FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

覚せい剤譲渡、使用容疑で再逮捕 岡山西署、暴力団幹部ら3人/岡山

 岡山西署は28日、覚せい剤取締法違反(無償譲り渡し、使用など)の疑いで津山市大谷、指定暴力団山口組系組幹部斉藤清政(39)、同市林田、無職佐野文徳(40)、同所、同芦浦隆裕(45)の3容疑者を再逮捕した。

 再逮捕容疑は斉藤、佐野容疑者は7月21日、津山市の飲食店で芦浦容疑者に覚せい剤約0・2グラムを譲り渡した疑い。同容疑者は8月8日、自宅で覚せい剤1袋(0・057グラム)を所持し、同日までに使用した疑いが持たれている。斉藤、佐野容疑者は容疑を否認している。

 同署によると、8月8日、偽造商品券を使用したとして芦浦容疑者を逮捕し、自宅で覚せい剤を見つけた。3人は偽造有価証券行使罪などで公判中。

九州誠道会:「浪川睦会」に名称変更 福岡県公安委員会

 福岡県公安委員会は28日、指定暴力団「九州誠道会」(大牟田市)の名称を「浪川睦会(なみかわむつみかい)」に変更することを決めた。誠道会は「新団体」を結成したとしていたが、同一団体と認定。改正暴力団対策法に基づく「特定抗争指定」を引き続き適用する。変更は12月10日付。

 九州誠道会は6月に「解散」し、10月に同会トップの名前から浪川睦会という「新団体」を結成したとしていた。しかし、県公安委は本部や代表者が同じであることなどから、解散されていないと判断。警戒区域内で事務所への立ち入りなどを禁じる特定抗争指定の適用を継続する。

 県警によると、九州誠道会は「(抗争相手の指定暴力団)道仁会と将来、合流するために新団体を結成した」などと説明しているという。県警は「特定抗争指定解除を狙って解散表明したが、資金が得にくくなったため新団体結成を装った」とみている。

大阪府警の警部補、デリヘル接待を受ける/大阪

 大阪府警東住吉署刑事課の男性警部補(50)が、売春防止法違反事件で摘発されたスカウトグループの男(28)らから性風俗や飲食の接待を受けていたことが28日、捜査関係者への取材で分かった。

 府警は、現時点では捜査情報の漏えいは確認されず、接待は1回だけで継続的ではなかったとしているが、不適切な行為として近く懲戒処分とする方針。警部補は既に辞職願を提出している。

 捜査関係者によると、警部補は以前逮捕した暴力団関係者を通じ、2011年2月に男らと知り合った。当初は「暴力団からの用心棒代の要求を断れないか」などの相談に乗っていたが、同年8月上旬、大阪・ミナミで、料亭での飲食やデリバリーヘルスなど計約4万5000円相当の接待を受けた。

 警部補は「相談を受けていると思ったこともあり、支払わなかったが、軽率だった」と説明している。

 男は風俗店計約20店舗を経営するグループの代表。今年1月、府警に売春防止法違反容疑で逮捕され、10月に有罪判決を受けている。

 警部補は10年秋に東住吉署に赴任する前、捜査4課で暴力団捜査を担当。府警では組関係者ら捜査対象との癒着を防ぐため、接触する際は上司に報告するよう定めているが、それを怠っていた

「穴掘って埋めるぞ!」と脅す 恐喝容疑で福井市の男逮捕/福井

 福井署は27日、恐喝の疑いで自称不動産業、寺嶋崇栄容疑者(65)=福井市=を逮捕した。「貸した金を返してもらっただけ」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は7月下旬から9月上旬、知人の土地取引を仲介した石川県内の70代の男性に対し、電話で複数回にわたって「穴掘って埋めるぞ」などと言って現金210万円を要求し、9月に福井市内で現金65万円を脅し取った疑い。

 同署によると、寺嶋容疑者は暴力団関係者。同署は、男性が介在したため、知人が土地を買えなかったことが動機とみている。7月に男性が福井署に相談し、発覚した。

風営法違反容疑:風俗店グループ「ブルー」を捜索 名古屋/愛知

 愛知県警捜査4課が、名古屋市中区錦3にある風俗店グループ「ブルー」の店舗への家宅捜索を行ったことが分かった。県警は容疑を明らかにしていないが、関係者によると風営法違反容疑とみられる。グループの実質的経営者、佐藤義徳被告(56)=脅迫罪などで公判中=は指定暴力団山口組弘道会と密接な関係にあり、捜索は弘道会の資金源を断つ狙いがある。

 家宅捜索は26日午前10時半ごろに始まり、約2時間後に段ボール箱を抱えた捜査員らが店から出た。パソコンや帳簿類を押収した模様だ。

 捜査関係者によると、佐藤被告が脅迫容疑で逮捕された今年1月時点で、キャバクラやホスト店など約20店舗がブルー傘下にあり、このうち性風俗店は約10店舗だった。いずれも佐藤被告が実質的に経営していたとみられるが、別の人物や法人が名義人になっており、県警は風営法違反(名義貸し)容疑で捜査を進めている。

 既に個人名義だった数店舗は捜査が進む中で閉店した。ただ、法人名義の店舗は立件のハードルが高く、4課は今回の捜索で押収した資料から法人名義の店舗の経営実態の解明などを目指すとみられる。

 佐藤被告は2009年に自宅の新築計画に対する反対運動が起きた際、住民説明会で「風俗業に投資はしているが、経営には関わっていない」と説明。また周囲には「いずれは病院や学校を経営したい」と語っていた。県警は、佐藤被告が社会的信用を得るため、名義貸しにより風俗店とは無関係と装おうとしたとみている。

 佐藤被告は10年夏ごろ、自宅建設が周辺住民の反対で頓挫したことを県警組織犯罪対策課の警部による妨害と邪推。警部に脅迫電話をかけたとして、今年1月に逮捕、起訴された。9月には県警捜査1課の別の警部に車両情報の漏えいを依頼したとして、地方公務員法違反(そそのかし)容疑でも逮捕され、処分保留となっている。

もみじ銀から1500万円詐取か 元暴力団幹部ら逮捕/広島

 もみじ銀行(広島市)から約1500万円をだまし取ったとして、広島県警は27日、指定暴力団共政会系組織の元幹部の大野宏明容疑者(54)と、行政書士の野村誠容疑者(35)=別の詐欺事件で逮捕=を逮捕し、発表した。2人は「だますつもりはなかった」と否認しているという。

 県警によると、2人は2007年11月、もみじ銀に虚偽の決算書などを示し、大野容疑者が代表取締役のメイプル産業(広島市)へ約1500万円を融資させた疑いがある。同社はほとんど実体がなかったが、日本政策金融公庫(東京)からも約1500万円を借りていたという。県警は架空会社を使った詐欺事件とみて全容解明を進める。

 メイプル産業は登記上、墓石の卸・販売、設置などを目的に06年に設立されたが、架空会社に近い運営状態だったとされる。融資された1500万円のうち約500万円は、広島市が中小企業支援のために原資の一部を金融機関に預託して低金利で貸す「一般振興融資」制度が利用された。返済は「業績悪化」を理由に滞り、県信用保証協会が一部を弁済していた。一方、もみじ銀は独自に残りの約1千万円を融資していたとみられている。

 もみじ銀は取材に「個別の取引については答えられない」と説明している。

宅見組組長射殺事件 犯人潜伏アパートを賃貸契約した男に実刑判決

 平成9年8月に指定暴力団山口組最高幹部、宅見勝宅見組組長=当時(61)=ら2人を射殺した元中野会(解散)組員、財津晴敏被告(56)=殺人などの罪で起訴=の潜伏先のアパートの賃貸契約をしたとして、詐欺罪に問われた秋田市の無職、五十嵐文夫被告(40)の判決公判が25日、神戸地裁で開かれた。内山裕史裁判官は「従属的立場だが、刑務所から出所後すぐに犯行に及んでいる」として、懲役10月(求刑懲役1年2月)を言い渡した。

 判決によると、五十嵐被告は平成22年3月、実際には住まないのに、埼玉県狭山市のアパートの賃貸契約を成立させた。

覚醒剤譲渡:組幹部ら2人逮捕 合同捜査本部

 覚醒剤約1キロを譲り受けたとして指定暴力団工藤会(北九州市)系組幹部らが逮捕された事件で、福岡、広島両県警と警視庁などの合同捜査本部は26日、幹部らに譲渡したとして指定暴力団住吉会(東京都港区)系組幹部、野口健一容疑者(49)=群馬県太田市=ら2人を覚せい剤取締法違反(営利目的譲渡)容疑で逮捕したと発表した。

 逮捕容疑は、7月5日正午ごろ、東京都内を走行中のタクシー内で、工藤会系組幹部、松尾大奨(だいすけ)被告(33)=同罪で公判中=らに覚醒剤約1キロを譲渡したとしている。福岡県警は野口容疑者らの認否を明らかにしていない。

 この事件では、既に松尾被告が指定暴力団共政会(広島市)の関係者の男=同罪で公判中=に覚醒剤約100グラムを渡したとされる。合同捜査本部は入手経路などを調べる。

.

職業訓練助成金詐欺:さらに1200万円 組長を再逮捕/福岡

 職業訓練への国の助成金を詐取したとして指定暴力団道仁会(福岡県久留米市)系組長ら16人が逮捕された事件で、福岡県警は他にも助成金約1200万円をだまし取っていたとして、組長を詐欺容疑で再逮捕し、新たに男女約10人を逮捕した。

 捜査関係者によると、新たな逮捕容疑は、2011年4〜8月、指定暴力団道仁会系組長、三笠正貴容疑者(37)が実質経営する不動産会社「LIEN(リアン)」久留米校(福岡県久留米市)で、「ファイナンシャルプランナー(FP)養成講座」を開いて二十数人が受講したと虚偽申請。厚生労働省所管の中央職業能力開発協会から助成金計約1200万円を詐取したとしている。

 県警は三笠容疑者を今月25日に再逮捕し、講座開催を装うため動員された受講生役の男女を26日、逮捕した。

 県警は11年4〜8月にLIEN嬉野校(佐賀県嬉野市)でFP講座を開いたとだまして助成金約800万円を受給したとして10月31日〜11月11日、三笠容疑者らを詐欺容疑で逮捕していた。

.

準暴力団と名付けられた集団の現在のシノギ ミャンマーに進出する半グレ

 東京オリンピックやリニアモーターカーの開通など大規模な公共工事が予定され、裏社会がにわかに活気付いている。関係者は水面下で利権争いを繰り広げているが、実は目を付けているのはそこだけではない。

 東京の繁華街を根城とする、若い世代(といっても30~40代)の不良グループは暴力団関係者と手を組み、海外の貿易に力を入れている。彼らが目を付けたのはアジアの発展途上国「ミャンマー」だ。東南アジアに位置し、かつてはビルマと呼ばれていた日本とのつながりが深い国である。

 以前から、ミャンマー絡みでいえば、「日本ミャンマー〇〇協会」など、不良が関係する怪しげな団体はいくつも存在した。筆者も東京・品川にあるミャンマー大使館の集まりに顔を出したことがあるが、そこはまるで暴力団関係者の会合だった。明らかなコワモテから、人脈だけが頼りのイベサー系ブローカーまで、ミャンマーに食い込もうとする連中の怪しさに驚くばかりだった。

 では、なぜ、今になってミャンマーなのか? 不良グループで幹部を務める1人が内情を語ってくれた。

「ミャンマーが軍事政権の頃からビジネスしている連中は、やりたい放題にやり過ぎて、向こうでは国からも民間からもかなり嫌われている。でも自分らは若いし、腰が低い。だから向こうも安心して付き合ってくれる。悪い言い方をすれば、舐めてかかるんですよね。初めは自分らが出てミャンマー側を安心させて、最後は本職のヤクザに話を詰めてもらう。これはある意味保険みたいなものです」

――具体的にミャンマーでは何をしているのか。

「貿易、人的な交流です、後は新しいシノギ。シャブを売ったり、売春を仕切るといったこと。ドラッグと性産業は世界中のどこへ行っても不良が仕切っている。だからその分野全般だと思ってください。ミャンマーは民主化が進み、日本人も多く観光で来るようになった。そこで、ミャンマーに在住する日本人の市場だけ俺らがもらうんです。不良のいない途上国なら軍隊がそういう市場を握ってるんですが、ミャンマーは国民も在住する日本人も軍隊や警察に対しての拒否反応は凄い。そこを逆手に取る感じですね」

――人的な交流とは?

「仲間のNPOに話しを持ち込んで、向こうの貧しい人間を日本に短期で仕事させるんです。表向きは職業支援のような形になっている。当然、ピンハネ商売なんですけど。大きなカネになるし、国際貢献だってミャンマー側からは感謝される。自分たちはミャンマーに行くと接待漬けになります」

――東南アジアでよく聞くリゾート開発や大規模な飲食店ビジネスは絡まないのか。

「そんなのほとんど詐欺話じゃないですか。頭の弱い不良が手を出すのがリゾート開発とか飲食店でしょ。誰かに出資させてどうこうするビジネスってもう流行らないんですよね。とにかくカネになるまで時間がかかり過ぎる。もちろん、こっち(ミャンマー)にもそういう連中は腐るほどいますけど、みんな同じこと言っています。『数年後には大儲けできる』って。俺たちは1か月後にはカネにしてますんで、そういう奴らは相手にしていません」

――一般企業は新たな利権を手に入れようとしますよね。大手商社も含めて。それはどうなんですか?

「自分らはそこまでの器も無いし、資金力も含めて太刀打ちなんか出来ません。そんな事には手を出す訳無いじゃないですか」

――うまく行ってるの?

「今、話した新しいシノギはボチボチです。まだ観光客もそんなに増えてないですから。だけど数年後にはかなりおいしいシノギになると思います」

 彼らは自分たちが反社会的な勢力と理解している。変な名誉欲は全く無い、ただ金になればいいのだ。そこが強さの根源でもある。

生活保護費不正受給容疑で組員逮捕 神奈川県警

 暴力団組員であることを隠して生活保護費を不正受給したとして、神奈川県警小田原署と県警暴力団対策課は25日、詐欺容疑で、指定暴力団稲川会系組幹部で南足柄市塚原の無職、矢口恒夫容疑者(56)を逮捕した。

 逮捕容疑は、平成21年4月から25年9月まで54回にわたり、暴力団組員であることを隠して、同市から生活保護費計約1180万円を受け取ったとしている。調べに対し、矢口容疑者は容疑を認めているという。

 同署によると、矢口容疑者は生活保護費の受給手続きの際、同市福祉事務所の窓口で「暴力団を脱退した」などと主張。21年3月26日、同事務所に誓約書などの書類を提出し、25年9月までに生活扶助約570万円、住宅扶助約300万円、医療扶助約310万円を受け取ったという。

.

居候の57歳男性殴られ死亡 元暴力団組員の男を逮捕 警視庁/東京

 25日午前4時ごろ、東京都武蔵野市関前のアパートの一室で、無職の浅井照信さん(57)が頭から血を流して倒れているのが見つかった。近くには住人の男が返り血を浴びた状態で立っており、警視庁武蔵野署は殺人未遂の現行犯で、無職の川崎俊彦容疑者(49)を逮捕した。浅井さんは搬送先の病院で死亡が確認され、同署は殺人容疑を視野に調べる。

 同署によると、浅井さんと川崎容疑者はいずれも元暴力団組員で、浅井さんが別の事件で服役して出所した後、10月ごろから川崎容疑者宅のアパートで居候していた。2人は24日夜から室内で酒を飲んでいたとみられ、25日未明になって川崎容疑者が浅井さんの頭を殴るなどしたという。

 浅井さんが倒れているのを見つけた知人が119番通報し、同署員らが駆けつけた。川崎容疑者は「浅井さんから暴力を振るわれ、酒の勢いで殴ってしまったかもしれない」などと供述しているという。

.

県内初、暴力団排除条例違反で勧告 飲食店経営者に/秋田

 暴力団員にカレンダー掲載の広告代名目で現金1万円を供与したとして、県公安委員会は25日までに県南部の飲食店経営者の男性に、県暴力団排除条例に基づき同様の行為をしないよう勧告した。
 2011年7月施行の同条例の適用は県内初。

「名前気安く出すな」と女性殴った組幹部ら逮捕/福岡

 福岡県警は24日、指定暴力団工藤会系組幹部洲崎秀輝容疑者(44)(北九州市小倉北区片野)ら2人を暴力行為等処罰法違反容疑で、同大石薫容疑者(41)(住所不定)ら2人を電磁的公正証書原本不実記録・同供用容疑でそれぞれ逮捕した。


 発表によると、洲崎容疑者らは7月中旬頃、トラブル解決のために自分の名前を出した女性(40)宅を訪れ、「おれは組幹部やぞ。名前を気安く出すな」と脅し、頭を素手で1回殴った疑い。認否は明らかにしていない。

 また、大石容疑者らは10月15日、市営住宅などに住んでいたのに、空き地の所在地を記した住民異動届を小倉南区役所に提出し、住民基本台帳に事実と異なる記録をさせた疑い。容疑を否認しているという。

 県警は24日、暴力行為等処罰法違反容疑で、北九州市内の組事務所2か所などを捜索した。

暴力団への加入強要 容疑の2人逮捕、足利署/栃木

 足利署は25日、暴対法違反の疑いでいずれも山口組系暴力団員でとび職の茨城県古河市鴻巣、野口哲里(23)、埼玉県加須市柳生、河村礼(29)の2容疑者を逮捕した。同署によると、野口容疑者は容疑を一部否認しているという。

 逮捕容疑は、2人は共謀し、9月22日に宇都宮市の路上で茨城県の無職男性(23)に対し、「頭下げて地元に戻って来いよ。俺らと一緒にやればいいんじゃねえか」「登録するには本部にあいさつに行くことになるから」などと、暴力団組織への加入を強要した疑い。


組員の身分隠し自動車ローン…270万円詐取容疑で逮捕/北海道

 暴力団組員であることを隠して信販会社「オリエントコーポレーション」(オリコ)に自動車ローンを申し込み、車の購入資金をだまし取ったとして、北海道警札幌南署は25日、札幌市西区発寒10の11、指定暴力団山口組誠友会組員で会社役員川口晃容疑者(48)を詐欺容疑で逮捕した。

 発表などによると、川口容疑者は昨年9月、江別市の自動車販売会社で乗用車を購入する際、オリコに暴力団組員であることを隠した上で、知人の会社の社員を装ってローンを申し込み、自動車販売会社側の口座に車の代金として約270万円を振り込ませて詐取した疑い。

 オリコは2011年、ローン契約の申込者に暴力団など反社会的勢力と無関係であることを確約させ、違反が判明すれば無条件に契約を解除できる「暴力団排除条項」を約款に加えた。

 調べに対し、川口容疑者は「暴力団排除条項は知らなかった。(知人の会社で)働いていた」などと容疑を否認しているという。

 同署は、オリコ関係者から事情を聞くなどし、川口容疑者がローンを申し込んだ経緯を調べていた。

元暴力団幹部死亡 殺人で捜査本部を設置/埼玉

 21日夜、埼玉・戸田市のマンションで、男性が死亡しているのが見つかった。男性には殴られたような傷があり、部屋に消火器の消火剤がまかれていたことなどから、警察は殺人事件として捜査本部を設置し、捜査している。

 事件があったのは戸田市のマンションで、警察によると、21日午後7時前、「知人と数日連絡が取れないので、部屋に行くと倒れていた」と110番通報があった。警察が駆けつけると、この部屋に住む元暴力団幹部で韓国籍・朴光好さん(66)が死亡しているのが見つかり、部屋には消火器の消火剤がまかれていたという。

 朴さんの顔や頭には殴られたような傷があることや、現場の状況などから、警察は殺人事件として捜査本部を設置し、朴さんの周辺にトラブルがなかったかなど捜査している。

「個人情報が漏れている」と企業にねじ込み… 暴排の時代に生き残る「新聞ゴロ」とは 今も関係断ち切れぬ企業も

 スキャンダルなどをネタに企業に揺さぶりをかけるいわゆる「新聞ゴロ」が11月、警視庁組織犯罪対策3課に相次いで逮捕された。情報管理の甘さにつけ込み、金品を脅し取ろうとする「ブラックジャーナリスト」の存在が改めて浮き彫りになる一方、彼らが発行する情報誌・機関誌を購読し続ける企業側の実態も明らかになった。平成9年の総会屋利益供与事件を機に、経済界から反社会的勢力を排除する機運が高まる中、企業と反社勢力の間で今も繰り広げられる攻防の最新事情とは…。(太田明広、五十嵐一)

■社外秘のマニュアル流出 「買い取り」は言明せず

 東京都心で最高気温36・8度を記録し、18日ぶりの猛暑日となった8月30日の昼下がり。JR池袋駅(豊島区)から徒歩約10分のビル1階に入居する飲食チェーン運営会社「三光マーケティングフーズ」に、男3人がアポなしで訪ねてきた。

 三光マーケティングフーズは東証2部上場で、居酒屋「東方見聞録」や焼き牛丼店「東京チカラめし」などをチェーン展開する。

 男らは応接室に通されるやいなや封筒から書類を取り出し、目の前に座る30代の社員らに示した。それは、別の社員4人分の雇用契約書と社外秘の研修マニュアルだった。戸惑う社員らに、男らはすごみを利かせながら矢継ぎ早に言葉を発した。

 「こんなものが漏れている。個人情報の管理がずさんだ。産業廃棄物法違反になるぞ」

 「自分はジャーナリストだから、売ることも売らないこともできる。裏の人間も知っている。処理しないなら裏のルートに流す」

 言下に書類を買い取るように求められたと悟った社員が要求額を尋ねると、「そちらが考えることで、こちらが考えるものではない」と具体的な額については言及を避ける。その上で、「社長を呼んでくれ。専務でもいい。連絡取って決めろ」とダメを押し、立ち去った。

 その後も、男らは会社に雇用契約書をFAXで送り付けるなどの嫌がらせを繰り返した。さらに、4人とは別の女性アルバイトに「あなたの個人情報が書かれた雇用契約書が捨てられていた。訴えるなら協力しますよ」と電話してきたという。

 三光マーケティングフーズは金銭の支払いには応じず、警視庁に被害を相談。組織犯罪対策3課は今月13日、恐喝未遂容疑で、埼玉県川口市並木、出版関連会社「報道ジャーナル」代表、福永洋容疑者(67)ら男3人を逮捕した。

■自称「平成の仕置き人」 企業側に管理の甘さも

 新聞ゴロ-。福永容疑者のように、新聞、雑誌などの報道機関の公共性を盾に、企業の経営内容や役員の不正などの情報を悪用し、金品を要求する人々は業界用語でこう呼ばれる。警察庁によると、新聞ゴロを含む「会社ゴロ」は平成15年以降、1000人前後のほぼ横ばい状態で推移し、24年は970人が確認された。

 福永容疑者はインターネット上のブログでは「平成の仕置き人」を名乗り、「あなたに代わって恨みを晴らします」と呼びかけ、企業の内部情報を集めようとしていた。

 三光マーケティングフーズを訪れた後の9月6日には、「マンションのごみ箱から社外秘の資料などを発見したが、回収に努める気配がまるでないようだ」と訴えている。

 交渉の場で具体的な要求金額を出さなかったのは、「恐喝だと言われないためのプロの手口」(捜査関係者)。実際、暴力団に近い関係者が同席していたとされる。ただ、新聞ゴロに詳しい関係者は、福永容疑者や報道ジャーナルについて「全く聞いたことがない」と打ち明ける。

 福永容疑者らが持っていた雇用契約書は毎年作成されており、社員側に渡していた控えが流出したとみられる。社外秘のマニュアルも古いものは裁断せずに破棄していたといい、三光マーケティングフーズ側にも管理の甘さがあった。組対3課は入手経路を調べる。

 捜査関係者は「新聞ゴロに少しでも隙を見せるとつけ込まれるので、普段から自衛手段を講じてほしい」と警告。三光マーケティングフーズは「書類を厳重に管理するように周知徹底し、再発を防止する」としている。

■記事コピーで2万円 「広報部」と付き合い?

 11月9日には、著作権法違反容疑で、30年にわたって機関誌「月刊対話」を発行する寺田亘利容疑者(77)=神奈川県二宮町百合が丘=ら男女2人が組対3課に逮捕された。逮捕容疑は新聞記事をコピーし、無断で機関誌に掲載していたというものだ。

 月刊対話はB5版20ページの冊子で、購読料は6カ月で2万1000円。その内容は最近の事件・事故から政治・経済まで多岐にわたっているが、複数の新聞社の記事を無断でそのまま掲載するだけのお粗末なものだった。

 業界関係者によると、新聞ゴロによる情報誌・機関誌の発行は昭和50年代前半が全盛で、約1000誌ほど購読していた企業もあった。寺田容疑者も株を取得した上場企業の弱みを握ったように振る舞い、月刊対話の購読や高額な広告料を要求するなどしていたとされる。

 ただ、56年に商法改正で総会屋排除のため株主への利益供与が禁止されたのを機に、情報誌や機関紙は激減。さらに、平成9年の総会屋への利益供与事件などを受け、利益供与罪の罰則強化と利益要求罪が新設されたことで、企業側は反社勢力との関係解消に走った。

 それでも、寺田容疑者は組対3課が確認できた17年以降、東証1部上場企業を含む延べ179社から、約4400万円の購読料を受け取っていた。今年1~9月に上場企業を含む約35社が購読し、約190万円を支払っていたことも確認されたという。

 なぜ、寺田容疑者には“客”がついたのか。業界関係者は「暴力団や総会屋の窓口だった総務部門は関係を断ち切ったが、広報部門では徹底されていなかった」と指摘。寺田容疑者は30年以上前に大手広告代理店で働いており、「多くの企業の広報部と付き合いがあったのではないか」(業界関係者)という。

 寺田容疑者が「新聞ゴロ」であることを認識した上で購入していた企業もあり、担当者は組対3課に「前任者からの申し送りで購入していた」と説明しているという。捜査幹部はこう言って警鐘を鳴らす。

 「暴力団排除条例も浸透し、社会全体で反社勢力を排除するという機運が高まっている。企業側は前例にとらわれず、毅然とした態度で、いかがわしい相手との付き合いを断ち切ってもらいたい」

拳銃所持容疑で男逮捕 県警、暴力団関係先を捜索/山梨

 指定暴力団稲川会山梨一家と暴力団「山梨侠友会」の対立抗争に絡み、山梨県警は21日、銃刀法違反(所持)の疑いで暴力団の関係先を家宅捜索し、拳銃1丁を押収。拳銃を所持していたとして、甲府市内の60代の男を同法違反容疑で現行犯逮捕した。
 捜査関係者によると、男は容疑を否認しているという。

建設会社社長が自宅前で刺されけが-小倉/福岡

 22日午前5時40分ごろ、北九州市小倉北区の建設会社社長の男性(47)方から「夫が何者かに刺された」と110番があった。男性は頭や腕にけがを負い、病院に搬送されたが意識はあるという。

 小倉北署は殺人未遂事件として捜査。暴力団による犯行の可能性もあるとみて、トラブルがなかったかどうか調べている。福岡県警は「暴力団犯罪の可能性も視野に徹底した捜査を行う」とのコメントを出した。

 小倉北署によると、男性は出勤しようと自宅を出て、自家用車に乗り込んだところを襲われた。右のこめかみや腕、脚など少なくとも3カ所を刺され、事件に気付いた男性の妻が110番した。現場に凶器などは残っていなかった。

 犯人は身長約170センチ、黒っぽいフルフェースのヘルメットを着け性別不明。黒っぽい服装で、走って逃げたという。

 現場はJR小倉駅から南東約2キロの住宅街。

生活保護費を不正受給 容疑の元暴力団幹部を逮捕、宇都宮東署/栃木

 宇都宮東署と県警組織犯罪対策1課は21日、詐欺の疑いで宇都宮市大曽1丁目、無職浜野健容疑者(63)を逮捕した。

 逮捕容疑は、住吉会系暴力団幹部であることを隠して、2012年3月から13年10月まで、宇都宮市社会福祉事務所から生活保護の適用を受け、計約213万円を不正に受給していた疑い。

 同署によると、現在は暴力団組織を離脱しているという。


「振り込め」詐欺、捜査手詰まりカギは通信傍受 被害最悪400億円超へ 

「振り込め」などの特殊詐欺の被害が止まらずハイペースで拡大している。さまざまな手口が横行し、今年は全国で過去最悪を記録した昨年の約364億円を上回り、400億円を超える可能性が出てきたことが19日、捜査関係者への取材で分かった。「捜査は現状では手詰まり状態」(警察庁幹部)といい、打開策として捜査現場からは犯行グループの解明のため現行法では認められていない詐欺事件での通信傍受を求める声も高まっている。

 警察庁の米田壮長官は今月14日の定例会見で「特殊詐欺の被害は大変深刻な状況と考えている。取り締まりをさらに強化する必要がある」と危機感を示した。

 警察庁によると、最近の特殊詐欺の被害額は平成20年までは年間250億円前後で推移していたが、悪用された口座を凍結する振り込め詐欺救済法が同年に施行されると、21年には約95億円にまで急減した。

 しかし、22年以降は再び増加傾向となり、昨年は約364億円と過去最悪となった。今年に入っても被害は止まらず上半期(1~6月)は約211億7千万円と昨年を上回るペース。特殊詐欺の7~9月の被害額は、3カ月間だけで約127億円にのぼった。

 警察庁幹部は「オレオレ型が再び横行し始めたと思えば、最近ではギャンブル必勝法の情報提供名目や還付金詐欺などが急増し手口は次々と変わる」と指摘。捜査関係者によると、10~12月も7~9月と同ペースの月40億円程度の被害が予想され、年間で初の400億円を超える可能性があるという。

 暴力団よりやっかい

 「振り込め詐欺の犯行グループは実態が不透明な部分が多く、事件の捜査としては暴力団よりもやっかいな連中といえるかもしれない」。別の警察庁幹部が心情を吐露する。

 暴力団は、代表者の氏名や本部の所在地、ピラミッド型の組織形態などが、ある程度把握できる。しかし、振り込め詐欺の犯行グループの場合、犯行拠点やメンバー構成、指示系統などの大半が不明。アジトも一定期間で移動するため、捜査は困難を極める。

 振り込め詐欺救済法で口座の不正使用が困難になると、振り込み型から受け取り型が増加。被害者宅に現金の受け取りに現れた「受け子」などを逮捕するケースが多くなり、摘発件数と人数ともに増加した。

 しかし、「アルバイト感覚の若者が多く、犯行グループの上層部や主犯格について何も知らない末端のメンバー」(警察庁幹部)であることが実情。犯行グループの全体像などの解明に至らないことが多い。

 迫られる新たな手法

 増加を続ける特殊詐欺に、警察庁幹部は「新たな捜査手法として通信傍受を考える時期にきている」と強調する。通信傍受法は平成12年に施行され、薬物▽銃器▽集団密航▽組織的な殺人-の4種類の事件に限って電話の傍受を認められているが、「詐欺」は適用外だ。

 振り込め詐欺事件などでの通信傍受の適用については、法制審議会(法相の諮問機関)の特別部会で議論が進められている。電話での通信傍受だけでなく、犯行拠点での会話を傍受する捜査手法についてもテーマとなっている。

 部会では、詐欺では範囲が広い。対象を絞るべきだ▽必要最小限なものに限定する必要がある-などの慎重な意見も相次いでいるが、警察庁幹部は「通信傍受法の特殊詐欺への適用拡大は何とかコンセンサスを得たい」と議論の推移に期待している。

 米田長官は「通信傍受が可能となればメンバー間の上下関係、リーダー格による指示内容が判明しグループ全体の早期摘発につながり有効」と話している。

       ◇    

 ■特殊詐欺

 息子などを装い現金をだまし取るオレオレ詐欺などの振り込め詐欺と、それ以外の計8種類の総称。振り込め詐欺タイプは、オレオレ型のほかに、架空請求詐欺▽融資保証金詐欺▽還付金詐欺-の4種類。振り込め詐欺以外は、金融商品の取引偽装▽ギャンブル必勝法情報提供▽異性との交際あっせん▽その他-の4種類に分類される。

 ■通信傍受

 組織的で重大な犯罪捜査のため、裁判所が出す傍受令状に基づいて犯行グループの犯罪に関連する電話の会話を傍受すること。オウム真理教の無差別大量殺人などをきっかけに、平成12年に施行された通信傍受法に規定されている。傍受には電気通信事業者が管理する設備で、管理者の立ち会いで行う。毎年、国会への報告義務があり、24年は10事件での実施が報告された。

暴力団辞めようとした組員監禁、暴力団組長ら5人逮捕

 警視庁は、無断で暴力団を脱退しようとした55歳の組員を組事務所に監禁したうえ、現金を脅しとったとして暴力団組長ら5人を逮捕した。

 逮捕されたのは、住吉会系暴力団の組長、大野吉英容疑者(63)ら5人。

 大野容疑者らは今年8月、55歳の組員を新宿区の路上から浅草の組事務所まで連れ去って監禁したうえ、「普通だったら指を詰めるか金でケリをつけるかだぞ」と言って現金約20万円を脅しとった疑いがもたれている。

 警視庁によると、組員は、自分の孫が生まれたために「ヤクザをやめたい」と考え、無断で組から脱退しようとしていました。しかし、この組員の知人が当時、組に入ろうとしていたため、大野容疑者らは、「やめられたら新たな担い手が入らなくなる」と組員を引き止めていたという。
 取り調べに対し、大野容疑者らは「事実ではない」などと全員、容疑を否認している。

自動車保険に暴排条項 損保大手、組員なら契約解除

大手損保会社の間で、自動車保険の約款に暴力団排除(暴排)の条項を盛り込む動きが広がっている。組員と分かれば、その時点で契約を解除する。ただ、任意保険をかけずに車を運転する組員が事故を起こした場合、被害者の補償をどうするかという新たな課題も生まれている。

 日本損害保険協会に加盟し、自動車保険を扱う損保17社に取材したところ、いずれも、約款改定の時期である10月から導入したか、導入を検討している。協会が全国的な流れを受け、昨年12月に暴排に向けたモデル約款を策定し、加盟各社に採り入れるよう勧めた。

 あいおいニッセイ同和は今年10月に導入。担当者は「事故時に契約相手が反社会的勢力と分かっても、約款にない以上、保険金を支払わざるを得なかった。これからは事故が起きた後でも、契約相手が暴力団だと分かった時点で契約解除ができる」と話す。ただし、事故が契約解除前の場合、被害者に対人・対物賠償保険は支払われる。

伊勢市で車や車庫などに弾痕 組関係者の住宅/三重

 18日午前8時35分ごろ、三重県伊勢市神社港のアパート駐車場に止めてあった乗用車のドアミラーに弾痕があるのを所有者の男性会社員が見つけ、110番した。

 県警伊勢署が発砲事件とみて周辺を調べたところ、アパートに隣接する住宅車庫で1カ所、その隣の市営住宅の物置でも2カ所の弾痕が見つかった。

 同署によると、車庫に発砲された住宅には指定暴力団山口組関係者が住んでおり、関連を調べている。発砲されたのは17日午後6時40分から18日午前8時35分の間とみられる。

 現場は同市北部の住宅地で約300メートルの所に小学校などがある。市教委は登下校に注意をするように各校に伝え、下校時に教師が児童に付き添うなどしたほか、不要な外出を控えるよう保護者に連絡した。

.

詐欺容疑で暴力団事務所を家宅捜索/沖縄

 沖縄県警は、実際には働いていないにも関わらず、交通事故に伴う休業補償金140万円あまりを騙し取ったとして、詐欺の疑いで逮捕した暴力団員の事務所を、17日家宅捜索した。

 逮捕・送検されたのは指定暴力団旭琉會山久一家の本部長狩俣景寿容疑者(55)と、読谷村楚辺の自営業・平良栄喜容疑者(54)。

 狩俣容疑者は、交通事故でケガをしたことを悪用し、友人の平良容疑者に雇われていたと偽って平成22年6月からおよそ7か月間、事故による休業損害金合わせて140万円あまりを共済組合からだまし取った疑いが持たれている。調べに対し狩俣容疑者は容疑を認め、平良容疑者は否認している。


組事務所撤退向け推進協/茨城

 守谷市大木の指定暴力団「松葉会」事務所の早期撤退を目指す県警など関連団体は16日、「守谷市暴力団追放推進協議会」を設立し、同市内で開かれた「地域安全・暴力追放市民大会」で約300人の市民らに報告した。また、土地と建物の購入による事務所撤退を進める意向を示している同市の会田真一市長は取材に、「係争中の民事訴訟で松葉会に所有権が認められた場合でも事務所を買い取る」と述べ、条件付きながら松葉会との交渉も視野に解決を図る姿勢を打ち出した。

 協議会の設立総会で、会長に会田市長、副会長に同市議会の松丸修久議長が就任。事務局を取手署に置き、理事は市内6団体の代表者とすることなどが決まった。

 今後は総会を年一度開いて一般市民や市内の企業、団体に参加と協力を呼びかけるほか、県議会への請願や暴力団排除活動などを通じて撤退運動の推進を図る。

 市民大会では会田市長が協議会設立を参加者に説明し、「反社会的勢力の暗躍を食い止め、行政、市民、警察が一体となって暴力の撲滅に取り組む」とあいさつ。県警の井上泰修・組織犯罪対策課長は住民運動で暴力団事務所の撤退に成功した他県の事例を挙げながら、「事務所の撤去は法律的に不可能。しかし、皆さんが追放の“のろし”を挙げれば、暴力団も撤去の方向に向いていく」と述べた。

 事務所の所有権を巡っては、松葉会2次団体「岡一家」の総長と登記上の所有者である建設会社社長が民事訴訟で係争中。会田市長は同日、取材に対して「暴力団が守谷から消えるなら総長からでも買い取る」と述べ、「(原状回復費と認められるなど)松葉会への利益供与と判断されない」ことを条件に訴訟結果に関わらず事務所購入を進める方針を明らかにした。

 事務所近くに住む60歳代男性は「当初は『一般人の住居になる』と説明があり、暴力団にだまされたという思いしかない。持久戦の覚悟は出来ている。市には是非とも事務所を買い取ってほしい」と話していた。

ラブホテル爆発:4年前にダンプ突入事件 佐賀、関連捜査

 16日未明、佐賀市中心部のラブホテルの玄関付近で爆発物のようなものが爆発した建造物損壊事件で、このホテルがレンタルルームとして使われていた2009年にも玄関にダンプが突っ込む事件が発生していたことが分かった。佐賀県警佐賀署は、現場は同一だが、ホテル関係者からトラブルなどの相談を受けていなかったとしており、関連の有無を慎重に調べるとともに爆発物の特定を急いでいる。

 同署によると、16日午前4時半ごろ、同市愛敬町のホテル付近にいた男性が爆発のような音を聞き、ホテル内が光ったのを目撃。連絡を受けた従業員が確認したところ、フロント付近のタイルの一部が焦げ、玄関ドアのガラスやドア上部の窓ガラスが割れていた。

 同署は玄関の内側に爆発物のようなものがあり、ガラス破片の大半が外側に飛び散っていることから、何者かが爆発物をホテル内に投げ込んだとみている。

 ダンプの事件は09年4月に発生。玄関付近に後ろから突っ込んだ4トンダンプが放置されているのを関係者が発見した。この施設のほか佐賀県内の風俗店2カ所でも同時期にダンプが玄関に突っ込んでおり、暴力団が関係しているとみて捜査が進められたが、未解決になっていた。

 現場はJR佐賀駅から南に約800メートル。繁華街に近く、飲食店や民家が並んでいる。近くに住む30代男性は「夜中にドンという音が聞こえて起きたが、まさか爆発だとは思わなかった」と恐怖を訴えていた。

売春クラブ経営者から“みかじめ料”男逮捕/東京

 元暴力団組員の男が、「みかじめ料」などの名目で、派遣型売春クラブから、およそ80万円を受け取っていたとして組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕した。

 逮捕された指定暴力団山口組系元組員・和田和正容疑者(39)は、派遣型売春クラブの経営者から、みかじめ料などの名目で、およそ82万円を受け取った疑いが持たれている。

 警視庁によると、今年7月から9月にかけて東京・渋谷の派遣型売春クラブの経営者に、「組長のホテル代を払え」「賭けマージャンに負けた」などと言って1年間におよそ800万円を受け取っていたが、調べに対し、黙秘しているという。

 店は「裏社会の後ろ盾が欲しかった」という。

不明男性「殺して埋めた」大阪府警が捜査

大阪府枚方市で2003年に行方不明になり、捜索願が出ていた飲食店経営者の男性(53)について、大阪府警に別の詐欺事件で逮捕された男が「知人の暴力団関係者らと殺害し、埋めた」と供述していることが14日、捜査関係者への取材で分かった。府警捜査4課は殺人容疑で捜査しており、遺棄したとする現場の特定を進めている。

 捜査関係者によると男性は03年12月ごろ失踪し、親族が枚方署に捜索願を出した。男性は当時、枚方市や京都市でスナックなどを経営しており、知人の風俗店経営者らとの間でトラブルを抱えていた。

 | HOME |  »


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

アクセスランキング


アクセスランキング
rank.japandeep.com

ランキング参加は貴HPに
http://yakuzanews.blog36.fc2.com/
をリンクさせるだけ