FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

売上金隠し差し押さえ妨害 容疑の元山口組系組幹部ら4人逮捕/東京

 売上金約2100万円を隠して差し押さえを免れたとして、警視庁組織犯罪対策4課は26日、強制執行妨害の疑いで、駐車場機器販売会社「カーコム」(東京都江東区)元会長で指定暴力団山口組系元幹部、浅海一也容疑者(45)=兵庫県姫路市飾磨区今在家=ら4人を逮捕した。

 ほかに逮捕されたのは、同社元社長、中山浩成(41)=千葉県市川市塩焼=と韓国籍の同社元部長、李成福(45)=東京都国立市富士見台、駐車場管理会社社長、沢田英男(54)=大阪市浪速区湊町=の3容疑者。

 同課によると、浅海、李両容疑者は容疑を否認、残る2人は認めている。

 カーコム社は19年ごろから経営が悪化し、銀行の申し立てで取引先に対する売掛金1億5000万円を差し押さえると、東京地裁から通知されていた。

 逮捕容疑は平成21年8~10月、カーコム社が沢田容疑者の会社に販売したコインパーキング精算機などの代金計約2100万円を、浅海容疑者が実質経営する別会社の口座に振り込ませ、差し押さえを妨害したとしている。

 同課によると、浅海容疑者は21年5月、「カーコムを救う」などとして会長に就任していた。

競売入札妨害容疑で山口組系組長逮捕/大阪

 競売にかけられた自分のマージャン店などの所有権を維持するため知人に落札させたとして、府警捜査4課は16日、競売入札妨害容疑で指定暴力団山口組系組長、上田基治容疑者(70)=大阪市東淀川区淡路=を逮捕した。上田容疑者は黙秘しているという。
 府警によると、店は再開発が行われている阪急淡路駅前(同区東淡路)にある。府警は、競売によって店を手放すと立ち退き料を得られなくなると考え、知人に落札させて実質的に店の所有権を持ち続けようとしたとみている。逮捕容疑は、整理回収機構の申し立てで競売にかけられたマージャン店や自宅の買い受けを知人らに依頼し、平成22年3月、購入資金を準備した上で知人らを競売に入札させ、翌月、両物件を落札させたとしている。

<競売妨害容疑>不動産会社社長を逮捕 組関係者出入り/東京

 競売に掛けられていた東京都港区の不動産会社「ABCホーム.」のマンションを巡り、塩田大介元会長(44)らが虚偽の不動産登記で落札を免れようとしたとして、警視庁組織犯罪対策4課は6日、元会長の兄で社長の塩田雄司(45)と会社役員、小野塚清(63)ら5容疑者を競売入札妨害などの容疑で逮捕。元会長についても同容疑で逮捕状を取った。マンションの一部は芸能人や政界、暴力団関係者が出入りする会員制サロンとして使われたとみられ、組対4課は元会長らが「迎賓館」と呼ばれたマンションで人脈を築こうとしたとみている。

 逮捕容疑は09年5月、商工中金が東京地裁に競売を申し立てていた港区西麻布2の5階建てマンションについて、未登記の増築部分があり、別の不動産業者が所有しているという虚偽の登記をするなどして複雑な権利関係があると装い、入札を妨害したとしている。

 翌月には、増築部分は豊島区の事務機器販売会社による04年5月からの賃借権が設定された。しかし部屋は隣室と事実上一体のうえ増築時期も異なるといい、組対4課は落札を防ぐための偽装工作だったとみている。逮捕された5人は容疑を否認しているという。

 民間信用調査会社などによると、ABC社は94年設立。大手業者の在庫物件を低価格で販売して業績を急拡大させたが、塩田元会長は08年12月、東京地検特捜部に法人税法違反(脱税)容疑で逮捕され、09年8月、懲役2年・執行猶予4年、罰金1800万円の有罪判決を受けた。【前谷宏、浅野翔太郎】

 ◇芸能、政界に幅広い人脈

 不動産会社「ABCホーム.」の塩田大介元会長は00年に同社の社長に就任。有名ベンチャー企業の経営者らから出資を受ける一方、自らの結婚式では自民党の元幹事長が立会人を務めるなど、芸能人や政治家らと幅広い交流を持っていることで知られた。こうした人脈を築く上で大きな役割を果たしたのが「迎賓館」の別名を持つ東京都港区の5階建てマンションだった。

 関係者によると、元会長は自分や会社名義などで98年から計8部屋あったマンションの購入を進め、04年までに全部屋を保有。1階は事務所、2階は親族の住居として使い、3~5階は会員制のサロンとしてパーティーやイベントを開いていたという。

 元会長の知人は「ラウンジで有名な歌手やプロ野球選手を紹介し、自分はすごいということを見せつけていた。ただ、最近は金に困り、知人からの借金を繰り返していたようだ」と話した。

右翼団体の看板掲げ、競売を妨害容疑 最高顧問の男を逮捕/栃木

 実質的に夜逃げ状態の会社事務所と土地に入り込み、右翼団体の看板などを掲げるなどして競売を妨害したとして、警視庁公安部と武蔵野署などは5日、競売入札妨害の疑いで右翼団体「政道会」最高顧問で指定暴力団住吉会系幹部の大関一(かず)三(み)容疑者(52)=栃木県日光市今市=を逮捕した。同部によると、「やったことは認める」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は、平成23年5月25日、同市大沢町の会社事務所と土地について、宇都宮地裁の執行官に「所有者らと賃貸契約を結んで使用している」などと虚偽の説明をしたうえ、「政道会」の看板を掲げ、街宣車を止めるなどして、競売を妨害したとしている。

 公安部によると、事務所と土地は、債権などを譲渡された整理回収機構が、担保として競売を申し立てていた。大関容疑者は15年ごろから、会社経営者らが行方不明になった後に事務所に入り込んでいた。

西成のマンション競売妨害、容疑の組幹部ら逮捕/大阪

 所有する大阪市内のマンションの競売を妨害したとして、府警捜査4課と西成署は3日、競売入札妨害の疑いで、山口組系暴力団幹部、李東浩(67)と内妻、大山幸子(55)=いずれも堺市堺区中三国ケ丘町=の両容疑者を逮捕した。府警によると、2人とも容疑を否認している。

強制執行妨害容疑で山口組直系組長に逮捕状 共犯の知人ら逮捕/兵庫

 暴力団事務所への強制執行を免れるため、法務局に虚偽の申請をしていた疑いが強まり、兵庫県警が強制執行妨害容疑などで、同県尼崎市に拠点を置く指定暴力団山口組直系組織の古川組古川恵一組長(50)の逮捕状を取ったことが26日、分かった。古川組長は所在不明になっており、県警が行方を追っている。

 また県警は同日、古川恵一組長の知人の古物商、鈴木八郎容疑者(65)=同県尼崎市=ら2人を逮捕した。

 鈴木容疑者らの逮捕容疑は、平成20年2月、古川恵一組長の債務をめぐり、整理回収機構による組事務所(尼崎市)の強制執行を免れるため、約5千万円の貸借契約を偽装し、法務局に虚偽の抵当権設定登記などを申請したとしている。

 県警は26日、容疑を裏付けるため、神戸市灘区の山口組総本部や古川組事務所など数カ所を家宅捜索した。

土地差し押さえ妨害の疑い 新たに組幹部の男逮捕

>>関連記事
 指定暴力団山口組の直系組長らが銀行の土地差し押さえを妨害したとされる事件で、兵庫県警暴力団対策課などは4日、強制執行妨害などの疑いで、淡路市志筑、山口組侠友会幹部薮内秀宝容疑者(39)を新たに逮捕した。この事件の逮捕者は5人目。

 逮捕容疑は2006年12月、山口組の若頭補佐で直系組織「侠友会」組長寺岡修被告(60)=強制執行妨害罪などで公判中=らと共謀。淡路市の石材会社社長の男(46)=同=所有の土地の差し押さえを妨げるため、虚偽の担保を設定するなどした疑い。同課などの調べに「虚偽の登記はしたが、差し押さえを妨害するつもりはなかった」と供述しているという。

 同課によると、この土地に立つ建物には寺岡被告が住民票を置き、侠友会関係者が出入りしているという。

侠友会会長らによる強制執行妨害事件で新たに司法書士の男を逮捕

>>関連記事
 山口組系暴力団「侠友会」会長の寺岡修らが、金融機関からの差し押さえを免れるため、虚偽の土地登記申請をしたとされる事件で、兵庫県警暴力団対策課などは26日、新たに強制執行妨害容疑などで、洲本市五色町の司法書士、川口洋一容疑者(60)を逮捕した。

 逮捕容疑は、淡路市の石材加工会社社長(46)の債務返済が滞り、淡路市内の土地が金融機関から差し押さえられる可能性があったため、侠友会会長の寺岡修容疑者(60)らと共謀し、平成18年12月、法務局に別人を土地の権利者とする虚偽の仮登録を申請したなどとしている。

 同課によると、淡路市内の土地には、暴力団組員が出入りしているとみられる建物があり、寺岡容疑者の知人だった川口容疑者がアドバイス役として、法務局への土地登記などをしたとみている。

山口組:総本部を兵庫県警が捜索 強制執行妨害容疑などで

>>同一記事
 指定暴力団山口組の最高幹部の一人で、直系組織「侠友会」の寺岡修組長(60)が強制執行妨害容疑などで逮捕された事件で、兵庫県警暴力団対策課などは19日、神戸市灘区の山口組総本部を同容疑で家宅捜索した。

 捜索は約80人態勢で実施。午前10時半ごろ、騒然とした雰囲気の中、捜査員が総本部に入った。

 家宅捜索の容疑は、兵庫県淡路市にある石材販売会社の土地が差し押さえられるのを防ぐため、寺岡容疑者らが土地に別の担保が設定されているように装い、うその担保を登記簿に記録させたとしている。問題の土地に建つビルには暴力団関係者が出入りしており、地域で暴力団追放運動が展開されていた。県警は侠友会の拠点施設として使われていた可能性もあるとみている。

山口組総本部を家宅捜索 強制執行妨害容疑などで兵庫県警

山口組の直系暴力団「侠友会(きょうゆうかい)」会長らが金融機関からの差し押さえを妨害したなどとして、兵庫県警は19日、強制執行妨害などの疑いで、神戸市灘区の山口組総本部を家宅捜索した。県警はすでに同会会長の寺岡修容疑者(60)ら3人を逮捕しており、関係先を捜索するなどして容疑の裏付けを進める。

 県警によると、寺岡容疑者は、知人の石材加工会社社長(46)=強制執行妨害罪などで起訴=らと共謀し、同社が所有する兵庫県淡路市内の土地が金融機関から差し押さえられるのを防ぐため、平成18年12月、別人を土地の権利者とする虚偽登記を法務局に申請した疑いが持たれている。

 午前10時半過ぎ、県警の捜査員約80人が総本部に入った。侠友会は「直参(じきさん)」と呼ばれる山口組の直系組織で、寺岡容疑者は同組執行部ポスト「若頭補佐」の一人のため、関係先として捜索した。

詐欺:競売入札妨害容疑で逮捕の組長、再逮捕-県警/広島

 金融機関から融資を名目に現金をだまし取ったとして、県警捜査4課と広島東署は16日、指定暴力団五代目共政会藤田組組長、藤田靖彦容疑者(66)=中区東平塚町、競売入札妨害容疑で逮捕=を詐欺容疑で再逮捕した。また、大阪市中央区千日前1、麻雀店店員、上野博司容疑者(41)を同容疑で逮捕した。上野容疑者は容疑を認めているが、藤田容疑者は否認しているという。
 逮捕容疑は、07年4月19日、南区の金融機関で、藤田容疑者の自宅について上野容疑者の兄に「購入した土地建物を賃貸物件として使用するので、改装費用を融資してほしい」とうそを言わせ、同25日に兄の口座に約2800万円を振り込ませたとしている。藤田容疑者は同年3月、所有する中区の一戸建て住宅(鉄筋3階建て、約170平方メートル)の所有権を上野容疑者の兄に移転し、この兄に融資契約を結ばせたという。県警は兄の行方を捜している。藤田、上野両容疑者が融資を受けられる見込みがなかったためとみている。

山口組最高幹部を逮捕 強制執行妨害容疑で兵庫県警

>>同一記事
 兵庫県警暴力団対策課は16日、強制執行妨害などの疑いで指定暴力団山口組侠友会会長の寺岡修容疑者(60)を逮捕した。県警によると、寺岡容疑者は山口組若頭補佐で最高幹部の一人。「わたしには関係ないこと」と否認している。

 逮捕容疑は、既に強制執行妨害罪で起訴された兵庫県淡路市の石材会社社長(46)と大阪府羽曳野市の無職男(63)の2人と共謀、平成18年12月、石材会社名義の淡路市内の土地が銀行に差し押さえられるのを免れようと計画し、無職男に担保が設定されているように装う虚偽の登記をした疑い。

 県警によると、この土地と建設された建物は19年、石材会社から侠友会の組員が代表を務める会社に所有権が移った。建物には侠友会の組員が出入りしており、寺岡容疑者も住民票を置いているという。

山口組最高幹部を逮捕 強制執行妨害容疑で兵庫県警

兵庫県警暴力団対策課は16日、強制執行妨害などの疑いで指定暴力団山口組系侠友会会長の寺岡修容疑者(60)を逮捕した。県警によると、寺岡修容疑者は山口組若頭補佐で最高幹部の一人。「わたしには関係ないこと」と否認している。

 逮捕容疑は、既に強制執行妨害罪で起訴された兵庫県淡路市の石材会社社長(46)と大阪府羽曳野市の無職男(63)の2人と共謀、平成18年12月、石材会社名義の淡路市内の土地が銀行に差し押さえられるのを免れようと計画し、無職男に担保が設定されているように装う虚偽の登記をした疑い。

 県警によると、この土地と建設された建物は19年、石材会社から侠友会の組員が代表を務める会社に所有権が移った。建物には侠友会の組員が出入りしており、寺岡修容疑者も住民票を置いているという。

虚偽担保設定:山口組最高幹部の一人逮捕 兵庫県警

 指定暴力団山口組の直系組織侠友会会長寺岡修(60)らが、土地の差し押さえを免れるため、虚偽の担保を設定したとして、兵庫県警暴力団対策課などは16日、寺岡組長を強制執行妨害容疑などで逮捕した。寺岡組長は山口組の若頭補佐で最高幹部の一人。

 捜査関係者によると容疑は、石材加工会社社長、大江嘉郎(46)▽無職、繁田昭夫(63)両容疑者=ともに同容疑などで逮捕=と共謀。大江容疑者が経営する会社が所有する兵庫県淡路市の土地が、借金返済の遅れで銀行に差し押さえられるのを防ぐため、繁田容疑者により担保が設定されているように見せかけることを計画。法務局に所有権移転請求権仮登記を申請し、実在しない担保を登記簿に記録させたとしている。

 問題の土地に建つビルには暴力団関係者が出入りし、実質的な組事務所として使われていた可能性があり、県警はビルを使い続けるために差し押さえを免れようとしたとみて調べている。

組の看板で自宅の競売を妨害…逮捕の幹部「洗って干しただけや」/広島

広島県警捜査4課は27日、競売中の自宅に組の看板を掲げて入札希望者を排除したとして、競売入札妨害の疑いで指定暴力団共政会藤田組組長、藤田靖彦容疑者(66)=広島市中区東平塚町=を逮捕した。

 県警によると、「看板を洗って干しただけ」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は、入札期間中の7月14日、自宅の玄関横に「五代目共政会藤田組」と記した木製看板(縦150センチ、横30センチ)を掲げた疑い。

 県警によると、藤田容疑者は平成19年に自宅の名義を40代男性に変更、その後も住み続けた。男性が土地や建物を担保に金融機関から数千万円を借り入れたまま所在不明となり、広島地裁が21年10月に競売開始を決定していた。

 県警は男性と藤田容疑者の関係を調べている。

強制執行妨害:容疑の稲川会幹部の妻ら3人逮捕 警視庁

>>関連記事
整理回収機構の債権差し押さえを妨害したとして、指定暴力団稲川会幹部が強制執行妨害容疑などで逮捕された事件で、警視庁組織犯罪対策4課は13日、すでに逮捕している稲川会理事長補佐で稲川会系組長、内堀和雄容疑者(56)の妻ら3人を同容疑で逮捕したと発表した。

 新たに逮捕したのは、内堀容疑者の妻で韓国籍の内堀京子(本名・辛京子)(54)▽長男で無職、内堀有樹(27)=いずれも川崎市川崎区▽自称コンサルタント業、土橋正彦(65)=東京都中央区=の3容疑者。

 逮捕容疑は、04年9月に約1億円で取得した川崎区の土地(約445平方メートル)について、整理回収機構からの差し押さえを免れるため、名義を有樹容疑者とするうその登記をし、強制執行を妨害したとしている。京子容疑者は整理回収機構に一時約2億円の債務があり、内堀容疑者が連帯保証人になっていたという。

稲川会山川一家本部など捜索 警視庁、強制執行妨害容疑で/神奈川

>>関連記事
 指定暴力団稲川会山川一家総長の内堀和雄容疑者(56)らによる強制執行妨害事件で、警視庁組織犯罪対策4課は12日、同容疑で山川一家の本部(川崎市)など数カ所を家宅捜索した。

 同課の調べによると、内堀容疑者は平成16年9月ごろ、川崎市内の自宅用の土地約400平方メートルを取得する際、差し押さえから逃れるため、所有権を長男とする虚偽の申請書を法務局に提出し、所有権を移した疑いが持たれている。

 捜査関係者によると、山川一家稲川会最大級の2次団体。内堀容疑者は17年ごろから稲川会の「本部長補佐」など幹部職を歴任し、昨年に山川一家の総長に就任していた。

 稲川会山口組住吉会に次ぐ国内3番目の規模の指定暴力団で、構成員は約4800人。

稲川会最高幹部を逮捕 強制執行妨害などの疑い 警視庁

>>同一記事
財産の差し押さえを免れようと、取得した土地を他人名義で登記したとして、警視庁組織犯罪対策4課は10日、強制執行妨害などの疑いで、指定暴力団稲川会理事長補佐で、山川一家総長の内堀和雄容疑者(56)=通称・内堀和也、川崎市川崎区=を逮捕した。

 捜査関係者によると、山川一家は川崎市に本部を置く稲川会最大級の二次団体。

 同課の調べによると、内堀容疑者は平成16年9月ごろ、川崎市内の約400平方メートルの土地を取得する際、差し押さえから逃れるため、所有権を長男とする虚偽の申請書を法務局に提出し、所有権を移した疑いが持たれている。

 内堀容疑者は妻が平成11年ごろ、金融機関から数億円の融資を受けた際の保証人となったが、融資金は返済されておらず、整理回収機構が資産を回収しようとしていた。

 稲川会山口組住吉会に次ぐ国内3番目の規模の指定暴力団で、構成員は約4800人。捜査関係者らによると、内堀容疑者は17年ごろから稲川会の「本部長補佐」など幹部職を歴任し、昨年に山川一家の総長に就任した。

稲川会最高幹部を逮捕 強制執行妨害容疑で警視庁

 警視庁組織犯罪対策4課は10日、財産差し押さえを免れるため土地所有権を家族に移したとして強制執行妨害などの疑いで指定暴力団稲川会山川一家総長内堀和雄容疑者(56)を逮捕した。内堀容疑者は稲川会の最高幹部の一人。04年、所有する川崎市の土地が整理回収機構の債権回収で競売に掛けられるのを避けるため、法務局に「所有権を長男に移す」と虚偽申請をし、所有権を移した疑いが持たれている。

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

アクセスランキング


アクセスランキング
rank.japandeep.com

ランキング参加は貴HPに
http://yakuzanews.blog36.fc2.com/
をリンクさせるだけ