FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

水戸市が申し立て 神戸山口組系事務所撤去

>>関連記事
 茨城県水戸市にあった暴力団事務所を巡り、市が裁判所に申し立てていた事務所の使用禁止を求める仮処分について、和解が成立し暴力団が事務所を撤去していたことが分かった。

 水戸市内にあった指定暴力団・神戸山口組系暴力団事務所には、今年3月、指定暴力団・山口組との抗争に絡みトラックが突っ込んだり、銃弾が撃ち込まれるなどの事件が起きていた。この事務所のそばには小学校があることから、水戸市は3月末、生徒の安全が脅かされる恐れがあるとして、学校保健安全法に基づき、事務所の使用禁止の仮処分を裁判所に申し立てていた。

 その後、暴力団側と事務所を撤去することで和解が成立し、警察が確認したところ、先月30日までに事務所の撤去が完了したという。

 自治体が学校保健安全法に基づいて暴力団事務所の使用禁止を申し立て、事務所が撤去されたケースは全国で初めてだという。

  

組会費持ち逃げの組員を監禁、暴行 神戸山口組系組員ら7人逮捕/大阪

 暴力団事務所の“金庫番”だった組員をマンションに監禁しけがをさせたとして、大阪府警西、鶴見両署は1日、逮捕監禁致傷容疑で、大阪府東大阪市新庄、指定暴力団神戸山口組系組員、林則一容疑者(42)ら計7人を逮捕、送検したと発表した。いずれも容疑を認めているという。

 逮捕・送検容疑は、共謀し1月12日、組員の男性(53)を大阪市西区のマンションの一室に監禁し、顔や腹を殴る蹴るなどの暴行を加えて全治約2週間のけがをさせたとしている。

 同署によると、男性は組の資金管理役だったが、預かっていた組会費10万円を持ったまま失跡。同市西成区の集合住宅に身を潜めているところを発見され、乗用車で同市西区のマンションに連れ込まれた。同18日に脱出し近くの警察署に駆け込んだといい、「使い走りをさせられるなど処遇に不満があり、組に嫌気が差した」と話しているという。

  

兵庫県警:山口組弘道会系高山組本部を捜索

 兵庫県警は1日、指定暴力団山口組弘道会傘下の高山組組員が知人を脅したとされる暴力行為法違反事件の関係先として、名古屋市南区の高山組本部事務所を家宅捜索した。

 高山組山口組ナンバー2の高山清司受刑者の出身母体で、篠田建市(通称・司忍)組長が結成した弘道会の有力団体。県警は午前11時すぎに約50人態勢で捜索に入った。

 県警は6月、知人の飲食店経営者の男性(32)に電話をかけて「営業できへんようにしてまうで」などと脅したとして、高山組組員の六車武士容疑者(32)を逮捕していた。

  

ナンバー付け替え車乗っていた疑い 山健組傘下「竹内組」組長ら3人逮捕

 別の車のナンバープレートを付けたワゴン車に乗っていたとして、岐阜県警が、長野県に本部を置く指定暴力団神戸山口組山健組傘下の「竹内組」組長、金澤成樹こと金成行容疑者(48)ら3人を、道路運送車両法違反の疑いで現行犯逮捕していたことが、捜査関係者への取材で分かった。

 車には持ち主の分からないバイクや、顔全体を覆うヘルメットが積まれていた。関係者によると、暴力団同士の抗争では、襲撃後の逃走用にバイクが使われることが多いという。

 岐阜県警は、竹内組と対立状態にある県内の指定暴力団山口組傘下の組事務所を襲撃する意図があった可能性もあるとみて、慎重に捜査している。

 捜査関係者によると、逮捕容疑では、3人は6月22日朝、岐阜県各務原市内で、ナンバーを付け替えた車に乗っていたとされる。3人はいずれも否認しているという。

  

シノギが減少の両山口組「刑務所のほうがマシ」で暴発寸前

 6月21日、神戸山口組傘下の山健組本部(神戸市)に、神戸側の直参が集まり会合が開かれた。席上、神戸側の大幹部が冒頭のように語ったという。

 「池田組若頭が射殺されたことで、特定抗争指定を受けるのは避けられない。その前に畳みかけるのはかまわん。懲役の覚悟はある。責任は私が取る」

 岡山市で神戸山口組傘下池田組高木昇若頭(55)が射殺された事件は、対立する山口組弘道会傘下の高山組系組織の組員だった山本英之容疑者(32)が6月5日に出頭し、逮捕された。その後、使用した拳銃が発見されたものの捜査の進展は見られない。

神戸山口組関係者が声を潜めてこう話す。

「このところ末端組員がどんどん逮捕され、警察による組事務所などの家宅捜索が頻繁になっている。金属バットがあるだけで抗争準備に認定されるほどだ。じつは拳銃の類いは、すぐに取りに行ける場所には準備できていない。武器が使えないことで、逆に小競り合いが多くなった感じはする」

続きを読む »

ガレージを組務所として使用 宅見組傘下の組長ら逮捕/和歌山県

 和歌山県かつらぎ町で神戸山口組系の暴力団が、実際は組事務所として使用していることを隠してガレージを借りていたとして、組長の男らが逮捕された。

 詐欺の疑いで逮捕されたのは神戸山口組宅見組傘下組織の組長、松本竜一容疑者(39)と組員の木多浦克之容疑者(30)。

 松本容疑者らは今年3月かつらぎ町の男性(73)から借りていたガレージを実際は暴力団事務所として使用していたにもかかわらず、「ネット販売店舗」として使用していると偽り、男性と契約した疑いがもたれている。

 警察によると松本容疑者らは「店舗として使っていた」などと、容疑を否認しているが、家宅捜索の結果、ネットで販売したとされる商品や帳簿などは見つからなかった。

  

警視庁: 国粋会に家宅捜索 暴力団員身分偽りローン

 暴力団員であることを隠して金融機関から現金数十万円をだまし取ったとして山口組系の組幹部らが逮捕されたことを受け、警視庁は先月30日午前、東京・台東区にある国粋会の本部を十数人の態勢で家宅捜索した。

 国粋会を巡っては、傘下組織の幹部・石井和夫容疑者(52)ら2人が2013年、東京都内の金融機関に暴力団員であることを隠して物品購入のローン契約を結び、金融機関から数十万円をだまし取った疑いが持たれている。警視庁によると、石井容疑者は「関与していない」と容疑を否認している。警視庁は、家宅捜索で関係書類を押収するなどして裏付けを進めている。

  

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事