FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団・任侠組織・極道関連の事件・ニュース速報

東名で追突事故して逃走 山口組傘下組員を逮捕

 神奈川県警高速隊は8日、東名高速道路で乗用車を運転中に、他の乗用車に追突し軽傷を負わせ、そのまま逃走したとして特定抗争指定暴力団・六代目山口組傘下組員(34)=東京都町田市=を自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕した。

 容疑者は4月6日午後7時ごろ、川崎市宮前区の東名高速道路下りで乗用車を運転、男性医師(78)=横浜市青葉区=の乗用車に追突し、男性と妻(73)、息子(46)の首などに軽傷を負わせてそのまま逃走した疑い。

 同隊によると、同容疑者は「弁護士が来てから話す」などと供述している。男性の乗用車のドライブレコーダー映像などから浮上した。



ひき逃げで道仁会系組員を逮捕 追突事故後に逃走

 福岡県警久留米署は20日、久留米市で14日に軽乗用車に追突し、男女3人にけがをさせたにもかかわらず、そのまま逃げた疑いとして、指定暴力団・道仁会系組員・吉坂圭聖容疑者(44)をひき逃げの疑いで逮捕した。

 吉坂容疑者は14日午前2時50分ごろ、久留米市櫛原町の市道で、信号で止まっていた軽乗用車に追突し、乗っていた男女3人に首や腰の打撲などのけがをさせ、そのまま逃げた疑いがもたれている。防犯カメラの映像や目撃者の話などから、吉坂容疑者を割り出したという。

 吉坂容疑者は調べに対し、車を運転していたことは認めたうえで「記憶が定かではありません」と、ひき逃げ容疑については否認している。



「ひき逃げ」で道仁会系組員を再逮捕

 福岡県警は、6月に覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕された指定暴力団・道仁会系組員が、逮捕前に警察官から声をかけられて車で逃走した際に、女性をひき逃げしたとして再逮捕した。

 道仁会系組員・秋永忠義容疑者(43)は今年6月、久留米市で普通乗用車を運転し、女性(26)が運転する軽乗用車と衝突して、頚椎打撲捻挫などのけがを負わせ、そのまま逃げた疑いがもたれている。秋永容疑者は「覚えていない」と容疑を否認している。

 秋永容疑者は、滞在していた久留米市野伏間の知人宅前で、覚せい剤所持の疑いで家宅捜索に入ろうとした警察官に声をかけられたところ、そのまま車で逃げ、事故を起こしたという。追跡していた警察官が事故を目撃していた。



停止従わず逃走し衝突 飯島会系幹部を逮捕

 北海道警帯広署は10日、警察の停止指示に従わず逃走し、別の乗用車に衝突し3人にケガをさせたとして、暴力団幹部を過失運転致傷の疑いで逮捕した。

 逮捕されたのは暴力団・飯島会系幹部、安田信一容疑者(44)。安田容疑者は容疑を認めている。

 安田容疑者は今月7日午前2時すぎ、帯広市西3条南9丁目の交差点で、乗用車を運転中に対向車線にはみ出し、乗用車と衝突して男女3人に軽傷を負わせた疑いがもたれている。

 この事故の直前、現場の150メートルほど手前で、警察が安田容疑者の車の運転席に貼られていたフィルムが整備不良の疑いがあるとして停止を求めたが、安田容疑者は従わずに逃走、追跡を逃れようとしている最中に対向車線にはみ出し事故を起こした。帯広警察署は、「適正な追跡方法だった」とコメントしている。

  
 

ひき逃げ 山口組系組員を逮捕

 北海道警函館署は9日、函館市で1月7日の夜に路上で乗用車でUターンをして衝突事故を起こし、60代の男性に軽傷を負わせ逃走したとして、過失運転致傷などの疑いで指定暴力団・六代目山口組系組員を逮捕した。

 逮捕されたのは山口組系「四代目誠友会」組員、今野靖治容疑者(42)=函館市=。

 今野容疑者は、1月7日午後9時30分ごろ、函館市山の手の路上で運転していた乗用車をUターンさせて、後ろから来た乗用車と衝突。函館市の60代の男性に軽傷を負わせたものの、救護措置をせずそのまま逃げた疑いがもたれている。

 男性は衝突した車を追いかけ途中で見失ったが、覚えていたナンバーから今野容疑者が浮上した。

 調べに対し、今野容疑者は「ぶつかった車に追いかけられ、怖くなって逃げた」と容疑を認めている。

  
 

ひき逃げで逮捕の稲川会系組員 他人名義の車を使用

 今月11日に北海道苫小牧市で、指定暴力団・稲川会系組員がひき逃げの疑いで逮捕された事件で、組員が乗っていた車は他人名義だったことがわかった。

 稲川会系組員、奥正弘容疑者(58)は11日午前6時前、苫小牧市船見町1丁目の道道で信号待ちの車に追突し50代の男性にケガをさせ、そのまま逃げた疑いで13日午後に送検された。事件発生から2時間後、道警が奥容疑者を見つけ呼気検査をしたところ、基準の3倍近いアルコールが検出され、その後の調べで奥容疑者が乗っていた車は他人名義だったことがわかった。

 奥容疑者はひき逃げの容疑は認めているが「立ち寄り先に着いてから酒を飲んだ」と飲酒運転は否認している。道警は奥容疑者の事件前後の行動を調べるとともに車の所有者からも事情を聞いている。

  
 

ひき逃げで「福博会」系組員を逮捕、身代わりの男ら2人も

 福岡西署は26日、福岡市西区横浜1丁目、指定暴力団・「三代目福博会」傘下組員の男(26)を自動車運転死傷処罰法違反および道交法違反容疑で逮捕、また組員の身代わりになろうとした男ら2人を容疑者の隠避容疑で逮捕した。

 逮捕容疑は、組員は運転免許を持たないのに、昨年12月31日午後2時57分ごろ、同区今宿東1丁目の道路交差点で、赤信号を無視して進入。青信号に従って横断歩道を渡っていた自転車の女性(41)をはね、加療2週間を要するけがを負わせたのに、救護せずにそのまま逃走した容疑。

 また、同区内に住む自称防水工の男(19)は、組員の処罰を免れさせるため、同日、福岡西署で、署員に対し、自分が運転していて事故を起こしたという虚偽の申告をし、もう1人の男も、同じ証言をして、容疑者を隠避した疑い。

  

ひき逃げ 酒気帯び 無免許 「山梨一家」幹部逮捕 

 山梨県警南甲府署は10日、自動車運転処罰法違反(過失致傷)と道路交通法違反(酒気帯び、ひき逃げ)の容疑で、甲府市湯田、無職で指定暴力団稲川会系「四代目山梨一家」幹部、太田猛彦容疑者(55)を逮捕した。調べに対し、容疑を認めているという。

 県警組織犯罪対策課によると、太田容疑者は昨年12月19日午後8時ごろ、甲府市住吉の市道交差点で、信号待ちの乗用車2台に二重追突し、そのまま逃走。甲府市内のアルバイト男性(18)と同市内の会社員女性(54)にそれぞれ、頸椎(けいつい)捻挫の軽傷を負わせた。

 車は現場近くでブロック塀に衝突して停止。110番通報で駆けつけた警察官が検知し、太田容疑者の呼気から基準値を超えるアルコールが検出された。無免許も判明した。

 県警は同日、正当な理由なく刃渡り約13センチの包丁を所持していたとして、銃刀法違反容疑で太田容疑者を現行犯逮捕し、甲府地検が6日、同罪で甲府地裁に起訴した。

  

女性の車に追突し逃走 容疑で暴力団組員を逮捕 折尾署/福岡

 福岡県警折尾署は31日、北九州市八幡西区友田1丁目、暴力団工藤会傘下組員男(31)を過失運転致傷および道交法違反(救護義務違反、事故不申告)容疑で逮捕した。

 調べでは、組員は5月25日、同区折尾5丁目で、軽自動車を運転中、信号停止していた同県遠賀郡水巻町の女性(25)の乗用車に追突。女性に7日間のけがを負わせたのに、救助せずにそのまま逃走。事故の申告もしなかった疑い。

救護義務違反事件 重体の34歳死亡/富山

 富山市北代の路上で12日、頭から血を流して倒れているのが見つかった同市奥田寿町、建設業城石浩治さん(34)が17日午後8時10分、搬送先の病院で死亡した。死因は脳挫傷。

 富山西署は、乗用車の助手席に乗った城石さんが降りようとしたにもかかわらず車を走らせ、転落させ頭の骨を折るなどのけがを負わせたとして、同市中市、無職で指定暴力団山口組系組織幹部の蓑浦(みのうら)孝司容疑者(34)を自動車運転過失傷害と道交法違反(救護義務違反)容疑で逮捕し、両容疑で富山地検に送検している。

男性に重傷負わせ逃走…暴力団幹部の男を逮捕/富山

富山市の路上で34歳の男性が頭から血を流して倒れているのが見つかった事件で、警察は暴力団幹部の男を逮捕しました。

 指定暴力団山口組系幹部の蓑浦孝司容疑者(34)は12日午前0時半すぎ、富山市北代の路上で、車から自営業の城石浩治さんを転落させ、逃げた疑いなどが持たれています。城石さんは頭を骨折するなどして意識不明の重体です。警察によりますと、蓑浦容疑者は知人のトラブル処理のため現場に城石さんを呼び出していました。城石さんを車に乗せて移動しようとした際、逃げようとドアを開けた城石さんが車から転落したということです。取り調べに対し、蓑浦容疑者は「城石さんが勝手に飛び降りただけ」などと供述しています。

蕨の死亡ひき逃げ事件 容疑の48歳露天商を逮捕

 8月に埼玉県蕨市内で起きた死亡ひき逃げ事件で、県警交通捜査課と蕨署は8日、自動車運転過失致死傷と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、川口市芝富士、露天商で指定暴力団極東会系組員、金丸徳人容疑者(48)を逮捕した。

 交通捜査課などの調べでは、金丸容疑者は8月19日午後9時45分ごろ、蕨市中央の県道交差点で乗用車を運転、横断歩道を右方向から歩いて渡っていた近くに住む自営業、神藤キミヱさん(81)をはねて死亡させた上、右側歩道に乗り上げ、歩いていた市内の女性会社員(23)に衝突、左足首に軽傷を負わせ、そのまま逃走した疑いが持たれている。

 交通捜査課などによると、金丸容疑者は事故後、約1・3キロ離れた路上に車を放置したまま逃走。翌20日午前8時すぎ、「私がやりました」と蕨署に出頭、同署などで裏付け捜査を進めていた。

 金丸容疑者は事故直前に約270メートル手前の交差点で、追い越しされたことに腹を立てて前を走っていた車2台を相次いで追い越し、それぞれの車の右前部に衝突していた。金丸容疑者は逮捕容疑について、「後方に気を取られていて気付くのが遅れた」と供述しているという。

自転車61歳はねられ死亡、車の山口組系組長を逮捕 尼崎の2号線/兵庫

 6日午前0時半ごろ、兵庫県尼崎市崇徳院の国道2号交差点で、自転車で横断中の同市水堂町の溶接工、角政行さん(61)が乗用車にはねられた。角さんは、全身を強く打ってまもなく死亡した。尼崎南署は自動車運転過失傷害容疑で、乗用車を運転していた指定暴力団山口組の3次団体で二代目古川組彰導会組長、上原彰彦容疑者(38)=同市東難波町=を現行犯逮捕、容疑を同致死に切りかえ調べている。

 同署によると、現場は横断歩道のない片側2車線の直線道路。角さんは帰宅中だったという。

パトカー当て逃げ容疑、組幹部を逮捕/神奈川

 横浜市鶴見区の交差点で今年4月、パトカーが乗用車に当て逃げされ、警官3人が負傷した事故で、神奈川県警鶴見署は5日、自動車運転過失傷害と道交法違反の疑いで、住所不定、指定暴力団稲川会系組幹部、舟橋誠一容疑者(39)を逮捕した。同署によると、容疑を認めている。

 同署の調べによると、舟橋容疑者は4月8日、乗用車を運転中、鶴見区鶴見中央の国道15号と市道の交差点で、赤信号を無視して交差点に入り、右折中の同署のパトカー前部に衝突。パトカーの同署員3人に重軽傷を負わせ、乗用車を乗り捨てて逃げた疑いが持たれている。

ひき逃げ容疑などで暴力団組員を逮捕 宇都宮東署/栃木

 宇都宮東署は31日、自動車運転過失傷害とひき逃げの疑いで、福島市生まれ住所不詳、住吉会系暴力団組員、無職佐久間淳容疑者(29)を逮捕した。

 逮捕容疑は、8月22日午前4時5分ごろ、宇都宮市南大通り1丁目の市道で乗用車を運転、ハンドル操作を誤り反対車線にはみ出して、高根沢町の女性(21)の乗用車と正面衝突。女性の首に約2週間のけがを負わせたが、救護せずに逃げ去った疑い。

飲酒死亡事故で組事務所捜索/広島

 福山市野上町2丁目の路上で8日深夜、暴力団組員が飲酒して車を運転し、近くの会社員男性(23)をはねて死亡させた事件で、福山東署などは15日朝、組員が所属する同市川口町2丁目の指定暴力団浅野組藤山組組事務所を自動車運転過失致死などの疑いで家宅捜索した。

 福山東署の捜査員ら7人が午前9時に組事務所に入り、約35分間捜索した。

 福山東署によると、自動車運転過失致死と道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで逮捕、送検された藤山組組員前村栄二容疑者(38)は事故を起こす直前の8日夜に、組事務所でビールを飲んでいたという。事故との関連を調べるため捜索したとみられる。

 | HOME | 

ブログ内キーワード検索


おすすめ

10日程でスピードお届け!
組合系でクレジット機能なし

↑ ↑ ↑ ↑
個人的な審査に不安な方
まったく問題なし!!!
↓ ↓ ↓ ↓

安心して下さい。作れますよ。

カテゴリ

■殺人 (107)
■殺人未遂 (193)
■傷害致死 (25)
■死体遺棄 (375)
■生命身体加害略取罪 (1)
■殺人予備罪 (3)
■傷害・暴行・暴力行為 (404)
■逮捕監禁 (58)
■脅迫・恐喝・強要 (639)
■恐喝未遂 (49)
■銃刀法違反 (323)
■発砲事件 (269)
■凶器準備結集・集合 (14)
■強盗事件 (198)
■身代金目的略取 (2)
■窃盗・盗難 (222)
■盗品等関与罪 (4)
■常習特殊窃盗罪 (1)
■漁業法違反 (16)
密漁品流通 (1)
特定水産動植物の採捕の禁止 (1)
漁業法違反ほう助 (1)
■水産資源保護法違反 (3)
■水面漁業調整規則違反 (7)
■証人等威迫罪 (2)
■犯人隠避・犯人隠避教唆 (50)
■証拠隠滅 (5)
■覚せい剤・大麻・麻薬・ドラッグ (577)
■医薬品医療機器法違反 (1)
■薬事法違反 (12)
■臓器移植法違反 (5)
■賭博開帳図利・常習賭博 (156)
■モーターボート競走法違反 (11)
■詐欺・横領・背任 (1156)
■免状不実記載・公正証書原本不実記録 (104)
■有印私文書偽造 (18)
■携帯電話不正利用防止法 (2)
■有価証券偽造・偽造有価証券行使 (9)
■偽造通貨行使 (2)
■出資法違反・貸金業法違反 (83)
■銀行法違反 (2)
■強制性交等罪 (14)
■強制わいせつ (2)
■迷惑行為防止条例違反 (25)
■児童福祉法違反 (31)
■県青少年健全育成条例違反 (7)
■未成年者誘拐 (1)
■公然わいせつ (1)
■わいせつ図画販売 (17)
■児童買春・ポルノ処罰法違反 (8)
■風俗営業法違反 (23)
■売春防止法違反 (42)
■入管難民法違反 (12)
不法就労助長 (2)
旅券法違反 (8)
■労働者派遣事業法違反 (42)
■不動産侵奪 (2)
■職業安定法違反 (8)
■建設業法違反 (10)
■労働基準法違反 (2)
■不正競争防止法違反 (1)
■強制執行妨害・競売入札妨害 (20)
■廃棄物処理法違反 (15)
不法投棄 (12)
虚偽管理票交付 (2)
虚偽申請 (1)
■建造物侵入 (5)
■器物損壊・建造物、住建造物損壊 (90)
■建造物等放火 (22)
■火炎瓶処罰法 (2)
■爆発物取締罰則違反 (20)
■保護責任者遺棄致死 (1)
■道路運送法・道交法違反 (66)
自動車運転過失傷害・ひき逃げ (16)
妨害運転罪・あおり運転 (1)
■公務執行妨害 (27)
■威力業務妨害 (21)
■競売入札妨害 (3)
■偽計業務妨害・偽計信用棄損 (11)
■名誉毀損罪 (1)
■商標法違反 (10)
■著作権法違反 (3)
■文化財保護法違反 (1)
■不正作出私電磁的記録 (2)
■電磁的記録媒体頒布 (3)
■密輸 (2)
■所得税法違反 (20)
■関税法違反 (7)
■電波法違反 (1)
■旅館業法違反 (1)
■民事保全法違反 (1)
■裁判員法違反 (2)
■弁護士法違反 (2)
■収賄罪 (1)
■地方公務員法違反 (2)
守秘義務違反 (0)
■職務強要 (1)
■特定商取引法違反 (4)
■裁判 (214)
■暴力団対策法 (76)
用心棒料等要求行為 (3)
多数集合 (4)
損害賠償 (10)
用心棒行為等防止命令 (2)
使用制限命令 (21)
再発防止命令 (13)
使用者責任 (15)
■暴力団排除条例 (310)
■組織犯罪処罰法 (197)
組織的殺人 (20)
組織的殺人未遂 (30)
組織的詐欺 (14)
組織的恐喝 (6)
組織的強要 (1)
組織的賭博開帳図利 (3)
組織的建造物損壊 (3)
組織的威力業務妨害 (1)
没収保全命令 (1)
犯罪収益収受 (86)
犯罪収益隠匿 (9)
犯罪収益仮装 (1)
犯人隠避・犯人隠避教唆 (9)
組織犯罪処罰法違反幇助 (1)
組織犯罪証拠隠滅 (1)
■犯罪収益移転防止法 (5)
■暴力行為等処罰法 (18)
■指詰めの強要等の禁止 (0)
■脱退妨害行為 (0)
■暴力団追放活動 (91)
■家宅捜索 (165)
■不起訴処分 (36)
■中止命令 (101)
■危険運転致傷 (2)
■暴走族追放条例違反 (1)
■宅建業法違反 (1)
■食品衛生法違反 (1)
■健康保険法違反 (3)
■国外 (65)
■その他 (1920)
■未分類 (1857)