FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

住宅ローン不正融資事件で山口組系「一会」を家宅捜索

>>関連記事
 石川県警は7日午前、金融機関から住宅ローンの融資を不正に受け、約2000万円をだまし取ったとして、指定暴力団・山口組系幹部ら7人が詐欺の疑いで逮捕された事件で、関連を調べるため「三代目一会」本部事務所を家宅捜索した。

「一会」を家宅捜索

 石川県警は先月28日、源泉徴収票を偽造するなどして金沢市内の金融機関と不正に住宅ローンの契約を結び、融資金およそ2000万円をだまし取ったとして、一会傘下組織幹部、英貴秀容疑者(49)と、住所不定・無職、遠藤翼容疑者(28)らあわせて7人を有印私文書偽造・行使と詐欺の疑いで逮捕していた。県警は金の流れを調べるため今回の家宅捜索に踏み切り、正午過ぎまでに関係資料を押収した。

 また、遠藤容疑者は去年11月、金沢市内で飲食店を経営していた女性を殺害・遺棄したとして起訴されていて、今回の事件と関連している可能性も視野に入れ調べを進めている。

  

住宅ローン詐欺 山口組系幹部ら7人を逮捕

 石川県警は28日、源泉徴収票を偽造するなどして金融機関と住宅ローンを契約し融資金をだまし取ったとして、指定暴力団・山口組系幹部、英貴秀容疑者(49)=金沢市新神田3=と、住居不定・無職、遠藤翼容疑者(28)ら、男7人を有印私文書偽造・同行使と詐欺の疑いで逮捕した。

 逮捕容疑は7人が共謀し、金融機関から遠藤容疑者の自宅購入資金を借り入れ、現金を詐取しようと計画。借受人として偽造した源泉徴収票を提出するなどし、8月末に2千万円の融資を実行させたとされる。県警は認否も明らかにしていない。

 遠藤容疑者は昨年10月、金沢市片町でガールズバーを経営していた女性=当時(30)=の遺体が、石川県内の山林で見つかった事件で、11月に男3人とともに殺害、死体遺棄に関与したとして起訴されている。

 購入した自宅は金沢市のマンション1室で、リフォーム資金も含めて融資が申し込まれたが、リフォームの実態はなかった。ローンは一部返済している。

 他に逮捕された5人は20~50代で、石川県内の4人と滋賀県大津市の1人。

  

市職員に成りすまし90万円奪う 神戸山口組幹部の息子を再逮捕

>>関連記事
 兵庫県警捜査2課と葺合署などは29日、詐欺と窃盗の疑いで同県尼崎市の飲食店経営、古川貴稔容疑者(37)=尼崎市神田北通=を再逮捕した。

 再逮捕容疑は何者かと共謀し、昨年9月25日、市役所職員などに成り済まして神戸市灘区の女性(85)宅に「キャッシュカードの再発行が必要」などと電話し、女性からカード1枚をだまし取った上、現金約90万円を引き出した疑い。認否は明らかにしていない。

 同課は今月8日、同様の詐欺容疑などで古川容疑者を逮捕。古川容疑者が神戸山口組古川恵一幹部の息子で、詐欺が組の資金源になった疑いもあるとみて16日に組事務所を捜索した。古川容疑者が詐欺グループの指示役とみて調べている。

  

山口組系「旭導会」を家宅捜索 不正賃貸契約で幹部らを逮捕

 北海道警は29日、暴力団員であることを隠し東京都内のマンションの入居契約をしたとして指定暴力団・山口組旭導会幹部ら2人が逮捕された事件で、旭導会の本部事務所を捜査員約20人体制で家宅捜索した。

 捜索は旭導会幹部で「和泉会」会長、泉ニ美男容疑者(51)と、組員の野坂千樫容疑者(35)が共謀して暴力団員であることを隠し、2014年の2月から3月ごろ、東京都内の賃貸マンションの入居契約をした詐欺の疑いで今月25日に逮捕されたことを受け行われた。

 調べに対し泉容疑者らは「契約時に暴力団員と言っている」「思い出せない」などと容疑を否認している。

 このマンションは振り込め詐欺事件に関わっていた疑いがあり、道警は泉容疑者が振り込め詐欺事件にも関与しているとみて余罪を調べている。

  

関東関根組幹部 部屋借りるために虚偽契約

 警視庁蔵前署は22日、マンションに暴力団幹部が住む部屋を借りるため、別の男が住むように装って嘘の契約を結んだとして不動産仲介会社の社員、宋宅撰(ソン・テクチャン)容疑者(44)を逮捕した。

 宋容疑者は去年2月、実際には指定暴力団・関東関根組幹部で「渡辺一家三代目」総長、福田正紀容疑者(55)が住むマンションの部屋について、別の男が住むように装って嘘の賃貸契約を結んだ疑いが持たれている。

 捜査関係者によると、この事件ですでに逮捕されている福田容疑者が「宋に頼んで部屋を借りた」と供述していて、宋容疑者が住む家がなく困っていた福田容疑者のために契約したとみられている。宋容疑者は、取り調べに対して「福田が住むと思っていなかった」と容疑を否認している。

  

詐欺事件で捜査2課が神戸山口組を異例捜索

>>同一記事
 兵庫県警捜査2課は16日、80代の高齢女性からキャッシュカードをだまし取り現金を引き出したなどとして、今月にかけて男女3人が逮捕される特殊詐欺事件の関係先として、指定暴力団・神戸山口組の本拠事務所を家宅捜索した。

 特殊詐欺事件や贈収賄事件など知能犯罪の捜査に当たる捜査2課が、指定暴力団の本拠事務所を捜索するのは異例。県警は犯人側が得た犯罪収益が組側に流れた疑いもあるとみて捜査している。

 県警は8日に詐欺と窃盗の疑いで、事件の指示役だった飲食店経営、古川貴稔容疑者(37)=尼崎市神田北通=を逮捕。古川容疑者が神戸山口組古川恵一幹部の息子だったことなどから、組の本拠事務所捜索に踏み切った。捜索は16日午後に捜査員約15人態勢で実施され、県警は書類など関係証拠を押収している。

 古川容疑者の逮捕容疑は平成30年8月下旬、区役所職員らになりすまし、神戸市の80代の無職女性に電話をかけてキャッシュカードをだまし取り、ATM(現金自動預払機)で引き出した現金約50万円を盗んだとしている。

 県警が今年2月までに相次いで逮捕した「受け子」とみられる男女2人に対する捜査などから、指示役としての古川容疑者の犯行が浮上した。

  

暴力団員であることを隠して不正融資 稲川会系組長を逮捕

 警視庁池袋署は14日、暴力団員であることを隠して銀行から貸付金をだまし取ったとして指定暴力団・稲川会系組長、高村努容疑者(44)を逮捕した。

高村努容疑者
高村努容疑者(44)

 高村容疑者(44)は2012年6月、暴力団員であることを隠して神奈川県川崎市の銀行から貸付金1000万円をだまし取った疑いが持たれている。国内の銀行では、暴力団員らとの取引を禁止する条項が導入されていて、高村容疑者は、銀行に対して、自分の身分を偽っていた。

 高村容疑者は自身が経営している空手道場の運転資金名目で、1000万円を借りたが、このうち約150万円しか返済されていないという。調べに対して、容疑を認めている。高村容疑者は、融資を受けてすぐに金の大半を引き出していて、警視庁は、貸付金の流れなどを調べている。

  

労災の虚偽申告、補償給付金詐取 住吉会系幹部ら7人を逮捕

 埼玉県警組織犯罪総合対策本部と川口署は14日までに、労働基準監督署に虚偽の労災を申告して休業補償給付金をだまし取ったとして、指定暴力団・住吉会傘下組織幹部の無職の男(61)=川口市桜町1丁目=ら男7人を逮捕、再逮捕した。

 逮捕、再逮捕容疑は共謀して2016~17年、川口市内などの工事現場で、工事に従事していないのに業務中に負傷したと偽り、計14回にわたり、さいたま労働基準監督署に虚偽の請求書を提出して休業補償給付金など計774万円をだまし取った疑い。県警は認否を明らかにしていない。

 県警組織犯罪対策課によると、男らは個人で仕事を請け負って建設現場などで働く「一人親方」の労災保険の特別加入制度を悪用していた。負傷を装ったのは男3人。県内の特別加入団体に加入した上で、工事現場を確認し、打撲など虚偽の負傷状況を考案。医療機関を受診して労災を申請し、男3人の口座に振り込ませていた。一部の骨折を除き負傷自体もうそだった。

 17年11月下旬、県内に住む男性から川口署に情報提供があり、埼玉労働局との情報共有や関係者の聴取などから、7人の犯行を特定した。

 県警は7人の関係や役割のほか、余罪についても調べる。労災保険制度を悪用していたことから、労働局とも情報交換しているという。

  

住吉会系「武蔵屋一家」事務所を家宅捜索

>>関連記事
 警視庁は22日午前10時ごろ、「アダルトサイトの料金未納」と嘘の電話を掛けて現金をだまし取ったとして指定暴力団・住吉会系幹部が逮捕された事件で、詐欺グループのリーダー格が所属する住吉会系組事務所を家宅捜索した。

 家宅捜索を受けたのは、住吉会の二次団体「武蔵屋一家」の組事務所。

 武蔵屋一家の下部組織の幹部、細谷翼容疑者(34)ら5人は、2018年に和歌山県の60代男性に「有料サイトの登録料が未納」などとうその電話をかけ、およそ300万円をだまし取った疑いで先月逮捕された。

 警視庁によると、細谷容疑者のグループが関与したとみられる詐欺被害は去年4月から全国で150件、被害額も合わせて約1億3000万円にのぼり、だまし取った金の一部が武蔵屋一家を通じて住吉会に流れた疑いがあるとみて調べている。

  

口座不正開設の疑いで任侠山口組直系組長を起訴

 暴力団組員であることを隠して口座を不正に開設したとして、大阪地検が指定暴力団・任侠山口組の直系団体「二代目姫野組」組長、日高洋行容疑者(52)を詐欺罪で起訴していたことが明らかになった。風俗店経営者らに融資した資金の回収にこの口座を使っていたという。

 起訴内容は2013年2月、暴力団組員であることを隠して日高被告の名義で口座開設を申し込み、銀行から通帳とキャッシュカードをだまし取ったとしている。大阪府警が逮捕し、先月5日に起訴された。

 捜査関係者によると、日高被告は風俗店や賭博店の経営者らに金を貸しており、知人の元暴力団組員に回収を依頼。元組員から計122万円が口座に振り込まれており、回収した返済金とみられる。

 大阪地裁で19日に開かれた初公判で、日高被告は起訴内容を認め、「九州で知り合いの社長とかに金を貸していた。(通帳が)なければ困ると思った」などと述べた。

  

「原野商法」で13人を再逮捕 1500万円詐取の疑い

>>関連記事
 警視庁は19日、値上がりの見込みがない山林などを売りつける「原野商法」の被害者や家族に再び架空の土地買い取り話を持ちかけて現金を詐取したとされる事件で、準暴力団関東連合元メンバーで会社役員、天野遥容疑者(30)=東京都港区=ら男13人を詐欺の疑いで再逮捕した。

 再逮捕容疑は2017年2月~18年10月、栃木県の原野などを所有する50~80代の男女8人に「土地を高く買い取る」などとうそを言い、土地調査費用などの名目で計約1500万円を詐取するなどしたというもの。「大和地所」など大手不動産会社を連想させる架空の会社を名乗り、電話や自宅訪問で勧誘していたという。

 警視庁には16年以降、約200人、計約4億円余りの同様の被害相談が寄せられている。

  

テキシア投資詐欺事件 山口組傘下事務所を捜索

 愛知、岡山両県警は22日、テキシアジャパンホールディングス(千葉市)の投資詐欺事件で、指定暴力団・山口組弘道会傘下「野内組」の事務所を詐欺容疑で捜索した。両県警はテキシア社が出資名目で集めた約460億円の一部が流れていたとみて調べている。

 両県警は今月13日、テキシア社会長の銅子正人容疑者(41)や野内組幹部の中村外喜治容疑者(66)ら10人を逮捕した。逮捕容疑は共謀して2016~17年、架空の投資話で元本保証や毎月3%の高配当を約束し、会社役員の男性ら3人から計6400万円をだまし取ったとしている。

 愛知県警によると、テキシア社は出資者(会員)約1万3000人から計約460億円を集めていた。中村容疑者は13年のテキシア社設立前から銅子容疑者と行動を共にしており、銅子容疑者によるセミナーを企画するなど秘書の役割を果たしていたという。

 両県警は中村容疑者を通じて資金の一部が野内組などに流入したとみて、押収品などの分析を進める。

  
 

アダルトサイト利用料金未納名目で現金詐取 住吉会系幹部を逮捕

 警視庁捜査2課と群馬、新潟、大分各県警は、アダルトサイトの利用料金名目で現金をだまし取ったとして指定暴力団・住吉会系「武蔵屋一家」傘下組幹部、細谷翼容疑者(34)=東京都町田市真光寺=と、無職の長谷川拓実容疑者(22)ら男3人を詐欺の疑いで逮捕した。調べに、細谷容疑者は容疑を否認している。

 捜査2課によると、細谷容疑者は現金を受け取る「受け子」ら10人以上の詐欺グループのリーダー格で、他のグループにメンバーを派遣することもあったという。同課は詐取金の一部が、住吉会系の組織に渡ったとみて詳しく調べる。

 細谷容疑者の逮捕容疑は、昨年7~9月、ほかのメンバーと共謀して千葉県市川市の男性会社員(28)に現金計約840万円を振り込ませ、だまし取ったとしている。

  
 

他人の不在連絡票でカード詐取 元山口組系組長夫婦を逮捕

 警視庁は、他人宛ての不在連絡票を盗みクレジットカードをだまし取った疑いで元指定暴力団・山口組系組長と、その妻を逮捕した。
 元山口組系傘下組長、瓜生誠容疑者(45)と、妻の理子容疑者(22)の2人は、2018年6月、東京都目黒区の高級マンションのポストからクレジットカードの配達不在連絡票を盗み、偽造運転免許証を作って郵便局で配達先の30代女性になりすましクレジットカードが入った郵便物をだまし取った疑いが持たれている。調べに対し、誠容疑者は「弁護士と相談させて下さい」と話し、理子容疑者は容疑を認めている。

 瓜生容疑者の詐欺グループをめぐっては、同様な事件でこれまでに男3人が逮捕されていて、関係先の家宅捜索で、他人名義のクレジットカード60枚が押収されている。

  
 

「毎月3%配当」架空話で投資詐欺 暴力団の資金源か

 愛知、岡山両県警は13日、元本を保証したうえ「毎月3%配当」の利率で配当金を支払うなどと架空の投資話を持ちかけて金をだまし取ったとして、投資関連会社「テキシアジャパンホールディングス」(千葉市中央区)の実質経営者で、銅子正人容疑者(41)=自称大阪市淀川区=と、同社の前代表取締役、安達慶三容疑者(58)=神戸市中央区=ら男女計10人を詐欺容疑で逮捕した。

 捜査関係者によると、テキシア社は2013年9月の設立以降、愛知県や岡山県など全国の約1万3千人から約460億円を集めていたとみられるという。逮捕された容疑者の中には指定暴力団・山口組弘道会傘下幹部、中村外喜治容疑者(66)も含まれもおり、両県警は金の一部が暴力団にも流れた可能性があるとみて調べる。

 愛知県警生活経済課によると、10人は16年7月ごろ~17年7月下旬ごろ、愛知県碧南市の会社役員の男性(64)ら3人に対し「1口100万円出資すると毎月3%の配当が支払われる」「1年後には元本を償還するか、引き続き契約を継続するかを選べる」などとうその説明をし、出資名目で金を募り、計6400万円をだまし取った疑いがある。

  
 

使用目的偽り県営住宅に入居 山口組系組長ら5人を逮捕

 愛知県警は、県営住宅に使用目的を偽って部屋を借りたとして指定暴力団・山口組系組長ら5人を詐欺の疑いで逮捕した。

 逮捕されたのは、山口組傘下組長 山本秀介容疑者(50)と、幹部の新見健作容疑者(46)ら5人。調べに対し1人は、容疑を概ね認め、他の4人は否認している。

 逮捕容疑は、山本容疑者ら5人が暴力団など反社会勢力の入居を拒否している名古屋市北区の県営住宅の部屋を「会社の寮として借りたい」などと使用目的を偽って借りた詐欺の疑い。

  
 

診療報酬詐欺 山口組系組員や医師らを逮捕

 福岡県警は25日、生活保護受給者に訪問診療を施したと偽って診療報酬をだまし取ったとして、医療機関「いのうえクリニック」(福岡市中央区)経営の医師、井上勉(61)=同区谷2=と、指定暴力団・山口組系組員、木下優(33)=住所不定=の両容疑者ら5人を詐欺容疑で逮捕した。2017年11月のクリニック開設直後から複数の生活保護受給者を偽の患者に仕立てる「貧困ビジネス」を繰り返したとみて調べる。

 逮捕容疑は、昨年6月7日~8月7日に計12回にわたり生活保護受給者の女(55)=同容疑で逮捕=を診療したように装ってうその診療報酬明細書を福岡市に提出するなどし、同年7月20日~9月21日に診療報酬計約24万円をだまし取ったとしている。県警はいずれの容疑者の認否も明らかにしていない。

 県警によると、木下容疑者らから生活保護受給者のあっせんを受け、井上容疑者が訪問診療をしたように装っていたとみられる。生活保護受給者は自治体などが生活保護受給者の医療費を全額負担するため、制度を悪用すると診療報酬の全額を詐取できるため、生活保護受給者を患者に仕立てたとみて調べる。

  
 

詐欺グループを統括 工藤会系幹部を逮捕

 佐賀、福岡など4県警の合同捜査本部は23日、佐賀市を拠点に虚偽の料金未納通知メールを送って電子マネーをだまし取る特殊詐欺グループの事件でグループの犯罪を統括する首謀者として、特定危険指定暴力団工藤会系幹部、加治秀人容疑者(41)=福岡市博多区青木1丁目=を詐欺の疑いで逮捕した。認否は明らかにしていない。工藤会の資金源の一つになっていたとみて捜査している。

 加治容疑者は昨年8月29日、男5人と共謀し広島県東広島市の女性(当時24歳)にアマゾンの名前を使ってアダルトサイトの料金が支払われていないと嘘のメールを送り、電話してきた被害者に「裁判沙汰になる」などとうそを言い、合計30万円相当の電子マネーをだまし取った疑い。

 福岡県警捜査2課によると、携帯電話の記録などから首謀者と特定。佐賀市の拠点へはほどんど出入りしていなかったという。

 事件を巡っては、これまで8人を詐欺や窃盗容疑で逮捕、起訴している。被害総額は全国35都道府県150件以上で約1億4000万円に上るとみている。

  
 

「原野商法」詐欺 関東連合メンバーらを再逮捕

>>関連記事
 警視庁組織犯罪対策4課は23日、資産価値が低い土地を高値で売りつける「原野商法」の被害者に架空の土地取引を持ちかけて現金などをだまし取ったとして、詐欺の疑いで準暴力団関東連合」元メンバーで会社役員、天野遥容疑者(30)=東京都港区白金=ら詐欺グループの男12人を再逮捕した。調べに対し「身に覚えがありません」といずれも容疑を否認している。

 組対4課によると、天野容疑者は詐欺グループのリーダー。関与が疑われる被害は、平成28年6月から今年1月までに都内で計200人、約4億1千万円に上るという。

 逮捕容疑は、昨年2~9月、数十年前に原野商法で栃木県内の土地を購入した、葛飾区の無職男性(83)ら、都内や埼玉県に住む70~80代の男性3人に、「土地を高く買い取る」などと持ちかけ、土地調査費用や税金対策費用といった名目で現金約2千万円と土地をだまし取ったとしている。

 グループは大手不動産会社と酷似した「大和地所株式会社」という実体のない会社を装い、詐欺に使う携帯電話の供給役やアジトの準備役がいた。

 12人は昨年11月、同様の手口で男女4人から現金をだまし取ったとして詐欺容疑で逮捕され、同12月に同罪で起訴されていた。

 同課は、12人以外に新たにグループのメンバーで職業不詳、舘森健二容疑者(36)=神奈川県横浜市西区=を同容疑で逮捕しており、組織の実体解明を進める。

  
 

組員であること隠し郵便局でバイト 山口組系組員を逮捕

 愛知県警春日井署は、暴力団組員であることを隠して郵便局からアルバイト代を騙し取ったとして、指定暴力団・山口組傘下組織の組員(60)を逮捕した。調べに対し容疑を認めている。

 組員は、2017年11月29日、実際には暴力団組員であるのにもかかわらず、愛知県春日井市の郵便局で反社会勢力ではないと誓約書に署名したうえでアルバイトし、給料として現金7850円を騙し取った疑いが持たれている。組員はこの日だけ「ゆうパック」の集配アルバイトとして働いたが、その後暴力団関係者であることを明かし、わずか4日後に自主退職した。

 県警が別の事件で組員が所属する組事務所を捜索したところ、この組員の口座に郵便局から給料が支払われていたことがわかり、犯行が発覚した。県警は組員がアルバイトを始めた経緯などを調べている。

  
 

 | HOME |  »


究極のマッチングサービス
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
一般女性を大量集客★

最新記事

リンク

QRコード


QR