FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

島田紳助メールのやり取り詳細暴露 週刊誌報道で「黒い交際」浮彫に

週刊誌各誌が、島田紳助さん(55)の「黒い交際」が分かるメールのやり取りを暴露している。そこから、紳助さんを引退に追い込んだ情報源が少しずつ分かってきた。

携帯電話のメールのやり取りと言えば、本人同士しか分からないのが普通だろう。しかし、週刊誌各誌の引退特集では、50~100通余にもわたる島田紳助さんのメール文面そのものが紹介されていた。

メール106通に「接待」など文面

メール文面も暴露


週刊現代の2011年8月29日発売号では、50通のメール内容が報じられているが、その入手元は明らかにされていない。しかし、週刊朝日は、30日発売号で、メールが添付されていたソースを明らかにした。

それは、大阪府警が07年6月8日付で作成した捜査報告書だ。表題は、「被疑者渡邊二郎の携帯電話に対する解析結果の入手及び精査結果について」。そこでは、山口組系暴力団の相談役だった元プロボクシング世界王者の渡辺二郎被告(56)(恐喝未遂罪で実刑判決を受け上告中)あての携帯メールが計106通も添付されていたというのだ。

これらのメールからは、紳助さんが会見で口にした「程度」を超えた黒い交際ぶりが浮き彫りになっている。

まず、紳助さんは、暴力団組長らと顔見知りだっただけでなく、自らが経営する寿司店やバーで「接待」までしていた。例えば、06年7月20日は、暴力団組長ら一行8人が寿司店に来たといい、「ぬかりなく接待しておきます」「元気そうでした」などと渡辺被告に伝えている。

また、会見で挙げた暴力団組長だけでなく、ほかの幹部との付き合いもメールで言及している。さらに、同じ吉本興業のタレントに山口組幹部らをイベント会場で紹介していたというのだ。

大阪府警の捜査報告書が流出

吉本興業では、外部から情報が持ち込まれたとしているが、なんらかの手段を通じて大阪府警の捜査報告書を見ていた可能性がある。

週刊朝日によると、報告書は、渡辺二郎被告らの裁判で検察側が証拠として提出していたものだった。最高裁の広報担当者は、報告書は、裁判の当事者しか閲覧できないと言っており、週刊誌も、その関係者から入手したらしい。

吉本興業側は、2011年8月13日に情報提供を受けて、調査チームが1週間かけて事実関係を調べた。島田紳助さんは、21日の話し合いで自ら引退を申し出たものの、いったん預かりとなった。そして、暴力団との不動産取引や違法行為に関わったことがないと確認して解雇処分としないことを決め、引退届を受理して23日に両者が会見したのだという。

週刊誌報道が伝わると、ネット上では、関係者がメールを公開した動機に様々な憶測が出たほか、文面そのものの公開に問題がないのか疑問の声も漏れている。

道仁会の報復か?誠道会元組事務所に弾痕のような痕/福岡

>>同一記事
29日午前11時ごろ、福岡県大牟田市櫟野の指定暴力団九州誠道会系組事務所が以前入っていたビルの2階で、大牟田署員が弾痕のような痕を2カ所発見した。26日に同県久留米市の指定暴力団道仁会会長宅が九州誠道会関係者の襲撃を受けており、県警は道仁会による報復の可能性もあるとみて調べている。

 大牟田署によると、午前9時半ごろ、男の声で「櫟野で何かなかったか」と署員の携帯に非通知で電話があった。同ビル1階には5月まで九州誠道会系の組事務所が入っていた。今も九州誠道会系組員数人が住んでおり、同日午前3時ごろに「パン、パン」という音と、バイクが走り去る音を組員が聞いたという。

九州誠道会系ビルに発砲か=抗争と関連捜査/福岡

 29日午前11時ごろ、福岡県大牟田市櫟野の3階建てビルで、壁に弾痕のようなものが2カ所あるのを県警大牟田署員が見つけた。ビルには指定暴力団九州誠道会系組員らが住んでいるが、けが人はなかった。

 26日には同県久留米市で、同会と対立する指定暴力団道仁会会長宅が襲撃される事件が起きており、同署は一連の抗争事件との関連を調べている。

吉本興業から聴取へ=紳助さんの暴力団交際問題で―警視庁

 芸能界引退を表明したタレントの島田紳助さん(55)が、暴力団関係者との親密な交際をうかがわせるメールを交わしていたとされる問題で、警視庁が近く、所属していた吉本興業の関係者を呼び、一連の問題について事情を聴くことが29日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、吉本興業関係者から島田さんと暴力団との交際の経緯や、同社のコンプライアンス体制などについて詳しい説明を求める。今後の暴力団排除活動に役立てるという。 

キビ倒し違法派遣容疑で組員逮捕 宮古島署/沖縄

 宮古島署は28日、厚生労働大臣の許可を受けずにサトウキビ収穫作業の派遣事業を営んだとして、労働者派遣事業法違反の疑いで、宮古島市の指定暴力団沖縄旭琉会2代目功揚一家の組員(51)を逮捕した。「許可が必要とは知らなかった」と話しているという。

 同署の調べでは、容疑者は2月16日から3月9日までの間、日雇いなどの一般労働者派遣事業に必要な厚生労働大臣の許可を受けずに、宮古島市上野の複数のサトウキビ農家に対し、県外の男性1人を派遣して収穫作業に従事させた疑いがある。

 同署は、容疑者が他にも複数の農家に対し、県外や同市内の応募者をあっせんした疑いがあるとみて詳しく調べている。

 同署によると、容疑者は、地元の新聞に「キビ刈り引き受けます」「アルバイト募集中」などと募集広告を出していたという。別件事件の参考人として労働者の男性1人から話を聞いたところ、容疑者がキビ倒しのあっせんをしていることが判明したという。

横峯議員:「賭け」認める 週刊新潮訴訟、請求放棄へ

 民主党の横峯良郎参院議員が、賭けゴルフや暴力団組長との花札賭博などを報じた週刊新潮の記事で名誉を傷つけられたとして発行元の新潮社(東京都新宿区)などに5500万円の賠償を求めた訴訟で、議員側が東京高裁(芝田俊文裁判長)に自らの主張に理由がないことを認め、報道内容を事実上容認する「請求放棄」を申し立てることが分かった。30日の口頭弁論で手続きを行い訴訟は終結する。法的に敗訴確定と同じ効力を持つだけに、議員の説明を求める声が上がっている。

 新潮社側弁護士によると、議員側から19日「請求を放棄する」と電話連絡があった。30日は元々、高裁判決の予定日だったが、高裁は予定を取り消し、弁論を再開して議員側の申し立てを認める予定だという。

 記事は横峯議員の知人が「1打1万円で賭けゴルフをし(ある人は横峯議員に)70万円ぐらい負けてその場では払えなかった」「暴力団組長と十数年来の付き合いだそうで、ゴルフや花札賭博をした」「愛人の首を絞め包丁を壁に突き立てた」と証言する内容。07年8月30日号から同9月20日号まで4号にわたり掲載された。

 横峯議員は07年8月の提訴時、会見で「報道はほとんどが事実ではない」と説明したが、09年11月の証人尋問で「しょっちゅう賭けゴルフをした。1回1、2万円」「ゴルフをした後で(相手が)暴力団関係者だったと聞いたことがある」と証言を変えた。昨年11月、東京地裁で全面敗訴して控訴し、高裁では「記事のような高額レートではない」などと主張していた。

 週刊新潮編集部は「都合が悪くなると逃げ出すのは政治家失格で、即刻議員辞職すべきだ」とするコメントを出した。横峯議員の事務所は取材に「議員が不在なので説明できない」と答えた。

 民主党では、秘書給与の肩代わり疑惑を報じた週刊新潮の記事で1000万円の賠償を求め提訴した山岡賢次副代表も昨年5月、請求を放棄した。

[請求放棄]
 民事訴訟で原告自らが請求に理由がなかったことを意思表示する手続き。被告の同意は不要で一方的に申し立てられる。口頭弁論などの際に裁判所が作成する文書(調書)に記載された段階で、原告の請求を全面的に退ける確定判決と同じ効力を持ち、再び同じ訴訟を起こすことはできない。

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事