FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団・任侠・極道・反社組織関連の事件・ニュース速報

営利目的で大麻草を栽培 山口組系弘道会傘下幹部を逮捕

 愛知県警中署などは31日、名古屋市の自宅で営利目的で大麻草を栽培したとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系三代目弘道会傘下幹部・東虔こと鄭圭七容疑者(57)=韓国籍・名古屋市緑区=を大麻取締法違反(営利目的栽培)の疑いで現行犯逮捕した。調べに対し東容疑者は黙秘している。

約300株の大麻草を営利目的で栽培 弘道会傘下幹部・東虔容疑者を逮捕1
押収された大麻草や機器
約300株の大麻草を営利目的で栽培 弘道会傘下幹部・東虔容疑者を逮捕

 東容疑者は、31日午後1時35分ごろ、マンションの一室で、販売目的で大麻草1株を栽培した疑い。東容疑者のマンションは間取りが4LDK。リビングなどで大規模な水耕栽培をしていたとみられ、マンションからは大麻草およそ300株のほか、照明や二酸化炭素ボンベなども押収、東容疑者が大麻草を栽培して販売し、その売り上げが弘道会の資金源となっていたとみて調べている。

右翼の街宣車で脅迫行為 稲川会系森田一家幹部を逮捕

 静岡県警御殿場署は、今年1月下旬に静岡県内の建設会社周辺を右翼団体の街宣車で走行し脅迫したとして、指定暴力団・稲川会系「四代目森田一家」幹部で、「本組」組長・本健一容疑者(56)=静岡県御殿場市=を脅迫と暴力行為等処罰法違反の疑いで逮捕した。県警は本容疑者の認否を明らかにしていない。

右翼団体「國憂塾」の街宣車 脅迫容疑で稲川会系森田一家幹部を逮捕
「國憂塾」の街宣車
右翼団体「國憂塾」の街宣車 脅迫容疑で稲川会系森田一家幹部を逮捕2

 本容疑者は1月下旬、静岡県の建設会社が行った工事で、搬入した土砂の量に因縁をつけて男性の建設会社周辺を、本容疑者が実質的な代表を務めている右翼団体「國憂塾」の街宣車で走行し、拡声器を通して大音量で「毎日来るぞ、コノヤロー」などと脅迫した疑いがもたれている。

「標章」掲げた飲食店経営者の刺傷事件 工藤会側に約6155万円の賠償命令

>>関連記事
 福岡地裁は31日、2012年9月に北九州市でスナック経営の女性(当時35)が、特定危険指定暴力団工藤会系組員に刃物で襲われ重傷を負った事件で、被害女性が工藤会トップ・野村悟被告ら3人を相手取り約7973万円の損害賠償を求めた裁判で、野村被告ら3人の賠償責任を認め6155万595円の支払いを命じた。

2012年9月事件当時2
2012年9月 事件当時
2012年9月事件当時

 被害者の女性は2012年9月当時、北九州市小倉北区で暴力団排除の「標章」を掲げたスナックを経営していて、帰宅途中にマンション前でタクシーから降りた直後、工藤会傘下組員らに刃物で切りつけられ重傷を負った。助けに入ったタクシーの男性運転手も首や手を切られ大ケガをした。

 この事件では、実行役とされる組員ら8人が組織犯罪処罰法違反(組織的殺人未遂)で起訴され、一部は有罪が確定しているが、野村被告は起訴されておらず、事件への関与を否定して請求棄却を求めていた。

 福岡地裁の立川毅裁判長(上田洋幸裁判長代読)は、暴力団対策法に基づく代表者としての責任を負うなどとして野村被告らの賠償責任を認定、総裁・野村被告と会長・田上不美夫被告、事件の指示役として菊地敬吾被告の3人に対し、連帯して6155万595円を支払うよう命じた。

FBで「財産贈与」持ち掛け詐取金引き出し 住吉会・山口組傘下組員を逮捕

 警視庁組織犯罪対策4課は1月24日までに、英国在住の日本人女性を装い、フェイスブックで財産贈与を持ち掛ける虚偽のメッセージを送り、諸経費としてだまし取った現金を引き出したなどとして、指定暴力団・住吉会傘下組員・穴吹啓造容疑者(49)=東京都渋谷区本町=と、いずれも特定抗争指定暴力団・六代目山口組傘下幹部・升本圭介容疑者(59)=神奈川県座間市入谷西=、川島弘義容疑者(39)=住所不詳=ら3人を、窃盗と組織犯罪処罰法違反(犯罪収益隠匿)の疑いで逮捕した。異なる暴力団組織の組員が、一緒に活動をしていたとみられている。

 穴吹容疑者ら3人は2021年4月、フェイスブックで英国在住の日本人女性(65)を装い、東京都八王子市在住の男性(66)に「私の余命はあと2カ月」などとメッセージを送信。「主人と死別し、630万ドルの財産を親戚に狙われている。6割は寄付し4割はあなたに使ってほしい。送金にはトルコに口座が必要」と送信し信じ込ませていた。口座開設費として送金させた33万8000円を引き出したとしている。

 国際的なメッセージを送り付け、遺産相続や宝くじ当せんを装ったり、LINEやツイッターを通じて国際結婚を持ち掛け「高額資金を譲渡する」とした事例もあり、外務省や国民生活センターが注意喚起している。

新型コロナ「総合支援資金」詐取 極東会傘下幹部を逮捕

 警視庁は、新型コロナの影響で収入が減った世帯向けの「総合支援資金」を詐取したなどとして、指定暴力団・極東会傘下幹部・朝日伸一容疑者(60)=東京都港区麻布台2丁目=を詐欺容疑で逮捕した。朝日容疑者は「申請内容は正当だった」と容疑を否認している。

 朝日容疑者は2021年5~7月、暴力団員であることを隠したうえで、解体業の収入が新型コロナの影響で激減したとする虚偽の書類を東京都社会福祉協議会に提出し、総合支援資金計45万円をだまし取った疑いが持たれている。総合支援資金は保証人が不要で、無利子で貸し付けを受けられるが、暴力団員の申請は認められていない。

 警視庁は、朝日容疑者が福島県からも同様の支援金65万円を詐取した疑いもあるとみて捜査している。

米国から覚醒剤7.2キロ密輸事件 新たに指示役の山口組関係者を逮捕

>>関連記事
 警視庁は28日、アメリカから覚醒剤およそ7.2キロ、末端価格およそ4億1800万円相当を密輸したとして、準暴力団チャイニーズドラゴンのメンバーら2人が逮捕された事件で、新たに指示役とみられる特定抗争指定暴力団・六代目山口組の関係者、古林利貴容疑者(41)を麻薬特例法違反容疑で逮捕した。調べに対し古林容疑者は容疑を否認している。

米国から覚醒剤密輸事件の指示役 山口組関係者 古林利貴容疑者を逮捕
古林利貴容疑者(41)
アメリカから航空貨物で覚醒剤を密輸「チャイニーズドラゴン」メンバー2人逮捕

 古林容疑者は、去年11月、仲間と共謀しアメリカから航空貨物で届いたテーブルの天板に覚醒剤が隠されていると知りながら受け取った疑いがもたれている。この事件では、受け取り役のチャイニーズドラゴンのメンバー・末永芳男容疑者(47)=東京都江戸川区中葛西=と、無職・アハマディアン・ナセル容疑者(38)=東京都足立区新田・イラン国籍=ら2人が密輸したとして、覚醒剤取締法違反(営利目的輸入)の疑いですでに逮捕されており、押収した携帯電話の解析などから古林容疑者が指示役として関与していた疑いが浮上した。

自動車窃盗・盗品保管 絆會系組員ら5人を逮捕

 三重県警鈴鹿署は27日、鈴鹿市で乗用車1台を盗んだとして指定暴力団・絆會系組員・上間政也容疑者(39)=鈴鹿市十宮4丁目=と、無職・轟木正和容疑者(41)=愛知県名古屋市南区堤町2丁目=の2人を窃盗(自動車盗)の疑いで逮捕し、盗難車両と知りながら倉庫に保管したとして無職・カゼム・アリ・モハマド・アリ容疑者(43)=アフガニスタン国籍・愛知県あま市七宝町=、自称アルバイト・ファン・ヴァン・タオ容疑者(33)=ベトナム国籍・あま市七宝町=、自称解体作業員・グエン・ヴァン・トゥアン容疑者(32)=ベトナム国籍・あま市七宝町=の3人を盗品等保管の疑いで逮捕した。いずれも認否を明らかにしていない。

三重県警鈴鹿警察署
三重県警鈴鹿警察署

 上間容疑者ら2人は共謀して、2021年9月9日午後10時ごろから10日午前3時10分ごろまでの間に、鈴鹿市高岡町のアパート駐車場でアパートの男性住人(27)所有の乗用車1台(550万円相当)を盗み、カゼム容疑者ら3人は共謀して同日午後0時ごろから13日午後8時くらいまでの間、同車両が盗難車と知りながら四日市市海山道町の倉庫に保管した疑い。男性住人の通報で発覚した。

 鈴鹿市内では自動車盗の被害が多発していて、県警が捜査を進める中で各容疑者が浮上した。

覚醒剤所持 密売人の弘道会傘下「野内組」組員を現行犯逮捕

 愛知県警は27日、岐阜市内の駐車場で覚醒剤を所持していたとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系三代目弘道会傘下野内組組員・林雄司容疑者(49)=岐阜市領下=を覚醒剤所持の現行犯で逮捕した。調べに対し林容疑者は黙秘している。

覚醒剤所持 密売人の弘道会傘下幹部・林雄司容疑者(49)を現行犯逮捕
林雄司容疑者(49)

 林容疑者は27日午前10時45分ごろ、岐阜市内の駐車場で、覚醒剤およそ0.4グラム(末端価格2万4000円相当)を所持していた疑いがもたれている。県警によると、別の覚醒剤事件の捜査から林容疑者の存在が浮上、林容疑者が覚醒剤などの密売人とみて捜査していて、所持品や車の中から覚醒剤のほか、使用済みの注射器なども発見された。

東京・埼玉などで組織的に覚醒剤を密売 住吉会系幹部を逮捕

 埼玉県警は、2021年に覚醒剤を顧客3人に譲り渡したとして、指定暴力団・住吉会系幹部・鈴木正訓容疑者を覚醒剤取締法違反の容疑で逮捕し、関係先として今月20日に「六代目中里一家」の本部事務所の家宅捜索を行った。

中里一家の本部事務所の家宅捜索
中里一家を家宅捜索
中里一家の本部事務所の家宅捜索

 鈴木容疑者は、すでに逮捕・起訴されている埼玉県内の住吉会系二次団体幹部2人らとともに、埼玉県内や都内で組織的に覚醒剤を密売していたとみられていて、県警は鈴木容疑者らの関係先から覚醒剤およそ237グラム(末端価格1420万円相当)などを押収している。

セクキャバ6店舗摘発事件 弘道会の本部事務所を家宅捜索

>>関連記事
 愛知県警は27日午前10時ごろ、今月17日に名古屋市の繁華街「錦三」のいわゆるセクシーキャバクラ6店舗が摘発された事件を受け、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系三代目弘道会の本部事務所を捜査員およそ20人体制で家宅捜索した。

セクキャバ6店舗摘発事件 弘道会の本部事務所を家宅捜索
弘道会本部を家宅捜索
セクキャバ6店舗摘発事件 弘道会の本部事務所を家宅捜索

 県警は、名古屋市中区錦3丁目の繁華街「錦三」で営業するセクシーキャバクラ6店舗で、法律で定められた広さよりも狭い個室をカーテンで仕切って作るなどし、女性従業員が男性客に体を触らせるなどのサービスを行っていたとして今月17日までに摘発し、経営者ら男9人を風営法違反の疑いで逮捕・送検していた。

 これまでに関係先から売上金とみられる1600万円を押収していて、セクキャバ店が弘道会の資金源になっていたとみて調べている。

事務所前の路上を車庫代わり 山口組系大原組傘下叶組組長ら逮捕

 大阪府警は、暴力団の事務所前の道路を車庫代わりに使っていたとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系二代目大原組傘下「二代目叶組」組長・橋本将之こと金将之容疑者(50)=韓国籍=ら2人を車庫法違反の疑いで逮捕した。

事務所前の道路を車庫代わりに使っていた叶組組長・橋本将之こと韓国籍の金将之容疑者を逮捕
叶組組長ら2人を逮捕
事務所前の道路を車庫代わりに使っていた叶組組長・橋本将之こと韓国籍の金将之容疑者を逮捕

 金容疑者らは去年12月中旬から今年1月上旬にかけて、大阪府八尾市二俣にある叶組の事務所前に車を停めるなどして、道路を車庫代わりに使っていた疑いがもたれている。

 府警が八尾市内を警戒中、叶組事務所前の道路で長時間駐車している車を発見、その後の調査で金容疑者らの関与が強まったという。

工藤会ナンバー3の公判 総裁への尊敬の念を口にして組織的な関与を否認

>>関連記事
 福岡地裁で25日、特定危険指定暴力団工藤会トップ・野村悟被告(75)の指揮命令の下で実行された「4つの市民襲撃事件」のうち3つの事件に関与したとされ、そのほか「暴力団排除標章」を掲げた飲食店に配下組員に指示して放火するなど、あわせて6つの事件で罪に問われている工藤会のナンバー3で「五代目田中組」組長・菊地敬吾被告(50)の公判が行われた。

菊地敬吾被告
菊地敬吾被告

 公判の被告人質問で菊地被告は、弁護側の「総裁という肩書きについてどう思う?尊敬すべき人?」との質問に対し、「もちろん、見守っていただけるような存在」--と野村被告への尊敬の念を口にし、「野村被告の工藤会での権限は?」との質問に対し、「権限がないとかではなく、口出しはしません」--と答えた。

 2012年4月の「元警部銃撃事件」について、弁護側の「野村被告から指示を受けた?」との質問に「覚えてない」--、「田上被告からは?」との質問に「ありません」--、「あなたが指示した?」との質問に「ありません」--と答え、元警部銃撃事件への工藤会トップ3人の関与を否認した。

 事件の実行役に指示を出したとされる田中組幹部・田口義高被告については、弁護側の「どうして起こしたか心当たりはある?」との質問に「事情は分からない」--、「田口被告は指示なくこんなことが起こせるのか?」との質問に「だから起きたんじゃ?」、「指示がないから起こせたのでは?」、「私たちが知れば止める立場にある」と返答した。次の被告人質問は2月3日に予定されている。

 福岡地裁は2021年8月の一審判決で、4つの市民襲撃事件について野村被告を頂点とした工藤会の組織的関与を認定し、総裁・野村被告に死刑、ナンバー2の会長・田上不美夫被告には無期懲役の判決を言い渡した。野村・田上両被告は一貫して無罪を主張し、控訴している。

コロナ対策「無担保融資制度」詐取 山口組系組員を逮捕

 暴力団対策課と灘署は25日、国が新型コロナウイルス感染拡大で売り上げが減少した中小企業に対する無担保融資制度を悪用し、審査を通すため、経営状況が実態よりも悪化したように装って金融機関から3000万円を詐取したとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系組員・鹿野村昭博容疑者(50)=大阪市此花区春日出北=を詐欺容疑で逮捕した。

兵庫県警察本部
兵庫県警察本部

 調べに対し鹿野村容疑者は「暴力団員であることを隠して融資を申し込んだことは間違いないが、経営状況を低く見積もって申請したことなどはよく覚えていません」などと容疑の一部を否認している。

 逮捕容疑は2020年11月~2021年2月、暴力団員であることを隠した上、経営する建設会社の売り上げが大幅に減少したように装った虚偽の書類を大阪市に提出して、民間金融機関を通じて行う中小企業への資金繰り支援制度に、信用保証協会の保証を得て3000万円の融資を受けた疑い。

 資金繰り支援制度は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で売り上げが前年より15%以上減少していれば、民間金融機関から3年間無利子で最大6000万円の融資を受けられ、保証料も全額補助される国が行う中小企業に対する無担保融資制度。県警によると、この制度を悪用した容疑者の逮捕は全国初とみられる。

メキシコ麻薬組織から覚醒剤密輸 住吉会や稲川会系組員ら7人を逮捕

>>同一記事
 警視庁と岩手、茨城、千葉、神奈川の4県警などの合同捜査本部は25日までに、メキシコの巨大麻薬組織から密輸されたとみられる覚醒剤およそ130キロを所持したなどとして、指定暴力団・稲川会傘下組員・田辺高士容疑者(53)=千葉市中央区都町=と、稲川会周辺者・綿貫大蔵(48)=千葉県四街道市=や、指定暴力団・住吉会傘下組員、高上雅之容疑者(69)=千葉県銚子市小浜町=ら男女7人を逮捕した。調べに対し7人は容疑を否認している。

田辺高士容疑者
田辺高士容疑者
高上雅之容疑者
高上雅之容疑者

 田辺高士容疑者ら7人は、去年7月、メキシコから中国を経由して大井埠頭に船便で密輸された船舶用の設備などに覚醒剤およそ130キロ、末端価格80億円相当が隠されていることを知りながら受け取るなどした疑いが持たれている。これまでに受け取った荷物などから覚醒剤あわせて169キロほど、末端価格約100億円相当が押収されている。
 また、綿貫容疑者ら2人は2020年9~10月、都内の民泊施設の倉庫に覚醒剤約36キロ、末端価格にして21億6千万円を保管していた疑い。メキシコから香港を経由して空路で輸入された大型ギアに隠していた。

メキシコ麻薬組織から覚醒剤密輸 住吉会や稲川会系組員ら7人を逮捕
押収された覚醒剤
メキシコ麻薬組織から覚醒剤密輸 住吉会や稲川会系組員ら7人を逮捕
これまでに約170キロ押収
メキシコ麻薬組織から覚醒剤密輸 住吉会や稲川会系組員ら7人を逮捕

 覚醒剤はメキシコの巨大麻薬組織「ハリスコ新世代カルテル(通称:CJNG)」から密輸されたものとみられ、捜査はアメリカ麻薬取締局などと協力して行われた。メキシコの「CJNG」はメキシコ中部のハリスコ州を本拠に麻薬の製造・密売を行う新興勢力。現地メキシコでは武装化し、その暴力行為が深刻な社会問題となっている。

 警視庁は24日、覚醒剤が暴力団の資金源になっていたとみて稲川会本部事務所の家宅捜索し、海外の犯罪組織との関係などを調べている。

みかじめ料名目で3万円恐喝 旭琉会系優心一家組員を逮捕

 沖縄県警石川署は24日、沖縄県うるま市内の飲食店から「みかじめ料」名目で共謀者とともに3万円を脅し取ったとして、自称・廃品回収で指定暴力団・旭琉会系「二代目優心一家」組員(64)=うるま市石川=を恐喝容疑で逮捕した。

 共謀した男については捜査を進めている。

住吉会系と山口組系組員 同じ特殊詐欺グループで逮捕

 警視庁は22日、東京都八王子市の男性に対し、架空請求で送金させ現金を引き出すなどしたとして、指定暴力団・住吉会系組員(48)=東京都渋谷区=と、特定抗争指定暴力団山口組系組幹部(59)=神奈川県座間市=、別の山口組系組員(39)=住所不詳=の3容疑者を窃盗容疑などで逮捕した。

 3人は去年4月28~29日、東京都八王子市在住の男性(66)が架空請求詐欺に遭い、住吉会系組員の口座に送金した33万8000円を、渋谷区のコンビニ店のATMで引き出すなどした疑い。調べに対し3人は容疑を否認している。

 異なる暴力団組織の組員が、同じ特殊詐欺グループとして摘発されるのは珍しく、警視庁は3人が同様の手口で、都内などの男女3人から計約430万円をだまし取ったとみて捜査している。

メキシコから覚醒剤169キロ密輸 住吉会や稲川会傘下組員ら7人を逮捕

 警視庁と岩手、茨城、千葉、神奈川の4県警などの合同捜査本部は25日までに、メキシコから密輸した覚醒剤を営利目的で所持したなどとして指定暴力団・稲川会傘下組員・田辺高士容疑者(53)=千葉市中央区都町=や、指定暴力団・住吉会傘下組員、高上雅之容疑者(69)=千葉県銚子市小浜町=ら男女7人を覚醒剤取締法違反や麻薬特例法違反の疑いで逮捕し、計約169キロ(末端価格約101億円)を押収した。逮捕は19~24日。いずれも容疑を否認している。

メキシコから覚醒剤169キロ密輸 住吉会や稲川会傘下組員ら7人を逮捕
部品に隠された覚醒剤
メキシコから覚醒剤169キロ密輸 住吉会や稲川会傘下組員ら7人を逮捕
これまでに約170キロ押収
メキシコから覚醒剤169キロ密輸 住吉会や稲川会傘下組員ら7人を逮捕

 田辺容疑者らは去年7月、仲間の一人が契約していた東京都大田区の物流倉庫に、船舶部品に紛れ込ませてメキシコから中国を経由して大井埠頭に船便で密輸された覚醒剤約133キロを、覚醒剤と知りながら所持した疑い。米麻薬取締局(DEA)から、メキシコの麻薬組織が日本に覚醒剤を密輸したという情報があり、捜査当局が本物の覚醒剤とすり替えていた。

 警視庁は2020年にもメキシコから密輸された覚醒剤約36キロを押収していて、暴力団の資金源になっていたとみて関与などを捜査していた。同様の手口が多いメキシコの麻薬カルテルから密輸されたものとみて、米麻薬取締局と連携して調べている。

約4億2000万円詐欺事件 道仁会本部を家宅捜索

>>関連記事
 警視庁は24日午後1時半ごろ、指定暴力団・道仁会の会長補佐、坂本康弘容疑者(66)がウソの投資話をもちかけ、現金などをだまし取ったとして逮捕された詐欺事件の関係先として、指定暴力団・道仁会本部を家宅捜索した。

カジノバー出店名目で約4億2000万円詐取 道仁会会長補佐・坂本康弘容疑者を逮捕
坂本康弘容疑者(66)

 坂本容疑者は2018年、男性会社員(36)に「赤坂でカジノバーを開く。出資すれば配当利益を得られる」などとウソの出店計画を持ち掛け、現金約1120万円やロレックスなどの高級腕時計5個(約1080万円相当)、41万円分の新幹線の回数券など、あわせて2240万円相当をだまし取ったとして、今月18日に逮捕された。

 警視庁は坂本容疑者が管理していた詐欺グループが、同様の手口でおよそ40人から4億2000万円ほどを不正に集めたとみていて、だまし取った金が暴力団の資金源になった可能性を視野に実態解明を進めている。

面識のない男性に暴行 旭琉会系ナニワ一家組員を逮捕

 沖縄県警那覇署は20日、面識のない男性会社員を殴って転倒させ、頭にケガを負わせたとして、指定暴力団・旭琉会系「二代目ナニワ一家」組員(55))=那覇市真地=を暴力行為法違反の疑いで逮捕した。容疑者の組員は「身に覚えがない」と容疑を否認している。

 容疑者の組員は、去年12月29日午前0時8分ごろ、那覇市安里の歩道を知人と歩いていたところ、知人が車道に出た際に「危ないですよ」と声を掛けた面識のない本島南部の男性会社員(60代)の顔を殴った疑い。被害者の男性はあおむけに倒れた際に頭部を路面に打ち付け、全治2週間の脳挫傷で頭蓋骨を骨折した。

 目撃者が110番通報したが、警察官が駆けつけたときには容疑者の組員は現場から立ち去っていた。

中古車購入めぐる詐欺事件 山口組系藤友会の事務所を家宅捜索

>>関連記事
 静岡県警は21日、暴力団排除条項が定められた自動車販売店で、特定抗争指定暴力団・六代目山口組藤友会幹部・宇佐美真一容疑者(46)が使用する目的を隠し、他の男の名義で中古車を購入し騙し取ったとして男女4人が逮捕された事件で、組織的な関与を調べるため、藤友会の組事務所を家宅捜索した。

中古車購入めぐる詐欺事件 山口組系藤友会事務所を捜索
藤友会の事務所を捜索

 宇佐美容疑者らは去年2月、暴力団排除条項が定められた東京都内の自動車販売店で、宇佐美容疑者が使用する目的を隠し、自称・建築デザイナー・古谷一志容疑者(72)=山梨県=の名義で中古車を購入し騙し取ったとして、詐欺の疑いで逮捕されていた。

 県警は宇佐美容疑者ら4人の関係や役割とともに、組織的な関与についても調べている。

 | HOME |  »

twitter

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿
yakuzanews-twitter.png
ツイッターはこちら

ブログ内キーワード検索


カテゴリ

■殺人 (149)
■殺人未遂 (225)
■傷害致死 (30)
■死体遺棄 (374)
■生命身体加害略取罪 (1)
■殺人予備罪 (3)
■傷害・暴行・暴力行為 (433)
■逮捕監禁 (65)
■脅迫・恐喝・強要 (686)
■恐喝未遂 (66)
■銃刀法違反 (341)
■発砲事件 (274)
■凶器準備結集・集合 (15)
■強盗事件 (208)
■身代金目的略取 (2)
■窃盗・盗難 (239)
■盗品等関与罪 (4)
■常習特殊窃盗罪 (1)
■漁業法違反 (23)
密漁品流通 (1)
特定水産動植物の採捕の禁止 (2)
漁業法違反ほう助 (1)
■水産資源保護法違反 (3)
■水面漁業調整規則違反 (7)
■証人等威迫罪 (5)
■犯人隠避・犯人隠避教唆 (51)
■証拠隠滅 (6)
■覚せい剤・大麻・麻薬・ドラッグ (641)
■医薬品医療機器法違反 (1)
■薬事法違反 (12)
■臓器移植法違反 (5)
■賭博開帳図利・常習賭博 (173)
■モーターボート競走法違反 (11)
■詐欺・横領・背任 (940)
■特殊詐欺・電子計算機使用詐欺 (243)
■新型コロナ対策・GoToトラベル関連詐欺 (88)
■不正アクセス禁止法違反 (9)
■免状不実記載・公正証書原本不実記録 (115)
■有印私文書偽造 (18)
■携帯電話不正利用防止法 (2)
■有価証券偽造・偽造有価証券行使 (9)
■偽造通貨行使 (2)
■出資法違反・貸金業法違反 (88)
■銀行法違反 (2)
■強制性交等罪 (14)
■強制わいせつ (2)
■迷惑行為防止条例違反 (25)
■児童福祉法違反 (30)
■県青少年健全育成条例違反 (7)
■未成年者誘拐 (1)
■公然わいせつ (2)
■わいせつ図画販売 (18)
■児童買春・ポルノ処罰法違反 (8)
■風俗営業法違反 (33)
■売春防止法違反 (42)
■入管難民法違反 (12)
不法就労助長 (2)
旅券法違反 (8)
■労働者派遣事業法違反 (43)
■不動産侵奪 (2)
■職業安定法違反 (13)
■建設業法違反 (10)
■労働基準法違反 (3)
■不正競争防止法違反 (1)
■強制執行妨害・競売入札妨害 (20)
■廃棄物処理法違反 (16)
不法投棄 (13)
虚偽管理票交付 (2)
虚偽申請 (1)
■建造物侵入 (5)
■器物損壊・建造物、住建造物損壊 (114)
■建造物等放火 (24)
■火炎瓶処罰法 (4)
■爆発物取締罰則違反 (20)
■保護責任者遺棄致死 (1)
■道路運送法・道交法違反 (72)
自動車運転過失傷害・ひき逃げ (19)
妨害運転罪・あおり運転 (1)
酒酔い運転 (2)
■危険運転致傷 (3)
■暴走族追放条例違反 (1)
■公務執行妨害 (29)
■威力業務妨害 (22)
■競売入札妨害 (3)
■偽計業務妨害・偽計信用棄損 (11)
■名誉毀損罪 (1)
■商標法違反 (12)
■著作権法違反 (3)
■文化財保護法違反 (1)
■不正作出私電磁的記録 (2)
■電磁的記録媒体頒布 (3)
■密輸 (2)
■所得税法違反 (20)
■関税法違反 (6)
■電波法違反 (1)
■旅館業法違反 (1)
■民事保全法違反 (1)
■裁判員法違反 (2)
■弁護士法違反 (2)
■収賄罪 (1)
■地方公務員法違反 (2)
守秘義務違反 (0)
■職務強要 (1)
■特定商取引法違反 (4)
■裁判 (214)
■暴力団対策法 (114)
用心棒料等要求行為 (3)
多数集合 (4)
損害賠償 (10)
用心棒行為等防止命令 (2)
使用制限命令 (29)
再発防止命令 (18)
使用者責任 (21)
賞揚等禁止命令 (3)
■暴力団排除条例 (337)
■組織犯罪処罰法 (225)
組織的殺人 (19)
組織的殺人未遂 (38)
組織的詐欺 (14)
組織的恐喝 (8)
組織的強要 (1)
組織的賭博開帳図利 (3)
組織的建造物損壊 (3)
組織的威力業務妨害 (2)
没収保全命令 (1)
犯罪収益収受 (97)
犯罪収益隠匿 (10)
犯罪収益仮装 (2)
犯人隠避・犯人隠避教唆 (9)
組織犯罪処罰法違反幇助 (1)
組織犯罪証拠隠滅 (1)
■犯罪収益移転防止法 (7)
■暴力行為等処罰法 (25)
■指詰めの強要等の禁止 (0)
■脱退妨害行為 (0)
■暴力団追放活動 (91)
■家宅捜索 (165)
■不起訴処分 (38)
■中止命令 (105)
■宅建業法違反 (1)
■食品衛生法違反 (3)
■健康保険法違反 (3)
■国外 (65)
■その他 (2260)
■未分類 (1552)