FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

歌舞伎町で一般男性に因縁つけ暴行、重傷負わせた疑い 3人逮捕

 東京・歌舞伎町で、一般人の男性に因縁をつけて暴行し、重傷を負わせた疑いで、男らが逮捕された。

 涌井 敬容疑者(32)と蒔田 航容疑者(34)ら3人は、2016年5月、新宿・歌舞伎町の路上で、会社役員の男性(46)に「お前、どこの組の者だ」と因縁をつけ、男性が「暴力団員ではない」と否定したにもかかわらず、数十発殴るなどして、顔の骨を折る重傷を負わせた疑いが持たれている。

 警視庁によると、涌井容疑者と蒔田容疑者は、暴力団事務所に出入りしていて、調べに対し、黙秘している。.

  

GPS捜査「違法ではない」=覚せい剤密売、男に懲役6年-福井地裁

>>関連記事
 福井県警が裁判所の令状を取らずに全地球測位システム(GPS)端末を車両に取り付けた捜査の違法性が争われた覚せい剤密売事件の裁判員裁判の判決が6日、福井地裁であった。入子光臣裁判長はGPS捜査について、「重大な違法があったとは言えない」と述べ、麻薬特例法違反罪などに問われた暴力団組員、田端幸夫被告(50)に懲役6年、罰金100万円(求刑懲役7年、罰金100万円)を言い渡した。

 GPS捜査の違法性をめぐっては各地の地・高裁で判断が分かれおり、最高裁は年度内にも出す判決で統一的な判断を初めて示す見通し。

 入子裁判長は県警のGPS捜査を「財産権やプライバシーを大きく制約するものではなかった」と判断。一方、連続的な位置情報の取得、蓄積で個人の移動経路を詳細に把握できるとし、令状が必要なケースがあり得ることは否定できないと言及した。

  

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事