FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

売春女性の用心棒 山口組系「章友会」幹部を逮捕

 大阪府警は11日、大阪市北区の路上で女性の売春目的での客待ち行為を容易にさせたとして、指定暴力団・山口組系「章友会」の幹部、興岩光容疑者(63)を売春防止法違反などの疑いで逮捕した。認否は明らかにしていない。

 興容疑者は8月下旬、大阪市北区の繁華街で売春目的で客待ちをしていた20代女性の周辺を巡回するなどして、客待ち行為をしやすくした疑いがもたれている。女性は「興容疑者にお金を支払って、警察の警備状況を教えてもらったり、男性客とのもめごとから守ってもらう約束をしていた」などと話している。



高校野球賭博 稲川会系組長を逮捕

 神奈川県警金沢署は11日、高校野球の試合結果を客に予想させて現金を賭けさせたとして、指定暴力団・稲川会系組長、喜田知明容疑者(68)を賭博開帳図利(野球賭博)の疑いで逮捕した。喜田容疑者は「身に覚えがありません」と容疑を否認している。

 喜田容疑者は他の2人と共謀のうえ、3月7日から同12日までの間、同区西寺尾の飲食店で、5人の客に第91回選抜高校野球大会の試合結果を予想させ、1口1千円で現金を賭けさせて計1万7千円の申し込みを受けたほか、8月1日から同5日までの間にも、4人の客に第101回全国高校野球選手権大会の試合結果を予想させ、同様に現金を賭けさせて計1万6千円の申し込みを受け、利益を図ったとしている。

 共謀していた土間工、内間健一被告(59)=賭博開帳図利幇助罪で起訴=はすでに逮捕されている。



特殊詐欺の使用者責任で「稲川会」会長の賠償請求を棄却

 東京地裁は11日、指定暴力団・稲川会傘下組員による特殊詐欺事件の被害に遭った関東地方の70代女性が、稲川会の辛炳圭(通称・清田次郎)会長(79)に使用者責任があるとして2150万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、小川理津子裁判長は請求を棄却した。

 特殊詐欺事件を巡り組トップの使用者責任を追及した訴訟の判決は4件目で、これまでは原告側の勝訴が2件、敗訴が1件。

 原告側は、組員が稲川会の組織力を背景に詐欺グループを組織し、だまし取った金が暴力団の資金源になっているとして、実行犯ではない会長にも責任があると主張していた。



 | HOME | 


今すぐ会いたい・・・
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
究極のマッチングサイト

最新記事

リンク

QRコード

QR