FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

「二代目岸本組」組長の通夜 山口組組長ら数十人出席

 指定暴力団・山口組の直系「二代目岸本組」組長が病死し、神戸市北区の葬儀場で17日、通夜があった。分裂した指定暴力団・神戸山口組との抗争状態が続く中、山口組篠田建市(通称・司忍)組長ら数十人の組関係者が姿を見せ、兵庫県警や警視庁、大阪府警の50人以上が情報収集やトラブル警戒に当たった。

 捜査関係者によると、神戸市中央区に事務所を構える「二代目岸本組」の清水武組長(72)が15日に死去。山口組で県内が拠点の直系組長は、姫路市に事務所を構える「二代目竹中組」の安東美樹組長(62)だけになった。

 通夜は17日午後6時から営まれた模様で、篠田組長らは午後5時40分ごろに車で葬儀場を訪れた。周辺では捜査員が組関係者の出入りを確認。機動隊員らが2人一組で周囲を警戒した。

 18日午前には告別式が開かれる予定。この葬儀場は山口組の前組長のほか、昨年も最高幹部の葬儀に使われており、県警は利用実態を調べている。

  

淡路から神戸に神戸山口組本部移転か

>>関連記事
 指定暴力団/・神戸山口組が全国の直系組長らを集めて開く「定例会」が15日、神戸市中央区の関連施設で初めて開催されたことが兵庫県警への取材でわかった。神戸地裁が10月末、同県淡路市にあった本部事務所の使用を禁じる仮処分を決定したことを受け、県警はこの施設に本部機能が移る可能性があるとみて警戒していた。

神戸山口組の関連施設=神戸市中央区
関連施設へ本部移転か

 これまで神戸山口組は原則として毎月8日に淡路市の本部事務所で定例会を開いてきたが、今月は8日の開催を見送っていた。

 15日に定例会が開かれた関連施設は神戸市中央区二宮町3丁目にある4階建てビル。JR三ノ宮駅の北約600メートルにあり、今年3月、神戸山口組の若頭で「俠友会」の寺岡修会長(68)が所有権を取得していた。捜査関係者によると、4月から組員が交代で詰め、幹部らによる「執行部会」の会場にもなっていたという。

  

神戸山口組が神戸市内の関連施設で「定例会」開催へ

>>関連記事
 指定暴力団・神戸山口組の直系組長が集まる「定例会」が15日午後にも神戸市中央区二宮町3の関連施設で開かれることが分かった。10月末にあった神戸地裁の仮処分決定で兵庫県淡路市の本拠地事務所が使えなくなり、この施設での開催は初めて。今後、新たな本拠地となる可能性もあるとみて同県警が警戒を強める。

 捜査関係者によると、定例会は同日午後1時から始まる予定という。午前11時半現在、複数の直系組長らが姿を現し、捜査員ら十数人が警戒に当たっている。

 同組は原則毎月8日に定例会を開いてきたが、淡路市の本拠地事務所に対する仮処分決定の影響で11月8日は開催を見送ったという。一方で、同組は今年4月から神戸市中央区の関連施設の使用を始めており、一部の直系組長が毎月第3水曜日に「幹部会」を開いている。今回の定例会は幹部会に合わせて開催に踏み切ったとみられる。

  

道仁会系組幹部 山林で拳銃自殺か 借金苦にするメモも

 14日午前10時50分ごろ、福岡県飯塚市八木山の山林で、近くに住む指定暴力団・道仁会系組幹部の男性(45)が頭から血を流して倒れているのを飯塚署員が見つけた。男性は意識不明の重体で病院に搬送された。近くに拳銃があり、自宅には借金に困っていたとするメモ書きがあったことから、署は自殺を図った疑いが強いとみて調べている。

 署によると、男性宅を訪れた弟がメモを発見。14日未明に行方不明者届けを出し、署員が朝から捜索していた。

  

飲食店内乱闘で営業妨害 「想定外」で無罪判決

>>関連記事
 暴力団同士の乱闘で群馬県高崎市の飲食店の営業を妨げたとして威力業務妨害の罪に問われた指定暴力団・松葉会系組織の茂木慶吾幹部(43)=高崎市浜尻町=の判決公判が9日、前橋地裁であり、国井恒志裁判長は「乱闘は男性にとって想定外で共謀は成立しない。実行行為もなかった」として無罪を言い渡した。

 判決によると、昨年9月29日、高崎市の飲食店で、仲間と共にいさかいを解決しようと指定暴力団・稲川会系幹部らと話し合ったが、決裂して乱闘となった。

 検察側は、一方の責任者として話し合いに参加したと指摘。乱闘になる危険性を想定した上で、相手からの「けんかしかないですね」という問いに「そうですね」と答え、乱闘の契機をつくったとした。

 弁護側は、いきさつを知らずに店に来たため乱闘するつもりはなく、男性が相手方から突然殴られ意識を失ったことで乱闘が始まったと主張した。

 国井裁判長は当事者の証言などから「話し合いの内容を事前に知らず、その場で経緯を知って謝罪している。決裂に備えて相手方は10人ほど待機させていたのに対し、乱闘の準備をしていなかった。自身が暴れるなどの行為もなかった」と認定した。

 スーツ姿の男性は背筋を伸ばして前を向き、判決を淡々と聞いていた。

 弁護人は判決後、「丁寧に審理し、共謀の認定を厳密に行った。被告の人権を守った判決で高く評価する」とした。前橋地検の久保浩次席検事は「判決文を検討し、上級庁と協議して適切に対応したい」とコメントした。

  

本部の使用禁止の影響か 神戸山口組 定例会開かず

 指定暴力団・神戸山口組が月に1度、各地から幹部を集める定例会合を通常の開催日としている8日に開かなかったとみられることが分かった。7日に幹部の会合で中止を決めたとの情報があるという。

 従来の会場だった兵庫県淡路市の本部事務所は、神戸地裁が10月、使用禁止の仮処分決定を出している。兵庫県警は8日も神戸市内の関連施設などに捜査員を配置し、新たな開催場所などに関する情報収集を進めた。組内部では定例会合が重視されていることから、延期して開く可能性があるとみて今後の対応を注視している。

 神戸山口組を巡っては、神戸市長田区で9月、「任侠山口組」の組員が射殺され、殺人容疑で神戸山口組系組員が指名手配された。直後の10月は休日の8日を避け、10日に定例会合を開催していた。

  

山口組で「ハッピーハロウィーン」 組員が仮装、菓子手渡し

 指定暴力団・六代目山口組の組員が31日夕、ハロウィーンに合わせて神戸市灘区篠原本町4の総本部前で子どもたちに菓子を配った。対立する指定暴力団・神戸山口組に対してはこの日、地元住民が求めていた本拠地事務所の使用を禁止する仮処分が決定するなど、暴力団排除の機運が高まる中、住民の懐柔を図ったとみられる。

 捜査関係者らによると、菓子の配布は同日午後4時10分ごろから始まり、組員らが総本部の入り口前で、スナック菓子の入った袋や本部内で作った綿菓子を手渡した。入り口付近はカボチャやおばけのバルーン、紫とオレンジのイルミネーションで飾られ、組員らは「ハッピーハロウィーン」「お菓子もらって、写真を撮ってね」などと声を掛けていた。

 山口組は毎年、ハロウィーンに合わせて菓子を配布している。神戸山口組との分裂騒動があった2015年は中止したが、昨年は総本部近くの神社で再開。今年も、兵庫県警の捜査員が周辺でトラブル警戒に当たった。

  

神戸山口組本部 使用差し止め仮処分決定

>>関連記事
 指定暴力団・「神戸山口組」の本部事務所について、神戸地裁は31日、同組に使用の差し止めを命じる仮処分決定を出した。暴力団の抗争が相次ぐ中、付近住民が生活の平穏を脅かされていると訴え、暴力団追放兵庫県民センターに訴訟を委託していた。暴力団対策法に基づき、指定暴力団の本部を対象にした全国初の代理訴訟だった。

 暴追センターによる代理訴訟は2013年の改正暴力団対策法で認められた。組員らの報復を恐れ、訴訟に踏み切ることができない住民を支援するのが狙い。

 神戸山口組の本部は淡路市志筑の海辺の住宅地にある。2015年8月に指定暴力団・「六代目山口組」が分裂した後、神戸山口組本部とされ、月1回の「定例会」などに全国から直系団体の組長らが集まるようになった。

 さらに今年9月には、神戸市長田区の路上で「任俠山口組」の組員が射殺され、神戸山口組系の組員が殺人容疑で指名手配される事件が起きた。住民側は今月2日に申し立てた仮処分で、抗争に巻き込まれる危険性が高まっていると訴え、地裁に対し、迅速に決定を出すよう求めていた。

  

「任侠山口組」定例会 射殺されたボディーガードの法要も

 「任侠山口組」は30日午後1時ごろから、兵庫県尼崎市の「古川組二代目」の事務所で定例会を開いた。

 先月12日に神戸山口組系組員らに射殺された織田絆誠代表のボディーガードの四十九日の法要も営まれたとみられ、不測の事態に備えた兵庫県警の捜査員らが現場周辺で厳重に警戒した。

 この日は射殺された男性の四十九日の法要に合わせて定例会が開かれたとみられる。県警では捜査員が事務所付近で検問を実施するなど警戒に当たったが目立った混乱はなかった。

 任侠山口組は結成以降、どこを本部として運用するのか明らかにしておらず、県警が動向を注視している。

  

神戸山口組本部を閉鎖か 仮処分の使用可否判断前

>>関連記事
 兵庫県淡路市志筑にある指定暴力団・神戸山口組の本部事務所が閉鎖されたとみられることが分かった。神戸山口組が25日付で閉鎖したとの内容の通知を暴力団関係者に出したことを兵庫県警が確認した。末尾には、最高幹部である神戸山口組の若頭で「俠友会」の寺岡修会長(68)の名前が記載されていた。

侠友会
神戸山口組の本拠地施設
「侠友会」の事務所

 同事務所は、指定暴力団六代目山口組直系組織「侠友会」の本部として使用されていたが、2015年8月末の山口組分裂で侠友会神戸山口組の傘下に移って以降、約2年間にわたり直系組長らが集まる毎月1回の定例会を開くなど、神戸山口組の本部としてきた。

 本部事務所を巡っては今月2日、暴力団追放兵庫県民センターが近隣住民に代わり使用禁止の仮処分を神戸地裁に申請しており、同組は県警に暴力団事務所としての使用をやめる意向を伝えていた。ただ個人用の住居としては継続して使う考えを示したという。

 地裁は近く使用継続の可否を判断するとみられており、捜査関係者は「面倒を避けるため、先手を打って閉鎖したのではないか」との見方を示している。

  

「住吉会」トップ変更公示 東京都公安委員会

 東京都公安委員会は27日、指定暴力団・「住吉会」トップで代表だった西口茂男総裁(88)が死亡したことを受け、暴力団対策法に基づき、同会の関功会長(71)を「代表者に代わるべき者」に変更したことを官報で公示した。

 捜査関係者によると、西口総裁は9月12日未明、都内の病院で死去。病死とみられる。

 警察庁によると、住吉会は東京都港区に本部を置き、構成員は2016年末現在で約3100人。山口組に次いで全国2番目の規模で、1都1道1府15県に勢力を有している。

  

愛知県警:県内3ヵ所に「みかじめ相談所」を設置

 愛知県警は、指定暴力団・山口組系弘道会の会長ら会長ら10人が、みかじめ料を受け取ったとして県の条例違反の疑いで逮捕された事件を受け、名古屋市中区の栄交番など県内3ヵ所に「みかじめ相談所」を設置した。

愛知県警「みかじめ相談所」
愛知県警「みかじめ相談所」

  「みかじめ相談所」には、暴力団捜査を専門に行う警察官を配置し、暴力団が繁華街の飲食店などから徴収ている、みかじめ料や用心棒代などの相談に対応する。

  

下関署員が留置中の強盗共謀の容疑者間のメモを配達

 山口県警下関署の留置管理課に勤務していた50代の男性巡査部長が、留置中の容疑者からメモを受け取り、施設内の別の容疑者に手渡していたことが24日分かった。県警監察官室は受け渡しの事実を認めたうえで「調査結果を踏まえ、処分を含め適正に判断する」と話している。

 監察官室などによると、巡査部長は今夏、勾留中の男からメモを受け取り、同じ留置場に勾留されていた別の容疑者にメモを手渡した。県警はメモの内容や男らの関係を明らかにしていないが、捜査関係者によると、男らはいずれも同県下関市内で発生した強盗事件で共謀したとして、8月下旬に再逮捕され、後に窃盗罪などで起訴された暴力団関係者らという。

 監察官室は「捜査上の影響はなかった」としている。

  

「正木組」と「宮原組」の2事務所 使用禁止仮処分を決定

 福井地裁は20日、福井県敦賀市本町1丁目にある指定暴力団・神戸山口組の二次団体「正木組」の事務所と、福井県福井市有楽町にある指定暴力団・山口組の三次団体で中西組傘下、「六代目宮原組」の事務所について、組事務所としての使用を禁止する仮処分を決定した。

 両組事務所の周辺住民が、暴力追放センターに委託し、周辺住民に代わって原告となる代理訴訟制度を利用。申し立てでは、「正木組」事務所の周辺住民は発砲事件で実際に安全が脅かされ、「宮原組」事務所の周辺住民は発砲事件に対する報復に巻き込まれる恐れがあるとして、ともに平穏に暮らせる人格権が侵害されていると主張、組事務所の使用差し止めを求めていた。同制度で複数の暴力団事務所が同時に使用禁止となる決定は全国で初めて。

 県福井地裁の執行官や県警組織犯罪対策課員ら約30人が20日、両事務所に出向き、禁止事項を明記した公示書を執行官がフェンスや扉に貼り付けた。

  

多摩川少年水死 殺人容疑で逮捕の3人を処分保留

>>関連記事
 横浜地検は19日、川崎市多摩区の多摩川で昨年12月、横浜市瀬谷区の高橋瑞樹さん(当時18歳)が水面に浮かんだ状態で死亡しているのが見つかった事件で、殺人容疑で逮捕された、指定暴力団・住吉会系組員(21)=東京都世田谷区=、無職の男(21)=東京都世田谷区=、無職の男(21)=埼玉県三郷市=の3人を処分保留で釈放した。理由は明らかにしていない。

 3人は、昨年11月に多摩川で少年を溺れさせて殺害したとして神奈川県警捜査1課に逮捕されていた。同じ振り込め詐欺グループのメンバーとみられ、トラブルがあったとみていた。県警は今後も任意で捜査を続ける。

  

神戸で発見の拳銃 組員射殺事件で使用と断定

>>関連記事
 神戸市長田区で9月、「任侠山口組」の組員が射殺された事件で、兵庫県警長田署捜査本部は16日、発生後に同市北区で見つかった拳銃2丁を鑑定した結果、うち1丁が事件で使われた拳銃だったと明らかにした。

 同本部によると、発射された銃弾は銃身を抜ける際に「線条痕」と呼ばれる特有の痕跡を残す。鑑定の結果、射殺された警護役で任侠山口組系「三代目北村組」の楠本勇浩組員(44)の頭部に残った銃弾1個の線条痕が、見つかった1丁のものと一致したという。

続きを読む »

山口組と神戸山口組 2団体で4千人超摘発 抗争は6件

 今年1~6月に全国の警察が摘発した指定暴力団の山口組神戸山口組の構成員や準構成員らは4123人で、昨年同期より521人減少したことが5日、警察庁のまとめ(暫定値)で分かった。内訳は、山口組が2697人、神戸山口組が1426人だった。

 警察庁によると、両団体の対立抗争は6件で、5月以降は10月4日時点で起きていない。ただ、神戸山口組から離脱した新組織「任侠山口組」の関係者が9月に射殺される事件が起きており、同庁の担当者は「今後何かしらの変動があるかもしれないので、どのように展開するか見ていく」と警戒を強めている。

 山口組神戸山口組を含む暴力団構成員ら全体の摘発者数は8684人で、昨年同期より825人少なかった。ほかの団体では住吉会が1601人、稲川会が1163人などで、いずれも減少。各暴力団とも組織が縮小傾向にあることに加え、警察の取り締まり強化によって活動が低調になっている実態が背景にあるとみられる。

  

交際相手からキャッシュカード譲渡 山口組系幹部と女を逮捕

 警視庁は交際相手から銀行のキャッシュカードを違法に譲り受けたとして暴力団幹部の男と、譲り渡したとされる女を逮捕した。

 逮捕されたのは、指定暴力団・六代目山口組系幹部の高橋孝容疑者(56)と、交際相手で無職の関根弘美容疑者(46)の2人。

 警視庁によると2人は、2015年1月頃から去年8月までの間に、関根容疑者が開設した銀行口座のキャッシュカード1枚を高橋容疑者に譲り渡した疑いが持たれている。

 調べに対し、高橋容疑者は黙秘し、関根容疑者は「必要なときに渡しただけで、譲り渡してはいない」と容疑を否認している。

 東京都の条例で暴力団員は金融機関で口座を開設することが禁じられており、警視庁は譲り渡された口座が、暴力団の資金管理口座として利用されていた可能性もあるとみて捜査している。

  

「神戸山口組」本拠地の使用差し止め 住民委託で代理訴訟へ

 淡路市にある指定暴力団・「神戸山口組」の本部事務所が付近住民の生活を脅かしているとして、公益財団法人「暴力団追放兵庫県民センター」が2日、事務所の使用差し止めを求める仮処分を神戸地裁に申し立てた。住民の委託に基づく代理訴訟で、指定暴力団の本部を対象にしたのは全国初。暴力団の抗争や内紛が各地で続く中、司法の判断が注目される。

侠友会
神戸山口組の本拠地施設
「侠友会」の事務所

 代理訴訟は2013年に施行された改正暴力団対策法で認められた制度。国家公安委員会から「適格団体」の認定を受けた各都道府県の暴追センターが、原告として住民の法的手続きを代行する。組員らの報復を恐れ、訴訟に踏み切ることができない住民らを後押しするのが狙いだ。

続きを読む »

任侠山口組が射殺事件後初の定例会

 28日午後、「任侠山口組」は、兵庫県尼崎市内の事務所に組員らを集め「定例会」を開いた。神戸市長田区で同組の男性組員が射殺された事件の発生後、初めての開催。同日午前から組員らが続々と現れ、兵庫県警が捜査員約30人態勢で警戒した。

 捜査関係者らによると、同組は同日昼過ぎから最高幹部らで会議を行い、その後に定例会を開くとみられる。

 事件は12日午前10時ごろ、神戸市長田区五番町3の路上で発生。同組の織田絆誠代表(50)らが乗った車を、指定暴力団・神戸山口組系の男が襲撃し、代表の警護役だった楠本勇浩組員(44)が射殺された。

 県警長田署捜査本部は、実行犯として神戸山口組系組員の菱川龍己容疑者(41)を殺人容疑で指名手配するとともに、複数の男が事件に関与したとみて行方を追っている。

  

 | HOME |  »


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事