FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

組事務所の当番強要で山口組傘下組長ら逮捕

 暴力団の組事務所で「当番」をさせたとして、大阪府警高槻署などは5日、強要容疑で、同府豊中市服部寿町、指定暴力団・山口組系「四代目吉川組」幹部で「五代目九紋龍組」組長、森龍明こと森敏明容疑者(58)ら3人を逮捕した。

 逮捕容疑は共謀し平成28年9月24~26日、元組員(36)の知人の40代の男性に対し「これから組の当番に行くから、行儀よくしろ」「親父に恥をかかせるなよ」などと脅し、傘下組織の事務所で当番をさせたとしている。男性が元組員との別のトラブルを警察に相談したことで発覚した。


 同署によると、組事務所の当番は主に役職に就いていない組関係者の仕事で、電話番や防犯カメラのモニターチェックなどをさせられるという。

  

みかじめ料恐喝 「山健組」傘下「健竜会」幹部ら4人逮捕

 神戸・三宮の飲食店からみかじめ料を脅し取ったとして、兵庫県警暴力団対策課などは3日、恐喝容疑で、指定暴力団・神戸山口組直山健組傘下、健竜会幹部で小林会会長、小林信一容疑者(51)=和歌山県岩出市吉田=ら4人を逮捕し、関連する神戸市内の山健組傘下「五代目健竜会」、「與組」、「二代目健國会」、の組事務所3カ所を一斉捜索した。

 ほかに逮捕されたのは、いずれも山健組傘下組織幹部、長家正之(49)=神戸市兵庫区新開地、石田尚之(55)=同市中央区吾妻通、水谷和司(54)=同区日暮通=の3容疑者。

続きを読む »

入れ墨見せ因縁 現金を脅し取る 住吉会系幹部逮捕

 警視庁原宿警察署は、バッグの修理を巡って現金を脅し取ったとして、住吉会系幹部の男を逮捕した。

永山俊介容疑者
永山俊介容疑者

 逮捕されたのは、指定暴力団・住吉会系幹部、永山俊介容疑者(35)。

 永山容疑者は今年7月、渋谷区神宮前にある高級ブランド店の店長の男性(36)から、現金28万円を脅し取った疑いが持たれている。

 警視庁によると、永山容疑者5月に男性の店にクラッチバッグを修理に出していたが、納品が遅れたことに対して因縁を付け、その際、入れ墨を見せるなどして脅していた。永山容疑者は「金はもらったが、脅かすようなことはしていない」などと容疑を否認している。

  

「松浦組」元組長ら3人逮捕 仁科亜季子さんに因縁つけ脅迫

 警視庁町田署は女優の仁科亜季子さんから現金を脅し取ろうとした恐喝未遂の疑いで、元暴力団組長ら3人を逮捕した。3人は、仁科さんの元夫で亡くなった松方弘樹さんに渡した金が返済されないと因縁をつけていたという。

 恐喝未遂の疑いで逮捕されたのは、兵庫県神戸市の暴力団「松浦組」の元組長で、右翼団体「大日本新政會」総裁、笠岡和雄容疑者(73)や、職業不詳・小嵐太樹容疑者(30)ら男3人。捜査関係者によると、3人は共謀して、2015年5月、女優の仁科亜季子さんの自宅で3時間以上、玄関ドアをたたき続け、「おい、こら、出てこいや」などと脅迫し、現金4600万円を脅し取ろうとした疑いがもたれている。また、5年前ほど前から、仁科さんの自宅に脅迫文を複数回、郵送した疑いも持たれている。

 3人は今年1月に亡くなった仁科さんの元夫で俳優の松方弘樹さんに渡した金が返済されないなどと因縁をつけ、脅迫していたということで、警視庁が経緯を調べている。

  

山口組系幹部ら4人逮捕 男性から70万円脅し取る

 指定暴力団・山口組系の暴力団幹部ら4人が、男性に因縁をつけ現金70万円を脅し取ったとして逮捕・送検された。

 恐喝の疑いで逮捕・送検されたのは、六代目山口組傘下組織幹部・、加藤康成容疑者(34)ら4人。

 警察によると4人は4月、風俗店を経営する名古屋市の男性(42)に「逃げ出した元組員をかくまった」と因縁をつけ、現金70万円を脅し取った疑いがもたれている。加藤容疑者は「今は何も話せません」と認否を留保し、他の3人は否認している。

  

山口組系弘道会傘下組員を逮捕、年下組員脅した疑い

 警視庁はが同じ暴力団組員を脅したとして、長野県の指定暴力団・六代目山口組系の傘下組員を逮捕した。

 逮捕されたのは山口組の四次団体で弘道会導友会傘下「東組」組員・荻原瞬容疑者(35)。

 荻原容疑者は今年2月、当時、組員だった男性(33)に対し、知人の受刑者に差し入れをするよう指示したものの、男性が実際には差し入れをしていなかったことから、「ふざけたことをやっていると殺すぞ」などと脅した疑いが持たれている。

 警視庁によると、男性は以前から組を脱退したいと荻原容疑者に伝えるたびに罵声をあびせられるなど妨害され、その後、暴力団を脱退する際に、別の組員3人にも指示し男性を脅迫させていた。身の危険を感じた男性は長野県から車で逃げ、車中生活を送っていたところ、職務質問を受け、事件が発覚した。

 荻原容疑者は「電話で怒鳴り散らしたことは間違いありません」と容疑を認めている。

  

脱退阻止で組員脅迫 神戸系「中野組」組長逮捕

 組員の脱退を阻止しようと脅迫したとして、和歌山県警組織犯罪対策課は12日、強要容疑で、指定暴力団神戸山口組系「二代目中野組」組長、小嶋恵一容疑者(68)=堺市西区=を逮捕した。

 逮捕容疑は1月3日、堺市内の飲食店で脱退を申し出た20代組員=和歌山県=に対し、「かわいさが憎しみに変わるやないか。ほんまやったら今日どついたろうかと思ったんや」と脅迫し、脱退を阻止したとしている。県警によると「そんなことを言った覚えはない」と容疑を否認している。

 組員が4月ごろに県警田辺署に被害届を出した。

  

タクシー料金の一部支払わず 弘道会傘下幹部ら2人逮捕

 タクシーの運転手を脅し約2000円の運賃を1000円にまけさせたとして、指定暴力団・六代目山口組系の幹部の男ら2人が逮捕された。

 恐喝の疑いで逮捕されたのは、六代目山口組弘道会傘下「小松組」幹部、伊藤雅隆容疑者(52)と、同組員、森脇晋作容疑者(44)。

 警視庁によると2人は今年5月、東京・港区の路上でタクシーの運転手の男性に因縁をつけて脅迫し、運賃をまけさせた疑いがもたれている。

 2人は中目黒駅周辺からタクシーに乗り、目的地に着くと「遠回りしたやろ、お前どうなっても知らんぞ、1000円にしろや」などと脅迫して、運賃2080円を1000円にさせたという。調べに対し伊藤容疑者は「逮捕状にある事実とは違う認識を持っている」と容疑を否認しているという。

  

福岡金塊盗難 実行犯から500万円恐喝 「弘道会」傘下幹部逮捕

>>関連記事
 去年7月に福岡市で7億6000万円相当の金塊が盗まれた事件で、事件への関与を漏らした犯行グループの男から500万円を脅し取ったとして、山口組系組員の男が逮捕されていた。

 恐喝の疑いで逮捕されたのは、山口組弘道会傘下、「十代目稲葉地一家」幹部・林雅志容疑者(33)。

 捜査関係者によると、林容疑者は金塊窃盗事件の犯行グループの1人として逮捕・起訴された中垣龍一郎被告(40)から現金500万円を脅し取った疑いがもたれている。中垣被告が事件後、周囲に事件への関与を漏らしているのを知り、口止め料として現金を要求したとみられている。

 また警察は、金塊窃盗事件の主犯格とされる野口和樹被告(42)も恐喝に加わっていたとして、28日にも身柄を福岡から名古屋へ移し、再逮捕する方針。

  

「ハム入ってない」と言い掛かり 山口組傘下幹部逮捕

 愛知県警春日井署は23日、脅迫の疑いで、同県春日井市篠木町5、指定暴力団山口組傘下組織幹部、神谷誠容疑者(48)を逮捕した。

 逮捕容疑では、今月4日午前6時すぎ、春日井市内の24時間営業の飲食店で、注文した食事のおかずにメインのハムが入っていないと言い掛かりをつけ、対応したアルバイト女性(48)の前でカウンターテーブルをたたき、「絶対に許さん。とことんおまえ、いってやる」などと怒鳴り、脅迫したとされる。

 署によると、女性はこの時間帯の店の責任者で、食事を出した別の店員とともに対応した。19日にこの飲食店が署に被害届を出した。神谷容疑者は「黙秘します」と認否を明らかにしていないという。

  

住吉会系組長ら3人逮捕 芸能イベント出資迫り恐喝

 警視庁組織犯罪対策特別捜査隊は、韓国の人気アイドルが出演するイベントへの出資を名目に現金1,250万円を脅し取ったとして、暴力団関係者ら3人を恐喝の疑いで逮捕した。

 逮捕されたのは指定暴力団住吉会の二次団体「川越平塚一家」の総長、時田康雄こと安済康雄容疑者(50)と組員ら3人。

 安済容疑者らは、平成27年11月から昨年2月にかけて、都内に住む当時20代の会社員男性から現金1,250万円を脅し取ったとしている。

 安済容疑者らは、男性に韓国の人気アイドルが出演するイベントを企画したなどと説明。イベントへの出資金などの名目で、複数回にわたって現金の支払いを要求していたという。

 川越平塚一家の総長、安済容疑者は上部団体の住吉会でも幹部を務めている。

  

弘道会傘下組長を玩具銃で脅迫 山健組傘下組長ら逮捕

 名古屋市港区で昨年12月に銃声のような音が聞こえたとの通報が相次いだ事件で、愛知県警港署捜査本部は19日、遊戯銃で指定暴力団山口組系の組長を脅したとして指定暴力団神戸山口組系の組長ら2人を脅迫容疑で逮捕した。

 逮捕されたのは、山健組健竜会傘下「一誠会」組長、吉田耀一容疑者(49)=あま市本郷取替=と組員、吉山政男容疑者(52)=住所不定。2人とも「間違いありません」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は共謀して昨年12月6日午後9時20分ごろ、名古屋市港区錦町の雑居ビル周辺の路上で、飲食店から出てきた山口組弘道会傘下「二代目野口興業」の中西新吾組長(46)ら男女5~6人とトラブルになり、中西組長に遊戯銃を突きつけ、発砲音を出して脅したとしている。中西組長は無傷だった。

 捜査本部によると、運動会などのスターターピストルが使われたとみられる。捜査本部は吉田容疑者が指示、吉山容疑者が実行したとみている。

 現場から銃弾や弾痕は見つからなかったものの、県警捜査4課などは銃器による殺人未遂容疑事件として、港署に捜査本部を設置し調べを進めていた。

  

福岡金塊窃盗、暴力団から恐喝 被告ら500万円脅し取られる

 福岡市博多区で昨年7月、約7億5千万円相当の金塊(160キロ)が警察官を装った男らに盗まれた事件で、容疑者や被告の一部が、事件への関与を知った暴力団関係者から500万円を脅し取られたという趣旨のことを話していることが14日、捜査関係者らへの取材で分かった。捜査当局は経緯を詳しく調べている。

 5月22日以降、主犯格とされる野口和樹被告(42)や沓掛祐介被告(38)、情報提供者との仲介役とされる中垣龍一郎容疑者(40)ら10人が窃盗容疑などで逮捕された。逮捕前に一部が事件を周囲に漏らし、情報を聞きつけた暴力団関係者から現金を脅し取られたという。

  

山口組系「國粹会」傘下組長ら8人逮捕 銀座でみかじめ料徴収

 警視庁組織犯罪対策4課は13日、東京・銀座の飲食店関係者からみかじめ料名目で現金を脅し取ったとして、指定暴力団山口組国粋会傘下「十四代目生井一家」総長、梅木寿史容疑者(54)ら8人を恐喝容疑で逮捕した。

 組織犯罪対策4課によると、梅木容疑者が所属する国粋会は銀座の繁華街を「縄張り」とし、構成員らが銀座の店を回って強制的にみかじめ料を集めていたとみられる。今年4月、数十店舗が同庁に被害相談をしていた。

 捜査関係者によると、銀座のみかじめ料の相場は月約5万円といい、少なくともほかに数十店舗が8人が所属する組などにみかじめ料を支払っていたとみられる。
 以前は引き換えに、この暴力団と関係がある右翼団体名義の領収証を受け取った。店でのトラブルを防ぐため組員が定期的に巡回に来て、店に飾る花のリースも酒の仕入れも、指定された店を使ったという。

続きを読む »

「弘道会」傘下組長を恐喝容疑で逮捕・送検

 指定暴力団・六代目山口組弘道会傘下「秀興業」組長、中澤秀也容疑者(47)が、元交際相手を殴るなどして現金を脅し取ったとして恐喝の疑いで逮捕され、7日、送検された。これを受けて愛知県警は7日、名古屋市中村区にある弘道会本部を家宅捜索した。

 警察の調べによると、中澤容疑者は先月21日、元交際相手の女性に「このまま引っ越しをして逃げ切れると思っているのか。150万円だ。手切れ金だ」などと言って女性の頭を殴るなどし、現金150万円を脅し取った疑い。

 中澤容疑者は調べに対し「黙秘します」と認否を留保している。警察は、脅し取った現金が暴力団の資金源になった可能性もあるとみて捜査を進めている。

  

旭琉會系「功揚一家」総長ら 大麻栽培グループを恐喝

 沖縄県警宜野湾署は31日、大麻を営利目的で栽培していたグループを恐喝し金を脅し取ったとして指定暴力団・旭琉會の幹部ら5人を逮捕した。

 恐喝と逮捕監禁の疑いで逮捕されたのは指定暴力団・旭琉會系「二代目功揚一家」の総長、狩俣重三(55)容疑者と組員の男ら5人。

 警察によると狩俣容疑者らは2016年9月16日、、浦添市のコンテナで大麻を栽培、販売していたグループを浦添市内から移動する車内と那覇市松山の飲食店内で監禁し「痛い目にあいたいか」などと暴行を加えて脅迫、同18日午後10時ごろ、被害者から相談を受けた、栽培資金を出していた神奈川県の会社経営者(36)から「大麻で相当稼いだだろ」などと脅し、現金約100万円をみかじめ料として恐喝容疑でも逮捕している。

続きを読む »

風俗店経営者を脅迫 神戸山口組離脱組幹部ら3人逮捕

 風俗店経営者の男性を脅迫したとして、大阪府警捜査4課は31日、暴力行為等処罰法違反容疑で、元神戸山口組山健組傘下「邦道連合」の会長、大島毅士こと東野毅容疑者(48)=住所不詳=、若頭の阪東浩こと川筋浩容疑者(50)=大阪市中央区島之内=ら3人を逮捕した。同課は認否を明らかにしていない。

 邦道連合は指定暴力団神戸山口組山健組傘下だったが現在は、離脱して結成された「任侠団体山口組」の一員とみられる。

 逮捕容疑は2015年10月と16年2月、風俗店経営者の40代男性を「申し出を断ったら命を取る」などと脅迫した疑い。

 同課によると、一緒に逮捕された風俗店経営の男(39)が被害男性とのトラブル仲裁を依頼したとみられ、同容疑者らは大阪市内のホテルに男性を呼び出すなどしていた。

  

山口組系組員 強要容疑で逮捕 事務所を家宅捜索

 大分市の飲食店で女性店員の接客態度に腹を立て、辞職するよう強要したとして暴力団組員の男が逮捕された。

 強要の疑いで逮捕されたのは指定暴力団六代目山口組系組幹部・清水利幸容疑者と飲食店従業員の伊藤愛里容疑者。

 清水容疑者と伊藤容疑者は今年3月、大分市内の飲食店で店を閉めようと声を掛けにきた女性従業員に腹を立て、この店の店長と女性に対し、「仕事をやめろ」など言い、辞職を迫った疑いが持たれている。

 警察は29日、清水容疑者が所属する暴力団事務所を家宅捜索し容疑の裏付けを進めている。

  

留置場で組員「俺のところに来い」 強要未遂容疑で逮捕

 警察署の留置場で、同房の男性を暴力団に加入させようとしたとして、兵庫県警神戸西署は25日、強要未遂の疑いで、神戸市西区の暴力団組員の男(43)を逮捕した。男は、指定暴力団神戸山口組から離脱した新組織「任侠団体山口組」の組員とみられ、同署によると「身に覚えがない」と否認しているという。

 逮捕容疑は今年2~3月、同署の留置場で、同房だった20代男性に暴力団の幹部と名乗った上で、「俺のところに来い」と組織に加入するよう伝え、応じない場合は「とことんいったるからな」などと脅した疑い。

 同署によると、組員は当時、神戸山口組傘下の山健組系組員だったという。

  

クリーニング会社社員恐喝 住吉会系組幹部ら3人逮捕

 クリーニングチェーン運営会社のクレーム処理担当の男性社員(38)から現金を脅し取ったなどとして、多摩署は恐喝容疑などで、東京都台東区千束、指定暴力団住吉会武蔵屋一家大橋組幹部で傘下組織「伸和会」会長、斉藤伸一郎容疑者(55)ら男3人を逮捕した。斉藤容疑者は容疑を認め、残りの2人は否認している。

 同署によると、斉藤容疑者らはこの会社が運営する店舗にコートを洗濯に出しており、受け取ったあとに「コートが破れている」などとしてクレームを入れていた。その後、男性を呼び出して犯行に及んだとみられる。逮捕容疑は、4月24日午後9時40分ごろ、川崎市多摩区の飲食店内で、男性社員から現金約2万5千円を脅し取ったなどとしている。

  

 | HOME |  »


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事