FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

偽ブランド品113点を販売目的で所持 山口組系幹部を逮捕

 岡山県警津山署は20日、海外の有名ブランドに似たロゴの入った衣類を販売目的で所持したとして、特定抗争指定暴力団山口組杉本組幹部・水嶋正幸容疑者(50)=岡山県美作市明見=を商標法違反の疑いで再逮捕した。認否は明らかにしていない。

押収した偽ブランド品
押収した偽ブランド品

 再逮捕容疑は6月29日、自宅でグッチなど二つのブランドに似せたマーク入りのジャージー、ポロシャツなど113点を所持し、商標権を侵害した疑い。同署は、別のブランドに似せた衣類約1800点を押収しており、入手経路を調べている。

 容疑者は3月24日ごろ、美作市内で、「ディースクエアード2・ティ・エム・ソシエテ・アノニム社」が商標登録しているロゴに似せたマークが入ったズボン1着を、知人男性に販売したとして商標法違反(類似商標商品の販売)の疑いで6月29日に逮捕=処分保留で釈放=されていた。



「偽ブランド品」を販売目的所持 山口組系幹部を逮捕

 北海道警は、高級ブランドの偽物のバッグなど50点余りを販売目的で所持していたとして、特定抗争指定暴力団・山口組系幹部を商標法違反の疑いで逮捕した。

偽ブランド品を押収
押収された偽ブランド品

 逮捕されたのは、山口組系「二代目大石組」傘下「松平興業」幹部、河岸修容疑者(58)=札幌市清田区=。

 河岸容疑者は、札幌市清田区の自宅や車に「ルイ・ヴィトン」や「エルメス」、「シャネル」などの偽物の財布やバッグなど計52点を販売する目的で所持した疑いが持たれている。

 河岸容疑者はルイ・ヴィトンの偽物の財布など2点を販売したとして6月9日に逮捕されていて、同日に行われた家宅捜索で自宅から偽ブランド品が発見された。



稲川会系「東一家」幹部逮捕 本部事務所を捜索

 静岡県警は1日、2018年9月に富士市内で高級ブランド「ルイ・ヴィトン」の偽物のバッグ1個を販売したとして、指定暴力団・稲川会系「二代目東一家」幹部、原久也容疑者(50)を商標法違反の疑いで逮捕した。

東一家本部事務所を捜索2
東一家本部事務所を捜索
東一家本部事務所を捜索1

 県警は2日午前10時ごろ、原容疑者の関係先として「二代目東一家」の本部事務所を捜査員およそ15人体制で家宅捜索した。

 原容疑者は、上納金を稼ぐために偽ブランドの商品を販売したとみられ、余罪についても捜査を進めている。



偽ブランド品を販売目的所持 山口組系弘道会傘下幹部ら3人を逮捕

 有名ブランドの偽物を、販売する目的で持っていたとして、指定暴力団・山口組弘道会の傘下組織幹部の男らを商標法違反の疑いで逮捕した。

 逮捕されたのは山口組弘道会傘下の四次団体幹部、鈴木浩且容疑者(40)や中古車販売業、森隆聖容疑者(39)ら男3人。

 警察によると3人は2月、森容疑者が経営する自動車販売店で偽物のルイヴィトンやエルメスの携帯ケースなどなど167点を販売する目的で持っていた疑い。調べに対し3人は、黙秘や一部否認している。

 今年2月、別の事件で警察が行った森容疑者の会社の捜索をきっかけに、3人の関係先7カ所から合わせて1000点以上の偽ブランド品が見つかった。

  

偽高級ブランド品押収 暴力団組員ら逮捕/宮城

 偽の高級ブランド品を販売目的で所持したとして、宮城県警暴力団対策課と仙台南署などは8日までに、商標法違反の疑いで、いずれも無職で、指定暴力団系組員の仙台市若林区大和町2丁目、鈴木昌美容疑者(37)を再逮捕し、ともに大阪市東住吉区矢田1丁目、韓国籍の朴俊赫(44)、妻の有里直美(36)両容疑者を現行犯逮捕した。

 県警によると、奈良県大和高田市の朴容疑者方などから高級ブランド「ルイ・ヴィトン」などの商標マークを模造したバッグや財布など計約3万5000点を押収しており、県警の押収量としては過去最多とみられる。

 鈴木容疑者の逮捕容疑は9月1日、太白区の駐車場に止めた乗用車内で販売する目的で偽ブランド品の財布など18点を持っていた疑い。朴、有里容疑者の逮捕容疑は9月30日、大阪市で偽ブランド品の腕時計1点、大和高田市で財布21点をそれぞれ所持していた疑い。

 県警によると、鈴木容疑者は容疑を認めており、朴、有里両容疑者は容疑を否認している。
 県警は鈴木容疑者が2010年9月以降、インターネットのオークションサイトやメールを使って朴、有里両容疑者から偽ブランド品を仕入れたとみて入手ルートの解明を進める。

 鈴木容疑者はネットオークションの掲示板に偽ブランド品のベルトを出品して落札者から代金約1万3000円をだまし取った詐欺などの疑いで9月1日に逮捕され、19日に処分保留とされた。

ロレックス、ヴィトン…偽ブランド品3千点所持 暴力団幹部逮捕/東京

 高級ブランド「ロレックス」の偽物を販売目的で所持していたとして、警視庁渋谷署は24日、商標法違反の現行犯で、東京都渋谷区猿楽町、指定暴力団山口組系幹部、石川数三容疑者(41)を逮捕したと発表した。同署によると、石川容疑者は容疑を認めているという。

 同署の家宅捜索で、店舗内からは他にもルイ・ヴィトンやシャネルなどの高級ブランドの偽物のバッグや貴金属約3000点が押収されており、売り上げの一部が暴力団の資金源になっていたとみて調べている。

 逮捕容疑は16日午後3時ごろ、同区円山町の偽ブランド品販売店舗で、高級腕時計「ロレックス」の偽物の腕時計2点を販売する目的で持っていたとしている。

仕入れ先の女社長を逮捕=組長も購入の偽ブランド-警視庁/東京

 東京都台東区の店舗が高級ブランドの偽商品を扱っていた事件で、警視庁組織犯罪対策4課などは21日までに、商標法違反容疑で、韓国籍で衣料品販売会社社長の姜承禮容疑者(50)=大阪市生野区巽北=を逮捕した。
 同店には暴力団組長らが購入に訪れ、同課などは昨年11月に経営者の男(76)を逮捕した。

 同課によると、姜容疑者は同店に、少なくとも昨年9月中旬から10月下旬の間、16回にわたり、ジーンズやTシャツなどの衣料品を販売。約300万円を売り上げたとみられる。
 姜容疑者は「韓国人の運び屋に代わり、商品の送り主になった」と供述しているという。
 逮捕容疑は昨年10月下旬、台東区寿の店舗に「D&G」(ドルチェ・アンド・ガッバーナ)の偽衣類50点を販売した疑い。

偽ブランド所持:容疑で男を逮捕-警視庁/東京

 偽のブランド財布を販売しようとしたとして、警視庁組織犯罪対策4課は1日、浜松市中区浅田町の無職、都国男容疑者(76)を商標法違反(販売目的所持)で逮捕したと発表した。都容疑者は偽ブランド品の「東日本における卸の元締め」と呼ばれ、台東区内で経営している店には暴力団関係者が頻繁に出入りしていた。組対4課は偽ルイ・ヴィトンやシャネルなどの財布やカバン約5000点を押収しており、仕入れルートを調べている。

 逮捕容疑は10月下旬、台東区内の店で偽のルイ・ヴィトンの財布6点を販売目的で所持したとしている。組対4課によると、都容疑者は正規品の1割ほどの値段で販売し、台東区内に出店した9月以降、約600万円を売り上げたという。

 事件を巡っては、店で働いていた足立区千住河原町、新井貞吉被告(63)=商標法違反の罪で起訴=も逮捕されている。2人は指定暴力団山口組系暴力団と親しい関係にあったとされ、組対4課は背後関係を調べている。

偽ヴィトン販売容疑で2人逮捕=山口組系暴力団関与か-警視庁/東京

 高級ブランド「ルイ・ヴィトン」の偽物財布を販売目的で所持していたとして、警視庁組織犯罪対策4課などは27日、商標法違反容疑で、東京都足立区千住河原町、職業不詳新井貞吉(63)、江東区亀戸、自称無職大石健一(38)両容疑者を現行犯逮捕した。
 同課は新井容疑者が指定暴力団山口組系暴力団とかかわりがあるとみて捜査。「シャネル」「グッチ」などの商品計100点以上を押収しており、大半が偽物とみられる。
 同課によると、新井容疑者は容疑を認めているが、大石容疑者は「店に遊びに来ただけで関係ない」と供述している。
 逮捕容疑は同日、台東区寿のビル1階の店舗で、ルイ・ヴィトンの偽物財布6点を譲渡のために所持していた疑い。

“偽ブランド商品所持”で組員逮捕/佐賀

偽のブランド商品を販売目的で所持していたとして、警察はきょう、佐賀市の暴力団組員を逮捕するとともに、偽ブランド商品18点を押収しました。

逮捕されたのは、指定暴力団九州誠道会系の組員・野中貴明容疑者です。

警察によりますと野中容疑者は昨夜、佐賀市内でルイ・ヴィトンなどの偽ブランド商品18点を販売目的で所持していた疑いが持たれています。

警察が昨夜、車に乗っていた野中容疑者に職務質問した際、車内に不審なブランド商品を所持していたことから、これらを押収して鑑定したところ偽物だと判明したため、けさ、野中容疑者を逮捕しました。

野中容疑者は、「偽物とわかっていて、販売目的で持っていた」などと容疑を認めているということです。

警察は、偽ブランド商品の販売が暴力団の資金源になっていた可能性もあるとみて、詳しく調べています。

 | HOME | 

ブログ内キーワード検索



おすすめ

10日程でスピード発行!
組合系でクレジット機能なし

↑ ↑ ↑ ↑
個人的な審査に不安な方
まったく問題なし!!!
↓ ↓ ↓ ↓

安心して下さい。作れますよ。

カテゴリ

■殺人 (89)
■殺人未遂 (152)
■傷害致死 (22)
■死体遺棄 (372)
■生命身体加害略取罪 (1)
■殺人予備罪 (3)
■傷害・暴行・暴力行為 (371)
■逮捕監禁 (56)
■脅迫・恐喝・強要 (614)
■恐喝未遂 (40)
■銃刀法違反 (315)
■発砲事件 (256)
■凶器準備結集・集合 (13)
■強盗事件 (187)
■身代金目的略取 (2)
■窃盗・盗難 (206)
■盗品等関与罪 (4)
■常習特殊窃盗罪 (1)
■漁業法違反 (13)
漁業法違反ほう助 (1)
■水産資源保護法違反 (1)
■水面漁業調整規則違反 (7)
■証人等威迫罪 (1)
■犯人隠避・犯人隠避教唆 (44)
■証拠隠滅 (3)
■覚せい剤・大麻・麻薬・ドラッグ (526)
■医薬品医療機器法違反 (1)
■薬事法違反 (12)
■臓器移植法違反 (5)
■賭博開帳図利・常習賭博 (148)
■モーターボート競走法違反 (11)
■詐欺・横領・背任 (1090)
■免状不実記載・公正証書原本不実記録 (96)
■有印私文書偽造 (16)
■携帯電話不正利用防止法 (2)
■有価証券偽造 (7)
■偽造通貨行使 (2)
■出資法違反・貸金業法違反 (79)
■銀行法違反 (2)
■強制性交等罪 (12)
■強制わいせつ (2)
■迷惑行為防止条例違反 (25)
■児童福祉法違反 (31)
■県青少年健全育成条例違反 (7)
■未成年者誘拐 (1)
■わいせつ図画販売 (17)
■児童買春・ポルノ処罰法違反 (8)
■風俗営業法違反 (22)
■売春防止法違反 (40)
■入管難民法違反 (12)
不法就労助長 (2)
旅券法違反 (8)
■労働者派遣事業法違反 (43)
■不動産侵奪 (1)
■職業安定法違反 (8)
■建設業法違反 (10)
■労働基準法違反 (2)
■強制執行妨害・競売入札妨害 (20)
■不正競争防止法違反 (1)
■廃棄物処理法違反 (15)
不法投棄 (12)
虚偽管理票交付 (2)
虚偽申請 (1)
■建造物侵入 (3)
■器物損壊・建造物、住建造物損壊 (87)
■建造物等放火 (22)
■火炎瓶処罰法 (2)
■爆発物取締罰則違反 (20)
■自動車運転過失傷害・ひき逃げ (14)
■保護責任者遺棄致死 (1)
■道路運送法・道交法違反 (43)
■公務執行妨害 (25)
■威力業務妨害 (21)
■競売入札妨害 (3)
■偽計業務妨害・偽計信用棄損 (11)
■商標法違反 (10)
■著作権法違反 (3)
■文化財保護法違反 (1)
■不正作出私電磁的記録 (1)
■電磁的記録媒体頒布 (3)
■密輸 (2)
■所得税法違反 (19)
■関税法違反 (7)
■電波法違反 (1)
■旅館業法違反 (1)
■民事保全法違反 (1)
■裁判員法違反 (2)
■弁護士法違反 (2)
■収賄罪 (1)
■職務強要 (1)
■特定商取引法違反 (4)
■裁判 (215)
■暴力団対策法 (43)
用心棒料等要求行為 (3)
損害賠償 (10)
用心棒行為等防止命令 (2)
使用制限命令 (11)
再発防止命令 (7)
使用者責任 (5)
■暴力団排除条例 (294)
■組織犯罪処罰法 (186)
組織的殺人 (20)
組織的殺人未遂 (28)
組織的詐欺 (14)
組織的恐喝 (6)
組織的強要 (1)
組織的賭博開帳図利 (3)
組織的建造物損壊 (3)
没収保全命令 (1)
犯罪収益収受 (82)
犯罪収益隠匿 (9)
犯罪収益仮装 (1)
犯人隠避・犯人隠避教唆 (7)
組織犯罪処罰法違反幇助 (1)
組織犯罪証拠隠滅 (1)
■犯罪収益移転防止法 (5)
■暴力行為等処罰法 (13)
■暴力団追放活動 (91)
■家宅捜索 (162)
■不起訴処分 (29)
■中止命令 (97)
■国外 (65)
■その他 (1904)
■未分類 (1863)
脱退妨害行為および指詰めの強要等の禁止 (0)
■危険運転致傷 (1)
■宅建業法違反 (1)
■暴走族追放条例違反 (1)