FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

「暴排標章」掲示店の従業員襲撃 工藤会系組長ら8人逮捕

 福岡県警は10日、2012年8月に北九州市八幡西区で、暴力団の入店を禁止する「標章」を掲示した飲食店の男性従業員を襲撃しケガをさせた疑いで、特定危険指定暴力団工藤会系組長ら8人を傷害の疑いで逮捕した。

 傷害容疑で逮捕されたのは工藤会系「山下組」組長・山下義徳容疑者(57)=北九州市八幡西区鷹の巣1丁目=や、「山本組」組長・山本峰貢容疑者(57)=同県宮若市鶴田(窃盗罪で公判中)=、会社役員、入江竜大容疑者(43)=同県岡垣町三吉=や県内の無職の男ら合わせて8人。県警は認否を明らかにしていない。

 山下容疑者らは共謀の上、2012年8月10日未明に北九州市八幡西区内のマンション駐車場で、組員立ち入り禁止の標章を掲示した店の当時30代の男性従業員を凶器で襲い、約7日間のけがを負わせた疑い。被害男性と逮捕された8人に面識は無く、帰宅したところを襲われた。

  

盗難車保管 山口組系幹部らを逮捕

 愛知県警は、盗難車と知りながら車体番号を付け替え、車を保管したとして指定暴力団・山口組系幹部ら3人を逮捕した。

押収された車
押収されたレクサス

 逮捕されたのは山口組系幹部、出口公彦容疑者(38)=自称・名古屋市東区=ら3人。3人の認否は明らかにしていない。出口容疑者ら3人は今年5月と6月、愛知県稲沢市や名古屋市などの集合住宅の駐車場に、盗難車と知りながら乗用車3台を保管した疑い。

 車はいずれも一昨年と去年、名古屋市千種区や守山区などのマンション駐車場から盗まれた高級車「レクサスLS」で、出口容疑者らは別の車体番号を付け替え運輸局に登録していた。

  

大麻譲渡・覚せい剤所持 組事務所捜索で現金数百万円を押収

>>関連記事
 富山県警は8日、若者に大麻を譲り渡すなどしたとして指定暴力団・山口組系幹部らが逮捕された事件で、家宅捜索した名古屋市の山口組系事務所から薬物の密売で得たとみられる現金数百万円を押収した。事務所からは大麻や覚せい剤などの薬物は見つかっていない。

 この事件は、山口組系3次団体「東総業」幹部、東岱宏こと島卓弘容疑者(29)=富山市田中町=と、深田悠希容疑者(23)=富山市西新庄=が大麻や覚せい剤を所持、譲渡したとして大麻取締法違反の疑いなどで逮捕されたもの。

 また9日新たに、大麻およそ10グラムを知人に譲り渡したとして「東総業」関係者、東堂佑亮容疑者(27)=富山市町新=を麻薬特例法違反の疑いで逮捕した。

  

任侠山口系「竹内組」組長ら8人を逮捕

>>関連記事
 長野県警は、今年7月に長野県飯田市内の路上で、岐阜県の52歳の男性ら2人が暴行された事件で、指定暴力団・任侠山口組系「四代目竹内組」組長、宮下聡容疑者(47)ら8人を逮捕した。

 宮下容疑者らは、今年7月21日午前1時ごろ、飯田市中央通りの路上で岐阜県の52歳の男性ら2人に棒状のもので殴ったり蹴ったりした疑いが持たれている。

 8人のうち3人は先月、指定暴力団・山口組の4次団体で、弘道会野内組傘下「三代目近藤組」組長(58)を暴行し逮捕監禁したとして、逮捕監禁致傷の疑いで逮捕されている。

 今回の被害を受けた2人も別の暴力団の関係者と見られ、組織間の対立が背景にあるとみられる。

  

覚せい剤所持容疑 侠道会本部を捜索

 広島県警は8日午前、組員が営利目的で覚せい剤を所持していたとして逮捕された事件で、指定暴力団・三代目侠道会の本部事務所を捜査員35人態勢で家宅捜索した。

 覚せい剤取締法違反の疑いで現行犯逮捕されたのは、侠道会系二代目弘田組組員、土居修容疑者。土居容疑者は「自分のものではない」と容疑を否認している。

 土居容疑者は今月1日、三原市内の路上で営利目的で覚せい剤を所持していた疑いが持たれている。

 警察が土居容疑者から覚せい剤を買ったとみられる人物を逮捕していて、その捜査から土居容疑者が浮上。警察官が路上で土居容疑者の持ち物を調べたところ、覚せい剤の入ったプラスチックの袋を数袋持っていたという。

  

大麻譲り渡し・覚せい剤所持 山口組系幹部ら5人逮捕

 富山県警は8日、大麻を知人に譲り渡した疑いなどで指定暴力団・山口組傘下組織幹部ら5人を大麻取締法違反や覚せい剤取締法違反などの疑いで逮捕した。

 逮捕されたのは山口組系3次団体の若頭、東岱宏こと島卓弘容疑者(29)=富山市田中町=、深田悠希容疑者(23)=富山市西新庄=と、自称派遣社員の島田千夏容疑者(28)=富山市大町=、自称解体工の澤井圭太容疑者(22)=富山市水橋中村=、自称建設業の磯谷聖容疑者(26)=富山市本郷新=の5人。

 島容疑者は今年4月ごろ、富山市内の路上で知人男性に乾燥大麻約8グラムを、およそ5万円で譲り渡した疑いがもたれている。また、深田容疑者は自宅で覚せい剤を所持していた疑い。4月に富山県内の19歳の少年らが乾燥大麻を隠し持っていたとして逮捕された事件の捜査を進めるなかで今回の島容疑者らの容疑が浮上したという。

 県警は8日午前11時半ごろ、島容疑者らが経営しているとみられる富山市総曲輪の飲食店を家宅捜索して、覚せい剤や大麻の入手ルートなどを詳しく調べている。

  

「プロ野球賭博」山口組系弘道会傘下幹部を逮捕

 愛知県警は、プロ野球の勝敗を予想する「野球賭博」を客にさせたとして、指定暴力団・山口組弘道会傘下幹部、片岡憲孝容疑者(52)=名古屋市中村区=を賭博場開帳図利の疑いで逮捕した。調べに対し「黙秘します」と認否を留保している。

 片岡容疑者は去年4月から5月にかけ、愛知県などでプロ野球の試合を一口一万円で知人などに勝敗予想させ、的中したら配当金を支払う約束をした上で、3952万円分の賭博の申し込みを受け、約140万円の利益を得た疑いがもたれている。

 片岡容疑者は他人名義の携帯電話を騙し取ったとしてすでに逮捕されていて、この携帯電話の履歴などから「野球賭博」への関与が浮上した。

  

山口組系事務所 コンクリート塀に火炎瓶か

 4日午前4時ごろ、群馬県太田市新井町の指定暴力団・山口組傘下組織事務所のコンクリート製の塀に火炎瓶のようなものが投げつけられた。事務所内で関係者1人が寝ていたが、けが人はいなかった。太田署がトラブルの有無などを調べている。

 同署によると、新聞受けの中の新聞紙が焼けているのを別の関係者が見つけ、110番通報。壁の一部が黒ずみ、下には割れてこげたガラス瓶のようなものがあり、布のようなものが押し込まれていたという。

  

自宅に拳銃と実弾所持 東声会系幹部を逮捕

 警視庁は4日、東京都新宿区の自宅に拳銃と実弾を隠し持っていたとして暴力団幹部を逮捕した。

豊福容疑者が持していた拳銃

 暴力団・東声会系「六代目伊藤興業」幹部、豊福敬容疑者(48)は先月、新宿区の自宅マンションに、拳銃2丁と実弾57発を所持していた疑いが持たれている。豊福容疑者は「俺のものに間違いない」と容疑を認めている。

豊福敬容疑者(48)
豊福敬容疑者

 豊福容疑者が拳銃を所持しているという情報をもとに警視庁が自宅を捜索したところ、ベランダに隠された拳銃などを発見、見つかった実弾の中には2丁の拳銃と適合しない実弾も13発含まれていて、警視庁は、豊福容疑者がほかにも拳銃を隠し持っている可能性があるとみて調べている。

  

高級酒を詐取 チャイニーズドラゴンの関係者を逮捕

 警視庁新宿署は3日、居酒屋の従業員を装い酒屋からウイスキーなど高級な酒をだまし取ったとして、準暴力団チャイニーズドラゴン関係者の男を逮捕した。

李里暉容疑者
李里暉容疑者

 逮捕されたのは、チャイニーズドラゴンの関係者、李里暉容疑者(35)=中国籍=。

 李里疑者は去年1月、東京都新宿区の酒屋を訪れ、以前経営に携わっていた居酒屋の従業員を装い、ウイスキーなどの洋酒12本、合わせて6万円相当をだまし取った疑いが持たれている。李容疑者は「間違いありません」と容疑を認めている。

 李容疑者は納品書に居酒屋の店長の名字を署名し、付け支払いにして酒を受け取っていた。他にも同じ手口で10件ほどの余罪あるとみられる。

  

 稲川会系森田一家事務所発砲事件で近隣民家に弾痕

>>関連記事
 指定暴力団・稲川会系「四代目森田一家」本部事務所に銃弾が撃ち込まれた事件で、事務所の近くにある民家の窓枠付近に、弾痕とみられる痕跡が見つかった。付近からは銃弾や薬きょうは見つかっていない。

 静岡南署と県警捜査4課は事務所を狙った銃弾がシャッターなどを貫通し、敷地外の民家に達したとみて調べている。

 発砲事件が起きる前には、森田一家組員と稲川会系の別の組員らとの間でトラブルが起きていたという。

  

盗難ダンプでビル突入 旭琉会系組員ら5人を逮捕

 沖縄県警浦添署と沖縄署、県警本部組織犯罪対策課は28日までに、沖縄市の建設会社から10トンダンプカーを盗み、浦添市屋富祖の6階建て雑居ビル1階に突っ込ませたとして、窃盗と組織犯罪処罰法、器物損壊の容疑で指定暴力団・旭琉会系組員ら5人を逮捕した。組対課は「捜査に支障がある」として5人の認否を明かしていない。

 ダンプがぶつけられた当時、現場から2人がオートバイに乗って逃走したのが目撃されていた。動機や実行犯、役割分担についても「捜査中」とした。県警はビル関係者と何らかのトラブルがあったとみている。

 逮捕されたのは旭琉会系「三代目富永一家」組員(33)=浦添市西原=と、同一家組員(41)=那覇市久米、同会系「二代目照屋一家」組員(23)=那覇市古波蔵、浦添市屋富祖の自称ペンキ工(33)、浦添市西原の自称建築業(33)の5容疑者。

  

東京五輪工事に労働者派遣 極東会系会長を逮捕

>>関連記事
 警視庁組織犯罪対策3課は27日までに、無許可で労働者を派遣したとして指定暴力団・極東会系「二代目伊丹会」会長、広尾光信容疑者(70)=新宿区北新宿2=ら4人を職業安定法違反容疑で逮捕した。広尾容疑者は「私は知りません」と容疑を否認している。

 広尾容疑者らは公園にいる路上生活者らを集めて寮に住まわせ、工事現場などに派遣。作業員の賃金の約3割をピンハネしていた。昨年、同様の事件で逮捕・起訴され、執行猶予付きの判決を受けていたが、今年に入ってからも無許可で労働者派遣を続けていたとみられる。

 同課は埼玉県川口市の建設会社と代表取締役についても、同容疑で書類送検する方針を固めている。

 この建設会社は今年2~7月、埼玉県戸田市と川口市の公共事業で暴力団から作業員を紹介されていたとされる。同社は東京都中央区晴海で建設中の東京オリンピック・パラリンピックの選手村の工事に2次下請けとして参加。この工事でも広尾容疑者らから作業員を紹介されていたとみられる。

  

射水市が「本江組」事務所の撤去・取得を拒否

>>関連記事
 富山県射水市の地元住民が、射水市に対し指定暴力団・任侠山口組傘下「四代目本江組」の事務所建物の撤去や土地の取得を求めている。

「本江組」の事務所
「本江組」の組事務所

 2016年に富山県警が威力業務妨害容疑で主要な組員を摘発し、本江組は事実上解散。2017年には県暴力追放運動推進センターが住民に代わり事務所の使用差し止めを求めて提訴。建物・土地を所有する男性は「もう必要ない」として放棄する意向を示している。

 2018年に和解が成立し、組員が事務所を立ち退いており活動実態はないが、地元住民が7月に射水市に対し建物の撤去と土地の取得を求める要望書を提出したが、市は8月末に「行政財産として活用する目的のある不動産しか原則として買わない」などと回答、地元の要望に応じておらず、解決には時間が掛かりそうだという。

 本江組は組員が県内にはおらず、組長は山口組系の他団体に移籍したという情報があり、県警組織犯罪対策課は確認を進めるとともに、組長に本江組の解散届を提出させる方針。

  

「暴力団では食っていけない」工藤会系組長が解散届

 福岡県警豊前署は、特定危険指定暴力団工藤会系組長が25日付で豊前署に解散届を提出したと発表した。

 解散届を提出したのは工藤会の2次団体「三代目新居組」組長、高倉広美被告(72)=恐喝罪で起訴=。

 新居組は福岡県築上郡築上町築城に組事務所を構えていたが、組員が組長を含めて数人で、既に撤去している。新居組幹部(69)も詐欺罪で起訴されており、組長の高倉被告は「取り締まりが強まり、暴力団では食っていけない」などと解散理由を説明している。

  

京都地裁:「心誠会」事務所を使用禁止 指定外に全国初

>>関連記事
 京都地裁は27日までに、京都府暴力追放運動推進センターが「心誠会」の原田昇会長に事務所の使用差し止めを求めた仮処分申請で、センター側の主張を認め、暴力団事務所としての使用を禁止する決定をした。決定は20日付。

 六代目会津小鉄会の分裂に伴い独立した心誠会は内紛状態にあり、同センターが2017年6月、事務所周辺で将来的に抗争が起き、住民の安全が脅かされる恐れがあるとして、事務所の使用差し止めを求めて仮処分を申請し、地裁がこれを認める決定をしていた。

 しかし、府公安委員会が今年4月、六代目会津小鉄会の名称を「七代目会津小鉄会」に変更し、心誠会と対立する「四代目いろは会」の金子利典会長(76)を代表者に決定。心誠会七代目会津小鉄会傘下でなくなったことから、同センターが同月、あらためて心誠会の事務所使用禁止を求め、地裁に申し立てをしていた。

 指定暴力団以外の暴力団事務所に対し、使用差し止めが命じられるのは全国初。

  

違法風俗店経営 道仁会系「荒巻組」事務所を捜索

 警察は27日午前、指定暴力団・道仁会系組員ら男女3人が、マンションの一室で店舗型性風俗店を違法に営業した疑いで逮捕された事件で、道仁会系「二代目荒巻組」事務所を家宅捜索した。

道仁会系「荒巻組」事務所を捜索
道仁会系荒巻組を捜索

 逮捕されたのは荒巻組組員、古賀康浩容疑者(38)と、店の男性従業員(40)、女性従業員(38)の3人。いずれも認否は不明。

 古賀容疑者らは2019年5月と9月に、久留米市久留米市本町と原古賀町の2つのマンションの一室で、性的サービスを行う違法なマッサージ店を経営した疑い。女性従業員あわせて10人あまりが在籍していたとみられる。

  

歯科医院を恐喝未遂 「旭導会」事務所を家宅捜索

 北海道警旭川中央署は24日、昨年4月、同市内の30代の男性医師が診察した患者のカルテを突き付け、現金を脅し取ろうとしたとして、無職の北條義光容疑者(69)=旭川市宮前1の4=を恐喝未遂の疑いで逮捕した。

 昨年4月、同市内の30代の男性医師が診察した患者のカルテを突き付け、現金を脅し取ろうとした疑い。調べに対し北條容疑者は容疑を否認している。北條容疑者は指定暴力団・山口組旭導会の関係者とみられていて26日、旭導会の事務所を家宅捜索した。

旭導会事務所を捜索
旭導会事務所を捜索

 カルテは昨年3月、旭川市にある暴力団事務所に複数、匿名で郵送されていた。同署などは、男性医師の元同僚の医療関係者が暴力団事務所とメールでやりとりしていた記録などから、カルテを送ったのはこの医療関係者とみており、カルテが北條容疑者に渡った詳しい経緯や、組織的な犯行の可能性もあるとみて事件の構図などを詳しく調べている。

  

「工藤会本部」 1億円で民間企業が購入

>>関連記事
 特定危険指定暴力団工藤会の本部事務所について、北九州市が仲介し、福岡県暴力追放運動推進センターを経由して福岡市の民間企業が購入することで、北九州市とセンター、企業、工藤会側の4者が合意した。

工藤会の本部事務所
工藤会の本部事務所

 買い取り価格は1億円。10月中にも契約を結び、工藤会側が建物を取り壊して更地にした後、年度内に引き渡す方針。暴力団排除運動を進める北九州市などが目指してきた工藤会の「象徴」の撤去が実現することになった。

 買い取るのは暴力団を離脱した元組員の就労に協力する企業。企業側と工藤会側との直接交渉を避け、暴力団事務所跡を購入することへの抵抗感を和らげる狙いから、センターが工藤会側、企業側とそれぞれ契約を結び、土地所有権をいったんセンターに移した後、企業側に移し直す。建物撤去費や税滞納分などの必要経費を除いた売却益は、全額をセンターが管理し、工藤会が関与したとされる事件で請求されている損害賠償の支払いに充てる。

  

車盗み暴力団に販売 販売先として「東組」を捜索

 大阪府警捜査3課は25日までに、車を盗み車体番号などを細工して、暴力団元幹部に販売したとして中古車販売業、小林克美容疑者(48)=大阪市浪速区=ら男女4人を窃盗容疑で逮捕した。盗んだ車の販売先として指定暴力団・二代目東組の本部事務所など数か所を家宅捜索し、これまでに十数台の車を押収、このうち半数が盗難車と確認された。

東組本部事務所を捜索
東組本部事務所を捜索

 小林容疑者ら4人は共謀し、今年6月13日未明、大阪市西淀川区のマンション駐車場に止めていた乗用車1台(250万円相当)を盗んだとしている。

 4人は盗んだ車を「ヤード」と呼ばれる大阪府松原市の拠点に運び込み、ネットオークションなどで格安で落札した事故車の車体番号を打ち替えたり、ナンバープレートを付け替えたりして普通の中古車のように偽装し、暴力団元幹部に売りさばいていたという。

 小林容疑者は仲間の間では「打ち替え屋」と呼ばれていて、警察は暴力団排除の流れを受けて正規に車を買うことが難しい暴力団組員らから依頼を受け、少なくとも数十台の車を盗んで偽装したうえで不正な販売を繰り返していたとみられている。

  

«  | HOME |  »


今すぐ会いたい・・・
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
究極のマッチングサイト

最新記事

リンク

QRコード

QR