FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

兵庫県警:山健組傘下「一勢会」事務所を捜索

>>関連記事
 神戸市長田区で「任侠山口組」の男性組員が射殺された事件で、兵庫県警長田署捜査本部は22日午前、殺人容疑で指名手配した男が所属する指定暴力団・神戸山口組系の三次団体「二代目一勢会」の事務所を捜索した。

「一勢会」事務所を捜索

 一勢会神戸山口組系「山健組」の傘下組織。捜索は同日午前10時ごろ、捜査員約20人態勢で始まった。

 同本部は殺人容疑で一勢会組員の黒木こと菱川龍己容疑者(41)=住所不詳=を指名手配。同容疑者は他の数人と共謀し12日午前10時ごろ、神戸市長田区五番町3の路上で、任侠山口組織田絆誠代表(50)の護衛役だった「三代目北村組」の楠本勇浩組員(44)を射殺した疑いが持たれている。

 同本部は20日に神戸山口組の本拠地事務所と山健組本部事務所も捜索している。

  

兵庫県警:神戸射殺事件で神戸山口組を捜索

>>関連記事
 神戸市長田区の路上で「任侠山口組」の組員が射殺された事件で、兵庫県警長田署捜査本部は20日午前、殺人容疑で指名手配した男が所属する指定暴力団・神戸山口組の本拠地事務所と、同組傘下の「山健組」本部事務所を捜索した。捜査本部は神戸山口組のグループが組織的に関与したとの見方を強め、全容解明を進める。

 捜索はともに同日午前10時半ごろから捜査員計約60人態勢で始まった。両事務所の周辺では、防刃チョッキを着て盾を構えた機動隊員らが警戒した。

続きを読む »

兵庫県警:神戸山口組の2拠点捜索 離脱巡る傷害事件

>>関連記事
 指定暴力団神戸山口組からの離脱騒動を巡り、離脱した組員への傷害容疑で同組系組員が逮捕された事件で、兵庫県警暴力団対策課と生田署などは5日、関係先として、神戸山口組が本拠地とする淡路市志筑にある同組傘下「侠友会」事務所と、神戸市中央区二宮町の関連施設を捜索した。

 捜索は同日午前10時にそれぞれ約20人態勢で実施した。事件は、5月6日未明、神戸市中央区下山手通7の路上で発生。神戸山口組から「任侠団体山口組」に移った組員(50)を凶器で殴るなどして頭部に重傷を負わせたとして、神戸山口組山健組幹部で傘下組織、「誠竜会」会長、山之内健三こと岩本武久(68)ら4人が逮捕、送検されている。県警はこの事件で既に、神戸山口組傘下の「山健組」の事務所も捜索している。

 また、この日は、指定暴力団山口組が神戸市灘区の総本部で定例会を予定しており、周辺を県警が警戒した。

  

大阪府警:任侠団体山口組トップの出身母体を捜索

>>関連記事
 風俗店経営者の男性を脅したとして、元神戸山口組山健組傘下「邦道連合」の会長、大島毅士こと東野毅容疑者(48)ら3人が暴力行為処罰法違反の疑いで逮捕された事件で、大阪府警捜査4課は1日、東野容疑者が率いる大阪市内の絆連合の事務所などを家宅捜索した。

 神戸山口組をめぐっては4月末、東野容疑者ら一部幹部が離脱し新組織「任侠団体山口組」を結成しており、家宅捜索を受けた絆連合任侠団体山口組トップに就いた織田絆誠代表(50)の出身母体。織田代表がかつて仕えた神戸山口組井上邦雄組長の名に因み、事件当時は「邦道連合」という名称だったが、離脱騒動後に「絆連合」と改められた。府警は騒動の経緯や任侠団体山口組の実態解明を進める方針。

 この日午前10時半すぎ、府警の捜査員15人が絆連合の事務所の捜索に入ったが、目立った混乱はなかった。

  

神戸山口組本部を家宅捜索、分裂後初 警視庁

>>関連記事
 警視庁は12日午前、指定暴力団・神戸山口組系の組幹部の男ら3人が恐喝容疑で逮捕された事件で、関係先である同組の本部事務所を家宅捜索した。同組本部への家宅捜索は、一部の幹部が離脱して新組織「任俠団体山口組」結成を表明して以降、初めて。

 警視庁が1日、会社員男性から500万円を脅し取った恐喝容疑で、神戸山口組宅見組幹部、、吉田淳一容疑者(58)=大阪市生野区巽西2=ら計3人を逮捕していた。

  

18億円ATM事件 山口組直系「旭導会」家宅捜索

>>関連記事
 全国のコンビニのATM(現金自動預払機)から、南アフリカの銀行の偽造カードでおよそ18億円が一斉に引き出された事件で、警視庁は、全国で初めて、指定暴力団山口組の直系団体への家宅捜索に乗り出した。

 21日午前10時ごろ、警視庁の捜査員が家宅捜索に入ったのは、北海道・旭川市にある山口組直系団体・旭導会の本部。
今回の捜索は、2016年5月、全国のコンビニのATMから、およそ18億円が一斉に引き出された事件で、複数の指示役を束ねていたとみられる旭導会のナンバー3で「泉組」組長の泉二美男容疑者(49)を警視庁が逮捕したのを受けて行われた。 

全国の警察は、これまでに6つの指定暴力団の傘下組員を含む、170人以上を摘発しているが、山口組の直系団体への家宅捜索は初めて。

 これまでの捜査では、犯行の指揮系統はわかっておらず、警視庁は、さらに上の暴力団組織や幹部が関わっていた疑いがあるとみて、全容解明を進める方針。.

  

京都府警:別病院も家宅捜索 京都府立医大虚偽診断絡み

>>関連記事
 京都府立医科大付属病院(京都市上京区)が、暴力団組長の虚偽診断書を作成したとされる事件で、別病院の医師も虚偽の意見書を作った疑いが強まったとして、府警は15日、武田病院(同市下京区)を家宅捜索した。

 府警は14日、2015年に懲役8年の実刑が確定した指定暴力団山口組淡海一家総長の高山義友希受刑者(60)の収容逃れのため、虚偽の診断書を作成したとして、府立医科大付属病院などを強制捜査。任意聴取に対し、執刀医の一人が、病院長からの指示を受けて虚偽診断書を作成したとの供述をしていることが判明している。

  

京都府警:総長収監逃れ 京都府立医科大を家宅捜索

>>関連記事
 恐喝罪で実刑確定後も持病を理由に服役していなかった山口組直系「淡海一家」総長、高山義友希元被告(60)について、京都府警は14日午前、刑務所への収容を逃れる目的で虚偽の診断書などが作られた疑いがあるとして、診断書作成に関わった京都府立医科大付属病院と同大学=いずれも京都市上京区=を虚偽公文書作成などの疑いで家宅捜索を始めた。

 高山元被告は、京都市の土木建築業者への恐喝事件などで2010年に逮捕され、刑事裁判の係争中に腎臓病が悪化し、同病院で生体腎移植を受けた。15年6月に最高裁で上告が棄却されて懲役8年の実刑が確定したが、病院から健康状態に懸念があるとする診断書が出され、大阪高検は刑事訴訟法などの規定に基づき、刑の執行停止を決めて刑務所への収容を見送っていた。

 しかし、京都府警が昨年から高山元被告の身辺を改めて調べたところ、実際には服役が可能なほどの健康状態だったとの疑いが強まった。府警は、実際の容体とは異なる診断書が作成された疑いもあるとみて、同病院などを強制捜査する方針を固めていた。

  

京都府警:会津小鉄会系「いろは会」事務所捜索

>>関連記事
 指定暴力団六代目会津小鉄会(京都市下京区)傘下の組長らが大麻を密売するなどしたとされる事件で、京都府警は13日朝、大麻取締法違反容疑で、同会系「いろは会」(左京区)を家宅捜索した。

 会津小鉄会は6代目会長(75)の後継選びを巡り、2月上旬に分裂した。いろは会会長は「7代目」を名乗る2人のうちの一人で、府警は組織の実態把握を進めている。

 午前9時半、捜査員15人が同会事務所に入り、関係資料などを確認した。押収品はないという。

 府警はこれまでに、大麻を栽培し、販売したなどとして、同法違反容疑で、会津小鉄会系組長(54)や、いろは会組員(54)ら計9人を逮捕した。

  

大阪府警:「宅見組」事務所を捜索 ゲーム喫茶で傷害

 大阪府警は宅見組傘下組長らが傷害などの疑いで6日に逮捕された事件で、7日の午前9時、大阪・ミナミにある指定暴力団・神戸山口組傘下「宅見組」の事務所に家宅捜索に入った。

 傷害と建造物侵入の疑いで逮捕されたのは、宅見組若頭補佐で「三代目武村組」組長、安達崇容疑者(45)=大阪市浪速区難波中=と、宅見組若頭補佐で「奈良倉友連合」組長、森嶋弘道容疑者(51)=奈良県河合町=の2人。

 逮捕容疑は、2016年12月24日未明、大阪市中央区のゲーム喫茶店で「こら!いてまうぞ」「店壊すぞ」と怒声を上げ、イスを投げるなどして40代男性店員に軽傷を負わせた傷害と建造物侵入の疑い。

 このゲーム喫茶店はインターネットカジノなどを運営しており、付近の防犯カメラなどから安達・森嶋両容疑者の関与が浮上した。

 同署は詳しい経緯を調べるとともに、両容疑者と一緒に入店した別の男1人についても逮捕状を取り、行方を追っている。

  

福岡・長崎両県警 山口組総本部を家宅捜索

>>関連記事
 指定暴力団山口組の2次団体・一道会が福岡県暴力団排除条例の禁止区域に事務所を設けたとされる事件で、福岡・長崎両県警は2日午後、関係先として、神戸市灘区の山口組総本部に同条例違反の疑いで家宅捜索に入った。

 両県警は1月、一道会が条例の禁じる小学校から200メートル以内にある福岡市博多区で事務所を開設、運営したとして一道会トップの一ノ宮敏哲容疑者(71)ら幹部と組員計16人を逮捕。家宅捜索は、上部団体の山口組が、一道会の事務所の場所を認識していたかなどを調べる狙いがある。

  

栃木県警:神戸山口組本部を捜索 宇都宮の事務所損壊容疑

>>関連記事
 指定暴力団山口組と分裂した神戸山口組の対立抗争に絡み、栃木県警は15日、兵庫県淡路市志筑の指定暴力団神戸山口組本部事務所を家宅捜索した。栃木県警による神戸山口組の本部事務所を家宅捜索は初めて。捜査員は段ボール箱3箱分の押収物を運び出した。

 家宅捜索の容疑は3月3日午前4時50分ごろ、神戸山口組系組員の男ら5人が宇都宮市上野町の山口組弘道会傘下「大道興業」組事務所にトラックを衝突させ外壁などを損壊させたとする建造物損壊の疑い。県警は5人を既に逮捕し、他にも事件に関わった人物がいるとみて捜査している。

 捜索は、栃木県警組織犯罪対策1課長以下約30人体制。午前11時半、スーツ姿の捜査員ら約30人が組事務所前に到着すると、組員とみられる男性に令状の内容を説明し、組事務所に入った。約40分間にわたった捜索の間、組事務所入り口付近では県警機動隊員6人がジュラルミン盾を持って警戒した。

  

山口組総本部、京都・滋賀など3府県警が捜索 「一心会」会長ら暴対法違反

 滋賀・京都・香川の3府県警は30日、傘下団体組員らによる暴力団対策法違反と恐喝事件の関係先として、指定暴力団山口組総本部(神戸市灘区)を家宅捜索した。

 滋賀県警組織犯罪対策課や京都府警、香川県警の捜査員ら約70人が午前11時25分ごろから総本部に捜索に入り、府警機動隊約30人が総本部周辺を警戒した。

 3府県警の合同捜査班は30日までに、食事会名目で滋賀県内の女性から2万円を脅し取った疑いなどで山口組直系団体「一心会」会長、能塚恵容疑者(56)ら同会組員3人と、同会関係者4人の計7人を逮捕、送検している。

  

愛知県警:山口組系「平井一家」を家宅捜索

 愛知県警は、指定暴力団・山口組の2次団体「平井一家」の幹部を覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕し、24日、関係先として豊橋市の組事務所を家宅捜索した。

 愛知県警が家宅捜索したのは、豊橋市にある山口組2次団体「平井一家」の本部事務所。

 この事件は、今月21日、「平井一家」の若頭で3次団体「七代目三虎組」の組長・通称:魅濃秀樹こと薄葉秀樹容疑者(57)が、覚醒剤を使用した疑いで逮捕された。薄葉容疑者は、今月19日に無免許運転の疑いで逮捕されていて、尿検査で覚醒剤の反応が出たという。

 調べに対し、薄葉容疑者は容疑を否認しているが、警察は、容疑の裏付けや覚醒剤の入手先の特定を進める方針。

  

兵庫県警:神戸山口組系「古川組」事務所を家宅捜索 療養費の不正受給事件

 架空の施術を行ったと装い療養費をだまし取ったとして神戸市長田区の整骨院の関係者ら6人が逮捕された詐欺事件の関係先として、兵庫県警暴力団対策課などは12日、同県尼崎市にある指定暴力団神戸山口組直系「古川組」の本部事務所を家宅捜索した。

 事務所には午後1時ごろ、捜査員約10人が入り、約40分後に段ボールに入れた押収物を運び出した。目立った混乱はなかった。

 兵庫県警は、整骨院で架空の施術を行ったと申請し柔道整復施術療養費約26万円を詐取したとして、詐欺容疑で整骨院運営会社代表取締役、田中信隆被告(40)=別の詐欺などの罪で起訴=ら6人を逮捕。田中被告らは虚偽の申請書を作成するため、複数のまとめ役を介して数百人の患者役に保険証の画像などを提出するよう指示しており、この指示ルートの一部に古川組が関与している可能性もあるとみて、捜索に踏み切った。

 療養費の不正受給をめぐっては、昨年、指定暴力団住吉会系組長らが警視庁に逮捕されるなど、暴力団が資金源としている可能性がある。県警は、これまでに田中被告らによって詐取されたとみられる5千万円以上の現金の流れを詳しく調べている。

  

宮城県警:弘道会本部、山健組本部などを家宅捜索

>>関連記事
 宮城県警暴力団対策課などは2日までに、多賀城市で今年4月に起きた暴力行為法違反事件の関係先として、共に指定暴力団の山口組弘道会神戸山口組山健組の本部事務所など計10カ所を家宅捜索した。

 名古屋市中村区の弘道会本部事務所には2日午前9時ごろから約1時間、県警の捜査員約30人が捜索。押収品はなかった。県警による同事務所への捜索は初めて。

 前日の1日午後には神戸市中央区の山健組本部事務所を捜索し、資料1点を押収した。

 県警は10月24日、4月に多賀城市の会社事務所で仙台市太白区の建築業の男性(34)を「山口組だぞ」などと脅した暴力行為法違反容疑で、名取市那智が丘4丁目、弘道会傘下「東海興業」若頭、川崎光正(46)、神戸市、山健組傘下「邦将會」組長、山名克栄(51)の両容疑者ら計6人を逮捕した。

 対立している両組織の幹部が共に事件に関与したとみており、捜索は背景などを解明するのが狙い。

  

岐阜県警:不正住民登録で山口組直系「川合組」事務所を捜索

 岐阜県警は、指定暴力団・山口組直系組織の幹部が、生活実態がない町で不正に住民登録をした疑いで逮捕された事件で、大垣市橘町にある山口組直系「川合組」の事務所を家宅捜索した。川合組の事務所には、1日午前10時前、捜査員22人が、家宅捜索に入った。

 警察によると、川合組の若頭補佐、角谷良一容疑者(47)は、今年1月、瑞穂市に住んでいるのに、生活の実態がない岐阜県内の別の町役場に、住民異動届を出し、ウソの内容を記録させた疑いで、10月31日に逮捕された。警察が、暴力団の居住実態を捜査している中で、事件が発覚したという。

 調べに対し、角谷容疑者は、容疑を認めていて、警察は、動機などを詳しく調べる方針。

  

土地不法占拠で弘道会本部を家宅捜索

>>関連記事
 指定暴力団山口組弘道会傘下、吉田総業幹部の男ら6人が、神奈川・厚木市内の土地を不法に占拠したとして逮捕された事件で、警察は14日、愛知・名古屋市内にある弘道会本部を家宅捜索した。

 家宅捜索が行われたのは、名古屋市にある山口組弘道会の本部事務所。

 この事件は、山口組弘道会傘下、吉田総業幹部の恩田達志容疑者(51)と、無職の林 隆広容疑者(42)ら6人が、2012年6月から、およそ3年半にわたり、厚木市内の土地を不法に占拠した疑いで、10月5日までに逮捕されたもの。

 恩田容疑者らは、この土地にあったプレハブ小屋を暴力団事務所として使っていたほか、土地の一部を、勝手にほかの会社に資材置き場として貸して、得た賃料およそ750万円を組の運営資金に充てていたとみられている。.

 

兵庫県警:山口組総本部を家宅捜索、「竹中組」組長ら武器庫事件

>>関連記事
 指定暴力団山口組直系「竹中組」組長らが兵庫県姫路市の民家を「武器庫」として利用し、拳銃や散弾銃を隠し持っていたとされる事件で、兵庫県警は3日、関係先として神戸市灘区の山口組総本部を銃刀法違反(加重所持)容疑などで家宅捜索した。

 捜索は午前11時10分ごろ、捜査員計約50人態勢で着手。盾を持った機動隊員らも総本部の玄関付近で警戒にあたったが、目立った混乱はなかった。

 県警は9月29日、姫路市岡田の民家の屋根裏で拳銃5丁と散弾銃1丁、実弾約80発を隠し持っていたとして、同容疑などで竹中組組長の安東美樹容疑者(61)と組関係者ら計5人を逮捕。拳銃などの入手ルートや上部団体の関与を調べていた。

  

警視庁:山口組傘下事務所を捜索 ATM不正引き出し「暗証番号1111と入れろ」と指示

>>関連記事
 警視庁は全国のコンビニのATMで18億円以上が不正に引き出された事件で、逮捕した山口組系幹部らの組事務所を家宅捜索した。

 指定暴力団山口組傘下組員・平野真仁容疑者(32)は同組幹部の岩谷五月容疑者(37)の指示で、犯行当日の朝に都内のファミリーレストランで、既に逮捕・起訴されている男ら複数の「出し子」役に偽造カードを渡し、東京都内のコンビニ店のATMで490万円を引き出させ、犯行後、現金を回収していたとみられている。また、岩谷容疑者らが「暗証番号はすべて1111と入れろ」と出し子役の男らに指示していたことが新たに分かった。

 「出し子」役の男らに手渡した偽造カードには、白い無地のカードにペンのようなものでカードごとに違う数字が書かれていたという。

  

 | HOME |  »


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事