FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団・任侠組織・極道関連の事件・ニュース速報

京都の老舗「会津小鉄会」お家騒動 「山口組」分裂めぐる代理抗争か

>>関連記事
 源流をたどれば幕末まで行き着く古都・京都の指定暴力団「会津小鉄会」で、トップの引退と撤回が飛び交うお家騒動が勃発した。背後には国内最大の指定暴力団「山口組」(構成員約6千人)と、分裂した指定暴力団「神戸山口組」(同約2800人)のどちらにつくかの路線対立があるとされる。11日には両組の数十名超が京都に押しかける“騒動”もあり、「代理抗争」が起きる可能性も出始めた。既に分裂したとの情報もあることから、警察当局も警戒を強めている。

 ■ファクスで起きた「クーデター騒動」

 会津小鉄会は、幕末に京都守護職として京都の取り締まりにあたった会津藩に縁があったとされる老舗組織だ。一時、跡目が途絶えたが、戦後、京都府内で一大勢力を率いた図越利一元会長が三代目を継承して名跡を復活した。

 構成員は平成27年末で約140人と、山口組神戸山口組に比べて小さいが、過去には5代目山口組の最高幹部の暗殺を試みようとするなど武闘派で知られ、現在は馬場美次会長が6代目を継いでいる。異変が起きたのは、その馬場会長の立場をめぐってだ。

 発端は1月10日。会津小鉄会が今年初めて組員全員が集まる「定例会」を開いた日。馬場会長名義で複数の関係先に突然、1枚のファクスが送られた。

会津小鉄会 
 《後進に道を譲るべく、原田昇をもって七代目会津小鉄会会長とし、不肖私の跡目とすることと決定いたしました》

 「原田昇」とは会津小鉄会ナンバー2の原田若頭(心誠会会長)。馬場会長が引退する-。本来、手紙などで丁重に知らせが来るはずの重要情報がファクスであること自体が異例で、あまりに唐突な知らせに周囲は当惑した。

 だが、間もなく、全く違う内容のファクスが同じ関係先に届くや、当惑は混乱に変わる。

会津小鉄会 訂正とお詫び
 「訂正とおわび」と題されたファクスはこう主張していた。

 《本日、ファクスにて送信いたしました書状について、後継者に原田昇となっておりますが、全く私の知るところではありません》《依って原田昇を「絶縁」と致します》

 いずれも名義は馬場会長。だが、前者のファクスは馬場会長の印影がある一方で氏名は印刷で、後者は氏名が手書きで印影はなし。いったいどちらが本物なのか。

 指定暴力団関係者は「馬場会長は周囲に『引退しない』と漏らしているらしく、原田若頭側がファクスを送ってクーデターを起こそうとしたのを馬場会長が覆そうとしたようだ」と解説する。

 ■路線対立が発端に…古都に押し寄せる組員

 なぜこの「クーデター」騒動は起きたのか。

 その背景には、山口組の分裂がある。山口組につくか、神戸山口組につくかの路線対立をめぐり、会津小鉄会で内紛が起こったと警察当局はみている。それは翌11日に起きた騒動でも明らかだ。

 11日、京都市下京区にある会津小鉄会の本部事務所前に、京都府警の機動隊数十人超が集結していた。周囲には明らかに一般人にはみえない数十人超の男たちが押し寄せ、小競り合いを続けていた。

 捜査関係者によると、本部事務所の中には、神戸山口組の2次団体「山健組」組員が陣取り、外を山口組2次団体「弘道会」の組員らが囲んでいたという。

 警察幹部は「馬場会長が6代目に就任したときは、山口組ナンバー2で弘道会出身の高山清司若頭が後見していた。なのに、馬場会長は山口組分裂後も神戸山口組トップの井上邦雄組長と親しくするなど、神戸寄りの姿勢を鮮明にしていた。もめるのは当然」と解説する。

 一方、別の警察幹部は「弘道会側も馬場会長の相談に親身に乗った形跡はなく、神戸山口組寄りの姿勢を示す馬場会長を取り込み切れなかった面もある」と指摘する。

 会津小鉄会は馬場会長を総裁とするグループと、原田若頭を会長とするグループに既に分かれたとの情報もあり、警察当局は慎重に確認を進めている。

 ■警戒される内紛に乗じた「代理戦争」

 警察当局は、今回の騒動をある意味、山口組の分裂以上に警戒しているようだ。膠着(こうちゃく)状態が続いている山口組神戸山口組に比べて暴発の危険性が高いとみているためだ。

 山口組神戸山口組も、さまざまな活動が制限される「特定抗争指定暴力団」に指定されたり、組織的殺人の疑いでトップが摘発されたりすることを嫌い、全体として小競り合いは沈静化している。

 ただ、警察関係者は「山口組神戸山口組も、会津小鉄会の内紛に乗じる形を取って、代理抗争を行う可能性がある」と指摘する。

 警察当局は会津小鉄会をめぐり、代理抗争が起きることを懸念。警戒レベルを上げている。

  

関連記事

 | HOME | 

ブログ内キーワード検索


おすすめ

10日程でスピードお届け!
組合系でクレジット機能なし

↑ ↑ ↑ ↑
個人的な審査に不安な方
まったく問題なし!!!
↓ ↓ ↓ ↓

安心して下さい。作れますよ。

カテゴリ

■殺人 (107)
■殺人未遂 (193)
■傷害致死 (25)
■死体遺棄 (375)
■生命身体加害略取罪 (1)
■殺人予備罪 (3)
■傷害・暴行・暴力行為 (404)
■逮捕監禁 (58)
■脅迫・恐喝・強要 (639)
■恐喝未遂 (49)
■銃刀法違反 (323)
■発砲事件 (269)
■凶器準備結集・集合 (14)
■強盗事件 (198)
■身代金目的略取 (2)
■窃盗・盗難 (222)
■盗品等関与罪 (4)
■常習特殊窃盗罪 (1)
■漁業法違反 (16)
密漁品流通 (1)
特定水産動植物の採捕の禁止 (1)
漁業法違反ほう助 (1)
■水産資源保護法違反 (3)
■水面漁業調整規則違反 (7)
■証人等威迫罪 (2)
■犯人隠避・犯人隠避教唆 (50)
■証拠隠滅 (5)
■覚せい剤・大麻・麻薬・ドラッグ (577)
■医薬品医療機器法違反 (1)
■薬事法違反 (12)
■臓器移植法違反 (5)
■賭博開帳図利・常習賭博 (156)
■モーターボート競走法違反 (11)
■詐欺・横領・背任 (1156)
■免状不実記載・公正証書原本不実記録 (104)
■有印私文書偽造 (18)
■携帯電話不正利用防止法 (2)
■有価証券偽造・偽造有価証券行使 (9)
■偽造通貨行使 (2)
■出資法違反・貸金業法違反 (83)
■銀行法違反 (2)
■強制性交等罪 (14)
■強制わいせつ (2)
■迷惑行為防止条例違反 (25)
■児童福祉法違反 (31)
■県青少年健全育成条例違反 (7)
■未成年者誘拐 (1)
■公然わいせつ (1)
■わいせつ図画販売 (17)
■児童買春・ポルノ処罰法違反 (8)
■風俗営業法違反 (23)
■売春防止法違反 (42)
■入管難民法違反 (12)
不法就労助長 (2)
旅券法違反 (8)
■労働者派遣事業法違反 (42)
■不動産侵奪 (2)
■職業安定法違反 (8)
■建設業法違反 (10)
■労働基準法違反 (2)
■不正競争防止法違反 (1)
■強制執行妨害・競売入札妨害 (20)
■廃棄物処理法違反 (15)
不法投棄 (12)
虚偽管理票交付 (2)
虚偽申請 (1)
■建造物侵入 (5)
■器物損壊・建造物、住建造物損壊 (90)
■建造物等放火 (22)
■火炎瓶処罰法 (2)
■爆発物取締罰則違反 (20)
■保護責任者遺棄致死 (1)
■道路運送法・道交法違反 (66)
自動車運転過失傷害・ひき逃げ (16)
妨害運転罪・あおり運転 (1)
■公務執行妨害 (27)
■威力業務妨害 (21)
■競売入札妨害 (3)
■偽計業務妨害・偽計信用棄損 (11)
■名誉毀損罪 (1)
■商標法違反 (10)
■著作権法違反 (3)
■文化財保護法違反 (1)
■不正作出私電磁的記録 (2)
■電磁的記録媒体頒布 (3)
■密輸 (2)
■所得税法違反 (20)
■関税法違反 (7)
■電波法違反 (1)
■旅館業法違反 (1)
■民事保全法違反 (1)
■裁判員法違反 (2)
■弁護士法違反 (2)
■収賄罪 (1)
■地方公務員法違反 (2)
守秘義務違反 (0)
■職務強要 (1)
■特定商取引法違反 (4)
■裁判 (214)
■暴力団対策法 (76)
用心棒料等要求行為 (3)
多数集合 (4)
損害賠償 (10)
用心棒行為等防止命令 (2)
使用制限命令 (21)
再発防止命令 (13)
使用者責任 (15)
■暴力団排除条例 (310)
■組織犯罪処罰法 (197)
組織的殺人 (20)
組織的殺人未遂 (30)
組織的詐欺 (14)
組織的恐喝 (6)
組織的強要 (1)
組織的賭博開帳図利 (3)
組織的建造物損壊 (3)
組織的威力業務妨害 (1)
没収保全命令 (1)
犯罪収益収受 (86)
犯罪収益隠匿 (9)
犯罪収益仮装 (1)
犯人隠避・犯人隠避教唆 (9)
組織犯罪処罰法違反幇助 (1)
組織犯罪証拠隠滅 (1)
■犯罪収益移転防止法 (5)
■暴力行為等処罰法 (18)
■指詰めの強要等の禁止 (0)
■脱退妨害行為 (0)
■暴力団追放活動 (91)
■家宅捜索 (165)
■不起訴処分 (36)
■中止命令 (101)
■危険運転致傷 (2)
■暴走族追放条例違反 (1)
■宅建業法違反 (1)
■食品衛生法違反 (1)
■健康保険法違反 (3)
■国外 (65)
■その他 (1920)
■未分類 (1857)