FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

風俗店から用心棒代5万円 山口組系「誠友会」組員らを逮捕

 札幌中央署は14日、札幌・ススキノの風俗店から用心棒代を受け取ったとして、指定暴力団・山口組系「四代目誠友会」組員、米坂栄治(46)=札幌市中央区南6西9=、無職酒谷大樹(42)=同市北区屯田6の8=の両容疑者を道暴力団排除推進条例違反の疑いで逮捕した。暴力団への用心棒代やみかじめ料の規制を強化した改正条例が昨年7月に施行されて以来初摘発となる。

 2人の逮捕容疑は共謀して1月3日、風俗店の男性経営者ら2人から、用心棒代として現金5万円を受け取った疑い。

 改正条例は風俗店などが暴力団にみかじめ料などを支払うと、両者に1年以下の懲役または50万円以下の罰金を科す。改正前は暴力団側に違法行為がなく、店側がみかじめ料の支払いに同意していた場合は摘発できなかった。

  

風俗店“みかじめ料”授受 山口組傘下組長ら逮捕

 松山市の風俗店で「みかじめ料」の受け渡しがあったとして、警察は松山市暴力団排除条例違反の疑いで指定暴力団・六代目山口組傘下の組長らを逮捕した。 

 逮捕されたのは山口組傘下組織の組長・篠原清吾容疑者(66)と、風俗店経営の櫛部功容疑者(60)ら3人。

 警察によると篠原容疑者らは先月31日、松山市が条例で定める「暴力団排除特別強化地域」で櫛部容疑者が経営などする風俗店に対する「みかじめ料」などとして現金10万円を受け取った疑いがもたれている。この条例違反での逮捕は初めてで、警察は関係する風俗店2か所を家宅捜索した。

 「みかじめ料」は1店舗あたり1か月10万円で、警察は組の資金源になっていたとみて関係する店舗についても調べる方針。また、警察は売春を行う場所を提供したとして、櫛部容疑者ら2つの風俗店の店長ら5人を売春防止法違反の疑いで逮捕している。

  

小学校近くに組事務所開設 「実質運営者」の極東会幹部を逮捕

 警視庁組織犯罪対策3課が21日、暴力団の事務所を小学校の近くに開設したとして、東京都暴力団排除条例違反の疑いで、指定暴力団・極東会松山連合会幹部、真誠会会長で棚本組組長、棚本清己こと棚本清美容疑者(65)と、事務所を新たに開設した組の組員ら数人を逮捕した。棚本容疑者は事務所開設を主導し、「実質の運営者」として組の運営に関わったとみられる。同容疑で組長や組員ら事務所の実際の使用者以外を摘発するのは異例という。

 関係者によると、棚本容疑者らは平成28年12月ごろ、小学校から約100メートル離れた東京都新宿区大久保のマンションの一室に暴力団事務所を開設し、運営していた疑いがある。条例は学校や保育園などの周囲200メートル以内の開設、運営を禁じている。

 開設されたのは、極東会の下部団体の事務所。この組の活動実態を捜査する過程で、マンションの一室を事務所として使用している疑いが浮上。組対3課は、複数の組員の出入りを確認したことなどから、暴力団の活動拠点になっていると判断した。

 棚本容疑者の動向から、同容疑者が事務所開設を主導していたことも判明。「実質の運営者」として組の活動を取り仕切っていたとみて逮捕に踏み切った。組対3課は同日、新宿区大久保の組事務所など関係先数カ所を家宅捜索した。

  

キャバクラ経営者 「山健組」系組員に用心棒代支払いで勧告

 兵庫県公安委員会は18日、5年間にわたり指定暴力団・神戸山口組系「山健組」系の組員に用心棒代を支払っていたとして、県暴力団排除条例に基づき、受け取った山健組傘下組員と、神戸・三宮の歓楽街でキャバクラやガールズバーを運営する2社に今後利益供与を行わないよう勧告した。

 県警暴力団対策課によると、2社は2011年12月ごろ~今年1月ごろ、計380万円を用心棒代として組員に手渡していたという。2社を経営する男性は同期間中、キャバクラやガールズバーを同地区で5~7店展開し、1店当たり年間10万円の支払いを組員に持ち掛けていた。実際にトラブルの解決を依頼したことはなかったが、2社の社長を務める男性は「これから暴力団が必要になると思った」と県警に説明したという。

 今年5月末に県警が立ち上げた「歓楽街特別暴力団対策隊」(特暴隊)の一斉調査で発覚。一連の調査では、三宮の飲食店のうち少なくとも約150店舗が昭和60年代以降、みかじめ料や用心棒代として2億円超を山健組側に支払っていたことが判明している。

  

神戸山口組傘下組長とカーリース契約した業者らに勧告

 大阪府府公安委員会は7日、暴力団組長が使用すると知りながらカーリース契約を結んで乗用車を貸したとして、府暴力団排除条例に基づき、府内の自動車販売修理業者の40代男性に暴力団への利益供与をやめるよう勧告した。

 また、6日には、車を借りた府内の指定暴力団・神戸山口組傘下の50代の組長にも、利益供与を受けないように勧告した。

 府警捜査4課によると、男性は平成27年12月ごろから今年8月ごろまで、カーリース契約上必要な名義変更や車庫証明などの手続きを行わないまま、毎月11万円で組長に国産高級車を貸与していたという。組長が組織の行事に出席する際にこの車を使用し発覚した。

  

双愛会系幹部の誕生会で音楽家が演奏 公安委が勧告

 神奈川県公安委員会は7日、暴力団の活動を助長する恐れがあると知りながら暴力団員の誕生会で演奏したとして、県暴排条例に基づき、横浜市の男性音楽家(60)に対し暴力団に利益供与しないよう勧告した。

 神奈川県警暴力団対策課によると、音楽家は8月下旬、同市内の飲食店で開かれた指定暴力団・双愛会系の男性幹部(70)の誕生会でギターを演奏した。「プロとして受けた仕事に穴はあけない」としながらも「分かりました」と話しているという。

 また、トラブルなどの際に暴力団の威力を利用するため、誕生会で祝い金として1万円を渡した同市の建設会社の男性経営者(59)と飲食店の男性経営者(58)に利益供与しないよう、幹部にも供与を受けないよう勧告した。

 誕生会には約35人が参加し、幹部は約33万円の利益を得たという。

  

暴力団に毛筆の幕を提供した書道家に勧告

 岐阜県公安委員会は7日までに、暴力団の儀式のために、組員の役職や氏名などを記した毛筆の幕30枚を依頼したとして、岐阜県内の暴力団組長と、それを請け負った愛知県の書道家を、岐阜県の暴力団排除条例違反で勧告した。

 公安委員会では、「暴力団に利益を与え、活動を助長した」としている。

  

学校近くに組事務所開設 山口組系「奥州会津角定一家」総長らを逮捕

 福島県警は、県の条例に違反し、学校の近くに暴力団事務所を開設するなどした疑いで山口組系総長らを逮捕した。

 逮捕されたのは、指定暴力団・山口組系「七代目奥州会津角定一家」総長、波入信一容疑者(69)=福島市丸子=と、同幹部、松浦健次(68)=福島市岡部=、同組員、大橋淳一(50)=伊達市保原町上保原=ら3人。

 波入容疑者ら3人は、5月下旬から10月中旬までの間に、福島市で学校の周囲200メートル以内の場所に暴力団事務所を開設して運営していた疑いが持たれている。

 捜査関係者によると去年、組の事務所で発砲事件があったため、波入容疑者らは今回の場所に事務所を移転させたとみられている。警察が、他にも共犯者がいると見て捜査している。

  

山口組系組員に用心棒依頼 飲食店経営を逮捕

 暴力団員に店のトラブルを解決する用心棒を依頼したとして県警組織犯罪対策2課などは2日、新潟市中央区古町通8番町、飲食店経営、風間美々容疑者(44)を、県暴力団排除条例違反(役務提供を受けることの禁止)容疑で逮捕した。暴力団への用心棒の役務提供を巡る逮捕は全国で2例目という。

 逮捕容疑は、昨年4月~今年6月ごろまでの間、風間容疑者の自宅に指定暴力団・山口組系組員10人を用心棒として交代制で待機させ、自身が経営する同区古町地区のキャバクラなどのグループ店7店舗でトラブルなどがあった際に派遣していたなどとしている。

 また、同課は同じ日、風間容疑者の用心棒をしたとされる、山口組朋友会傘下「四代目池田興業」組長、泉井浩治容疑者(54)=同区日の出3=ら計10人の同組員を同(役務提供の禁止)容疑で逮捕した。同課は全員の容疑者の認否を明らかにしていない。風間容疑者からの金の流れ、依頼の内容などを詳しく調べる。

  

福岡中洲 10年でみかじめ料約2900万円 福博会幹部に勧告 

 福岡県公安委員会は、みかじめ料名目で現金を受け取ったとして、指定暴力団・三代目福博会の幹部に対し、暴力団排除条例に基づく勧告をした。

 暴力団排除条例に基づく勧告を受けたのは、福博会の幹部(74)。

 警察によると、男性幹部は今年1月から5月にかけて、福岡市の中洲地区で風俗案内所やスナックなどを経営する会社から、みかじめ料の名目であわせて90万円を受け取っていた。

 福岡県警博多署が進めている「博多マル暴ゼロ作戦」の情報収集で、今年8月、みかじめ料のやり取りを把握したという。

 勧告を受けた福博会幹部は、2007年以降でおよそ2千900万円がみかじめ料名目として渡ったとみられ、「組織の活動資金や遊びに使った」と話しているという。

 現金を渡した会社も勧告を受け、警察は暴力団の資金源の遮断を進めている。

  

用心棒代受取 3人を起訴 「弘道会」会長ら7人処分保留で釈放

>>関連記事
 名古屋地方検察庁は、名古屋市に本部がある指定暴力団・六代目山口組弘道会竹内照明会長(57)ら、いずれも山口組系幹部10人が、去年12月からことし5月にかけて、名古屋市の飲食店などから用心棒代を受け取っていたとして逮捕された事件で、このうち3人を愛知県の暴力団排除条例違反の罪で起訴する一方、竹内会長ら7人は処分保留で釈放した。

 検察は処分保留の理由を明らかにしていない。逮捕時、竹内会長らは容疑を否認していた。

  

用心棒代徴収 「弘道会」会長ら7人再逮捕 新たに組長3人を逮捕

>>関連記事
 愛知県警は22日、「弘道会」会長らによる用心棒代徴収事件で、名古屋市内の風俗店からも現金を徴収したとして、7人を再逮捕、新たに弘道会若頭で「四代目山本組」組長、中野寿城容疑者(55)、同会本部長で「五代目河村一家」総長、間宮誠治容疑者(53)ら3人の弘道会傘下の組長を逮捕した。

 県暴力団排除条例違反容疑で逮捕されたのは、指定暴力団・山口組系「弘道会」会長の竹内照明容疑者(57)ら10人。竹内容疑者ら7人の逮捕は3回目で竹内容疑者は「私には関係ないこと」と否認、7人のうち2人は一部容疑を認めている。

 10人の逮捕容疑は、2016年12月から2017年5月、暴力団排除特別区域に指定する名古屋市中区錦3丁目や栄3丁目の飲食店や風俗店計4店の実質経営者ら4人から、5回にわたり計15万円を受け取った疑い。この4店から最長で8年間にわたり計約1千万円を徴収していたとみられる。

  

兵庫県公安委:暴力団組事務所リフォームの建設3社に勧告

 兵庫県公安委員会は6日、同県尼崎市内にある暴力団事務所のリフォーム工事を請け負った建設業者3社に対し、県暴力団排除条例に基づき、今後工事の請負契約を結ばないよう勧告した。3社は建物が暴力団事務所と認識していた。

 県警暴力団対策課によると、3社は平成27年3月ごろ、それぞれ内装や外装、解体工事を受注。同年秋ごろまで作業したという。

 また、3社のうち1社は工事の一部を無償で請け負っていたことも判明し、県公安委は同様の利益供与が今後ないよう勧告もした。

  

風俗店から用心棒代 「弘道会」会長ら再逮捕

>>関連記事
 飲食店経営者らから用心棒代を得たとして、愛知県暴力団排除条例違反容疑で指定暴力団・山口組系「弘道会」会長、竹内照明容疑者(57)ら幹部7人が逮捕された事件で、愛知県警は1日、別の風俗店からも現金を受け取ったとして、県暴力団排除条例違反の疑いで7人を再逮捕した。

 再逮捕容疑は昨年12月~今年5月、共謀して同条例が暴力団排除特別区域に指定する名古屋市中区錦3丁目などにある風俗店の実質経営者ら2人から、3回にわたり計21万円を受け取ったとしている。

 竹内容疑者は「事実は理解した」と認否を留保し、他の6人は留保または否認しているという。 

 県警によると、竹内容疑者らは、この2人から過去9年以上にわたり、計1300万円以上を受け取っていたとみられる。県警は、逮捕した7人のうち弘道会とは別の山口組2次団体に所属する幹部らが店から金を徴収し、弘道会に上納する仕組みだったとみて調べている。

  

洗車代などを優遇料金 神戸山口組系組員とGSに勧告

 安中市のガソリンスタンドの洗車代などを優遇料金で供与したとして、県警組織犯罪対策1課などは20日から25日にかけ、ガソリンスタンド運営会社と、いずれも同市の指定暴力団・神戸山口組系組幹部の男(51)、同組員の男(47)に対し、県暴力団排除条例に基づき利益供与をやめるよう勧告した。いずれも勧告に従うとしている。

 同課によると、同店は男らに「何かあったら守ってやる」と言われ、数年前から洗車代を割り引くなどしていた。割り引いた料金は6月だけで約7万3千円。同店が安中署に相談し、発覚した。

  

あいさつ料受け取り 新たに山口組直系「名神会」会長を逮捕

>>関連記事
 名古屋の繁華街「錦三」の飲食店経営者らから用心棒代を得たとして、愛知県暴力団排除条例違反容疑で指定暴力団・六代目山口組系「弘道会」会長、竹内照明容疑者(57)らが逮捕された事件で、県警は15日、同容疑で新たに山口組の二次団体「二代目名神会」会長、田堀寛容疑者(59)=名古屋市中区栄=を逮捕した。逮捕者は計7人となった。

 田堀容疑者は今月初旬、東南アジアへ出国しており、タイから帰国した15日、愛知県常滑市の中部空港で逮捕された。「関係ない」と否認しているという。

 県警によると、用心棒代は飲食店が月3万円などと相場が決まっていて、田堀容疑者が会長を務める「二代目名神会」が店から徴収し、山口組中核組織の弘道会に上納され資金源になっているとみて、解明を進める。 

  

「弘道会」会長らの逮捕受け 別の山口組2次団体会長に逮捕状

>>関連記事
 名古屋市内の飲食店からあいさつ料を受け取ったとして、愛知県暴力団排除条例違反の疑いで指定暴力団・山口組弘道会の会長、竹内照明容疑者(57)ら6人が逮捕された事件で、愛知県警が同条例違反容疑で弘道会とは別の山口組2次団体の会長(59)の逮捕状を取ったことが12日分かった。

 捜査関係者によると、2次団体は名古屋市内に拠点を置き、幹部2人が同条例違反容疑で逮捕されている。県警は、弘道会が2次団体のあいさつ料徴収を容認し一部を上納させていたとみており、2次団体会長の行方を追っている。

 県警は11日、昨年12月~今年4月、共謀して市内の風俗店の実質経営者らから、あいさつ料計58万円を受け取ったとして、竹内容疑者ら6人を逮捕していた。

  

暴力団組員隠して建築許可取得 神戸山口組系暴力団幹部を逮捕

 警視庁は、暴力団組員であることを隠して東京都から許可を得て建設会社を経営したとして神戸山口組系暴力団幹部の男ら4人を逮捕した。

 建設業法違反の疑いで逮捕されたのは、神戸山口組系幹部・関口兼昭容疑者(59)ら4人。

 4人は今年3月、関口容疑者が東京・練馬区の建設会社「ミカド建設」の実質的経営者であるにもかかわらず、暴力団組員であることを隠して、東京都から建築工事業の許可を得たなどの疑いが持たれている。

 警視庁は、関口容疑者らが一昨年からおよそ2年にわたり、少なくとも2億円以上を売り上げていたとみて捜査している。

  

「弘道会」会長ら数人を逮捕 飲食店側からみかじめ料

 愛知県警は11日、名古屋市内の飲食店からみかじめ料を受け取ったとして、指定暴力団・山口組弘道会会長の竹内照明容疑者(57)と、弘道会系「二代目谷誠会」会長、小川明広容疑者(52)=同市千種区丸山町3丁目=や、弘道会系の「四代目高山組」組長、石原道明容疑者(51)=同市南区要町2丁目=ら弘道会関係者計6人を愛知県暴力団排除条例違反の疑いで逮捕した。竹内容疑者は「知らない。納得できない」と容疑を否認している。

 捜査関係者によると、昨年12月~今年4月、共謀して同条例が暴力団排除特別区域に指定する名古屋市中区錦3丁目の風俗店の実質経営者ら2人から、3回にわたってあいさつ料として現金計58万円を受け取ったとしている。 同条例は県内3カ所を特別区域に指定し、暴力団が区域内の飲食店や風俗店などから、あいさつ料や用心棒代などを受け取ることを規制している。名古屋市内の特別区域には対象店舗が約5100店ある。

 弘道会は、山口組篠田建市(通称・司忍)組長の出身母体。みかじめ料は暴力団の活動資金源となっており、県警は、取り締まりを強化している。

  

三ノ宮駅近くの事務所 神戸山口組に建物提供で勧告へ 

 指定暴力団・神戸山口組が、本部に次ぐ拠点として会合など今春から使い始めた神戸市中央区のJR三ノ宮駅北側にあるビルを巡り、兵庫県公安委員会は8日、直系組長にビルの所有権を期限付きで譲渡した県内の60代男性に、契約を延長しないよう県暴力団排除条例に基づく勧告を出す。勧告に従わない場合、男性の名前を公表する。

 捜査関係者によると、事務所はJR三ノ宮駅の北約600メートルにあり4階建て。今年3月、所有権が男性から神戸山口組の直系組長(68)へ2019年3月を期限として移った。

 組幹部の会合などに使われており、兵庫県警は実態を調べた結果、5月に暴力団事務所と判断した。

 暴力団排除条例では組事務所などに使われると知りながら不動産を譲渡することが禁じられていて、兵庫県公安委員会は譲渡の期限が来る2年後に期限の延長をしないよう勧告する。

 男性は右翼団体の関係者で組幹部と以前から知り合いという。

  

 | HOME |  »


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事