FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

覚醒剤密売事件 令状ないGPS捜査は違法か合法か

>>関連記事
福井地裁で審理始まる
 覚醒剤の密売を繰り返したとして、麻薬特例法違反と覚せい剤取締法違反などに問われた福井市豊岡1丁目、無職田端幸夫被告(50)の裁判員裁判の初公判が15日、福井地裁(入子光臣裁判長)であった。県警は捜査の過程で衛星利用測位システム(GPS)端末を無断で被告の車に取り付けており、弁護側は重大なプライバシー侵害にあたり「証拠能力はない」と無罪を主張したとし、捜査の違法性を主張。令状のないGPS捜査の違法性の有無やこうした捜査で得た証拠類を裁判で採用することの適否を争点に、裁判員らによる審理が始まった。

 検察側の冒頭陳述によると、人工衛星から電波を受信するGPS端末を車に取り付け、捜査員はインターネットに接続した携帯電話に表示された地図上で、その車のおおよその位置を把握することができる。今回の事件では、被告の車の追跡や居場所を突き止める手掛かりにしたと説明した。

 検察側はGPS捜査をした理由を、被告が暴力団の一員として組織的な覚醒剤の密売に関与した疑いがあり、捜査員の目視に頼った尾行捜査には限界があったと説明。「尾行の補助的手段として使われたにすぎない。(GPS捜査は)被告の権利や利益を大きく制約していない」として、裁判所の令状を必要としない捜査手法の一環として認められるべきだと主張した。

 一方、弁護側は令状のないGPS捜査について「裁判所のチェックを受けることなく、警察の判断で頻繁に居場所を検索される」とし、違法な捜査であると批判した。捜査当局によってGPS捜査が乱用される可能性にも言及し「他人から無断で居場所を探られる。プライバシー被害は重大」と強調。GPS捜査によって入手した証拠は採用するべきではなく、被告は無罪であると主張した。

 起訴状などによると、田端被告は2012年10月ごろから約10カ月にわたって福井市内を中心に、少なくとも八人に覚醒剤を販売し、自身も覚醒剤を使用したとされる。田端被告はこの日の罪状認否で「黙秘します」と述べた。

 田端被告は2013年、覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕、起訴された。その後、福井地検は密売を繰り返していたことが裁判員裁判の対象となる麻薬特例法違反罪に当たるとして一部の事件の訴因を変更した。

 公判の前半では、GPS捜査手法について集中的に審理される。16、17日には県警の捜査員九人の証人尋問、21日には被告人質問が行われる。22日の公判で裁判官三人がGPS捜査で入手した証拠類を裁判の証拠として採用するかどうかの判断を示す。その後、事件の全体像に関する審理をし、25日に論告求刑公判、12月6日の判決を予定している。

  

関連記事

 | HOME | 

ブログ内キーワード検索



おすすめ

10日程でスピード発行!
組合系でクレジット機能なし

↑ ↑ ↑ ↑
個人的な審査に不安な方
まったく問題なし!!!
↓ ↓ ↓ ↓

安心して下さい。作れますよ。

カテゴリ

■殺人 (89)
■殺人未遂 (152)
■傷害致死 (22)
■死体遺棄 (372)
■生命身体加害略取罪 (1)
■殺人予備罪 (3)
■傷害・暴行・暴力行為 (371)
■逮捕監禁 (56)
■脅迫・恐喝・強要 (614)
■恐喝未遂 (40)
■銃刀法違反 (314)
■発砲事件 (256)
■凶器準備結集・集合 (13)
■強盗事件 (187)
■身代金目的略取 (2)
■窃盗・盗難 (206)
■盗品等関与罪 (4)
■常習特殊窃盗罪 (1)
■漁業法違反 (13)
漁業法違反ほう助 (1)
■水産資源保護法違反 (1)
■水面漁業調整規則違反 (7)
■証人等威迫罪 (1)
■犯人隠避・犯人隠避教唆 (44)
■証拠隠滅 (3)
■覚せい剤・大麻・麻薬・ドラッグ (526)
■医薬品医療機器法違反 (1)
■薬事法違反 (12)
■臓器移植法違反 (5)
■賭博開帳図利・常習賭博 (148)
■モーターボート競走法違反 (11)
■詐欺・横領・背任 (1090)
■免状不実記載・公正証書原本不実記録 (96)
■有印私文書偽造 (16)
■携帯電話不正利用防止法 (2)
■有価証券偽造 (7)
■偽造通貨行使 (2)
■出資法違反・貸金業法違反 (79)
■銀行法違反 (2)
■強制性交等罪 (12)
■強制わいせつ (2)
■迷惑行為防止条例違反 (25)
■児童福祉法違反 (31)
■県青少年健全育成条例違反 (7)
■未成年者誘拐 (1)
■わいせつ図画販売 (17)
■児童買春・ポルノ処罰法違反 (8)
■風俗営業法違反 (22)
■売春防止法違反 (40)
■入管難民法違反 (12)
不法就労助長 (2)
旅券法違反 (8)
■労働者派遣事業法違反 (43)
■不動産侵奪 (1)
■職業安定法違反 (8)
■建設業法違反 (10)
■労働基準法違反 (2)
■強制執行妨害・競売入札妨害 (20)
■不正競争防止法違反 (1)
■廃棄物処理法違反 (15)
不法投棄 (12)
虚偽管理票交付 (2)
虚偽申請 (1)
■建造物侵入 (3)
■器物損壊・建造物、住建造物損壊 (87)
■建造物等放火 (22)
■火炎瓶処罰法 (2)
■爆発物取締罰則違反 (20)
■自動車運転過失傷害・ひき逃げ (14)
■保護責任者遺棄致死 (1)
■道路運送法・道交法違反 (43)
■公務執行妨害 (25)
■威力業務妨害 (21)
■競売入札妨害 (3)
■偽計業務妨害・偽計信用棄損 (11)
■商標法違反 (10)
■著作権法違反 (3)
■文化財保護法違反 (1)
■不正作出私電磁的記録 (1)
■電磁的記録媒体頒布 (3)
■密輸 (2)
■所得税法違反 (19)
■関税法違反 (7)
■電波法違反 (1)
■旅館業法違反 (1)
■民事保全法違反 (1)
■裁判員法違反 (2)
■弁護士法違反 (2)
■収賄罪 (1)
■職務強要 (1)
■特定商取引法違反 (4)
■裁判 (215)
■暴力団対策法 (42)
用心棒料等要求行為 (3)
損害賠償 (10)
用心棒行為等防止命令 (2)
使用制限命令 (11)
再発防止命令 (7)
使用者責任 (4)
■暴力団排除条例 (294)
■組織犯罪処罰法 (186)
組織的殺人 (20)
組織的殺人未遂 (28)
組織的詐欺 (14)
組織的恐喝 (6)
組織的強要 (1)
組織的賭博開帳図利 (3)
組織的建造物損壊 (3)
没収保全命令 (1)
犯罪収益収受 (82)
犯罪収益隠匿 (9)
犯罪収益仮装 (1)
犯人隠避・犯人隠避教唆 (7)
組織犯罪処罰法違反幇助 (1)
組織犯罪証拠隠滅 (1)
■犯罪収益移転防止法 (5)
■暴力行為等処罰法 (13)
■暴力団追放活動 (91)
■家宅捜索 (162)
■不起訴処分 (29)
■中止命令 (97)
■国外 (65)
■その他 (1904)
■未分類 (1863)
脱退妨害行為および指詰めの強要等の禁止 (0)
■危険運転致傷 (1)
■宅建業法違反 (1)
■暴走族追放条例違反 (1)