FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

大分県警巡査長:時計窃盗・暴力団に現金貸与 拾った粉末を違法と信じ使用

 大分県警は22日、知人の時計などを盗んだほか、暴力団関係者に金銭を貸し付けるといった不適切な交際があったとして、大分県警中津署の20代男性巡査長を停職3カ月の懲戒処分にした。

 県警監察課によると、この巡査長は7月30日、大分県豊後高田市の知人宅から置き時計など(時価200円相当)を盗んだとして、窃盗容疑で書類送検された。容疑を認めているという。

 捜査の過程で、駐車場で拾った粉末を違法薬物と思い込み使用していたことも判明。この粉末を受け取り使用するなどした大分県警豊後高田署の同期の20代男性巡査長も戒告の懲戒処分とした。2人は22日付で依願退職した。

 県警監察課によると、中津署の巡査長は昨年夏ごろから暴力団と関係のある人物に複数回にわたり現金計数十万円を貸与。今年7月には、豊後高田市の知人夫婦宅を訪れた際、置き時計と灰皿を盗んだ。窃盗容疑で書類送検されたが、時計などは持ち込んだ質店で安値しか付かなかったという。

 粉末は2月ごろ、大分市内の駐車場で拾った粉末を違法薬物だと言って同期の巡査長に渡したものの、残留物から違法薬物は検出されなかった。 

  

神戸市の歩道で回転式拳銃2丁が入ったカバンを発見 

>>関連記事
 16日午前6時10分ごろ、神戸市北区山田町東下の歩道脇で「小さなかばんに拳銃が2丁入っている」と110番があった。兵庫県警が調べた結果、2丁は回転式の拳銃であることが判明。同市長田区で12日に発生した「任侠山口組」組員の射殺事件で使われた可能性があるとみて放置された経緯や銃の詳しい鑑定を急ぐ。

丹生神社前2

 事件では、指定暴力団・神戸山口組から離脱した「任侠山口組」の楠本勇浩組員(44)が拳銃で頭部を撃たれ死亡。神戸山口組傘下組織の関係者が関与した疑いがあり、同組と見つかった拳銃との関連も調べる。

 県警によると、かばんは、神戸市営バスの「丹生神社前」停留所近くにあった。見つけたのは通行人で、連絡を受けた知人が110番した。

  

「任侠山口組」織田代表ら約30人が現場訪問

>>関連記事
 神戸市長田区の路上で「任侠山口組」の組員が射殺された事件で、「任侠山口組」の織田絆誠代表(50)ら約30人が15日、現場を訪れた。死亡した楠本勇浩組員(44)の慰霊が目的とみられ、現場は一時騒然となり、兵庫県警の捜査員らが警戒に当たった。

任侠山口組織田絆誠代表らが現場訪問1

任侠山口組織田絆誠代表らが現場訪問2

 織田代表は同日午後2時半ごろ、約十台の車に乗り込んだ組員を従えて現場に到着。現場付近の商店主らに「ご迷惑をおかけしました」と声をかけた。その後、ユリの花束が供えられた献花台の前で膝をつき、数珠を手に線香を上げて黙祷。約10分後に現場を後にした。

 関係者によると、この日は正午ごろから兵庫県尼崎市の同組傘下の組事務所でも「お別れ会」が開かれたという。

  

「住吉会」総裁 ''家族葬''の弔問客とは

>>関連記事
 関東最大の指定暴力団・住吉会のトップ、西口茂男総裁(享年88)の通夜が14日、東京都内の寺院で営まれた。西口総裁は12日未明、都内の病院で病死。多臓器不全とみられる。

 通夜は親交のあった一般人約160人、暴力団関係者約30人が訪れた。警察官は約20人で警戒したという。住吉会関係者はこう明かす。

「あくまで家族葬でやりたかったので、西口家の葬儀。組員の出席は絞れるだけ絞った」

続きを読む »

「山口組」組長が「住吉会」総裁の弔問のため上京

>>関連記事
 12日未明に、指定暴力団・六代目山口組に次ぐ全国2番目の規模の指定暴力団・住吉会西口茂男総裁(88)が病死したことを受け、12日午後、抗争状態が続く六代目山口組司忍こと、篠田建市組長は新幹線でJR品川駅に到着した。西口総裁の弔問に訪れたものとみられている。

 篠田組長が上京するのは、1年3カ月ぶりで、山口組が3団体に分裂してからは、初めてとなる。

  

「住吉会」 西口茂男総裁が死亡

 指定暴力団「住吉会」の西口茂男総裁(88)が12日未明、都内の病院で死亡したことが分かった。死因は多臓器不全とみられる。

 西口総裁は2012年9月、米財務省から経済制裁の対象に指定された。

 昨年6月には、組員らによる特殊詐欺をめぐり、被害者らからトップの使用者責任を問う初の民事訴訟を起こされている。

 警察庁によると、住吉会は平成28年末時点で、構成員約3100人、準構成員は3500人。指定暴力団「六代目山口組」に次ぐ勢力を持つとされる。

  

福岡・中洲で客引き争い、トラブル相次ぐ 抗争の火種に

 九州最大の歓楽街、福岡市・中洲で、客引きグループの縄張り争いから背後にいる暴力団同士のトラブルに発展するケースが相次いでいる。昨年7月に十数人の組員を引き連れて威圧行為をした暴力団幹部が逮捕されたほか、今年7月末には暴力団関係者2人が狙われる発砲事件が発生。抗争事件につながる恐れもあり、福岡県警は巡回態勢を強化するなど封じ込めに全力を挙げている。

 8月中旬の深夜。人通りがまばらなネオン街で「中洲特捜隊」の腕章を着けた警察官が周囲に目を光らせていた。風俗店には「もう客はいないですね」と確認。不審車両のドライバーには免許証の提示を求めるなど、声掛けを続けた。

 中洲では昨年7月27日、指定暴力団・「浪川会」の幹部が、客引きグループともめた報復として組員十数人を引き連れ、相手側が縄張りにする地区を徘徊(はいかい)。幹部は県迷惑防止条例違反容疑で逮捕され、有罪判決を受けた。相手の客引きグループの背後には別の指定暴力団が付いており、抗争への発展も危ぶまれていた。

続きを読む »

会津小鉄会系「心誠会」事務所の使用禁止認める

 指定暴力団・会津小鉄会の内部分裂で抗争が懸念され、住民に危険が及ぶ恐れがあるとして、京都府暴力追放運動推進センターが同会直系「心誠会」の組事務所の使用禁止を求めた仮処分で、京都地裁は1日、認める決定を出した。

 会津小鉄会は昨年以降、六代目の後継人事をめぐり内部分裂。今年1月には本部事務所で乱闘事件が起きていた。

 同センターによると、心誠会の事務所では、組員らが対立組織による嫌がらせに備えて事務所の外で警戒を実施。近隣住民から府警に「安心して出歩けない」などの相談が寄せられており、6月、住民約20人が同センターに仮処分の申し立てを委託していた。

 一連の事件では、4月に会津小鉄会本部事務所についても使用差し止めの仮処分が認められている。

  

山口組歴代組長の供養塔を撤去

 神戸市灘区の長峰霊園にある指定暴力団山口組の歴代組長らの「供養塔」が撤去されたことが分かった。田岡一雄・三代目山口組組長の墓の隣にあったが、暴力団排除の機運が高まる中、三代目の遺族が「故人の墓が組の墓と混同される」と懸念し、山口組が撤去を申し出たという。供養塔は同市灘区の山口組総本部の中に改めて設置される見込み。

 関係者らによると、撤去された供養塔は、歴代組長や直系組長らの死を悼んだもので、故人の直系組長らの名前を記した「銘板」もあった。いずれも28日に撤去されたという。

 供養塔は、三代目が晩年、組員らのために建立。だが、篠田建市組長が六代目に就任した翌年の2006年8月、山口組の歴代組長の供養塔として、三代目の親族が所有する区画にあらためて設置した。篠田組長らは命日や盆、彼岸などに墓参している。

 遺族の一部は当時、三代目の墓の隣に、歴代組長の供養塔を建てることを認めたが、歴代組長の墓と混同されることがあり、対応に苦慮していたという。そうした遺族側の意向を伝え聞いた山口組側が対応したという。

  

任侠山口組が会見 「山口組再統一、真の山口組再構築」

 指定暴力団・神戸山口組から今年4月に離脱を表明した「任侠山口組」の幹部らが27日、同県尼崎市内の事務所で会見した。2015年8月に「六代目山口組」から分裂した後の「神戸山口組」の組織運営について不満を訴え、「山口組再統一への道をつぶされた」「我らが再度立ち上がり、真の山口組を再構築する」などと述べた。

 任侠山口組の会見は4月30日の結成表明に続き2回目。この日は幹部らが報道関係者ら約30人に資料を配り、約30分にわたって神戸山口組の組織運営を批判した。

 任侠山口組神戸山口組の関係について、警察庁は現時点で「神戸山口組の内紛」との見方を示している。

  

「上納金」脱税事件 工藤会総裁、10月初公判

 特定危険指定暴力団工藤会の「上納金」を巡る脱税事件で、所得税法違反の罪に問われた同会トップで総裁の野村悟被告(70)の公判が、10月末に福岡地裁で始まる見通しとなったことが9日、関係者への取材で分かった。被告側は「金は野村被告の所得ではない」と無罪を主張する方針で、検察側と全面的に争うとみられる。

 福岡県警が2014年9月に工藤会の「壊滅作戦」を始めて以降、殺人罪などで計6回起訴された野村被告。元漁協組合長射殺事件(1998年)に関与したとして最初に逮捕されてから3年を経て、ようやく同会トップの公判が始まる。起訴された事件のうち、所得税法違反事件に限定して公判前整理手続きが進められている。

続きを読む »

任俠団体山口組、組織名を「任侠山口組」に変更

 4月に指定暴力団・神戸山口組から離脱した勢力で結成された「任侠団体山口組」が、組織名を「任侠山口組」に変更する通達を流していたことが分かった。9日付で改めたという。捜査関係者によると、旧名称が表記される際、「侠」の字が正しく表記されないケースがあったことに不満を募らせたとみられる。

 関係者によると、通達は関係者にメールなどで送られ、「目指す最終地点が暴力団ではなく任侠団体であるという趣旨を発信する第一段階の目的は達した」などと記されていた。

  

生活保護却下 暴力団やめても県警リストに「組員」

 肝細胞がんになった静岡市の無職男性(65)が生活保護を申請したところ、市に却下された。理由は「警察が暴力団と認定している」。男性は「すでに脱退した。きちんと調べて判断してほしい」と訴えるが、市の方針は変わらず、裁判で争いが続いている。

 裁判に提出された書類によると、男性ががんと診断されたのは2014年3月。男性はこれをきっかけに組に脱退を申し入れ、県警に組長名の「脱退届出承認書」を提出するとともに同年5月、市に生活保護の開始を申請したという。

 ところが、静岡市が県警に照会すると、男性が暴力団員として県警のリストに登録されたままであることがわかった。6月、静岡市は男性の申請を却下した。

 警察は脱退の届け出があっても5年程度はリストから外さないことが多く「暴力団排除条例ができて以降、経済的に困窮した暴力団員の脱退が相次いでいるが、真偽を確かめるのに警察のマンパワーが足りていない側面もある」

続きを読む »

「妻と不適切な関係」元組員が警官に賠償求める

 京都府警山科署の男性巡査部長が、詐欺事件の容疑者だった元暴力団組員(51)の妻(30歳代)と不適切な関係を持ったとして、府警から2月に本部長訓戒の処分を受けていたことがわかった。

 元組員は20日、京都市内で記者会見し、精神的苦痛を受けたとして巡査部長を相手に800万円の損害賠償を求めて京都地裁に提訴したことを明らかにした。

 提訴は今月12日付。訴状などによると、同署刑事課の40歳代の巡査部長は2014年、詐欺事件の捜査で元組員を取り調べた際、妻の連絡先を把握。元組員が詐欺罪で有罪判決を受けた後、この妻から相談を受けるようになり、昨年夏以降、不適切な関係を複数回持ったという。

 元組員は会見で、「(巡査部長は)立場を利用して妻をホテルに連れ込んだ」と主張。府警監察官室は「私的なことなので、コメントできない」としている。

  

山口組組長らが墓参り 神戸の霊園、県警が警戒

 指定暴力団山口組篠田建市(通称・司忍)六代目組長(75)や直系団体の組長ら約20人が20日午前、山口組歴代組長の墓がある同市灘区の霊園に姿を見せた。捜査関係者によると、田岡一雄三代目組長の命日に合わせた墓参りとみられ、兵庫県警の捜査員らが周辺を警戒したが、混乱はなかった。

 篠田組長は午前10時ごろに乗用車で訪れ、約10分で霊園を後にした。

 2015年8月に指定暴力団神戸山口組山口組から分裂。今年4月には、さらに神戸山口組内で、複数の組長が離脱して「任俠団体山口組」の結成を表明する内紛状態に陥っている。

 6月には神戸山口組井上邦雄組長(68)が兵庫県警と京都府警に逮捕され、釈放までの間には傘下の組事務所で発砲事件が発生するなど不安定な情勢が続いており、県警はそれぞれの勢力について監視と情報収集を強めている。

  

博多金塊窃盗 恐喝容疑は不起訴

>>関連記事
 福岡市博多区で7億6000万円相当の金塊が盗まれた事件を巡り、窃盗グループの仲間から口止め料名目で現金を脅し取ったとして恐喝容疑で再逮捕された野口和樹容疑者(42)=窃盗罪で起訴=について、名古屋地検は18日、不起訴とした。

 野口被告と共謀したとして恐喝容疑で逮捕された指定暴力団・山口組弘道会傘下「十代目稲葉地一家」の林雅志幹部(33)も不起訴とした。地検は理由を明らかにしていない。

 2人は昨年12月15日、金塊窃盗グループの一員として窃盗罪で起訴された中垣龍一郎被告(40)から現金500万円を脅し取ったとして、6月28日に愛知県警に逮捕された。

 野口被告は今月7日に名古屋地裁であった勾留理由開示の手続きで容疑を否認。中垣被告が金塊窃盗事件に関係しているとみられることの口止め料を支払うよう、暴力団の男から責められたと主張した。愛知県警の捜査員に相談して現金受け渡しの方法や場所などで助言を受けたとも述べた。

  

最高裁で「暴排条項を理由に口座解約」有効と確定 

>>関連記事
 暴力団排除条項に基づく預金口座の解約は不当だとして、指定暴力団「道仁会」の会長ら幹部2人が三井住友銀行とみずほ銀行に解約の無効確認を求めた訴訟で、最高裁第3小法廷(林景一裁判長)は11日付の決定で、幹部側の上告を棄却した。幹部側の請求を棄却した1審・福岡地裁と2審・福岡高裁の判決が確定した。

 暴排条項を理由に、既に開設されていた口座の解約を有効と認めた判断が最高裁で確定するのは初めて。

 1、2審判決によると、2人は1999~2006年、両行で計3口座を開設。両行は10年2月、「預金者が暴力団員と判明した場合、口座を解約できる」とする条項を約款に追加し、これを理由に15年4~5月に解約を通知した。1、2審は「既存の口座に適用しないと暴力団排除の目的を達成するのは難しい。2人が解約によって受ける不利益も反社会的勢力への所属をやめれば避けられる」などとし、解約は有効と判断した。

 金融機関による暴力団排除を巡っては、各行で今回と同様の条項が約款に加えられているが、訴訟リスクを懸念して既存口座の解約を控える銀行もあるという。第一東京弁護士会民事介入暴力対策委員長の鈴木仁史弁護士は「今回の判決確定によって、既存口座の解約に踏み切る金融機関も増えるだろう」と話している。

  

会津小鉄会乱闘、4人を処分保留で釈放

>>関連記事
 京都市下京区の指定暴力団六代目会津小鉄会の本部事務所で1月に山口組系と神戸山口組系の組員らが乱闘した事件で、京都地検は12日、有印私文書偽造・同行使の疑いで京都府警に逮捕されていた会津小鉄会系「心誠会」の原田昇こと津波廣保(つはこうほ)会長(64)や山口組系「三代目司興業」の森健次組長(67)ら計4人を、処分保留で釈放した。京都地検は理由を明らかにしていない。

 会津小鉄会では、現会長の後継者をめぐり、指定暴力団山口組と指定暴力団神戸山口組に近いグループが対立。山口組寄りの若頭が後継の「七代目会長」職に就任するという内容の文書が流れたことをきっかけに、乱闘騒ぎが起こっていた。

  

「テロ等準備罪」 山口組が対策マニュアルを作成し配布

 共謀罪の構成要件を厳格化したテロ等準備罪を新設する改正組織犯罪処罰法が11日に施行されたことを受け、指定暴力団・山口組が同法に対応するためのマニュアルを記した文書を作成し、組員らに配布していたことがわかった。

 入手した文書は計5枚。同法について、「法律の実績作りのためにヤクザが集中的に対象とされる可能性が高い」「トップを含め根こそぎ摘発、有罪にしようというもの」などと説明。「想定される適用例」として、組関係者が過去に関与した事件を示しながら、警察当局の摘発対象にならないよう警戒を呼び掛けている。

 将来的に警察当局による通信傍受が行われることを想定するような記述もあるほか、「取り調べでのやり取りなどを細かくメモするようにすること」と組員が逮捕された場合の対処法も記している。

  

山口組系組幹部に住所漏えい 水戸市職員逮捕

 茨城県警水戸署は11日、指定暴力団・山口組系組幹部に、生活保護を受給していた男性の住所を教えたとして、茨城県水戸市生活福祉課課長補佐、岩谷勉容疑者(45)=同市城東=と同課職員、本沢佑司容疑者(35)=同市元吉田町=地方公務員法(守秘義務)違反容疑で、また指定暴力団・六代目山口組系3次団体幹部、田崎伸一容疑者(41)=同市吉沢町=を同法違反(そそのかし)容疑で逮捕した。

 3人とも「間違いありません」と容疑を認めている。県警は同日、市役所を家宅捜索した。

 逮捕容疑は、田崎容疑者は3月8日、市役所三の丸臨時庁舎を訪れ、生活保護を受けている知人男性(42)の住所を教えるよう要求。同月27日にも訪れて再び求めたのに対し、本沢容疑者が岩谷容疑者の指示を受け、男性のアパート付近で待ち合わせて案内したとしている。

 同署によると、田崎容疑者と男性には金銭トラブルがあったという。男性は自宅に来た田崎容疑者を不審に思い、県警に相談。水戸市役所は4月7日、職員が男性の住所を漏らしたことを報告して事件が発覚した。

  

 | HOME |  »


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事