FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

連続爆破「傷害目的ではない」/徳島

堀容疑者供述 右翼関係書籍など押収

徳島市で10月、2施設のドアが連続爆破された事件で、爆発物取締罰則違反などの疑いで逮捕された同市不動東町、無職堀太?(たかあき)容疑者(35)が、徳島東署の捜査本部の調べに対し、「人を傷付けるのが目的ではなかった」などと供述していることがわかった。捜査本部は堀容疑者宅の捜索で、右翼関連の書籍など計約400点を押収。堀容疑者が右翼思想に共感し、その目的達成のために事件を起こしたとみており、さらに動機を追及している。

 捜査関係者によると、堀容疑者は「人を狙うつもりはなかったので、深夜の時間帯にやった」と供述。爆破は、10月13日午前1時20分頃に県日中友好協会が入居するビル(徳島市南内町)、同4時30分頃に創価学会徳島文化会館(同市南沖洲)の各ドアで起きており、深夜に両施設が無人になることをあらかじめ知って犯行に及んだらしい。

 捜査本部は22日、堀容疑者の自宅から、犯行に使われた外車や書籍、衣服など400点余りを押収したと発表。うち本、雑誌など約220点は右翼団体や過激派、暴力団などに関するもので、テロリズムや創価学会についての本もあった。10月15日に新聞放送会館(同市中徳島町)に投げ込まれた犯行声明文もこれらの本を参考にして書いたという。

 一方、爆破に使われた道具や火薬類は見つからず、堀容疑者は「捨てた」と話しているという。

 これまで堀容疑者は、動機について「説明すると長くなるから、1日や2日で話せない」としているが、「以前から右翼思想の本を読み、共感していた。相反する団体を狙った」とも供述。捜査本部は、堀容疑者が20歳代から徐々に右翼的な思想に傾倒していき、反中国的な自分の考えに合わないと考えた団体を狙ったとみている。

 捜査本部は22日、堀容疑者を送検した。


 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

QRコード


QR