FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団・任侠・極道・反社組織関連の事件・ニュース速報

性風俗店から「あいさつ料」収受 神戸山口組系「大門会」会長を逮捕

 兵庫県警暴力団対策課と生田署などは31日、神戸・三宮の性風俗店からみかじめ料を受け取ったとして、特定抗争指定暴力団神戸山口組系「四代目大門会」会長・清崎達也容疑者(50)=熊本市中央区=を県暴力団排除条例違反の疑いで逮捕した。また、山健組組員(48)=神戸市中央区=を同容疑で再逮捕した。同課は認否を明らかにしていない。

 店側の関係者は「20年前から暴力団にあいさつ料(みかじめ)を払っていた」と供述しているという。

 逮捕容疑は共謀し、2019年4月10日、神戸市中央区北長狭通で店舗型性風俗店の営業を容認する対価などとして、店側から現金130万円を受け取った疑い。

 県警は、同じ店からあいさつ料を受け取ったとする同条例違反容疑で7月10日に無職の男を逮捕。その後、現金の一部が所属先の山健組のほか、清崎容疑者にも流れていた疑いが浮上した。



対立抗争で服役した山口組系組幹部に禁止命令

 神奈川県公安委員会は31日、暴力団対策法に基づき、対立抗争事件を起こして服役した指定暴力団・六代目山口組系幹部(53)に対し、令和7年6月22日までの間、組側から称賛や慰労の目的で金品の供与や地位の昇格、もてなしなどを受けてはならないとする禁止命令を出した。

 県警暴力団対策課によると、男は平成14年、同県厚木市内で対立する指定暴力団・稲川会系組員=当時(32)=を拳銃で殺害したとして逮捕され、懲役18年の実刑判決が言い渡されて今年6月22日に出所した。男は「分かりました」などと命令を受け入れたという。

 県公安委は23年、山口組篠田建市組長に対しても、男への称賛などを禁じる命令を出している。



「7400万円相当の覚醒剤」所持 弘道会傘下組長を逮捕

 大阪府警は31日までに、密売目的で7400万円相当の覚醒剤を所持したとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組弘道会傘下組長・糸林伸悟容疑者(37)を、覚醒剤取締法違反(営利目的所持)の疑いで逮捕した。調べに対し糸林容疑者は「営利目的で所持したことは間違いない」と容疑を認めている。

押収された覚せい剤
押収された覚せい剤

 糸林容疑者は6月に、大阪府河内長野市の自宅に停めていた車の中や自宅などに覚醒剤約1156グラムと、コカイン約33グラム(末端価格7400万円相当)を販売目的で隠し持っていた疑いが持たれている。府警は同市などの路上で売りさばいていたとみている。

 警察が別の事件の捜査から情報を得て関係先を捜索したところ、糸林容疑者の車の中にあった手提げの金庫に入った覚醒剤が見つかったという。

 大阪地検が7月17日、同罪などで起訴した。



「用心棒代」脅し取る 小桜一家系幹部ら4人逮捕

 鹿児島県警は、今年5月、鹿児島県内の飲食店経営者から「用心棒代」として現金を脅し取った疑いで、指定暴力団・四代目小桜一家系幹部を含む男4人を逮捕し、31日午前9時すぎ、捜査員30人体制で小桜一家本部事務所を家宅捜索した。本部事務所は防弾盾を持った警察官が並び、物々しい雰囲気となった。

小桜一家本部事務所を捜索1
小桜一家本部事務所を捜索
小桜一家本部事務所を捜索2

 恐喝の疑いで逮捕されたのは、小桜一家系幹部、冨尾勇太容疑者(37)=鹿児島市天保山町=と、西晃治容疑者(37)=鹿児島市南林寺町=ら男4人。

 県警によると、冨尾容疑者らは今年5月24日、県内で飲食店を共同経営する20代の男性2人に対し、入店を断られたのを理由に因縁をつけ、「用心棒がいないなら俺たちがやってやるから毎月5万円払え」などと言って、5万円を脅し取った疑いがもたれている。取り調べに対し、冨尾容疑者ら3人は容疑を認め、1人は容疑を否認している。



「旭琉会」前会長死去に伴い本部を沖縄市から移転

 指定暴力団・旭琉会は、2019年7月に旭琉会富永清会長が亡くなったことを受け、19年12月、本部事務所を沖縄市上地から北中城村島袋の同会関係施設へ移転した。県公安委員会は暴力団対策法に基づき、31日付の官報で公示する。

 今年6月に、全国の暴力団組織などに宛てて、移転に伴うあいさつ状を送付していた。



用心棒代収受 弘道会系河村一家総長ら3人を逮捕

 愛知県警捜査4課などは30日、名古屋市中区の繁華街にあるバーから用心棒代を受け取ったとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組弘道会の本部長で、「五代目河村一家」総長・間宮誠治容疑者(56)=同市北区楠2丁目=ら3人を愛知県暴力団排除条例違反の疑いで逮捕した。間宮容疑者らの認否を明らかにしていない。

 間宮容疑者らは去年12月から今年5月にかけ4回にわたり、条例が暴力団排除特別区域と定める中区錦三丁目のバー経営者(50代)から、用心棒代あわせて8万円を受け取った疑いが持たれている。

 警察が別の事件を捜査する中で、バーの店長と間宮容疑者の関係を示す資料が見つかり、事件が明らかになったという。

 間宮容疑者らは16年前から毎月2万円を要求し、あわせておよそ370万円を受け取っていたとみて、警察が余罪を調べている。



営利目的でコカイン所持 稲川会系組員を逮捕

 神奈川県警薬物銃器対策課は30日、営利目的でコカインを所持したとして、指定暴力団・稲川会系組員、水沼拓哉容疑者(26)=横浜市南区東蒔田町=を麻薬取締法違反(営利目的所持)の疑いで逮捕した。容疑を一部否認している。

 水沼容疑者は16日、同市中区にある貸し倉庫の中に、ポリ袋4袋に入れられたコカイン約97グラム(末端価格約97万円)を営利目的で所持したとしている。

 同課によると、水沼容疑者は「自分で使うつもりで持っていた。売るためではない」などと供述しているが、倉庫内からは小分けにする際に使われるポリ袋や計量器も見つかった。コカインは覚醒剤に比べて効果の持続時間が短く国内での需要は少ないといい、県内における営利目的所持容疑での摘発は今年に入って初めて。



無免許で弟の名前 稲川会系組員を逮捕

 北海道警札幌豊平署は、無免許で乗用車を運転し、交通違反の取り調べを受けた際に弟の名前を使ったとして、会社員で指定暴力団・稲川会系「四代目越路家一家」組員(31)=北海道苫小牧市=を、道路交通法違反(無免許運転)と有印私文書偽造・行使の疑いで逮捕した。

 逮捕容疑は今月25日、札幌市豊平区美園で無免許で乗用車を運転したうえ、その後交番で交通違反の取り調べを受けた際に、弟の名前を使い指印をした運転免許取得事実確認に関する文書を警察官に提出した疑いが持たれている。

 警察によると、当日は書類が正しものとみて免許不携帯事案として処理。一度帰宅させて翌日出頭を求めたものの男は「免許を紛失した」などと応じず、27日夜になって会社の上司に付き添われ警察署へ出頭してきたという。

 調べに対し男は「無免許だとバレたくなかった」と容疑を認めている。



工藤会会長の被告人質問 「関与していない」無罪を主張

>>関連記事
 福岡地裁で30日、特定危険指定暴力団工藤會が関与したとされる4件の市民襲撃事件に関わったとして、殺人罪などに問われた特定危険指定暴力団・工藤會の最高幹部2人に対する公判があり、被告人質問が始まった。

福岡地方裁判所
福岡地方裁判所

 殺人などの罪に問われた会長・田上不美夫被告(64)が出廷。元漁協組合長射殺事件について「一切関与しておりません」と述べ全面的に否定した。公判では、ナンバー2の田上被告とともに、トップの総裁・野村悟被告(73)も同罪に問われている。

 事件が起きたのは1998年。北九州市小倉北区の路上で元漁協組合長(当時70)の男性が頭などを撃たれ死亡した。

 この日午前、田上被告への弁護側の主尋問があった。弁護側が事件の実行役らへの指示や共謀があったか問うと、田上被告は「一切ありません」と重ねて否定。事件に関与した人物を知っているかとの質問には「全くわかりません」と述べた。

 被告人質問は9月上旬までの計8日間で、31日は野村被告が証言台に立つ予定。

闇金取り立てで組織的恐喝 稲川会系「東一家」総長ら逮捕

 静岡県警は、貸した金の取り立てで現金を脅し取ったとして、指定暴力団・稲川会系「二代目東一家」総長、東重欽(70)=韓国籍=と、東一家幹部ら2人を組織的恐喝の疑いで逮捕した。認否は明らかにしていない。

 東容疑者らは共謀し、2019年11月中旬、富士市内で80代の男性に対して、「借りるときはヘイコラしやがって俺は現役だぞ」などと言って、貸し付けていた金の取り立てで現金4万円を脅し取った疑いがもたれている。

 無登録で貸金業を営む違法な闇金が、東一家の資金源になっているとみて裏付け捜査を進めている。

キャバクラからみかじめ料 弘道会系「高山組」組長らを逮捕

>>関連記事
 愛知県警捜査4課は28日、名古屋市の風俗グループから用心棒代を受け取ったとして、特定抗争指定暴力団・山口組弘道会幹部で、「三代目高山組」組長・南正毅こと篠田正樹容疑者(47)=名古屋市南区要町2=と、高山組幹部・六車武士容疑者(36)の2人を県暴力団排除条例違反容疑で逮捕した。用心棒代は十数年前から受け取っていたとみられ、弘道会の資金源とみて捜査を進めている。

愛知県警察本部
愛知県警察本部

 篠田正樹容疑者らは3月25日、愛知県大府市の路上で、風俗グループの実質的経営者の男性から用心棒代として現金約64万円を受け取ったとしている。篠田容疑者は別事件の判決で実刑が確定し収監中だったため、現金は同容疑で逮捕された高山組幹部の六車容疑者が直接、グループ側から受け取ったという。

 用心棒代は名古屋市中区錦3のキャバクラ店6、7店舗分で、2017年10月以降に少なくとも約1900万円を受け取っていたとみられる。グループは愛知県内のキャバクラなど約20店舗を束ねる市内最大の組織で、従業員は約1000人規模。

 捜査関係者によると、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う愛知県と名古屋市の休業要請協力金50万円をだまし取ったとして、グループの幹部らが詐欺罪などで起訴されている。

組員の脱退を妨害 山口組系組長に再発防止命令

 大阪府公安委員会は、特定抗争指定暴力団山口組傘下組長に対し、組員2人を脅して脱退を妨害したとして、暴力団対策法に基づく再発防止命令が出した。

 府警によると、今年4月と5月、大阪市内の飲食店などで、山口組系組員2人が40代の組長に「カタギにしてください」などと脱退を申し入れた。組長はこれを受け入れず、「もうちょっと辛抱せんかい」「そんなこと言わんと考え直し」などと脅し、脱退を妨害したという。

 大阪府公安委員会は、この組長に暴力団対策法に基づく中止命令を出していたが、組員からの相談が相次いだことから、より効力の高い再発防止命令を出した。命令に違反すると、3年以下の懲役もしくは250万円以下の罰金となる。

 調べに対し、組長は「組員が減ったら運営がしんどくなって困る。もうしません」などと話しているという。



車でバイクに衝突し修理代も要求 浪川会系幹部ら逮捕

 福岡県警は21日、走行中の2人乗りオートバイに、故意に車で衝突して少年らを転倒させたなどとして、指定暴力団・浪川会系幹部、古閑原良徳(42)=熊本県荒尾市菰屋=と、会社員・小林健嗣(43)=同市川登=両容疑者を殺人未遂容疑で逮捕した。この他、少年側から車の修理代を脅し取ったとして古閑原、小林両容疑者ら9人を恐喝容疑で逮捕した。認否を明らかにしていない。

 古閑原容疑者らは共謀し、2019年8月31日未明、荒尾市増永の路上で、福岡県内在住の10代少年が2人乗りする400㏄のオートバイに、殺意を持って軽乗用車をぶつけて転倒させ、2人に頭部打撲など最大全治2カ月の重傷を負わせた。その後、転倒した2人を取り囲んで入れ墨を見せながら車の修理代を要求し、同年9月に被害者の親族から現金62万円を脅し取ったとしている。

 県警によると、古閑原容疑者らと少年2人には面識がなく、少年のバイクの走行に憤慨して車をぶつけたとみて調べている。2019年11月、県警大牟田署に匿名の通報があり捜査していた。



山口組系「源清田会」本部事務所を家宅捜索

 新潟県警は21日午前10時ごろ、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系「二代目源清田会」の本部事務所を家宅捜索した。

源清田会本部を捜索
源清田会本部を捜索

 この家宅捜索は、18日に新潟西署と県警生活保安課、組織犯罪対策第二課などの合同捜査班が、自身が経営するマッサージ店の女性従業員に男性客への性的なサービスを違法に行わせたとして、会社役員・遠藤公一郎容疑者(52)=新潟市中央区下所島2=を風営法違反の疑いで逮捕したことを受けて行われたもの。捜索は約1時間かけて行われ、書類やUSBメモリなど十数点を押収した。

 県警は、遠藤容疑者はメンズエステと称した店など複数のマッサージ店を経営していて、収益の一部が暴力団組織に流れている可能性があるとみて、押収した資料などをもとに実態解明を進めている。



覚せい剤密売 山口組系「誠友会」幹部を逮捕

 北海道警薬物銃器対策課と札幌南署は21日までに、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系幹部を、密売目的で覚醒剤を隠し持っていたとして再逮捕していたことがわかった。

北海道警察本部
北海道警察本部

 逮捕されたのは、山口組系「四代目誠友会」の相談役、中山良作容疑者(74)。

 中山容疑者は、6月9日、札幌市内の路上で袋に入れた微量の覚醒剤を販売目的で所持していたとして現行犯逮捕されていた。

 その後、関係先の札幌市内のマンションなどから、販売用に小分けにされた覚醒剤およそ150グラム(末端価格1000万円相当)を押収し、6月30日に密売目的で所持していた容疑で再逮捕した。

 道警は、中山容疑者が覚醒剤の密売を組織的に繰り返していたとみて、実態の解明を進めている。



偽ブランド品113点を販売目的で所持 山口組系幹部を逮捕

 岡山県警津山署は20日、海外の有名ブランドに似たロゴの入った衣類を販売目的で所持したとして、特定抗争指定暴力団山口組杉本組幹部・水嶋正幸容疑者(50)=岡山県美作市明見=を商標法違反の疑いで再逮捕した。認否は明らかにしていない。

押収した偽ブランド品
押収した偽ブランド品

 再逮捕容疑は6月29日、自宅でグッチなど二つのブランドに似せたマーク入りのジャージー、ポロシャツなど113点を所持し、商標権を侵害した疑い。同署は、別のブランドに似せた衣類約1800点を押収しており、入手経路を調べている。

 容疑者は3月24日ごろ、美作市内で、「ディースクエアード2・ティ・エム・ソシエテ・アノニム社」が商標登録しているロゴに似せたマークが入ったズボン1着を、知人男性に販売したとして商標法違反(類似商標商品の販売)の疑いで6月29日に逮捕=処分保留で釈放=されていた。



借金1億円を2.8億円に 住吉会系幹部らを逮捕

 警視庁は、金を貸している男性を連れ回して監禁し、暴行を加え金を脅し取ろうとしたとして、指定暴力団・住吉会系幹部らを逮捕した。

左・林田大輔容疑者と右・藤本直崇容疑者
左・林田大輔容疑者と
右・藤本直崇容疑者

 住吉会幸平一家幹部で加藤連合会・「賢総業」組長代行・林田大輔容疑者(48)と、加藤連合会幹部で「二代目英心組」組長、藤本直崇容疑者(46)ら4人は、2019年12月、自営業の男性(37)を4日間連れ回して監禁し、顔面をひざげりするなどしたうえ、金を脅し取ろうとした疑いが持たれている。林田容疑者らは、男性に1億円を貸していたが、2億8,000万円にして返すよう脅していた。

 男性は、目に全治10日間のけがをした。調べに対し、林田容疑者は黙秘している。



金庫抱えて逃走 山口組系組員を逮捕

 警視庁は、東京都内の居酒屋に侵入し現金が入った金庫などを盗んだとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系2次団体組員、川嵜洋一容疑者(23)を逮捕した。

川嵜洋一容疑者
川嵜洋一容疑者

 逮捕容疑は、2020年5月、東京都大田区の居酒屋に侵入し、現金20万円が入った金庫などを盗んだ疑い。

 川嵜容疑者は調べに対し黙秘しているが、金庫を抱えて逃走する川嵜容疑者が付近の防犯カメラに映っていたという。警視庁は、余罪があるとみて調べている。



野球賭博 アプリで5千万円 「半グレ」リーダーを再逮捕

>>関連記事
 沖縄県警組織犯罪対策課は15日、プロ野球公式戦などの勝敗を予想する野球賭博を主催したとして、賭博場開張図利の容疑で自称経営コンサルタント・山根真一容疑者(50)=住所不定=を再逮捕した。山根容疑者は6月23日、労基法違反(強制労働の禁止)の容疑で八重山署に逮捕、送検されていた。また県警は同じ野球賭博に関わった疑いで自称投資家の男(49)=京都府=、県内に住む無職の30代男性も賭博場開張図利容疑で摘発した。

 関係者によると、山根容疑者は暴力団などに属さずに犯罪行為を繰り返す「半グレ」と呼ばれる組織のリーダー。調べに対し「すべて間違っている。賭博には関わっていない」と容疑を否認している。

 山根容疑者は昨年6月25日から今年3月25日の間、容疑者らは賭博場を開きプロ野球や高校野球の計453試合で、無料通信アプリなどを利用して合計5231万円の賭け金を集め、利益を得ていた疑い。

 県警によると、県内外の数十人が賭博をしていた。1口1万円で賭け金を募り、多いときは1試合当たり100万円が集まるなど、賭け金から手数料として1割が山根容疑者らの利益となっていたという。

 山根容疑者は大阪の有名地下格闘技団体の創始者として、関西では有名な半グレ界の大物。暴力団とも深いつながりがあるという。4~5年前から拠点を石垣島へと移し、飲食店やマリンレジャー業などを経営していた。大騒動へと発展した安倍晋三首相の主催である「桜を見る会」に出席していた半グレのうちの1人。



無許可営業等 3度逮捕の山口組系組長を不起訴

>>関連記事
 名古屋地検は、名古屋市中区でガールズバーを無許可で営業していたなどとして3回逮捕された、特定抗争指定暴力団山口組弘道会傘下組長(65)について、いずれも不起訴処分とした。

名古屋地検
名古屋地方検察庁

 組長は今年3月、中区錦3丁目のガールズバーとショーパブを無許可で営業した疑いで逮捕されたほか、キャバクラ店2店舗から用心棒代を受け取った疑いであわせて3回逮捕されていた。

 愛知県警はガールズバーなどの売上や受け取っていた用心棒代が暴力団の資金源となっているとみて調べを進めていた。

 組長は今年4月29日までにいずれも処分保留として釈放されていたが、名古屋地検は、6月22日付けで組長を不起訴処分とした。不起訴の理由は明らかにしていない。



 | HOME |  »

twitter

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿
yakuzanews-twitter.png
ツイッターはこちら

ブログ内キーワード検索


カテゴリ

■殺人 (156)
■殺人未遂 (227)
■傷害致死 (30)
■死体遺棄 (372)
■生命身体加害略取罪 (1)
■殺人予備罪 (3)
■傷害・暴行・暴力行為 (448)
■逮捕監禁 (65)
■脅迫・恐喝・強要 (692)
■恐喝未遂 (68)
■銃刀法違反 (343)
■発砲事件 (273)
■凶器準備結集・集合 (15)
■強盗事件 (209)
■身代金目的略取 (2)
■窃盗・盗難 (239)
■盗品等関与罪 (5)
■常習特殊窃盗罪 (1)
■漁業法違反 (23)
密漁品流通 (1)
特定水産動植物の採捕の禁止 (2)
漁業法違反ほう助 (1)
■水産資源保護法違反 (3)
■水面漁業調整規則違反 (7)
■証人等威迫罪 (6)
■犯人隠避・犯人隠避教唆 (51)
■証拠隠滅 (7)
■覚せい剤・大麻・麻薬・ドラッグ (643)
■医薬品医療機器法違反 (1)
■薬事法違反 (12)
■臓器移植法違反 (5)
■賭博開帳図利・常習賭博 (174)
■モーターボート競走法違反 (11)
■詐欺・横領・背任 (943)
■特殊詐欺・電子計算機使用詐欺 (245)
■新型コロナ対策・GoToトラベル関連詐欺 (90)
■不正アクセス禁止法違反 (9)
■免状不実記載・公正証書原本不実記録 (115)
■有印私文書偽造 (18)
■携帯電話不正利用防止法 (2)
■有価証券偽造・偽造有価証券行使 (9)
■偽造通貨行使 (2)
■出資法違反・貸金業法違反 (88)
■銀行法違反 (2)
■強制性交等罪 (14)
■強制わいせつ (2)
■迷惑行為防止条例違反 (25)
■児童福祉法違反 (30)
■県青少年健全育成条例違反 (7)
■未成年者誘拐 (1)
■公然わいせつ (2)
■わいせつ図画販売 (18)
■児童買春・ポルノ処罰法違反 (8)
■風俗営業法違反 (33)
■売春防止法違反 (42)
■入管難民法違反 (12)
不法就労助長 (2)
旅券法違反 (8)
■労働者派遣事業法違反 (43)
■不動産侵奪 (2)
■職業安定法違反 (13)
■建設業法違反 (10)
■労働基準法違反 (3)
■不正競争防止法違反 (1)
■強制執行妨害・競売入札妨害 (20)
■廃棄物処理法違反 (17)
不法投棄 (13)
虚偽管理票交付 (2)
虚偽申請 (1)
■建造物侵入 (5)
■器物損壊・建造物、住建造物損壊 (117)
■建造物等放火 (24)
■火炎瓶処罰法 (4)
■爆発物取締罰則違反 (20)
■保護責任者遺棄致死 (1)
■道路運送法・道交法違反 (72)
自動車運転過失傷害・ひき逃げ (19)
妨害運転罪・あおり運転 (1)
酒酔い運転 (2)
■危険運転致傷 (3)
■暴走族追放条例違反 (1)
■公務執行妨害 (29)
■威力業務妨害 (23)
■競売入札妨害 (3)
■偽計業務妨害・偽計信用棄損 (11)
■名誉毀損罪 (1)
■商標法違反 (12)
■著作権法違反 (3)
■文化財保護法違反 (1)
■不正作出私電磁的記録 (2)
■電磁的記録媒体頒布 (3)
■密輸 (2)
■所得税法違反 (20)
■関税法違反 (6)
■電波法違反 (1)
■旅館業法違反 (1)
■民事保全法違反 (1)
■裁判員法違反 (2)
■弁護士法違反 (2)
■収賄罪 (1)
■地方公務員法違反 (3)
守秘義務違反 (0)
■職務強要 (1)
■特定商取引法違反 (4)
■裁判 (213)
■暴力団対策法 (119)
用心棒料等要求行為 (3)
多数集合 (4)
損害賠償 (10)
用心棒行為等防止命令 (3)
使用制限命令 (29)
再発防止命令 (18)
使用者責任 (21)
賞揚等禁止命令 (3)
■暴力団排除条例 (338)
■組織犯罪処罰法 (227)
組織的殺人 (19)
組織的殺人未遂 (38)
組織的詐欺 (14)
組織的恐喝 (8)
組織的強要 (1)
組織的賭博開帳図利 (3)
組織的建造物損壊 (3)
組織的威力業務妨害 (3)
没収保全命令 (1)
犯罪収益収受 (97)
犯罪収益隠匿 (10)
犯罪収益仮装 (2)
犯人隠避・犯人隠避教唆 (9)
組織犯罪処罰法違反幇助 (1)
組織犯罪証拠隠滅 (1)
■犯罪収益移転防止法 (8)
■暴力行為等処罰法 (25)
■指詰めの強要等の禁止 (0)
■脱退妨害行為 (0)
■暴力団追放活動 (91)
■家宅捜索 (164)
■不起訴処分 (38)
■中止命令 (106)
■宅建業法違反 (1)
■食品衛生法違反 (3)
■健康保険法違反 (3)
■国外 (65)
■その他 (2263)
■未分類 (1547)
■自動車運転処罰法違反 (1)