FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

休業補償金詐取疑い 「絆会」系幹部ら4人逮捕

 千葉県警捜査4課は18日までに、指定暴力団・絆会系幹部、沢井亨容疑者(56)=さいたま市見沼区=ら男4人を、詐欺の疑いで逮捕した。

 4人の逮捕容疑は共謀し昨年12月下旬~今年2月中旬ごろ、沢井容疑者が車の事故でけがを負い勤務先を休業したと、千葉市の損害保険会社支部に、虚偽申請し現金90万円を支払わせた疑い。認否は明らかにしていない。

 同課は、事故の有無も含めて捜査を進めている。



コロナ対策持続化給付金 「酒梅組」組員らを詐欺で逮捕

 大阪府警西成署は17日までに、暴力団員であることを隠し新型コロナウイルス対策の持続化給付金をだまし取ったとして指定暴力団・「十代目酒梅組」組員で「光和会」会長・小野寺和彦容疑者(54)=大阪市西成区=と、知人の男女計3人を詐欺容疑で逮捕した。

 いずれも「暴力団員だから申請できないとは知らなかった」などと容疑を否認しているという。同給付金の暴力団排除規定に基づく逮捕は全国初。

 逮捕容疑は、インターネットで持続化給付金を申請する際、「暴力団員ではない」と虚偽の誓約をし、6月に現金100万円の交付を受けた疑い。 



元組員がコロナ貸付金不正受給 詐欺容疑で逮捕

 警視庁は、新型コロナウイルスの感染拡大で収入が減った人を支援する東京都の社会福祉協議会の貸付金をだまし取ったなどとして、特定抗争指定暴力団・神戸山口組系元組員で解体作業員、満潮容疑者(65)=大田区西蒲田5=を詐欺と詐欺未遂容疑で逮捕した。

 満容疑者は5~7月、神戸山口組系組員だったことを隠して都社協に虚偽申請し、「緊急小口資金」20万円をだまし取り、「総合支援資金」についても3カ月分計45万円をだまし取ろうとしたとしている。調べに対し容疑を否認している。

 いずれも失業などで生活に困窮した世帯への特例として社協が設けた無利子の貸付金で、組員でないことや新型コロナの影響で減収したことなどが条件となっている。警視庁は、満容疑者が申請当時は神戸山口組系組員で、解体作業員として一定の収入があったとみている。

 全国社会福祉協議会によると、特例貸付金は、3月25日~9月5日、全国で約104万件、約3342億円が貸し付けられた。担当者は「迅速に支給するために提出書類も最低限にしている。反社会的勢力かどうかを細かくチェックするのは難しい」と明かす。警視庁は制度の隙間が狙われたとみている。



身分隠して賃貸借契約 山口組傘下組員を逮捕

 札幌手稲警察署は14日、暴力団構成員であることを隠して今年3月、札幌市豊平区のアパート一室の賃貸借契約を結んだとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組傘下「二代目高橋組」組員、小林光裕容疑者(38)=札幌市白石区=を詐欺の疑いで逮捕した。

 暴力団対策として警察が組員らの実態把握を進める中で、小林容疑者が自宅以外の場所に出入りしているのを発見し、不動産会社への聞き取りなどから容疑を特定したという。調べに対し小林容疑者は「自分が契約したのは間違いない」と容疑を認めている。



観光客から金だまし取る チャイニーズドラゴンのメンバー2人を逮捕

 警視庁は、東京都新宿区歌舞伎町で、日本を訪れていた中国人観光客から金をだまし取ったとして、準暴力団チャイニーズドラゴンのメンバーでいずれも中国籍の孫玉才容疑者(37)と劉瑶容疑者(38)の2人を詐欺の疑いで逮捕した。

 孫容疑者らは去年12月、歌舞伎町の路上で中国人観光客の男性2人に対し、「女の子と遊びませんか」と声をかけ、「料金のほかに保証金として1人5万円が必要です」「遊び終わったあとに全額返金しますので安心してください」などとウソをつき、現金13万円とオンライン決済サービスで日本円にしておよそ5万円分のあわせておよそ18万円をだましとった疑いが持たれている。

 歌舞伎町では「チャイニーズドラゴン」メンバーらによる客引きでトラブルが相次いでいる。



生活保護詐取 右翼団体塾長を逮捕

 警視庁公安部は10日、収入を申告せず生活保護費約1000万円をだまし取ったとして、右翼団体「憂国皇靖塾」塾長、石川豪泰容疑者(45)=東京都江東区東雲=を詐欺容疑で逮捕した。家族が交通事故に遭った際に振り込まれた保険金を収入として申告しなかったという。容疑をおおむね認めている。

 石川容疑者は2009年6月、区の福祉事務所に、健康状態を理由に生活保護を申請。2016年に実父に支払われた保険金約1000万円を自ら引き出したが、その後も自分の収入として申告せず、16年から19年まで毎月約24万円の生活保護費を不正受給した疑いがある。

 石川容疑者は保険金を自分で引き出し、生活費のほか、街宣車の購入などにも充てて右翼活動をしていたという。



新型コロナ関連詐欺 神戸山口組系幹部ら7人逮捕

 宮崎県警は、 新型コロナウイルスの影響で収入が減った世帯を対象にした国の貸付制度を悪用し、現金45万円をだまし取った疑いで特定抗争指定暴力団・神戸山口組系幹部・本田徹容疑者(44)=鹿児島県志布志市=と、飲食店経営・森浩祐容疑者(42)=串間市=ら男女合わせて7人を逮捕した。

 本田容疑者ら7人は新型コロナウイルスの影響で収入が減った世帯を対象にした国の生活福祉資金貸付制度を悪用し今年5月から7月までに3回に渡って合わせて45万円をだまし取った疑い。手続き上不審な点に気づいた県の社会福祉協議会が7月、警察に被害届を提出していた。

 警察は7人の関係や認否を明らかにしていない。新型コロナウイルスに絡む国の制度での詐欺事件の摘発は宮崎県内で初めて。



持続化給付金の不正受給 新たに女を逮捕

>>関連記事
 兵庫県警暴力団対策課と兵庫署などは7日、新型コロナウイルスの影響で減収した個人事業主らを支援する国の「持続化給付金」を不正に受給したとされる事件で、詐欺の疑いで、自称・不動産会社役員・依田利大容疑者(48)=神戸市東灘区(詐欺罪で起訴)=、飲食業・中筋裕介容疑者(43)=神戸市兵庫区(同)=を再逮捕した。

 また、2人に名義を貸すなどしたとして、同容疑で新たに同市灘区のアルバイトの女(24)を逮捕した。

 3人の逮捕容疑は共謀し、6月20日、女の名義で受給資格のある別の職業を装い、新型コロナの影響で収入が減ったとする虚偽の書類を使って中小企業庁に申請し、同30日、女の口座に100万円を入金させてだまし取った疑い。同課は3人の認否を明かしていない。

 同課によると、県警が会社役員の事務所などで押収した100件分以上の申請資料などから、女の関与が浮上。同課は100万円を3人で分配していたとみている。



特殊詐欺 大石組系「松平興業」を捜索

>>関連記事
 北海道警は4日午前10時頃、美唄市の80代女性からキャッシュカード4枚をだまし取り、現金約185万円を引き出したとして逮捕された男が所属する特定抗争指定暴力団・六代目山口組系「二代目大石組」傘下「松平興業」の事務所を家宅捜索した。

「松平興業」を捜索
「松平興業」を家宅捜索

 松平興業組員・筑後邦晃容疑者(36)=札幌市手稲区西宮の沢1の3=ら男3人は去年7月、美唄市に住む80代女性からキャッシュカード4枚をだまし取り、現金約185万円を引き出したとして先月逮捕された。

 筑後容疑者が主導的な役割を担っていたとみられることから、警察は暴力団の資金源になっていたとみて、盗んだ金の流れなどを追及している



身分隠し市営住宅の賃貸契約 「弘道会」傘下組員ら逮捕 

 愛知県警昭和署は27日までに、暴力団組員であることを隠して名古屋市営住宅に入居するための賃貸契約を結んだとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組弘道会傘下組員・竹崎祐樹容疑者(35)ら2人を詐欺の疑いで逮捕・送検した。

 竹崎容疑者ら2人は、暴力団組員は入居できない条件の名古屋市内の市営住宅に組員であることを隠し、賃貸契約を結んだ疑いがもたれている。警察が別の事件を捜査している中で発覚した。

 竹崎容疑者は「そこに立ち寄っているだけで暮らしているわけではない」と話し、2人とも容疑を否認している。



掛け軸など1600万円相当詐取 「淡海一家」幹部を逮捕

 警視庁荻窪署は27日までに、古美術商を営む富山県射水市の男性(当時39)から、「棟方志功」の作品とされる掛け軸など古美術品3点、計1600万円相当の美術品をだまし取ったとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系「淡海一家」相談役・森田猛容疑者(70)=大阪市西成区萩之茶屋=と、会社役員・栗山郁也容疑者(60)=富山市藤木=を詐欺容疑で逮捕し、関係先として「淡海一家」本部事務所を27日午後2時ごろに家宅捜索した。

「淡海一家」を家宅捜索
「淡海一家」を家宅捜索

 森田容疑者ら2人は、美術品に興味を示す知人がいるように装って掛け軸などを預かり、無断で売却。そのうち一部がインターネットオークションに出品されていることに男性が気付き、警視庁に相談したという。

 森田容疑者は「都内で売却しました」と容疑を認めている。



コロナ休業要請支援金詐取 「酒梅組」系会長を逮捕

 新型コロナウイルスの感染拡大による休業要請の支援金をだまし取ろうとしたとして、指定暴力団・十代目酒梅組・「光和会」会長・小野寺和彦容疑者(54)を詐欺未遂の疑いで逮捕した。

新型コロナウイルスの休業要請支援金詐取「Bar Cats」
新型コロナウイルスの
休業要請支援金詐取
「Bar Cat's」

 小野寺容疑者は今年5月、自身が経営する大阪市西成区の「Bar Cat's」の新型コロナウイルスによる休業要請支援金を申し込む際、暴力団員ではないと偽り、大阪府から50万円をだまし取ろうとした疑いが持たれている。

 大阪府は暴力団員への支給を禁止していて、申請者の身元を警察に確認していて犯行が明らかになった。

 小野寺容疑者は「税理士に任せていた。自分はサインしただけ」と否認している。



コロナ給付金詐取 会社役員ら3人を逮捕

 兵庫県警暴力団対策課と兵庫署などは12日までに、新型コロナウイルスの影響で収入が減った中小企業などを支援する国の「持続化給付金」をだまし取ったとして、自称・不動産会社役員・依田利大容疑者(48)=神戸市東灘区=、飲食業・中筋裕介容疑者(43)=神戸市兵庫区=と、飲食店経営・樋口雄斗容疑者(27)=大阪府堺市堺区=ら3人を詐欺の疑いで逮捕した。同課によると3人は知人。

「持続化給付金」詐欺
「持続化給付金」詐欺

 同課などは関係先から100件を超える類似の申請資料を押収しており関連を捜査。持続化給付金を巡る詐欺容疑での逮捕は県内初。

 3人は共謀し、7月11日ごろ、別の職業を装い、確定申告書などを準備した上、中小企業庁に飲食店経営の男の名義で虚偽の内容を申請し、7月20日に本人の口座に100万円を入金させてだまし取った疑い。同課は3人の認否や役割分担について明らかにしていない。

 同課によると、不動産会社役員・依田容疑者の事務所などから、別の名義を使った申請資料のデータなど100件以上を押収。暴力団が関与している可能性もあるとみて調べる。

 持続化給付金は、新型コロナの影響で今年の事業収入が前年同月の半分以下になった中小企業に最大200万円、フリーランスを含む個人事業主に最大100万円を国が支給する制度。5月1日から申請の受け付けを始め、同8日から支給が始まっていた。



出所後の住居確保 「茶谷政一家」若頭ら逮捕

>>関連記事
 北海道警豊平署は3日、入居するのが暴力団員であることを隠して、アパートの賃貸契約を結んだとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系「茶谷政一家」の若頭で「藤本組」組長・藤本光夫容疑者(55)と、茶谷政一家幹部・品田秀仁容疑者(42)、会社役員・矢浪清次容疑者(39)ら4人を詐欺容疑で逮捕した。

 アパートの大家には矢浪容疑者が経営する企業の寮にすると偽って賃貸契約を結び、実際には品田容疑者が居住していたという。

 賃貸契約を結んだのは2018年2月で、当時刑務所に服役していた品田容疑者が出所してきた後の住居を確保するため、藤本容疑者が矢浪容疑者らに契約を依頼したとみられている。

 暴力団同士の抗争激化に備え、警察が団員の身辺捜査を進めていくなかで容疑が発覚した。



身分を隠してアパート契約 「茶谷政一家」幹部ら4人を逮捕

 北海道警は3日、暴力団員であることを隠しアパートの賃貸契約を結び居住していたとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系「茶谷政一家」幹部・品田秀仁容疑者(42)=札幌市豊平区=と、会社役員・矢浪清次容疑者(39)=札幌市白石区=ら4人を詐欺容疑で逮捕した。

 品田容疑者らは2018年2月、矢浪容疑者が経営する企業の寮にすると偽って札幌市内にあるアパート1室の賃貸契約を結び、品田容疑者が居住していた疑いが持たれている。4人の認否は明らかにしていない。

 暴力団同士の抗争激化に備え、道警が暴力団員の身辺捜査を進めていく中で容疑が発覚した。



コロナ休業協力金 住吉会系幹部を詐欺未遂で逮捕

 宮城県警暴力団対策課などは15日、新型コロナウイルス対策として休業要請に応じた事業者に協力金を支払う制度で、支給対象外の暴力団組員ではないと偽り30万円をだまし取ろうとしたとして、指定暴力団・住吉会系「九代目西海家」傘下「六代目武田会」幹部で居酒屋経営、大槻武容疑者(68)=同県角田市=を詐欺未遂容疑で逮捕した。

 大槻容疑者は5月中旬、角田市が支給する協力金の申込書に暴力団排除条項があるのに、組員ではないと偽って書類を提出し、30万円を自分名義の口座に入金させようとした疑い。大槻容疑者は「組員として積極的に活動していない」と一部否認しているという。

 県内の自治体に提出された約2万件の協力金などの申込書を照会した結果、発覚した。新型コロナの協力金で、暴力団排除条項に基づく詐欺容疑での摘発は全国初。



特殊詐欺「リクルーター」 服役中の茶谷政一家傘下組員ら逮捕

>>関連記事
 北海道警札幌北署は、オレオレ詐欺の手口で群馬県に住む当時75歳の女性から現金50万円とキャッシュカード1枚をだまし取ったとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系「茶谷政一家」傘下組員、小倉秀平容疑者(31)と、住居不定・無職、中山陸容疑者(27)を逮捕した。

小倉秀平容疑者
小倉秀平容疑者

 同署によると、2人は現金の引き出し役である「受け子」の採用や教育などの「リクルーター」を担っていたとみられる。

 小倉容疑者は、別の特殊詐欺事件で有罪判決を受け札幌刑務所に服役中。道警は暴力団の資金源になっていたとみて余罪を調べている。



退職金共済制度を悪用 神戸山口組系「東生会」会長を逮捕 

 兵庫県警暴力団対策課と同県警尼崎東署などは7日、独立行政法人「勤労者退職金共済機構」の制度を悪用し、退職金をだまし取ったとして、特定抗争指定暴力団・神戸山口組系「東生会」会長・須ノ内祥吾容疑者(67)を詐欺の疑いで逮捕した。須ノ内容疑者は神戸山口組の「直参」と呼ばれる直系幹部の一人。

 県警は、尼崎市内で建設会社を経営する須ノ内祥吾容疑者の弟についても同容疑で逮捕状を取得。すでに任意で事情を聴いていて、容疑が固まり次第、逮捕する方針。

 須ノ内容疑者は、建設業界で働く人が勤務日数に応じて退職金を受け取れる同機構の「建設業退職金共済制度」に、弟の建設会社を介して加入。勤務実態がないにもかかわらず、2016年9月ごろ、同機構の兵庫県支部に退職金の受給を申請し、退職金139万円をだまし取った疑いが持たれている。



詐欺事件 新たに極東会系幹部を逮捕

 埼玉県警大宮署は1日、高齢男性からキャッシュカードをだまし取るなどしたとして、暴力団組員ら男女3人が逮捕された事件で、詐欺と窃盗の疑いで、指定暴力団・極東会系幹部(39)=さいたま市緑区宮本2丁目=(恐喝罪で起訴)を逮捕した。共犯事件のため、同署は認否を明らかにしていない。

埼玉県警大宮署
埼玉県警大宮警察署

 逮捕容疑は昨年9月11日、神奈川県綾瀬市の無職男性(77)方に金融機関職員を名乗って電話をかけ、キャッシュカード1枚をだまし取り、金融機関の現金自動預払機(ATM)で現金50万円を引き出した疑い。

 同署によると、同署は今年6月、綾瀬市の男性への詐欺などの疑いで極東会系組員ら男女3人を逮捕。極東会系幹部の関与が分かり、同署で行方を追っていた。



「岩石販売権」詐欺 新たに住吉会系幹部を再逮捕

>>関連記事
 採石場でとれる岩石の販売権を譲るともちかけ、現金をだまし取っていたとして3人が逮捕された事件で、警視庁は新たに指定暴力団・住吉会系幹部・金子君男容疑者(67)を詐欺の疑いで逮捕した。

金子君男容疑者
金子君男容疑者

 警金子容疑者はすでに逮捕された採石会社の役員など3人と共謀し、埼玉県の男性に採石場でとれる岩石の販売権を譲るとウソをもちかけ、現金1000万円をだまし取った疑いが持たれている。金子容疑者など4人の認否を明らかにしていない。

 警視庁は4人が同じ男性から複数回にわたって合わせて約1億円をだまし取っていたとみて、暴力団に流れていたとみて、金子容疑者の役割などについて調べを進めている。

 金子容疑者は6月9日、元妻の名義でマンションの部屋を契約し詐欺の疑いで警視庁に逮捕されていた。



 | HOME |  »

ブログ内キーワード検索



おすすめ

10日程でスピード発行!
組合系でクレジット機能なし

↑ ↑ ↑ ↑
個人的な審査に不安な方
まったく問題なし!!!
↓ ↓ ↓ ↓

安心して下さい。作れますよ。

カテゴリ

■殺人 (89)
■殺人未遂 (152)
■傷害致死 (22)
■死体遺棄 (372)
■生命身体加害略取罪 (1)
■殺人予備罪 (3)
■傷害・暴行・暴力行為 (371)
■逮捕監禁 (56)
■脅迫・恐喝・強要 (614)
■恐喝未遂 (40)
■銃刀法違反 (314)
■発砲事件 (256)
■凶器準備結集・集合 (13)
■強盗事件 (187)
■身代金目的略取 (2)
■窃盗・盗難 (206)
■盗品等関与罪 (4)
■常習特殊窃盗罪 (1)
■漁業法違反 (13)
漁業法違反ほう助 (1)
■水産資源保護法違反 (1)
■水面漁業調整規則違反 (7)
■証人等威迫罪 (1)
■犯人隠避・犯人隠避教唆 (44)
■証拠隠滅 (3)
■覚せい剤・大麻・麻薬・ドラッグ (526)
■医薬品医療機器法違反 (1)
■薬事法違反 (12)
■臓器移植法違反 (5)
■賭博開帳図利・常習賭博 (148)
■モーターボート競走法違反 (11)
■詐欺・横領・背任 (1090)
■免状不実記載・公正証書原本不実記録 (96)
■有印私文書偽造 (16)
■携帯電話不正利用防止法 (2)
■有価証券偽造 (7)
■偽造通貨行使 (2)
■出資法違反・貸金業法違反 (79)
■銀行法違反 (2)
■強制性交等罪 (12)
■強制わいせつ (2)
■迷惑行為防止条例違反 (25)
■児童福祉法違反 (31)
■県青少年健全育成条例違反 (7)
■未成年者誘拐 (1)
■わいせつ図画販売 (17)
■児童買春・ポルノ処罰法違反 (8)
■風俗営業法違反 (22)
■売春防止法違反 (40)
■入管難民法違反 (12)
不法就労助長 (2)
旅券法違反 (8)
■労働者派遣事業法違反 (43)
■不動産侵奪 (1)
■職業安定法違反 (8)
■建設業法違反 (10)
■労働基準法違反 (2)
■強制執行妨害・競売入札妨害 (20)
■不正競争防止法違反 (1)
■廃棄物処理法違反 (15)
不法投棄 (12)
虚偽管理票交付 (2)
虚偽申請 (1)
■建造物侵入 (3)
■器物損壊・建造物、住建造物損壊 (87)
■建造物等放火 (22)
■火炎瓶処罰法 (2)
■爆発物取締罰則違反 (20)
■自動車運転過失傷害・ひき逃げ (14)
■保護責任者遺棄致死 (1)
■道路運送法・道交法違反 (43)
■公務執行妨害 (25)
■威力業務妨害 (21)
■競売入札妨害 (3)
■偽計業務妨害・偽計信用棄損 (11)
■商標法違反 (10)
■著作権法違反 (3)
■文化財保護法違反 (1)
■不正作出私電磁的記録 (1)
■電磁的記録媒体頒布 (3)
■密輸 (2)
■所得税法違反 (19)
■関税法違反 (7)
■電波法違反 (1)
■旅館業法違反 (1)
■民事保全法違反 (1)
■裁判員法違反 (2)
■弁護士法違反 (2)
■収賄罪 (1)
■職務強要 (1)
■特定商取引法違反 (4)
■裁判 (215)
■暴力団対策法 (42)
用心棒料等要求行為 (3)
損害賠償 (10)
用心棒行為等防止命令 (2)
使用制限命令 (11)
再発防止命令 (7)
使用者責任 (4)
■暴力団排除条例 (294)
■組織犯罪処罰法 (186)
組織的殺人 (20)
組織的殺人未遂 (28)
組織的詐欺 (14)
組織的恐喝 (6)
組織的強要 (1)
組織的賭博開帳図利 (3)
組織的建造物損壊 (3)
没収保全命令 (1)
犯罪収益収受 (82)
犯罪収益隠匿 (9)
犯罪収益仮装 (1)
犯人隠避・犯人隠避教唆 (7)
組織犯罪処罰法違反幇助 (1)
組織犯罪証拠隠滅 (1)
■犯罪収益移転防止法 (5)
■暴力行為等処罰法 (13)
■暴力団追放活動 (91)
■家宅捜索 (162)
■不起訴処分 (29)
■中止命令 (97)
■国外 (65)
■その他 (1904)
■未分類 (1863)
脱退妨害行為および指詰めの強要等の禁止 (0)
■危険運転致傷 (1)
■宅建業法違反 (1)
■暴走族追放条例違反 (1)