FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

劇物で遺体溶解 3人目逮捕 覚醒剤巡りトラブルか

>>関連記事
 知人男性の遺体を薬品で溶かすなどしたとされる死体損壊・遺棄事件で、神奈川県警は2日、無職、大内正人容疑者(41)=窃盗罪などで服役中=を死体損壊と死体遺棄容疑で逮捕した。同事件の逮捕は3人目。

 逮捕容疑は2015年5月3~17日、神奈川県秦野市の建設会社敷地内で、山口組の関係者とみられる松尾亮介容疑者(41)ら男2人=死体損壊容疑などで逮捕=と共謀し、知人の岩本一正さん(当時47歳)の遺体を損壊し、遺棄したとしている。大内容疑者は「弁護士を通すまで話さない」と認否を保留しているという。

 県警暴力団対策課によると、大内容疑者は、松尾容疑者が経営に関わる建設会社で住み込みの作業員をし、岩本さんと同僚だった。

 詐欺罪で服役していた松尾受刑者が昨年、県警に「死体遺棄事件で自首したいので来てほしい」と手紙を送ったことで事件が発覚。松尾受刑者は、岩本さんを殴って死亡させた後、チェーンソーで切断した遺体をカセイソーダに数日間漬けて溶かしたと話したという。秦野市内の建設会社にある浄化槽などから、説明通り岩本さんの溶けて小さくなった骨や肉片など約300個が見つかった。

 松尾受刑者は逮捕前、「(被害者と)覚醒剤を巡ってトラブルになった」などと説明。中里容疑者以外にも「関与した男がいる」と話していた。

  

遺体切断、薬品で溶かす 山口組関係者ら2人逮捕

 知人男性の遺体を切断し、薬品で溶かした上で遺棄したとして、神奈川県警暴力団対策課は1日、死体損壊・遺棄容疑で、松尾亮介(41)=詐欺罪で服役中=、会社員中里浩(52)=千葉県市原市島野=両容疑者を逮捕した。同課によると、松尾容疑者は指定暴力団山口組の関係者とみられ、容疑について黙秘。中里容疑者は認めているという。

 逮捕容疑は2015年5月3~17日、神奈川県秦野市の建設会社で、岩本一正さん=当時(47)=の遺体を電動工具でバラバラに切断し、強アルカリ性薬品で溶かして遺棄した疑い。

 松尾容疑者が昨年、横浜刑務所から県警松田署に「自首したいので、調べてくれ」と手紙を書いて発覚。同年12月、この建設会社の浄化槽などから肉片や骨300点が見つかり、鑑定で岩本さんとDNA型が一致した。

  

福島農地の男性遺体遺棄 殺人容疑で稲川会系組員ら再逮捕

>>関連記事
 福島県西郷村の農地から男性の遺体が見つかった事件で福島県警は22日、殺人容疑で、本籍郡山市、住所不詳、指定暴力団稲川会系組員、小野光容疑者(45)ら3人(いずれも死体遺棄罪で起訴)を再逮捕した。被害者と知り合いで金銭トラブルになった可能性があり、動機や凶器の拳銃の入手経路を調べている。3人の認否は明らかにしていない。

 他の2人は福島県郡山市田村町糠塚牛骨、無職、佐藤正樹容疑者(43)と、同市古川、建設業、楠美憲司容疑者(28)。

 3人の再逮捕容疑は、共謀して平成27年8月13日午後、東京電力福島第1原発事故の除染廃棄物を保管する西郷村真船の仮置き場で、田村市出身の職業不詳、堤利幸さん=当時(45)=の頭を拳銃で撃ち殺害したとしている。仮置き場はその後、農地として使われるようになった。3人は現場に遺体を埋めたとして死体遺棄罪で起訴されている。

  

大阪の死体遺棄事件 遺体は54歳の元「宅見組」傘下組員のと判明

>>関連記事
 大阪府和泉市の住宅敷地内の地中から成人男性の遺体が見つかった事件で、大阪府警捜査4課は21日、遺体は大阪市城東区内の元暴力団員の男性(54)と判明したと発表した。

 府警によると、男性と同居する家族が3月3日、「(男性が)2月下旬に出て行ったきり帰ってこない」と府警城東署に行方不明者届を提出していた。

 捜査関係者によると、男性は以前、指定暴力団神戸山口組直系「宅見組」傘下組織に所属。現在は自営業だったという。

 遺体の頭部には拳銃で撃たれたような痕があり、府警は金銭トラブルが原因とみて、別の銃刀法違反事件ですでに逮捕されている20代の男が「男性を殺して埋めた」と話していて、死体遺棄容疑で近く再逮捕し、詳しく調べる。

  

大阪男性遺体 死因は脳挫滅 頭撃たれた可能性

>>関連記事
 大阪府和泉市の住宅の敷地から元暴力団組員とみられる男性の遺体が見つかった事件で、20日の司法解剖の結果、死因は脳挫滅と分かった。捜査関係者が明らかにした。大阪府警は遺体の状況などから、男性が銃で頭を撃たれて殺害された可能性があるとみて調べる。

 捜査関係者によると、遺体は和泉市葛の葉町1の住宅にある花壇(縦約2.5メートル、横約1.3メートル)の土中約55センチの深さからうつぶせの状態で見つかった。頭に土のう袋がかぶせられており、黒色ジャンパーにジーンズ姿で、左足のみ靴をはいていた。死亡時期は2月下旬から4月上旬とみられる。元組員は2月に行方が分からなくなり、3月に知人が府警に届けた。

 近所の人によると、現場の住宅は新築されたばかりで、人が住んでいた様子はなかった。3月中旬ごろ以降、若い男女4、5人がコンクリートで覆われた地面の一部を割ってスコップで深さ約1メートルの穴を掘り、花壇を作る様子が目撃されていた。近所の男性(73)は工事前、「しばらくうるさくて迷惑をかける」と言われたという。別の男性は「花壇にしては穴が深いと思った」と証言した。

  

住宅庭先の土中に遺体、暴力団トラブルか/大阪

 大阪府和泉市葛の葉町の住宅敷地内の土の中から、成人男性の遺体が見つかったことが20日、捜査関係者への取材で分かった。男性は50代の元暴力団組員とみられ、暴力団絡みの金銭トラブルを抱えていたとみられる。大阪府警捜査4課は、別の事件で逮捕された20代の男が遺体を埋めた疑いが強まったとして近く、死体遺棄容疑で再逮捕する方針。

 捜査関係者によると、この20代の男は府警の調べに対し、住宅敷地内に遺体が埋まっているとの趣旨の話を供述。府警が19日、男の立ち会いのもと、現場の土を掘り起こして捜索したところ、遺体が見つかったという。府警は男性が殺害された可能性もあるとみて、司法解剖して死因を調べるとともに、トラブルの詳細を捜査する。

 現場では20日朝も、府警の捜査員らが現場検証を進め、一帯にはブルーシートや規制線が張られた。

 複数の近隣住民によると、遺体が見つかった敷地では約1年前に民家が2軒建てられた。日中は民家への出入りはほとんどなかったが、夜間になると車が出入りして電気が付くこともあったという。

  

殺害告白の矢野死刑囚 「今の段階では黙秘」

>>関連記事
 死刑判決が確定した元指定暴力団住吉会幸平一家傘下、矢野睦会会長、、矢野治死刑囚(68)が男性の殺害を告白した事件で、警視庁組織犯罪対策4課は10日、殺人容疑で矢野死刑囚を逮捕した。同課によると、「今の段階では黙秘します」と供述しているという。

 逮捕容疑は1998年4月8日ごろ、東京都豊島区の組事務所で、不動産会社経営の斎藤衛さん(当時49歳)=新宿区=を何らかの方法で殺害したとしている。斎藤さんは同月5日に都内で商談をした後、行方不明になっていた。

 矢野容疑者は2003年の前橋スナック拳銃乱射事件で4人を射殺した罪などで死刑判決が確定した後の14年9月、「斎藤さんに貸した8600万円が返済されず絞殺した」などとする上申書を警視庁に提出。同課は昨年11月、埼玉県内の山林を捜索して斎藤さんの遺体を見つけた。

 同課によると、矢野容疑者は上申書の提出後、任意の事情聴取に「何もなかったことにしてくれ」と態度を変えたという。同課は事件の解明には取り調べで供述を得ることが必要と判断し、逮捕に踏み切った。

  

国会喚問後不明の男性を殺害容疑、死刑囚を逮捕へ

>>関連記事
 死刑囚の供述に基づき、埼玉県内の山中から不動産会社社長の遺体が見つかった事件で、警視庁は近く、元指定暴力団住吉会幸平一家傘下、矢野睦会会長、矢野治死刑囚(68)=(平成15年の前橋スナック拳銃乱射事件で死刑判決が確定)=を殺人容疑で逮捕する方針を固めた。確定死刑囚が逮捕されるのは異例。

 矢野死刑囚は1998年ごろ、顔見知りだった不動産会社社長の斎藤衛さん(当時49)を殺害した疑いがある。「斎藤さんの首を絞めて殺害し、知人に遺体を遺棄するよう頼んだ」とする内容の文書を警視庁に送りつけていた。

 組織犯罪対策4課は昨年11月、遺棄に関わった矢野死刑囚の知人らの証言を得て、埼玉県ときがわ町の山中で、白骨化した斎藤さんの遺体を発見した。死体遺棄罪は時効が成立している。斎藤さんは参院議員が詐欺罪で有罪判決を受けた「オレンジ共済組合事件」をめぐり、97年に国会の証人喚問を受けた後、98年4月ごろから行方不明になっていた。

  

死体遺棄の疑いで稲川会系組員ら3人を逮捕 殺人容疑も視野

>>関連記事
 福島県西郷村真船の農地から遺体が見つかった事件で、県警は31日、死体遺棄の疑いで、住所不詳、指定暴力団稲川会系組員、小野光容疑者(45)ら3人を逮捕した。

 県警によると、遺体は住所、職業不詳の堤利幸さん=当時(45)=と判明した。殺人の疑いも視野に捜査する。逮捕容疑は平成27年8月中旬ごろ、堤さんの遺体を西郷村の農地に遺棄したとしている。堤さんの親族が昨年1月、福島県警に行方不明届を出していた。遺体は深さ2メートルほどの土中に埋められており、重機が使われた可能性があるという。

 他に逮捕されたのは、同県郡山市田村町糠塚牛骨、無職、佐藤正樹容疑者(43)と、同市古川、建設業、楠美憲司容疑者(28)の2人。

 今年に入り遺体が埋まっているとの情報が寄せられ、県警は3月17日から現場を捜索。同24日に深さ約2メートルの地中から遺体を発見し、白河署に捜査本部を設置していた。

  

西郷村の土中から遺体 暴力団関与か/福島

 福島県警組織犯罪対策課は24日、同県西郷村真船の農地から身元不明の遺体が見つかったと発表した。遺体は成人とみられるが腐敗が進んでおり、性別不明。県警は事件に巻き込まれたとみて同日、白河署に捜査本部を設け、死体遺棄容疑で調べている。

 今年に入り「真船の農地に人が殺されて埋められている」と情報提供があり、17日から約300人を動員し捜索していた。遺体は私有地である農地の土中深さ約2メートルの場所から見つかった。暴力団関係者が事件に絡んでいる可能性があるという。

 遺体が見つかったのは、田畑や牧草地が広がる一帯。

  

池田組若頭射殺事件 無期懲役判決に不服 組員が控訴

>>関連記事
 岡山市南区豊成のマンションで昨年5月、指定暴力団神戸山口組池田組の若頭が射殺された事件で、殺人罪などに問われた指定暴力団山口組弘道会高山組傘下組員の山本英之被告(32)=愛知県半田市旭町=は1日までに、無期懲役とした岡山地裁判決を不服として控訴した。

 控訴は1月31日付。弁護側は公判で、自首などを理由に有期刑が相当と主張していた。

 一審判決では、山本被告は回転式拳銃と実弾を持ち、昨年5月31日午前、マンション1階駐車場などで池田組の若頭=当時(55)=に発射。3発を脇腹や背中に命中させ殺害した。

  

弘道会傘下組員に無期懲役 池田組若頭射殺事件 岡山地裁

>>関連記事
 岡山市で昨年5月、指定暴力団山口組から分裂した神戸山口組池田組若頭を射殺したとして、殺人と銃刀法違反の罪に問われた山口組弘道会高山組傘下組員、山本英之被告(32)の判決が30日、岡山地裁であり、松田道別裁判長は求刑通り無期懲役を言い渡した。
 
 2015年の山口組分裂をめぐる一連の抗争で初の幹部射殺事件だった。検察、弁護側双方が裁判員裁判の対象からの除外を請求し、地裁は裁判員に危害が加えられる恐れがあると認め、裁判官だけで審理した。

 検察側は論告で、対立抗争を背景とした組織的で計画性の高い犯行と指摘。白昼の銃撃で一般市民が巻き添えになる危険性が高かったとした。弁護側は、起訴内容を認める一方、「個人的動機だ」と上部組織の関与は否定していた。

 起訴状によると、山本被告は昨年5月31日午前、岡山市南区のマンション駐車場などで拳銃4発を発射し、3発を神戸山口組池田組の高木忠若頭(55)の左脇腹などに命中させ、殺害したとされる。 

  

殺人容疑の工藤会組員12人逮捕 大半がトップ出身母体「田中組」組員

>>関連記事
 北九州市小倉北区で2011年、建設会社「博新建設」会長内納敏博さん=当時(72)=が射殺された事件で、福岡県警は19日、殺人などの疑いで、特定危険指定暴力団工藤会」理事長補佐、瓜田太(53)被告や工藤会傘下「田中組」若頭、田口義高(51)被告ら12人を逮捕したと発表した。大半は工藤会トップ、野村悟被告(70)=殺人罪などで起訴=の出身母体の2次団体「田中組」に所属しており、県警は野村被告の関与の有無を調べる。

 逮捕容疑は共謀し、11年11月26日午後9時すぎ、内納さんの自宅前で、内納さんの首を拳銃で撃ち、殺害した疑い。県警は認否を明らかにしていないが、捜査関係者によると、複数の容疑者が事件への関与を認めているという。

 知人によると、内納さんは大相撲ファンで、同年11月の九州場所もたびたび観戦していた。事件当日は14日目で、升席に座る姿がテレビに映っていた。

続きを読む »

2011年、北九州の会社役員射殺容疑 工藤会幹部ら12人逮捕へ

>>関連記事
 2011年、北九州市小倉北区妙見町の建設会社役員、内納敏博さん=当時(72)=が自宅前で射殺された事件で、福岡県警は18日、殺人と銃刀法違反の疑いで、特定危険指定暴力団工藤会幹部の男(53)=組織犯罪処罰法違反罪で起訴=や工藤会系組幹部の男(51)=同罪などで起訴=ら12人を逮捕する方針を固めた。県警はこの事件に関与した疑いがあるとして、このうち工藤会系組員の男1人を18日に逮捕、幹部ら11人は19日に一斉に逮捕する方針。

 発生当初から工藤会の関与が疑われ、5年以上にわたり未解決だった事件の捜査は大きなヤマ場を迎える。

 事件は11年11月26日午後9時すぎに発生。福岡市で開催されていた大相撲九州場所を観戦後、乗用車で帰宅した内納さんが自宅前で助手席から降りたところ、バイクに乗った2人組のうち、後部座席の男から2回発砲を受け、1発が首に命中し、失血死した。

続きを読む »

新宿の男性死亡、殺人容疑で住吉会系組員2人を逮捕

>>関連記事
 東京都新宿区のマンションの一室で21日朝、手足を縛られた男性が見つかり、その後死亡が確認された事件で、警視庁は同日夜、いずれも住吉会系暴力団組員の岩瀬希望(32)、加藤修(40)の両容疑者を殺人容疑で逮捕した。同庁は2人の認否を明らかにしていない。

 死亡したのは住居、職業不詳の長谷川考さん(32)。組織犯罪対策4課によると、2人は21日、新宿区大久保1丁目のマンションの一室で、長谷川さんを複数回殴るなどして殺害した疑いがある。2人は長谷川さんの知人で、現場は組関係者が利用している部屋だったという。

 長谷川さんは21日朝、上半身裸で仰向けに倒れているのが見つかった。両腕と顔に殴られたような痕が複数あり、手首と足首がそれぞれヒモのようなもので縛られていた。

  

新宿のマンションに住吉会系関係者の遺体 殺人容疑で捜査

 21日午前9時15分ごろ、東京都新宿区大久保のマンション2階の一室で「人をたたいて殺した」と男性の声で119番通報があった。東京消防庁から連絡を受けた警視庁新宿署員が駆けつけたところ、室内で男性があおむけで倒れているのを発見。手足を縛られた状態で、顔や腕に複数のあざがあった。男性は搬送先の病院で間もなく死亡が確認された。

 同署は殺人などの疑いで捜査。現場にいた住吉会系の組関係者から事情を聴いている。死亡した男性は指定暴力団住吉会系の組関係者とみられる。

 20日午後には住吉会系の組事務所が入る新宿区のビルで弾痕が見つかったほか、同日午前には神奈川県伊勢原市で別の指定暴力団稲川会系組長が殴られるなどして遺体で発見されているが、同署は一連の事件との関連は薄く、内輪もめの可能性があるとみている。

  

伊勢原の病院に置き去り 稲川会系堀井一家傘下組長死亡/神奈川

>>同一記事
 20日午前3時ごろ、神奈川県伊勢原市の伊勢原協同病院で、男が「けんかをした人を運んできた」と受付に届け、車で走り去った。顔を負傷した指定暴力団稲川会堀井一家傘下「池永組」の池永信也組長(58=横浜市保土ケ谷区)が玄関前に放置されており、間もなく死亡した。

 県警は、暴力団同士のトラブルの可能性があるとみて、傷害致死事件として調べている。

 県警によると、池永組長は顔などに棒で殴られたような傷があった。同県茅ケ崎市で池永組長の車が見つかり、車内と路上に血痕が残っていた。男は病院の職員が担架を取りに行った間にいなくなっていた。

  

「弘道会」傘下組員、起訴内容認める=「池田組」若頭射殺-岡山地裁

>>関連記事
 岡山市南区のマンション駐車場で5月、指定暴力団神戸山口組池田組若頭が射殺された事件で、殺人と銃刀法違反の罪に問われた指定暴力団山口組弘道会高山組傘下「山本興業」組員、山本英之被告(32)の初公判が8日、岡山地裁(松田道別裁判長)であった。罪状認否で山本被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。

 事件では検察、弁護側双方が裁判員裁判の対象から除外するよう請求。地裁は裁判員に危害が加えられる恐れがあると認め、裁判官だけで審理した。

 起訴状によると、山本被告は5月31日午前9時50分ごろ、南区のマンション駐車場などで拳銃4発を発射し、うち3発を池田組高木昇こと高木忠若頭(55)の左脇腹などに命中させ、殺害したとされる。

  

埼玉山中で人骨発見 元住吉会系暴力団会長の死刑囚告白

>>関連記事
 平成15年の前橋スナック拳銃乱射事件で死刑判決が確定した、元指定暴力団住吉会幸平一家傘下、矢野睦会会長、矢野治死刑囚(67)が他に2人の殺害への関与を告白した事件をめぐり、警視庁組織犯罪対策4課は30日、埼玉県ときがわ町の山中から、下半身とみられる人骨が見付かったと発表した。組対4課は10年に失踪した会社役員の斎藤衛さん=当時(49)=とみて鑑定を進め、山中を再捜索して残りの遺体の発見にあたる。

 組対4課は7月と11月21、22日に同町の山中の林道脇の斜面を捜索。遺体を見つけられず、いったん捜索を断念していた。

 29日午後1時ごろ、現場の復旧作業に従事していた作業員が、矢野死刑囚の知人の男が「埋めた」と供述した場所のすぐ脇に人骨のようなものを発見した。

 捜査関係者によると、矢野死刑囚は警視庁に送付した告白文で「8600万円を貸していた斎藤さんと返済方法をめぐってトラブルになり、嘘をついて呼び出した」と説明。斎藤さんを東京都豊島区内の暴力団事務所に設置したおりの中に監禁した上、「首を絞め殺しました」と記していた。

 組対4課は、矢野死刑囚や元組員らに任意で事情聴取し、遺棄されたとみられる場所の特定を進めていた。

  

37歳女性刺され死亡 殺人容疑で道仁会系組長逮捕/福岡

 27日午前1時ごろ、福岡県大刀洗町山隈のアパートで、住人の無職、高山めぐみさん(37)が胸を刃物で刺され、約1時間後、搬送先の病院で死亡が確認された。

 福岡県警小郡署は殺人容疑で、自称同県久留米市東合川、指定暴力団道仁会系「二代目平井組」組長、松永高佳容疑者(56)を逮捕した。松永容疑者は午前1時半に署に出頭したという。

 同署によると、松永容疑者は高山さんと内縁関係だったと説明し「口論になって殺意を持って1回突き刺した」と供述し、容疑を認めている。同署が経緯を調べている。

  

 | HOME |  »


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

アクセスランキング


アクセスランキング
rank.japandeep.com

ランキング参加は貴HPに
http://yakuzanews.blog36.fc2.com/
をリンクさせるだけ