FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団・任侠組織・極道関連の事件・ニュース速報

山口組分裂 東京で代理戦争突入か 脱退する山健組組長は住吉会最高幹部と昵懇

>>関連記事
 国内最大の指定暴力団、篠田建市(通称・司忍)6代目組長率いる山口組(神戸市)の分裂騒動で、首都・東京の「暴力団勢力図」にも異変が起きる可能性が浮上してきた。

 山口組を脱退する山健組の組長は、山口組に次ぐ勢力を持つ指定暴力団住吉会(東京都)の最高幹部と「兄弟盃」を交わす親密な関係が指摘されているのだ。

 脱退組が結成する新組織には、こうした他組織の参加もささやかれており、巨大な資金源をめぐって全国の暴力団がしのぎを削る東京でも山口組分裂の影響は避けられない情勢だ。

 脱退する山健組などの直系組織(2次団体)の組長らが結成する新組織は象徴の代紋について、山口組と同様に「山」の文字を菱形にあしらった「山菱」を使用する見通しで、「神戸山口組」など「山口組」が入った名称にすることが検討されている。  新組織は山口組から脱退した関西の直系組織が中心だが、今後どのような組織が加入するのか。九州や中国地方の非山口組系暴力団も参加するという情報もあるが、警察当局が警戒するのは、東京に拠点を置く主要暴力団の動きだ。

 ある捜査関係者は「最大の注目は、第2位の勢力を持つ住吉会と、第3位の稲川会の動向だ」と指摘し、こう続ける。

 「住吉会山口組は敵対関係にあったが、脱退する山健組井上邦雄組長が、住吉会の最高幹部、幸平一家 加藤英幸総長と『兄弟盃』を交わすなど、昵懇(じっこん)の間柄にあるのはよく知られている。個人的なつながりが非常に深いため、今回の分裂が住吉会にどう影響するか。ただ、いつ沈むかもしれない船に乗ることはないだろう」

 また、山健組井上邦雄組長は、浪川睦会(旧九州誠道会浪川政浩会長とも兄弟分である。

 稲川会はどうなるのか。別の捜査関係者は「住吉会と違って稲川会山口組三代目、田岡一雄組長時代から友好関係にある。
 現在の稲川会理事長(ナンバー2)で山川一家 内堀和也総長は山口組の主流派となった三代目弘道会竹内照明会長とも兄弟分にあり、稲川会は、山口組につくとの見方が大半だ。

 ただ、稲川会は4年前に傘下組織の山梨一家が内紛で分裂しており、分裂組織の山梨侠友會山健組に近いとされる組織が脱退組に流れる可能性も捨てきれない」と指摘する。

 山口組の分裂騒動は大きな衝撃を与えたが、山口組関係者によると、分裂の可能性がささやかれ始めたのは8月初旬。同時期に行われた組行事に騒動の中心にいる山健組宅見組のトップらが欠席したことから「組が割れるかもしれない」との情報が出回ったという。当初は事態の収拾を楽観視する声が多かったものの、空気が一変したのは、8月中旬ごろのことだった。

 「『割れるかもしれない』から『割れる』という話に変わった。同時に、幹部から『敵対組織の関係先には近づくな』というお触れも出たことで緊張感が一気に高まった」(山口組関係者)

 すでに一部の団体が「銃撃対策として組事務所に鉄板を設置するなど、抗争に備える動きもみられる」(同)といい、一触即発のムードも漂い始めている。

 神戸に本拠を置く山健組と名古屋で勢力を張る弘道会との対立の構図が鮮明となった山口組の内紛劇。捜査関係者は関西だけでなく、首都圏での影響は避けられないとみている。

 捜査幹部は「都内には弘道会山健組傘下の3次団体や4次団体が多く進出している。シマが近接している組織も多い。小競り合いはあちこちで起きるはずだ。他組織も巻き込み、名古屋vs神戸の代理戦争に発展する可能性もある」と動向を注視している。

  

関連記事

 | HOME | 

ブログ内キーワード検索


おすすめ

10日程でスピードお届け!
組合系でクレジット機能なし

↑ ↑ ↑ ↑
個人的な審査に不安な方
まったく問題なし!!!
↓ ↓ ↓ ↓

安心して下さい。作れますよ。

カテゴリ

■殺人 (104)
■殺人未遂 (188)
■傷害致死 (25)
■死体遺棄 (375)
■生命身体加害略取罪 (1)
■殺人予備罪 (3)
■傷害・暴行・暴力行為 (399)
■逮捕監禁 (58)
■脅迫・恐喝・強要 (631)
■恐喝未遂 (49)
■銃刀法違反 (322)
■発砲事件 (267)
■凶器準備結集・集合 (13)
■強盗事件 (197)
■身代金目的略取 (2)
■窃盗・盗難 (221)
■盗品等関与罪 (4)
■常習特殊窃盗罪 (1)
■漁業法違反 (16)
密漁品流通 (1)
特定水産動植物の採捕の禁止 (1)
漁業法違反ほう助 (1)
■水産資源保護法違反 (3)
■水面漁業調整規則違反 (7)
■証人等威迫罪 (2)
■犯人隠避・犯人隠避教唆 (50)
■証拠隠滅 (5)
■覚せい剤・大麻・麻薬・ドラッグ (566)
■医薬品医療機器法違反 (1)
■薬事法違反 (12)
■臓器移植法違反 (5)
■賭博開帳図利・常習賭博 (156)
■モーターボート競走法違反 (11)
■詐欺・横領・背任 (1149)
■免状不実記載・公正証書原本不実記録 (103)
■有印私文書偽造 (17)
■携帯電話不正利用防止法 (2)
■有価証券偽造・偽造有価証券行使 (9)
■偽造通貨行使 (2)
■出資法違反・貸金業法違反 (81)
■銀行法違反 (2)
■強制性交等罪 (13)
■強制わいせつ (2)
■迷惑行為防止条例違反 (25)
■児童福祉法違反 (31)
■県青少年健全育成条例違反 (7)
■未成年者誘拐 (1)
■公然わいせつ (1)
■わいせつ図画販売 (17)
■児童買春・ポルノ処罰法違反 (8)
■風俗営業法違反 (23)
■売春防止法違反 (42)
■入管難民法違反 (12)
不法就労助長 (2)
旅券法違反 (8)
■労働者派遣事業法違反 (42)
■不動産侵奪 (2)
■職業安定法違反 (8)
■建設業法違反 (10)
■労働基準法違反 (2)
■不正競争防止法違反 (1)
■強制執行妨害・競売入札妨害 (20)
■廃棄物処理法違反 (15)
不法投棄 (12)
虚偽管理票交付 (2)
虚偽申請 (1)
■建造物侵入 (4)
■器物損壊・建造物、住建造物損壊 (90)
■建造物等放火 (22)
■火炎瓶処罰法 (2)
■爆発物取締罰則違反 (20)
■保護責任者遺棄致死 (1)
■道路運送法・道交法違反 (65)
自動車運転過失傷害・ひき逃げ (16)
妨害運転罪・あおり運転 (1)
■公務執行妨害 (27)
■威力業務妨害 (21)
■競売入札妨害 (3)
■偽計業務妨害・偽計信用棄損 (11)
■名誉毀損罪 (1)
■商標法違反 (10)
■著作権法違反 (3)
■文化財保護法違反 (1)
■不正作出私電磁的記録 (2)
■電磁的記録媒体頒布 (3)
■密輸 (2)
■所得税法違反 (20)
■関税法違反 (7)
■電波法違反 (1)
■旅館業法違反 (1)
■民事保全法違反 (1)
■裁判員法違反 (2)
■弁護士法違反 (2)
■収賄罪 (1)
■地方公務員法違反 (2)
守秘義務違反 (0)
■職務強要 (1)
■特定商取引法違反 (4)
■裁判 (215)
■暴力団対策法 (69)
用心棒料等要求行為 (3)
多数集合 (4)
損害賠償 (10)
用心棒行為等防止命令 (2)
使用制限命令 (19)
再発防止命令 (11)
使用者責任 (12)
■暴力団排除条例 (309)
■組織犯罪処罰法 (197)
組織的殺人 (20)
組織的殺人未遂 (30)
組織的詐欺 (14)
組織的恐喝 (6)
組織的強要 (1)
組織的賭博開帳図利 (3)
組織的建造物損壊 (3)
組織的威力業務妨害 (1)
没収保全命令 (1)
犯罪収益収受 (86)
犯罪収益隠匿 (9)
犯罪収益仮装 (1)
犯人隠避・犯人隠避教唆 (9)
組織犯罪処罰法違反幇助 (1)
組織犯罪証拠隠滅 (1)
■犯罪収益移転防止法 (5)
■暴力行為等処罰法 (18)
■指詰めの強要等の禁止 (0)
■脱退妨害行為 (0)
■暴力団追放活動 (91)
■家宅捜索 (165)
■不起訴処分 (35)
■中止命令 (101)
■危険運転致傷 (2)
■暴走族追放条例違反 (1)
■宅建業法違反 (1)
■食品衛生法違反 (1)
■健康保険法違反 (3)
■国外 (65)
■その他 (1919)
■未分類 (1859)