合」会長と息子を逮捕

 北海道警中央署は23日、本来住んでいない住所を書いた転入・転居届を出したうえ、車の保管場所の使用許諾を得る、いわゆる「車庫飛ばし」をしたとして、自称・自営業・福島裕太容疑者(29)=札幌市中央区=と、父親で特定抗争指定暴力団・六代目山口組系三代目弘道会幹部で「福島連合」会長・福島康正容疑者(78)の親子2人を電磁的公正証書原本不実記録・同供用・同幇助の疑いで逮捕した。

北海道警中央警察署
北海道警中央警察署

 息子の福島裕太容疑者は2020年8月下旬ごろから2021年2月初旬までの間に、札幌市中央区役所に自分が本来住んでいない、父親の福島康正容疑者の住所・札幌市中央区円山西町5丁目への転入・転居届を提出し、北海道運輸局札幌運輸支局に対して、ウソの住所を記載した「車両保管場所」の変更登録申請書を提出するなどした疑いがもたれている。

 父親の福島康正容疑者は、息子の裕太容疑者が「車両保管場所」の住所を変更する際に、車の保管場所使用承諾証明書(車庫証明)に署名し、犯行を幇助した疑いがもたれている。

 約半年後の2021年2月、裕太容疑者は本来の住所である札幌市中央区南20条西12丁目への転入・転出届を再提出していた。道警は2人の認否を明らかにしていないが、動機や余罪についても調べを進めている。

特殊詐欺事件:和解金全額支払いで住吉会側と和解が成立

 東京地裁で22日、指定暴力団・住吉会傘下組員が関与した特殊詐欺事件で、被害に遭った女性3人が住吉会元トップらに暴力団対策法上の責任があるとして約478万円の損害賠償を求めていた訴訟の和解が成立した。全国で提訴されている特殊詐欺事件訴訟で裁判上の和解は3例目。住吉会の前会長らが原告の女性3人に合わせて約301万円の和解金を払う内容で、既に全額支払われた。

東京地方裁判所
東京地方裁判所

 2017年8月から9月にかけて被害に遭ったのは、いずれも首都圏在住の70代女性で今年4月、住吉会関功前会長と、福田晴瞭元会長に対しては暴対法に基づき、住吉会傘下組員2人には共同不法行為責任に基づき提訴した。組員2人は詐欺グループの統制役で18年5月に埼玉県警に逮捕され、19年2月にいずれも詐欺、窃盗罪で有罪判決を受けていた。

自宅の雨どいに約380万円相当の覚醒剤 工藤会系組幹部を逮捕

 福岡県警は22日、北九州市を拠点に覚醒剤の密売を繰り返したなどとして、特定危険指定暴力団工藤会系組幹部・木村道直被告(57)=北九州市八幡東区春の町3丁目=と、密売グループメンバーや客ら計16人を覚醒剤取締法違反などの容疑で逮捕、福岡地検小倉支部に送検し捜査を終了したと発表した。福岡地検小倉支部は10月、木村被告が密売を何度も繰り返したとして、訴因変更し、より罰則が重い麻薬特例法違反でも起訴した。木村被告は大筋で容疑を認めているという。

福岡県警察本部
福岡県警察本部

 薬物銃器対策課によると、木村被告は6月24日、北九州市八幡東区で、覚醒剤約2グラムを長崎市内の男宛てに宅配便で送ったほか、昨年11月~6月に福岡、香川、長崎など6県の客に密売したなどとして、計7回逮捕された。客14人が覚醒剤の譲り受けの容疑などで逮捕、知人の女も木村容疑者と共謀した疑いで逮捕された。

 木村被告の自宅で覚醒剤約62.8グラム(末端価格約378万円)、未使用の注射器や計量器、売り上げとみられる現金約160万円などを押収した。家宅捜索では室内から覚醒剤が見つからなかったが、部屋の窓を開けた捜査員が、裏手の家の擁壁に足場のような跡を発見。よじ登って木村被告宅の雨どいのフタを外すと、食品保存容器3箱にポリ袋計80個に小分けにされた覚醒剤を発見した。

ネット銀行口座開設しキャッシュカード詐取 絆會幹部ら2人を逮捕

 北海道警西署は22日までに、他人に譲渡する目的でインターネット銀行で普通預金口座の開設を申し込み、キャッシュカードをだまし取ったとして、会社役員の男(51)=北海道札幌市西区=と、キャッシュカードを譲り受けた指定暴力団・絆會幹部(46)=札幌市中央区=を詐欺の疑いで逮捕した。

北海道警西警察署
北海道警西警察署

 2人は共謀し、1月31日に譲渡目的を隠してインターネット銀行「ジャパンネット銀行(現PayPay銀行)」の普通預金口座を開設を申し込み、3月4日ごろにキャッシュカードをだまし取った疑いがもたれている。

 6月15日に札幌市内で警察官が絆會幹部に職務質問して持ち物検査をしたところ、キャッシュカードが幹部名義ではなかったため調べを進め、会社役員の関与も浮上。容疑が固まったため22日までに2人を逮捕した。

神奈川県公安委:稲川会系幹部と不動産会社の取締役に勧告

 神奈川県公安委員会は、指定暴力団・稲川会系幹部に土地を供与したとして、、不動産会社の取締役の男性(70)に利益供与をしないよう、また稲川会系幹部(70)に利益供与を受けないよう、神奈川県暴力団排除条例に基づきそれぞれ勧告した。

 取締役の男性は5月上旬から同月28日までの間、稲川会系幹部が横浜市中区内の土地を組事務所の駐車場として購入するに当たり、不動産売買契約を知人の宅地建物取引業者に依頼したうえ、本来は稲川会系幹部が取締役の男性に支払うべき仲介手数料102万円を無料にしたという。

 取締役の男性は「稲川会系幹部とは6、7年前に知人の紹介で知り合った」などと説明。2人はいずれも勧告を受け入れた。

還付金詐欺事件で組員逮捕 極東会本部を家宅捜索

 大阪府警は22日、保険料の還付があると市役所職員になりすまし、大阪府の女性から約30万円をだまし取った特殊詐欺事件の関係先として、指定暴力団・極東会の本部事務所を電子計算機使用詐欺容疑などで家宅捜索した。

特殊詐欺事件で組員逮捕 極東会本部を家宅捜索
極東会本部を家宅捜索

 今年10月に大阪府の60代女性に「保険料の還付があります」と市役所職員などをかたりウソの電話かけ、約30万円を振り込み送金させ、だまし取られる事件が発生。府警は、千葉県船橋市内のコンビニエンスストアで、現金自動預払機から現金を引き出したとして、10月に極東会傘下組員・田中孝広容疑者(50)を電子計算機使用詐欺、窃盗の容疑で逮捕・起訴していた。 

 府警は、極東会の組織的関与の可能性を視野に調べている。

覚醒剤を営利目的で所持 稲川会系「林一家」傘下組員を逮捕

 神奈川県警薬物銃器対策課は19日までに、営利目的で覚醒剤約87.7グラム(末端価格約500万円)を所持したとして、指定暴力団・稲川会系「五代目林一家」傘下「平栗組」組員・上原俊輔容疑者(33)=横浜市南区若宮町=と、平栗組幹部・大平達也容疑者(50)=南区八幡町=、同幹部・舟橋誠一容疑者(50)、三宅孝幸容疑者(54)ら4人を覚醒剤取締法違反(営利目的共同所持)の疑いで逮捕した。捜査に支障があるとして4人の認否は明らかにしていない。

覚醒剤を営利目的所持 稲川会系「林一家」傘下組員を逮捕
覚醒剤を営利目的所持
覚醒剤を営利目的所持 稲川会系「林一家」傘下組員を逮捕
押収された覚醒剤など
覚醒剤を営利目的所持 稲川会系「林一家」傘下組員を逮捕

 同課は昨年5月ごろからこれまでに、客として十数人を覚醒剤の所持や使用の疑いで摘発、捜査の過程で上原容疑者らが密売を行っている疑いが浮上した。

 今年7月14日午前11時25分ごろ、同課による「平栗組」組事務所の家宅捜索時に、上原容疑者ら4人がポリ袋86袋に小分けされた覚醒剤約87.7グラムを営利目的で所持していたとされる。

 捜査員が事務所の捜索に入る直前、室内にいた4人は証拠を隠滅しようとして、覚醒剤や未使用の注射器69本が入っていたカバンを窓から外へ投げ捨てたため、同課は現行犯逮捕を見送り、屋外に落ちていた覚醒剤を回収して裏付け捜査を進めていた。

「闇スロット」違法賭博店 店長と客3人を現行犯逮捕

 栃木県警組織犯罪対策1課と宇都宮東署は17日、宇都宮市宿郷1丁目の違法賭博店「ベネチアン」を捜査員約50人態勢で家宅捜索し、ゲーム機賭博店店長・竹沢隆久容疑者(67)=宇都宮市平松本町=を常習賭博の疑いで、25歳~42歳の男性客3人を単純賭博の疑いでそれぞれ現行犯逮捕した。

違法賭博店「ベネチアン」の押収品
押収されたゲーム機など

 竹沢容疑者は17日午前0時30分頃、違法賭博店「ベネチアン」で、客3人にスロット機で金をかけた賭博をさせた疑い。客の男3人は、同日時に店内で賭博をした疑い。4人とも容疑を認めている。

 「ベネチアン」は会員制で、雑居ビルの2階に看板を掲げずに午後9時から翌日の昼頃まで営業していたとみられ、入店客を玄関のカメラで確認して出入りを監視していた。店内にはスロット機14台と、ポーカーなどのゲーム機計6台が設置されていた。

 県警は暴力団の関与や経営実態について捜査を進めている。

 | HOME |  »

twitter

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿
yakuzanews-twitter.png
ツイッターはこちら

ブログ内キーワード検索


カテゴリ

■殺人 (128)
■殺人未遂 (208)
■傷害致死 (28)
■死体遺棄 (373)
■生命身体加害略取罪 (1)
■殺人予備罪 (3)
■傷害・暴行・暴力行為 (414)
■逮捕監禁 (57)
■脅迫・恐喝・強要 (659)
■恐喝未遂 (59)
■銃刀法違反 (330)
■発砲事件 (270)
■凶器準備結集・集合 (14)
■強盗事件 (201)
■身代金目的略取 (2)
■窃盗・盗難 (231)
■盗品等関与罪 (4)
■常習特殊窃盗罪 (1)
■漁業法違反 (17)
密漁品流通 (1)
特定水産動植物の採捕の禁止 (2)
漁業法違反ほう助 (1)
■水産資源保護法違反 (3)
■水面漁業調整規則違反 (7)
■証人等威迫罪 (4)
■犯人隠避・犯人隠避教唆 (50)
■証拠隠滅 (5)
■覚せい剤・大麻・麻薬・ドラッグ (594)
■医薬品医療機器法違反 (1)
■薬事法違反 (12)
■臓器移植法違反 (5)
■賭博開帳図利・常習賭博 (163)
■モーターボート競走法違反 (11)
■詐欺・横領・背任 (916)
■特殊詐欺・電子計算機使用詐欺 (223)
■新型コロナ対策・GoToトラベル関連詐欺 (72)
■不正アクセス禁止法違反 (7)
■免状不実記載・公正証書原本不実記録 (110)
■有印私文書偽造 (18)
■携帯電話不正利用防止法 (2)
■有価証券偽造・偽造有価証券行使 (9)
■偽造通貨行使 (2)
■出資法違反・貸金業法違反 (86)
■銀行法違反 (2)
■強制性交等罪 (14)
■強制わいせつ (2)
■迷惑行為防止条例違反 (25)
■児童福祉法違反 (30)
■県青少年健全育成条例違反 (7)
■未成年者誘拐 (1)
■公然わいせつ (1)
■わいせつ図画販売 (17)
■児童買春・ポルノ処罰法違反 (8)
■風俗営業法違反 (23)
■売春防止法違反 (42)
■入管難民法違反 (12)
不法就労助長 (2)
旅券法違反 (8)
■労働者派遣事業法違反 (43)
■不動産侵奪 (2)
■職業安定法違反 (9)
■建設業法違反 (10)
■労働基準法違反 (3)
■不正競争防止法違反 (1)
■強制執行妨害・競売入札妨害 (20)
■廃棄物処理法違反 (15)
不法投棄 (12)
虚偽管理票交付 (2)
虚偽申請 (1)
■建造物侵入 (5)
■器物損壊・建造物、住建造物損壊 (94)
■建造物等放火 (24)
■火炎瓶処罰法 (3)
■爆発物取締罰則違反 (20)
■保護責任者遺棄致死 (1)
■道路運送法・道交法違反 (68)
自動車運転過失傷害・ひき逃げ (17)
妨害運転罪・あおり運転 (1)
酒酔い運転 (2)
■危険運転致傷 (2)
■暴走族追放条例違反 (1)
■公務執行妨害 (27)
■威力業務妨害 (21)
■競売入札妨害 (3)
■偽計業務妨害・偽計信用棄損 (11)
■名誉毀損罪 (1)
■商標法違反 (11)
■著作権法違反 (3)
■文化財保護法違反 (1)
■不正作出私電磁的記録 (2)
■電磁的記録媒体頒布 (3)
■密輸 (2)
■所得税法違反 (20)
■関税法違反 (7)
■電波法違反 (1)
■旅館業法違反 (1)
■民事保全法違反 (1)
■裁判員法違反 (2)
■弁護士法違反 (2)
■収賄罪 (1)
■地方公務員法違反 (2)
守秘義務違反 (0)
■職務強要 (1)
■特定商取引法違反 (4)
■裁判 (214)
■暴力団対策法 (94)
用心棒料等要求行為 (3)
多数集合 (4)
損害賠償 (10)
用心棒行為等防止命令 (2)
使用制限命令 (26)
再発防止命令 (15)
使用者責任 (19)
称揚行為の禁止 (1)
■暴力団排除条例 (327)
■組織犯罪処罰法 (212)
組織的殺人 (20)
組織的殺人未遂 (36)
組織的詐欺 (14)
組織的恐喝 (6)
組織的強要 (1)
組織的賭博開帳図利 (3)
組織的建造物損壊 (3)
組織的威力業務妨害 (1)
没収保全命令 (1)
犯罪収益収受 (92)
犯罪収益隠匿 (9)
犯罪収益仮装 (1)
犯人隠避・犯人隠避教唆 (9)
組織犯罪処罰法違反幇助 (1)
組織犯罪証拠隠滅 (1)
■犯罪収益移転防止法 (6)
■暴力行為等処罰法 (21)
■指詰めの強要等の禁止 (0)
■脱退妨害行為 (0)
■暴力団追放活動 (91)
■家宅捜索 (165)
■不起訴処分 (37)
■中止命令 (102)
■宅建業法違反 (1)
■食品衛生法違反 (3)
■健康保険法違反 (3)
■国外 (65)
■その他 (1938)
■未分類 (1854)