FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

自宅に拳銃所持で住吉会系組長逮捕 「本物かわからなかった」

 警視庁は、自宅に拳銃1丁と実弾13発を隠し持っていたとして、指定暴力団・住吉会系傘下組長の男を銃刀法違反の疑いで逮捕した。

 銃刀法違反の疑いで逮捕されたのは、住吉会幸平一家傘下義勇会幹部で、「本間組」組長、本間慎二容疑者。

 逮捕容疑は、本間容疑者が22日、埼玉県草加市の自宅マンションに拳銃1丁と実弾13発をプラスチックケースの中に入れ隠し持っていた疑い。

 警視庁が22日、本間容疑者の自宅を家宅捜索したところ、押し入れの中からアメリカ製の拳銃が見つかった。

 調べに対し、本間容疑者は「ある人から預かったが本物かどうかわからなかった」と容疑を一部否認している。

  

松戸のアパート銃撃 稲川会系組長ら5人を再逮捕

>>関連記事
 千葉県松戸市で6月、アパートに相次いで銃弾が撃ち込まれた事件で、県警捜査4課は21日、建造物損壊や銃刀法違反(加重所持、発射)などの疑いで、埼玉県熊谷市の指定暴力団・稲川会系3次団体組長、小池正規容疑者(56)=同容疑などで逮捕=ら男5人を再逮捕した。

 他に再逮捕された組員は無職、松本龍也(53)=群馬県大泉町=、同、渡辺吉正(50)=埼玉県熊谷市=、同、小林紀靖(54)=同県深谷市=、建設作業員、新井隆博(45)=同県熊谷市=の4被告。

 逮捕容疑は、5人は共謀して6月7日午後10時10分ごろ、拳銃と適合する銃弾を携帯した上、松戸市岩瀬の女性会社員の住むアパートに向けて銃弾を複数発発射、窓ガラスや壁を壊したとしている。

 松戸市では5月に元稲川会系「六代目箱屋一家」の中村豪組長らの乗ったワゴン車がオートバイから銃撃されて1人が負傷する殺人未遂事件が発生しており、県警で関連があるとみて調べている。

  

80万円で拳銃3丁譲渡 住吉会幹部を逮捕

>>関連記事
 警視庁組織犯罪対策5課は14日までに、所持していた拳銃を別の暴力団幹部に譲り渡したとして、銃刀法違反(営利目的譲渡)の疑いで、指定暴力団・住吉会幹部、保正康典容疑者(48)=東京都江戸川区=を逮捕した。組対5課によると、暴力団組員同士の拳銃取引が摘発されるのは全国初。

80万円で拳銃3丁譲渡 住吉会幹部を逮捕

 逮捕容疑は2016年5月30日午後、東京都板橋区の駐車場で、保正容疑者が住吉会系傘下組織「神尾組」組長、神尾英一被告(63)=銃刀法違反罪などで公判中=に拳銃受け取りを依頼された別の男に、自動装填式拳銃2丁と回転弾倉式拳銃1丁を計80万円で譲り渡した疑い。

 組対5課によると保正容疑者と神尾被告は古くからの知り合いで、神尾被告は保正容疑者が金に困っていたため、拳銃を預かる見返りに現金80万円を渡したという。保正容疑者は、容疑について黙秘しているという。

 組対5課は9月、保正容疑者から買い取った拳銃をリゾートマンションの敷地内で保管。同課が7月、同法違反(単純所持)容疑などで神尾被告を逮捕していた。

  

「任侠山口組」組員射殺 銃刀法違反容疑でも指名手配

>>関連記事
 兵庫県警長田署捜査本部は14日、指定暴力団・神戸山口組を離脱した組員らで結成した「任侠山口組」の織田絆誠代表が9月、神戸市長田区で神戸山口組系組員らに襲撃され、ボディーガード役の男性が射殺された事件で、神戸山口組系「山健組」傘下組員、黒木こと菱川龍己容疑者(41)=殺人容疑で指名手配=について、新たに銃刀法違反(発射、加重所持)容疑でも逮捕状を取ったと発表した。

菱川龍己容疑者2 菱川龍己容疑者1
新たに指名手配写真を公開

 捜査本部では、事件4日後に現場から約10キロ離れた路上で見つかった拳銃が、犯行に使用されたと特定していた。

 指名手配容疑は数人と共謀し、9月12日午前10時ごろ、神戸市長田区五番町の路上で、ボディーガード役の楠本勇浩さん(44)を拳銃を使って殺害したとしている。

  

拳銃8丁、実弾約140発所持 「任侠山口組」系組員を逮捕

 大阪府警捜査4課は25日、知人が住むマンションに拳銃8丁を違法に所持したなどとして、銃刀法違反(加重所持)などの容疑で「任侠山口組」系組員を逮捕した。

 逮捕されたのは、「任侠山口組」系組員、田中延昌容疑者(59)=大阪府岸和田市荒木町=。捜査4課は認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は今年5月、田中容疑者の知人が住む同府泉大津市内のマンションで、拳銃8丁と実弾約140発などを保管していた疑い。捜査4課は、同月にこのマンションを家宅捜索し、拳銃8丁と大量の実弾などを押収。知人の無職男(56)を銃刀法違反容疑で逮捕=起訴猶予=し、取り調べたところ「3年前に(田中容疑者から)預かった」と供述、田中容疑者は「近く取りに行く」などと男に連絡し、保管を依頼していたという。

 田中容疑者は神戸山口組に所属していた去年、堺市にある六代目山口組系の事務所に車で突っ込んだとして有罪判決を受けている。

 マンションの室内からは火薬200gや雷管なども見つかり、同課は室内で銃弾を作っていた疑いもあるとみて入手経路などを調べる。 

  

拳銃2丁と実弾64発所持 韓国籍の男女逮捕

 拳銃2丁と実弾64発を所持していたとして、警視庁組織犯罪対策5課は銃刀法違反(加重所持)の疑いで、ともに韓国籍で無職の吉川光重こと梁光重(リョウ・コウジュウ)容疑者(65)と、=横浜市中区本牧原=と、平山康子こと申康子(シン・カンジャ)容疑者(73)=同市西区境之谷=を逮捕した。2人は「間違いない」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は、平成28年11月12日、横浜市南区のマンション一室のクローゼットに、回転弾倉式拳銃2丁と実弾64発が入ったアタッシェケースを保管していたとしている。

 組対5課によると、拳銃と実弾は約20年前に死亡した梁容疑者の兄の遺品。兄は元暴力団組員で、梁容疑者が遺品整理をした際に発見。知人の申容疑者に保管を依頼し、申容疑者が自身が所有するマンションで保管していた。

続きを読む »

福岡 「任侠山口組」系幹部銃撃 「浪川会」系幹部逮捕

>>関連記事
 7月に福岡市の繁華街で起きた発砲事件で、福岡県警暴力団犯罪捜査課は11日、殺人未遂や銃刀法違反(発射、実包所持など)などの疑いで、指定暴力団・浪川会永石組幹部、中山英樹容疑者(54)を逮捕した。

 逮捕容疑は、共謀して福岡市内に住む任侠山口組系「二代目植木会」幹部(41)を拳銃で射殺しようと画策し、7月27日午後11時25分ごろ、福岡市博多区上川端町の路上で、男性に回転弾倉式拳銃2発を発射し、うち1発が男性の上着を貫通したが、目的を遂げなかった容疑など。植木会幹部にけがはなかった。この事件の逮捕者は7人目。県警は認否を明らかにしていない。

続きを読む »

松戸発砲事件 新たに容疑者2人を逮捕

>>関連記事
 松戸市内で5月以降相次いだ発砲事件で、千葉県警捜査4課と松戸署は6日、同市内のアパートやマンションに発砲したとして、銃刀法違反(加重所持)と建造物損壊の疑いで埼玉県深谷市、自称無職、小林紀靖(54)と同県熊谷市、自称建設作業員、新井隆博(45)両容疑者を逮捕した。共犯事件のため、県警は認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は共謀し、6月30日午前5時すぎ、松戸市緑ケ丘2のマンション1階のドアに発砲し、その約5分後、同市五香西2のアパート2階のドアにも発砲し、損壊した疑い。

続きを読む »

66センチの刀所持 住吉会系組員逮捕

 栃木県警さくら署は30日、銃刀法違反の疑いで芳賀町、指定暴力団住吉会系組員、無職男(43)を逮捕した。

 逮捕容疑は8月9日午後7時45分ごろ、高根沢町宝石台1丁目の路上に駐車中の乗用車で、刃渡り66.3センチの刀を1振所持していた疑い。

  

「遊戯銃」捜査で拳銃発見 所持容疑で2人を再逮捕へ

>>関連記事
 名古屋市港区で昨年12月、指定暴力団・山口組弘道会傘下「二代目野口興業」の中西新吾組長(46)に弾の出ない「遊戯銃」を向けて脅したとして神戸山口組傘下の会長ら2人が逮捕、起訴された脅迫事件で、愛知県警は、2人がこれとは別に本物の拳銃と実弾も持っていたとして、銃刀法違反(共同所持)容疑で16日にも再逮捕する方針を固めた。

 脅迫罪で起訴されているのは、愛知県あま市の指定暴力団神戸山口組山健組健竜会傘下「一誠会」会長、吉田耀一被告(49)と、同組員で住所不定の吉山政男被告(52)。捜査関係者によると、2人は今年5月、吉山被告の車内に拳銃1丁と実弾を保管し、所持した疑いが持たれている。

 この拳銃と実弾は、脅迫事件の捜査の過程で捜査員が発見したが、事件では使われていないという。一方、使われたとされる遊戯銃は捨てたとみられ、見つかっていない。

  

拳銃2丁所持疑い「怒羅権」元リーダーの男を逮捕

>>関連記事
 拳銃2丁と実弾を隠し持っていたとして、警視庁組織犯罪対策5課は24日、銃刀法違反(加重所持)の疑いで、指定暴力団・住吉会系元組員の職業不詳、馬場こと大東義明容疑者(36=住所不定)を逮捕した。組対5課によると、大東容疑者は中国残留孤児2、3世らを中心に結成された不良グループ「怒羅権」の元リーダー。黙秘している。

 馬場容疑者は、既に逮捕されている別の男に拳銃などが入ったアタッシェケースを預けていたとみられ、情報提供などに基づき警視庁が、この男が隠したとみられる東京都江戸川区清新町の公園を捜索。銃器を捜索できる警察犬のラブラドルレトリバー「ムーンロケット号」が反応した地面を掘り起こすと、青いポリ袋に入った拳銃2丁と実弾が入ったアタッシェケースが見つかった

 ムーンロケット号は今月7日にも、同法違反容疑で逮捕された住吉会幸平一家傘下組員、間瀬伴紀容疑者(32)=埼玉県坂戸市花影町=の自宅の捜索で、床下から拳銃と実弾を発見している。

 馬場容疑者は2011年12月、東京都港区六本木の飲食店で交友関係のあった「関東連合」の元メンバーを含む数十人と共に、客の山口組系元幹部ら5人の頭をビール瓶で殴り、重軽傷を負わせ逮捕された事もあった。

  

車に拳銃と実弾、「宅見組」系組員ら逮捕

 車に拳銃と実弾を隠し持っていたとして、大阪府警捜査4課は21日、銃刀法違反(加重所持)の疑いで、指定暴力団神戸山口組直系「宅見組」系組員、徳田龍詞容疑者(38)=大阪市生野区桃谷=ら男4人を逮捕した。府警は認否を明らかにしていない。
 
 逮捕容疑は、6月24日午後3時ごろ、大阪府吹田市広芝町の路上に駐車した乗用車内に、回転式拳銃1丁と実弾9発を隠し持っていたとしている。6発が拳銃に装填され、発砲できる状態だったといい、山口組分裂に伴う抗争に備えていた可能性もあるとみている。

府警によると、同市江坂町の路上で、パトカーで警戒中の吹田署員が4人が乗った乗用車を発見し職務質問。後部座席の足下にケースに入った拳銃と実弾があるのを見つけ、運転していた組員の男(26)を同法違反容疑で逮捕=処分保留で釈放=したが、徳田容疑者ら3人が逃走したため行方を追っていた。

  

松戸のアパート銃撃容疑 稲川会系関係者2人逮捕

>>関連記事
 千葉県警は15日、千葉県松戸市でアパートに銃弾を撃ち込み、玄関ドアを壊したとして、稲川会系関係者2人を銃刀法違反(加重所持)と建造物損壊の疑いで逮捕した。

 逮捕されたのは、指定暴力団・稲川会系「七代目田中一家」の関係者で住所不定、松本龍也容疑者(52)と、埼玉県熊谷市、渡辺吉正容疑者(50)。県警は同日、関係先として群馬県太田市の田中一家と熊谷市の二つの暴力団事務所などを家宅捜索した。

 2人は6月30日朝、松戸市緑ケ丘2丁目315グリーンパーク大沼と松戸市五香西2丁目20-10ベルピア五香の玄関ドアに拳銃を発砲し、玄関ドアを壊すなどした建造物損壊の疑い。県警は捜査に支障があるとして認否を明らかにしていない。けが人はいなかった。

 松戸市では元稲川会系「六代目箱屋一家」関係者の住居を狙い銃撃されており、箱屋一家中村豪組長が乗るワゴン車も大型スクーターに乗った犯人に銃撃されている。。6月以降も、5月の事件の関係先とみられるアパートなどに銃弾が撃ち込まれた痕が3件相次いで見つかり、県警は銃撃事件との関連を調べている。

  

工場に拳銃など所持 浪川会系組長ら4人逮捕

 福岡県警は10日、指定暴力団浪川会系組幹部で「二代目城後組」組長、三井明博容疑者(46)=福岡県大牟田市天神町=ら4人を銃刀法違反(加重所持、実包所持)の疑いなどで逮捕したと発表した。

 他に逮捕されたのは、浪川会系組員の下部裕(41)=大牟田市八江町=、行政書士の稲富大輔(42)=福岡市博多区築港本町=、無職の江崎忠(38)=大牟田市歴木=の3容疑者。

 薬物銃器対策課によると、4人は4月10日、江崎容疑者が当時経営していた大牟田市唐船の自動車整備工場で、回転弾倉式拳銃1丁と実包10発を所持するなどした疑いがある。県警は4人の認否を明らかにしていない。

  

警察犬が床下から拳銃など発見 住吉会系組員を逮捕

 警視庁は、指定暴力団住吉会幸平一家傘下組員、間瀬伴紀容疑者(32)=埼玉県坂戸市花影町=を銃刀法違反(加重所持)の疑いで現行犯逮捕し、10日発表した。「自分のものではない」と容疑を否認しているという。

 間瀬容疑者の家には過去3回、拳銃が保管されているとの情報を元に警察が家宅捜索したが、一度も見つかっていなかった。今回は火薬などのにおいに敏感な同庁の警察犬「ムーンロケット号」が家の床下に隠されていた拳銃や実弾を探り当てた。

 組織犯罪対策5課によると、間瀬容疑者は7日、自宅の床下に32口径の回転式拳銃1丁と実弾5発を所持していた疑いがある。

 ムーンロケット号は雄のラブラドルレトリバー。銃器と薬物の両方を捜索できる。7日は2階建ての間瀬容疑者宅で、休憩を挟みながら1時間以上かけて1部屋ずつ丁寧に捜索。1階の台所で、床下収納のふたの境目をクンクンと念入りにかいだ末、すっと座り込んで捜査員を見上げた。

 座り込むのは、「何かが見つかった」際のサイン。捜査員が床下収納のふたを開け、さらに収納をとり外したところ、拳銃と実弾が見つかったという。

  

セガサミー会長宅銃撃 元組員ら5人を逮捕

>>関連記事
 ゲーム・パチンコ機器大手「セガサミーホールディングス」の里見治会長宅が2015年1月に2度発砲された事件で、警視庁は、元暴力団組員、山下宏佳容疑者(64)=大阪市天王寺区=ら計5人を銃刀法違反(発射、加重所持)などの疑いで逮捕した。山下容疑者は容疑を否認しているという。

 ほか4人は、指定暴力団神戸山口組系「山健組」傘下組幹部、山本孝博(54)=恐喝事件で公判中=、住所不定で無職の松島高夫(55)=銃刀法違反容疑などで逮捕=、東京都練馬区の職業不詳古川浩昭(36)=同=、東京都杉並区の無職渋川秀美(34)=同=の各容疑者。

 組織犯罪対策4課によると、5人の逮捕容疑は15年1月8日未明、東京都板橋区の里見会長宅に拳銃を発砲するなどしたというもの。さらに、山下容疑者をのぞく4人は同14日未明、里見会長宅に発砲するなどした疑いがある。同課は、同8日の発砲が気づかれなかったため、再び事件を起こしたとみている。

  

拳銃1丁と実弾10発所持で任侠団体山口組系組長らを逮捕 

 愛知県警は、元妻の自宅に拳銃を隠し持っていたとして任侠団体山口組系組長の男らを逮捕した。

 逮捕されたのは、任侠団体山口組竹内組傘下「百瀬組」組長、百瀬雅樹容疑者=長野県松本市=ら3人。

 百瀬容疑者らは、今月14日、元妻の自宅に拳銃1丁と実弾10発を隠し持っていた疑いが持たれている。別の銃刀法違反事件の捜査の過程で警察が、元妻の自宅から拳銃などを発見した。調べに対し百瀬容疑者は黙秘している。

  

拳銃所持 山口組傘下幹部を逮捕

 三重県警は7日、拳銃と実弾を所持したとして、同県鈴鹿市住吉1、指定暴力団山口組系三次団体幹部、福村剛容疑者(54)を5月18日に銃刀法違反(加重所持)容疑で逮捕したと発表した。「鈴鹿市の40代男性に拳銃や実弾を預けた」と話しているといい、県警は入手経路を調べている。

 逮捕容疑は5月8日夜、鈴鹿市内で拳銃1丁と実弾7発を所持したとしている。県警によると、この男性が同日に鈴鹿署に相談し、署員が男性宅で38口径のブラジル製回転式拳銃「タウルス」と実弾7発を確認した。

 津地検は6月7日、福村容疑者を銃刀法違反で起訴した。男性も同法違反(所持)容疑で逮捕されたが、地検は起訴猶予とした。

  

セガサミー会長宅に発砲容疑 「山健組」傘下組幹部を逮捕

>>関連記事
 パチスロ・ゲーム機器大手「セガサミーホールディングス」(本社・東京)の里見治はじめ会長(75)の東京都板橋区の自宅で2015年1月、銃弾が撃ち込まれた事件で、警視庁は7日、神戸山口組系「山健組」傘下組幹部、山本孝博被告(54)(恐喝罪で公判中)を銃刀法違反(発射、加重所持)と器物損壊の容疑で逮捕した。

 この事件の逮捕者は3人目。

 発表によると、山本被告は15年1月8日未明、里見会長宅に拳銃を1発発砲し、玄関脇の門灯を壊した疑い。里見会長は在宅していたが、けがはなかった。

 同庁は、山本被告が、住所不定、無職松島高夫(55)、東京都練馬区豊玉北、自称不動産業古川浩昭(36)の両容疑者(銃刀法違反容疑などで逮捕)に発砲を指示したとみて調べている。

  

セガサミー会長宅に銃撃容疑 暴力団関係者ら逮捕

 平成27年にパチンコ・ゲーム大手「セガサミーホールディングス」の里見治会長(75)宅が銃撃された事件で、警視庁組織犯罪対策4課は6日、銃刀法違反と建造物損壊の疑いで、暴力団関係者の男ら2人を逮捕した。7日に同容疑で別の男1人も逮捕する方針。

 逮捕容疑は27年1月、東京都板橋区双葉町の里見会長宅を銃撃して損壊したなどとしている。けが人はなかった。

 里見会長宅では同年1月8日、「午前1時ごろに発砲音がした」と通報があったほか、14日午前3時ごろにも警備員が発砲音を聞き、破損したとみられる割れた照明を発見。未使用の銃弾3発と使用済みの薬莢1発が発見された。

 組対4課は関連を調べるとともに、男らが何者かに銃撃を指示されたとみて、事件の背景などを捜査している。

 セガサミーHDは16年、パチンコ機器大手のサミーとゲーム機大手のセガが経営統合し、持ち株会社として発足した。里見会長は今年4月1日付で会長兼社長から会長になった。

  

 | HOME |  »


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事