FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

大阪府警:酒梅組本部を家宅捜索 「10日で2割」ヤミ金事件関連先

 無登録の貸金業を営んだとする貸金業法違反容疑で指定暴力団「酒梅組」系幹部が逮捕された事件に絡み、大阪府警捜査4課と西成署は8日、大阪市西成区の「酒梅組」本部を家宅捜索した。「ヤミ金」で得られた収益が組の資金源になっていた可能性もあるとみて捜査している。

 府警は7日、同容疑で酒梅組系幹部、伊敷正親容疑者(44)=大阪市住之江区御崎=を逮捕。昨年12月下旬~今年6月中旬、府の登録を受けず、男女2人に現金計50万円を貸し付け、違法に貸金業を営んだ疑いがもたれており、伊敷容疑者は容疑を認めている。

 府警によると、「10日で2割」の高金利で2人に融資したうえで、返済を何度もメールで督促したり、自転車に貼り紙をしたりするなど厳しい取り立てを繰り返していたという。今年4月以降、複数の債務者から「容疑者から借金の返済を迫られて困っている」などとの相談が府警に寄せられていた。

  

違法貸金容疑で「英組」組長 再逮捕-警視庁

>>関連記事
 高金利でヤミ金を営んだとして、警視庁組織犯罪対策4課は7日、貸金業法違反と出資法違反の疑いで、指定暴力団神戸山口組の直系「英組」組長、藤田恭右容疑者(44)=大阪市西淀川区出来島、犯罪収益移転防止法違反罪で起訴=を再逮捕した。同課によると、黙秘しているという。

 同課によると、藤田容疑者は2010年ごろから、知人ら約300人に少なくとも計約1億4000万円を貸し付けていたとみられる。同容疑者が管理する十数口の他人名義の口座には、計約3億3000万円が入金されていた。

 逮捕容疑は12年2月~16年10月、貸金業の登録を受けずに男性(53)ら4人に計約1500万円を貸し付け、うち3人から法定利息を超える計約800万円を受け取った疑い。

  

ヤミ金融の組幹部に実刑判決 「組織的犯行を首謀」/福岡

>>関連記事
 福岡地裁は14日、高金利でヤミ金融を営んだとして、出資法違反(超高金利)などの罪に問われた特定危険指定暴力団工藤会系組幹部、江田龍彦被告(40)に懲役2年4月、罰金1500万円、追徴金約4400万円の判決(求刑懲役3年、罰金2150万円、追徴金約4500万円)を言い渡した。

 田口直樹裁判官は判決理由で「電話で融資を勧誘する役割や、振り込まれた金を払い出す役割などを分担し、利息を回収する組織的な犯行。経営者であり首謀者だ」と指摘。暴力団を離脱する意思を固め、一部の被害者と示談が成立した点を踏まえても実刑は免れないと判断した。

 判決によると、従業員らと共謀し、福岡県知事の登録を受けず、平成25年12月~27年5月、11人に計188万5千円を貸し付け、法定を88万円超える利息を受け取り、約4500万円の犯罪収益を隠した。

  

侠友会傘下組織幹部を逮捕 本部事務所を捜索 兵庫県警

 高金利の貸金業を営み、法外な利息を受け取ったとして、兵庫県警公安2課などは30日、出資法違反(超高金利)容疑で、指定暴力団山口組から分裂した新組織・神戸山口組の有力団体「侠友会」傘下組織の暴力団幹部、勝原雄三容疑者(64)=神戸市長田区上池田=を逮捕した。県警は同日午前、関係先として侠友会の本部事務所(同県淡路市志筑)を捜索した。

 同課によると、勝原容疑者は平成21~27年、約100人に計約2千万円以上を貸し付けたとみられる。勝原容疑者は侠友会事務所に出入りする姿が確認されており、同課は違法に受け取った利息の一部が侠友会側に流れた可能性があるとみている。

 逮捕容疑は今年1~7月、神戸市中央区の男性ら2人に9万円を貸し付け、法定金利の上限(20%)の2~4倍の利息計約1万8千円を受け取ったとしている。

  

工藤会系組幹部ら “ヤミ金”認める/福岡

>>関連記事
 違法な金利で現金を貸し付ける、いわゆる「ヤミ金」を行っていたとされる特定危険指定暴力団・工藤会系組幹部の男ら8人の初公判が16日、福岡地裁で開かれ、全員が起訴内容を認めた。

 初公判を迎えたのは、工藤会系組幹部・江田龍彦被告(40)ら8人。

 起訴状によると、江田被告ら8人は、一昨年から今年5月にかけて、最高で法定利息の20倍を超える金利で、多数の人に現金を貸し付けていたとされる。

 今日、福岡地裁で開かれた初公判で、江田被告ら8人は、全員、「間違いありません」と起訴内容を認めた。

 一方、検察側は、冒頭陳述で、「江田被告を経営者として貸し子と出し子に役割分担されていた」と、組織としてヤミ金を行っていたと主張した。

  

生活保護受給者らターゲット 貸金業経営者ら2人を逮捕/兵庫

 生活保護受給者らに現金を貸し付け、法定を超える金利を受け取ったとして、県警暴力団対策課などは9日、出資法違反などの疑いで、神戸市西区玉津町新方の貸金業、真柄龍二容疑者(51)と同区内の会社役員の女(38)を再逮捕した。

 県警によると、2人は平成18年以降、延べ125人に対し、約1億3千万円を貸し付けていたといい、県警は関連を調べる。

 逮捕容疑は共謀し、24年7月~今年8月の間、生活保護受給者3人と貸し付けの契約をした際、生活保護費が振り込まれる金融機関の通帳などをそれぞれ預かったほか、24年7月~今年7月の間、生活保護受給者2人と自営業の男性に計267万円を貸し付け、法定利息を超える利息を含む計62万5千円を受け取ったとしている。

 県警によると、真柄容疑者は黙秘、女は「金利計算はしていないのでよくわからない」と供述しているという。

 県警は8月、個人向けに金を貸していたにもかかわらず、事業者向けと虚偽登録していたとして、貸金業法違反容疑で2人を逮捕、神戸地検が処分保留にした。

  

無登録で貸金、法定外利息…組員逮捕/福井

 無登録で貸金業を行い、法定外の利息を受け取ったとして、県警は27日までに、貸金業法違反と出資法違反の容疑で、指定暴力団山口組系組員、片岡寛和容疑者(50)=福井市みのり=を逮捕、送検し、福井地検は同日、同罪で起訴した。

 逮捕、送検容疑は平成25年6月ごろから同9月ごろの間、無登録で貸金業を営み、福井市内で顧客2人に対し、法定利息を超える高利で貸し付けて利息を受け取ったほか、同2月ごろから今年5月ごろの間にも、別の顧客6人に同様の貸し付けを行い利息を得たとしている。

  

ヤミ金融:工藤会系8被告を追送検 福岡県警

>>関連記事
 特定危険指定暴力団工藤会」(北九州市)によるヤミ金融事件で、福岡県警は16日、同会系組幹部、江田龍彦(39)ら8被告=出資法違反などで起訴=を組織犯罪処罰法違反(犯罪収益等隠匿)容疑で福岡地検に追送検した。

 追送検容疑は2013年12月〜今年5月ごろ、ヤミ金融で得た犯罪収益約4546万円を他人名義の口座に隠したとされる。

 県警によると、江田被告らは約4000人の客に、高金利で計約3億3000万円を貸し付けたとされる。客に口座を開設させ、通帳などを取り上げて管理。返済金をこの口座に振り込ませる手口で、収益を隠し持っていた。8人はいずれも容疑を認めており、県警は利益が工藤会に流れていたとみている。

ヤミ金融容疑で暴力団幹部ら8人再逮捕、1人逮捕 福岡県警

 福岡県警は18日、いわゆるヤミ金融業を営んで不当な利益を得たとして、貸金業法違反および出資法違反容疑で、福岡市西区野方5丁目、暴力団工藤会傘下組織幹部男(39)ら8人を再逮捕、1人を逮捕した。

 調べでは、組織幹部らは共謀し、平成26年から27年にかけ、無登録で貸金業を営み、法定利息を大幅に上回る利息を不法に受けた疑い。

「100日払い」と呼ばれる方法で3億円を貸し付けか 男5人逮捕/東京

「100日払い」と呼ばれる方法で、3億円を貸し付けていたとみられる男5人が逮捕された。

出資法違反の疑いで逮捕された、住吉会沼澤会幹部で碩上組組長・磧上朝睦(せきがみ・ともむつ)容疑者(57)ら5人は、2014年12月から飲食店経営者に対し、100日の期間で、違法に高金利で貸し付けを行う、「100日払い」と呼ばれるやり方で、100日間で20%の高金利で、430万円を貸し付け、利息として、およそ60万円を受け取った疑いが持たれている。

磧上容疑者は、「俺には関係ない」と容疑を否認しているが、警視庁は、磧上容疑者らが、半年間でおよそ3億円を貸し付けていたとみて調べている。.

工藤会系幹部ら8人逮捕=出資法違反容疑-福岡県警

 顧客から法定を大幅に上回る利息を受け取ったとして、福岡県警は28日、出資法違反容疑で、特定危険指定暴力団工藤会(北九州市)傘下組織幹部の江田龍彦容疑者(39)=福岡市西区野方=ら8人を逮捕した。認否は明らかにしていない。

 県警によると、江田容疑者らは電話で勧誘し全国の約4000人に約3億円を貸し付け、1億数千万円の利益を得ていたとみられる。県警は、工藤会の資金源の一部とみて金の流れなどを調べる。

貸金6千万円で利子1.3億円脅し取る 容疑の暴力団組長逮捕 警視庁

 貸付金の利子名目で現金1億3300万円を脅し取ったなどとして、警視庁新宿署は18日、恐喝などの疑いで、東京都江戸川区南葛西、指定暴力団山口組誠友会傘下「漆原組」組長、漆原健二容疑者(52)を逮捕した。同署によると、「脅していない」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は平成23年10月ごろ、現金約6千万円を貸していたIT関連会社代表取締役の男性(49)に「殺してやるよ」などと迫り、26年12月まで約40回にわたり、貸付金の利子名目で計1億3300万円を脅し取ったなどとしている。

 漆原容疑者は22年7月、男性から株の投資話を持ちかけられ、資金を貸し付けた。男性の投資が失敗し、返済を迫るようになったという。

 男性は今年1月に再度、返済を求められたため、同署に相談。同署は脅し取った金が暴力団の運営資金になっていたとみて調べる。

ネットバンキング使い法定金利の370倍の金利で貸し付け 6人逮捕

 ネットバンキングを使って、法定金利のおよそ370倍もの高金利で金を貸し付けていた男ら6人が、警視庁に逮捕された。

 逮捕された河野康助容疑者(31)や筒井正彦容疑者(29)ら6人は、ネットバンキングを使い、2014年、東京・八王子市の男性など4人に、最高で、法定金利のおよそ370倍にあたる金利で、金を貸し付けた疑いが持たれている。

 顧客の大半は、多重債務者で、6人は、他人名義のおよそ150の口座に振り込ませる手口で金を回収し、およそ2年間で、1億3,000万円の利益を得ていたとみられている。

 容疑者の中には、現役の暴力団員もいたということで、警視庁は、暴力団との関係についても捜査している。.

加護亜依さん夫ら不起訴=高金利貸し付け容疑―東京地検

>>関連記事
 違法な高金利で金を貸し付けたとして、出資法違反の疑いで逮捕された会社役員の男性(47)について、東京地検は11日、不起訴処分とした。詳しい処分内容や理由は明らかにしていない。男性は「モーニング娘。」元メンバーのタレント加護亜依さん(26)の夫。

 警視庁が10月に逮捕したが、処分保留で釈放されていた。
 地検は、男性と共謀したとして逮捕された指定暴力団山口組系組幹部(44)ら2人についても11日付で不起訴処分とした。 

法定の14倍で貸金業 暴力団幹部ら逮捕 2千万貸し7千万円回収か/千葉

 千葉県警は28日、無登録で貸金業を営み、顧客から法定の約14倍の利息を得ていたとして、貸金業法違反(無登録営業)と出資法違反(超高金利)の疑いで、自称同県白子町中里の指定暴力団稲川会系組幹部、加藤全久容疑者(64)ら男女4人を逮捕した。

 県警は、加藤容疑者らが平成21年から顧客約80人に計約2千万円を貸し付け、計約7千万円を回収していたとみて調べている。

 逮捕容疑は21年8月~25年12月、貸金業の登録をせずに県内の5人に計265万円を貸し付け、法定利息の約14倍に当たる約452万円を利息として受け取った疑い。

 県警によると、加藤容疑者は「知らない」と容疑を否認している。

夫の逮捕で復帰困難になった加護亜依、最後の手段「フルヌード解禁」の現実味

>>関連記事
 元モーニング娘。の加護亜依(26)が自身のブログで引退の可能性を示唆したことが波紋を呼んでいる。

 加護は今年6月に3人組ガールズユニット「Girls Beat!!」を結成し、アイドル活動を再開させていた。ところが、今月28日に違法な高金利で知人男性に資金を貸し付けたとして出資法違反容疑で夫の会社役員・加護陽彦容疑者(47)が山口組系暴力団幹部らと共に逮捕されたことで一転、イベント出演などが全て白紙となり、加護の芸能生命すら危うい状況に陥ってしまった。

「陽彦容疑者はクラブなどを経営する知人男性に約250万円を貸し付けましたが、その場に山口組系幹部を同席させて法外な利息を要求。被害者の男性は利息だけで百万円以上を支払わされたといわれています。陽彦容疑者は2011年にも『俺のバックには弘道会の組長がついている』と暴力団との関係をチラつかせ、知人からの借金2000万円を踏み倒そうとしたとして逮捕された過去がある。その時は暴力団との関係がハッキリしなかったために処分保留で釈放となりましたが、今回の事件でヤクザと蜜月状態であることが完全に証明された。いくら加護本人の問題ではないとはいえ、身内が暴力団とつながっているとなると芸能活動の継続は厳しい」(週刊誌記者)

続きを読む »

加護亜依さん夫を逮捕 高金利で金貸し付けた容疑

>>関連記事
都内の男性に違法な金利で金を貸し付けたとして、警視庁荒川署は2014年10月28日、元「モーニング娘。」でタレントの加護亜依さんの夫で会社役員の加護陽彦(旧姓=安藤陽彦)容疑者(47)を出資法違反の容疑で逮捕した。

荒川署が逮捕状を取って行方を追っていたが、同日午後1時過ぎ、東京・霞が関の警視庁本部に出頭したという。

 逮捕容疑は昨年9~10月、指定暴力団山口組系組幹部、小沢達夫容疑者(43)=同容疑で逮捕、東京都品川区=と共謀し、知人の男性(45)に250万円を貸し付け、港区の路上で、法定を上回る75万円の利息を不正に受け取った疑い。荒川署によると「現場にはいたが、詳細は分からない」と容疑を否認している。

加護亜依、夫逮捕に「なぜ別れないの?」の声!!業界でささやかれる“仮面夫婦”説とは

>>関連記事
 元モーニング娘。でタレントの加護亜依の夫、会社員の安藤陽彦氏が、逮捕状を取られていたことが24日、わかった。警視庁によると、知人男性に違法な高金利で資金を貸し付けていたなどとして、出資法違反(高金利)容疑で、40代の指定暴力団山口組系組幹部の男を逮捕。同容疑などで2人に逮捕状が出たが、そのうちの1人が安藤氏だったという。

 以前から黒いうわさのあった安藤氏。2011年9月6日にも、知人男性から2,000万円の借金の返済を迫られた際に、「俺のバックには山口組系の弘道会がついている」などと脅して借金を踏み倒そうとし、恐喝未遂容疑で逮捕されている。この後、安藤氏は処分保留で保釈されたが、加護は参考人として事情聴取を受け、この件が原因で精神的に追いつめられたのか、自殺未遂を図っている。

 また安藤氏と昔交際をしていた華原朋美は、付き合っていたときに安藤氏からDVを受けたと告白している。加護も、顔面に殴られたような傷を負った写真が流出し、同じようにDVを受けていたのではないかとみられている。

続きを読む »

夫のウラの顔明らかに…加護亜依「離婚決断」も

>>関連記事
 元「モーニング娘。」の加護亜依(26)の夫、安藤陽彦容疑者(47)が出資法違反(高金利)容疑で警視庁から逮捕状が出ている事件で、安藤容疑者の暴力団との濃厚な関係を含むウラの顔がみえてきた。
 
 加護は女児出産を経て昨年8月に芸能活動を再開。今年6月に3人組のガールズユニットを結成し、活動を本格化していたが、事件で再び表舞台からの撤退を余儀なくされそうで、Aが起訴された場合、離婚を決意するともみられている。

 加護の夫、安藤容疑者にかけられているのは、昨年9月、都内に住む飲食店経営者の知人男性に対し、約250万円を貸し付け、法定金利以上の不当な利益を得た疑い。

 被害者は都内でクラブなどを経営していた男性で、関係者によると「Aは現金の貸し付けの場に暴力団幹部Bを同席させ『このカネはBさんからのカネだ』と、返済が滞ったら怖いぞという意味で脅したそうです。それで結局、利息だけで百数十万円を支払わされた」という。

続きを読む »

また夫が警察沙汰…「待つわ」に秘めた加護亜依の夫婦生活

>>関連記事
 また元モー娘。がお騒がせだ。矢口真里が復帰したら、今度は加護亜依(26)。やくざな旦那のせいで周辺が騒がしくなってきた。警視庁が出資法違反(高金利)の疑いで、会社役員の夫、安藤陽彦容疑者(47)の逮捕状を取ったのだ。

 安藤容疑者は知人男性に違法な高金利で約250万円を貸し付けた疑いが持たれている。同じ事件で指定暴力団山口組系幹部が逮捕されたが、安藤容疑者の所在は不明。加護と暮らす東京・港区の自宅に1週間戻らず、行方をくらましているという。

「被害者側がまとまった金額の示談金を支払えば告訴を取り下げると持ち掛けたという話もあり、折り合いがつかなければ週末にも出頭するのではないか」とは捜査事情通の見立てだ。

続きを読む »

 | HOME |  »


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

アクセスランキング


アクセスランキング
rank.japandeep.com

ランキング参加は貴HPに
http://yakuzanews.blog36.fc2.com/
をリンクさせるだけ