FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

クリーニング会社社員恐喝 住吉会系組幹部ら3人逮捕

 クリーニングチェーン運営会社のクレーム処理担当の男性社員(38)から現金を脅し取ったなどとして、多摩署は恐喝容疑などで、東京都台東区千束、指定暴力団住吉会武蔵屋一家大橋組幹部で傘下組織「伸和会」会長、斉藤伸一郎容疑者(55)ら男3人を逮捕した。斉藤容疑者は容疑を認め、残りの2人は否認している。

 同署によると、斉藤容疑者らはこの会社が運営する店舗にコートを洗濯に出しており、受け取ったあとに「コートが破れている」などとしてクレームを入れていた。その後、男性を呼び出して犯行に及んだとみられる。逮捕容疑は、4月24日午後9時40分ごろ、川崎市多摩区の飲食店内で、男性社員から現金約2万5千円を脅し取ったなどとしている。

  

露天商仲間から300万円恐喝 7人を逮捕

 清荒神清澄寺(兵庫県宝塚市米谷)で露店の出店を続けるための費用名目で現金300万円を脅し取ったとして、県警暴力団対策課などは16日、恐喝の疑いで、京都市左京区高野東開町、自称食品販売業、川村進一容疑者(44)と、24~76歳の露天商の男6人を逮捕した。県警はいずれも認否を明らかにしていない。

 7人の逮捕容疑は昨年12月26日、同寺の駐車場で、露天商の男性(66)の頭を殴るなどの暴行を加えた上、「お前の店閉めるぞ。300万円持ってきたら続けさせたる」と脅し、翌27日に300万円を受け取ったとしている。

 県警によると、川村容疑者は男性に出店費用として約10万円の「心づけ」を要求した際、男性が分割払いを申し出たことに激高。仲間の露天商と恐喝を決意したという。県警は300万円が暴力団に渡った可能性もあるとみて調べている。

  

「場所代」恐喝 暴力団幹部ら2人を逮捕

 東京・台東区で、60歳の女性から、場所代を払えなどと現金を脅し取った疑いで、暴力団幹部の男ら2人が警視庁に逮捕された。

 逮捕されたのは指定暴力団・住吉会系幹部の杉沢利美容疑者(57)と、関東関根組幹部で渡辺一家総長代行、福田正紀容疑者(53)。2人は2016年10月、台東区の路上で、60歳の女性から現金34万円を脅し取った疑いが持たれている。容疑を否認している。

 2人は、台東区で売春の客引きをする女性から、暴力団の縄張りだといいがかりをつけ、8年前から毎月「場所代」と称して現金を脅し取っていたが、「エリアを越えて仕事をした。罰金を払え」などと因縁をつけ、さらに現金を脅し取ろうとしていた。

 警視庁は、2人が脅し取った額が数千万円にのぼるとみて調べている。

  

「彼女なんやで」と恐喝 神戸系の元組員と女子高校生逮捕

 東京・青梅市で、示談金の名目で20代の男性から現金50万円を脅し取ったとして、元暴力団組員の男2人と17歳の女子高校生が逮捕された。

 指定暴力団神戸山口組系元組員・川端佑輝容疑者(29)らは去年12月、17歳の女子高校生と性的な関係を持った男性(27)に対して「俺の知り合いの彼女なんやで。その彼女に対してお前がやってもうたん」などと脅し、現金50万円を脅し取った疑いが持たれている。

 警視庁によると、女子高校生は以前、男性が経営する飲食店でアルバイトをしていたという。川端容疑者らは、示談金として男性に月々25万円を10回にわたって支払うよう脅し、女子高校生の銀行口座に去年12月と今年1月に現金を振り込ませていた。取り調べに対し、川端容疑者らは「脅した覚えはない」などと容疑を否認している。

  

弘道会傘下「小松組」組長ら4人を不起訴処分

>>関連記事
 東京地検は1日付で、会社役員の男性から現金を脅し取ったなどとして、警視庁に逮捕されていた指定暴力団六代目山口組弘道会幹部ら4人を不起訴処分とした。

 不起訴処分になったのは山口組弘道会傘下「小松組」組長ら4人。

 4人は去年8月ごろ、東京・港区の組事務所などで、会社役員の男性に対し、「怒らせたら大変なことになるぞ」などと脅し、現金30万円と小切手250万円分を脅し取ったなどの疑いで逮捕されていた。

 東京地検は不起訴の理由について、「証拠関係を総合的に判断した」としている。

  

神戸山口組系組幹部らを500万円恐喝容疑で逮捕

 会社員の男性(33)から現金500万円を脅し取ったとして、警視庁本所署は1日、恐喝の疑いで指定暴力団神戸山口組宅見組幹部、吉田淳一容疑者(58)ら男3人を逮捕した。吉田容疑者は容疑について「一部事実と異なる」と供述している。

 本所署によると、男性は事件前、知人に対する借金返済の督促を3人に依頼。その後、吉田容疑者が実際に暴力団員かどうか他人に確認したことが同容疑者らに伝わり、因縁をつけられた。

 3人の逮捕容疑は、昨年12月~今年1月、男性に「勝手に人の看板使いやがって。どう落とし前つける」などと言い、2回にわたり現金計500万円を脅し取った疑い。

  

元妻に「伊勢エビ買え」山口組傘下組幹部を逮捕

 「伊勢エビを買え」などと言って元妻から金を脅し取ろうとしたとして、六代目山口組系の暴力団幹部の男が逮捕された。

 恐喝未遂の疑いで逮捕されたのは、六代目山口組傘下の3次団体の本部長 河内大容疑者(38)=三重県鈴鹿市=。警視庁によると、河内容疑者は去年11月から12月にかけ、都内に住む元妻から金を脅し取ろうとした疑いがもたれている。

 河内容疑者は元妻に電話で、「今年も年末のやつ買ってくれへんわな」と伊勢エビを買うよう求めたが、それを断られると、「金だけ貸してくれへんか」「組の上納金で金が必要だ。お前ヤクザなめとんな」「ぶっ殺すぞ」などと脅したという。

 警視庁によると河内容疑者は地元名産の伊勢エビを知人に高い値段で売り付けるなどしていたという。調べに対し容疑を認めているということで、警視庁は金を脅し取って上納金に充てるつもりだったとみて調べている。

  

「弘道会」東京責任者らを恐喝容疑で逮捕 警視庁

 警視庁は、指定暴力団山口組弘道会傘下の組長、小松数男こと椎名数男容疑者(62)=東京都港区麻布十番1丁目=ら4人を恐喝と恐喝未遂容疑で逮捕し、9日発表した。いずれも容疑を否認しているという。

 椎名容疑者は、山口組弘道会幹部で、東京都港区麻布十番に拠点を置く「小松組」組長。

 組織犯罪対策4課によると、4人の逮捕容疑は昨年8月~9月、会社役員の男性(当時73)を港区内の組事務所兼自宅に呼び出し、「弘道会だ。怒らせたら大変なことになるぞ」などと脅して現金30万円と額面250万円の小切手を返済名目で脅し取るなどしたとしている。

 警視庁は十数年前に弘道会が東京に進出した際、椎名容疑者が中心的な役割を果たし、弘道会の東京における実質的な責任者とみている。山口組篠田建市(通称・司忍)組長らが上京した際の調整役などを務めている。逮捕を通じて、山口組の都内での活動実態の解明を進める。

  

「大原組」若頭ら2人を逮捕 山口組直参組長ら逮捕まで9カ月も要した理由

>>関連記事
 車の通行をめぐるトラブルで4人を殴って負傷させたとして山口組直系組長ら3人が逮捕された傷害事件で、大阪府警捜査4課は26日、被害者に被害届の提出を断念させようとした強要の疑いで、指定暴力団山口組直系「大原組」若頭、金芳次(52)と、同組幹部の大井栄治(49)の両容疑者を逮捕したと発表した。ともに容疑を否認している。
 
 府警は暴力団の威光を背景にした悪質な犯行とみて、さらに捜査を進めている。

■事件のきっかけはクラクション

 傷害事件は昨年5月15日午前2時ごろ、大阪市生野区内で発生。スナックで酒を飲み、3台の車に分乗して移動しようとした山口組直系組長3人と、それぞれの運転手役だった暴力団組員3人の計6人が、同市内に住む40代男性が運転する車にクラクションを鳴らされ、激高したことがきっかけだった。

続きを読む »

「この世にいられないぞ」知人男性を脅す 稲川会系組長を逮捕

 千葉県市川市で、暴力団と縁を切ろうとした30代の男性を「逃げたらこの世にいられないぞ」と脅したとして組長の男が逮捕された。

 指定暴力団稲川会系傘下組長・今川栄次容疑者(58)は先月18日、組が関係する市川市の飲食店で、知人の30代の男性を「俺から逃げたらもうこの世にいられないぞ」などと脅した疑いが持たれている。

 警察によると、男性は十数年前に今川容疑者と知り合い、組事務所の手伝いなどをしていたが、結婚などをきっかけに男性が組との関係を断ち切ろうと飲食店に話にいったところ、今川容疑者ら数人に取り囲まれたという。

 取り調べに対し、今川容疑者は容疑を否認している。

  

神戸系組員の男3人逮捕…知人夫婦脅す/大阪

 大阪府警曽根崎署は1日、知人夫婦から現金を脅し取ろうとしたなどとして、恐喝未遂と強要の疑いで、指定暴力団神戸山口組系幹部、中村啓介容疑者(41)=兵庫県姫路市=ら組員3人を逮捕した。

 曽根崎署によると、知人夫婦は平成25年、車の売買を通じて中村容疑者と知り合い、今年3月から姫路市の組事務所の電話番や運転手をさせられていた。

 逮捕容疑は4月中旬、組事務所から逃げ出した知人夫婦を埼玉県内から連れ戻し、計1200万円分の借用書に署名させて現金を脅し取ろうとしたり、離婚届に署名させたりしたとしている。

 知人夫婦は4月下旬に再び逃げ出し、自ら府警に「助けてほしい」と通報した。

  

「宅見組」系組員ら5人逮捕 山口組傘下組員を脅迫

 指定暴力団山口組の傘下団体組員らを集団で脅迫したとして、大阪府警捜査4課と南署は14日、暴力行為処罰法違反容疑で、同神戸山口組直系「宅見組」系組員、藤谷隆浩容疑者(41)=京都市伏見区桃山与五郎町=ら男5人を逮捕した。いずれも容疑を否認している。

 逮捕容疑は、9月23日午前5時40分ごろ、大阪・ミナミの繁華街にある山口組傘下団体事務所前の路上で、山口組側の組員数人に対し、「こら出てこんかい」「いわすぞコラ」などと脅迫したとしている。

 府警によると、現場では両団体の組員同士で口論になったが、けが人はなかった。トラブルの原因を調べている。

  

松葉会関根組系組員 モデルガンで寸劇 代金引換商品を恐喝未遂

 寸劇を演じて金品を脅し取ろうとしたとして、警視庁荒川署は27日、恐喝未遂容疑で、いずれも指定暴力団松葉会関根組系組員の派遣社員、古玉雄介容疑者(32)=東京都荒川区町屋=と大場一利容疑者(35)=愛知県半田市雁宿町=を逮捕した。大場容疑者は容疑を認め、古玉容疑者は「大場がやった」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は6月13日午後1時20分ごろ、荒川区町屋の同組系事務所で、代金引換商品として高級腕時計1個(約85万円相当)を宅配させた際、配達員の男性2人に対し、大場容疑者がモデルガンを使って古玉容疑者を撃とうとする芝居を打ち、「こんな状況では帰れ」と時計を置いていくよう脅したとしている。 

 配達員2人がとっさに時計が入った箱とモデルガンを持ち帰り、同署に110番通報したことで事件が発覚した。

  

知人に暴行した疑い、神戸山口組系池田組傘下幹部ら逮捕

 東京・池袋駅近くのキャバクラ店で知人の男性から現金を脅し取ろうとして暴行し、けがをさせたとして、神戸山口組系暴力団の幹部らが警視庁に逮捕された。

 逮捕されたのは、神戸山口組池田組傘下「二代目孝昇会」幹部 の塚田修容疑者(43)と、自称・塗装業の戸高純平容疑者(29)ら3人。取り調べに対し塚田容疑者らは黙秘している。

 塚田容疑者らは今年5月、池袋駅近くのキャバクラ店で客の男性(40代)に対し、「金払え、こじきヤロー、さらうから表出ろ」などと言って、現金を脅し取ろうとしたうえ、背中や脇腹を殴り、けがをさせた疑いが持たれている。

 被害者の男性と容疑者の1人が、金銭トラブルを抱えていて、これまでもたびたび、男性に接触していたということで、警視庁は、塚田容疑者らが、男性から金を回収しようと犯行に及んだとみて調べを進めている。

  

みかじめ料恐喝容疑、工藤会系組長ら3人逮捕/福岡

 飲食店経営者からみかじめ料72万円を脅し取ったとして、福岡県警は27日、指定暴力団工藤会系「影浦組」組長の影浦壱治こと影浦一治容疑者(48)=北九州市小倉北区大田町=ら同じ組の3人を恐喝などの疑いで逮捕し、発表した。県警は3人の認否を明らかにしていない。

 他に逮捕されたのは、幹部の伊藤明雄(43)=北九州市八幡西区香月西3丁目=と、組員の田中渉(34)=小倉北区大田町=両容疑者。

 発表によると、3人は2015年4月、市内の飲食店経営者の男性に電話して「影浦組の者やけど、オヤジから聞いとるよね」「月3万ね」などとみかじめ料を要求。15年5月から今年7月ごろまで十数回にわたって計72万円を脅し取った疑いがある。影浦、伊藤両容疑者は3月と7月にも別の飲食店経営者からみかじめ料などを脅し取った疑いで逮捕、起訴されている。

  

山口組と神戸山口組幹部ら6人逮捕 男性脅迫容疑

 宮城県警暴力団対策課などは26日までに、暴力行為法違反の疑いで、宮城県名取市那智が丘4丁目、指定暴力団山口組弘道会傘下「東海興業」若頭の川崎三将こと川崎光正容疑者(46)ら男6人を逮捕した。

 ほかの逮捕者は神戸市、指定暴力団神戸山口組山健組傘下「邦将會」組長の山名克栄(51)、名取市愛島笠島、会社役員川村真吾(47)、仙台市宮城野区田子3丁目、会社社長鈴木善晴(35)、太白区山田本町、無職大町勝則(52)、塩釜市清水沢2丁目、会社役員全幸司(54)の5容疑者。

 6人の逮捕容疑は、4月26日午後3時ごろ、鈴木容疑者が経営する多賀城市の土建会社事務所で、太白区の建築業の男性(34)に対し、約10人で「山口組だぞ。顔面ぐちゃぐちゃにしてやろうか」などと脅した疑い。県警は認否を明らかにしていない。

 暴力団対策課は男性の引き抜きに関わるトラブルが原因とみており、対立する山口組神戸山口組の系列組員が居合わせた背景などを調べている。

  

「ショバ代」総額“1億円” 建設会社恐喝か 組員逮捕

 東京・新宿区で日雇い労働者を勧誘する建設会社から1億円近くを脅し取っていたとみられる暴力団組員が、警視庁に逮捕された。

 逮捕されたのは、指定暴力団「極東会」系組員・佐藤善太容疑者(47)で、先月、新宿区の公園脇の路上で日雇い労働者を勧誘する建設会社の役員の男性(69)に対し、「ここで人集めをするなら金を払え。ショバ代だ」などと言って現金8万円を脅し取った疑いが持たれている。

 佐藤容疑者は「労働者を紹介した報酬として金を受け取っただけだ」と容疑を否認している。

 警視庁は佐藤容疑者がおよそ10年間で20社以上の建設会社から総額1億円近くを脅し取っていたとみて裏付けを進めている。

 

山口組系「杉組」組長ら逮捕 息子の交際相手を脅した疑い

 息子の交際相手を脅したとして、愛知県警は17日、名古屋市中村区大秋町、指定暴力団山口組系「二代目杉組」組長の北島虎こと北嶌延幸(68)、同所、無職渡来弘(48)両容疑者を暴力行為等処罰法違反の疑いで逮捕した。

 北嶌容疑者は「直参」と呼ばれる山口組2次団体組長の一人。

 発表によると、両容疑者は9月8日夜、自宅兼組事務所で、北嶌容疑者の息子が交際していた30歳代の女性に「ヤクザやぞ。殺すこともできるんぞ。お前の態度は何なんだ」などと脅した疑い。いずれも容疑を否認しているという。

 

知人女性にウソの証言を迫った工藤会系組長を逮捕 福岡県警

 福岡県警は7日、覚醒剤事件の捜査に関し、うその証言をするよう知人女性に迫ったとして、証人威迫の疑いで、特定危険指定暴力団工藤会(北九州市)系川谷組組長、川谷隆雄容疑者(60)=同県行橋市南泉=を再逮捕した。容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は、6月18日午前9時ごろ、自宅から覚醒剤や計量器が押収された知人女性に「計量器のことやけど、10年以上前からあったことにしてくれ」と電話したとしている。

 県警によると、6月7日、女性宅から覚醒剤や計量器を押収。川谷容疑者は、それらを保管していた覚せい剤取締法違反(営利目的所持)の疑いで9月17日に逮捕された。

 

脅迫容疑で住吉会系組員逮捕/群馬

 伊勢崎署は29日、脅迫の疑いで、太田市大原町、指定暴力団住吉会系組員の樋口直将容疑者(25)を逮捕した。調べに対し容疑を認めている。

 逮捕容疑は、桐生市の会社役員男性(27)に対し、経営する店のみかじめ料を要求したが拒否されたため腹を立て、8日午前から午後にかけて4回にわたり、スマートフォンのアプリで「すぐにでも伊勢崎から出てもらいたい」などとメッセージを送り脅迫したとしている。

 24日、男性が同署へ相談し発覚した。

  

 | HOME |  »


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

アクセスランキング


アクセスランキング
rank.japandeep.com

ランキング参加は貴HPに
http://yakuzanews.blog36.fc2.com/
をリンクさせるだけ