FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

女性めぐり殺人未遂 神戸山口組系組員ら2人逮捕

 茨城県警は、7月に知人男性を刃物で複数回切りつけるなどしたとして、特定抗争指定暴力団神戸山口組系組員ら2人を殺人未遂の疑いで逮捕した。

7月23日事件現場
7月23日 事件のあった現場

 逮捕されたのは神戸山口組系組員・三浦竜也容疑者(44)と、無職・宮内茂利容疑者(52)。

 三浦容疑者ら2人は7月23日、茨城県神栖市で知人男性(44)の顔面にスプレーを吹き付け、刃物で複数回切りつけるなどした疑いが持たれている。

 県警は、女性をめぐるトラブルがあったとみて調べている。



性風俗店から「あいさつ料」収受 神戸山口組系「大門会」会長を逮捕

 兵庫県警暴力団対策課と生田署などは31日、神戸・三宮の性風俗店からみかじめ料を受け取ったとして、特定抗争指定暴力団神戸山口組系「四代目大門会」会長・清崎達也容疑者(50)=熊本市中央区=を県暴力団排除条例違反の疑いで逮捕した。また、山健組組員(48)=神戸市中央区=を同容疑で再逮捕した。同課は認否を明らかにしていない。

 店側の関係者は「20年前から暴力団にあいさつ料(みかじめ)を払っていた」と供述しているという。

 逮捕容疑は共謀し、2019年4月10日、神戸市中央区北長狭通で店舗型性風俗店の営業を容認する対価などとして、店側から現金130万円を受け取った疑い。

 県警は、同じ店からあいさつ料を受け取ったとする同条例違反容疑で7月10日に無職の男を逮捕。その後、現金の一部が所属先の山健組のほか、清崎容疑者にも流れていた疑いが浮上した。



対立抗争で服役した山口組系組幹部に禁止命令

 神奈川県公安委員会は31日、暴力団対策法に基づき、対立抗争事件を起こして服役した指定暴力団・六代目山口組系幹部(53)に対し、令和7年6月22日までの間、組側から称賛や慰労の目的で金品の供与や地位の昇格、もてなしなどを受けてはならないとする禁止命令を出した。

 県警暴力団対策課によると、男は平成14年、同県厚木市内で対立する指定暴力団・稲川会系組員=当時(32)=を拳銃で殺害したとして逮捕され、懲役18年の実刑判決が言い渡されて今年6月22日に出所した。男は「分かりました」などと命令を受け入れたという。

 県公安委は23年、山口組篠田建市組長に対しても、男への称賛などを禁じる命令を出している。



「7400万円相当の覚醒剤」所持 弘道会傘下組長を逮捕

 大阪府警は31日までに、密売目的で7400万円相当の覚醒剤を所持したとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組弘道会傘下組長・糸林伸悟容疑者(37)を、覚醒剤取締法違反(営利目的所持)の疑いで逮捕した。調べに対し糸林容疑者は「営利目的で所持したことは間違いない」と容疑を認めている。

押収された覚せい剤
押収された覚せい剤

 糸林容疑者は6月に、大阪府河内長野市の自宅に停めていた車の中や自宅などに覚醒剤約1156グラムと、コカイン約33グラム(末端価格7400万円相当)を販売目的で隠し持っていた疑いが持たれている。府警は同市などの路上で売りさばいていたとみている。

 警察が別の事件の捜査から情報を得て関係先を捜索したところ、糸林容疑者の車の中にあった手提げの金庫に入った覚醒剤が見つかったという。

 大阪地検が7月17日、同罪などで起訴した。



「用心棒代」脅し取る 小桜一家系幹部ら4人逮捕

 鹿児島県警は、今年5月、鹿児島県内の飲食店経営者から「用心棒代」として現金を脅し取った疑いで、指定暴力団・四代目小桜一家系幹部を含む男4人を逮捕し、31日午前9時すぎ、捜査員30人体制で小桜一家本部事務所を家宅捜索した。本部事務所は防弾盾を持った警察官が並び、物々しい雰囲気となった。

小桜一家本部事務所を捜索1
小桜一家本部事務所を捜索
小桜一家本部事務所を捜索2

 恐喝の疑いで逮捕されたのは、小桜一家系幹部、冨尾勇太容疑者(37)=鹿児島市天保山町=と、西晃治容疑者(37)=鹿児島市南林寺町=ら男4人。

 県警によると、冨尾容疑者らは今年5月24日、県内で飲食店を共同経営する20代の男性2人に対し、入店を断られたのを理由に因縁をつけ、「用心棒がいないなら俺たちがやってやるから毎月5万円払え」などと言って、5万円を脅し取った疑いがもたれている。取り調べに対し、冨尾容疑者ら3人は容疑を認め、1人は容疑を否認している。



「旭琉会」前会長死去に伴い本部を沖縄市から移転

 指定暴力団・旭琉会は、2019年7月に旭琉会富永清会長が亡くなったことを受け、19年12月、本部事務所を沖縄市上地から北中城村島袋の同会関係施設へ移転した。県公安委員会は暴力団対策法に基づき、31日付の官報で公示する。

 今年6月に、全国の暴力団組織などに宛てて、移転に伴うあいさつ状を送付していた。



用心棒代収受 弘道会系河村一家総長ら3人を逮捕

 愛知県警捜査4課などは30日、名古屋市中区の繁華街にあるバーから用心棒代を受け取ったとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組弘道会の本部長で、「五代目河村一家」総長・間宮誠治容疑者(56)=同市北区楠2丁目=ら3人を愛知県暴力団排除条例違反の疑いで逮捕した。間宮容疑者らの認否を明らかにしていない。

 間宮容疑者らは去年12月から今年5月にかけ4回にわたり、条例が暴力団排除特別区域と定める中区錦三丁目のバー経営者(50代)から、用心棒代あわせて8万円を受け取った疑いが持たれている。

 警察が別の事件を捜査する中で、バーの店長と間宮容疑者の関係を示す資料が見つかり、事件が明らかになったという。

 間宮容疑者らは16年前から毎月2万円を要求し、あわせておよそ370万円を受け取っていたとみて、警察が余罪を調べている。



営利目的でコカイン所持 稲川会系組員を逮捕

 神奈川県警薬物銃器対策課は30日、営利目的でコカインを所持したとして、指定暴力団・稲川会系組員、水沼拓哉容疑者(26)=横浜市南区東蒔田町=を麻薬取締法違反(営利目的所持)の疑いで逮捕した。容疑を一部否認している。

 水沼容疑者は16日、同市中区にある貸し倉庫の中に、ポリ袋4袋に入れられたコカイン約97グラム(末端価格約97万円)を営利目的で所持したとしている。

 同課によると、水沼容疑者は「自分で使うつもりで持っていた。売るためではない」などと供述しているが、倉庫内からは小分けにする際に使われるポリ袋や計量器も見つかった。コカインは覚醒剤に比べて効果の持続時間が短く国内での需要は少ないといい、県内における営利目的所持容疑での摘発は今年に入って初めて。



 | HOME |  »

ブログ内キーワード検索



おすすめ

10日程でスピード発行!
組合系でクレジット機能なし

↑ ↑ ↑ ↑
個人的な審査に不安な方
まったく問題なし!!!
↓ ↓ ↓ ↓

安心して下さい。作れますよ。

カテゴリ

■殺人 (86)
■殺人未遂 (144)
■傷害致死 (22)
■死体遺棄 (372)
■生命身体加害略取罪 (1)
■殺人予備罪 (3)
■傷害・暴行・暴力行為 (366)
■逮捕監禁 (56)
■脅迫・恐喝・強要 (613)
■恐喝未遂 (38)
■銃刀法違反 (310)
■発砲事件 (255)
■凶器準備結集・集合 (13)
■強盗事件 (188)
■身代金目的略取 (2)
■窃盗・盗難 (205)
■盗品等関与罪 (4)
■常習特殊窃盗罪 (1)
■漁業法違反 (13)
漁業法違反ほう助 (1)
■水産資源保護法違反 (1)
■水面漁業調整規則違反 (7)
■証人等威迫罪 (1)
■犯人隠避・犯人隠避教唆 (43)
■証拠隠滅 (3)
■覚せい剤・大麻・麻薬・ドラッグ (518)
■医薬品医療機器法違反 (1)
■薬事法違反 (12)
■臓器移植法違反 (5)
■賭博開帳図利・常習賭博 (148)
■モーターボート競走法違反 (11)
■詐欺・横領・背任 (1076)
■免状不実記載・公正証書原本不実記録 (96)
■有印私文書偽造 (16)
■携帯電話不正利用防止法 (2)
■有価証券偽造 (7)
■偽造通貨行使 (2)
■出資法違反・貸金業法違反 (78)
■銀行法違反 (2)
■強制性交等罪 (12)
■強制わいせつ (2)
■迷惑行為防止条例違反 (25)
■児童福祉法違反 (31)
■県青少年健全育成条例違反 (7)
■未成年者誘拐 (1)
■わいせつ図画販売 (17)
■児童買春・ポルノ処罰法違反 (8)
■風俗営業法違反 (21)
■売春防止法違反 (38)
■入管難民法違反 (11)
不法就労助長 (2)
旅券法違反 (8)
■労働者派遣事業法違反 (42)
■不動産侵奪 (1)
■職業安定法違反 (8)
■建設業法違反 (10)
■労働基準法違反 (2)
■強制執行妨害・競売入札妨害 (20)
■不正競争防止法違反 (1)
■廃棄物処理法違反 (15)
不法投棄 (12)
虚偽管理票交付 (2)
虚偽申請 (1)
■建造物侵入 (3)
■器物損壊・建造物、住建造物損壊 (87)
■建造物等放火 (22)
■火炎瓶処罰法 (2)
■爆発物取締罰則違反 (20)
■自動車運転過失傷害・ひき逃げ (14)
■保護責任者遺棄致死 (1)
■道路運送法・道交法違反 (43)
■公務執行妨害 (25)
■威力業務妨害 (21)
■競売入札妨害 (4)
■偽計業務妨害・偽計信用棄損 (10)
■商標法違反 (10)
■著作権法違反 (3)
■文化財保護法違反 (1)
■不正作出私電磁的記録 (1)
■電磁的記録媒体頒布 (2)
■密輸 (2)
■所得税法違反 (19)
■関税法違反 (7)
■電波法違反 (1)
■旅館業法違反 (1)
■民事保全法違反 (1)
■裁判員法違反 (2)
■弁護士法違反 (2)
■収賄罪 (1)
■職務強要 (1)
■特定商取引法違反 (4)
■裁判 (215)
■暴力団対策法 (41)
用心棒料等要求行為 (3)
損害賠償 (10)
用心棒行為等防止命令 (2)
使用制限命令 (11)
再発防止命令 (7)
使用者責任 (3)
■暴力団排除条例 (291)
■組織犯罪処罰法 (183)
組織的殺人 (20)
組織的殺人未遂 (27)
組織的詐欺 (14)
組織的恐喝 (6)
組織的強要 (1)
組織的賭博開帳図利 (3)
組織的建造物損壊 (3)
没収保全命令 (1)
犯罪収益収受 (81)
犯罪収益隠匿 (9)
犯罪収益仮装 (1)
犯人隠避・犯人隠避教唆 (7)
組織犯罪処罰法違反幇助 (1)
組織犯罪証拠隠滅 (1)
■犯罪収益移転防止法 (5)
■暴力行為等処罰法 (13)
■暴力団追放活動 (91)
■家宅捜索 (161)
■不起訴処分 (28)
■中止命令 (97)
■国外 (65)
■その他 (1901)
■未分類 (1864)
脱退妨害行為および指詰めの強要等の禁止 (0)
■危険運転致傷 (1)
■宅建業法違反 (1)
■暴走族追放条例違反 (1)