FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

JR定期不正発行 組長に懲役3年判決/兵庫

JR明石駅(明石市)の元駅員らが定期券を 不正に再発行し、換金していた事件で、元駅員らと共謀して定期券を不正発行したとして有価証券虚偽記入罪に問われた指定暴力団山口組系組長、細田利和被告(45)=同市魚住町=の判決公判が27日、神戸地裁明石支部で開かれた。井上一成裁判官は「社会的影響が大きい犯行であるにもかかわらず、公判では不自然、不合理な弁解に終始し、反省も見られない」として求刑通り懲役3年を言い渡した。

判決によると、細田被告は平成23年12月、元駅員の男(51)=懲役2年6月の有罪判決=ら3人と共謀し、購入していない姫路-京都間の6カ月定期券2枚(計約63万円相当)を不正に発行させた。

偽造収入印紙 福岡県で246万円の被害/福岡

>>関連記事
 17日、福岡県警は、偽造された収入印紙が換金される事件が福岡県内で6月以降に13件発生し、金額にして246万円におよんでいることを公表した。被害に遭ったのは北九州、飯塚、田川、福岡の金券ショップ計5軒で、持ち込まれた偽造印紙は287枚。見つかった偽造印紙には、表面の印刷が不鮮明な点や裏面の粘着部分が不均一な点などの特徴があるという。

 偽造された収入印紙が持ち込まれる事件は従来から散発しており、近年では2008年頃に大量に発見された事例が報告されている。背後には海外の偽造グループや密輸グループ、国内の暴力団の関与が指摘されているが、今回見つかった偽造印紙は印刷精度の面で08年当時のものより劣っているとのこと。

 同様の被害は14都府県におよんでおり、各県警は金券ショップなどに対して持ち込み人の身元確認の徹底を呼び掛けている。

約束手形に他人の名前書いた暴力団組長ら再逮捕/和歌山

 県警組織犯罪対策課などは9日、有価証券虚偽記入・同行使の疑いで、和歌山市楠本の指定暴力団山口組系組長、津田智加良被告(52)と妻の有紀美被告(41)=いずれも出資法違反の罪で公判中=を再逮捕した。県警によるといずれも容疑を否認しているという。

 再逮捕容疑は平成21年7月17日~8月31日の間に、額面計約540万円の約束手形計5通に同市内の有限会社代表取締役の氏名を署名し、市内の地方銀行に提出したとしている。

 県警によると、智加良被告は「代表取締役に承諾を得て、妻が裏書きした」、有紀美被告は「承諾を得て裏書きした」とそれぞれ供述しているという。

偽造:日本の切手2億3000万円分 韓国で主犯格を聴取

 韓国の釜山地方検察庁は11日、日本の切手や収入印紙160万枚(2億3000万円分)を偽造した疑いで、韓国人の男(50)を事情聴取した。男は偽造団の主犯格とみられ、背景には日本の暴力団からの指示があったという。聯合ニュースは、この事件に関連して大阪府警が日本で暴力団組員ら5人を逮捕したと伝えた。

 同庁によると、男は07年6月ごろ、釜山市内などに製造所をつくり、200円の収入印紙100万枚、50円切手60万枚を製造した疑いが持たれている。うち2億1000万円分が日本に運ばれ、換金されたとみられている。偽造には、韓国の造幣公社の元職員が関与していた。

 釜山の警察当局が08年5月に偽造団を摘発、男は逃走していた。(共同)

関西私鉄券4000万円分を偽造=韓国

 【ソウル9日時事】韓国のソウル地方警察庁は9日、関西の私鉄などでつくる「スルッとKANSAI」の5000円乗車カードを8000枚(4000万円相当)偽造し、日本の暴力団に密輸したとして有価証券偽造および密輸出容疑で韓国人の男(62)ら5人を逮捕するなどしたと発表した。
 偽造カードは昨年11月と今年1月、通関検査が比較的厳しくない定期貨物船の船員の持ち物に偽装して密輸。偽造グループのメンバーと親しい女(42)が今年4月に関西空港で偽造カード20枚を所持していたことが発覚し、日韓の警察が協力し捜査を進めた。男らは犯行動機について、日本のカードを偽造すれば、円高で大きなもうけを得られると考えたと供述している。

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

アクセスランキング


アクセスランキング
rank.japandeep.com

ランキング参加は貴HPに
http://yakuzanews.blog36.fc2.com/
をリンクさせるだけ