FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

血塗られた50余年史 「山口組」と「会津小鉄会」

 山口組分裂後、六代目側と神戸側はそれぞれ全国の他団体との連携や取り込みを競い合う状態が続いてきた。会津小鉄会(平成11年までの名称は「会津小鉄」)もそのひとつであるが、山口組にとってその名前の“重み”は特別だ。理由は山口組会津小鉄会の“因縁”の深さにある。

 会津小鉄会の歴史は山口組よりも古い。幕末、京都の治安維持を目指す「京都守護職」を務めた会津藩の武家奉公人だった上坂仙吉は、「会津の小鉄」の異名を取る有名博徒だった。やがて博徒組織として、京都における一大勢力となった。

 山口組との関係は、三代目山口組田岡一雄組長の時代に始まる。

 昭和30年代、京都は会津小鉄会が二代で途絶え、図越利一会長率いる中島連合会が牛耳っていた。そこに勢力を拡大中の山口組が侵攻。昭和39年には京都一の繁華街である木屋町で双方が激突し、多数の死傷者を出した(木屋町事件)。

 事件後、田岡三代目と図越会長との間で手打ちが行なわれた。その席で、田岡三代目が“山口組は京都の繁華街には新たに進出しない”と確約したと言われている。この時の手腕などを評価された図越会長は周囲から懇願を受け、会津小鉄会の三代目会長を継承。名跡を復活させることになった。

 以後、山口組の抗争史に会津小鉄会の名は頻出することになる。

 昭和59年に勃発した山口組の内部抗争「山一抗争」は死者25人、負傷者は一般市民も含め約70人にのぼった。その終結にあたって稲川会稲川聖城会長とともに、山口組一和会の間に入る仲裁役を務めたのが、会津小鉄会高山登久太郎総裁代行(のちの四代目会長)だった。

 友好関係を築いてきた山口組会津小鉄会だが、平成に入ると状況は一変する。山口組が木屋町事件の手打ちを反故にして京都に侵攻、再び両者の抗争が相次いだからだ。

 当時の京都は、京都駅ビルの改築工事だけで約1000億円の予算で、総額数十兆円といわれる公共投資による市街地の開発計画もあった。それらの利権に絡みたい山口組と、利権を守ろうとする会津小鉄会とが対立した。

 両者の衝突がピークを迎えたのが、平成8年の「中野太郎襲撃事件」だ。

 京都府八幡市の理髪店で、五代目山口組中野太郎若頭補佐(中野会会長)が、四代目会津小鉄会系組員に銃撃を受け、中野若頭補佐のボディガードが相手を射殺した。

「その日のうちに会津小鉄会の最高幹部が、謝罪金を持参して山口組宅見勝若頭のもとを訪れ、指を詰めて和解した。

 しかし頭越しに手打ちされた中野若頭補佐は納得せず、怒りの矛先を宅見若頭に向けた。平成9年、中野会の組員が神戸市内のホテルで宅見若頭を射殺したのです」

 山口組内部抗争の原因をつくった形の会津小鉄会は、その後も独立性を保ちながらも山口組との関係を強めていく。

「平成17年、図越利次五代目は、六代目山口組司忍組長の代紋違いの舎弟となった。ただし舎弟関係といっても傘下団体ではなく、会津小鉄会はあくまで独立した組織とする珍しい結びつきです。京都の利権に影響力を持つ会津小鉄会だからこそ、山口組に対しても強気を貫くことができた。

 一方、現在の山口組抗争については、宅見若頭時代からの繋がりを重視する“神戸派”と、そうではない“名古屋派”に分かれている」(前出・社会部記者)

 山口組が揺れ動く時には決まってその存在がクローズアップされるのが、会津小鉄会という団体なのだ。

  

関連記事

 | HOME | 

ブログ内キーワード検索



おすすめ

10日程でスピード発行!
組合系でクレジット機能なし

↑ ↑ ↑ ↑
個人的な審査に不安な方
まったく問題なし!!!
↓ ↓ ↓ ↓

安心して下さい。作れますよ。

カテゴリ

■殺人 (89)
■殺人未遂 (156)
■傷害致死 (22)
■死体遺棄 (372)
■生命身体加害略取罪 (1)
■殺人予備罪 (3)
■傷害・暴行・暴力行為 (373)
■逮捕監禁 (56)
■脅迫・恐喝・強要 (615)
■恐喝未遂 (41)
■銃刀法違反 (315)
■発砲事件 (256)
■凶器準備結集・集合 (13)
■強盗事件 (188)
■身代金目的略取 (2)
■窃盗・盗難 (207)
■盗品等関与罪 (4)
■常習特殊窃盗罪 (1)
■漁業法違反 (13)
漁業法違反ほう助 (1)
■水産資源保護法違反 (1)
■水面漁業調整規則違反 (7)
■証人等威迫罪 (1)
■犯人隠避・犯人隠避教唆 (44)
■証拠隠滅 (3)
■覚せい剤・大麻・麻薬・ドラッグ (526)
■医薬品医療機器法違反 (1)
■薬事法違反 (12)
■臓器移植法違反 (5)
■賭博開帳図利・常習賭博 (149)
■モーターボート競走法違反 (11)
■詐欺・横領・背任 (1091)
■免状不実記載・公正証書原本不実記録 (96)
■有印私文書偽造 (16)
■携帯電話不正利用防止法 (2)
■有価証券偽造 (7)
■偽造通貨行使 (2)
■出資法違反・貸金業法違反 (79)
■銀行法違反 (2)
■強制性交等罪 (12)
■強制わいせつ (2)
■迷惑行為防止条例違反 (25)
■児童福祉法違反 (31)
■県青少年健全育成条例違反 (7)
■未成年者誘拐 (1)
■わいせつ図画販売 (17)
■児童買春・ポルノ処罰法違反 (8)
■風俗営業法違反 (22)
■売春防止法違反 (40)
■入管難民法違反 (12)
不法就労助長 (2)
旅券法違反 (8)
■労働者派遣事業法違反 (43)
■不動産侵奪 (1)
■職業安定法違反 (8)
■建設業法違反 (10)
■労働基準法違反 (2)
■強制執行妨害・競売入札妨害 (20)
■不正競争防止法違反 (1)
■廃棄物処理法違反 (15)
不法投棄 (12)
虚偽管理票交付 (2)
虚偽申請 (1)
■建造物侵入 (3)
■器物損壊・建造物、住建造物損壊 (87)
■建造物等放火 (22)
■火炎瓶処罰法 (2)
■爆発物取締罰則違反 (20)
■自動車運転過失傷害・ひき逃げ (14)
■保護責任者遺棄致死 (1)
■道路運送法・道交法違反 (43)
■公務執行妨害 (25)
■威力業務妨害 (21)
■競売入札妨害 (3)
■偽計業務妨害・偽計信用棄損 (11)
■商標法違反 (10)
■著作権法違反 (3)
■文化財保護法違反 (1)
■不正作出私電磁的記録 (2)
■電磁的記録媒体頒布 (3)
■密輸 (2)
■所得税法違反 (19)
■関税法違反 (7)
■電波法違反 (1)
■旅館業法違反 (1)
■民事保全法違反 (1)
■裁判員法違反 (2)
■弁護士法違反 (2)
■収賄罪 (1)
■職務強要 (1)
■特定商取引法違反 (4)
■裁判 (215)
■暴力団対策法 (43)
用心棒料等要求行為 (3)
損害賠償 (10)
用心棒行為等防止命令 (2)
使用制限命令 (11)
再発防止命令 (7)
使用者責任 (5)
■暴力団排除条例 (296)
■組織犯罪処罰法 (186)
組織的殺人 (20)
組織的殺人未遂 (28)
組織的詐欺 (14)
組織的恐喝 (6)
組織的強要 (1)
組織的賭博開帳図利 (3)
組織的建造物損壊 (3)
没収保全命令 (1)
犯罪収益収受 (82)
犯罪収益隠匿 (9)
犯罪収益仮装 (1)
犯人隠避・犯人隠避教唆 (7)
組織犯罪処罰法違反幇助 (1)
組織犯罪証拠隠滅 (1)
■犯罪収益移転防止法 (5)
■暴力行為等処罰法 (13)
■暴力団追放活動 (91)
■家宅捜索 (162)
■不起訴処分 (29)
■中止命令 (98)
■国外 (65)
■その他 (1904)
■未分類 (1863)
脱退妨害行為および指詰めの強要等の禁止 (0)
■危険運転致傷 (1)
■宅建業法違反 (1)
■暴走族追放条例違反 (1)