FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

赤坂8300万円路上強盗、「横取り指示」の元組員らを逮捕

 警視庁は、今年1月に東京都港区赤坂の路上でおよそ8300万円が奪われた強盗事件で、実行役が奪った現金の横取りを指示したとみられる指定暴力団・山口組系元組員ら5人を新たに逮捕した。男らは強盗事件の実行犯を別の場所に呼び出して金を横取りし、回収する役割だったとみられる。

 強盗傷害の疑いで逮捕されたのは、山口組系元組員、渡辺裕太容疑者(36)と、職業不詳の福井大斗容疑者(21)ら5人。5人のうち4人は容疑を否認し、1人は認否を留保している。

 5人は今年1月、港区赤坂の路上でキャリーバッグに入れた現金を運んでいた貴金属買い取り業者の男性2人を襲い、およそ8300万円を奪うなどした疑い。5人は実行役が奪った現金の横取りを指示してバイクなどを手配したとみられている。

 この事件の逮捕者はあわせて18人となり、警視庁は見つかっていない現金の行方を捜査している。



千葉の「大麻工場」を摘発 秘密の地下室で栽培、製品化

 千葉県警は、市原市内で栽培された乾燥大麻およそ680グラムを102万円で買い取ったなどとして、指定暴力団・双愛会系組員、中村賢司(48)容疑者=千葉県山武郡九十九里町=ら4人を大麻取締法違反の疑いで逮捕した。逮捕された4人は容疑を認めている。

大麻工場を摘発
大麻工場を摘発

 さらに中村容疑者ら4人は、千葉県市原市の資材置き場で大麻草約188鉢を営利目的で栽培したなどの疑いが持たれている。

大麻工場を摘発
大麻草約188鉢を栽培

 大麻はガレージの地下室で栽培されていて、地下室に通じる入り口はコンテナで巧妙に隠されていた。大麻は成長の過程に合わせて3つの部屋に分けて栽培されていて、この場所で乾燥させて袋詰めされていた。
  

地下室は巧妙に隠されていた
地下室は巧妙に隠されていた

 警察は約6年前から大麻草の栽培と密売が繰り返されていたとみて調べている。



乾燥大麻30キロ押収 山口組系「誠友会」幹部ら6人を逮捕

 北海道警は20日までに、営利目的で大麻を栽培したり、所持したりしたとして指定暴力団・山口組系「誠友会」幹部、高橋義之容疑者(47)=七飯町大川9丁目=ら6人を大麻取締法違反容疑で逮捕した。高橋容疑者は「間違いない」と容疑を認めている。

押収された大麻草
押収された乾燥大麻など

 道警は、北斗市内のビニールハウスから、乾燥大麻約30キロ(末端価格1億1千万円相当)を押収した。ハウスは内部が見えないようにシートで覆われていた。

 高橋容疑者ら2人は5~10月、乙部町の畑で大麻を営利目的で栽培したほか、10月29日、北斗市東前のビニールハウスで乾燥大麻約160グラムを営利目的で所持した疑い。ほかに、男2人を営利目的栽培容疑のみで、別の男2人を営利目的所持容疑のみで逮捕した。



 | HOME | 


今すぐ会いたい・・・
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
究極のマッチングサイト

最新記事

リンク

QRコード

QR