FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

住吉会系幹部 同組員の死体遺棄で逮捕 組員同士でトラブルか 

 県警は12日、神奈川県藤沢市の山林に男性の遺体を埋めたとして、指定暴力団・住吉会傘下で東京都豊島区に本部を置く暴力団幹部、瀬川哲容疑者(42)=覚せい剤取締法違反の罪で服役中=を死体遺棄容疑で逮捕した。

瀬川哲容疑者

 逮捕容疑は2015年1月11日ごろ、複数人で共謀し、住吉会傘下の同じ組の組員、山田正幸組員=当時(45)=の遺体を藤沢市用田の山林に埋めて遺棄した疑い。県警は捜査に支障があるなどとして、認否を明らかにしていない。

続きを読む »

平成11年の山口組系組長代行殺害 初公判で元同組幹部 無罪を主張

>>関連記事
 和歌山県新宮市で平成11年9月、指定暴力団・山口組系の元組長代行を射殺したとして、殺人と銃刀法違反の罪に問われた同じ組の元幹部、上田英昭被告(56)=愛知県高浜市=に対する裁判員裁判の初公判が29日、和歌山地裁(武田正裁判長)で開かれ、上田被告は「共謀して殺害したことはありません」と起訴内容を否認し、無罪を主張した。

 検察側は冒頭陳述で「実行犯2人に指示して殺害させた」と指摘。一方、弁護側は「殺害の計画には加わっておらず、共犯者ではない」と反論した。

 起訴状などによると、上田被告は11年9月29日夜、新宮市内の路上で同組の準構成員だった38歳と41歳の男=いずれも殺人罪などで服役=と共謀し、中林喜文・元組長代行=当時(56)=の左側頭部などを拳銃で5発撃ち、殺害したとしている。

続きを読む »

加古川・ビル転落死 山健組傘下組員に懲役22年求刑

>>関連記事
 兵庫県加古川市で2015年9月、スナック経営の女性=当時(32)=をビルから落として殺害したなどとして、殺人と暴行、脅迫の罪に問われた指定暴力団・神戸山口組山健組傘下組員、大道竜二被告(52)=兵庫県稲美町中村=の裁判員裁判の論告求刑公判が18日、神戸地裁姫路支部であった。検察側は懲役22年を求刑し、弁護側は殺人と脅迫について無罪を主張し結審した。判決は24日。

 検察側は論告で「強固な殺意による犯行。反省の意思はみられず、再犯の可能性が高い」と指摘。弁護側は「女性が自ら手すりを越えて落ちた」と述べ、「被告と女性は親しく、言葉遣いが乱暴でも脅迫罪は成立しない」と主張した。

 起訴状などによると、15年9月22日未明、加古川市平岡町新在家の商業ビル5階から、女性を路上に落として殺害したなどとされる。

  

工藤会系組幹部射殺、二審も無期 組長の控訴棄却

>>関連記事
 特定危険指定暴力団工藤会系組幹部が射殺された事件で、殺人罪などに問われた工藤会幹事長で「二代目津川組」組長、木村博被告(64)の控訴審判決で、福岡高裁は10日、無期懲役とした一審福岡地裁判決を支持し、被告側の控訴を棄却した。一審で懲役15年とされた共犯の組幹部渡部公章被告(43)の控訴も退けた。

 両被告らは08年9月10日、木村被告が組長を務める津川組の幹部だった安高毅相談役(当時66)を中間市の自宅で拳銃で射殺したとされる。

 鈴木浩美裁判長は判決理由で「木村被告から殺害の指示を受けたという別の組員の供述は信用できる」と指摘。事件前に、被害者の居場所を捜す役割だった渡部被告も犯行の一端を担ったとし、2人の無罪主張を退けた。

  

死刑確定の元住吉会系組長再逮捕 96年失踪の男性殺害容疑

>>関連記事
 神奈川県伊勢原市の山中で不動産業津川静夫さん=当時(60)、同市=の遺体が発見された事件で、警視庁組織犯罪対策4課は4日、殺人容疑で、前橋スナック銃乱射事件などで死刑が確定した元指定暴力団・住吉会幸平一家傘下、矢野睦会会長、矢野治容疑者(68)=別の殺人罪で起訴=を再逮捕した。
 
 捜査関係者によると、矢野容疑者は他の暴力団関係者らと共謀の上、1996年8月10日ごろ、津川さんを殺害した疑いが持たれている。

 矢野容疑者は96年に失踪した津川さんについて、暴力団関係者(故人)から依頼され、別の暴力団関係者(同)に殺害を指示したとする文書を警視庁に提出していた。同課は暴力団関係者らを容疑者死亡のまま殺人容疑で書類送検する方針。 

  

女性をビルから落とした山健組傘下組員「惚れあっていた、絶対していません」

>>関連記事
 2015年9月、兵庫県加古川市で知り合いの女性をビルの5階から落として殺害した罪などに問われた暴力団組員の男の初公判が開かれ、男は「絶対していません」と起訴内容を否認した。

 起訴状などによると、兵庫県稲美町の無職で神戸山口組山健組傘下組員・大道竜二被告(52)はおととし2015年9月、加古川市内のビルの5階通路から知人でスナック経営の塚本真衣さん(当時32)を落下させ殺害した罪などに問われている。

 4日、神戸地裁姫路支部で開かれた初公判で大道被告は「殺そうとするようなことは絶対していません。2人は惚れあっていた」などと起訴内容を全面否認した。

 一方、検察側は冒頭陳述で「事件前後の状況などから塚本さんが転落したのは自殺ではなく、大道被告による殺人である」と主張した。

  

除染廃棄物の仮置き場に遺体遺棄、作業員の男に有罪判決

>>関連記事
 東京電力福島第1原発事故の除染廃棄物の仮置き場だった福島県西郷村の農地に知人男性の遺体を埋めたとして、死体遺棄罪に問われた同県郡山市の建設業、楠美憲司被告(28)に福島地裁は19日、懲役2年6月、執行猶予5年(求刑懲役2年6月)の判決を言い渡した。

 宮田祥次裁判官は判決理由で「遺体は地中深さ約190センチの場所にあり、発見を著しく困難な状態にして遺棄した」と指摘。一方で「共犯者から殺人などについて知らされることなく呼び出され、関与の程度は小さく従属的なもの」だったと執行猶予の理由を述べた。

 判決によると、楠美被告は住所不定の指定暴力団稲川会系組員、小野光被告(45)、郡山市の無職、佐藤正樹被告(43)=いずれも殺人と死体遺棄の罪で起訴=と共謀して平成27年8月13日、仮置き場として使われていた農地に重機で穴を掘り、住所と職業不詳の堤利幸さん=当時(45)=の遺体を埋めた。

  

75歳組長を殺人容疑で逮捕 路上で「木村會」幹部刺殺

>>関連記事
 愛媛県西条市の路上で13日に指定暴力団・神戸山口組系幹部が腹部などを刺されて死亡した事件で、愛媛県警は14日、殺人の疑いで、指定暴力団の三次団体組長、横井興人容疑者(75)を逮捕した。県警は認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は13日午後7時30分頃、西条市の指定暴力団・神戸山口組系二代目木村會の岡充浩幹部(52)=同県新居浜市=の腹部などを刃物のようなもので複数回刺して殺害した殺人の疑いがもたれている。

 警察は岡幹部の周辺への聞き込みなどから現場近くに住む横井容疑者が犯行に関わった可能性が高いとみて、任意同行を求めて調べを進めていた。捜査関係者によると今回の事件は個人的なトラブルと見られている

  

神戸山口組系幹部刺され死亡 別の暴力団幹部聴取

>>関連記事
 13日夜、愛媛県西条市で暴力団幹部が腹部などを刺され死亡した事件で、警察は現場近くに住む別の暴力団幹部から任意で事情を聞いていて、容疑が固まり次第、殺人の疑いで逮捕する方針。

 13日午後7時30分ごろ、西条市で「路上で50歳代の男性が倒れている」と消防に通報があった。倒れていたのは指定暴力団・神戸山口組傘下組織の幹部で愛媛県新居浜市の岡充浩組員(52)。腹部など数か所を刃物のようなもので刺され、搬送先の病院で死亡が確認された。

 捜査関係者によると、現場近くに住む別の70歳代の暴力団幹部の男が事件に関与している可能性が高まったとして任意で事情を聞いているという。警察は容疑が固まり次第、この男を殺人の疑いで逮捕する方針。

  

神戸山口組系「木村會」幹部、路上で刺され死亡-西条市/愛媛

 13日午後7時半ごろ、愛媛県西条市神拝の市役所南側の路上で、けがをした50代の男性が倒れていると、119番があった。

 西条署によると、男性は新居浜市新須賀町4丁目、指定暴力団・神戸山口組系二代目木村會幹部で「岡組」の岡充浩組長(52)で、約50分後に搬送先の病院で死亡が確認され、県警が殺人容疑で捜査している。

 県警は逃走した犯人が暴力団関係者である可能性を視野に行方を捜し、暴力団による抗争を見据え、県内にある指定暴力団山口組と指定暴力団神戸山口組の事務所を警戒している。

  

塗装会社役員ら3人を強盗殺人容疑で再逮捕

>>関連記事
 大阪府和泉市の住宅の花壇の土中から神戸山口組宅見組傘下の小田一博元組員(当時54)の遺体が見つかった事件で、男性を拳銃で殺害し借金の返済を免れたとして、大阪府警は12日、住居不定、塗装会社役員、山根和寿容疑者(47)と同社従業員の男ら計3人=死体遺棄容疑で逮捕=を強盗殺人などの疑いで再逮捕した。府警は認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は2月下旬、大阪市城東区を走行中の塗装会社名義の軽乗用車内で、男性の頭部を拳銃で撃って殺害し、山根容疑者が男性から借りていた二百数十万円の返済を免れたとしている。府警は山根容疑者が拳銃を撃ったとみて調べている。

 府警によると、男性は2月下旬、家族に「貸した金を返してもらう」と言い残して城東区内の自宅を出たまま行方が分からなくなり、4月19日に遺体で見つかった。

  

男性遺棄を認める 懲役2年6月求刑

>>関連記事
 今年3月、東京電力福島第1原発事故の除染廃棄物の仮置き場だった福島県西郷村の農地から男性の遺体が見つかり、死体遺棄の罪に問われた福島県郡山市の建設業、楠美憲司被告(28)は6日、福島地裁(宮田祥次裁判官)の初公判で起訴内容を認めた。検察側は懲役2年6月を求刑し、即日結審した。

 検察側は論告で「遺棄現場の下見にも同行しており、計画的だ」と指摘。弁護側は「事情を聴かされないまま現場に連れられ、偶然関与させられた」と執行猶予付きの判決を求めた。

 起訴状によると、楠美被告は住所不定、指定暴力団稲川会系組員、小野光被告(45)、福島県郡山市の無職、佐藤正樹被告(43)=いずれも殺人と死体遺棄の罪で起訴=と共謀し平成27年8月、仮置き場として使われていた農地に重機で穴を掘り、住所職業不詳の堤利幸さん=当時(45)=の遺体を埋めたとしている。

  

元宅見組傘下組員の遺体 一時、会社のガレージに保管

>>関連記事
 大阪府和泉市の住宅の花壇に遺体を遺棄した疑いで塗装会社の社長らが逮捕された事件で、遺体が一時、会社のガレージに隠されていたことが分かった。

 塗装会社社長の山根和寿容疑者(47)や神戸山口組系宅見組傘下「二代目西野組」若頭、最上伸吾(50)ら6人は今年3月、同、宅見組傘下の小田一博元組員(当時54)の遺体を和泉市内の住宅の花壇に埋めた、死体遺棄の疑いが持たれている。

 警察のその後の調べで山根容疑者らは今年2月、遺体を車に乗せた状態で大阪府高石市にある塗装会社のガレージに隠し、3月に和泉市に運び、花壇に埋めたとみられることが分かった。

山根容疑者らは死亡した元組員との間に金銭トラブルを抱えていて、遺体の頭には拳銃で撃たれたような傷があり、殺人の疑いも視野に捜査している。

  

元「宅見組」系組員の遺体遺棄 宅見組幹部ら男女6人を逮捕

>>関連記事
 大阪府和泉市の住宅敷地内の地中から元神戸山口組系「宅見組」傘下組員(54)の遺体が見つかった事件で、大阪府警捜査4課は1日、死体遺棄の疑いで、塗装会社経営、山根和寿容疑者(47)=住所不定=ら男女6人を逮捕したと発表した。同課は6人の認否を明らかにしていない。

 捜査関係者によると、遺体の頭部には拳銃で撃たれたような痕があり、同課は金銭トラブルが原因とみて殺人容疑も視野に捜査を進める方針。

続きを読む »

「愛桜会」会長殺害事件 共犯の元組員逮捕

>>関連記事
 三重県四日市市で平成27年11月、指定暴力団山口組系「愛桜会」の菱田達之会長=当時(59)=が殺害された事件で、県警は26日、殺人の疑いで、同県伊勢市の作業員の男を逮捕した。事件での逮捕者は2人目。

 逮捕されたのは作業員で元愛桜会傘下組員・森田勝弘容疑者(47)=同県伊勢市中村町桜が丘=。

 逮捕容疑は25日に逮捕された愛桜会傘下元幹部・横本武法容疑者(67)=殺人容疑で逮捕=と共謀して、27年11月15日、四日市市浜田町の菱田会長の別宅に侵入し、鈍器で会長を殴り、外傷性ショックにより殺害した疑い。
 組員だった当時、横本容疑者と同じ組織に所属しており森田容疑者は横本容疑者の配下だったという。

 調べに対し、森田容疑者は「横本容疑者を車で現場に連れて行ったが手は出していない」などと一部容疑を否認している。県警はさらに共犯者がいないか詳しく調べている。

  

山口組系「愛桜会」会長殺害 元傘下組織幹部を逮捕

>>関連記事
 2015年11月、三重県四日市市で、指定暴力団山口組系「愛桜会」の菱田達之会長=当時(59)=を鈍器で殴って殺害したとして、三重県警は25日、殺人の疑いで、住所不定で無職、横本武法容疑者(67)を逮捕した。

 横本容疑者は愛桜会傘下の元幹部で、事件の約半年前に菱田元会長から絶縁処分にされており、事件直後に行方をくらましていた。防犯カメラなどから横本容疑者が浮上し、県警が行方を捜索。25日昼前に大阪府東大阪市のホームセンターにいるところを捜査員が発見し逮捕した。横本容疑者は容疑を概ね認めているという。県警は内部トラブルがあったとみて、他に共犯者がいないか調べている。

 逮捕容疑は15年11月15日、四日市市浜田町の菱田会長の別宅で、会長を金属製とみられる鈍器で殴り、外傷性ショックにより殺害した疑い。

 菱田会長は、直参と呼ばれる山口組直系幹部だった。

  

劇物で遺体溶解 3人目逮捕 覚醒剤巡りトラブルか

>>関連記事
 知人男性の遺体を薬品で溶かすなどしたとされる死体損壊・遺棄事件で、神奈川県警は2日、無職、大内正人容疑者(41)=窃盗罪などで服役中=を死体損壊と死体遺棄容疑で逮捕した。同事件の逮捕は3人目。

 逮捕容疑は2015年5月3~17日、神奈川県秦野市の建設会社敷地内で、山口組の関係者とみられる松尾亮介容疑者(41)ら男2人=死体損壊容疑などで逮捕=と共謀し、知人の岩本一正さん(当時47歳)の遺体を損壊し、遺棄したとしている。大内容疑者は「弁護士を通すまで話さない」と認否を保留しているという。

 県警暴力団対策課によると、大内容疑者は、松尾容疑者が経営に関わる建設会社で住み込みの作業員をし、岩本さんと同僚だった。

 詐欺罪で服役していた松尾受刑者が昨年、県警に「死体遺棄事件で自首したいので来てほしい」と手紙を送ったことで事件が発覚。松尾受刑者は、岩本さんを殴って死亡させた後、チェーンソーで切断した遺体をカセイソーダに数日間漬けて溶かしたと話したという。秦野市内の建設会社にある浄化槽などから、説明通り岩本さんの溶けて小さくなった骨や肉片など約300個が見つかった。

 松尾受刑者は逮捕前、「(被害者と)覚醒剤を巡ってトラブルになった」などと説明。中里容疑者以外にも「関与した男がいる」と話していた。

  

遺体切断、薬品で溶かす 山口組関係者ら2人逮捕

 知人男性の遺体を切断し、薬品で溶かした上で遺棄したとして、神奈川県警暴力団対策課は1日、死体損壊・遺棄容疑で、松尾亮介(41)=詐欺罪で服役中=、会社員中里浩(52)=千葉県市原市島野=両容疑者を逮捕した。同課によると、松尾容疑者は指定暴力団山口組の関係者とみられ、容疑について黙秘。中里容疑者は認めているという。

 逮捕容疑は2015年5月3~17日、神奈川県秦野市の建設会社で、岩本一正さん=当時(47)=の遺体を電動工具でバラバラに切断し、強アルカリ性薬品で溶かして遺棄した疑い。

 松尾容疑者が昨年、横浜刑務所から県警松田署に「自首したいので、調べてくれ」と手紙を書いて発覚。同年12月、この建設会社の浄化槽などから肉片や骨300点が見つかり、鑑定で岩本さんとDNA型が一致した。

  

福島農地の男性遺体遺棄 殺人容疑で稲川会系組員ら再逮捕

>>関連記事
 福島県西郷村の農地から男性の遺体が見つかった事件で福島県警は22日、殺人容疑で、本籍郡山市、住所不詳、指定暴力団稲川会系組員、小野光容疑者(45)ら3人(いずれも死体遺棄罪で起訴)を再逮捕した。被害者と知り合いで金銭トラブルになった可能性があり、動機や凶器の拳銃の入手経路を調べている。3人の認否は明らかにしていない。

 他の2人は福島県郡山市田村町糠塚牛骨、無職、佐藤正樹容疑者(43)と、同市古川、建設業、楠美憲司容疑者(28)。

 3人の再逮捕容疑は、共謀して平成27年8月13日午後、東京電力福島第1原発事故の除染廃棄物を保管する西郷村真船の仮置き場で、田村市出身の職業不詳、堤利幸さん=当時(45)=の頭を拳銃で撃ち殺害したとしている。仮置き場はその後、農地として使われるようになった。3人は現場に遺体を埋めたとして死体遺棄罪で起訴されている。

  

大阪の死体遺棄事件 遺体は54歳の元「宅見組」傘下組員のと判明

>>関連記事
 大阪府和泉市の住宅敷地内の地中から成人男性の遺体が見つかった事件で、大阪府警捜査4課は21日、遺体は大阪市城東区内の元暴力団員の男性(54)と判明したと発表した。

 府警によると、男性と同居する家族が3月3日、「(男性が)2月下旬に出て行ったきり帰ってこない」と府警城東署に行方不明者届を提出していた。

 捜査関係者によると、男性は以前、指定暴力団神戸山口組直系「宅見組」傘下組織に所属。現在は自営業だったという。

 遺体の頭部には拳銃で撃たれたような痕があり、府警は金銭トラブルが原因とみて、別の銃刀法違反事件ですでに逮捕されている20代の男が「男性を殺して埋めた」と話していて、死体遺棄容疑で近く再逮捕し、詳しく調べる。

  

 | HOME |  »


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事