FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

山口組分裂を招いた会費大幅アップ 抗争は長期化へ

>>関連記事
 国内最大の指定暴力団山口組(総本部・神戸市灘区)の分裂騒動で、離脱した複数の組長らが5日、同市中央区の有力団体「山健組」の事務所に結集した。捜査関係者によると、新組織結成に向けた会合を開いたとみられる。また、指定暴力団「住吉会」(東京都港区)の傘下組織幹部らも事務所を訪れたことも判明。山口組は8月下旬、離脱の動きを見せた2次団体の組長13人を「絶縁」や「破門」の処分にした。

 司忍組長が、8月下旬に13団体を破門・絶縁としたのは、彼らが新組織結成へ向けた仮盃(かりさかずき)を交わしたという話が広がった。分裂の話は昨年6月頃から始まっていた。

 一番の理由は団体が本部に納めるお金(会費)への不満でしょう。暴力団対策法(1992年)に続き暴力団排除条例(2011年)が施行され、シノギ(お金を稼ぐこと)がやりにくくなっているのに渡辺芳則・5代目組長(12年死去)の時より会費が値上がりしている。組員も減っているのでさらに負担は大きくなる。  05年に組長を引退した5代目時代の80万円から35万円値上がりして、直系(2次団体)組長は月に115万円ずつ納めています。さらにミネラルウォーターや歯磨き粉、ちり紙などの日用雑貨も売りつけられ、月200万円以上払っている。さらに2次団体はお中元で5000万円、お歳暮と司忍組長の誕生日でそれぞれ1億円ずつ分担して納めなくてはならない。残っている団体も「山口組の代紋があるから何とか食えている」と思っているわけで不満がないわけではない。

 山健組井上邦雄組長を組長に担ごうとしている新組織は、今後本体と抗争になる可能性がある。ただし今の組員はピストルをあまり使いたがらない。拳銃所持、器物損壊などで懲役7年は食らうでしょうし、今は法律上、組長も使用者責任を問われます。刃物や金属バットを使って「半グレ」の連中のケンカのような抗争になるかもしれない。

 山口組一和会の間で80年代に起きた山一抗争も5年ぐらい続きましたし、今回も1、2年では終わらないかもしない。これで山口組全体の地盤沈下は進むのではないか。兵庫県警は表面上迷惑そうな顔をしているが「壊滅まで追い込めるかも」と内心は喜んでいるのかもしれない。

  

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

アクセスランキング


アクセスランキング
rank.japandeep.com

ランキング参加は貴HPに
http://yakuzanews.blog36.fc2.com/
をリンクさせるだけ