FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

神戸山口組、熊本市内で炊き出し 支援活動展開 復興事業参入へイメージ戦略か

 指定暴力団神戸山口組(本部・兵庫県淡路市)が熊本市で被災者に食料や日用品を配布する支援活動を展開している。対立する山口組には表立った動きはないという。九州では両組織による切り崩し戦が激化しており、警察当局は勢力拡大や復興事業への参入を狙ったイメージ戦略の恐れもあるとみて、動向を注視している。

 支援活動を始めたのは熊本市中央区に拠点を置く神戸山口組の直系組織。近所の人によると、地震発生後の15日ごろから7、8人の組関係者が事務所前にテーブルを並べ、ミネラルウオーターやカップめんなどの食料、トイレットペーパー、毛布などの日用品を配布している。張り紙などで配布を呼びかけ、避難所や炊き出しの会場で被災者に配って回る姿もみられたという。

 熊本県内では、14日にマグニチュード(M)6・5の地震が観測されて以降、16日のM7・3の地震も含め、大きな地震が続いている。熊本市内でも自宅の崩壊などを恐れて帰宅できていない住民が多く、学校などに避難所が設けられているが、物資が行き届かない避難所もある。

 組事務所近くに住む70代の男性は「水道はようやく出始めたところもあるが、都市ガスの復旧やスーパーの営業再開にはまだまだ時間がかかる。この時期に食料や水の配布は助かる」。60代の女性も「暴力団は恐ろしくて、これまでも付き合いはなかったが、正直なところ支援はありがたい」と話していた。

 対立する山口組については、熊本市の直系組織の組事務所周辺ではこうした動きはみられず、同市にある別の直系組織の傘下組織事務所も組員が壊れた備品などを片付ける様子がみられた程度で、表立った活動は確認されていないという。

 暴力団による被災地での支援活動は1995年の阪神大震災でも確認されており、山口組が被災者に食料や日用品を総本部で配布したほか、炊き出しなどを実施。2011年の東日本大震災でも支援物資をトラックで東北の被災地に送り込んだことが海外メディアなどに報じられた。

 昨年8月の分裂後、九州では両組織による切り崩し戦が激しくなっており、警察当局は勢力拡大と復興事業への参入を狙ったイメージ戦略の恐れもあるとみて、警戒している。

 被災者支援を長年続け、兵庫県弁護士会で民事介入暴力対策委員会のメンバーを務める津久井進弁護士も「組織としてのイメージ戦略。復興事業などを狙い、被災地の情勢を把握しようとする意図もあるのでは」と推測している。

 津久井氏によると、阪神大震災の被災地では暴力団による資金獲得活動(シノギ)の一環として、がれき処理事業への不正参入が確認されたという。

 警察庁が公表した12、13年の「暴力団情勢」でも東日本大震災以降、被災者対象の貸付制度を悪用した詐欺や違法な労働者派遣で、暴力団関係者が摘発されたケースが報告されている。

 津久井氏は「食べるものにも困っている被災者が支援物資を受け取るのはやむを得ない。被災地の行政や警察も復興や治安維持に尽力しているため、全国から人員を派遣して反社会的勢力の動向監視に協力する必要がある」としている。

 一方、熊本、大分の地震が山口組神戸山口組の対立抗争に与える影響について『暴力団と企業 ブラックマネー侵入の手口』(宝島社新書)の著書があるジャーナリストの須田慎一郎氏は「復興事業の利権に絡むシノギをめぐり、抗争が激化するのでは」と警告する。

 今回の地震では土砂崩れをはじめ、建物や道路の損壊が激しく大規模な復興事業が予想されるが、国内では東日本大震災からの復興事業が続くうえ、20年の東京五輪に向けた公共工事も動き始めており、労働力や資材の不足を背景にした暴力団の暗躍が危惧されるという。

 須田氏は「これまで西日本の砂利利権などは山口組篠田建市(通称・司忍)6代目組長の出身母体である直系組織、弘道会が仕切ってきた。井上邦雄組長率いる神戸山口組が組織の存亡をかけて攻勢を強めていくだろう」と予測している。

  

関連記事

 | HOME | 

ブログ内キーワード検索



おすすめ

10日程でスピード発行!
組合系でクレジット機能なし

↑ ↑ ↑ ↑
個人的な審査に不安な方
まったく問題なし!!!
↓ ↓ ↓ ↓

安心して下さい。作れますよ。

カテゴリ

■殺人 (89)
■殺人未遂 (152)
■傷害致死 (22)
■死体遺棄 (372)
■生命身体加害略取罪 (1)
■殺人予備罪 (3)
■傷害・暴行・暴力行為 (371)
■逮捕監禁 (56)
■脅迫・恐喝・強要 (614)
■恐喝未遂 (40)
■銃刀法違反 (314)
■発砲事件 (256)
■凶器準備結集・集合 (13)
■強盗事件 (187)
■身代金目的略取 (2)
■窃盗・盗難 (206)
■盗品等関与罪 (4)
■常習特殊窃盗罪 (1)
■漁業法違反 (13)
漁業法違反ほう助 (1)
■水産資源保護法違反 (1)
■水面漁業調整規則違反 (7)
■証人等威迫罪 (1)
■犯人隠避・犯人隠避教唆 (44)
■証拠隠滅 (3)
■覚せい剤・大麻・麻薬・ドラッグ (526)
■医薬品医療機器法違反 (1)
■薬事法違反 (12)
■臓器移植法違反 (5)
■賭博開帳図利・常習賭博 (148)
■モーターボート競走法違反 (11)
■詐欺・横領・背任 (1090)
■免状不実記載・公正証書原本不実記録 (96)
■有印私文書偽造 (16)
■携帯電話不正利用防止法 (2)
■有価証券偽造 (7)
■偽造通貨行使 (2)
■出資法違反・貸金業法違反 (79)
■銀行法違反 (2)
■強制性交等罪 (12)
■強制わいせつ (2)
■迷惑行為防止条例違反 (25)
■児童福祉法違反 (31)
■県青少年健全育成条例違反 (7)
■未成年者誘拐 (1)
■わいせつ図画販売 (17)
■児童買春・ポルノ処罰法違反 (8)
■風俗営業法違反 (22)
■売春防止法違反 (40)
■入管難民法違反 (12)
不法就労助長 (2)
旅券法違反 (8)
■労働者派遣事業法違反 (43)
■不動産侵奪 (1)
■職業安定法違反 (8)
■建設業法違反 (10)
■労働基準法違反 (2)
■強制執行妨害・競売入札妨害 (20)
■不正競争防止法違反 (1)
■廃棄物処理法違反 (15)
不法投棄 (12)
虚偽管理票交付 (2)
虚偽申請 (1)
■建造物侵入 (3)
■器物損壊・建造物、住建造物損壊 (87)
■建造物等放火 (22)
■火炎瓶処罰法 (2)
■爆発物取締罰則違反 (20)
■自動車運転過失傷害・ひき逃げ (14)
■保護責任者遺棄致死 (1)
■道路運送法・道交法違反 (43)
■公務執行妨害 (25)
■威力業務妨害 (21)
■競売入札妨害 (3)
■偽計業務妨害・偽計信用棄損 (11)
■商標法違反 (10)
■著作権法違反 (3)
■文化財保護法違反 (1)
■不正作出私電磁的記録 (1)
■電磁的記録媒体頒布 (3)
■密輸 (2)
■所得税法違反 (19)
■関税法違反 (7)
■電波法違反 (1)
■旅館業法違反 (1)
■民事保全法違反 (1)
■裁判員法違反 (2)
■弁護士法違反 (2)
■収賄罪 (1)
■職務強要 (1)
■特定商取引法違反 (4)
■裁判 (215)
■暴力団対策法 (42)
用心棒料等要求行為 (3)
損害賠償 (10)
用心棒行為等防止命令 (2)
使用制限命令 (11)
再発防止命令 (7)
使用者責任 (4)
■暴力団排除条例 (294)
■組織犯罪処罰法 (186)
組織的殺人 (20)
組織的殺人未遂 (28)
組織的詐欺 (14)
組織的恐喝 (6)
組織的強要 (1)
組織的賭博開帳図利 (3)
組織的建造物損壊 (3)
没収保全命令 (1)
犯罪収益収受 (82)
犯罪収益隠匿 (9)
犯罪収益仮装 (1)
犯人隠避・犯人隠避教唆 (7)
組織犯罪処罰法違反幇助 (1)
組織犯罪証拠隠滅 (1)
■犯罪収益移転防止法 (5)
■暴力行為等処罰法 (13)
■暴力団追放活動 (91)
■家宅捜索 (162)
■不起訴処分 (29)
■中止命令 (97)
■国外 (65)
■その他 (1904)
■未分類 (1863)
脱退妨害行為および指詰めの強要等の禁止 (0)
■危険運転致傷 (1)
■宅建業法違反 (1)
■暴走族追放条例違反 (1)