FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

稲川会系組員の身分隠し生活保護費を詐取/千葉

 暴力団員であることを隠して生活保護費を不正に受給したとして、千葉西署は30日までに、詐欺の疑いで市川市広尾2、自称土木作業員で指定暴力団稲川会系傘下組織組員、南田進容疑者(46)を逮捕し、千葉地検に送検した。

 逮捕・送検容疑は6月、同組織組員の身分を隠して千葉市に生活保護を申請し、6~7月、生活保護費や家賃として計23万5440円を自分の口座に振り込ませてだまし取った疑い。「生活費が欲しかった」と容疑を認めている。

 同署によると、南田容疑者の住民登録地が同市稲毛区だったため、生活保護費は同市が支給していた。同市内の暴力団事務所に出入りする南田容疑者を同署員が発見し、発覚した。

  

工藤会傘下組織を家宅捜索 ニセ電話詐欺事件に関与か

 ニセ電話詐欺事件に関与したなどとして、福岡県警は1日午前、北九州市小倉北区のマンションにある指定暴力団工藤会の傘下組織の事務所を詐欺と窃盗の疑いで家宅捜索した。

 県警によると、工藤会傘下組織組員の満潮(みつしお)隆嗣容疑者(31)=同容疑で逮捕=らは2月、広島市の男性(71)に「あなたの個人情報が漏れている」などとうその電話をかけてキャッシュカードをだまし取り、ATM(現金自動出入機)から現金200万円を引き出した疑いがある。県警は満潮容疑者が実行役の男と指示役を仲介する役割を果たしていたとみている。

 ニセ電話詐欺事件で、工藤会が主導的な立場で関与したことが明らかになるのは初めて。

  

C型肝炎治療薬を詐取か、指示役の元山口組系幹部を逮捕

 生活保護制度を悪用し、C型肝炎の治療薬を病院からだまし取ったとして無職の女らが逮捕された事件で、警視庁は新たに指示役の元暴力団幹部の男を逮捕した。

 逮捕されたのは元山口組系暴力団幹部の桂川政幸容疑者(52)で、すでに、逮捕・起訴されている人見香代子被告らと共に、神奈川県の病院からC型肝炎の治療薬84錠、520万円相当をだまし取った疑いが持たれている。桂川容疑者は人見被告に、1回につき25万円の報酬で「薬を手に入れて欲しい」と話を持ちかけたという。

 桂川容疑者は容疑を否認、警視庁は桂川容疑者がだまし取った薬を転売し、暴力団の資金源にしていた可能性もあるとみて捜査している。

  

18億円ATM不正引き出し、山口組系暴力団幹部 逮捕

 全国のコンビニエンスストアのATMで18億円以上が不正に引き出された事件で、警視庁は指示役とみられる暴力団幹部を新たに逮捕した。

 逮捕されたのは山口組大石組傘下松平興業の吉田広輝容疑者(54)で、今年5月、出し子役の男(54)と東京・渋谷区などのコンビニのATMで偽造クレジットカードを使って現金合わせて350万円を不正に引き出した疑いが持たれている。

 吉田容疑者はすでに逮捕・起訴されている松平興業幹部の岩谷五月被告(37)らと共謀して複数の「出し子」役に不正な引き出しをさせていたとみられているが、取り調べに対し容疑を否認している。

 警視庁は一連の不正引き出し事件に、複数の暴力団が関与しているとみて詳しく調べている。

  

神戸山口組直系「英組」組長を逮捕 他人名義で口座開設容疑

 他人名義で銀行口座を開設したとして、警視庁は、指定暴力団神戸山口組の直系「二代目英組」組長、藤田恭道こと藤田恭右容疑者(44)=大阪市西淀川区=ら男3人を詐欺容疑で逮捕し、17日発表した。藤田容疑者は黙秘している。

 ほか2人は、ともに神奈川県山北町の無職秋元明(51)、会社役員臼井康人(51)の各容疑者。2人は「通帳は藤田容疑者に渡した」と容疑を認めている。

 組織犯罪対策4課によると、3人は昨年1月、神奈川県内の銀行で、秋元容疑者が使うように装って口座を開設した疑いがある。実際は藤田容疑者が通帳を、臼井容疑者がキャッシュカードを管理していた。同課は、口座が暴力団の資金管理に使われていた可能性があるとみて調べている。

  

「太田興業」副組長 「生活保護」詐取容疑で逮捕

 警視庁は暴力団の身分を隠し、生活保護費などをだまし取ったとして、指定暴力団神戸山口組太田興業副組長、岡川賢二容疑者(68)を逮捕した。

 岡川容疑者は、2009年に指定暴力団山口組傘下組織を破門、一昨年8月から、東京・調布市に生活保護を申請して受給していた。

 その後、昨年9月に神戸山口組系組幹部として復帰しており、受給資格が無いのにもかかわらず調布市に申告せず、継続して去年10月から先月まで生活保護費など約300万円生活保護費を受け取っていた。取り調べに対して容疑を認めている。

  

「神戸山口組」組長の「ボディーガード」山健組傘下組員逮捕

 指定暴力団・神戸山口組組長のボディーガードが逮捕された。

 逮捕されたのは、神戸山口組山健組傘下「誠竜会」組員・齋藤将太容疑者(40)で、兵庫県警が26日朝、自宅の捜索を行った。

 齋藤容疑者は去年5月、神戸市内のレンタカー会社で暴力団組員であることを隠して、普通乗用車のレンタカー契約をした詐欺の疑いがもたれている。

 齋藤容疑者は、神戸山口組・井上邦雄組長のボディガードだったということで、警察の調べに対しては容疑を認めている。

 

火災保険金詐欺未遂 時効3カ月前「親和会」傘下元組長を逮捕

 香川県警は25日、所有する建物に放火し保険金をだまし取ろうとしたとして、非現住建造物等放火と詐欺未遂の疑いで住所不詳、指定暴力団親和会傘下組織の元組長、溝渕美寿容疑者(53)を逮捕した。詐欺未遂の公訴時効(7年)が約3カ月後に迫っていた。「ちょっと違う」と容疑を一部否認している。

 逮捕容疑は男3人と共謀し、平成21年12月20日午後11時20分ごろ、競売で落札した香川県小豆島町の旧旅館に放火して全焼させ、約3カ月前に契約した火災保険金の支払いを翌22年1月18日に保険会社に請求し、約1億7千万円をだまし取ろうとしたとしている。

 県警によると、溝渕容疑者は当時高松市在住で、23年3月に所在不明となり同4月に全国に指名手配。25日午前、東京都内で警視庁の警察官が発見した。

 

山口組系組員ら2人逮捕 詐欺グループに携帯電話を提供

 オレオレ詐欺グループに渡すことを隠して携帯電話を契約したとして、指定暴力団山口組系の組員の男ら2人が逮捕された。

 指定暴力団山口組系の組員・平井進容疑者(57)と西東京市の建設業・小野耕二容疑者(75)の2人は4月、東京・武蔵野市の携帯電話販売店で、「仕事で使う」などと嘘を言って携帯電話5台を契約した疑いが持たれている。

 警視庁によると、平井容疑者は契約した携帯電話をいずれもオレオレ詐欺グループに提供したとみられている。そのうちの1台は、5月に東京・中央区の80代の女性が1300万円をだまし取られた事件で使われていた。

 取り調べに対し、平井容疑者は「仕事で使うつもりだった」と容疑を否認している。

 

「暴力団員は携帯の分割購入はできません」暴力団組長ら4人を逮捕/愛知

 愛知県警は19日、暴力団員の身分を隠して携帯電話を購入したとして、詐欺の疑いで、指定暴力団神戸山口組幹部で直系「二代目黒誠会」組長、剣政和こと笹昭容疑者(52)=大阪市北区中津=と、指定暴力団山口組系「四代目吉川組」組長、吉村俊平こと山口俊平容疑者(67)=大阪市中央区瓦屋町=ら4人を逮捕した。

 他に逮捕したのはいずれも山口組弘道会傘下「十代目常滑一家」組長の磯部伸治容疑者(67)=名古屋市中川区荒江町=と弘道会傘下「岩本組」組長、岩本元樹容疑者(37)=愛知県蟹江町西之森=の2人。磯部容疑者は容疑を否認し、残る3人は黙秘や留保している。

 逮捕容疑は平成25年11月~28年4月、大阪市や愛知県内の携帯電話販売店で、店員から暴力団員とは分割購入契約をしないと説明を受けながら申し込み、それぞれ携帯電話1台をだまし取ったとしている。

 県警によると、料金不払いの恐れなどから、販売店では分割契約に暴力団員などの排除条項を定めているという。

 

使用者を偽り車検の更新、山口組系「岸本組」若頭ら逮捕/兵庫

 使用者を偽り車検の更新を行ったとして、兵庫県警暴力団対策課などは18日、電磁的公正証書原本不実記録・同供用の疑いで、指定暴力団山口組直系「岸本組」若頭で「二代目古庄組」組長、野元信孝(44)=大阪府藤井寺市御舟町=と、知人で不動産会社社長、西畑雅史(53)=同府吹田市垂水町=の両容疑者を逮捕したと発表した。野元容疑者は「虚偽の申し立てはしていない」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は共謀の上、平成26年8月、車検の更新を行う際、野元容疑者が使う車にもかかわらず、西畑容疑者が実質的に経営する設計工事管理会社を使用者として車検登録事務所に申請し、虚偽登録させたとしている。

 同課は両容疑者の詳しい関係を調べている。

 

介護給付金不正受給で56万円詐欺容疑 元暴力団組員の施設経営者逮捕/愛知

 足が不自由なふりをして要介護認定を受け、介護給付金をだまし取ったとして、愛知県警は17日、詐欺の疑いで、名古屋市守山区の元暴力団組員、佐々木憲二容疑者(67)ら4人を逮捕した。

 県警によると、佐々木容疑者は同県尾張旭市の介護施設「ひょうたんの湯」の実質的経営者。施設には2~4月分の給付金として約580万円が支払われており、県警は一部が暴力団に流れた可能性を視野に捜査している。佐々木容疑者が所属していた岐阜市の暴力団事務所を17日、関係先として家宅捜索した。

 逮捕容疑は、佐々木容疑者が「歩くことができない」とうその申請で「要介護3」の認定を受け、経営する施設を利用したことにして3か月間でおよそ給付金計約56万円をだまし取ったとしている。

 佐々木容疑者を含む3人が容疑を否認し、1人は認めている。佐々木容疑者は介護認定の調査時だけ車いすに乗り「歩けない」と説明し、3月に認定を受けていた。

  事件は、「介護認定を受けた人が、普通に歩いている」「不正受給している」との情報提供があり、施設でサービスを受けたとされる日には自分で車を運転して出掛けていたことなどが分かった。。愛知県警は、8月に「ひょうたんの湯」を家宅捜索、17日、佐々木容疑者ら4人を逮捕した。佐々木容疑者は「要介護3は俺が決めた事じゃない」などと容疑を否認している。

 

整骨院詐欺、神戸山口系幹部ら3人逮捕 大阪府警

 整骨院で施術したと偽って療養費をだまし取ったとして、大阪府警高石署などは12日、詐欺の疑いで、指定暴力団神戸山口組系団体幹部で整骨院実質経営者、金子勲(43)=同府和泉市阪本町=や柔道整復師、吉村淳(31)=同府枚方市渚本町=ら3容疑者を逮捕した。同署は認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は平成27年9月、金子容疑者が実質経営する枚方市禁野本町の「やすらぎの整骨院」で、知人ら6人に健康保険が適用される施術をしたと偽り、大阪市などに療養費を請求、計約12万円をだまし取ったとしている。

 同署によると、金子容疑者が療養費を不正受給しているとの情報を得て捜査を進めていた。同署は、金子容疑者らが同様の手口でさらに療養費をだまし取っていたとみて調べる。

 

山口組直系「豪友会」会長ら逮捕 暴力団の身分隠し車購入容疑

 暴力団員の身分を隠して車を購入したとして、兵庫県警暴力団対策課などは11日、詐欺容疑で指定暴力団山口組系組長の加藤徹次こと加藤徹司容疑者(50)=高松市屋島西町=ら3人を逮捕した。

 加藤容疑者は黙秘しているという。

 同課によると、加藤徹司容疑者は直参と呼ばれる山口組2次団体の六代目豪友会会長。

 他に逮捕されたのは豪友会系組員の井下貴弘(46)、知人で自動車修理業の大道建(39)両容疑者=いずれも高松市=。

 逮捕容疑では3人は昨年2月、暴力団排除条項で暴力団員や密接な関係者への販売拒否を掲げている大阪市の自動車販売会社に対し、高松市の自動車販売会社を通じて車を注文。井下容疑者と親しい大道容疑者名義で昨年7月ごろ購入した疑い。

 

百貨店名乗りカード詐取、「酒梅組」傘下組幹部逮捕 大阪府警

 百貨店従業員などを名乗ってキャッシュカードを詐取し現金300万円を引き出したとして、大阪府警などは6日、大阪市生野区、指定暴力団「酒梅組」傘下組織幹部、松木剛こと金景弼(キム・キョンピル)容疑者(33)を詐欺容疑で逮捕した。関西では昨年以降、阪急阪神や近鉄など各百貨店の社員を名乗る男がカードの暗証番号を聞く不審な電話が相次いでおり、各社が注意を呼びかけている。

 逮捕容疑は今年6月、百貨店や銀行協会の従業員を名乗って、大阪市内の80代の無職女性に中国国内から電話をかけ、「あなた名義のクレジットカードで買い物しようとした客がいた。キャッシュカードの暗証番号を変更する必要がある」などとうそを言い、女性からキャッシュカード2枚をだまし取ったとしている。カードが不正利用され現金300万円が引き出された。

 捜査2課によると、金容疑者は詐欺グループの首謀者で、府警などはこれまでに少年4人を含む男計8人を逮捕。グループは5~7月、府内の60~90代の男女計35人からカードを詐取し、現金約3000万円を不正に引き出したとみられている。

 各百貨店ではクレジット機能が付いたポイントカードを発行しており、カードを作った客に暗証番号を聞く不審な電話がかかってくることがある。府警幹部は「一定額を百貨店に積み立てると商品券をもらえる制度があり、その会員名簿などが出回っている可能性がある」と指摘している。

 

生活保護費不正受給 山口組系組員逮捕

 収入があることを隠して4年間にわたって生活保護費をだまし取っていたとして、暴力団組員の男が逮捕された。

 詐欺の疑いで逮捕されたのは、六代目山口組系暴力団組員の長谷川一容疑者(60)。

 警視庁によると、長谷川容疑者は収入があることを隠してウソの申告をし、足立区の福祉事務所から4年間にわたって生活保護費約84万円をだまし取った疑いが持たれている。警視庁は、容疑を裏付けるため、大阪市にある山口組系暴力団の事務所を家宅捜索した。

 長谷川容疑者は書類に「無収入」と記載しながら、実際には建設業のアルバイトをしていたということだが、調べに対し、「収入が無かったので申告しなかっただけです」と容疑を否認しているという。警視庁はだまし取った金が暴力団の資金源になっていた可能性もあるとみて調べている。

 

身分隠して中古車を購入 神戸山口組直系組長ら3人を逮捕/兵庫

 暴力団員であることを隠して中古車を購入したとして、兵庫県警は29日、詐欺容疑で指定暴力団神戸山口組直系「黒誠会」組長、剣政和こと笹昭(52)=大阪市北区=と神戸山口組直系「真鍋組」組長、池田幸治(49)=同県尼崎市戸ノ内町=の両容疑者ら3人を逮捕した。いずれも容疑を否認しているという。県警はほかに、事件に関与した同組員とみられる男(49)の逮捕状を取り、行方を追っている。

 ほかに逮捕されたのは神戸山口組直系「山健組」傘下組織幹部、沢口一磨容疑者(36)=神戸市中央区。

 3人の逮捕容疑は平成27年9月、大阪市内の自動車販売会社で、反社会勢力と取引しないとする特約条項があるにもかかわらず、笹容疑者と池田容疑者名義の中古車2台を購入したとしている。県警は沢口容疑者が中古車購入を持ちかけて売買契約を結び、現金を支払ったとみている。

  

神戸山口組系「雄成会」組長ら逮捕 組長名義のカードで給油/兵庫県警

 他人名義のクレジットカードを使いガソリンを給油したとして、兵庫県警暴力団対策課などは、詐欺容疑で、指定暴力団神戸山口組直系「雄成会」組長、高橋久夫(55・京都市南区)と雄成会組員、塩入翔伍(28・同)の両容疑者を逮捕した。同課は認否を明らかにしていない。

 同課によると、高橋容疑者は「直参」と呼ばれる直系組長の1人。

 2人の逮捕容疑は、6~7月、京都市内のガソリンスタンドで、塩入容疑者が高橋容疑者名義のクレジットカードを使い、ガソリン計約70㍑(販売価格計約8800円)を車に給油したとしている。

 塩入容疑者は1人で給油に訪れたが、その際、高橋容疑者からカードを使うよう指示された疑いがあるという。 

  

生活保護費不正受給 酒梅組系組員を逮捕/大阪

 暴力団の身分を隠して生活保護費を不正に受給したとして、大阪府警城東署は26日、詐欺容疑で、大阪市浪速区戎本町、指定暴力団酒梅組系組員、宮坂和彦容疑者(62)を逮捕した。容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、平成22年2月~今年8月、組員であることを隠し、同区から計79回にわたり生活保護費計約990万円をだまし取ったとしている。

 不正受給の情報があり、区役所などに照会した結果、発覚したという。

  

神戸山口組系「侠友会」傘下組長を詐欺容疑で逮捕 身分隠してマンション契約更新

 暴力団組員の身分を隠してマンションの賃貸借契約を更新したとして、兵庫県警明石署は26日、詐欺容疑で、指定暴力団神戸山口組直系「侠友会」傘下組織組長、井上健次容疑者(50)=神戸市西区=と妻(38)、知人の男(54)の計3人を逮捕した。井上容疑者は「妻が勝手にやった」と容疑を否認しているという。

 3人の逮捕容疑は昨年6月、同区のマンションの契約更新にあたり、暴力団関係者でないことが契約条件になっているにもかかわらず、井上容疑者が同居することを隠して更新手続きをしたとしている。

 同署によると、妻が手続きを担い、知人の男が連帯保証人になっていた。このマンションには井上容疑者が家族4人で居住していたという。

  

 | HOME |  »


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

アクセスランキング


アクセスランキング
rank.japandeep.com

ランキング参加は貴HPに
http://yakuzanews.blog36.fc2.com/
をリンクさせるだけ