FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

新聞店銃撃 工藤会元組員に懲役2年6月

>>関連記事
 福岡県直方市の新聞販売店に2011年に銃弾が撃ち込まれた事件で、銃刀法違反の罪に問われた特定危険指定暴力団工藤会元組員、藤岡孝一被告(44)の裁判員裁判が3日、福岡地裁小倉支部であり、鈴嶋晋一裁判長は懲役2年6月(求刑懲役4年)の判決を言い渡した。

 判決理由で鈴嶋裁判長は、藤岡被告らが拳銃の試し撃ちを川に向かって行い、1発が新聞販売店に当たったことに触れ「反社会的な犯行で、非難されるべきだ」と指摘した。

 判決によると、藤岡被告は同会系組員、嶺隆啓被告(36)=同罪で起訴=や元同会系組幹部=昨年2月に死亡=と共謀し11年6月、直方市内で銃弾1発を発射するなどした。

 この裁判員裁判を巡っては検察側が裁判員の除外を同支部に請求したが、却下された。別の元組員らによる裁判員への声掛け事件(16年5月)が起きて以降、工藤会が関与したとみられる銃撃事件が同支部で裁判員裁判となるのは初めてだった。

  

拳銃10丁と実弾所持 新たに住吉会系組員逮捕

>>関連記事
 警視庁組織犯罪対策5課などは25日までに、東京都府中市にある建設会社の寮で4月、拳銃10丁と実弾233発を所持していたとして、銃刀法違反(加重所持)容疑で、新たに指定暴力団・住吉会系組員、瓜生拓也容疑者(38)=稲城市百村=を逮捕した。同課は認否を明らかにしていない。事件では、住吉会系組員ら4人が逮捕されている。

拳銃10丁と銃弾233発所持

 また、同課は拳銃などを寮に隠すよう指示したとして、同容疑で住吉会幸平一家傘下、堺組幹部の岡崎清吾容疑者(48)=住所不詳=を指名手配した。同容疑者は6月14日に羽田空港から韓国へ出国している。

 瓜生容疑者の逮捕容疑は4月10日、寮の部屋で自動式拳銃8丁と回転式拳銃2丁、実弾233発を所持した疑い。

  

松戸市の連続銃撃事件 稲川会系組幹部を逮捕

>>関連記事
 県警松戸署捜査本部は19日、千葉県松戸市で昨年6月、アパートに相次いで銃弾が撃ち込まれた事件で、建造物損壊と銃刀法違反(加重所持、発射)の疑いで、指定暴力団・稲川会系組幹部、町田壮範容疑者(46)を逮捕した。捜査本部は町田容疑者の認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は共謀の上、昨年6月30日午前5時ごろ、松戸市内のアパート2軒に拳銃を発砲し、玄関ドアなどを損壊したとしている。

 捜査本部によると、昨年5~6月に発生した連続発砲事件をめぐっての逮捕者は23人目だという。

  

拳銃をスーパーに置き忘れ 「自殺しようと」 男に執行猶予

>>関連記事
 スーパーで買い物後に拳銃などを置き忘れて所持が発覚したとされる事件で、銃刀法違反などの罪に問われた神戸市長田区の無職の男(70)の判決公判が17日、神戸地裁であり、小倉哲浩裁判長は懲役3年、執行猶予4年(求刑懲役3年)を言い渡した。

 判決によると、2月4日夕、神戸市兵庫区のスーパーで拳銃1丁と実包などを所持したとされる。

 公判で男は「病気などになったら自殺しようと持っていた」と述べ、検察側は「かつて所属した暴力団の幹部(故人)から拳銃などを預かって長年占有し、抗争に備えるなど犯罪目的もうかがわれた」と主張していた。

 小倉裁判長は「社会に少なからず危険を与えている」と指摘。一方で「組織性はうかがわれない」とし、所持した銃と銃弾では発射できず「使用の危険が高かったとはいえない」として執行猶予を付けた。

  

銃刀法違反 住吉会系組員と朝日新聞店元従業員ら逮捕

 警視庁は、朝日新聞販売所(ASA)矢向の元アルバイト従業員、船木俊輔容疑者(37)=住所不定=を銃刀法違反(加重所持)の疑いで、指定暴力団・住吉会系組員、赤池浩容疑者(41)=奈良県橿原市=を同(営利目的譲渡)容疑で逮捕した。船木容疑者は容疑を認め、赤池容疑者は否認しているという。

 組織犯罪対策5課によると、船木容疑者は6月5日未明、東京都大田区内の路上で自動式拳銃1丁と実弾11発を所持していた疑いがある。同日、路上で乾燥大麻約8グラムを持っていたとして大麻取締法違反(所持)容疑で現行犯逮捕されていた。赤池容疑者は2012年12月ごろ、中野区内でこの拳銃と実弾を15万円で船木容疑者に売り渡した疑いがある。船木容疑者は「赤池容疑者から拳銃を15万で買ってくれないかと持ちかけられ、興味があり応じた」と話しているという。

 船木容疑者は事件当時、横浜市鶴見区のASA矢向のアルバイト従業員だったが、事件後解雇された。

  

建設会社の寮に拳銃・実弾 住吉会系組員2人を逮捕

 警視庁組織犯罪対策5課は、今年4月に東京都府中市の建設会社の寮の一室で拳銃10丁と実弾二百数十発が見つかった事件で、銃刀法違反(共同所持)の疑いで、指定暴力団・住吉会傘下の3次団体組員、松本洋容疑者(31)ら組員2人を逮捕した。

 捜査関係者によると、松本容疑者らの逮捕容疑は4月10日、府中市是政(これまさ)の建設会社の従業員用寮の一室に、回転式拳銃2丁や自動式拳銃8丁と実弾を隠し持っていたとしている。

 寮の部屋にあったスーツケースから拳銃10丁と実弾二百数十発が見つかり、同課はこれまでに1丁を隠し持っていたとして、部屋に以前住んでいたフィリピン国籍の男(29)と、男を雇用していた下請け会社の社長の男(40)を銃刀法違反(単純所持)で逮捕。暴力団の関与があるとみて調べていた。

  

セガサミー会長宅銃撃事件 元組員に懲役11年6月

>>関連記事
 遊技機器を手掛けるセガサミーホールディングス(東京)の里見治会長(76)宅に拳銃を発射したとして、銃刀法違反などの罪に問われた指定暴力団・山口組系元組員、福井康二被告(70)の裁判員裁判で、東京地裁は15日、懲役11年6月(求刑懲役15年)の判決を言い渡した。

 判決理由で河本雅也裁判長は、福井被告がセガサミーを相手に民事訴訟を起こした会社と仕事上の付き合いがあったことから、里見会長を威嚇すれば、その会社から現金を受領できると考えたと指摘。「近隣住民に与えた恐怖や不安は大きい」と述べた。

 判決によると、2015年1月、元組員の山下宏佳被告(65)=銃刀法違反罪などで一審有罪、控訴=らと共謀。東京都板橋区の里見会長宅に向けて拳銃を発射し、門灯や車庫のシャッターを壊した。

  

「抗争に備え拳銃所持」 神戸山口組系「侠友会」傘下組員を送検

 兵庫県警は15日、飲酒運転の疑いで逮捕された指定暴力団・神戸山口組系「侠友会」傘下組員の男の車から拳銃と実弾が見つかった事件で、男が調べに対し「すでに死亡した組長から預かり、抗争に備えて持っていた」と供述していることが分かった。

 逮捕されたのは侠友会傘下組織幹部、三浦豊容疑者(57)。県警は同日までに銃刀法違反と火薬類取締法違反の疑いで送検した。

 捜査関係者によると、三浦容疑者は5月下旬、神戸市西区内で車を運転中、県警神戸西署員に停止を求められ、呼気から基準値を超えるアルコールを検出。道交法違反容疑で現行犯逮捕された。県警はその後、男の車の中から袋に入った状態の拳銃1丁と実弾を発見したため、銃刀法違反容疑で男を再逮捕したという。

  

新横浜の「武器庫」ビルに拳銃隠す 稲川会傘下組長ら逮捕

>>関連記事
 警視庁と神奈川県警は13日、横浜市のビルで拳銃6丁と実弾百数十発が見つかった事件で、ビルを管理する指定暴力団・稲川会相模一家傘下、「広石組」組長、広石健容疑者(55)と、組幹部、藤井昭男容疑者(44)を銃刀法違反(加重所持)容疑で逮捕した。同庁は、広石容疑者らが抗争に備え、このビルを武器庫にしていたとみている。

 捜査関係者によると、広石容疑者は3月24日、横浜市港北区新横浜の6階建てビルの天井裏やロッカーなどに、拳銃6丁と実弾百数十発を隠していた疑い。藤井容疑者は広石容疑者と共謀し、拳銃3丁と実弾を所持した疑い。

  

警察犬が拳銃発見 稲川会系組員を逮捕

 警視庁組織犯罪対策4課は1日までに、2016年に東京都大田区のマンションに拳銃を発砲したとして銃刀法違反(発射)などの疑いで、いずれも指定暴力団・稲川会系組員、小形茂巳容疑者(47)=別の事件で服役中=と、石井誠容疑者(48)=相模原市=を逮捕した。逮捕は5月30日。

 同課によると、5月8日に石井容疑者宅を銃刀法違反容疑で家宅捜索した際、警察犬「ブラックシャドー号」が発砲現場周辺に落ちていた薬きょうと同じ製造番号の銃弾2発を、台所の換気口の中で発見。他に拳銃1丁と銃弾28発も見つかった。同課が関連を調べていた。

 銃弾を撃ち込まれた部屋の住人は当時不在で、けが人はなかった。同課は2人が部屋に以前住んでいた男性とトラブルになっていたとみている。

 逮捕容疑は16年11月4日、マンションに銃弾を発射し、窓ガラスを破損した疑い。

  

スーパーに拳銃など置き忘れで無職男を逮捕

 拳銃と実包などを所持したとして、兵庫県警は30日までに、銃刀法違反(所持)と火薬類取締法違反の疑いで神戸市長田区、無職寿本富男容疑者(70)を逮捕した。県警によると、スーパーで買い物した後に紙袋入りの拳銃を置き忘れ、店員が見つけて発覚した。

 逮捕容疑は2月4日午後2時50分ごろ、別の男と共謀し、同市兵庫区のスーパーで手製の拳銃1丁と、拳銃や散弾銃の実包33発などを所持した疑い。拳銃には殺傷能力があるという。

 県警によると、寿本容疑者が拳銃や実包などを入れた紙袋を店内に持ち込み、総菜を買った後に紙袋をレジ付近に置き忘れた。約20分後に取りに戻ると、通報を受けた警察官が到着して騒ぎになっていたため帰った。

 入手先については「約10年前に暴力団関係者から預かった」と説明。防犯カメラの映像などから浮上した。

 神戸地検は5月30日、両罪で起訴した。

  

「神戸山口組」組長別宅を銃撃 「倉本組」傘下組長を逮捕

>>関連記事
 兵庫県警は21日、兵庫県稲美町にある指定暴力団・神戸山口組井上邦雄組長(69)の関係先の住宅に昨年6月、拳銃の実弾が撃ち込まれた事件で、銃刀法違反と建造物損壊の疑いで、対立組織の指定暴力団・山口組系「四代目倉本組」傘下「二代目嵐興業」組長、中山浩容疑者(58)を逮捕した。調べに対し黙秘している。

 捜査関係者によると、中山容疑者は別の倉本組系組員らと共謀し昨年6月20日未明、井上組長が「別宅」として使用していた同町の住宅に向け、拳銃で実弾数発を発射するなどした疑いがもたれている。

 倉本組は、当時井上組長がトップを兼ねていた神戸山口組山健組と対立。平成28年10月には和歌山市内の繁華街で山健組傘下「紀州連合会」会長=当時(50)=が暴行を受けて死亡し、倉本組幹部ら10人が逮捕される事件が発生していた。

 県警は組織間の対立が発砲事件の背景にあるとみて調べるとともに、事件に関与した別の倉本組系組員らの行方を追っている。

  

元山口組幹部の判決延期 体調悪化で弁護側申し立て

>>関連記事
 警護役の組員に拳銃を持たせたとして、銃刀法違反(共同所持)の罪に問われた元指定暴力団・山口組最高幹部、滝沢孝被告(80)に対する第2次差し戻し控訴審で、大阪高裁(西田真基裁判長)は9日に予定されていた判決期日を取り消した。弁護側が被告の体調悪化を理由に申し立てた。期日は追って指定される。

 滝沢被告は平成13年に起訴され、これまで大阪地、高裁が計3度の無罪を言い渡したが、破棄、差し戻しが最高裁で2度確定。昨年3月、3度目の地裁判決で初の有罪が言い渡される異例の審理経過をたどっている。

 昨年3月の地裁判決によると、平成9年9月、大阪市北区のホテル付近で配下の組員2人に拳銃と実弾を所持させた。

  

拳銃と実弾所持 稲川会系組員の男ら3人逮捕

 静岡南署と富士署、県警捜査4課、薬物銃器対策課は26日までに、拳銃1丁と実弾を所持したとして銃刀法違反の疑いで指定暴力団・稲川会系「四代目森田一家」組員の男ら3人を逮捕した。

トカレフ

 逮捕したのは青森県生まれ、住所不定、同組員、無職の男(40)、静岡市葵区駒形通、同組員、無職の男(44)、同区北安東、会社員の男(40)の3容疑者。

 3人の逮捕容疑は共謀して2016年3月ごろ、静岡県中部のレンタル倉庫で、自動式拳銃トカレフ1丁と、その銃で使用できる実弾6発を保管した疑い。

 静岡南署などによると、レンタル倉庫の管理状況から、3人の関与が浮上したという。県警は拳銃の入手経路などを調べている。

  

拳銃と覚醒剤所持 「住吉会」系組幹部を逮捕

 拳銃2丁や覚醒剤約300グラムを所持したとして、警視庁組織犯罪対策5課は、銃刀法違反(加重所持)と覚せい剤取締法違反(営利目的所持)などの疑いで、指定暴力団・住吉会系組幹部、勝又毅容疑者(44)=埼玉県新座市栄=を現行犯逮捕した。逮捕は3月30日。

  逮捕容疑は3月30日、東京都練馬区のレンタル倉庫内に回転式拳銃2丁と実弾41発を保管。自宅に覚せい剤約300グラム(時価約1800万円)と乾燥大麻約800グラム(同500万円)を隠し持っていた疑い。

 組対5課によると、勝又容疑者は拳銃と実弾については「自分の物ではない」と容疑を否認し、覚せい剤所持は認めているという。

  

拳銃と実弾所持、出頭の65歳男逮捕 男性への発砲関与か

 拳銃と実弾を所持したとして、郡山署は8日午前9時30分、銃刀法違反の疑いで同署に出頭してきた自称福島市、無職、容疑者男(65)を現行犯逮捕した。

 同署によると、容疑者は出頭した際に「(知人男性と)トラブルがあり、けがをさせてしまった」と供述したことから、署員が男性の住む郡山市麓山のマンションで確認したところ、部屋でけがをしている男性を発見した。

 捜査関係者によると、男性は背中付近を拳銃で撃たれたとみられ、病院に運ばれた。命に別条はないという。同署は殺人未遂の疑いもあるとみて捜査、容疑者の関与や拳銃の入手ルートについて調べている。

 捜査関係者によると、容疑者はマンションの通路で、外出していた男性の帰宅を待ち、男性の背後から発砲したと供述しているという。容疑者は元暴力団組員で、男性とは古くからの知人だったとみられる。

 関係者によると、同日午前7時30分ごろ、男性のマンション近くのコンビニを訪れた人が「けがした人がいるから119番通報してほしい」と話し、その場を立ち去ったという。容疑者は同8時ごろ、同署に出頭した。

 逮捕容疑は、回転式の拳銃1丁と実弾数発を所持した疑い。同署は9日午後、容疑者を送検した。

  

拳銃6丁と実弾百数十発を押収 稲川会系幹部を逮捕

 警視庁と神奈川県警が今月24日、指定暴力団・稲川会相模一家傘下「広石組」組事務所や組幹部が入居する横浜市のビルを銃刀法違反容疑で捜索し、拳銃6丁と実弾百数十発を押収していたことがわかった。

 同庁は抗争などに備え、組織的に武器を用意していたとみている。

 警視庁は押収した拳銃のうち3丁を所持したなどとして、同組幹部で無職、須藤光一容疑者(40)を同法違反(複数拳銃所持、加重所持)容疑で現行犯逮捕した。

 捜査関係者によると、須藤容疑者は24日、同市港北区新横浜の6階建てビルの自宅で、浴室の天井裏に自動式拳銃2丁と回転式拳銃1丁、実弾27発を隠し持った疑い。須藤容疑者は「私が所有する拳銃に間違いありません」と容疑を認めているという。

 このビルには6階建てで以前はラブホテルだったが、稲川会系の関連会社が2000年に購入していて、広石組の事務所が入っており、共用廊下に置かれたロッカーからも拳銃3丁と実弾約100発が見つかった。同庁が拳銃の入手経路などを調べている。

 このビルはJR新横浜駅の西約700メートルで、横浜国際総合競技場(日産スタジアム)近くのオフィスビルやホテルが立ち並ぶ地域にある。

  

朝鮮総連へ発砲 拳銃所持で男2人を再逮捕

>>関連記事
 朝鮮総連中央本部が発砲を受け、門が壊された事件で、右翼活動家の男ら2人が銃刀法違反容疑で再逮捕された。

 警視庁公安部によると、再逮捕された右翼活動家、桂田智司容疑者と、元神戸山口組系幹部、川村能教容疑者は先月、朝鮮総連中央本部の前で回転式の拳銃1丁と銃弾8発を不法に持っていた疑いがもたれている。

 調べに対し、桂田容疑者は黙秘し、川村容疑者は「自分のものです」と容疑を認めているということで、警視庁は拳銃の入手ルートなどを調べている。

  

拳銃保管指示 「任侠山口組」傘下組長に無罪判決

>>関連記事
 配下の組員に指示して自分の元妻宅に拳銃と実弾を預け、保管したとして銃刀法違反(加重所持)の罪に問われた任侠山口組傘下組長(42)=長野県松本市=に名古屋地裁は14日、無罪判決を言い渡した。求刑は懲役8年。

 組員(39)=同罪などで公判中=への指示の有無などが争われたが、判決理由で田辺三保子裁判長は「2人のやりとりを含む関係証拠を検討しても、指示を裏付ける証拠も、拳銃と幹部を結びつける証拠もない」と判断した。

 元妻宅が家宅捜索された際、組長が「あれは俺のものだ」と発言したとの検察側主張も「自分に嫌疑を向けようとした可能性がある」と退けた。

 組長は2017年6月14日に松本市内の元妻宅で拳銃1丁と実弾10発を所持したとして愛知、長野両県警に逮捕され、その後起訴された。

 名古屋地検の新田智昭次席検事は「判決内容を検討し、適切に対応したい」としている。

  

「怒羅権」元幹部を逮捕 拳銃所持容疑

 愛知県警が銃刀法違反(加重所持)の疑いで、拳銃と実弾を隠し持っていたとして、中国残留孤児2、3世らを中心に結成された不良グループ「怒羅権」元幹部の男を逮捕していたことが分かった。

 県警によると、男は指定暴力団・住吉会系元組員、馬場義明容疑者(37)。怒羅権準暴力団に指定されている。調べに対し、黙秘している。

 逮捕容疑は昨年3月、群馬県内で乗用車に拳銃1丁と実弾12発を隠し持っていた疑い。愛知県警は今年2月8日に逮捕し、名古屋地検は同月28日に銃刀法違反罪で起訴した。

  

 | HOME |  »


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事