FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

抗争起きたら駆け付ける?警備大手、暴力団と契約/兵庫

 神戸市長田区にある指定暴力団山口組系暴力団の拠点施設と大手警備会社(本社・東京)が、センサーで安全を監視する「ホームセキュリティー契約」を交わしていたことが11日、捜査関係者への取材で分かった。契約時は暴力団がかかわる施設と知らなかったとみられるが、施設の追放運動に取り組む住民グループからは「各業界で暴力団排除が広がっているのに逆行では」と疑問の声も。兵庫県警は同社に対し、解約するよう指導する方針だ。

 県警によると、施設は鉄筋3階建て。タイル店の店舗兼住宅だったが、2008年11月、静岡県に本部を置く暴力団が、山口組総本部(神戸市灘区)に日参するために取得した。近くには小学校や幼稚園などがあり、住民らは09年3月、「長田北部暴力団追放等協議会」を設立。毎週日曜、パトロールを続け、立ち退きを訴えている。

 施設には11日現在、契約を示す防犯ステッカーが玄関や窓ガラスに数枚張られ、異常を知らせるライトも設置されている。ホームセキュリティーは、空き巣や強盗、火災、ガス漏れなどがあった場合、警備会社に情報が伝わり、警備員が駆けつける仕組み。

 捜査関係者によると、施設取得直後に交わしたとされる契約時、同社の規定には、暴力団関係者の申し込みを断る「暴力団排除条項」がなく、契約後に暴排条項を設けたものの解約されないままという。

 全国の警備会社が加盟する社団法人「全国警備業協会」(約6800社、東京)は08年に対策協議会を立ち上げ、暴力団と一切の取引をしないことなどを確認し、契約解除の動きが進んでいる。

 施設と契約した警備会社の広報部は「個別の契約について個人情報のため答えられないが、暴力団関係者との契約が確認できた場合、早急に解約をお願いする」と釈明。住民グループ代表の男性(71)は「暴力団の拠点施設の防犯対策に手を貸すとは言語道断。抗争などがあった場合も駆けつけるのか」と首をかしげる。

威力業務妨害:重機のタンクに砂、容疑で組長ら4人再逮捕-直方署/福岡

 小竹町の遠賀川河川敷の工事現場で昨年12月、パワーショベルなど重機9台のオイルタンクに砂が詰められた事件で、直方署は11日、福智町神崎、指定暴力団太州会系組長、田村正勝(59)▽福智町市場、太州会系組幹部、原田正美(72)▽飯塚市目尾、露天商、安西始(59)▽同、同、渕上義雄(49)--の4容疑者を威力業務妨害容疑で再逮捕した。

 逮捕容疑は共謀のうえ昨年12月4日夕~6日朝、小竹町赤地などの工事現場で、重機のオイルタンクに砂を詰めるなどして、建設会社の業務を妨害したとされる。田村容疑者は「身に覚えがない」などと否認、他の3容疑者は認めている。

 4人は7月、直方市の建設会社でパソコンを壊したとして威力業務妨害容疑で逮捕されていた。

パチンコ店にトラック突入、暴力団嫌がらせか/佐賀

 11日午前5時15分頃、佐賀市巨勢(こせ)町牛島のパチンコ店「マルハン佐賀店」に、4トントラックが突っ込んでいると、通行人から佐賀県警佐賀署に通報があった。当時、店は無人でけが人はなかった。店は同日午後2時から新規開店する予定だった。同署は暴力団の悪質な嫌がらせの可能性があるとみて、建造物損壊容疑で捜査している。

 発表によると、トラックは後退して荷台から店に突っ込んでいた。店舗東側の窓ガラス(縦約3メートル、横約85センチ)が2枚割れ、窓枠がゆがんだ。署員が駆けつけた時、トラックは無人だった。車両所有者は佐賀市内の建築会社だという。

 現場はJR佐賀駅から南東約2キロの住宅地。店は大型商業施設に隣接しており、駐車場は夜間でも自由に出入りできる。

暴力団に民宿を貸した経営者を指導/和歌山

 暴力団組員と知りながら部屋を貸したとして、県警組織犯罪対策課と田辺署は9日、県暴力団排除条例を適用し、西牟婁郡内の民宿経営の男性(55)に指導を行った。7月1日に施行された同条例を適用しての指導は初。

 県警によると、男性は7月11日ごろ、指定暴力団山口組系組員から「大広間を使わせてほしい。20人くらいで使う」などと予約を受け付け。使用するのが暴力団組員と知りながら、18日午前、跡目継承の際に行う「盃直し」と呼ばれる儀式を行わせた。県警が情報を入手し調べていた。

 同条例は、民間事業者が暴力団組員の活動に利益供与することを禁じている。

約束手形に他人の名前書いた暴力団組長ら再逮捕/和歌山

 県警組織犯罪対策課などは9日、有価証券虚偽記入・同行使の疑いで、和歌山市楠本の指定暴力団山口組系組長、津田智加良被告(52)と妻の有紀美被告(41)=いずれも出資法違反の罪で公判中=を再逮捕した。県警によるといずれも容疑を否認しているという。

 再逮捕容疑は平成21年7月17日~8月31日の間に、額面計約540万円の約束手形計5通に同市内の有限会社代表取締役の氏名を署名し、市内の地方銀行に提出したとしている。

 県警によると、智加良被告は「代表取締役に承諾を得て、妻が裏書きした」、有紀美被告は「承諾を得て裏書きした」とそれぞれ供述しているという。

伊万里の病院前発砲:殺人等ほう助容疑の組員釈放/佐賀

 伊万里市の病院駐車場で指定暴力団九州誠道会系組幹部ら2人が銃撃され死傷した事件で、佐賀地検は9日、殺人等ほう助容疑で逮捕された熊本市二本木、指定暴力団道仁会系組員、中村裕人容疑者(42)を処分保留で釈放した。

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事