FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団・任侠組織・極道関連の事件・ニュース速報

北九州繁華街を「夜回り」 主犯格の工藤会系組長らに有罪判決

>>関連記事
 福岡地裁で10日、北九州市の繁華街をスーツ姿で集団で歩き周囲を威圧したなどの罪に問われている特定危険指定暴力団工藤会系組長ら7人の裁判で、主犯格の男ら2人に有罪判決を言い渡した。その他5人の組員については既に罰金50万円から80万円の有罪判決が出ている。

 判決によると工藤会幹部で「二代目矢坂組」組長、山本和義被告(71)と、同会系「二代目常雪組」組長、藤岡勝幸被告(49)は、他の工藤会系組員5人と共謀し6月、北九州市の繁華街を「夜回り」と称して黒いスーツ姿でうろつき通行人や飲食店関係者を威圧した疑い。

 福岡地裁の松藤和博裁判官は、「一般市民に不安を抱かせた責任は重い」と指摘、「地域経済に与えた影響は著しい」として主犯格の山本被告に懲役6ヶ月と執行猶予3年、藤岡被告に罰金80万円の有罪判決を言い渡した。

  
 

仙台・国分町 客引き組織トップ逮捕

 宮城県警大和署と生活環境課などは5日、県迷惑行為防止条例違反の疑いで、知念洋文容疑者(36)=仙台市青葉区上杉1=を逮捕した。県警によると知念容疑者は暴力団関係者とみられ、客引き組織のトップだった。県警がこうした組織のリーダー格を摘発するのは初めてという。

 逮捕容疑は9月27日、20代の飲食店従業員の男=同条例違反で逮捕=と共謀して、同区国分町2丁目の路上で客引き行為をしたとしている。「分からない」と容疑を否認している。

 この組織は主にキャバクラや風俗店の斡旋を中心とした数十人規模のもので、店から紹介料を得ていたとみている。沖縄県の出身者が複数いるため国分町の他の客引きから「沖縄グループ」と呼ばれていた。

 県警は知念容疑者の自宅と拠点とみられる事務所を捜索し、関係資料を押収。組織の実態や背景などを慎重に調べる。

  
 

繁華街うろつき威圧 工藤会系組長らに罰金50~80万円

>>関連記事
 福岡地裁小倉支部は3日、「夜回り」と称して北九州市の繁華街を複数人でうろつき、暴力団の威力を示したとして、工藤会系の組長らに罰金の有罪判決を言い渡した。

 県の迷惑行為防止条例違反の罪に問われているのは特定危険指定暴力団工藤会幹部で「木政組」組長、木村正勝被告ら7人。3日はこのうち5人の初公判が開かれ、被告らはいずれも「条例は知らなかったが、やったことに間違いない」と起訴内容を認めた。

 起訴状などによると木村被告らは6月、北九州市の小倉や黒崎の繁華街を「夜回り」と称して黒系のスーツ姿で広がってた歩いたほか、たむろするなどして暴力団の威力を示したとされている。

 裁判で検察側は「被告らは影響力が弱まっている工藤会の威力を示そうと犯行を計画した」と指摘し、罰金50万円から80万円を求刑。一方の弁護側も「罪を認めて反省している」などとして罰金刑が相当とした。

 裁判は即日で結審し、木村被告ら5人に求刑通り、罰金50万円から80万円の有罪判決を言い渡した。

  
 

「半グレ多い」と夜回り 工藤会系組長ら起訴

>>関連記事
 福岡地検小倉支部は9日、夜の繁華街をうろついて通行人や飲食店関係者を威圧したとして、福岡県迷惑行為防止条例違反(粗暴行為)の罪で、特定危険指定暴力団工藤会系「二代目矢坂組」組長、山本和義容疑者(70)ら7人を起訴した。認否を明らかにしていない。

 小倉支部によると、被告らは縄張りを主張するため、飲食店関係者に「最近街はどうだ。半グレが多いから俺らが歩かないといかんのや」などと話し掛けていた。

 起訴状などによると、6月16日午後8時から約2時間、小倉北区や八幡西区の繁華街で通行人の邪魔をするようにうろつき、暴力団の威力を示したとしている。

  

夜の繁華街うろつき威圧 工藤会系組長ら7人逮捕

 福岡県警は19日、夜の繁華街をうろついて通行人らを威圧したとして、特定危険指定暴力団工藤会系「二代目矢坂組」組長、山本和義容疑者(70)=同市小倉北区泉台=、木村正勝容疑者(70)=同市小倉南区下城野1丁目=ら同会傘下組織組長の男4人と、幹部の男2人ら計7人を県迷惑行為防止条例違反(粗暴行為)の疑いで逮捕した。県警は7人の認否を明らかにしていない。平成26年から同会の壊滅作戦が進んでおり、県警は弱体化のイメージを拭い去る意図があったとみて調べる。

 北九州地区暴力団犯罪捜査課によると、山本容疑者ら組長5人は6月16日午後8時過ぎごろ、同市小倉北区堺町近くの路上を黒色系のスーツ姿でうろつき、通行人をにらみつけるなどして暴力団の威力を示した疑い。同日午後10時ごろには組幹部2人を加えた7人が、同市八幡西区黒崎1丁目で同様の行為をした疑い。パトロール中の警察官が見つけた。

 市内の繁華街では15年8月に工藤会系組員が手りゅう弾を高級クラブへ投げ込み11人が重軽傷を負ったり、暴力団員立ち入り禁止の標章を掲げた店の関係者が襲撃されたりする事件が発生。県警は特別対策隊を発足し警戒に当たるほか、26年9月には同会トップを逮捕するなど壊滅作戦に着手。組員数はピーク時の約730人から約360人(昨年末時点)に減少していた。

  

W杯の予選券転売容疑で組幹部逮捕

 サッカーワールドカップ(W杯)アジア最終予選B組の日本-豪州戦の入場券でいわゆるダフ屋行為をしたとして浦和東署は1日、県迷惑行為防止条例違反の疑いで、暴力団「姉ヶ崎会」傘下幹部で東京都台東区の露天商、松本英雄容疑者(70)を現行犯逮捕したと発表した。同署は認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は8月31日午後7時25分ごろ、さいたま市緑区の埼玉スタジアム南門前で、転売目的で入場券2枚(計8200円)を警戒中の私服警察官に4万円で売ろうとしたとしている。

  

神戸山口組「侠友会」若頭を逮捕 電話やメールで嫌がらせ

 兵庫県警淡路署は6日、県迷惑防止条例違反容疑で指定暴力団神戸山口組系「侠友会」若頭で「修心會」会長、薮内秀宝(ひでたか)容疑者(46)=同県洲本市五色町鮎原鮎の郷=を逮捕した。容疑の一部を否認しているという。

 逮捕容疑は4月12日午前0時50分ごろから同2時過ぎまで、淡路市内の会社員の男性(38)の携帯電話に、正当な理由なく数十回にわたって電話やメールを送信する嫌がらせを繰り返したとしている。

 同署によると、2人は以前からの知人で男性からの相談で発覚した。薮内容疑者は「電話はかけたが、正当な理由なくということには納得できません」と話しているという。

  

阪神戦チケット ダフ屋行為容疑で山口組系組員を逮捕

 プロ野球阪神対広島戦のチケットを警戒中の署員に売ろうとしたとして、兵庫県警甲子園署は17日、県迷惑防止条例違反(ダフ屋行為)容疑で指定暴力団山口組系組員、安田幸和容疑者(52)=大阪市東淀川区大桐=を現行犯逮捕したと発表した。容疑を認めている。

 逮捕容疑は15日午後1時45分ごろ、同県西宮市の阪神甲子園駅前で、同日開催の阪神対広島戦の外野指定席のチケット1枚を、警戒中の署員に4千円で売ろうとしたとしている。

 同署によると、安田容疑者はチケットを複数枚持っていたといい、入手方法や余罪について調べている。

  

山口組団員、阪神戦チケットを1万円増しで転売 警官に売り、逮捕/兵庫

 プロ野球・阪神-広島戦の観戦チケットを転売したとして、兵庫県警甲子園署は4日、県迷惑防止条例違反(ダフ屋行為)容疑で、大阪市西成区萩之茶屋の指定暴力団山口組系暴力団組員、石川弘二容疑者(45)を現行犯逮捕した。容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、同日午後4時55分ごろ、西宮市の阪神甲子園球場で開催の阪神-広島戦の外野指定席のチケット2枚(計4400円)を、警戒中の警察官に計1万4000円で売ったとしている。

  
 

女性2人にチケット転売した疑い 暴力団幹部の男逮捕 大宮署/埼玉

 大宮署は28日、県迷惑行為防止条例違反(ダフ屋行為)の疑いで、東京都台東区浅草、暴力団幹部で無職の男(68)を逮捕した。

 逮捕容疑は7月15日、JRさいたま新都心駅の改札口付近で、県内の女性2人に対して1枚1万800円のチケット2枚を計7万円で転売した疑い。

 同署によると、チケットはダンスボーカルユニットが出演するコンサートの入場券。同署が所沢市の西武ドーム付近で警戒していたところ、男が現れたという。男は「言いたくない」と容疑を否認している。

  

三社祭で入れ墨見せる=混乱誘発、組幹部逮捕-迷惑防止条例違反容疑・警視庁

 東京・浅草で5月に行われた「三社祭」で観客らに全身の入れ墨を見せ、混乱を誘発するような行為をしたなどとして、警視庁生活安全特別捜査隊は24日までに、都迷惑防止条例違反容疑で、指定暴力団住吉会浅草髙橋組幹部、小櫃守一容疑者(46)=埼玉県草加市高砂=ら男2人を逮捕した。同隊によると、2人は容疑を認めている。

 逮捕容疑は三社祭最終日の5月17日午前、観客が多数集まる東京都台東区西浅草の路上で、ふんどし姿で入れ墨を見せて暴力団としての威力を示し、扇子を振るなどしてみこしを誘導。祭りの混乱を誘発するような行為などをした疑い。
 昨年の三社祭でも暴力団組員らがトラブルを起こしていたといい、警視庁が警戒していた。現場付近には他にも複数の組員がいたという。

  

ポール・マッカートニーのチケット「転売」で逮捕・・・なぜ「ダフ屋」は違法なのか?

>>関連記事
 元ビートルズのポール・マッカートニーさん(72)の東京ドーム公演のチケットを不正転売したとして、男性2人が4月下旬、東京都迷惑防止条例違反(ダフ屋行為)の疑いで警視庁に現行犯逮捕された。

 報道によると、逮捕されたのは、東京都台東区の暴力団幹部(67)と兵庫県姫路市の歯科医師(46)。2人はポールさんの東京ドーム公演初日の4月23日夕、JR水道橋駅周辺で、50代の会社員男性に対して、定価1万8000円のチケットを8万円で転売した疑いが持たれている。

 歯科医師が、知り合いだった暴力団幹部に余ったチケットの転売を依頼したところ、暴力団幹部が水道橋駅付近で声をかけた会社員男性を紹介したのだという。

続きを読む »

ダフ屋容疑で男2人逮捕=マッカートニーさん公演で-警視庁

>>関連記事
 来日中で元ビートルズのポール・マッカートニーの東京ドーム公演の入場券を転売したとして、警視庁生活安全特別捜査隊は、都迷惑防止条例違反(ダフ屋行為)容疑で、暴力団姉ケ崎会傘下組長の松本英雄容疑者(67)=東京都台東区浅草=と、自称歯科医師の小谷達也容疑者(46)=兵庫県姫路市新在家=を逮捕した。

 両容疑者は20年来の知人。小谷容疑者がインターネットでチケット5枚を購入し、余った2枚の転売を松本容疑者に依頼していた。小谷容疑者は容疑を認め、松本容疑者は黙秘している。

 同隊によると、松本容疑者がJR水道橋駅付近で、不特定の客に声を掛けて入場券の販売額を交渉。その後、小谷容疑者が客と一緒に近くのトイレに入り、現金と券の受け渡しをしていた。

 逮捕容疑は4月23日午後6時25分ごろ、水道橋駅近くのビルの男子トイレで、転売目的で得たコンサート入場券1枚を男性会社員(51)に8万円で販売したとしている。入場券はS席で元値は1万8千円だった。

 ポールさんは昨年、日本で4公演を予定していたが体調不良のため中止になった。今回は1年半ぶりの来日公演で、28日には1966年のビートルズ来日以来49年ぶりとなる日本武道館公演が予定されている。

三代目JSBのチケット転売 ダフ屋容疑で組幹部逮捕

 人気グループ「三代目 J Soul Brothers」などが出演するコンサートのチケットを転売しようとしたとして、埼玉県警大宮署は15日、県迷惑防止条例違反(ダフ屋行為)の疑いで、東京都豊島区東池袋、暴力団組幹部渋井光明容疑者(63)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は、コンサート当日の15日午後6時25分ごろ、会場のあるさいたま市中央区のさいたまスーパーアリーナ近くの駅前で、チケット(1万800円)を警戒中の捜査員に転売しようとした疑い。

 大宮署によると、渋井容疑者は「間違いありません」と供述している。

プロレス入場券、転売目的で購入=ダフ屋容疑、組員逮捕-警視庁

 両国国技館(東京都墨田区)で開催されたプロレスの入場券を転売目的で購入したとして、警視庁生活安全特別捜査隊と本所署は8日までに、都迷惑防止条例違反(ダフ屋行為)容疑で、住所不定の姉ヶ崎会系暴力団組員、森田真司容疑者(53)を現行犯逮捕した。
 同隊によると、「生活費を稼ぐため」と容疑を認めているという。森田容疑者はダフ屋行為で月20万円ほど稼いでおり、同容疑でこれまで20回逮捕されていた。

ジャニーズの入場券転売で男逮捕、2人を書類送検/東京

警視庁は9日までに、東京都迷惑防止条例違反(常習ダフ屋行為)の疑いで、東京都豊島区、暴力団組員松本哲也容疑者(2 2)を逮捕、同条例違反(ダフ屋行為)の疑いで埼玉県川越市の女(29)と川崎市の女(21)を書類送検した。

松本容疑者の逮捕容疑は、3月17日、東京都千代田区の路上で、ジャニーズ事務所所属のアイドルグループが出演した東京ドームでのコンサート入場券を客の女性2人に販売すると約束し、女らに入場券2枚を計4万円で販売させた疑い。

警視庁によると、警戒中の捜査員が入場券の売り買いを目撃した。

少女にダフ屋行為させる 暴力団組員を逮捕/東京

 韓国の人気デュオ「東方神起」のコンサートのチケットを転売目的で少女に買い取らせたとして、警視庁生活安全特別捜査隊は、都迷惑防止条例違反(ダフ屋行為)の疑いで、東京都調布市国領町、暴力団組員、伊藤例門(れいもん)容疑者(46)を逮捕した。同隊によると、「覚えていない」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は、4月15日午後2時半ごろ、コンサート会場近くのJR水道橋駅(千代田区三崎町)前の路上で、都内に住む無職の少女(19)=同条例違反容疑で逮捕=を雇い、入場券(販売価格1枚9500円)2枚を、神奈川県の30代の女性会社員から買い取らせたとしている。

 同隊によると、伊藤容疑者が、少女を使って、自分は警察からの摘発を逃れようとしたとみられる。少女はこれまでに約10回チケットを買い取り、計10万円の報酬を受けていたとみられる。

「BIGBANG」のコンサートでダフ屋 容疑の男2人逮捕 大宮署/埼玉

 人気韓国人男性グループのコンサートチケットでいわゆるダフ屋行為をしたとして、埼玉県警捜査4課と大宮署は17日、県迷惑行為防止条例違反(入場券等の不当な売買行為)の現行犯で、名古屋市天白区八事山、指定暴力団山口組系組員、安田国治容疑者(47)と、同市北区若鶏町、無職、秋宗裕明容疑者(21)=住所、氏名はいずれも自称=を逮捕した。

 捜査4課の調べによると、両容疑者は共謀し、17日午後1時45分ごろ、さいたま市大宮区のJRさいたま新都心駅前で、さいたまスーパーアリーナで午後4時開演の韓国人男性グループ「BIGBANG」のコンサートチケットを不正に転売しようとした疑いが持たれている。

 両容疑者は、同駅周辺を警戒していた捜査員に「チケットあるよ」などと声をかけ、正規料金9500円のチケットを約7万円で売ろうとした。

 捜査4課の調べに対し、安田容疑者は「覚えていない」と容疑を否認しているが、秋宗容疑者は容疑を認めているという。

AKB「選抜総選挙」チケットのダフ屋行為で逮捕 買った男性入場できず/東京

 アイドルグループAKB48のイベント「選抜総選挙」のチケットを転売したとして、警視庁生活安全特別捜査隊は8日までに、東京都迷惑防止条例違反(常習ダフ屋行為)の疑いで、東京都町田市の暴力団組員(37)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑はイベント当日の6日午後4時ごろ、会場の日本武道館(東京都千代田区)近くの路上で、チケット1枚(定価3000円)を埼玉県の40代の男性会社員に1万円で転売した疑い。

 生特隊によると、チケットに印字された正規購入者の氏名と、身分証明書の氏名が一致しないと入場できない仕組みだったため、男性会社員は入場できなかった。

 暴力団組員は別の男性から1万2000円で買い取ったが、身分確認が求められるため買い手が見つからず、1万円で転売したという。

 チケットはインターネットのオークションサイトで価格が高騰し、1枚7万円以上で取引されるケースもあった。

ヤフードームでダフ屋、容疑の組幹部ら7人逮捕/福岡

 福岡市中央区のヤフードームで開催されたプロ野球観戦チケットを不正に転売した疑いが強まったとして、福岡県警中央署などは26日、指定暴力団福博会系組幹部ら7人を県迷惑行為防止条例違反(ダフ屋行為の禁止)の疑いで逮捕した。

 同日午後0時25分頃、ドーム周辺で捜査員数十人が7人の身柄を一斉に確保した。県警はダフ屋行為の収益が暴力団の資金源になっていた疑いがあるとみて追及する。

 捜査関係者によると、幹部らはヤフードーム周辺で、転売目的で入手した4月上旬開催の福岡ソフトバンクホークス公式戦の観戦チケットを販売した疑い。県警は今春頃から内偵捜査を進め、逮捕状を取って一斉確保に踏み切った。

 同会は2010年5月にも、同様に観戦チケットを不正に転売したとして、同会系の組幹部ら8人が同容疑で逮捕された。

 | HOME |  »

ブログ内キーワード検索


おすすめ

10日程でスピードお届け!
組合系でクレジット機能なし

↑ ↑ ↑ ↑
個人的な審査に不安な方
まったく問題なし!!!
↓ ↓ ↓ ↓

安心して下さい。作れますよ。

カテゴリ

■殺人 (107)
■殺人未遂 (193)
■傷害致死 (25)
■死体遺棄 (375)
■生命身体加害略取罪 (1)
■殺人予備罪 (3)
■傷害・暴行・暴力行為 (404)
■逮捕監禁 (58)
■脅迫・恐喝・強要 (639)
■恐喝未遂 (49)
■銃刀法違反 (323)
■発砲事件 (269)
■凶器準備結集・集合 (14)
■強盗事件 (198)
■身代金目的略取 (2)
■窃盗・盗難 (222)
■盗品等関与罪 (4)
■常習特殊窃盗罪 (1)
■漁業法違反 (16)
密漁品流通 (1)
特定水産動植物の採捕の禁止 (1)
漁業法違反ほう助 (1)
■水産資源保護法違反 (3)
■水面漁業調整規則違反 (7)
■証人等威迫罪 (2)
■犯人隠避・犯人隠避教唆 (50)
■証拠隠滅 (5)
■覚せい剤・大麻・麻薬・ドラッグ (577)
■医薬品医療機器法違反 (1)
■薬事法違反 (12)
■臓器移植法違反 (5)
■賭博開帳図利・常習賭博 (156)
■モーターボート競走法違反 (11)
■詐欺・横領・背任 (1156)
■免状不実記載・公正証書原本不実記録 (104)
■有印私文書偽造 (18)
■携帯電話不正利用防止法 (2)
■有価証券偽造・偽造有価証券行使 (9)
■偽造通貨行使 (2)
■出資法違反・貸金業法違反 (83)
■銀行法違反 (2)
■強制性交等罪 (14)
■強制わいせつ (2)
■迷惑行為防止条例違反 (25)
■児童福祉法違反 (31)
■県青少年健全育成条例違反 (7)
■未成年者誘拐 (1)
■公然わいせつ (1)
■わいせつ図画販売 (17)
■児童買春・ポルノ処罰法違反 (8)
■風俗営業法違反 (23)
■売春防止法違反 (42)
■入管難民法違反 (12)
不法就労助長 (2)
旅券法違反 (8)
■労働者派遣事業法違反 (42)
■不動産侵奪 (2)
■職業安定法違反 (8)
■建設業法違反 (10)
■労働基準法違反 (2)
■不正競争防止法違反 (1)
■強制執行妨害・競売入札妨害 (20)
■廃棄物処理法違反 (15)
不法投棄 (12)
虚偽管理票交付 (2)
虚偽申請 (1)
■建造物侵入 (5)
■器物損壊・建造物、住建造物損壊 (90)
■建造物等放火 (22)
■火炎瓶処罰法 (2)
■爆発物取締罰則違反 (20)
■保護責任者遺棄致死 (1)
■道路運送法・道交法違反 (66)
自動車運転過失傷害・ひき逃げ (16)
妨害運転罪・あおり運転 (1)
■公務執行妨害 (27)
■威力業務妨害 (21)
■競売入札妨害 (3)
■偽計業務妨害・偽計信用棄損 (11)
■名誉毀損罪 (1)
■商標法違反 (10)
■著作権法違反 (3)
■文化財保護法違反 (1)
■不正作出私電磁的記録 (2)
■電磁的記録媒体頒布 (3)
■密輸 (2)
■所得税法違反 (20)
■関税法違反 (7)
■電波法違反 (1)
■旅館業法違反 (1)
■民事保全法違反 (1)
■裁判員法違反 (2)
■弁護士法違反 (2)
■収賄罪 (1)
■地方公務員法違反 (2)
守秘義務違反 (0)
■職務強要 (1)
■特定商取引法違反 (4)
■裁判 (214)
■暴力団対策法 (76)
用心棒料等要求行為 (3)
多数集合 (4)
損害賠償 (10)
用心棒行為等防止命令 (2)
使用制限命令 (21)
再発防止命令 (13)
使用者責任 (15)
■暴力団排除条例 (310)
■組織犯罪処罰法 (197)
組織的殺人 (20)
組織的殺人未遂 (30)
組織的詐欺 (14)
組織的恐喝 (6)
組織的強要 (1)
組織的賭博開帳図利 (3)
組織的建造物損壊 (3)
組織的威力業務妨害 (1)
没収保全命令 (1)
犯罪収益収受 (86)
犯罪収益隠匿 (9)
犯罪収益仮装 (1)
犯人隠避・犯人隠避教唆 (9)
組織犯罪処罰法違反幇助 (1)
組織犯罪証拠隠滅 (1)
■犯罪収益移転防止法 (5)
■暴力行為等処罰法 (18)
■指詰めの強要等の禁止 (0)
■脱退妨害行為 (0)
■暴力団追放活動 (91)
■家宅捜索 (165)
■不起訴処分 (36)
■中止命令 (101)
■危険運転致傷 (2)
■暴走族追放条例違反 (1)
■宅建業法違反 (1)
■食品衛生法違反 (1)
■健康保険法違反 (3)
■国外 (65)
■その他 (1920)
■未分類 (1857)